【やめた】Webライターはやめとけ?挫折の理由・儲けるコツ・メリットなど

この記事は5分で読めます

「webライターをやってみたいけどやめた方がいいという記事をみた・・・」
「webライターはやめた方がいいのかな?」
この記事では以下のことをお伝えします。
・webライターをやめた方がいいという人の主張と理由について
・webライターをやるメリット
・webライターで稼げるようになる為の第一歩

現役のプロwebライターが完全無料のセミナーを開催中です。
初心者の方でも稼げるようになる為のアドバイスもしているのでぜひチェックしてみてください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

目次

【やめとけ派】Webライターをやめた人の主張

webライターをやめた人の理由を紹介します。
・稼げない
・誇りが持てない
・クライアントから報酬をもらえない
・いつまでたっても修正が終わらない
・将来の見通しが立たない
などの意見が上がっています。実際に詳しく解説していきます。

Webライターをやめた人①全然稼げない

webライターをやめた人の理由として、全然稼げなかったからという意見があります。
・コロナ禍によりwebライターをやる人が増え仕事が減った
・ライバルが多く1日70円しか稼げないこともあった
このようにwebライターは初心者でも始めやすい為、ライバルが多く仕事の取り合いになってしまっています。

Webライターをやめた人②誇りが持てない

webライターをやめた人の理由として、仕事に誇りが持てないという意見があります。
webライターの仕事は初心者でも始めやすく、副業としても人気です。逆に誰でも簡単に始められるので仕事に誇りを持てない人も多いようです。

Webライターをやめた人③クライアントから報酬をもらえない

webライターをやめた人に中にクライアントから報酬をもらえなかったということがあります。
クラウドソーシングサイトから仕事を受注し、案件をこなしたのに、報酬をもらえずクライアントから音信不通になってしまったそうです。

以下の記事では実際にあったクラウドワークスの悪質クライアントの見極め方や騙された時の対処法を記載しています。
webライターで仕事をしていく上で非常に重要な内容となってますのでぜひチェックしてみてください。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

Webライターをやめた人④いつまでたっても修正が終わらない

webライターをやめた人の理由としていつまでたっても修正が終わらないという意見があります。
指示通りに記事を書いてもクライアントからのOKが出ない限り報酬はもらえません。
その為、なんども修正依頼がきて心が折れてしまうケースもあります。

Webライターをやめた人⑤将来の見通しが立たない

webライターをやめた人の理由として将来の見通しが立たなかったという意見があります。
webライターは初心者の人でも簡単に始めることができます。
その理由もあって副業で始める人も多い為、案件の単価が下がりがちです。
その為、本業として成り立たせるのは困難でしょう。

「Webライターはやめとけ」と言われやすい人の特徴

webライターをやめとけと言われる人には特徴があります。
・根本的に文章の読み書きが嫌い
・自己主張欲を抑えられず爆発することがある
・注意されたら反発する
・楽に稼げると思っている
・自己管理をしたくない
・安定志向が強い
・自分の頭で考えたくない
・知識を増やすことに興味がまったくない
・細かいことを見ようとしない
しかし、これらに当てはまっていても文章を書くコツを掴んでいけば稼げるwebライターになることも可能でしょう。

「Webライターをやめとけ」と言われる理由

webライターをやめとけと言われる理由として
・スキルがないと稼げない
・文章が書けない
・毎日の自己管理が大変
・収入が安定しない
・高単価案件が獲得出来ない
・体調と精神を保つのが困難
それぞれ詳しく解説していきたいと思います。

「Webライターやめとけ」の理由①未経験・ノースキルなら全然稼げない

webライターをやめとけと言われる理由として未経験・ノースキルで全然稼げないことがあります。
webライターは初心者の人でも簡単に始めることが出来ます。しかし、未経験・ノースキルの場合は低単価の案件が比較的多いです。
例えば大手のクラウドソーシングサイトを見てみると、
・1000文字×10本で1000円(文字単価0.1円)
・2000文字で500円(文字単価0.25円)
・3000文字で1000円(文字単価0.33円)
このような募集が多いです。
また、未経験の人はタスク案件をこなしがちですがどこまでいっても時給は上がらない為、時間だけが消費されていき稼ぐことが出来ません。

