チャットGPTの利用がバレるソフトあり!大学のレポート等ではコピペチェックも要注意

この記事は16分で読めます

AIテキスト生成ツール、特にチャットGPTの使用が増える中で、これらが生成したテキストを検出するソフトウェアの精度には限界があります。しかし、テキストがAIによるものであると後から判明した場合、特に教育機関や業界での規制により問題となることがあります。AIを効果的かつ倫理的に使用するためには、アイディア生成の補助として活用し、ファクトチェックや編集を徹底することが重要です。この記事では、AI生成テキストを安全に利用するための対策とその重要性について解説します。

【見分けるツール】チャットGPTがバレるソフト・対策ソフト

チャットGPTを利用した文章が増加する中、その生成テキストを識別するためのソフトウェアが開発されています。以下のツールは、学術的な論文提出、コンテンツ作成、教育分野などでの正直さとオリジナリティの保持を目的としています。

・(停止中)AI Text Classifier

・GPTZero

・(開発中)コピペルナーV6

・Originality.AI

今回は、市場に出回っている(いた)主要なチャットGPT識別ソフトウェアについて、その特徴と利用シーンを解説します。

(停止中)AI Text Classifier

AI Text Classifierは、チャットGPTやその他のAI生成テキストを識別するために開発されたソフトウェアの一つです。しかし、このツールは現在利用が停止されています。その主な目的は、AIによって作成されたコンテンツと人間によるオリジナルコンテンツを区別することにありました。

教育機関や出版業界では、研究の誠実さやオリジナリティを維持するために、このようなテクノロジーの開発が重要視されています。特に学術論文の提出や、創作活動においては、コンテンツの出所と真正性が重要な要素となります。AI Text Classifierのようなツールは、これらの分野で不正行為を防ぐために役立つと期待されていました。

AI Text Classifierが利用停止となった理由は検出精度の低さです。将来的に再開される可能性については明確ではありません。

GPTZero

GPTZeroは、教育界や出版業界での利用を目的として開発された、チャットGPTを含むAIによって生成されたテキストを検出するソフトウェアです。このツールは、特に学術論文の提出、オンラインコンテンツの出版、さらには学校での提出物など、オリジナリティが重要視される場面での使用が想定されています。GPTZeroの目的は、AIによるテキストと人間が書いたテキストの違いを分析し、教育機関や出版社がオリジナルの作品を評価しやすくすることにあります。

GPTZeroは、テキストの深さ、複雑さ、そして文の構造など、複数のパラメータを分析します。AIが生成したテキストは、しばしば特定のパターンや一貫した文体を示すことがあり、これらの特徴を利用してAI生成コンテンツを識別します。このプロセスは、教育者や編集者が提出された作品のオリジナリティを効率的に評価する手助けとなり、不正行為を減らすことに貢献します。

GPTZeroの利用は、AIによるテキスト生成の増加とともに、より一層の重要性を帯びています。学術界では、研究の信頼性とオリジナリティを保つことが不可欠であり、GPTZeroのようなツールは、これらの価値を守るための重要な役割を果たします。また、オンラインでのコンテンツ作成が増加する中で、編集者やコンテンツクリエーターにとっても、GPTZeroは貴重なリソースとなっています。

(開発中)コピペルナーV6

コピペルナーV6は、現在開発中のAI検出ソフトウェアで、特にチャットGPTを含む様々なAIによって生成されたテキストの特定に焦点を当てています。このツールは、教育機関や出版業界での利用を見込んでおり、学術的な誠実さの維持や著作権侵害の防止に貢献することが期待されています。コピペルナーV6は、特に日本語のテキストに対する検出能力を強化しており、日本国内でのAIによる不正行為の防止に注目が集まっています。

コピペルナーV6の開発背景には、AI技術の急速な進化とそれに伴うテキスト生成能力の向上があります。AIによって生成されたテキストは、従来のコピペとは異なる新たな課題を生み出しており、これに対応するための高度な検出技術が求められています。コピペルナーV6は、これらのAI生成テキストの検出に特化しており、文体、文構造、使用される語彙のパターンなど、複数の指標を分析することで、AIによるテキストの存在を識別します。

