【稼ぎ方】クラウドソーシングで稼げない初心者必見!おすすめ攻略法

この記事は15分で読めます

「クラウドソーシングで稼いでいきたいけど、どうしたらいいかわからない」
「クラウドソーシングってあまり稼げないって聞いたんだけど・・・」
こんな初心者さんはたくさんおられます。
今回は、そんなクラウドソーシング初心者さんのために、初心者だからこそ知っておきたいクラウドソーシングでの稼ぎ方をお伝えします。
本記事を最後までお読みいただきますと、今日からでも実践できる稼ぎ方をしっかりと理解することができます。
この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

この記事でわかること
●クラウドソーシングは構造上大きくは稼ぎにくい
●稼ぎ方の基本は、まず行動して、次にノウハウやスキルを学ぶこと
●稼ぎ方で押さえるべきは、クライアントからの信頼・プロフィールの充実・目標設定・日々のスキルアップ自己管理
●トラブルを避けるため、クライアントの評価をチェックし、仮払い後に作業を開始。
また、いきなり直接契約を結ばない。
「3万円の稼ぎ方」は今日から実践できる

それではどうぞ。

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

 

目次

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、インターネットで企業や個人事業主が不特定多数の働き手に業務を発注することをさします。

この項では、以下のことを説明します。

クラウドソーシングとは
クラウドソーシングの業務内容
クラウドソーシングの業務形式
クラウドソーシングのメリット
クラウドソーシングのデメリット

では順にどうぞ。

クラウドソーシングの業務内容

クラウドソーシングで発注される業務内容は、以下の通りです。

業務内容
・アンケート回答
・文字起こし
・データ入力
・覆面調査
・記事作成・WEBライティング
・イラスト、ロゴ作成
・WEBデザイン作成
・WEB開発・運用

特別なスキルがなくても取り組めるものから、高度なスキルが求められるものまでさまざまです。

クラウドソーシングの業務形式

クラウドソーシングの業務形式には以下の3つがあります。

業務形式
・タスク
・プロジェクト
・コンペ

それぞれ簡単に説明します。

タスク


タスクは、単純作業の依頼に多く使われる形式です。
クライアントから言い渡された作業内容をこなせば案件が終了します。
多くのクラウドソーシング初心者が、タスク案件に応募します。

プロジェクト


プロジェクトは、システム開発やWEBページ制作、WEBライティングによく使われます。
業務の流れの例として、WEBページ制作の場合を考えます。

①クライアントは、「12万円で会社のWEBページを作ってほしい」と依頼する
②ワーカーはそこに提案を出し、クライアントがその中から最も良いものを選ぶ
③クライアントは、クラウドソーシングサービスに仮払いをする
④相談しながら計画を進める
⑤すべて完了したら、クラウドソーシングサービスから報酬を受け取る

初心者から上級者まで、プロジェクト案件に応募しています。
なお、③の「仮払い」は、一旦クライアントがクラウドソーシングサービスに報酬を払うことです。報酬の未払いや、その他契約の不履行を防ぐための措置です。

コンペ


コンペは、コンペティションの略で、ロゴ制作やデザインによく使われます。
クライアントは企画書をワーカーに公開し、ワーカーは企画書の通りに納品します。
集まったものの中から、クライアントはただ一つを選び、見事選ばれたワーカーには報酬が支払われます。
コンペは上級者向きで、初心者にはあまり向きません。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングを使うメリットは次の通りです。

クラウドソーシングを使うメリット
①ネット環境さえあれば、時と場所を選ばず仕事ができる
②即金性が高い

順に解説します。

メリット①ネット環境さえあれば、時と場所を選ばず仕事ができる


クラウドソーシングは、パソコンを使って仕事をしますので、ネット環境さえあればすべて業務が完結します。
また、納期さえ守れば、夜中であろうが早朝であろうが仕事ができますし、自宅以外の場所で仕事をすることもできます。

メリット②即金性が高い


誰でも取り組めるアンケートやデータ入力はもちろんですが、それ以外にスキルが求められるもの、たとえばライティングは稼ぐまでのハードルがそこまで高くありません。
ですので、コツさえつかめばすぐに稼げてしまいます。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングを使うデメリットは次の通りです。

