クラウドワークスの記事作成を未経験の主婦が2週間やってみた口コミ

この記事は10分で読めます

クラウドワークスの記事作成は開始早々絶望を感じるという画像

クラウドワークスを始めて2週間が経ちました

前回、テレビ「得する人損する人」で紹介されたクラウドワークスという在宅ワークを妻がやっている、という記事を書きました。

↓↓↓

クラウドワークスで月に10万円を稼ぐ主婦がいるという画像(得する人損する人)

得する人損する人で紹介されたクラウドワークス、既に妻がやってます

テレビでも紹介された「主婦でもラクに稼げる副業サイト」の紹介です。藤崎の妻も大いに助けてもらっているサイトで、毎月10万円以上稼ぐ主婦もいるので教育費用の足しになります。


 

この記事を見た読者さんから

「とても参考になった」
「稼ぐ方法が増えて役立った」

という声を多くいただきました。

 

なので、今回はクラウドワークスを始めて2週間が経過した妻の感想をお伝えします。

 

今回の記事の内容は、クラウドワークスのメリットである

「在宅で稼げる」
「空き時間に働ける」
「未経験でも取り組める」

といった長所を活かして稼ぎたいと考えていらっしゃる方にとって、かなり役立つ内容になっています。

なぜなら、「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」を「副業(在宅ワーク)」に押し上げるコツをお伝えしているからです。

 

藤崎の妻は実際に本気でクラウドワークスに取組んでいたので絶望の淵に立たされていましたが・・・

この記事を読んでおけば、絶望を感じることなく副業の扉を開けることができます。
 

そばで見ていた藤崎としては、テレビ「得する人損する人」で紹介された通り、毎月10万円以上を稼ぐ主婦がいらっしゃるのも納得できると思いましたからね。
 

今回の内容は、クラウドワークスの記事作成で毎月数万円以上稼ぎ続けるための大切な心構えがわかりますので、ぜひ参考になさってください。

 

クラウドワークスを詳しく知りたいという方は、下の公式ホームページを見てみてください。

↓↓↓
>>クラウドワークス(CrowdWorks)を詳しく見てみる

 

クラウドワークスの記事作成は開始2週間で絶望を感じる

クラウドワークスの記事作成を2週間やってみた報酬は0円

クラウドワークスの記事作成を2週間やってみた報酬が0円だった女性の画像

藤崎の妻がクラウドワークスに登録してから2週間で稼いだ金額は0円です。

先日、テレビ「得する人損する人」で見た限りでは、主婦でもラクに稼げるというテーマで取り上げられていたこともあり、期待値が上がっていたせいもありますが・・・
 

実際はそんなに甘いものではないことがわかりました。

普通に考えてお金を稼ぐのはそう簡単ではないことは、藤崎の妻もわかっていたそうですけど、それでもテレビの印象が強かったようですね。
 

まぁ、テレビ「得損」ではアンケートをや簡単な文字起こしなどにチャレンジしていたので、かなり簡単そうなイメージを受けたんでしょうね。


<参考記事>

クラウドワークスで月に10万円を稼ぐ主婦がいるという画像(得する人損する人)

得する人損する人で紹介されたクラウドワークス、既に妻がやってます

テレビでも紹介された「主婦でもラクに稼げる副業サイト」の紹介です。藤崎の妻も大いに助けてもらっているサイトで、毎月10万円以上稼ぐ主婦もいるので教育費用の足しになります。


ちなみに、アンケートのお仕事の報酬は、1件あたり1円~数百円といったところです。

それに対して、記事作成のお仕事の報酬は、書く記事の文字数にもよりますが、1記事あたり1,000円~5,000円程度の報酬がもらえます。
(仕事に慣れて信頼が蓄積されれば、もっと報酬が上がる可能性はあると思います)

<クラウドワークスのアンケートと記事作成の収入金額>

・アンケート:1円~数百円(1件)
・記事作成:1,000円~5,000円程度(1件)
(仕事に慣れて信頼が蓄積されれば、もっと報酬が上がる可能性はあると思います)

