【本業】Webライターで生活できる?収入・口コミ評判・未経験から本業にするコツなど

この記事は12分で読めます

「Webライターを本業にしても生活できなくて厳しいって本当?」
「本業のWebライターたちの働きかたや生活を知りたい!」
そんな方のための記事です。

この記事で分かること
・本業のWebライターたちの口コミ評判と収入モデル
・Webライターを本業にするメリットとデメリット
・本業のWebライターになるためのコツ

現役のプロライターが教える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

目次

【結論】Webライターは本業にできる

Webライターを本業にすることは可能です。
一人暮らしの場合、月20万円ほどWebライター収入があれば生活できます。
家族を養う場合は月40万円程度のWebライター収入が必要です。
上記の金額を稼ぐために必要なWebライターの仕事量は、以下のようになります。

Webライターの本業で月20万円稼ぐための仕事量
・文字単価1円で5,000文字を40記事書く(月20万文字)
・文字単価2円で5,000文字を20記事書く(月10万文字)

本業のフリーランスWebライターの多くが文字単価1〜2円で、月に10万〜30万文字を執筆しています。
一人暮らしであれば平均的なフリーランスWebライターの働き方で十分に生活できるでしょう。

一方で家族を養う場合は、平均的なフリーランスWebライターの収入だと本業にするのは厳しいですね。
Webライターを本業にするためには高単価Webライターになりましょう。

本業Webライターで家族を養う方法
・文字単価を2~5円以上にする
・校正や監修、ディレクターといった報酬の高い仕事もする

夫婦共働きにすることもWebライターを本業にする1つの方法で、家計収入の安定に役立ちます。
一人暮らしでも家族を養う方でも、Webライターを本業にして十分に生活できます。

【口コミ評判】Webライターを本業とする人の体験談

活躍中の本業Webライターの口コミ評判は以下の5つです。

①月収35万稼ぐWebライター
②5年目で収入が安定してきたBさん
③ブログと両輪で稼ぐWebライター
④月30万稼ぐ主婦Webライター
⑤プロクラウドワーカーになったWebライター

気になるWebライターの口コミ評判からどうぞ。

【口コミ評判】本業Webライターの生活例①月収35万稼ぐWebライター

本業WebライターのAさんは、現在はディレクターとしても活躍中。
Webライターの本業だけで生活していたときの月収は平均35万円、年収は400万円前後だと口コミで明かしています。
Aさんは、本業で生活できる月収20万円のWebライターになるまでに半年かかったといっています。
「本業Webライターの最初はきつかった。なかなか案件が獲得できず、実績がないため単価も低くなりがち。もう少しうまくやれば苦労せずに済んだ」
との反省もあるそうです。
本業Webライターをはじめて1年ほどで月収35万円に到達し、その後はディレクターに転身してさらに収入を上げているとの口コミ評判です。

【口コミ評判】本業Webライターの生活例②5年目で収入が安定してきたBさん

本業WebライターのBさんは「一人暮らしでそれほどお金をかけないなら、Webライターとして生活していくのは十分可能」だと口コミをしています。
具体的な年収は秘密だそうですが、継続案件複数と単価の高い単発案件を組み合わせて仕事を回していればWebライターは生活に困ることはないとのことです。
それでもWebライター収入を安定させるのは大変だったそうで、5年たった今だからこそ安定のコツがわかったと言っています。
特に駆け出しの頃は収入が低い状態が続くので、ある程度の貯金をしてからの挑戦が必要との口コミ評判です。

【口コミ評判】本業Webライターの生活例③ブログと両輪で稼ぐWebライター

ブロガーとWebライターの複業で仕事をしているCさんは「Webライターは甘くなかった。単体で本業にするのは、私にはムリだった」との口コミ評判です。
初心者がいきなり本業Webライターになるのは無理で、中級者でも生活するのがやっとで贅沢な暮らしはできない現実を知ってブログに注力したと語ります。
本業Webライターを目指して学んだスキルや経験はブログ運営に役立ち、自分のブログを大きく成長させました。
ブログ運営しながらWEBライターで稼ぐのは最強だとの口コミです。

【口コミ評判】本業Webライターの生活例④月30万稼ぐ主婦Webライター

本業Webライター2年目のDさんは、月30万円を稼いでいる主婦です。
口コミ評判で収入と支出の内訳を公開しています。
1ヶ月の収支
収入:29万円
支出:25万円
収支:+4万円
プラス分は貯蓄や投資信託にまわして資産形成もできていますね。
Dさんは未経験からいきなり本業Webライターになったとの口コミ評判です。
「私は月20万円稼げるようになるまで9か月かかりました。直ぐに結果を出したい気持ちはわかりますが、短期間で成果が出るものではありません」
生活に余裕を持ちつつ、少しステップアップしていくことが、本業Webライターを続ける一番のポイントだとの口コミです。

