【経験ゼロ】Webライターで月1万円稼ぐ方法は?月収1万円超えは簡単!

この記事は10分で読めます

Webライター初心者が月1万円稼げるようになるまでのステップを徹底解説!サラリーマンも副業Webライターとして稼げる?
「サラリーマンも副業Webライターで月1万円稼げるって本当?」
「Webライター初心者だけど月1万円稼ぎたい」

このような方のための記事です。
この記事では以下のことをお伝えします。

この記事でわかること
・副業初心者がWebライターを選ぶべき理由
・Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ
・Webライターとして活動するときに気をつけること

現役のプロライターが教える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

目次

初心者が月1万円稼ぐ副業にWebライターを選ぶべき理由

初心者が副業で月1万円稼ぐためにWebライターが適している理由は以下の3つです。

副業初心者がWebライターを選ぶべき理由
①未経験から気軽に始められる
②在宅ワークができる
③ライフスタイルに合わせて自由に稼げる

順にどうぞ。

Webライターを選ぶべき理由①未経験から気軽に始められる

Webライターのメリットは、パソコンと通信環境があれば初心者でもすぐにはじめられることです。
日本語の読み書きができればよく、特別な資格やスキルも必要ありません。
実際に仕事をしてみると「初心者歓迎」「未経験OK」の募集がたくさんあることに驚くはずです。
はじめてでも仕事が簡単に受注できるため、月1万円の副業収入を初月から達成する方もいます。
なかには「初心者の方には記事の書き方を一から指導します!」という案件まであり、稼ぎながらスキルアップしたい初心者の応募が殺到することもあります。

Webライターを選ぶべき理由②在宅ワークができる

Webライターはパソコン一つでどこでも仕事ができます。
普段は自宅で仕事をし、たまに気分転換を兼ねてカフェで仕事をしたりといった働き方が可能です。
お子さんの面倒を見ながら仕事をしている主婦の方や、親御さんの介護をしながら働いているWebライターもいます。
時間や場所にとらわれず働くことができるのもWebライターの魅力です。

Webライターを選ぶべき理由③ライフスタイルに合わせて自由に稼げる

Webライターは稼ぐ金額や労働時間を自由に決められます。

「子供の体調が悪くて病院に連れていきたいけど、今日は会社を休めない…」

「急な予定を入れたいけど、仕事があるから諦めなきゃ…」

Webライターのお仕事を選べば、上記のようなことはありません。

副業Webライターとして月1万円から数万円を稼いでお小遣いにする方もいる一方で、たくさん働いて月50万円を稼ぐWebライターもいます。

このように自分にあった働き方ができることもWebライターが選ばれる理由の一つです。

【月1万円以上】Webライター初心者の収入の相場は?

初心者Webライターの報酬の相場は1文字1.0円と言われています。

1文字1.0円だと、月収1万円に到達するには、1万文字書く必要があります。
月に20日記事を書ける場合、1日あたり500文字書ければOKです。
なお、Webライターの執筆ペースは1時間あたり1,000字前後とされています。

つまり文字単価1.0円の場合、1日30分ペースで月に20日執筆すれば、月収1万円を達成できると言えます。

ただしほとんどの場合、Webライターが最初に受注する案件は、0.1〜0.5円位になります。
低単価な案件をずっと続けていても月1万円すら稼げませんし、Webライターとしての成長も見込めません。
初心者向けの案件は実績づくりのためと割り切り、なるべく早い段階で文字単価を上げるようにしましょう。

「Webライターが目標月収を達成するコツを知りたいな」
このように思った方は、以下の記事をご覧ください。
目標月収別の稼ぎ方・注意点などをご紹介しています。

Webライターが月10万円を稼ぐ方法をおさえて稼げるWebライターを目指そう!

【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?