ですが、藤崎の妻は、「毎月5万円以上の収入が欲しい」という目標を持って取り組み始めたので、半月の収入金額が0円ということに対して、かなり絶望感を抱いていました。

 
「全然稼げないじゃん・・・もう辞めようかな」

こういった弱音を妻から何度も聞きましたから、記事作成のお仕事で早々に諦める方は、かなりの人数がいらっしゃると思います。

 
そんな弱音を聞いた藤崎は、

「テレビで紹介されていたのは、簡単な仕事で数百円程度の小さい金額を稼ぐという内容だったからね」

と慰めてはいたのですが、それでも相当なショックだったみたいです。
 

クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由

クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由の概要

クラウドワークスで稼げない人のイメージ画像

最初に、「クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由」の概要をまとめておきます。

<クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由>

・記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだから
・クラウドワークスは仕事を始めるまでが大変
・クラウドワークスの記事作成は契約後の仕事開始時も大変
・記事作成は納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しない

藤崎の妻がクラウドワークスの記事作成をやってみた結果、初心者が簡単に稼げない理由は、上の4つの原因があることに気付きました。

順番に詳しくお伝えしていきます。

 

記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだから

記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだからというイメージ画像

クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだからです。

アンケートなどの簡単な仕事は、ある程度誰がやってもできるものですが、記事作成のお仕事はある程度の知識が必要です。
 

記事作成のお仕事は、一定のルールに従って文章を書いたり、画像を添付したりしないといけないので、慣れるまでに時間がかかる仕事なんですね。

 

クラウドワークスは仕事を始めるまでが大変

クラウドワークスは仕事が始めるまでが大変というイメージ画像

クラウドワークスで初心者が稼ぐことが難しいのは、仕事を始めるまでが大変という理由があります。

クラウドワークスでは、最初の登録作業が終わった後に、プロフィールの内容を充実させて、仕事を任せてくれる業者さんにアピールしなければいけません。

そのうえで、自分に合った仕事や、ある程度稼げる仕事を自分で探して選ばなければいけません。

それに加えて、仕事を見つけたとしても応募してから業者さんからの返事を待ち、場合によっては簡単なテストをしなければいけません。

そういったやりとりを終えて契約に至ってから、ようやく仕事に取り掛かれるんですね。

なので、ここまでくるだけでも数日以上かかってしまいます。

つまり、登録してから仕事を始めるまでに数日~1週間以上を費やしてしまうこともあるので、2週間で稼ぐことはかなり難しいです。

 

クラウドワークスの記事作成は契約後の仕事開始時も大変

クラウドワークスの記事作成は契約後の仕事開始時も大変という画像
クラウドワークスでは仕事探しも大変ですが、記事作成の仕事は契約後の業務開始時も大変です。

というのも、記事を作成するための書き方やルールが記載されたマニュアルを読みながら、慣れないシステムを使って記事を作らなければならないからです。

マニュアルには、「です・ます調で書いてください」とか「見出しの書き方はこうしてください」といったことがたくさん書いてあります。

そのマニュアルをしっかり読むだけでも、藤崎の妻は1日かかっていました。

またマニュアルとは別に、それぞれの記事には「仕様書」というものがあります。

 
仕様書には、

「どういう内容を書いてください」
「こういう言葉を使って書いてください」
「こういう画像を添付してください」

などといった具体的な指示が書かれています。

なので、クラウドワークスの記事作成に慣れない初心者にとって、マニュアルと仕様書を読みながら記事を書くことは難しいので、相当な労力と時間がかかります。

ちなみに、藤崎の妻が最初の1記事を書くまでにかかった時間は7日です。

最初から意気込んで9,000文字という長い記事を選んだのも時間がかかった大きな要因で、絶望を感じた理由です。

なので、最初は軽めの記事から取り掛かった方がいいということがわかりました。

 