【口コミ評判】本業Webライターの生活例⑤プロクラウドワーカーになったWebライター

本業WebライターのEさんはプロクラウドワーカーで、1日のうち起きている時間の大部分を執筆にあてています。
それでも会社員時代よりはストレスがなく、Webライターをしている今が一番充実しているとの口コミ評判です。
クラウドソーシングのWebライター案件のみで月数十万円を稼いでいます。
本業Webライターで生活できるかは本人次第、努力や運も大切だということです。
無理せずに複業や副業でWebライターをやることも良い感じだと口コミ評判で話してくれました。

本業のWebライターになるための収入と仕事量

本業でWebライターをした場合の具体的な収入や働き方を、色々なパターンで計算してみましょう。
本業のフリーランスWebライターの多くが文字単価1〜2円で、月に10万〜30万文字を執筆しています。
労働時間や収入をシミュレーションしてみます。

【文字単価1円の本業Webライターの稼ぎ方】
1時間の執筆文字数
月の労働時間
月の収入
800文字
250時間(1日9時間✕25日)
200,000円
1,000文字
200時間(1日8時間✕25日)
200,000円
1,500文字
160時間(1日8時間✕20日)
240,000円
1,500文字
200時間(1日8時間✕25日)
300,000円

文字単価1円だと物量勝負になることがわかります。
執筆速度が800文字を下回ってしまうと月20万稼ぐために、起きている間はひたすら仕事する日が週6日ある計算になります。
文字単価1円の本業Webライターは大変ですが、確かに月20〜30万円稼げるので、一人暮らしの方は生活できますね。
家族を養う方は少し稼ぎが足りません。
結論として本業でWebライターをする場合、文字単価1円の案件ばかりでは厳しいでしょう。

【文字単価1.5円の本業Webライターの稼ぎ方】
1時間の執筆文字数
月の労働時間
月の収入
800文字
200時間(1日8時間✕25日)
240,000円
1,000文字
160時間(1日8時間✕20日)
240,000円
1,500文字
160時間(1日8時間✕20日)
360,000円
1,500文字
200時間(1日8時間✕25日)
450,000円

文字単価が1.5円になると、本業Webライターで家族を養う事もできる月収になります。
一人暮らしなら余裕もでてきます。

【文字単価2円の本業Webライターの稼ぎ方】
1時間の執筆文字数
月の労働時間
月の収入
800文字
160時間(1日8時間✕20日)
256,000円
1,000文字
160時間(1日8時間✕20日)
320,000円
1,500文字
140時間(1日7時間✕20日)
420,000円

文字単価2円になるとWebライターが本業で稼ぐのはかなり楽になってきます。
執筆速度が遅くてもそこそこ稼げますし、執筆速度を速くして労働時間を減らすことも可能です。
Webライターを本業にしてたくさん稼ぎたい方は、文字単価2円以上にすることを目指しましょう。

「本業Webライターが目標月収を達成するコツを知りたいな」
このように思った方は、以下の記事をご覧ください。
目標月収別の稼ぎ方・注意点などをご紹介しています。

【激アツ】Webライターで月5万円を得る方法!おすすめな理由・クラウドソーシングなど

【プロ直伝】Webライターが月10万円を稼ぐ方法!スケジュール・おすすめのクラウドソーシングなど

【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?

本業Webライターで生活できるようになるまでの期間

Webライターをはじめてから本業のWebライターとして独立できるまでにかかる期間は平均1年です。
早い人は3ヶ月くらいで会社員時代の収入を超えるようですが、最初からうまく稼げるようになる人は少数派です。
また、副業ではじめる場合は時間が取りづらいこともあって、生活できるだけのWebライター収入の目処がつくまでに平均より時間がかかることもあります。
本業のWebライターを目指すなら、1年くらいは生活できるだけの貯金をしてから取り組むのがセオリーです。
もしくは副業Webライターで5万〜10万円がコンスタントに稼げる実力がつくまでは、会社をやめないようにします。

Webライターを本業にするメリットとデメリット

Webライターを本業にすることは、生活の面や精神的にもメリットとデメリットがあります。
自分の性格や何を大切にしたいかをよく考えてWebライターを本業にするか副業にとどめるか考えましょう。

