【実態調査】Webライターの実情!厳しい・儲からない・稼ぐコツなど

この記事は16分で読めます

Webライター 実態

「Webライターの実態や実情はどうなっているの?」
「Webライターは儲からないブラックな仕事って本当?」

という疑問をお持ちの方のための記事です。

この記事で分かること

・Webライター200人に聞いた実態調査の結果や口コミ
・初心者Webライターの厳しい実情
・Webライターのメリットや儲かるためのコツ

 

現役のプロライターが教える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。
>>ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

目次

Webライターの実態調査!働き方や収入を徹底解説

Webライター200人へのアンケート調査から分かった実態は以下の5つです。

Webライターの実態調査結果
①どのような人がWebライターをしている?
②初心者Webライターが圧倒的多数
③フリーランスWebライターは8人に1人
④Webライターは意外と稼いでいる
⑤Webライターのスキルアップ・勉強方法

気になったものからどうぞ。

Webライターの実態調査①どのような人がWebライターをしている?

Webライターをしている人の年齢層や性別の実態は以下のようになっています。

Webライターの年齢層の実態
・40歳以上50歳未満・・・約25%
・30歳以上40歳未満・・・約39%
・20歳以上30歳未満・・・約18%

Webライターの年齢層は30代〜50代がメインのようです。
性別のはちょうど男女半々となっていますので、Webライターは年齢や性別を選ばない職業であるといえます。

Webライターの実態調査②初心者Webライターが圧倒的多数

Webライターの経験年数の実態は、1年未満が約43%と多数を占めています。
次いで1年以上3年未満が33%、3年以上5年未満は約13%と激減します。

Webライターの年数の実態
・1年未満・・・約43%
・1年以上3年未満・・・約33%
・3年以上5年未満・・・約13%
・5年以上・・・約12%

5年以上も約12%なので、Webライターは始めてから3年以内に多くの人が挫折している実態がうかがえます。

Webライターの実態調査③フリーランスWebライターは8人に1人

フリーランスWebライターという言葉も聞かれるようになりましたが、実態は専業Webライターをしている人は200人中26人という少なさです。
Webライター歴3年未満の人が圧倒的数ですので、フリーランスに憧れて専業を目指すものの、成功する人は8人に1人程度が実態なのでしょう。
Webライターの実態はほとんどが短期間の副業で終わっています。

Webライターの実態調査④Webライターは意外と稼いでいる

稼げない代表職種のようにいわれることもあるWebライターですが、実態は専業で食べている人もいる稼げる職業です。
日本フリーランス協会によると、Webライターなどの文筆業で年収400万円以上稼いでいる割合は41.1%という結果です。

稼いでいるWebライターの実態
・経験年数が3年以上
・専業もしくは複業のWebライター
・ブログ運営もしている副業Webライター

Webライターが儲からないのは駆け出しの頃だけで頑張って続けていれば収入は上がっていく実態が浮き彫りになりました。

Webライターの実態調査⑤Webライターのスキルアップ・勉強方法

実態調査によると、Webライターがスキルアップするための勉強方法は以下のようになっています。

Webライターの勉強方法の実態
・ネット上の情報(ブログ記事など)・・・約60%
・何もしていない・・・約33%
・自身でブログ運営して学ぶ・・・約14%
・関連書籍を読む・・・約9%
・セミナーや講座などに参加・・・約4%
※複数回答のため結果は100%を超えます。

Webライターの約6割が現役Webライターのブログや複業情報などのネットの情報を調べて独学で勉強しているのが実態です。
驚くのは「何もしていない」の33%で、Webライターを始めたものの、勉強していない人が3人に1人という結果に。
「独学での勉強」や「勉強しない」という回答の多さに、Webライターの儲からない実態が垣間見えます。

「何を勉強して良いか分からない」「独学に限界を感じる」という方は、現役のプロライターが教える完全無料のWebライター講座をご検討ください。
講座の内容やメリット、受講者の口コミを紹介しています。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【口コミ評判】Webライターの実態