記事作成は納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しない

クラウドワークスの記事作成は納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しないというイメージ画像

藤崎の妻がクラウドワークスの記事作成に2週間を費やして収入金額が0円だったのは、記事作成の仕事は、納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しない仕組みだからです。

「納品」というのは、書いた記事を「書けました」といって提出することですね。

先ほど藤崎の妻が9,000文字という記事を作成したということをお伝えしましたが、納品後、なかなかチェックをしてもらえなかったので、報酬が発生していない状況です。

ちなみに、その後2週間以上経っても納品後のチェックがされていません。

記事の書き方に関する質問などを含めて業者さんの対応が遅いことがわかりました。

また、記事が書きにくいことやシステムの使い勝手が悪いこと、記事の予約がしにくいことなど、良くない点が多々あったので、藤崎の妻はその後、別の業者さんからお仕事をもらうことにしました。

 

クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由とまとめ

クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げなくて怒る画像
クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由をサラッとおさらいし、内容をまとめておきます。

まずは、「クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由」のおさらいです。

<クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由>

・記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだから
・クラウドワークスは仕事を始めるまでが大変
・クラウドワークスの記事作成は契約後の仕事開始時も大変
・記事作成は納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しない

 

テレビ「得する人損する人」で紹介されていたアンケート業務は、1件あたり1円~数百円のお仕事だったので、藤崎の妻はアンケートを避けて記事作成の仕事に取り組むことにしました。

記事作成のお仕事の報酬は、書く記事の文字数にもよりますが、大体1記事書いて無事に公開されれば、1,000円~5,000円程度の報酬がもらえます。
(仕事に慣れて信頼が蓄積されれば、もっと報酬が上がる可能性はあると思います)

しかし、「世の中、そう甘くはなかった」といったところです。

以下に、アンケートの報酬金額と記事作成のお仕事の収入金額を再度掲載しておきます。

<クラウドワークスのアンケートと記事作成の収入金額>

・アンケート:1円~数百円(1件)
・記事作成:1,000円~5,000円程度(1件)
(1文字あたりの単価が0.5円程度が相場です。仕事に慣れて信頼が蓄積されれば、もっと報酬が上がる可能性はあると思います)

 

とは言うものの、藤崎が見ている限り、記事作成のお仕事は慣れれば慣れるほど簡単に稼げると感じましたので、そのあたりも詳しく書いてみようと思います。

 

クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる

クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由の概要

クラウドワークスの記事作成で慣れたため簡単に稼げるようになった女性の画像

それではまず、藤崎の妻がクラウドワークスの記事作成のお仕事をしている所を見て、「慣れるほど簡単に稼げそうだ」と思った理由の概要を簡単にまとめておきます。

<クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由>

・記事作成に慣れるほど、効率が上がる
・記事作成に慣れれば、文字単価が上がる

以上の2点が、クラウドワークスの記事作成が慣れるほどに簡単に稼げると感じた理由です。

では、詳しく見ていきましょう。

 