クラウドソーシングを使うデメリット
①初めから大きく稼げない
②トラブルに巻き込まれることがある

デメリット①初めから大きく稼げない


いくら即金性が高いからといって、初月から20万も30万も稼げるのかというとそうではありません。
あとに詳しく述べますが、単価が高い案件は争奪戦になったり、そもそもクラウドソーシングサービス上に流れてこなかったりするからです。

デメリット②トラブルに巻き込まれることがある


残念ながら、トラブルは時々起こります。
組織に属していない個人間の取引、もしくは個人対企業の取引には明確な規約がないからです。
よく起こるトラブルの例には、次のようなものがあります。

トラブル例
・クライアントと音信不通になる
・報酬が支払われない
・契約内容と全く違う作業をさせられる
・いくら修正依頼に応えても、非承認になってしまう
・作品を不正に利用される

このうち「クライアントと音信不通になる」以外は、基本的にワーカーに非がある場合がほとんどですから、事前の十分な打ち手が重要です。
※具体的なトラブル防止方法は、あとに詳しく述べています。
急ぎ読みたい方はこちらをクリックしてください。

クラウドソーシング初心者の平均収入

では、クラウドソーシングサービスを使い始めたばかりの初心者はどれくらい稼げるのでしょうか。
答えは、一概に言うことはできません。
平成26年、中小企業庁が公表した白書によると、クラウドソーシングでの受注額は月5,000円未満の人が全体の7割近くを占めていました (n=1,078) 。
以下の図を見ていただければ、一目瞭然です。
クラウドソーシングの受注額(2013)
また、平成28年には大手クラウドソーシングサービスのクラウドワークスが、

クラウドワークスで月収20万円以上稼いでいるワーカーは111人(割合にして0.01%)

だと発表しました。
以下の画像より明らかです。
クラウドワークス 2016年9月現在で月収20万以上は111人
(※出典:http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80447/5dd161a1/a25f/4271/a21f/1669851e72f7/20160209191009022s.pdf
しかし、そこから時間が経った現在の状況は統計がないため不明です。

クラウドソーシングで稼げない初心者の口コミ評判

クラウドソーシング初心者の口コミ評判には、以下のようなものがありました。
もちろん、クラウドソーシングに対する厳しい情報が一般に知れ渡ったことが原因です。

クラウドソーシングでライターやってみたけど、
原稿用紙10枚書いてやっと200円という世界だった。
そんなので食っていくなんてバカだと気づいた。

このように、
「いくらがんばっても稼げない」
「そんな苦労をするくらいなら、外で働いたほうがマシ」
「在宅で稼げるわけがない」
などとネガティブな口コミ評判は山ほど出てきます。

では、初心者はなぜクラウドソーシングで稼げないのでしょうか。
次項で詳しく説明します。

クラウドソーシングで初心者が稼げない理由

クラウドソーシングで初心者が稼げないのは、大きく分けて2つの理由があります。

クラウドソーシングで稼げない理由
(1)構造上の問題
(2)ワーカー側の問題

以下、順に見ていきましょう。

クラウドソーシング初心者が稼げない理由(1)構造上の問題

クラウドソーシングで初心者が稼げない「構造上の問題」は、以下の3点です。

構造上の問題
①下請けの末端を担っている
②単価交渉がしにくい
③初心者は競争に負ける

順に説明します。

クラウドソーシング初心者が稼げない構造上の問題①下請けの末端を担っている


残念ながら、クラウドソーシングで案件を受けると下請けの末端を担うことになります。
それは、以下の構造があるからです。

   甲企業が乙企業に発注
        ↓
   乙企業が丙企業に依頼
        ↓
   丙企業が丁企業に依頼
        ↓
  丁企業が上位のフリーランスに依頼
        ↓
上位のフリーランスがそこそこの単価でクラウドソーシングに発注
        ↓
下位ワーカーが低単価で受注し、作業をする

具体的な数字を入れると、もっとわかりやすくなります。
下位ワーカー以外は、中抜きをしているのですね。

甲企業が80万円で乙企業に発注
        ↓
乙企業が45万円で丙企業に依頼
        ↓
丙企業が20万円で丁企業に依頼
        ↓
丁企業が10万円で上位フリーランスに依頼
        ↓
上位のフリーランスが5万円でクラウドソーシングに発注
        ↓
下位ワーカーがで1万円で受注し、作業をする

