【無職】ニートがWebライターに向いている理由!仕事内容・なり方・必要スキルなど

この記事は9分で読めます

「ニートでもWebライターになれる?」
「ニートがWebライターになるにはどうしたらいいの?」
このような、悩みを抱えている人もいますよね?
稼ぎたいけど外には出たくない、対人関係を築くのが苦手という方にWebライターをおすすめします。
この記事では、Webライターがニートにおすすめできる理由をまとめてみました。
ぜひ、最後まで読んでニートから卒業しましょう。
本記事の概要
●ニートがWebライターになるにはどうしたらいいのか
●Webライターがニートに向いている理由
●Webライターの基礎知識・仕事内容
●ニートにWebライターがおすすめの理由
●ニートがWebライターを目指すためのスキル

目次

Webライターとは

Webライターとは、Web上で記事を書くお仕事です。
私たちがスマホやPCで検索している記事も、Webライターが執筆しています。
Webライターは自宅で出来る仕事なので、ニートだったとしても問題なくできます。
時間のあるニートにおすすめできる仕事が、Webライターだと言えるでしょう。
Webライターがニートにおすすめの理由は後で詳しくお伝えします。
ニートがWebライターに向いている理由

Webライターの仕事内容はどのようなものがあるのか

Webライターの仕事内容は、企業から記事の案件を受けて執筆することです。
ニートがWebライターを行う際に、自分が得意な記事を書くことができるのでストレスを感じることなく出来るでしょう。
稼げる案件は金融、健康、医療、不動産など知識が必要なものがありますが、ニートで時間があるのでWebライターの仕事をするために知識をつけるのもいいですね。

ニートでもWebライターになれるのか

ニートで外に出ることが嫌な人には、Webライターがおすすめです。
Webライターはパソコンさえあれば、未経験でもできることからニートでもなることができます。
人と関わることが苦手でも、案件を受けてしまえば作業は一人で行うので問題ありません。
Webライターは、誰でも初心者からのスタートになります。
たとえニートでも初心者でも関係なく、始めることができるのがWebライターです。
初めは記事を書くのに時間がかかってしまいますが、慣れてくると短時間で記事を完成させることができるようになります。
そうするとWebライターとして収入を得ることができ、ニートからも脱出することができます。
ニートには、まずWebライターを始めてみることをおすすめします。

ニートがWebライターになるにはどうしたらいいのか

ニートがWebライターになるには3つの方法があります。
●ニートがWebライターになるには①クラウドソーシングに登録する
●ニートがWebライターになるには②SNSなどでライターの募集に応募する
●ニートがWebライターになるには③Webライターの勉強を行う
上記のことを始めることで、ニートでもWebライターになることができます。
Webライターになって、ニートを脱出しましょう。

ニートがWebライターになるには①クラウドソーシングに登録する

ニートがWebライターになるには①クラウドソーシングに登録することです。
クラウドソーシングに登録することで、ニートでもWebライターを始めることができます。
初心者でも始められる案件は、たくさんありますので簡単にニートでもWebライターになれます。
最初から多くは稼ぐことができないかもしれませんが、間違いなく稼ぐことができるようになります。
クラウドソーシングもクラウドワークス、ランサーズなどありますが、いくつか登録して案件を探すといいでしょう。
どちらも無料で始めることができますし、すぐに応募することができます。

ニートがWebライターになるには②SNSなどでライターの募集に応募する

ニートがWebライターになるには②SNSなどでライターの募集に応募することです。
Twitterなどでライターを募集していることがありますので、探してみるといいでしょう。
アフィリエイターさんやメディア運営者が複数のサイトを所持していることが多いので、外注している人も多くいます。
そこで、募集に応募することができます。
Webライターを始めるなら、自分のブログを作りましょう。
ニートで時間のある時に、ブログを作っておくことでWebライターになったときにも役立つでしょう。
自分のブログのURLを貼っておく事で、自分の記事をみて相手が判断してくれることもあります。

ニートがWebライターになるには③Webライターの勉強を行う

ニートがWebライターになるには③Webライターの勉強を行うことです。
いくらWebライターは初心者ができると言っても、最低限の勉強は必要になります。
独学で勉強することも出来ますが、効率を考えるとWebライターのオンラインスクールに通うこともいいでしょう。
添削や指導があるので、スキルを伸ばすにはWebライターのオンラインスクールがおすすめです。
しかしWebライターのオンラインスクールに通うには少なからずお金がかかるので、ニートにはハードルが高いかもしれません。
ニートでもWebライターになるには、無料のWebライター講座を受けてみるのもいいでしょう。

