【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

この記事は13分で読めます

「自分はWebライターに向いてる人なのかな?」
「Webライターに向いてない人はどんな人?」
「Webライターの仕事内容や必要なスキルを知りたい!」
このような方に向けた記事です。

この記事で分かること
・Webライターに向いてる人の特徴
・Webライターに向いてない人の特徴
・Webライターに必要なスキル
・Webライターの働き方や収入

目次

あなたはWebライターに向いてる?すぐわかるチェックリスト

Webライターに向いてる人は以下にあげる9つの特徴を持っています。
いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

Webライターに向いている人の特徴
①文章を書くのが好きな人
②クライアントファーストができる人
③コミュニケーションが取れる人
④自由な働き方を好む人
⑤自律して働くのが苦にならない人
⑥ひとりでパソコンに向かうのが苦にならない人
⑦継続的かつ積極的にスキルアップしていきたい人
⑧好奇心が旺盛な人
⑨さまざまな角度で読者の課題を考えられる人

いくつ当てはまりましたか?
当てはまっている項目が多い人ほどWebライターに向いてる人といえます。
Webライターに向いてる人ほど、短期間で稼げる可能性が高いので、上記項目をしっかりとチェックしておきましょう。
なお現時点でWebライターに向いてる人じゃなかったとしても、気にすることはありません。
Webライターに向いてる人のスキルを身に付ければいいだけだからです。
Webライターに必要なスキルは後ほど解説します。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、Webサイトなどの文章を書く仕事で、Web上の文章をよく読む人は向いてる人といえます。
Webライターの仕事内容は3つの作業に分かれます。

Webライターの作業
・取材やリサーチ(情報調査)
・執筆
・画像の挿入やCMS入稿

Webライターのメインの仕事は執筆作業(ライティング)です。
執筆前にクライアント(依頼主)から記事のテーマやキーワードを渡されるので、それに沿って取材やリサーチを行い、記事を書くための情報の整理をします。
その情報や自分の知識経験をもとに執筆をします。
ただ文章を書くだけでなく、記事のイメージに合った画像やイラストを入れたりして記事の装飾をすることもあります。
また、執筆した後にはWebサイトに表示するための入稿作業があります。
有名なのはWordPressで、多くの企業で採用されているため、WordPressを使えることはWebライターに必須の技能ともいえます。
Webライターの仕事のもらい方、働き方はのちほど解説します。

Webライターに向いてる人の特徴

Webライターに向いてる人の特徴は以下の9つです。

Webライターに向いている人の特徴
①文章を書くのが好きな人
②クライアントファーストができる人
③コミュニケーションが取れる人
④自由な働き方を好む人
⑤自律して働くのが苦にならない人
⑥ひとりでパソコンに向かうのが苦にならない人
⑦継続的かつ積極的にスキルアップしていきたい人
⑧好奇心が旺盛な人
⑨さまざまな角度で読者の課題を考えられる人

気になったものからどうぞ。

Webライターに向いてる①文章を書くのが好きな人

文章を書くのが好きなら、Webライターに向いてる人といえるでしょう。
文章を書くことはWebライターの仕事の大部分を占めます。
Webライターはより良い文章を書くために、書いては修正してということを繰り返すため、書くことが好きでないと苦痛を感じてしまいます。
文章を書くことが好きなのはそれだけで十分な才能であり、Webライターに向いてる人です。
執筆を繰り返すことが苦痛にならないので、記事の品質を上げるための努力が無理なくできるため、Webライターで稼げるようになるのが早いのです。

Webライターに向いてる②クライアントファーストができる人

クライアントのことを最優先で考えられる人も、Webライターに向いてる人です。
Webライターは、自分の書きたいことや伝えたいことを書くだけでは仕事になりません。
自分の専門性を活かしつつ、読者やクライアントの課題を解決できるのか考えながら記事を執筆します。
また、Webライターが記事の執筆をするとクライアントから誤字脱字を指摘されたり、表現の修正を求められたりします。
その時にクライアントの要求に素直に応じられることもWebライターの重要な資質です。
自分のこだわりはほどほどにして、相手のために柔軟な対応ができる人もWebライターに向いてる人となります。