慣れるほど記事作成で稼げる理由は「効率が上がるから」

クラウドワークスで効率良く稼ぐ女性のイメージ画像
クラウドワークスの記事作成は、慣れれば慣れるほど簡単に稼げるようになります。

最初は記事の書き方やシステムの使い方を覚えながら四苦八苦して、ようやく1つの記事を書き上げることができます。

しかも、書き終えればそこで終わりというわけではありません。

業者さんに書き終わった記事を提出してチェックをしてもらわなければなりません。

そのチェックで、何か問題や不手際があった場合には、「~を修正してください」という連絡が来るんですね。

これを修正するのに、また大きな労力と時間を割かなければいけません。

しかし、こういった記事の書き方やシステムの使い方は、慣れれば慣れるほど上手くなります。

そして、短時間でラクに記事を書けるようになります。

なので、今回妻がクラウドワークスの記事作成のお仕事をしているのを横で見ていて、藤崎はこう思いました。

「クラウドワークスの記事作成は、初心者が稼げるようになるまでには少し時間がかかるけど、コツをつかめばその辺のバイトよりは儲かりそうだ」

これが近くで妻を見ていた藤崎の感想です。

おそらくクラウドワークスの記事作成業務は、最初の数日~数週間で諦めてしまう人が、かなりたくさんいると思います。

最初の段階で収入金額を時給に換算してみると、どう考えても割に合わないからです。

例えば、妻が最初に書いた記事は9,000文字で3,500円という金額でした。

この記事を書くのに藤崎の妻が費やした日数は7日間で、時間にすると約35時間です。

35時間働いて3,500円しか稼げなかったら、絶望を感じて当然ですよね。

時給に換算すると100円ですから。

しかしここで諦めてしまうと、もったいないんですね。
 

記事作成が慣れるほど稼げるのは「文字単価が上がるから」

記事作成が慣れて文字単価が上がり、稼げるようになった人の画像

藤崎が、記事作成は慣れるほど稼げると考える理由の1つに、「文字単価が上がる」という理由があります。

クラウドワークスのお仕事は記事作成に関わらず、最初のうちはお互いに顔が見えません。

つまり、普通の会社やバイトのように会うことはありません。

なので、信頼関係が築きにくい状況と言えます。

そのため、仕事を依頼する業者さんは、どんな人が記事を書いてくれるのかわかりません。

どんな人かわからないのに、高い報酬を約束するのは怖いですよね。

しっかりとした仕事ができない人に高いお金を払いたくないというのは当然の心理です。

しかしある程度、信頼できるようになってくると話は別です。

つまり、「この人だったら安心して記事の作成を依頼できる」と思ってもらえれば、1記事あたりの収入金額を増やしてくれるんですね。

記事作成のお仕事は、1文字あたりの単価が決められたうえで、色んなテーマの記事の中から、自分の書きたい記事を選びます。

それら記事には1つ1つ、最低文字数というものが決められています。

通常、最低文字数分の報酬金額が支払われることになっているようです。

言い換えると、最低文字数を超えた分は、いくらたくさん書いても収入金額が増えないということです。

つまり、「最低文字数」に「1文字あたりの単価」を掛けた金額が、1記事を書いた時にもらえる報酬金額になります。

<1記事あたりの報酬金額の計算方法>

報酬金額=1文字あたりの単価×1記事の文字数(※)

(※)1記事の文字数は、予め業者さんが決めていることが多いです。
わかりやすく言うと、「Aという記事は5,000文字として計算するので、10,000文字書いたとしても5,000文字分の報酬金額になります」という感じです。
なので、定められた文字数以上を書いても、その分の報酬が上乗せされるケースは少ないです。
藤崎が知らないだけで、中には例外があるかもしれません。

 

クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由のまとめ

では、クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由をサラッとまとめておきます。

<クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由>

・記事作成に慣れるほど、効率が上がる
・記事作成に慣れれば、文字単価が上がる

 

このように書くと当然の理由ですよね。

ただ、この点を理解したうえで記事作成のお仕事に取り掛かるのと、そうでないのとでは天と地ほどの差が生まれます。

藤崎の妻のように絶望の淵に立たされても大丈夫です。

「これは最初のうちだけなんだ」とわかっていれば、耐えられます。

なので、クラウドワークスのメリットである「在宅で稼げる」、「空き時間に働ける」、「未経験でも取り組める」といった長所を存分に活かして収入を得たい方にとっては、とても重要なポイントなんですね。

ここまでくれば、クラウドワークスで稼ぐことも怖くありませんので、下のリンクから詳細を確認してください。

↓↓↓
>>クラウドワークス(CrowdWorks)の詳細を見てみる

 