これでは、下位に位置する初心者ワーカーが稼げないのも無理はありません。

クラウドソーシング初心者が稼げない構造上の問題②単価交渉がしにくい


クラウドソーシング初心者が単価交渉をしにくいのは、「構造上の問題①」と関係します。
それは、単価が上がってしまうと中抜きの額が減ってしまうからです。
ですから、同じクオリティで、同じスキルを持ったワーカーであれば、クライアントは単価が安い方に依頼します。
よって、クラウドソーシング初心者はもちろん、経験者であってもそう簡単に単価を上げることはできません。

クラウドソーシング初心者が稼げない構造上の問題③初心者は競争に負ける


クラウドソーシング初心者が競争に負けるのは、実績がないからです。
実績がないということは、ワーカーがどんな人なのかをクライアントはわからないということなのです。
信頼感のあるベテランと、能力が未知数なクラウドソーシング初心者のどちらに依頼したいか考えればすぐにわかりますね。

クラウドソーシング初心者が稼げない理由(2)ワーカー側の問題

クラウドソーシング初心者が稼げないのは、構造上の問題だけでなくワーカー側にも問題があることが多いです。
その問題がこちら。

ワーカー側の問題
①プロフィールが雑
②強みが不明確
③提案が少ない・遅い
④案件を必要以上に選り好みしている

順に説明します。

クラウドソーシング初心者が稼げないワーカー側の問題①プロフィールが雑


特にクラウドソーシング初心者にありがちですが、プロフィールが雑な人は目に留まりません。
そのワーカーの本気度が伝わらないからです。
顔写真やイラストが登録されていないのは論外ですし、
その辺のフリー素材をテキトーに放り込んだようなものもダメです。
写真屋さんで撮ってもらってもいいですし、それこそランサーズやココナラで外注してもいいでしょう。
とにかく、プロに頼んで作ってもらいましょう。

クラウドソーシング初心者が稼げないワーカー側の問題②強みが不明確


クラウドソーシング初心者で、強みが不明確な人も稼げません。
ワーカーがどういうことが得意かわからないと、クライアントは発注しようとは思わないのです。
それは、ワーカーのできることがわからない状態では、クライアントは能力を把握できないからです。
強みがよくわからない人は、あなたの強みを今一度洗い出すために、自己分析をしてください。

「稼ぎ方で必ずすべきこと③プロフィールを充実させる」から来た方はこちらをクリックしていただくと、元に戻れます。

クラウドソーシング初心者が稼げないワーカー側の問題③提案が少ない・遅い


クラウドソーシング初心者にありがちなのが、提案を渋ってしまい、結果的に案件を獲り損ねることです。
応募が遅い人は、まず稼げません。
必要数が集まると応募が終了する場合もありますし、
期限ぎりぎりに提案するとクライアントの印象が悪くなるからです。
スピード感は非常に重要です。

クラウドソーシング初心者が稼げないワーカー側の問題④案件を必要以上に選り好みしている


少しでもいい仕事を取りたいと粘りすぎるクラウドソーシング初心者も稼げないでしょう。
案件ページを眺めていると、どの仕事も難しそうに見えてきてしまい、考え込む時間が長くなるからです。
あなたがそのページに留まっている間に、他のいい案件が埋まってしまうかもしれませんよ。
少しでもできそうだと思ったら、迷わずアタックしましょう。

ここまで、クラウドソーシングで稼げない要因などを見てきましたが、
本当にクラウドソーシングで稼いでいる人はいないのでしょうか。
実は、そんなことはありません。
そこで次は、クラウドソーシングで稼いでいる、それも初心者の口コミ評判をご紹介します。

クラウドソーシングで稼いでいる初心者の口コミ評判


クラウドソーシングで稼げるようになれば、すぐに初心者の域を脱することができます。
基本的なことを押さえて、「あとはやるだけ」状態になれば、そう難しい話ではありません。

続いて、初心者こそ知っておいてほしい稼ぎ方をお伝えします。

クラウドソーシングでの初心者の稼ぎ方

クラウドソーシングで初心者が知っておくべき稼ぎ方は、以下の4つです。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方
(1) 稼ぐための考え方を身につける
(2) 必ずすべきことを押さえる
(3) すぐにできるテクニックを駆使する
(4) 無駄な費用を減らす