Webライターに向いてる③コミュニケーションが取れる人

コミュニケーションがしっかりと取れる人もWebライターに向いてる人です。
Webライターはディレクターや編集者と一緒になって、コンテンツを作り上げます。
クライアントファーストを実現するためには、Webライターが適切なコミュニケーションを取ることが重要です。
また、Webライターは仕事中のコミュニケーションはほとんどがチャットやメールなどでのやり取りになります。
文字から相手の要求や意図を読み取る能力である「テキストのコミュニケーション」が上手に取れることも大切なWebライターの素養です。
密なコミュニケーションが得意な人はWebライターに向いてる人です。

Webライターに向いてる④自由な働き方を好む人

組織に所属するよりも、個人で自由に働きたい人もWebライターに向いてる人でしょう。
フリーランスのWebライターは時間や場所にとらわれずに仕事ができます。
会社に出勤する必要はほとんどありませんから、満員電車での通勤が苦痛な人や自由を大切にしたい人はWebライターがおすすめです。
仕事中のやり取りは、チャットサービスなどを利用するので、クライアントや編集者とのやり取りも簡単に行うことができます。
家事や学業、仕事のスキマ時間に作業に取り組めるため、副業Webライターとして活躍するのもいいでしょう。
自由な環境で仕事に取り組みたい人は、Webライターに向いてる人といえます。

Webライターに向いてる⑤自律して働くのが苦にならない人

自分を律して自ら行動が取れる人もWebライターに向いてる人です。
Webライターは自宅で一人作業をすることがほとんどなので、自己管理がしっかりしていて意思が強くないと仕事をやりきれないことがあります。

Webライターに向いてる人の性格
・スケジュール管理に自信がある
・はじめたことは最後までやり切るタイプ
・時間に厳しく納期を守れる

このような性格ならWebライターに向いてる人でしょう。
また、普段から自分で考えて動き、努力を惜しまない働き方を実践できる人は、Webライターとして成功できます。

Webライターに向いてる⑥ひとりでパソコンに向かうのが苦にならない人

ひとりでパソコンにむかって作業することが苦にならない人は、Webライターに向いてる人です。
Webライターは黙々とひとりでパソコンに向かってリサーチや執筆作業をする地味な仕事が基本となります。
人と会話するのは苦手でも、毎日パソコンに向かって黙々と作業していくことができるなら、Webライターの仕事はやりがいもあり楽しいでしょう。
誰とも合わずに仕事をすることが苦痛でない人は、Webライターに向いてる人です。

Webライターに向いてる⑦継続的かつ積極的にスキルアップしていきたい人

向上心があり、継続して努力し続けられる人もWebライターに向いてる人です。
Webライターの仕事は、はじめたばかりの頃はスキルも低く、仕事の単価も安いことがほとんどです。
そこから継続して記事を書き続けていくうちに、技術が身についていき報酬が上がっていきます。
すこしでも読者の役に立つ良い記事を書けるように努力しながら、地道にスキルアップしていく継続力がWebライターを長く続けるコツです。
ライティングスキルを磨き続けられる人も、Webライターに向いてる人といえるでしょう。

Webライターに向いてる⑧好奇心が旺盛な人

好奇心旺盛で何でも調べてみるような人もWebライターに向いてる人です。
Webライターが書く記事のジャンルは多岐にわたります。
ときには自分がまったく知らないジャンルで記事を書くこともあるでしょう。
その時に興味や好奇心をもって情報収集ができるかどうかで、記事の品質が変わってきます。
また、普段からさまざまなことに興味や関心を持ち、新しい物事や考え方に触れることに抵抗がないと、Webライターの仕事をするのに有利です。
知識を吸収することが好きな人はWebライターに向いてる人といえるでしょう。

Webライターに向いてる⑨さまざまな角度で読者の課題を考えられる人

Webライターに向いてる人は、多角的なものの見方ができる人です。
Webライターは誰が読んでも分かりやすい記事を書く必要があります。
自分の知識や調べた情報を、どのような順番でどのように表記すれば伝わるのかを考えて記事を作成します。
自分の記事をどのような読者がどんな状況で読むかといった想像が具体的にできる人は、Webライターに向いてる人と言えるでしょう。
どのような記事が読者の共感を得られ、クライアントの目的を達成できるか、深く考える習慣をつけるとWebライターとして成長していきます。