「Webライターやめとけ」の理由②文章を書けない

webライターをやめとけと言われる理由として弁償がなかなか書けないということがあります。
メールを打つのが面倒な人や文章で人に伝えるのが苦手な人にとってwebライターの仕事は苦痛に感じることがあるでしょう。
簡単に解説すると、月5万稼ごうとすると、文字単価0.5円で10万文字書かなければなりません。文字単価が低いとそれだけ多くの文字を書かないと稼ぐことは出来ません。
webライターにとって避けては通れない道となっているので諦めないようにしましょう。
以下の記事では初心者からしっかり稼げるwebライターになるためにプロのライターの講座を開催中です。完全無料なのでぜひチェックしてみてください。

【Webライター】1日の文字数は?収入・文字数を増やすコツなど

「Webライターやめとけ」の理由③毎日の自己管理が求められる

webライターをやめとけと言われる理由として毎日の自己管理が求められることが苦痛に感じる人がいます。
webライターには納期が必ずあり、それに間に合わせなければなりません。
「今日までに5000文字書かなきゃ・・・」と焦ったりするので、きちんと計画的に進めなければなりません。

「Webライターやめとけ」の理由④収入が不安定

webライターをやめとけと言われる理由として、収入が不安定なことが挙げられます。
webライターは記事を書いて報酬が発生するので、記事を書かなければもちろん収入はゼロです。
その為、会社員のように毎日仕事があるわけではない為、収入が不安定になっています。
継続した案件が獲得できるまでは収入に波があるでしょう。

「Webライターやめとけ」の理由⑤なかなか高単価案件を獲得できない

webライターをやめとけと言われる理由としてなかなか高単価な案件が獲得出来ない人がいます。
高単価な案件を獲得するためには、
・専門性のある資格を持っている
・webライターとしての実績を持っている
・SEOの知識が充分ある
以上のことが挙げられます。したがって初めのうちはなかなか高単価の案件を獲得するのは困難でしょう。

以下の記事ではプロのwebライターが限定した人にしか紹介されない案件を紹介しています。今なら藤崎の優良案件紹介サービスが狙い目です。ぜひチェックしてみてください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

「Webライターやめとけ」の理由⑥体調と精神を整えねばならない

webライターをやめとけと言われる理由として体調と精神を整えるのが大変です。
webライターはパソコンでの作業がメインになるので、
・目の疲れ
・肩こり
・締め切りへのプレッシャー
上記のことが常に襲いかかり、体調や精神的な負担が大きいです。

【やめとけと言われても】Webライターのメリット

webライターをやめとけと言われてもやるメリットはたくさんあります。
・会社以外のスキルが身につく
・パソコン1台で仕事ができる
・お金がほとんどかからない
・実力をつければ稼げる
それではwebライターのメリットを詳しく解説していきます。

Webライターのメリット①会社以外で活かせるスキルが身につく

webライターのメリットとして会社以外のスキルを身に付けることができます。
webライターはクライアントから記事の依頼が来るので、その内容を把握してないと書くことができません。したがって記事内容を調べていくうちに知識がついていきます。
また、文章を書くうちに文章能力が向上していきます。
以下の記事ではwebライターになる為の講座を開催中です。
しっかり稼げるようになるのでぜひチェックしてみてください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターのメリット②パソコン1台あれば働ける

webライターのメリットとして、パソコン1台でどこにいても仕事が出来ます。
会社員であれば決まった時間に決まった場所で仕事をすることになりますが、webライターであれば好きな時間に好きな場所で仕事をすることができます。

Webライターのメリット③お金があまりかからない

webライターのメリットとして初期投資がほとんどかからないことです。
副業で有名な株やせどりなどは初期投資がかかってしまい、気軽に始めることができません。
しかし、webライターなら最低限のパソコンとネット環境があれば、即日業務を開始できるのが大きなメリットでしょう。