私がおすすめする完全無料のWebライター講座についてはこちらです。
稼げるWebライターになりたい方はぜひご覧ください。
>>プロライターが教える講座が気になる方はこちら

ニートがWebライターに向いている理由

ニートを続けていると、外で仕事を始めることが不安だったりしますよね。
ここでは、Webライターがニートに向いている理由を解説していきます。
ニートでもWebライターが始めやすいということを、わかってもらえるでしょう。
●Webライターがニートに向いている理由①初期費用がほとんどかからないため
●Webライターがニートに向いている理由②パソコンがあればできるから
●Webライターがニートに向いている理由③スキルがなくても始められる
●Webライターがニートに向いている理由④人と関わらなくてもできるため
●Webライターがニートに向いている理由⑤自分でスケジュールを決められるから
●Webライターがニートに向いている理由⑥在宅で仕事を完結させることができる
●Webライターがニートに向いている理由⑦持っている知識を活かすことができる
●Webライターがニートに向いている理由⑧未経験でもできる
上記のようにまとめてみました。
読んでいただければ、ニートでもWebライターになれるということがわかるでしょう。

Webライターがニートに向いている理由①初期費用がほとんどかからないため

Webライターがニートに向いている理由①は初期費用がほとんどかからないためです。
今現在ニートであれば、Webライターを始めることにあまりお金をかけることは難しいでしょう。
初期費用をかけずに始められる仕事は、そう多くはありません。
Webライターはパソコンさえあれば始められるので、他に購入することなく始めることができるのでニートでもできます。
お金がなくても始められるWebライターに、ニートが向いていると言えるでしょう。

Webライターがニートに向いている理由②パソコンがあればできるから

Webライターがニートに向いている理由②はパソコンがあればできるからです。
ニートのときには、パソコンで暇つぶししてることも多いでしょう。
Webライターの仕事は、ニートが暇つぶしとして行っていることを、ライティングに変えていくことで稼げるようになっていきます。
パソコンさえあれば、Webライターの仕事は完結します。
ニートが仕事を始めるには、Webライターが最適といえます。

Webライターがニートに向いている理由③スキルがなくても始められる

Webライターがニートに向いている理由③はスキルがなくても始められることです。
ニートがWebライターを始めるときに、スキルはなくても大丈夫です。
もちろんWebライターの仕事を続けていくには、スキルアップは必要になっていきます。
しかし、Webライターを始めるときには、日本語がわかって簡単な文章を書ければ誰でもできます。
執筆の速さも、書き続けることでどんどん速くなっていきますので心配いりません。
Webライティングのスキルを上げることで、稼げるようになっていきます。
ニートから卒業するのには、Webライターを始めることをおすすめします。

Webライターがニートに向いている理由④人と関わらなくてもできるため

Webライターがニートに向いている理由④人と関わらなくてもできるためです。
ニートになってしまう理由に、人間関係が苦手で仕事が続かないという人も多いでしょう。
Webライターは人と関わらなくてもできる仕事なので、ニートに向いているといえます。
もちろん、ネット上でメールのやり取りや多少の電話はあるかもしれませんが、実際に対面することはありません。
コミュニケーションを取るのが苦手な人でも、ネット上でのやりとりならハードルが低いでしょう。
Webライターはニートでも、対人ストレスを感じることなくできる仕事になります。
Webライターは、ニートにおすすめな仕事と言えるでしょう

Webライターがニートに向いている理由⑤自分でスケジュールを決められるから

Webライターがニートに向いている理由⑤は自分でスケジュールを決められるからです。
Webライターの仕事は、自分のスケジュールに合わせることができます。
ニートであれば、時間の余裕もありますが書きたくない日もあるでしょう。
その時は、休憩時間を長く取ったり休んだりするのもいいでしょう。
会社に勤めていれば、休んだり、さぼったりすることで他の人に迷惑をかけてしまうこともあります。
Webライターであれば、時間配分を自分で考えて納期に間に合うようにすれば問題ありません。
仕事から離れてしまっているニートには、Webライターのように自由な働き方ができる方がいいでしょう。
Webライターは自由度が高いので、ニートに向いていると言えます。