月1万円以上稼げるWebライティング案件の種類

月1万円以上稼げるWebライティングの案件は以下の3つです。

Webライティング案件の種類
①コンペ形式
②タスク形式
③プロジェクト形式

気になったものからどうぞ。

Webライティング案件の種類①コンペ形式

コンペ形式で募集されている案件はコピーライティングやネーミングに分類されるライティングになります。

・募集要項を見て企業やブランドの名前や商品のキャッチコピーを考える
・考えた名称やキャッチコピーを提案する(通常複数提案する)
・クライアントが選考して、採用されるとその人に報酬が支払われる

コンペ形式の案件はセールスコピーなどのスキルと経験が必要なため、初心者向けの案件ではありません。

Webライティング案件の種類②タスク形式

アンケートや口コミの作成、データ入力といった簡単な仕事が多いです。

・案件のページの仕事のやり方をチェックしたらそのまま作業開始
・作業完了後にクライアントが作業が正しくされているかチェック
・問題なければ承認されて報酬が支払われる

クライアントとのやり取りがなくいきなり作業ができるので、初心者でも取り組みやすい案件です。
反面、報酬は低めで頑張っても月1万円はいかないことも多いでしょう。
クラウドソーシングのシステムに慣れるために最初にやるくらいでちょうどいいです。

Webライティング案件の種類③プロジェクト形式

募集されている案件に応募して、クライアントが応募者の中から仕事を任せたい人を選んで依頼する形式です。

・募集要項を見てできそうな案件をさがす
・希望金額や経歴、募集案件に関する知識やライティング力をアピール
・クライアントが選んだ人と契約を結び、記事の納品が完了したら報酬が支払われる

低単価案件では最低限のライティングスキルがあれば採用されます。
高単価案件では、Webライターとしてのスキルや募集記事のジャンルに関する経験や資格が求められます。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツは以下の8つです。

Webライターで月1万円稼ぐコツ
①Webライティングを勉強する
②クラウドソーシングに登録する
③プロフィールを充実させる
④Webライターとしての実績を作る
⑤たくさんの案件に応募する
⑥継続案件を獲得する
⑦自分の得意なジャンルに絞る
⑧文字単価を意識する

順にどうぞ。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ①Webライティングを勉強する

Webライターとして月1万円を稼ぐためにまずやることは、Webライティングを学ぶことです。
なぜならWebの文章には他の文章とは異なる特徴があるからです。

Webライターになる前に学ぶこと
・SEOの知識
・情報収集やキーワード調査のやり方
・PERP法などのWeb文章の型

ブログやYouTubeなどで無料で学ぶこともできますし、書籍や講座で学ぶのもいいでしょう。

「『すぐにでもWebライターのスキルをつけたい』という方は、こちらの記事をぜひご覧ください。
14のWebライター講座(スクール)を比較紹介しています」

【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ②クラウドソーシングに登録する

Webライターはクライアントから仕事を受注しないといけないので、まずはクラウドソーシングサイトに登録します。
本名を出さずに登録することができるので、身バレが心配な副業Webライターの方も安心です。
クラウドソーシングサイトは複数あるので、Webライター初心者は複数のサイトに登録してチャンスを増やしましょう。

クラウドソーシングについて詳しく知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングの口コミ評判や、メリット・デメリットなども紹介しています。

【簡単】クラウドソーシングとは?仕事内容・収入をわかりやすく解説

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ③プロフィールを充実させる

クラウドソーシングに登録したら、プロフィールを充実させましょう。
プロフィールがしっかり書けているかどうかで、仕事の受注率が変わります。

月1万円稼げるプロフィール
・今までの職務経歴がよく分かる
・資格や専門知識、スキルが記載されている
・得意ジャンルや記事作成にかかわる実績を記載
・SEOやWebライティングの基礎などを勉強済みであること
・週や月に可能な作業時間

副業Webライターの方は、本業で連絡が取れない時間も必ず記載しましょう。
クライアントの信頼を得るために、本人確認をしておくことも重要です。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ④Webライターとしての実績を作る

まったく実績のないWebライターは仕事が受注できません。
「でも、はじめて案件に応募するなら実績がないのは当たり前でしょ?」
「実績のないWebライターはどうすればいいの?」
とお思いになる方もいると思います。
答えは簡単で、自分で応募したい案件のジャンルの記事を書くだけです。
GoogleドキュメントやWordに見本の記事を作成して、応募のときにクライアントに提示しましょう。
ブログをやっている方は、自分のブログの記事の中で出来のいい記事を提示してもOKです。
応募前の練習にもなり「このような記事が書けます」とWebライターとしての実績をアピールできる、一石二鳥の方法です。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ⑤たくさんの案件に応募する