コピペルナーV6の利用が、学生による不正行為の抑制に役立つことが期待されています。学術論文やレポートの提出において、オリジナリティと独自性は非常に重要な要素であり、コピペルナーV6はこれらの価値を守るための有効なツールとなる可能性があります。

Originality.AI

Originality.AIは、デジタルコンテンツの制作と出版において、テキストのオリジナリティと著作権遵守を保証するために設計されたツールです。このソフトウェアは、特にコンテンツマーケティングやSEO対策を行う企業や個人にとって、非常に有用なリソースとなっています。Originality.AIは、AIによって生成されたテキストと人間が書いたオリジナルのテキストを区別する能力に特化しており、使用される文体、語彙の多様性、文の構造など、複数の指標を分析します。

このツールの主な特徴は、AI生成コンテンツと人間によるコンテンツの差異を精密に分析し、コンテンツのオリジナリティスコアを提供することです。Originality.AIを使用することで、コンテンツクリエーターは、自らの作品がオリジナルであることを確認し、著作権侵害のリスクを避けることができます。また、デジタルマーケティングの分野では、検索エンジン最適化(SEO)の観点からも、オリジナルコンテンツの重要性がますます高まっています。オリジナルコンテンツは、検索エンジンによるランキングの向上に寄与し、より多くの訪問者をウェブサイトに引きつけることが可能です。

Originality.AIはまた、AIによるテキスト生成技術の進化に伴い、その識別能力を常に更新し続けています。AIテクノロジーが進化するにつれて、生成されるテキストもより洗練され、人間のものとの区別が難しくなってきています。このような状況の中で、Originality.AIのようなツールは、コンテンツ制作における誠実さとオリジナリティの維持に不可欠な役割を果たしています。

チャットGPTがバレるソフトの精度

チャットGPTを含むAIによって生成されたテキストを識別するソフトウェアは、教育機関や出版業界での不正行為防止や著作権保護のために開発されています。しかし、これらのツールの精度には限界があり、完全にAI生成テキストを識別できるわけではありません。このセクションでは、チャットGPTがバレるソフトウェアの検出精度について、日本語の検出能力とすり抜ける可能性に焦点を当てて解説します。

(意見)日本語の検出度は低い

AIテキスト検出ソフトウェア、特にチャットGPTなどの生成するテキストを特定しようとするツールにおいて、日本語のテキストの検出精度に関する問題が指摘されています。多くの専門家や利用者からの意見として、日本語のテキストを正確に検出する能力は、英語など他の主要言語に比べて低いという見解があります。この低い検出精度の背景には、日本語独特の文法構造・表現の多様性・膨大な漢字と仮名の使用などが挙げられます。

日本語は複雑な言語であり、同じ意味を異なる表現方法で伝えることが可能です。文脈によっては、同じ単語やフレーズが異なる意味を持つこともあります。これらの特性はAIテキスト検出ツールが日本語のテキストを分析する際に大きな課題となります。AIによるテキスト生成技術の進化に伴い、生成される日本語テキストもまた複雑化しており、従来の検出手法ではすり抜ける事例が増えています。

さらに、日本語テキストの検出精度を低下させる要因として適切な訓練データの不足も指摘されています。AIモデルは大量のテキストデータを学習することで特定の言語の特性を理解しますが、日本語のテキストは他の言語に比べて公開されているデータセットが限られている場合があり、これが検出モデルの精度に影響を与えています。

(事実)すり抜けられる可能性がある

AIによって生成されたテキストを特定するソフトウェアの精度に関しては、これらのツールが完璧ではないという事実があります。一部のテキストは検出ツールをすり抜ける可能性があることが知られています。これは、AIが生成したテキストが、特定のパターンや言い回しを避け、または人間らしい文体の微調整を行うことで、検出ツールの識別メカニズムを回避することができるからです。

この問題は、AI技術の進歩に伴いAIによるテキスト生成がより洗練され、人間の書き手のスタイルを模倣する能力が向上したことに起因します。例えば生成されたテキストに人間による編集を施すことで、AIの痕跡をより巧妙に隠すことが可能になります。また、テキスト生成時に使用されるプロンプトの工夫や、特定のキーワードの避け方など、AIを検出するためのソフトウェアの既知のパラメータを逆手に取る方法が存在します。