Webライターがニートに向いている理由⑥在宅で仕事を完結させることができる

Webライターがニートに向いている理由⑥は在宅で仕事を完結させることができることです。
Webライターはネット環境やパソコンがあれば、自宅でもカフェでも仕事ができます。
ニートは、外出するのが苦手な人が多いでしょう。
しかしWebライターは、満員電車で通勤する必要もありません。
Webライターは、自宅で完結させられる仕事ですのでニートにでもできます。
自宅で仕事を完結させられ、稼げる仕事としてWebライターはニートにおすすめできます。

Webライターがニートに向いている理由⑦持っている知識を活かすことができる

Webライターがニートに向いている理由⑦は持っている知識を活かすことができることです。
ニートの人は、何らかの趣味をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
例えば、映画やアニメなどをみるのが趣味という方もいますよね。
Webライターでは、映画やアニメについてまとめている記事も多く見られます。
そこで、自分の趣味の知識を活かせる案件を受けることで、収入を受けられることができます。
ニートで無職の場合、自分の趣味が仕事に活かせるWebライターはおすすめです。
始めは自分の趣味を活かして、慣れてきたら少し稼げる案件にチャレンジしていくことでWebライターとしてニートから脱却できます。
ニートがWebライターになるには、まずは自分の得意なものを活かすことで無理なく始められるでしょう。

Webライターがニートに向いている理由⑧未経験でもできる

Webライターがニートに向いている理由⑧は未経験でもできることです。
Webライターは未経験でもできるので、ニートでも簡単に始めることができます。
初めからたくさん稼げるようにはなれませんが、続けていくことで徐々に稼げるようになります。
現在ニートで無給であれば、Webライターで数万円稼げるようになるだけでもいいでしょう。
他の仕事は、少なからず経験やスキルが必要になりますが、Webライターは自分でクラウドサービスに登録した日から仕事に応募して始めることができます。
ニートで仕事を始めたいと思っている人にはぜひ、Webライターをおすすめしたいです。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット

脱ニートのために、Webライターを選ぶメリットを解説していきます。
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット①パソコンがあれば仕事ができる
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット②好きなことや知識が役に立つ
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット③家から出る必要がない
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット④直接人と関わらずに仕事ができる
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑤短時間の作業で収入が得られる
●脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑥自分で休日を作れる
上記を読めば、ニートを脱出するのにWebライターを選ぶメリットがわかるでしょう。
こちらを参考にして、Webライターを選んでみてはいかがでしょうか?

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット①パソコンがあれば仕事ができる

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット①パソコンがあれば仕事ができることです。
Webライターはパソコンさえあれば仕事ができます。
パソコンを持っているなら、初期費用もかかりません。
パソコンを持っているニートであれば、今すぐWebライターになれます。
Webライターは、パソコンがあれば仕事が完結しますので、ニートに最適といえます。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット②好きなことや知識が役に立つ

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット②は好きなことや知識が役に立つことです。
Webライターでライティングする記事のジャンルは、たくさんあります。
自分に専門知識があるのならば、それを活かして案件を探すといいでしょう。
案件を受け、Webライターとして仕事することができます。
ニートでも自分の知識を活かせる案件は必ずありますので、Webライターとして稼げるようになります。
自分の好きなことを仕事にすることで、Webライターを続けることができニートを脱出することができるでしょう。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット③家から出る必要がない

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット③は家から出る必要がないことです。
Webライターは在宅で仕事ができるので、ニートでもできます。
通勤をしなくてもいいので、仕事する直前まで寝てることも出来るでしょう。
家から出る必要がないので、ニートでなくても、介護や子育て中の人でもWebライターならできます。
ニートの人は、まずWebライターを始めてみるといいでしょう。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット④直接人と関わらずに仕事ができる

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット④は直接人と関わらずに仕事ができることです。
ニートは、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人が多いでしょう。
Webライターはネット上のやり取りがほとんどなので、直接人と関わることが苦手なニートでも仕事ができます。
最低限、ネット上でメールやチャットを行うことはあります。
しかし、直接会うことはないのでニートで対人ストレスになる人もWebライターなら大丈夫です。
人と関わることが苦手でも、Webライターで稼ぐことができればニートから脱出することができるでしょう。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑤短時間の作業で収入が得られる