Webライターの実態について、現役のWebライターが口コミや評判を語ってくれています。

現役Webライターの口コミ評判
①Webライター歴4年のAさんが闇の部分を暴露
②Webライターを独学で1年頑張ったBさん
③会社をやめてWebライターをやったらディスられた

順にどうぞ。

【口コミ評判】Webライターの実態①Webライター歴4年のAさんが闇の部分を暴露

フリーランスのWebライター兼Webディレクターで、翻訳もしているAさんは口コミでWebライターのやばい実態を暴露して評判になっています。
「Webライターはとにかく稼ぐのが大変。私の初仕事の報酬は時給換算すると100円以下でした」
その後も1年くらい時給500円以下の仕事を続けていたということです。
「こんな働き方をするなら、アルバイトしながらライティングの勉強をして転職したほうがマシ。あの時の自分に今すぐやめろと言いたい」
と稼げないWebライターだった当時の実態を語っています。
その後スキルアップして文字単価1円の中級Webライターになっても稼げる感覚はなく、貧乏暇なし生活が実態だったとか。
上級Webライターになっても、安定しない収入に悩む日もあるそうです。
Webライターの現実は厳しく、実態はSNSの発信ほどキラキラしていない、それを知った上でシビアに取り組むといいとの口コミ評判です。

【口コミ評判】Webライターの実態②Webライターを独学で1年頑張ったBさん

Webライターを独学で1年頑張ったBさんはWebライターは稼げないはウソと実態を口コミしています。
確かにWebライターになったばかりの頃は、低単価な悪質案件で疲弊したり、仕事も満足に取れなかったそうです。
悪質クライアントに騙されそうになったことも1度ではなかったと、初心者Webライターの厳しい実態を振り返ります。
しかし、諦めずにコツコツ続けた結果ある時から一気に報酬が上がり仕事が安定してきたといいます。
「このブレイクスルー前にWebライターをやめてしまうと稼げないまま終わってしまう。稼げないと言われる原因はそこではないか」と分析します。
一方で、Webライタースクールに通っていたらスキルアップが早く、1年も苦しまずに済んだと実態を口コミ評判をしています。

ブレイクスルーを早めたい人のために、現役のプロライターが教えるWebライター講座を開催中です。
以下の記事では、講座の内容やメリット、受講者の口コミを紹介していますので、参考にしてください。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【口コミ評判】Webライターの実態③会社をやめてWebライターをやったらディスられた

CさんはWebライターになった当初は月収2万〜3万円で収入が足りず、アルバイトをしていました。
その時に自己紹介で「主婦でWebライターをしています」といったら「そんなもの、誰でもなれるしね」と小バカにされたといいます。
悔しかったのですが、たしかにWebライターの実態は安い単価で記事を量産することなので、そのような評判も仕方ないと思ったそうです。
それから5年間経った今でも悩みは深いですが、Webライターとして結果を出せてきたのでもう少し頑張りたいとも口コミしています。

【儲からない実態】初心者Webライターの実情は厳しすぎる!?

初心者Webライターの厳しい実態は以下の通りです。

初心者Webライターの実態
①仕事が取れない
②収入が低すぎる
③分からないことが多すぎる
④慣れるまで時間がかかる
⑤スキルの磨き方がわからない

厳しい実情を打破するアドバイスもありますので、気になったものからどうぞ。

初心者Webライターの実態①仕事が取れない

未経験から始めた初心者Webライターのほとんどが仕事が取れないという実態が明らかになっています。

初心者Webライターが仕事を取れない理由
・提示できる実績がない
・PREP法など文章の書き方を知らない
・SEOが分からない
・競争相手が多い

実績のない初心者Webライター同士で案件を取り合うため、アピールできるものがない人はいつまで経っても仕事が取れず実績を作れない悪循環が実態となっています。

初心者Webライターが仕事を取るコツ
・文章の書き方を知る
・SEOを解説しているブログ記事を2~3個読む
・応募する分野の上位記事をお手本に1記事書く
・提案文で熱意を伝える