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方 (1) 稼ぐための考え方を身につける

クラウドソーシング初心者は、これから説明する稼ぐためのスキルを身につけるよりもまず重要なことがあります。
それが、
ノウハウコレクターにならない
ことです。
報酬を上げるために勉強することは大事ですが、行動しないことにはお金を得られません。
特に初心者は、必要以上に勉強に力を入れすぎる傾向にありますので気をつけましょう。
それでは、具体的な稼ぎ方の説明に入ります。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方 (2) 必ずすべきことを押さえる

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で、必ず押さえておいてほしいのが次の5つです。

必ずすべきこと
①目標を決める
②クライアントの信頼を得る
③プロフィールを充実させる
④日々スキルアップに励む
⑤自己管理を徹底する

順に説明します。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で必ずすべきこと①目標を決める


クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で特に重要なのが、具体的な目標を決めることです。
目標を決めずに始めると、だらだらと毎日が過ぎていってしまうからです。
今まで何をするにも目的意識を強く持って取り組んできた人ならいざ知らず、怠け癖のある人は要注意です。
目標は、あまり大きすぎないものが良いでしょう。

もし、「目標がなかなか定まりそうにない」
という人は、後段に「今日から実践できる3万円の稼ぎ方」を載せていますので、ぜひ参考になさってください。

緊張感を持たせた方がいい!」という初心者の方は、Twitterで宣言してみるのも良いかもしれません。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で必ずすべきこと②クライアントの信頼を得る


もう一つ、クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で重要なのが、クライアントの信頼を得ることです。
クライアントの信頼を得ると、継続的に案件をもらいやすくなるからです。
信頼を得るためには、次の2つを心がけてください。

・納期を守る(早いくらいでちょうど良い)
・連絡はまめに、迅速にとる
・疑問点は思い立ったら質問して解消する

納期を守ることは鉄則ですが、もう一つ大事なのが「連絡のまめさ」です。
クライアントからの連絡には「秒で返す」意識を持っておき、いつでも応答できるようにしておきましょう。
また、質問があればどんなに細かいことであっても聞きましょう
「まあいいか」で作業をすると、後で痛い目にあいます。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で必ずすべきこと③プロフィールを充実させる


プロフィールを充実させることも、クラウドソーシング初心者の稼ぎ方に不可欠です。
充実させるための方法は以下の通りです。

・プロフィール画像はプロに頼む
・強みをはっきりさせる

詳しくは、「ワーカー側の問題①プロフィールが雑」「ワーカー側の問題②強みが不明確」にありますので、「見逃した!」という方は今一度確認してみてください。

※「クラウドソーシング初心者の稼ぎ方のテクニック②案件調査後にプロフィールを書き直す」からお越しの方は、こちらをクリックしていただきますと、元に戻れます。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で必ずすべきこと④日々スキルアップに励む


スキルアップの勉強を怠らないことも、クラウドソーシング初心者が押さえるべき稼ぎ方の中で大きなウェイトを占めています。
先ほど、「ノウハウコレクターになってはいけない」という話をしましたが、それとはまた別です。
日々の案件をこなしながら新しいスキルを身につけていかないと報酬が上がりません
1日も休むことなく、必ず新しいスキルを学び、使えるようになりましょう。

「効率的にスキルを学びながら稼ぎたい!」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で必ずすべきこと⑤自己管理を徹底する


最後に、クラウドソーシング初心者の稼ぎ方で押さえておいてほしいことが自己管理の徹底です。
はじめのうちは副業でクラウドソーシングを利用する方が多いと思いますが、その方は本業とのバランスを考えてください。
また、作業に集中できる環境を整えることも重要です。
場合によっては、生活習慣から見直す必要もあるでしょう。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方 (3) テクニックを駆使する

ここからは、クラウドソーシング初心者でも案件が取りやすくなるテクニックを3つお伝えします。

稼ぎ方のテクニック
①文字単価0.5~0.8円の案件を狙う
②案件調査後にプロフィールを書き直す
③得意分野をつくる

順にどうぞ。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方のテクニック①文字単価0.5~0.8円の案件を狙う