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑤は短時間の作業で収入が得られることです。
初めからWebライターとして短時間で収入を得ることは難しいですが、慣れてくると短時間で得られるようになります。
1時間で2000文字書くことができれば、文字単価1円で4時間で8000円稼げます。
20日間稼げば16万円になりますね。
ニートでもWebライターの4時間の作業で8000円稼げるようになれれば、普通に生活ができるようになります。
無理することなく、短時間の作業で稼げるようになれるWebライターはニートにおすすめです。

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑥自分で休日を作れる

脱ニートのためにWebライターを選ぶメリット⑥は自分で休日を作れることです。
Webライターは案件を受けて、納期までに納品することで収入が得られます。
1記事を書きあげるまで、自分でスケジュールを組んで働くことができます。
休日が欲しければ、1日の稼働時間を増やして早く納品することで休むことができます。
Webライターの仕事は、自分がセーブすることで休みを増やすことができ、ニートからも始めやすいでしょう。
自分で休みを決められるのは、Webライターの仕事のメリットでニートにもおすすめです。

ニートがWebライターを目指すためのスキル

ニートがWebライターを目指すためのスキルをまとめてみました。
●ニートがWebライターを目指すためのスキル①Webライティング能力
●ニートがWebライターを目指すためのスキル②情報収集能力
●ニートがWebライターを目指すためのスキル③PC上でのコミュニケーション能力
上記3点はニートに限らず、Webライターを目指すために必要なスキルでしょう。
こちらのスキルを得て、Webライターの仕事を始めてニートを脱出しましょう。

ニートがWebライターを目指すためのスキル①Webライティング能力

ニートがWebライターを目指すためのスキル①はWebライティング能力です。
Webライティングとは
●文章を書く能力
●SEOの知識
こちらの2つになります。
Webライター講座受けたり、自分で本を読んで勉強することでスキルアップできます。
ニートだったら時間はたくさんありますので、Webライターの勉強を頑張って稼げるようになれるでしょう。
稼げるようになってきたら、有料のWebライター講座を受けるのもいいでしょう。
Webライター講座を受けることができれば、SEOの知識も学ぶことができます。
Webライティング能力を高めていくことで、ニートを脱出し稼げるようになります。

ニートがWebライターを目指すためのスキル②情報収集能力

ニートがWebライターを目指すためのスキル②は情報収集能力です。
Webライターの仕事は、書くことだけではありません。
書くことと同じように情報収集もとても大切です。
上手に文章を書くことができなくても、リサーチすることができれば問題なく記事を書くことができます。
ニートの場合、パソコンでネットサーフィンしてることも多いでしょうから、情報収集することもできて、Webライターの仕事をすることができます。
Webライターの仕事は、文章を書くのと同じくらい情報収集能力が必要です。

ニートがWebライターを目指すためのスキル③PC上でのコミュニケーション能力

ニートがWebライターを目指すためのスキル③はPC上でのコミュニケーション能力です。
Webライターには基本的に対人関係はありません。
クライアントとのコミュニケーションは、メールやチャットで完結することができます。
しかし報告、連絡、相談は必要で、案件を受けても連絡が途絶えてしまってはクライアントに迷惑をかけてしまいます。
メールやチャットで、相手にきちんと連絡を取ることができれば問題ありません。
最低限のコミュニケーション能力があれば、ニートでもWebライターになることができます。
クライアントとのコミュニケーションを取り、稼げるWebライターになりニートを卒業しましょう。

【まとめ】ニートでもWebライターになれる!一歩踏み出して稼げるWebライターを目指そう

本記事のまとめ
●ニートがWebライターになるにはどうしたらいいのか
●Webライターがニートに向いている理由
●Webライターの基礎知識・仕事内容
●ニートにWebライターがおすすめの理由
●ニートがWebライターを目指すためのスキル
こちらの記事ではニートはWebライターに向いているということを解説してきました。
ニートの場合、就職活動で外に出ることが難しい人も多いでしょう。
そういう方に最適なのがWebライターということです。
外で働くことができない時にも、Webライターであれば自宅で行うことができるので、まずは始めてみることをおすすめします。
少しずつでも稼ぐことができるようになったら、自分に自信もつきますし、Webライター以外の仕事にもチャレンジしてみようという気持ちも出てきます。
ニートを卒業して稼げるWebライターを目指して頑張ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ライターにおすすめのクラウドソーシング
  2. クラウドワークスで自分らしく快適に働く女性の平均年収・月収・時給のイメージ画像(アイキャッチ)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次