このようなすり抜けるテキストの存在は教育機関・出版業界・その他オリジナリティが重要視される分野において、特に懸念されています。AI生成テキストの検出ツールがすべてのAIテキストを確実に識別できない可能性があることは、これらの分野での利用に際して注意が必要であることを示しています。

この課題に対処するためには、検出ツールの精度を向上させると同時に、AIテキストの検出だけに依存せず、人間の監査や評価を組み合わせることが重要です。また、AI技術の発展に伴い検出方法も進化させ続ける必要があります。AIによるテキスト生成とその検出はいたちごっこのような側面があり、常に新たな技術やアプローチの開発が求められています。

チャットGPTがバレるソフトで検出されなくても安心できない理由

チャットGPTのようなAIを利用して生成されたテキストが、特定の検出ツールによって識別されなかったとしても、完全に安心することはできません。

・大学で罰則を課せられる可能性がある

・日本語が不自然だとバレやすい

・具体的な内容に乏しいとバレやすい

・事実誤認が多すぎるとバレやすい

・他の人と内容が酷似しているとバレやすい

・コピペチェックツールに引っかかる可能性がある

・(参考)実際にチャットGPTの利用がバレた人の声

以下に主な理由を解説していきます。

大学で罰則を課せられる可能性がある

AIを使用して生成されたテキストが、検出ツールによって識別されなかったとしても、学術的なコンテキストにおいては安心してはいけません。特に大学などの教育機関では、論文やレポートの作成においてオリジナリティと正直さが重要視されています。このような環境下でチャットGPTのようなAIを使用して作成されたテキストを提出した場合、その使用が発覚した際には重大な罰則に直面する可能性があります。

多くの大学では学生が提出する作品のオリジナリティを厳しくチェックしており、AIによって生成されたコンテンツの使用は、不正行為とみなされます。不正行為と認定されると成績の減点や退学処分といった厳しい措置がとられることがあります。

このような罰則は、学術的な環境における誠実さとオリジナリティの維持を目的としています。教育機関は、学生に対して独自の思考能力と創造性を発展させることを奨励しており、AIに依存することなく自分自身の言葉で考え、表現する能力を育成することが目指されています。

したがって、学術的な文書や作品を作成する際には、AI生成テキストの使用を避け、自分自身の研究と分析に基づいたオリジナルのコンテンツを提出することが重要です。AIテクノロジーを情報収集やアイデアの発想のための補助ツールとして利用することは有益かもしれませんが、最終的な作品は自分自身の言葉と知識で構成されるべきです。これにより、教育機関の基準を満たすだけでなく、自分自身の学術的な能力と倫理観を高めることができます。

日本語が不自然だとバレやすい

AIが生成したテキスト、特に日本語のコンテンツにおいて、自然な人間の言葉遣いと微妙に異なる場合があります。チャットGPTのような進歩したAI技術でさえも、日本語の豊かな表現力や複雑な文脈を完全に模倣することは困難です。日本語は、文法的な特性が複雑であり、同じ意味を持つ表現でも様々なニュアンスを含むことができます。これらの微妙なニュアンスの違いや、文化的な背景が反映される言い回しなどは、AIによるテキスト生成では捉えきれない場合が多いです。

AIによって生成されたテキストが人間の書き手によるものと見分けられる一因として、以下のような特徴が挙げられます。

  • 不自然な言い回し:AIが生成する文章は、時に不自然な言い回しや、日本語として違和感のある表現を含むことがあります。これは、AIが複数の文献から学習した結果、文脈に合わない言葉を選んでしまうことが原因です。
  • 文化的ニュアンスの不足:日本語には、特定の文化的背景や状況に基づく繊細な表現が豊富に存在します。AIはこれらの文化的ニュアンスを完全に理解し、適切に反映させることが難しいです。
  • 一貫性の欠如:AI生成テキストは、特定のトピックに関して一貫性のある視点を持つことが難しい場合があります。これは、AIが様々な情報源から情報を収集する過程で、相反する情報を無意識のうちに組み合わせてしまうためです。