クラウドワークスの記事作成を未経験の主婦が2週間やってみた口コミのまとめ

未経験の主婦である藤崎の妻が、クラウドワークスの記事作成を2週間やってみたところ、大きな絶望の淵に立たされました。
 

「こんなに割に合わない仕事、やってられない!」と早い段階で諦めてしまう人が続出するのが記事作成のお仕事の特徴です。

今回はそういった方のために、クラウドワークスの記事作成で初心者が毎月数万円を安定的に稼ぐための心構えをお伝えしました。
 

最後に「クラウドワークスの記事作成で初心者が稼げない理由」や「慣れるほど簡単に稼げる理由」など、今回の内容の重要なところをおさらいしておきましょう。

<クラウドワークスのアンケートと記事作成の収入金額>
・アンケート:1円~数百円(1件)
・記事作成:1,000円~5,000円程度(1件)
(1文字あたりの単価が0.5円程度が相場です。仕事に慣れて信頼が蓄積されれば、もっと報酬が上がる可能性はあると思います)

 
<1記事あたりの報酬金額の計算方法>
報酬金額=1文字あたりの単価×1記事の文字数(※)
(※)1記事の文字数は、予め業者さんが決めていることが多いです。
わかりやすく言うと、「Aという記事は5,000文字として計算するので、10,000文字書いたとしても5,000文字分の報酬金額になります」という感じです。
なので、定められた文字数以上を書いても、その分の報酬が上乗せされるケースは少ないです。
藤崎が知らないだけで、中には例外があるかもしれません。

 
<クラウドワークスの記事作成で初心者が簡単に稼げない理由>
・記事作成で初心者が簡単に稼げない理由は不慣れだから
・クラウドワークスは仕事を始めるまでが大変
・クラウドワークスの記事作成は契約後の仕事開始時も大変
・記事作成は納品後のチェックを通らなければ報酬が発生しない

 
<クラウドワークスの記事作成は慣れるほど簡単に稼げる理由>
・記事作成に慣れるほど、効率が上がる
・記事作成に慣れれば、文字単価が上がる

確かに記事作成のお仕事を始めて間もない頃は、全く割に合わない仕事だと感じます。

藤崎の妻も時給に換算すると100円といった恐るべき賃金でした。

何度も何度も、「こんなに大変で稼げない仕事、割に合わない」と嘆いていました。
 

しかし、それはあくまでも研修期間の賃金と思えば乗り越えることができます。

慣れれば慣れるほど、記事の作成は上達します。
 

うまく記事を書けるようになれば、たくさんの記事を書けるようになりますし、依頼主さんもお給料をアップしてくれます。

このようにコツコツとスキルを磨けば、1時間で1,000円以上を稼ぐことも当然のごとくできるようになります。
 

つまり、その辺でバイトをするよりも、自宅にいながら空き時間を活用して働く方が稼げるといった状況になるわけです。

クラウドワークスの魅力的なところは「在宅で稼げる」、「空き時間に働ける」、「未経験でも取り組める」といったメリットです。

 
こういったメリットを存分に活用して、毎月数万円の収入を安定して得たい方にとっては、とても魅力的なお仕事です。

先日のテレビ「得する人損する人」で紹介された通り、毎月10万円以上を稼ぐ主婦がいらっしゃるのも納得できます。

 
そんなクラウドワークスの魅力を最大限に活かせるよう、今回の記事を役立てていただければと思います。

ではでは。
 

P.S.
クラウドワークスを詳しく見てみたいという方は、こちらの公式ホームページを確認してください。

↓↓↓
>>クラウドワークス(CrowdWorks)を詳しく見てみる

トップページに戻る>>




・無料メルマガ登録フォーム

新着情報や、ブログでは書いていない深い情報をお届けする無料のメルマガです。

ゆる~くやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

(ブログには書けないような裏情報も、たくさん書いています。)

お名前
メールアドレス



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お金を上手に管理するイメージ画像
  2. クラウドワークスで月収40万円を稼いだ主婦ライターが喜びのあまりガッツポーズしている際のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。