Webライターのメリット④実力がつけば稼げる

webライターのメリットとして実力がつけばしっかり稼げることです。
案件をこなしていくうちに文章能力が上がったり、SEOの知識もどんどん上がっていきます。
そうすることによってクライアントから継続した案件を受注できたり、単価交渉もできるようになってくる為、しっかり稼ぐことができます。

【執筆される方へ】
このh3に合った文章を書いて、以下の記事を紹介してください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【「やめとけ」を乗り越える】Webライターで稼ぐための第一歩

webライター「やめとけ」を乗り越えよう
・webライターの性質を理解する
・必要なスキルを磨く
・記事の質とスピードを両立する
・数をこなす
・常識を守る
・文字単価の高い案件を獲得する
上記のことをしっかり意識することがwebライターで稼ぐ為の第一歩になります。
それでは詳しく解説していきます。

【執筆される方へ】
以下の記事を順に紹介してください(以下の>>Webライターで月1万稼ぐ方法

>>Webライターで月10万稼ぐ方法

>>Webライターで月30万稼ぐ方法

>>Webライターで月40万稼ぐ方法

>>Webライターで月50万稼ぐ方法

Webライターとして稼ぐために①Webライターの性質を理解する

webライターとして稼ぐ為にしっかりとwebライターの性質を理解しましょう。
webライターは自分の意見や主張は求められておらず、記事を見る読者が求めていることを記事にする必要があります。
また、クライアントから記事に関しての指示があるので、しっかり従いながら記事をかkのが必須です。
そういった性質を理解することで、webライターとして稼ぐことができます。

Webライターとして稼ぐために②必要なスキルを磨く

webライタとして稼ぐ為に必要なスキルを磨いていきましょう。
webライターは記事をただ書いていくだけではなく、しっかりとスキルを磨くことが重要です。例えば、
・SEOの知識をつけ、記事を上位検査されるようにする
・正しい日本語、文章を構成する
上記のスキルを磨くことでクライアントに喜ばれる記事を書くことができるでしょう。

以下の記事ではクライアントに喜ばれ、継続した記事を受注できるよう、プロのwebライターが詳しく指導していきます。気になる人はぜひチェックしてみてください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターとして稼ぐために③記事の質と速さをなるべく両立させる

webライターとして稼ぐ為に記事の質と速さを両立させていきましょう。
当たり前のことですが、記事の質が悪いと継続して案件を受注できませんし、記事のスピードが遅いと納期が間に合わないなんてことにもなります。
最初から両立させるのは困難かと思いますが、しっかりとスキルを磨き、意識することで継続した案件を受注でき、クライアントにも喜ばれることでしょう。

Webライターとして稼ぐために④数をこなす

webライターとして稼ぐ為にできるだけ大くの記事を書いていきましょう。
記事を書けば書くほど、スピードも上がっていきますし、その分スキルも身についていきます。
そうすることによって、しっかりと記事内容を調べる時間に充てることができるので、信用性がある記事を書くことができるでしょう。

Webライターとして稼ぐために⑤社会人としての常識を守る

webライターとして稼ぐ為に社会人としての常識を守りましょう。
当たり前のことですが、
・納期を守る
・報連相をしっかりする
・クライアントの指示をしっかり守る
・細かいことに注意を払う
上記のことがしっかりできるwebライターはクライアントから信頼されやすいので継続した案件を獲得することができるでしょう。

Webライターとして稼ぐために⑥文字単価の高い案件を獲得する

webライターとして稼ぐ為に文字単価の高い案件を獲得しましょう。
継続して案件をもらっているクライアントがいる場合は単価交渉をしてみるのもいいでしょう。
「相手に失礼じゃない・・・?」
と思われる人もいるかもしれませんが、継続して案件をくれるクライアントは少し単価が上がっても手放したくないと思う人が多いです。
なので意外に単価交渉をして上げてくれるクライアントが多いです。
しかし、上記の①〜③、⑤がしっかりとできているのが前提です。

【不安を解消】Webライターをやめとけと言われて迷っている人へ

webライターをやめとけと言われて迷ってる人はまず始めてみましょう。誰でもやる前は、不安な状態からスタートします。
現に年収1000万円稼いでいるwebライターの人も初めから稼げているわけではありません。
何事も最初の1歩が大事なのでまずは挑戦してみましょう。