ごく基礎的なことで構わないので、Webライターのブログなどで文章の書き方やSEOの知識を学び、WordやGoogleドキュメントに記事を書いてみましょう。
その記事をWebライターの実績として応募時に提示するだけで、受注率が上がる実情があります。

仕事が受注できずに悩みたくない!という方に向けて完全無料のWebライター講座を開設中です。
現役Webライターが丁寧に指導します。
以下の記事では講座の内容や実践者の口コミを紹介しているので、気になった方は参考にしてくださいね。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

初心者Webライターの実態②収入が低すぎる

初心者Webライターは月収1万円未満という実態があり、稼いでいる報酬に満足している人はごくわずかです。
未経験の初心者Webライターは時給500円以下で働くことは当たり前で、何時間もかけて書いた記事が500円の報酬ということもあります。
いつまでも儲からない案件を続けていてはWebライターをやるのがバカバカしくなります。

初心者Webライターを脱出するためにやること
・リサーチを速く正確にする
・記事の品質と執筆速度を上げる
・SEOの知識を強化する
・受注実績を2桁にして経験者向け案件にトライ

初心者歓迎の低単価案件をいつまでもやっていては、Webライターとして成長しない実態もあります。

あまりにも安すぎる場合、クライアントが悪質であるケースがあります。
以下記事では、クラウドソーシングの悪質クライアントの特徴をご紹介。
見極め方、騙された際の対処法も解説しています。
【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

初心者Webライターの実態③分からないことが多すぎる

Webライターの実態を理解していない初心者は、勝手がわからず無駄に消耗しています。
初心者Webライターは記事の適正価格やクライアントとのやり取りの仕方、どのくらいの記事品質が要求されているのかといったことを理解していないので、クライアントにいいように使われてしまうことも。

Webライターをやるなら知識をつけておこう
・文字単価ごとに要求される記事の品質(単価安い=そこそこでもOK)
・発注者についての知識
・初心者が注意すべきこと

「知っていれば失敗せずに済んだのに!」と後悔した先輩Webライターが、たくさん実態を発信してくれています。
目を通して分からないことを減らしておきましょう。

初心者Webライターの実態④慣れるまで時間がかかる

Webライターが書く文章は普通の文章とは違った特徴があるため、慣れるまでうまく書けず、執筆に時間がかかる実態があります。

Webライティングの特徴
・記事中にSEO施策を盛り込む
・PREP法や見出しによる章立て
・CMS入稿

Webライターは読者に分かりやすく読みやすい文章を書くだけでなく、検索で上位表示されるようにすることも要求されます。
また、Webサイトで表示するために専用のシステムに文章を書き込むことも必要です。
初心者Webライターが記事作成に慣れるためには、とにかく受注して仕事をこなして経験を積むことが一番です。

初心者Webライターの実態⑤スキルの磨き方がわからない

初心者Webライターは、自分のスキルが足りないことは分かっていても、どうしたらいいか分からないという実態があります。

タイトル
Webライターが磨かなければいけないスキル
・文章力
・SEOの知識
・書きたいジャンルの知識や資格取得
・営業のやり方

Webライターは仕事のすべてを自分一人でやるので、覚えなければいけないことがたくさんある実態も原因です。
すべてを1度にやろうとしないで、できそうなことから1つずつ学んでいきましょう。

「何から学んでいいかわからないし、やるべきことがわからない」という方は、スクールで学んでみると良いでしょう。
以下の記事では、Webライタースクールの選び方や各スクールの特徴などをランキング形式で解説しています。
【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

【Webライターの実態】やばいと感じる悪質クライアントの特徴

Webライターが遭遇したやばいクライアントの実態は、以下の8つです。
このような悪質クライアントの回避方法は次の章で紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。