クラウドソーシング初心者にとって、どれくらいの単価の案件を選ぶのかは難しいところです。
初心者の中には、実績ほしさに次のような案件に飛びついてしまう方もいます。

●あったら嬉しい商品やサービスを一つ、具体的に描写してください。
 その際、以下の条件を守ってください。
 条件:思想信条にかかわるものは書かない
・文字数:1,000文字程度
・記事数:2記事
・報酬:500円(今後もご依頼いたしますので、要相談)

ここで気をつけるべきポイントは、文字数と報酬です。
報酬を文字数で割った数字(文字単価)を出し、0.5~0.8円のものを選んでください。
この案件は文字単価0.25円ですので、かなり危ない案件といえます。
中には、文字単価0.1円を下回る案件もあります。
0.5円を下回る案件は避けましょう。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方のテクニック②案件調査後にプロフィールを書き直す


稼ぎ方で必ずすべきこと③」で、プロフィールを充実させることの重要性をお話ししました。
クラウドソーシング初心者がさらに稼ぎやすくなるためには、自分の取り組みたいジャンルと需要のあるジャンルとを合わせることが重要です。
そのため、クラウドソーシングサービスの案件ページで案件調査をしてから、プロフィールを書き直すことをおすすめします。
少しでも書けそうだと思ったジャンルがあれば、「得意ジャンル」としてプロフィールに書いておくと良いでしょう。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方のテクニック③得意分野をつくる


クラウドソーシング初心者は、先ほど「得意ジャンル」として登録したものとは別に、一つだけで良いので「これだけは負けない!」という得意分野を作っておくと格段に稼ぎやすくなります。
このとき、自分の趣味から選ぼうとする方は一つ気をつけてください。
それは、「一番好きな趣味を選ばない」ことです。
もし一番好きな趣味を選ぶと、「稼ぐ」意識が薄れ、自覚せずとも自分語りに終始しがちになるからです。
「趣味=得意分野」である必要はありません。

さて、続いては稼ぎ方で使える、費用の削減方法をお伝えします。

クラウドソーシング初心者の稼ぎ方 (4) 振込手数料を減らす

振込手数料の減らし方は次の2つです。

振込手数料の減らし方
①出金方式をキャリーオーバーに変更
②受取口座を楽天銀行にする

順に見ていきましょう。

振込手数料の減らし方①出金方式をキャリーオーバーに変更


キャリーオーバーとは、当該月の締め日よりもあとに出金を繰り越すことです。
クラウドワークスやランサーズでは、出金方式をキャリーオーバーに変えることができますので、設定画面から変更しておきましょう。

振込手数料の減らし方②受取口座を楽天銀行にする


振込手数料の削減で、受取口座の変更もポイントです。
クラウドワークスやランサーズでは、振込口座を楽天銀行に設定すると、振込手数料を400円減らせますので、1年間だと4,800円削減できます。

これらの方法を使うと、クラウドソーシング初心者もお得に稼ぐことができますので、ぜひお試しください。

ここまで、クラウドソーシング初心者の稼ぎ方を多数お伝えしてきましたが、割に骨が折れると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一気にこなそうとせず、できるものから一つずつ取り組んでいってください。

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

続いて、クラウドソーシング初心者がトラブルに巻き込まれないための方法をお伝えします。
クラウドソーシング初心者は、たくさん稼ごうと、稼ぎ方を実践することで頭がいっぱいになりがちです。
そういうときに限って、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
トラブルの回避方法を知り、より安心してクラウドソーシングで稼ぎましょう!

クラウドソーシング初心者が稼ぐにあたり注意すべきこと

トラブルに巻き込まれないためにクラウドソーシング初心者が注意すべきことは以下の3つです。

クラウドソーシング初心者が注意すべきこと
①応募前にクライアントの評価をチェックする
②仮払い後に作業を始める
③いきなり直接契約を結ばない

順にどうぞ。

クラウドソーシング初心者が注意すべきこと①応募前にクライアントの評価をチェックする

クラウドソーシング初心者が注意すべきことの1つ目は、クライアントの評価をチェックすることです。
なぜなら、悪質なクライアントを避けることにつながるからです。
クライアント評価のポイントは以下です。
このうち、「本人確認済」は重要です。