①やめとけというけどWebライターで稼いでいる人もいますよね?

webライターはやめとけというけど稼いでる人っていますよね?
実際にある程度のスキルを身に付けることによって十分稼ぐことができます。
またwebライターで頑張った先には以下のような選択肢があります。
・文字単価の高いライターを目指す
・構成やディレクションの対場を目指す
・webマーケターを目指す
・企業などに対してサポートする
・ライティング講師になる
・上記はほんの一例ですが、webライターを始めることによって選択肢が大きく広がります。
以下の記事ではプロのwebライターが完全無料の講座を開催中です。
うまくいけば年収1000万を稼ぐこともできます。
収入アップや実際に稼いでいるモデルケースもご紹介しています。

Webライターは年収1000万円稼げる?Webライターの収入を上げる方法やWeb系フリーランスの年収ランキングも紹介!

【執筆される方へ】
加えて、以下の記事を紹介してください(以下の文字列はいじらないでください)
>>Webライター 10万

>>Webライター 30万

>>Webライター 40万

>>Webライター 50万

>>Webライター 月収80万

「年収1000万とはいかずとも、まとまった金額を稼ぐ方法を知りたい人は、以下をご覧くださいね。
目標月収別に分けて詳しく解説しています」などと紹介すればOKです。

②「やめとけ」は誰にあてはまる?

webライター『やめとけ」はどんな人に当てはまる?
よくみられるのは、
文章を書くのが苦手な人やパソコン操作が苦手な人はやめとけと言われることがありますが、全くそんなことはなく、逆に誰でも簡単に始めることができます。

以下の記事では誰でも簡単に取り組める理由について書いてあるのぜひチェックしてみてください。

【裏ワザ】ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツ!お小遣い→副業レベルのネットで稼ぐ方法は?

【始め方】大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツ!アルバイトよりもおすすめ!

webライター以外の職業もみてみたい人は以下の記事もぜひチェックしてみてください。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

③「Webライターは長く続けられないからやめとけ」と言われました

webライターは長く続けられないからやめとけと言われた・・・
webライターは普通の会社員と違い、定年がない為、長く続けることができます。
また、最近ではネット社会と言われるくらいなので、記事を書いて欲しいクライアントは沢山います。
なので、スキルを身に付けることにより、安定的に長く仕事を続けることができるでしょう。

④悪質なクライアントがいるから「Webライターやめとけ」?

悪質なクライアントがいるからwebライターはやめた方がいい?
確かに悪質なクライアントがいるのが事実です。
しかし、現在のクラウドソーシングサイトはセキュリティ面にも力を入れており、報酬が支払われないなどの対応にもしっかりと対処してくれるので安心して仕事をすることができます。
また、以下の記事では悪質なクライアントの見極め方をお伝えしています。
しっかりと理解することで悪質なクライアントの対処方法を学びましょう。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

⑤買い叩かれるから「Webライターやめとけ」?

webライターは買い叩かれる?
初めのうちはバイトより稼げないことが多々あります。
しかし、クライアントと信頼関係を築き継続した案件をこなすことにより、単価交渉をすることもできるようになっていきます。
手間に見合わない収入しか得られない心配がある人は以下のライター講座で解決できるようになります。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【まとめ】「やめとけ」は気にするな!稼げるWebライターになる方法はある!

webライターをやめとけ気にする必要はありません!
誰でも初めから稼ぐことは困難ですが、しっかりと、
・スキルを身に付ける
・高単価の案件をこなす
・クライアントへの信頼を獲得する
・記事の質とスピードを両立する
上記のことを守るだけでしっかりと稼げるwebライターになることができます。
まずは第一歩として「始めてみる」ことが大事でしょう。

以下の記事では初心者からしっかり稼げるようになる為の講座を開催中です。
興味ある人はぜひチェックしてみてください。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

以下の記事ではwebライター以外の人気がでる職種について解説しています。
webライター以外の稼げる職種が知りたい人はぜひチェックしてみてください。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ライターにおすすめのクラウドソーシング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次