悪質クライアントの実態
①報酬が安すぎる
②ライターの扱いがぞんざい
③募集内容と実際の仕事・単価が異なる
④コピペ案件
⑤品位の欠けた文章を書かされる
⑥テストライティングの報酬が0円
⑦納品した記事をチェックしてもらえない
⑧有料商材を購入させられたり、個人情報を盗もうとしたりする

 

これ以外にも、クラウドソーシングでの悪質なクライアントは後を絶ちません。
以下の記事では、クラウドソーシングの悪質クライアントの特徴をご紹介。
見極め方、騙された際の対処法も解説しています。
【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

【Webライターの実態】悪質クライアント①報酬が安すぎる搾取案件

クラウドソーシングにはWebライターをほぼタダ働きさせる案件が大量に募集されている実態があります。
発注者は、受注実績をつけるために応募する初心者Webライターをカモにしている悪質クライアントです。

文字単価の目安
・搾取案件:文字単価0.1円~0.3円以下
・低単価案件:0.5円~0.8円未満
・適正案件:文字単価0.8円~1.5円
・高単価案件:2.0円以上

Webライターが儲からないのは、このような搾取案件や低単価案件にも応募せざるをえない初心者Webライターの実態があります。
上記目安を参考にして、搾取案件には手を出さないようにしましょう。

なお、現役プロライターが教えるWebイター講座では、文字単価1円以上の案件を多数紹介しています。
文字単価が安すぎて困っているなどお悩みの方は、一度Webライター講座をチェックしてみてくださいね。
以下の記事では、受講するメリットや口コミなどを紹介しています。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【Webライターの実態】悪質クライアント②ライターの扱いがぞんざい

クラウドソーシングには、Webライターを対等なビジネスパートナーと思っていない悪質クライアントも多いのが実態です。

ぞんざいすぎるクライアントの実態
・メッセージを送っても返信がないか、すごく遅い
・挨拶やお礼がなく、要求だけ一方的に送ってくる
・返信内容が冷たい
・名前を間違えられる
・対応にやる気なし
・メッセージの最後に「w」をつけてくるなど失礼

Webライターをやっていると嫌なクライアントに当たることは避けられない実態があります。
もちろんこのようなクライアントは少数派で、ほとんどのクライアントは丁寧な対応をしてくれますから安心してください。
ぞんざいな悪質クライアントに出会ったらWebライターが大人の対応をして、その後はさっさとサヨナラしましょう。

【Webライターの実態】悪質クライアント③募集内容と実際の仕事・単価が異なる

実際に依頼する仕事よりも条件のいい案件を提示して、Webライターに応募させる悪質クライアントの実態があります。

案件詐欺クライアントの実態
・契約後にまったく別の仕事を提示された
・サポート付きの案件のはずが、サポートなし
・文字単価1円の募集案件が0.1円の契約に変更
・修正時に文字数を大幅に追加させる
・かかった経費を自己負担にさせられた

悪質クライアントは、お金や手間を掛けずに、少しでもいいWebライターに記事を書いてもらおうとします。
その結果、いい条件を提示しておいて、契約時に条件の引き下げを提示したり、契約中に条件を変更する実態が生まれます。
さすがに悪質でクラウドソーシングの規約違反なので、万が一遭遇したら運営に報告しましょう。

【Webライターの実態】悪質クライアント④コピペ案件

悪質クライアントの中には、Webライターに競合サイトの記事内容をコピー&ペーストで写し取って納品させる実態があります。
コピペは著作権違反ですから、Webライターは絶対にやってはいけないことです。
コピペ案件のクライアントの場合、実態は違法サイトを運営しているということもあります。
初心者Webライターは知識がないからとたかを括り、コピペ記事を作らせる悪質クライアントは無視しましょう。

【Webライターの実態】悪質クライアント⑤品位の欠けた文章を書かされる

Webライターに誹謗中傷や特定の個人への非難などを書かせる仕事も実態があります。
いわゆる「貶し記事(おとしきじ)」というもので、無理やり書かされるWebライターはたまったものではありません。
芸能系の記事で過激なゴシップ記事を書かかせる実態もあり、初心者Webライターは注意が必要です。