Webライターとして月1万円を稼ぐ最初のハードルが案件獲得です。
気になった案件はすべて応募する勢いでやりましょう。
「そんなに応募して仕事が取れすぎたらどうするの?」
という心配は無用です。
Webライター初心者は簡単に案件を獲得できません。
1件の案件を獲得するのに10件20件と応募するのが普通ですから、採用されなくても落ち込まずにどんどん応募しましょう。
応募するときに注意したいのが「提案文は案件ごとにきちんと書く」ことです。
クライアントは全文がコピペの提案を嫌がります。
面倒でも応募した理由などのアピール部分は応募ごとに変えましょう。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ⑥継続案件を獲得する

Webライターの案件には1回だけの依頼の「単発案件」と何ヶ月も継続して記事が発注される「継続案件」があります。
月1万円を安定して稼ぐために「継続案件」を獲得しましょう。
継続案件は1記事目のクオリティーがクライアントの基準を満たしていれば、その後も安定して記事を発注してもらえます。
最初はなかなか継続してもらえませんが、スキルを磨いていけば継続案件を受注できるようになります。
納品した記事の改善点の分析をして、クライアントに「ぜひ次も書いてほしい」といわれるWebライターを目指しましょう。

悪質クライアントの見極め方を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
悪質クライアントに対する口コミ評判や、具体的な対処法なども紹介しています。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ⑦自分の得意なジャンルに絞る

Webライター初心者は、自分が最もいい記事がかけるジャンルを1か2つに絞って応募しましょう。
自分の職歴や趣味など知識がいかせるジャンルで、募集している案件数が多いジャンルがオススメです。
Webライターは「そのジャンルのことならいろいろな記事が書けるくらい詳しい」ことが大切です。

月1万円稼ぐジャンルの絞り方の例
・転職エージェントを使って転職したことがあるなら転職記事
・投資や貯金が好きなら金融系の記事
・オシャレが好きならファッション系の記事や美容記事
・持っている資格や本業の業界(医療や介護、不動産など)についての記事

クライアントも、依頼するジャンルに詳しいWebライターに記事を書いてほしいと考えています。
初心者は得意ジャンルに絞ることで受注確率を上げることができます。

Webライター初心者が月1万円を稼ぐコツ⑧文字単価を意識する

Webライターとして仕事を受注するときに確認しなければいけないのが「文字単価」です。
クラウドソーシングサイトでは文字単価0.1円の仕事もあります。
たくさん案件に応募するからといって、安すぎる案件に応募してはいけません。
Webライターの収入で月1万円を狙うのであれば0.5〜1.0円の文字単価の案件を狙いましょう。
0.5円なら2,000文字の記事を10記事で1万円です。
1.0円なら2,000文字の記事を5記事で1万円となります。
文字単価が高くなれば少ない記事数で目標金額に到達できます。
安い文字単価ではいくら記事を書いても稼げずに疲れてしまい、Webライターをやめたくなってしまうので気をつけてください。

クラウドワークスで稼げない理由を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドワークスで稼ぐコツや、リアルな口コミ評判なども紹介しています。

【稼ぐコツ16】クラウドワークスで全然稼げない7の理由!月収40万主婦の稼げるスキルとは?

ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
ニートや無職にクラウドソーシングがおすすめな理由や、おすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。

【裏ワザ】ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツ!お小遣い→副業レベルのネットで稼ぐ方法は?

大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングの始め方や、大学生におすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。

【始め方】大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツ!アルバイトよりもおすすめ!

Webライター初心者が月1万円を稼ぐために気をつけること

Webライター初心者が月1万円を稼ぐために気をつけることは以下の4つです。

Webライターが気をつけること
①迅速に丁寧な対応をする
②分からないことがあればすぐに聞く
③コンプライアンスを守る
④1週間で2,500円を稼ぐ目安にする

順にどうぞ。

Webライター初心者が気をつけること①迅速に丁寧な対応をする

Webライターはネット上で仕事が完結するため、相手の様子が詳しくわかりません。
連絡は丁寧に密に取り合いましょう。
Webライターの仕事はテキストでのやり取りも多く無機質になりがちですので、メッセージの内容やメールの文章に相手への気遣いを感じさせる事ができるといいですね。
また、メッセージの返信はなるべく即レスを心がけます。
もちろん都合もあるので必ず即レスでなければいけないわけではありません。
ですが、最低でも日中にあった連絡は当日中に返信し、夜に受けた連絡は翌日の午前中には対応しましょう。
稼いでいるWebライターは素早い対応と誠実で丁寧なやり取りができています。