本業Webライターのメリット

Webライターのメリットは未経験からはじめることができて、本業にすれば努力次第で稼げる金額も青天井です。
Webライターは働く時間を調整できるので、それほど稼げなくてもいいから自由時間がたくさん欲しい人は時短労働も可能です。

本業Webライターのメリット
・スタートするのに資格や経験が不要
・副業で試すことができる
・稼ぎ方やスキルアップ法が確立されている
・スキルと実績を積めば稼げる
・Webライターの需要は多い
・在宅で自由に働ける

Webライターは適切な努力ができれば、誰でも本業として食べていけるだけの収入が手に入ります。

本業Webライターのデメリット

本業のWebライターもいいことばかりではありません。
デメリットもあることを理解して取り組みましょう。

本業Webライターのデメリット
・はじめたばかりの頃は稼げない
・納期に追われる仕事である
・仕事の獲得(営業)に時間がかかる
・仕事とプライベートの区別がつきにくい
・確定申告など経理も自分でやらなければならない

本業のWebライターは会社員に比べて自由が多い分、自己管理が問われます。
納期に追われる生活に疲れたり、営業がうまくいかなかったりして、Webライターをやめてしまう人もいます。
Webライターはいいことばかりではないと知っておくことで「こんなはずではなかった」と後悔することもなくなるでしょう。

未経験から本業のWebライターになる方法

未経験から本業のWebライターになるには、クラウドソーシングを活用する方法と、企業に就職する方法があります。
どちらを選んでも真摯に仕事をしていけば、本業Webライターとして成功できます。

「クラウドソーシングって何?」と思われた方はこちらの記事をどうぞ。
クラウドソーシングの基本から、仕事内容・収入をわかりやすく解説しています。

【簡単】クラウドソーシングとは?仕事内容・収入をわかりやすく解説

クラウドソーシングを活用して本業Webライターになる5つのステップ

未経験からクラウドソーシングを活用して本業Webライターになる方法は以下のとおりです。

本業Webライターになる5ステップ
①登録する
②プロフィールを書く
③案件を受注する
④継続案件を獲得する
⑤文字単価を上げる

記事の最後では本業のWebライターが使っているおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。

クラウドソーシングで本業Webライターになる①登録する


本業Webライターになるために最初にやることが、クラウドソーシングサイトへの登録です。
メールアドレスで登録するか、フェイスブックやグーグル、ヤフーなどのアカウントを使って登録します。
本業Webライターの登録であっても、ユーザー名は本名でなくてかまいません。
Webライターは受注率をよくするために本名っぽい名前にしたり、クライアントが分かりやすい名前にするのがセオリーです。

クラウドソーシングで本業Webライターになる②プロフィールを書く


本業のWebライターを目指すならプロフィールには徹底的にこだわりましょう。
プロフィールの充実度合いはWebライターの仕事の受注率に直結します。
プロフィール画像はできる限り映りの良い自分の顔写真にしましょう。

Webライターが絶対に書く項目
・スキル
・経歴
・資格
・自己PR
・得意分野
・稼働可能な時間

Webライターの得意分野は書きたい記事ジャンルでOKです。
経歴や資格があるジャンルだとなお良く、知識経験は多少「盛って」書いても構いません。
本業Webライターで活動するなら、運転免許証やマイナンバーカードでの本人確認も必要です。
本人確認のできていない登録者は信用されませんから、必ず最初にやっておきましょう。

クラウドソーシングで本業Webライターになる③案件を受注する


本業として通用するWebライターのプロフィールが出来上がったら、いよいよ仕事に応募します。
サイト内の仕事の中から自分が書きたい分野の記事作成を探します。
はじめてのWebライターの仕事は以下の案件から探すと受注しやすいでしょう。

・初心者歓迎の案件
・単発案件(3~10記事くらいで完了)
・文字単価0.3~0.5円

初心者Webライターはなかなか採用されないので、最低でも10件程度は応募します。
応募時の提案文は面倒でも1件ずつ案件ごとに手書きしましょう。
Webライターの熱意を感じられる提案にすることで受注率をあげられ、本業Webライターへの道が近づきます。