【Webライターの実態】悪質クライアント⑥テストライティングの報酬が0円

Webライターは応募時に「テストライティング」という記事作成のテストを受ける実態があります。
テストライティングに合格するとWebライターに記事代金が支払われ、不合格だと報酬なしとなることもあります。
しかし、テストライティングに合格しても記事代金を支払わない悪質クライアントがいる実態が問題になっています。
テストライティングと称して応募してきたWebライターに記事を無料で書かせまくるクライアントもいます。
このようなクライアントはたいてい評価が低いので、応募前に確認しましょう。

【Webライターの実態】悪質クライアント⑦納品した記事をチェックしてもらえない

Webライターが記事を納品した後に、クライアントと連絡が取れなくなる実態もあります。
初心者Webライターは遠慮して「早く検収してください」と言えないことをいいことに、記事をタダで取ろうとします。
検収されないと仕事が完結せず、報酬が手にはいらないのでWebライターにとっては死活問題です。
この場合は運営に報告すると代わりに検収してくれますので、サイトのルールにしたがってクライアントが検収しない旨を報告しましょう。
Webライターにとって迷惑なことに、クライアントと連絡が取れなくなることが一定の確率で発生するのが、クラウドソーシングの実態です。

【Webライターの実態】悪質クライアント⑧有料商材を購入させられたり、個人情報を盗もうとしたりする

クラウドソーシングの中には、初心者Webライターに情報商材を売り込むクライアントもいる実態があります。
運営が厳しく取り締まっているので一時期よりだいぶ減りましたが、まだ初心者Webライターは狙われていますので気をつけてください。
このクライアントの特徴は、WebライターをLINEやメールなどクラウドソーシング外のやり取りに誘導することです。
外部に誘導されるとLINEやメールから個人情報を取られる実態もありますので、初心者Webライターは外部誘導してくるクライアントを避けましょう。

【解決】Webライターの実態・経験に基づく悪質クライアントの回避法

「Webライターやばすぎる!悪質クライアントは避けられないの?」
「悪質クライアントの実態が怖くてWebライターの副業ができない」
そんな方は以下の方法で悪質クライアントを回避しましょう。

悪質クライアント回避の方法
・文字単価0.5円以上の案件に絞る
・応募前にクライアントの評価をチェックする
・応募時に質問を送り相手の反応を見てみる
・高単価案件を受注できる実力を身につける

文字単価が0.5円以上のWebライター案件は、クライアントの質も高くなります。
そこで実績をつけて高単価Webライターになることで、悪質クライアントを回避できる実態があります。
また、クライアントの評価コメントやプロフィールを見て、信頼できそうか判断することも大切です。
コメント欄でWebライターから悪い実態を暴露されているような、悪質なクライアントの案件に応募するのは絶対に避けましょう。

悪質クライアントを避けてクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。
クラウドワークスで稼ぐ16のコツを紹介しています。
【稼ぐコツ16】クラウドワークスで全然稼げない7の理由!月収40万主婦の稼げるスキルとは?

 

回避の方法は分かったけれど、悪質クライアントを避けるのは手間だと思われた方に、完全無料のWebライター講座を開設中です。
現役Webライターが丁寧に指導し、優良クライアントの案件を紹介しています。
以下の記事では講座の内容や実践者の口コミを紹介しているので、気になった方は参考にしてくださいね。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【魅力】実態から見るWebライターのメリット

ネガティブな実態を取り上げられることが多いWebライターにも、メリットがたくさんあります。

Webライターのメリット
①誰でも簡単に始められる
②好きな時間・好きな場所で働ける
③努力次第で収入は青天井
④幅広いスキルが身につく
⑤情報がたくさんある

 

順にどうぞ。

Webライターのメリット①誰でも簡単に始められる

Webライターを始めたきっかけに自分でもできそうだと思ったからという人が大多数という実態があります。
Webライターはパソコンとネット環境があれば誰でもできます。
その働きやすさから、Webライターは主婦や主夫、さらには学生やニートにいたるまで、誰もが挑戦して報酬を獲得している実態があります。

本当に誰でも稼げるの?と疑問に思う方は以下の記事もどうぞ。
ニートや大学生がクラウドソーシングで稼ぐ方法を解説しています。
【始め方】大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツ!アルバイトよりもおすすめ!
【裏ワザ】ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツ!お小遣い→副業レベルのネットで稼ぐ方法は?