読者や評価者は、これらの特徴を通じてAIによって生成されたテキストを識別することができるため、特に日本語のテキストを使用する際には注意が必要です。AIを利用してテキストを生成する場合にも、最終的な出力に対しては人間が十分な校正を行い、自然な日本語表現になっているかを確認することが重要です。

具体的な内容に乏しいとバレやすい

AIによって生成されたテキストは、時として具体的な内容や深い知識に基づく詳細が不足していることがあります。このようなテキストは、特定の主題やトピックに関する理解が浅い、または全般的な情報しか提供していないと感じられることがあります。チャットGPTのような進歩したAI技術でも、特定の専門分野やニッチなトピックにおいて、専門家の深い洞察や具体的な実例を提供するのが難しい場合があります。

以上について整理しましょう。

  • 一般的な情報の繰り返し:AI生成テキストはしばしば、既知の一般的な情報や表面的なデータを繰り返し提供します。これは、AIが大量のデータから一般的な知識を抽出するが、特定の詳細や新しい研究結果についての情報が欠けているためです。
  • 具体性の欠如:専門的な議論や深い分析を要求するトピックにおいて、AIは具体的な例示や詳細な説明を提供するのに苦労します。これは、AIが個々の事例や最新の研究についての深い理解を持っていないことが原因です。
  • 独創的な視点の不足:AIは既存の情報を基にテキストを生成するため、新しい洞察や独自の分析を提供することが難しいです。これにより、テキストが独創性に欠けると感じられることがあります。

読者や評価者は、テキストがこれらの特徴を示す場合、その内容がAIによって生成されたものである可能性を疑うかもしれません。特に、学術的な論文や専門的な記事においては、具体性や独創性が重要な評価基準となります。したがって、AIを使用してコンテンツを生成する場合には、最終的なテキストが読者にとって価値のある具体的な情報や新しい視点を提供しているかを確認することが重要です。

事実誤認が多すぎるとバレやすい

AIによって生成されたテキストは事実誤認を含むことがあります。これはAIが最新の情報にアクセスできない、または学習過程で誤った情報を取り込んでしまう場合があるためです。特にチャットGPTのようなモデルは、トレーニングに使用されたデータの時点での情報に基づいています。そのため、データセットが古い、または不正確な情報を含んでいると、生成されるテキストにもそれらの誤りが反映されることがあります。

テキストに事実誤認が含まれると、以下のような問題が生じます。

  • 信頼性の低下:読者はテキストの情報を信頼できません。特に学術的な研究や報告書、専門的な記事において、事実の正確性は極めて重要です。
  • 専門家からの批判:特定の分野の専門家や研究者は、その分野の最新の知見やデータに精通しています。事実誤認があると専門家による批判を受けるリスクがあります。
  • 公信力の損失:一度事実誤認を含むコンテンツを公開してしまうと、作者や発行元の公信力に影響を与え、将来的なコンテンツに対する信頼を損なう可能性があります。

AIによって生成されたテキストを使用する際には、事実確認のプロセスを厳格に実施し、特に専門性が高い内容については、関連する最新の情報やデータに基づいて更新することが重要です。また、AI生成テキストを基にした作業を行う場合、最終的なコンテンツが公開される前に、専門家のレビューやピアレビューを受けることで、内容の正確性と信頼性を高めることができます。

他の人と内容が酷似しているとバレやすい

AIによって生成されたテキストが他の人の作成したコンテンツと酷似している場合、そのテキストがAI生成であることが疑われることがあります。チャットGPTのようなAIは、トレーニングデータに含まれる情報や既存の文献から学習してテキストを生成します。この過程で、特定のトピックに関して類似した回答や表現を生成することがあり、結果として異なるユーザーがAIに同じまたは似た質問をした場合、酷似したコンテンツが生成される可能性があります。