Webライターに向いてない人の特徴

Webライターに向いていない人の特徴は以下の6つです。
向いてない人の特徴に当てはまっても、Webライターを諦める必要はありません。
勉強したり、ちょっとの心がけで「Webライターに向いてる人」になることも可能です。

Webライターに向いてない人の特徴
①文章を書くのが苦手な人
②自己表現欲が強すぎる人
③基本的なパソコン操作が難しい人
④好奇心があまりない人
⑤責任感のない人
⑥安定をとにかく求める人

当てはまるものがあったでしょうか?
Webライターに向いてる人になるための方法なども、それぞれ詳しく解説しています。
あてはまるかな?と思ったものからどうぞ。

Webライターに向いてない①文章を書くのが苦手な人

文章を書くことが苦手な人はWebライターに向いてない人です。
Webライターとして記事を執筆することは努力とエネルギーがいる仕事です。
文章を書くことが苦手では、執筆作業はより辛いものになるでしょう。
ですが、少し苦手意識がある程度なら、文章を何度か書いていくうちに得意にすることも可能です。
まずは副業Webライターをはじめてみて、苦手を克服してみるといいでしょう。
執筆に慣れてきたら案外楽しく、Webライターに向いてる人だったということもあります。

Webライターに向いてない②自己表現欲が強すぎる人

Webライターに向いてる人が、自分の意見を抑えて執筆できるのに対して、向いてない人は自己表現を優先します。
Webライターの作成する記事は、読者のためのコンテンツです。
記事の主役は読み手であり、記事の目的はクライアントの意図をくんだものでなければなりません。
また、クライアントの修正依頼に対して反発し、自分の表現や主義主張を通したくなる人もWebライターには向きません。
Webライターの仕事は読者の知りたい情報をまとめて、分かりやすく書くことです。
自分の意見を少し抑えて、読者やクライアントの気持ちを考えた記事を書いてみましょう。
するとWebライターに向いてる人になれます。
どうしても文章で自己表現をしたい場合はブログを始めるといいでしょう。

Webライターに向いてない③基本的なパソコン操作が難しい人

パソコン操作が苦手な人もWebライターに向いてない人です。
とはいえWebライターに必要なパソコンスキルは基礎的なもので十分ですから、そこまで高度に使いこなせなくても大丈夫です。

Webライターに必要なパソコンスキル
・インターネット検索
・Googleアカウントを使う
・メールのやり取り
・チャットツールの利用
・WordやExcelの基本的な操作

パソコンは使い慣れてしまえばとても便利なツールです。
パソコンスキルはほかの場面でも使えるので、思い切って苦手意識を克服し、インターネットやパソコンの使い方を理解して活用できるようにしましょう。
基本的なパソコン操作ができるようになれば、Webライターに向いてる人に変わります。

Webライターに向いてない④好奇心があまりない人

Webライターに向いてない人は、調べる事が苦手で好奇心がない人です。
新しい物事に興味を示さなかったり、新しい人と関わったりすることが苦手だとWebライターの仕事は面白くないはずです。
知識を深め、物事の理解を深めることが好きでない場合もWebライターに向きません。
Webライターに向いてる人は、好奇心があるためリサーチや取材を根気強くできますが、好奇心がない人に入念な情報収集は辛いでしょう。
まずは自分が興味を持てそうな分野だけでもいいので、「もっと知りたい」という癖をつけましょう。
新しいことを調べて「そんなこともあるんだ、面白いな」と思えたら、Webライターに向いてる人になっています。

Webライターに向いてない⑤責任感のない人

責任感のない人はWebライターに向いてない人です。
Webライターの執筆にはルールがあり、細かい表記の統一や禁止表現などができていなければなりません。
Webライターに向いてる人は、きちんとルールを守って執筆するのですが、責任感のない人は「まあいいか」と適当にしてしまいがちです。
お金のために仕方なく記事を書くようなWebライターは、高単価で価値のある仕事を任せてもらえません。
また、Webライターの仕事には必ず納期があります。
スケジュール管理ができず納期に遅れても平気な人は責任感に欠けています。
Webライターに向いてる人になりたければ、自分の記事に情熱と責任を持って取り組みましょう。