<3 id=”5-2″ style=”padding: 5px 1px; border-color: #3D81EE; border-width: 0 0 1px 0; border-style: solid;”>Webライターのメリット②好きな時間・好きな場所で働ける

実態から見るWebライターのメリットは働く時間や場所に関係なく働けることにあります。
Webライターの仕事はパソコンとネット環境があればどこでもできます。
夜型のWebライターは夜に仕事をして日中に寝ても構いません。
Webライターは自宅だけでなく、カフェやコワーキングスペースで働いている実態もあります。
Webライターの多くが、自由な働き方ができることをメリットに感じています。

Webライターのメリット③努力次第で収入は青天井

Webライターは初めのうちは稼ぐのに苦労しますが、スキルが付くと一気に稼ぎやすくなる実態があります。
スキルアップによる単価の上昇と、執筆速度の上昇で収入の伸び幅が大きいのです。
スキルをつけて高単価案件をどんどんこなしていけば、収入はそれだけ上がります。
Webライターの中には年収1,000万円もいるという実態が、それを証明しています。

「Webライターはどれくらい稼げるのか知りたいな」という方は以下の記事も参考にしてください。
Webライターの年収や報酬の実態について解説しています。
【未経験】Webライターの収入とは?儲け方・平均年収・給与体系など

Webライターのメリット④幅広いスキルが身につく

Webライターをやっていると身につくスキルは、文章力だけではないという実態も魅力です。

タイトルWebライターで身につくスキルの例
・パソコンスキル
・サイト運営の知識
・マーケティング関連
・営業力
・情報リテラシー

Webライターをやっていると、確定申告するために経理や税務も出来るようになる実態もあります。
これらのスキルが身につくことで、会社に頼らずに生きていけるようになるでしょう。

Webライターのメリット⑤情報がたくさんある

Webライターを始めたいと思ったときに、多くの人がネットの情報を参考にして始める実態があります。
Webライターの始め方や効率的な稼ぎ方まで、多くの現役Webライターが情報を発信しているので参考にすることができます。
Webライターの仕事をする中での困り事も、検索すればたいてい解決する
実態があり、悩む必要がありません。

「情報がありすぎて、逆にどうしたら良いか分からない」という方のために完全無料のWebライター講座を開講中です。
気になる方は、以下の記事を参考にしてください。
講座の内容や、実践者の口コミを紹介しています。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【儲けるコツ】稼いでいるWebライターの実態

高収入Webライターは以下の8つのことをしている実態があります。

Webライターが儲けるコツ
①実績を作る
②クライアントに信頼される
③講座やスクールで勉強する
④営業を積極的に行う
⑤高単価の案件を長く続ける
⑥直接契約を獲得している
⑦高度なスキルを身につける
⑧ブログを運営する

順にどうぞ。

Webライターで儲けるコツ①実績を作る

Webライターが仕事を得るためには、実績が必要だという実態があります。

タイトルWebライターの実績の作り方
・有名メディアの執筆をする
・サンプル記事を書く
・ポートフォリオを作成する
・クラウドソーシングの評価をためる
・自分のブログを書く

Webライターは、執筆・公開された記事そのものが実績になります。
稼いでいるWebライターは、実績として見栄えのする記事の執筆や仕事の質も意識している実態があります。

Webライターで儲けるコツ②クライアントに信頼される

クライアントに信頼されているWebライターは重宝されて仕事が途切れないのが実態です。

タイトル信頼されているWebライターの実態
・メディアの目的を把握している
・即レスで丁寧な連絡
・納期を守る(スケジュール管理)