この現象が発生する主な理由は以下の通りです。

  • 共通の情報源:AIは公開されている情報や文献をトレーニングデータとして使用するため、これらの情報源に基づいてテキストを生成します。そのため、AIが参照する情報が限られている場合、異なるリクエストに対しても似たようなコンテンツを生成することがあります。
  • 似たプロンプトの使用:ユーザーがAIに提供するプロンプト(質問や命令)が似ている場合、AIは類似した回答を生成しやすくなります。これは、AIがプロンプトの言葉遣いや構造に基づいて回答を形成するためです。
  • 生成アルゴリズムの特性:AIのテキスト生成アルゴリズムは、ある程度予測可能なパターンに従ってコンテンツを生成します。これにより、特定のトピックや質問に対するAIの「傾向」が形成され、類似したテキストが生成されやすくなります。

他の人と内容が酷似しているテキストは、特に学術的な環境やクリエイティブな分野で問題となります。オリジナリティが重視されるこれらの分野では、独自の視点や新しい情報が求められるため、AIによって生成された一般的で類似したコンテンツは、その価値を疑われる可能性があります。

AI生成テキストを利用する際には、最終的なコンテンツに人間による編集や追加の分析を施し、オリジナリティを確保することが重要です。これによりテキストが他のソースと区別され、読者に新しい価値を提供することが可能になります。

コピペチェックツールに引っかかる可能性がある

AIによって生成されたテキストは、コピペチェックツールによってオリジナリティが疑われることがあります。これは、AIが既存のテキストを学習して新しいコンテンツを生成する過程で、元のソースと類似したフレーズや構造を用いる可能性があるためです。特にチャットGPTのような高度なテキスト生成モデルは、広範なデータベースから情報を抽出し、それを基にテキストを作成しますが、その過程で既存のコンテンツと高い類似性を持つ出力を生成することがあります。

コピペチェックツールは、テキストのオリジナリティを確認するために広く使用されており、特に学術分野では論文やレポートの提出前にこのようなチェックが義務付けられていることが多いです。これらのツールは、提出されたテキストをインターネット上やデータベース内の既存のコンテンツと照合し、類似した部分があれば報告します。

AI生成テキストがコピペチェックで引っかかる主な理由は以下の通りです。

  • 既存の表現の再利用:AIはトレーニングプロセスで取り込んだ既存のテキストから表現を学びますが、これが原因で、生成されたテキスト内に既存のテキストと高度に類似したフレーズが含まれることがあります。
  • 一般的な知識の表現:特定のトピックに関する一般的な知識や情報は、多くのソースで共通しています。AIがこれらの一般的な情報をテキスト生成に使用すると、他の多くの文書と類似した内容になる可能性があります。
  • 情報の精度:AIが生成したテキストが事実に基づいている場合、その事実を説明するために使用される表現が既存の説明と重複することがあります。

AI生成テキストを使用する際には、オリジナリティを確保するために、テキストに人間によるレビューや編集を加えることが重要です。特に、論文や公式文書、専門的な記事など、オリジナリティが重視される文書においては、AIによる初稿を基にしつつも、独自の分析や視点を加え、テキストを十分に加工することが勧められます。これによりコピペチェックツールによるオリジナリティの問題を回避し、テキストの信頼性と価値を高めることができます。

(参考)実際にチャットGPTの利用がバレた人の声

ここでは、実際にチャットGPTの利用がバレた(もしくは身近な人から聞いた)人の声を見てみましょう。

2024年に入ってからの声(口コミ)はまだ確認できていませんが、今後もチャットGPTの利用に関してはさまざまな議論が出てくるとみられます。

【ソフト】チャットGPTがバレることに関する知恵袋の意見

知恵袋などのQ&Aプラットフォームでは、チャットGPTやその他のAIテキスト生成ツールが「バレる」ことについて様々な意見が交わされています。ユーザーからは、AI生成テキストの使用に関する不安や疑問、実体験に基づくアドバイスなどが寄せられています。特に、教育機関や仕事上での文書作成において、AIの使用がどのように捉えられ、どのようなリスクがあるのかという点が議論の焦点となっています。

バレる

チャットGPTなどのAIによって生成されたテキストが「バレる」可能性についての懸念は、以下のようにユーザーが共有しがちなものです。

チャットGPTで大学のレポートやるのって、ぶっちゃけバレたりしますか?