Webライター初心者が気をつけること②分からないことがあればすぐに聞く

Webライター初心者が仕事の進め方でわからないことがでてきてしまうのは当然のことです。
仕事中の疑問や記事作成で悩んだことは、迷わずクライアントに相談しましょう。
わからないことがあってもそのままにしたり、勝手な判断で進めてしまうWebライターは月1万円も稼げないでしょう。
「こんなことをクライアントに聞いていいのかな?」
「怒られたらどうしよう」
と不安に思うかもしれませんが、怖がらずに聞きましょう。
クライアントも相手が初心者Webライターだとわかっているので、丁寧に教えてくれることがほとんどです。
あまりたびたび質問するのは相手にも迷惑になるので、質問を細切れにせずまとめて聞くようにしましょう。

Webライター初心者が気をつけること③コンプライアンスを守る

Webライターとして稼ぐことはビジネスです。
社会人として守らなければいけない法令やルールは必ず守りましょう。

Webライターが守るべきルール
・著作権を侵害しない
・個人情報や機密情報を漏洩しない
・取り交わした契約や守秘義務を守る
・コピペをしない
・画像の無断使用をしない

ルール違反をした場合、損害賠償請求をされる恐れもあります。
Webライターの仕事は一人で行うため、監視の目はありません。
だからこそルールをしっかりと守り、法令を遵守する姿勢が求められます。

Webライター初心者が気をつけること④1週間で2,500円を稼ぐ目安にする

Webライター初心者は、まずは1週間で2,500円稼ぐことを考えましょう。
副業ライターなら平日に案件に応募して、週末に2,500円分の記事を作成します。
文字単価0.5円なら5,000文字の記事を1記事書けば達成です。
文字単価1.0円なら3,000文字の記事を1記事で足ります。
1記事なら書けそうですよね。
これを4週間続ければ月1万円を達成できます。
Webライターで月1万円稼ぐことはそれほど難しくないのです。

【月1万円以上】Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングサービス

Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングは以下の2つです。
・ランサーズ
・クラウドワークス
登録するだけなら無料なので、両方のサイトに登録することをおすすめします。

ランサーズ

ランサーズはWebライティングの案件が豊富な日本最大級のクラウドソーシングサイトです。
サポート体制も充実していて初心者でも仕事が獲得しやすくなっています。
実績を積んで「認定ランサー」になると、認定ランサー向けの案件が紹介されるなどの特典があります。

ランサーズの口コミ・評判が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

クラウドワークス

クラウドワークスはランサーズと同じ日本最大級のクラウドソーシングサイトです。
Webライターの仕事はフリーランス向けから副業初心者向けまで幅広い案件があります。
実績が認められると「プロクラウドワーカー」として専用ページに掲載される、優先的に案件が紹介されるなどメリットがあります。

クラウドワークスの口コミ・評判が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

【まとめ】Webライター初心者が月1万円を稼ぐ方法を活かしてWebライターとしての一歩を踏み出そう!

・副業で月1万円稼ぎたい人にWebライターは最適な仕事
・副業Webライターになるならまず、Webライティングの勉強をする・クラウドソーシングサイトに登録する・案件に応募する、からはじめよう
・Webライターで月1万円稼ぐなら週2,500円を目安に活動する

Webライターで副業するメリットは、パソコンと通信環境があれば仕事ができて、時間や場所にとらわれずに働くことができることです。
クラウドソーシングサイトには初心者向けの案件がたくさん募集されていて、誰でも気軽にはじめられます。
Webライターで月1万円稼げるかどうか不安な方にはWebライター講座をオススメします。

優良クライアントの案件を獲得でき、着実にスキルアップできる完全無料のWebライター講座を開催中です。
プロのWebライターが一人ひとりしっかりフォローするので、初心者の方も安心。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 古山正太のセールスコピーライター養成講座の価格
  2. Webライター講座 KWスクールの口コミ評判
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次