Webライターがクライアントに信頼されるためには、ビジネスマナーを守り、誠実な仕事をするのが第一です。
儲かるWebライターになりたかったら、仕事を丁寧に確実に行いましょう。

Webライターで儲けるコツ③講座やスクールで勉強する

Webライターの失敗の実態に最初にちゃんと勉強していればもっと早く稼げた」というものがあります。
初心者Webライターの頃にわけも分からず右往左往していたため、低単価案件や悪質クライアントで無駄な苦労をしてしまうのです。
時間や精神力を無駄に消費したくない場合は、最初に講座やスクールで基礎を学んでからWebライターをスタートするといいでしょう。

Webライターの厳しい実態とは無縁で儲けたい方に、現役のプロライターが教える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。
ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで儲けるコツ④営業を積極的に行う

Webライターが稼げるかは営業にかかっているという実態も見逃せません。
稼いでいるWebライターは実にさまざまな方法で、仕事を獲得しています。

Webライターの営業の実態
・Twitterで発信をする
・ブログで仕事を受注
・気になるメディアにアプローチ
・マッチングサイトや求人情報誌を利用
・Webライター向けオンラインサロンで営業

Webライターの営業はネット上で行われることが多いので、引っ込み思案で営業が苦手でも、それほど苦にならないといわれます。
どんどん営業をかけていきましょう。

Webライターで儲けるコツ⑤高単価の案件を長く続ける

高単価案件は自ら営業して勝ち取るのがWebライターの実態です。
Webライターは高単価案件をいかにたくさんこなせるかが収入を決めます。

高単価案件を続ける方法
・継続案件を獲得する
・継続時に単価交渉をする

Webライター収入を上げるためには継続案件が欠かせません。
継続してもらえるように普段の仕事やコミュニケーションに気を配りましょう。

Webライターで儲けるコツ⑥直接契約を獲得している

いつまでもクラウドソーシングをメインにしているWebライターは儲からないという実態が報告されています。
高収入を目指すWebライターは、脱クラウドソーシング考えていきましょう。
Webライターの仕事が募集されているのはクラウドソーシングだけではありません。
企業と直接取り引きをすることで、Webライターは収入が上がり、成長する実態があります。

Webライターで儲けるコツ⑦高度なスキルを身につける

Webライターが儲けるためには高度なスキルが要求される実態があります。

Webライターに必要な高度なスキルの例
・売れる文章や読ませるテクニックを身につける
・編集・校正スキルをつける
・マーケティング

Webライターは常にスキルを磨き続けていないと時代遅れになり、仕事が来なくなる実態があります。
高収入Webライターになれる高度なスキルを磨き続けていきましょう。

Webライターで儲けるコツ⑧ブログを運営する

Webライターの多くは並行でブログ運営をしている実態にも注目です。

Webライターがブログをやる目的
・WordPressの使い方を学ぶ
・SEOスキルを身につける
・文章力を向上させる
・ポートフォリオにする
・広告収入を得る

Webライターとブロガーの複業は定番という実態があり、Webライターをやるならブログ運営もすることを視野にれましょう。

【Q&A】Webライターの実態について質問に答えます

Webライターの実態についてよくある質問にQ&A形式で答えます。

Webライターの実態!よくある質問
①Webライターの仕事って何をするの?
②仕事はどうやって獲得するの?
③副業でWebライターを始めるのはアリですか?
④Webライターの評価はどう決まるの?
⑤Webライターである程度キャリアを積んできた人の悩みって?

気になる質問からどうぞ。

【Q&A】Webライターの実態①Webライターの仕事って何をするの?

Webライターの仕事の実態はインターネット上に表示される、あらゆる文章を書くことです。

Webライターが書いている文章の例
・ブログ記事
・ECサイトの商品説明やキャッチコピー
・企業サイトの文章
・SNSの企業アカウントの投稿文

あなたが何気なく目にしているネット上の文章は、そのほとんどがWebライターによって書かれています。

【Q&A】Webライターの実態②仕事はどうやって獲得するの?