Webライターに向いてない⑥安定をとにかく求める人

とにかく安定した仕事が欲しい人はWebライターに向いてない人です。
Webライターの仕事は案件ごとに依頼を受けるため不安定です。
たくさん依頼があるときもあれば、急にクライアントに仕事を打ち切られることもあります。
Webライターは実力がなければ、クライアントから容赦なく切り捨てられる存在です。
しかし、スキルを磨き続ける人にとっては安定して仕事が得られる職業かもしれません。
高いスキルを持っているWebライターのところには、常に執筆依頼が来ます。
安定ばかりを求めずスキルを磨いて、複数のクライアントから「ぜひ書いてほしい」といわれる、Webライターに向いてる人になりましょう。

Webライターに必要なスキル

「自分はWebライターに向いてる人かな…」
そんな方は、以下のWebライターに必要なスキルがあるかどうかチェックしてみてください。
Webライターに必要なスキルは、以下の5つです。

Webライターに必要なスキル
①論理的な文章作成能力
②正しい日本語能力
③リサーチ能力
④SEOの知識
⑤コミュニケーション能力

気になったものからどうぞ。

必要スキル①論理的な文章作成能力

Webライターに向いてる人は、論理的な文章を書くスキルを持っています。

論理的でわかりやすい文章の条件
・PREP法で書かれている
・一文一義で書かれている
・接続詞が適切に使われている

PREP法は「結論」「理由」「具体例」「結論」の順で文章を構成します。
一文一義は、1つの文に1つの事柄だけを書くことです。
接続詞を正しく使うと文章に流れができて、読者がストレスなく読み進められます。
Webライターの記事は読者のために存在します。
誰が読んでも読みやすくて分かりやすい、内容がしっかり伝わる文章を書くスキルがあれば、Webライターに向いてる人です。

必要スキル②正しい日本語能力

正しい日本語が使えることも、Webライターに向いてる人が持つスキルです。
不特定多数の人が読む記事では、指定された「日本語表記ルール」で書くことが求められます。
このルールは「記者ハンドブック」という新聞記者向けのルールブックを基準にしています。
日本語表記ルールを理解していると、クライアントはWebライターの能力が高いと評価するので、他のWebライターとの差別化ができます。
独学や我流でなく正しい表記を学ぶことができるのは、Webライターに向いてる人です。

必要スキル③リサーチ能力

情報への感度が高く、リサーチが的確にできるスキルもWebライターに向いてる人のスキルです。
Webライターの仕事は検索されるテーマを記事にすることがメインで、Web上にある記事のほとんどはWebライターが執筆しています。
専門分野を持つWebライターでも、自分の知識だけで執筆できることは稀です。
「公的機関の発表するデータ」などで裏付けをとって、公式な情報として根拠を示すことも必要です。
また、自分がほとんど知らない分野で記事を作成することもよくあります。
そのためネットや書籍、取材による情報収集能力はWebライターに欠かせないスキルです。あやふやな情報ではなく、正確なリサーチに基づいて記事を執筆できるスキルを持つ人は、Webライターに向いてる人です。

必要スキル④SEOの知識

SEOにこだわることも、Webライターに向いてる人のスキルです。
SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、簡単にいうとGoogleなどの検索エンジンに評価されて検索結果の上位に表示されることです。
Webライターが書いた記事を読んでもらうためには、読者に記事の存在を知ってもらわなければなりません。
SEOは企業のブランディングや、商品・サービスの売上にも直接影響するため、SEOの知識が豊富なWebライターはクライアントに選ばれます。
SEOに強い記事が書けるスキルを持つ人は、Webライターに向いてる人です。

必要スキル⑤コミュニケーション能力

Webライターに向いてる人の特徴で述べた通り、コミュニケーションスキルはWebライターに必須の能力です。
クライアントの目的や考え方を上手にヒアリングして、記事に反映させることがWebライターの使命です。
また、Webライターには取材記事を書く仕事もあるため、インタビューでしっかりと記事のテーマを聞き出す力も求められます。
コミュニケーションスキルを磨くことで、Webライターに向いてる人になれます。