Yahoo!知恵袋

これらの懸念は、特に教育機関での課題提出や仕事上でのドキュメント作成など、テキストのオリジナリティが重要視される状況で顕著です。まずはテキストがAI生成であると見破られる主な理由を解説します。

  1. 不自然な表現や文体の使用:AIが生成するテキストは時として、人間特有のニュアンスや文脈に即した表現を欠くことがあります。これは、テキストが流れるような自然さを欠き、読者に違和感を与える原因となり得ます。
  2. 事実誤認や最新情報の不足:AIモデルはトレーニングされたデータセット内の情報に基づいてテキストを生成するため、最新の出来事や研究結果を反映していない可能性があります。また、誤った情報を学習してしまうと、その結果として事実誤認を含むテキストが生成されることもあります。
  3. 一般的な知識の表現に偏り:AIは広範囲のトピックについて一般的な情報を提供することは得意ですが、特定の分野における深い洞察や詳細な分析を提供することは困難です。このため、テキストが表層的な知識の繰り返しに終始していると感じられることがあります。
  4. テキストの一貫性の欠如:AIが一つのテキスト内で複数の異なるソースを混在させてしまうと、テキスト全体の一貫性が失われ、矛盾する情報が提示されることがあります。このような一貫性の欠如は、テキストが人間によって書かれたものではないという疑念を招きやすいです。

上記の理由により、知恵袋では以下のような回答が見られました。

バレるでしょう。 出来上がった文章が知らずにどこかからの文献を引用してできたものなら、参考文献書いてない時点で、コピペチェックに引っかかって剽窃扱いでペナルティ。 そして貴方自身がどの文献を参考にして書いたか正しく回答できなければ、チャットGPT任せで提出したということでさらにペナルティ。 詰む未来しか見えませんし、今大学側も対策を視野に入れているので、重大な不正行為とみなされる可能性も十分にあります。

Yahoo!知恵袋

コピペチェックのソフトが既に普及しているように、チャットGPTに関しても同じようなソフトがすぐに開発されるはずです。そうなると簡単にバレるでしょう。文面をいじってソフトを使ったことを誤魔化そうとしても、そういうことをやる人の大半はそもそも論理的思考力や文章作成力が低い人ですから、すぐに見抜かれます。

Yahoo!知恵袋

知恵袋などのQ&Aプラットフォームではこれらの問題点を避けるためのアドバイスが共有されています。例えばAIによって生成されたテキストを基にする場合でも、最終的な内容を人間が精査し、編集することで、テキストの自然さや正確性を高めることが推奨されています。

バレない

チャットGPTなどのAIテキスト生成ツールを使用しても「バレない」とする意見も、知恵袋のQ&Aプラットフォームで見られます。まずはバレないようにする一般的な方法を確認してみましょう。

  1. 人間による編集と校正の徹底:AIによって生成されたテキストをベースとして使用する場合でも、最終的な出力に対しては、人間がしっかりと編集と校正を行うことが重要です。このプロセスを通じて、不自然な表現や文体を修正し、テキストに自然な流れをもたらすことができます。
  2. AI生成コンテンツへの補足情報の追加:AIが提供する情報やアイデアに対して、自分自身の知識や研究から得られた補足情報や詳細な説明を加えることで、テキストの価値を高めることができます。これにより、テキストがよりオリジナルのものとして認識されやすくなります。
  3. 特定の設定やモデルの利用:チャットGPTをはじめとする一部のAIテキスト生成ツールでは、出力されるテキストのスタイルやフォーマットを細かく調整できる設定が用意されています。これらの機能を適切に利用することで、生成されるテキストの品質を向上させ、人間が書いたと見分けがつかないレベルのコンテンツを作成することが可能です。
  4. 目的に応じたAIの利用:AIテキスト生成ツールは、アイデアの生成や草稿の作成など、特定の用途に非常に有効です。最終的なテキストを作成する際には、これらの生成された内容を基にしつつ、自分の言葉で書き直すことで、テキストのオリジナリティと質を保つことができます。