仕事が受注できるか不安な方はこちらの記事をどうぞ。
クラウドソーシングで稼げない初心者の方に、おすすめ攻略法を伝授しています。

【稼ぎ方】クラウドソーシングで稼げない初心者必見!おすすめ攻略法

クラウドソーシングで本業Webライターになる④継続案件を獲得する


本業としてWebライターをするなら、いつまでも初心者向けの単発案件をやってはいけません。
Webライターの評価がたまったら継続案件の獲得をしていきます。

・【継続あり】や【長期】と書かれている仕事
・文字単価0.5~1.0円

継続案件を獲得することで、Webライターの仕事量が安定してきます。
本業のWebライターは継続案件を常に2〜5件くらい持っています。

クラウドソーシングで本業Webライターになる⑤文字単価を上げる


本業のWebライターとして活動するなら文字単価をあげていくことを意識します。

Webライターの文字単価を上げる方法
・クライアントと価格交渉する
・より単価の高い案件に切り替える

継続案件を続けていくうちに文章力が上がったり、執筆速度が上がったりしたら交渉します。
本業のWebライターには交渉力も必要ですから、恐れずに交渉しましょう。
「記事納品数を増やすので単価を0.8円から1.0円にあげてほしい」
「WordPressの装飾や画像挿入もするから0.5円から1.0円にしてほしい」
といった交渉をするのが一般的です。
どうしても交渉が苦手な方は、高単価のWebライター案件に応募して仕事を切り替えていきましょう。

企業に就職する

本業のWebライターの中には会社員として働く企業ライターもいます。
Webライターを募集している企業はメディア運営企業や出版社、広告業界など幅広いので好みの業界を探すといいでしょう。
20代であれば未経験でも転職できます。
30代以上は経験者を求められることが多いです。

企業Webライターを本業にする方法
・転職サイトに登録する
・求人に応募する
・採用試験を受ける

企業ライターはWebライターであっても会社員ですので、フリーランスWebライターほど自由な働き方はできません。
しかし、会社から給与が支払われ、会社の経費で教育研修が受けられるので、本業で安定したWebライター収入が欲しい方には向いています。

Webライターを本業にするための収入アップのコツ

本業Webライターとして生活するためには収入アップが必須です。

Webライターの収入アップのコツ
①執筆速度を上げる
②文章力を鍛える
③クラウドソーシング以外で活動する
④クラウドソーシングで認定される
⑤高単価ジャンルの知識をつける
⑥SNSを活用する
⑦ポートフォリオを作成する
⑧ブログを運営する

順にどうぞ。

本業Webライターになる収入アップのコツ①執筆速度を上げる

本業のWebライターは作業速度が収入にダイレクトに影響します。
文字単価1円✕3,000文字の記事を1日で9時間かけて3本書いたとします。
Webライターの収入は日給9,000円、時給1,000円です。
同じ時間で2本しか書けなかったWebライターは日給6,000円、時給は670円程度になってしまいます。
本業Webライターの執筆目安時間は1時間1,000〜2,000文字といわれていますので、執筆時に時間を計って作業効率をチェックしましょう。

本業Webライターになる収入アップのコツ②文章力を鍛える

Webライターを本業にするなら文章力は高いほうが有利です。
Webライターに求められる文章力はセンスではなく技術なので、誰でも勉強すれば一定以上になれます。

本業Webライターに必要な文章力
・基本的な日本語の作文能力
・速くて正確なリサーチ
・構成の作成
・掲載メディアに適した表現

文章力を上げるにはWebライター講座やスクールで学習します。

本業のWebライターになるための文章力を鍛える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

本業Webライターになる収入アップのコツ③クラウドソーシング以外で活動する

本業Webライターで生活するのに、クラウドソーシング1本では効率が悪いです。
クラウドソーシングでは報酬の20%が手数料として引かれます。
Webライター収入の5分の1も抜かれてしまっては効率が悪いので、本業にするなら企業と直接契約することも考えましょう。
クラウドソーシング以外でWebライターの仕事を見つけるには、以下のアプローチがあります。

本業Webライターの仕事のとり方
・求人サイトで探す
・企業メディアに営業をかける
・フリーランス向けマッチングサイトを利用する

直接契約はラウドソーシングで1円以上の案件が取れる実績を積んでいる本業Webライターなら大丈夫です。

本業Webライターになる収入アップのコツ④クラウドソーシングで認定される

本業Webライターは多くの場合クラウドソーシングでプロとして認定を受けています。
各サイトで条件は異なりますが、登録者の中でも報酬やクライアント評価で上位の評価を受けたWebライターにしか与えられません。
Webライターとしての実力にお墨付きがもらえ、専用の高単価案件を受注できます。
本業Webライターであれば、認定されるように努力しましょう。