●認定クライアントか
●本人確認済か
●秘密保持契約の締結が可能か
●発注ルールチェック済か
●評価(☆の数)が高いか
●発注者のプロフィールに会社情報とWEBサイトが記載されているか
●「成果物に求めるもの」を具体的に書いているか

クラウドソーシングサービスでは、クライアントの評価を案件ページからチェックすることができます。
ここでは、クラウドワークスを例に見ていきます。
クライアント評価
上の画像では、「認定クライアント」「発注ルールチェック済」であることがわかります。
あとは、プロフィールをのぞいて、会社情報とWEBサイトが掲載されているか確認すれば良いでしょう。

※クラウドワークスでは、「秘密保持契約の締結」は必須となっています。

クラウドソーシング初心者が注意すべきこと②仮払い後に作業を始める

クラウドソーシング初心者が注意すべきことの2つ目は、仮払い後に作業を始めることです。
これは、支払いトラブルを避けるためです。
もし仮払いがなされる前に作業を始めてしまうと、タダ働きさせられてしまう可能性がありますので、クライアントから仮払い前の作業を求められたときははっきり断りましょう。

クラウドソーシング初心者が注意すべきこと③いきなり直接契約を結ばない

クラウドソーシング初心者が注意すべきことの2つ目は、いきなり直接契約を結ばないことです。
これも、支払いトラブルを避けるためです。
そもそも直接契約は、多くのクラウドソーシングサービスでは規約で禁止されています。
直接契約をするとシステム手数料を減らすことはできますが、それだと何のためのクラウドソーシングサービスかわかりません。
何の実績もないのにいきなり直接契約を結ぶと、個人情報だけが抜き取られることも考えられますし、とにかく安全が担保されないので、絶対にやめましょう

今日からできる!クラウドソーシング初心者の月3万円の稼ぎ方

さて、ここからはクラウドソーシング初心者さんが稼ぐイメージをつけやすくするために、月に3万円を稼ぐにはどうすれば良いか見ていきましょう。
報酬を得るための具体的な作業時間をお伝えしますので、よろしければご参考ください。
ここであげる職種は、文字単価0.5円WEBライターです。
また、クラウドソーシング初心者のうちは、ここに示したよりもさらに時間をとられると考えるのが賢明です。

月3万円の稼ぎ方
・プロフィールの作成と案件調査:4時間
・提案文をつくる:8時間
・執筆:6万字(=1時間1000文字×60時間)

ここでは、執筆についてもう少し分解して考えましょう。
60時間の作業時間を確保しようとするならば、ある程度余裕をもって考えて

平日:7.5時間=1時間半×5日
土日:10時間=5時間×2日
それぞれ4週あると考えると
平日:7.5×4=30時間
土日:10×4=40時間

これくらいは必要です。
しかし、分解してみると1日あたりの作業量は決して大量ではありません
平日の1日90分は、意識すれば簡単に作れますし、土日の1日5時間も工夫すれば余裕です。
最初のうちは、作業量にみあった稼ぎが取れないかもしれませんが、そこを乗り越えないと稼げるようにはなりません
地道に頑張りましょう。

【まとめ】初心者はクラウドソーシングでの稼ぎ方を知ろう

ここまで、初心者のクラウドソーシングでの稼ぎ方を見てきました。
最後に、重要なポイントを振り返りましょう。

本記事のまとめ
●クラウドソーシングは構造上大きくは稼ぎにくい
●稼ぎ方の基本は、まず行動して、次にノウハウやスキルを学ぶこと
●稼ぎ方で押さえるべきは、クライアントからの信頼・プロフィールの充実・目標設定・日々のスキルアップ自己管理
●トラブルを避けるため、クライアントの評価をチェックし、仮払い後に作業を開始。
また、いきなり直接契約を結ばない。
「3万円の稼ぎ方」は今日から実践できる

ぜひ、今日からクラウドソーシングを使って、初心者であるあなたもガンガン稼いでいきましょう!

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスで自分らしく快適に働く女性の平均年収・月収・時給のイメージ画像(アイキャッチ)
  2. 主婦におすすめの仕事
  3. 年末年始を少しリッチに過ごせるためのプレゼント~イメージ画像
  4. クラウディアの口コミ情報を見て驚く初心者主婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次