Webライターの収入

Webライターは向いてる人ほど高収入になる傾向があります。
Webライターは雇用形態や働き方に大きな差があり収入もバラツキます。
ですが、おおよその平均収入は以下の通りです。
Webライターの平均年収
雇用形態や働き方
平均年収
フリーランスWebライター
250万円~300万円
会社員Webライター
300万円~400万円

Webライターは、専門分野を持っていたり、SEOやマーケティングに詳しいといったスキルがあると年収が大きく上がります。
また、Webライターに特に向いてる人の中にはスキルを活用して、「ライティング講師」や「Webメディア運営」で収益を上げる人もいます。
卓越したライティングスキルやビジネスセンスも必要になりますが、収入は大幅にアップします。

労働量のイメージをつかみたい人や、各月収を得るにあたって求められるスキルを知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
Webライターが稼ぐコツを目標の月収ごとに解説しています。
※Webライター 5万はまだ記事がないのでリンク取得できない

【プロ直伝】Webライターが月10万円を稼ぐ方法!スケジュール・おすすめのクラウドソーシングなど

【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

Webライターは副業にもおすすめ

Webライターに向いてる人は、まず副業でWebライターをやってみることをおすすめします。

Webライターで副業をするメリット
・場所や時間を問わずに仕事ができる
・これまでの経験や知識が活かせる
・Webマーケティングの知識も学べる

Webライターの仕事は、パソコンとオンライン環境があればどこでも仕事ができ、スキマ時間にコツコツ記事を執筆することもできるので副業に最適です。
記事のジャンルも専門知識の必要なものから、趣味や恋愛といった気軽にかけるジャンルもあり、誰でも必ず執筆できるジャンルがあります。
副業Webライターとして活動していく中で、ライティングスキルだけでなく、Webマーケティングといった関連知識も自然と身につきます。
Webライターに向いてる人なら、楽しみながらスキルアップできます。
稼げるようになったらフリーランスWebライターに転身することも可能です。

Webライターの仕事のもらい方や働き方など

仕事のとり方が上手な人もWebライターに向いてる人といえます。
Webライターの仕事のもらい方や働き方は以下の6つです。

Webライターの働き方
①企業のライター求人に応募する
②Web系に転職するか、社内のWeb関連部署に異動を申し出る
③企画を出版社に持ち込む
④ブログを運営する
⑤(学生向け)アルバイトやインターン
⑥クラウドソーシングサービスで仕事を探す

気になったものからどうぞ。

Webライターの仕事のもらい方①企業のライター求人に応募する

Webライターとして企業に所属して働きたい場合は、企業の求人に応募します。
Webライターに向いてる人なら、未経験でもライター求人で仕事が取れるでしょう。
企業に雇用されると、Webライターとして安定した仕事と収入を得ることができます。
また、Webライターに向いてる人は最短でスキルアップができる環境になります。
Webライターとしての基礎を作り、スキルアップを目指すなら、Webライターの求人に応募しましょう。

Webライターの仕事のもらい方②Web系に転職するか、社内のWeb関連部署に異動を申し出る

「Webライターに向いてる人っぽいけど、副業やフリーランスはちょっと…」
という方もいるでしょう。
そのような人は、Web関連職に就職または転職するのがいいでしょう。
社内にWeb関連部署があるなら、社内異動を申請してWebライターを目指すのもアリです。
まずは転職サイトの求人や、転職エージェントサービスに登録してみましょう。
Web関連職は人手不足のため、未経験からでも転職可能な求人もたくさんあります。
Webライターに向いてる人なら、企業も大歓迎です。

Webライターの仕事のもらい方③企画を出版社に持ち込む

Webライターとして書きたい記事や出版社がある場合には、直接企業に企画を持ち込む方法もあります。
出版社ではWebライターからの企画の持ち込みを受け付けているところがほとんどです。
企画の募集がされていないか定期的にチェックして、機会があれば企画を持ち込んでみましょう。

Webライターの仕事のもらい方④ブログを運営する

Webライターに向いてる人は、ブログ運営からはじめてみるのもいいでしょう。
Webライターの仕事にはブログ記事の作成もあるので、ブログ運営の経験はポートフォリオとして評価されます。
SEOやマーケティングも学べて、WordPressの使い方などWebライターとしてスキルアップもできます。
ブログに仕事受注用の問い合わせフォームを設置すれば、あなたのWebライタースキルに興味を持ったクライアントから連絡が来ることもあります。