Webライターの仕事を獲得するのは、初心者の場合クラウドソーシング経由になります。
Webライターの大半がクラウドソーシングの仕事に頼っている実態が調査で明らかにされています。
また、Webライター未経験者の実績づくりとして、クラウドソーシングが利用されている実態もあります。

未経験者にオススメのクラウドソーシングサイトが知りたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。
収入アップのコツや失敗の防ぎかたを解説しています。
【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

【Q&A】Webライターの実態③副業でWebライターを始めるのはアリですか?

ライターを副業から始めるのは合理的です。
Webライターの仕事は、始めたばかりの頃は仕事が取れず、その後も収入が安定しづらい実態があります。
フリーランスWebライターは社会的信用も低くなりがちなので、リスクを小さくするためにも、まずは副業から始めるのがオススメです。
Webライターは初期投資もかからず手軽に始められるので、副業でWebライターに取り組む人も増えています。

副業ライターの実態をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。
報酬や働き方、副業Webライターの口コミを紹介しています。
Webライターの副業収入!報酬形態・口コミ評判・必要スキル・やり方など

【Q&A】Webライターの実態④Webライターの評価はどう決まるの?

Webライターの評価はできる作業の質の高さとこなせる仕事量で決まります。
【タイトルWebライターの評価の実態】

 

評価 仕事のスキル 文字単価の目安
低評価 文章が書ける 1.0円未満
中評価
  • 正しい文章が書ける
  • SEOがわかる
  • WordPressが使えるなど
1.0円~2.0円
高評価
  • 専門的な記事が書ける
  • 高度な文章力がある
  • マーケティングや編集
  • 校正ができるなど
2.0円以上

Webライターの実態は完全に実力重視の世界で、年齢や性別、経験年数は評価に影響がありません。
Webライターの実力以外では、コミュニケーション能力や誠実さなどが評価対象になります。

紹介文Webライターの評価や報酬について実態を詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。
未経験からスタートした場合の収入例などを解説しています。
【未経験】Webライターの収入とは?儲け方・平均年収・給与体系など

【Q&A】Webライターの実態⑤Webライターである程度キャリアを積んできた人の悩みって?

ライターの悩みの実態は初心者もベテランもそれほど変わりません。
Webライターはあまり割の良い仕事がないときは、単価が安くても我慢して仕事をしなければならず、忙しい割に稼げない実態に徒労感を覚えることがあります。
また、高単価の案件をこなしているベテランは、儲かるときと儲からないときの差が激しく、月収が乱高下してストレスになることも多いです。
また、フリーランスWebライターは社会的信用がなく、ローンが組めなかったりといったデメリットに悩む実態があります。

【まとめ】Webライターの実態にひるまずうまく稼ごう

この記事のまとめ
・Webライターはスキルと実績を積めば儲かるが、それまでが厳しすぎてやめてしまう人も多い実態がある
・初心者Webライターは最初はとにかく稼げない、悪質クライアントに狙われるなど厳しい実情がある
・儲かるWebライターになるには、実績を作る、クライアントに信頼される、講座やスクールで勉強するなど

Webライターは大半が始めたばかりの初心者Webライターであるという実態があります。

未経験から稼げるWebライターになるには、時間と努力が必要です。

Webライターはスキルと実績がつくまではとにかく厳しいので、無理をせずに気長に取り組みましょう。

Webライターの厳しい実態を知ったけど、それでもWebライターを目指したい方に、完全無料のWebライター講座を開講中です。
講座の内容や口コミを以下の記事で紹介していますので、是非参考にしてください。
>>ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説
主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。
>>【天職】子持ち主婦におすすめの仕事ランキングTOP22!プロが認めた「人気が出る職種」は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスで自分らしく快適に働く女性の平均年収・月収・時給のイメージ画像(アイキャッチ)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次