本業Webライターになる収入アップのコツ⑤高単価ジャンルの知識をつける

本業のWebライターはどのジャンルの記事でも書けるのが当たり前です。
しかし、Webライターごとの得意不得意はありますし、ジャンルによって記事の単価が異なります。

本業Webライターが書くべき高単価ジャンル
・金融
・不動産
・健康、医療
・美容、コスメ
・法律関係
・IT関連

本業でWebライターをするならこのジャンルのうち最低1つは得意分野にしましょう。

本業Webライターになる収入アップのコツ⑥SNSを活用する

SNSで発信することもWebライターを本業にするときに役立ちます。
Webライターの記事はWeb上に公開されて、読者の目に触れることを目的にしています。
SNSでフォロワーが多い本業Webライターの記事は読まれやすいので、企業も高単価で依頼してくれるでしょう。
また、自分のSNSで企業メディアを宣伝することで、プラスの報酬を受け取ることも可能です。
Webライターを本業にすると決めたら、SNSアカウントを仕込んでおきましょう。

本業Webライターになる収入アップのコツ⑦ポートフォリオを作成する

本業Webライターはポートフォリオを持っています。
ポートフォリオとはWebライターとしての経歴や実績をまとめたWebサイトのことで、アクセスすればそのWebライターのことが詳しく分かるようになっています。

本業Webライターのポートフォリオに載せるもの
・過去に書いた記事
・スキルや資格
・Webライター経験年数やその他略歴
・お問い合わせフォーム

ポートフォリオは本業のWebライターが営業をするときに提示するほか、ポートフォリオを見た企業から問い合わせが来て仕事につながることもあります。

本業Webライターになる収入アップのコツ⑧ブログを運営する

ブログを運営することは本業Webライターにとってプラスしかありません。
Webライターの仕事に使うため、無料ブログではなくWordPressでブログを作成します。

本業Webライターのブログ運営のメリット
・WordPressの実績が提示できる
・SEOが学べる
・ブログをポートフォリオにできる
・広告で稼げる

Webライターに必要な記事執筆やサイト運営を学べるため、本業Webライターを目指すならブログ運営をしましょう。

本業のWebライターになるおすすめのクラウドソーシングサイト

本業のWebライターになるためのおすすめのクラウドソーシングサイトは以下の2つです。

・ランサーズ
・クラウドワークス

本業のWebライターをするなら、活動の幅を増やすために両方のサイトに登録しましょう。

ランサーズ

本業のWebライターも多く登録しているサイトは「ランサーズ」です。
副業初心者からフリーランスまで多くのWebライターが活動しています。

【ランサーズの基本情報】
案件数
210万件
登録者数
110万人
利用企業数
35万社以上
手数料
10%~20%

本業のWebライターとして利用するなら「認定ランサー」になりましょう。

ランサーズの特徴
・Webライターの案件数は業界トップクラス
・未経験者からステップアップできる
・認定ランサーになると高単価案件で稼げる

ランサーズについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

クラウドワークス

クラウドワークスも、本業のWebライターが多く登録しているサイトです。
日本最大級のクラウドソーシングサイトで、Webライターの案件も豊富にあります。

クラウドワークスの基本情報
案件数
300万件
登録者数
443万人
利用企業数
72万社以上
手数料
5%~20%

本業として活動するなら「プロクラウドワーカー」に認定されることが必須です。

クラウドワークスの特徴
・仕事獲得のためのサポートが充実している
・未経験から挑戦できる
・プロクラウドワーカーになると高単価スカウトが来る

クラウドワークスについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや、登録する際の注意点なども紹介しています。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

【まとめ】Webライターを本業にして自由な生活をしよう!

・誰でもWebライターを本業にできる
・本業Webライターで生活する仕事の目安は、文字単価1.5円以上かつ執筆速度が1時間1,000文字以上
・未経験から本業のWebライターになるためには、スキルアップや実績づくりのための期間が1年ほど必要

Webライターはパソコンと通信環境があれば誰でもできます。
しかし、Webライターを本業にするためには十分な準備と覚悟が必要です。
最初の稼げない期間に心が折れてしまう方が多いという、Webライターの厳しい現実があります。
それを理解した上で正しい努力ができれば、Webライターを本業にして自由に生活できるでしょう。

優良クライアントの案件を獲得でき、着実にスキルアップできる完全無料のWebライター講座を開催中です。
プロのWebライターが一人ひとりしっかりフォローするので、初心者の方も安心。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 【宣伝会議】編集ライター講座の口コミ評判
  2. 宣伝会議 コピーライター養成講座の評判
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次