Webライターの仕事のもらい方⑤(学生向け)アルバイトやインターン

まだ学生でWebライターに向いてる人なら、アルバイトやインターンからはじめて見るのも手です。
Webメディアを運営している多くの企業で学生Webライターのインターンやアルバイトを募集しています。
実際のメディア運営を身近に感じながら、Webライターの仕事のやり方を身につけられます。
卒業後はその企業で正社員Webライターとして活躍することもできます。

Webライターの仕事のもらい方⑥クラウドソーシングサービスで仕事を探す

Webライターに向いてる人は、クラウドソーシングサービスを活用すると早く仕事が取れます。
クラウドソーシングでは、副業WebライターやフリーランスWebライターに記事を書いてほしい企業や個人事業主がたくさんの仕事を募集しています。
未経験者でも応募できる仕事もたくさんあるので、Webライターの実務経験を積みながら報酬を得られます。
Webライターに向いてる人なら、報酬を得ながらスキルアップできるでしょう。
ただし、仕事を請け負うことと、Webライターの仕事を学ぶことは別々に考えなければなりません。
記事へのフィードバックやWebライターへの指導は、必ずもらえるわけではありませんから注意しましょう。

「Webライターとして働く前に、スキルをつけておきたい!」と思った方もいるでしょう。
そんな方のために、人気Webライター講座の比較記事をご用意しました。
Webライター講座を受講するメリット・デメリット、選ぶときのポイントも詳しく解説しています。

【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

おすすめのクラウドソーシング①ランサーズ

Webライターに向いてる人におすすめのクラウドソーシングは「ランサーズ」です。
ランサーズは、副業WebライターやフリーランスWebライターなど多くの人に仕事を提供している大手クラウドソーシングサイトです。

ランサーズの基本情報
案件数
210万件
登録者数
110万人
利用企業数
35万社以上
手数料
10%~20%

クラウドソーシングでWebライターをするなら必ず登録しておきたいサイトでもあります。

ランサーズの特徴
・未経験者OKの仕事が多数ある
・Webライターの案件数は業界トップクラス
・時間や場所に関係なく仕事が受けられる

Webライターに向いてる人は、まず登録してどのような仕事があるかチェックしてみましょう。

ランサーズについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

おすすめのクラウドソーシング②クラウドワークス

Webライターに向いてる人には「クラウドワークス」もおすすめです。
クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングサイトで、Webライターの案件も豊富にあります。

クラウドワークスの基本情報
案件数
300万件
登録者数
443万人
利用企業数
72万社以上
手数料
5%~20%

Webライターに向いてる人は、ランサーズとともに登録しておきたいサイトです。

クラウドワークスの特徴
・未経験者歓迎の案件が多い
・実績を積むとスカウトが来る
・時間や場所にとらわれない働き方ができる

ランサーズとクラウドワークスでは違うWebライター案件が募集されているため、たくさん応募したい人は両方のサイトに登録しておきましょう。

クラウドワークスについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングサービスについて知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
各クラウドソーシングサービスの特徴をはじめ、収入アップのコツなどもご紹介しています。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

【まとめ】Webライターに向いてると思ったらチャレンジしてみよう!

・Webライターに向いてる人は、文章を書くのが好きな人、クライアントファーストができる人、自由な働き方を好む人、自律して働くのが苦にならない人など
Webライターに向いてない人は、文章を書くのが苦手な人、自己表現欲が強すぎる人、基本的なパソコン操作が難しい人、好奇心があまりない人など
・Webライターの働き方は、企業に雇用される、フリーランスWebライターになる、副業するなど

Webライターは、時間や場所に縛られず自由な働き方ができる職業です。
副業からはじめられますので、Webライターに向いてる人はぜひチャレンジしてくださいね。

優良クライアントの案件を獲得でき、着実にスキルアップできる完全無料のWebライター講座を開催中です。
プロのWebライターが一人ひとりしっかりフォローするので、初心者の方も安心。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。」

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤崎のWebライター講座の口コミ評判
  2. コピーライター養成講座を受講した大学生・社会人の口コミ評判
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次