上記をもとに、短いながらもアドバイスをしている人がいました。

上手く引き出さないと 被る子が出てくるよ。

Yahoo!知恵袋

何も考えずに利用するとバレます。

Yahoo!知恵袋

これらのアドバイスは、うまくチャットGPTを使うことの重要性を現しているといえるでしょう。

【無料で作文】チャットGPTの使用がバレるソフトを回避する対策

チャットGPTなどのAIを利用したテキスト生成ツールの使用が、特定のソフトウェアによって検出されることを避けたい場合、いくつかの対策が有効です。これらの対策は、テキストがAIによって生成されたものと識別されるのを防ぎ、よりオリジナリティの高い、人間らしいコンテンツを作成するためのものです。

チャットGPTにはアイディアを提案してもらうだけにする

チャットGPTや類似のAIテキスト生成ツールを使用する際の一つの対策として、これらのツールから直接文章を生成するのではなく、アイディアや概念の提案を受け取る用途に限定することが有効です。このアプローチでは、チャットGPTをブレインストーミングやアイディア発想のサポートとして使用し、実際の作文やコンテンツ作成は人間が行います。こうすることで、AIが提案するアイディアを基に、自分の知識、経験、視点を加えたオリジナルのテキストを作成できます。

この方法の利点は、AIによる直接的なテキスト生成のリスクを避けつつ、創造的なプロセスにおいてAIの能力を活用できる点にあります。AIは広範なデータから様々なアイディアを提供できるため、新しい視点を得たり、思いつかなかったトピックに触れるきっかけを提供できます。しかし、最終的なテキストはユーザー自身が書くことにより、その内容のオリジナリティと個性を保つことができます。

ファクトチェックを行う

AIによって提供された情報や生成されたテキストを利用する際には、ファクトチェックを徹底することが重要です。これは、AIが提供する情報の正確性を確認し、誤りや古い情報に基づいたコンテンツを避けるための対策です。AIテキスト生成ツールは、膨大なデータセットから情報を学習しますが、その情報が常に最新または正確であるとは限りません。したがって、AIによるテキスト生成のプロセスにおいて、ファクトチェックはコンテンツの品質を保証するために不可欠です。

ファクトチェックを行うには以下の手順を踏みます。

  1. 情報源の確認:AIが提供した情報の出典を特定し、その信頼性を評価します。情報源が信頼できる出版物、公式機関、または専門家によるものかどうかを確認します。
  2. 最新のデータとの照合:特に科学、技術、医療、政治などの分野では、情報が迅速に更新されるため、提供された情報が最新の研究や発表と一致するかを確認します。
  3. 複数の情報源での確認:一つの情報源のみに依存せず、複数の信頼できる情報源を通じて、提供された情報の正確性を検証します。これにより、情報のバイアスを避け、よりバランスの取れた視点を得ることができます。
  4. 専門家の意見を参照:可能であれば、該当する分野の専門家の意見や論評を参照して、提供された情報の妥当性を検証します。

ファクトチェックは学術的なライティング・ニュース記事・公式報告書など、情報の正確性が極めて重要とされるコンテンツにおいて重要です。

プロンプトで条件を細かくつける

チャットGPTやその他のAIテキスト生成ツールを利用する際、プロンプトに条件を細かく設定することは、テキストが特定のソフトウェアによってAI生成と識別されることを回避する上で有効な手段です。プロンプトの精密な指定は、AIによる出力の方向性を細かくコントロールし、より人間らしい、オリジナルのコンテンツを生み出すために役立ちます。

プロンプトで条件を細かく設定するメリットなどは以下の通りです。

  1. 具体性の向上:テーマや主題に関して具体的な指示を与えることで、AIはより関連性の高い、詳細なコンテンツを生成しやすくなります。これにより、一般的な情報の繰り返しを避け、特定の目的や読者に合わせたテキストを作成することが可能になります。
  2. スタイルとトーンの一致:文章のスタイルやトーンに関する条件をプロンプトに含めることで、AIは指定されたスタイルに従ったテキストを生成しやすくなります。例えば、公式的な文書、カジュアルなブログ投稿、学術論文など、目的に応じた言葉遣いや表現をAIに要求することができます。
  3. 独自性の強化:プロンプトに特定の視点やアングルを求めることで、AIが提供するコンテンツに独自性を持たせることができます。これは、テキストがAIによるものと識別されるリスクを減らし、読者に新鮮な印象を与えるために重要です。
  4. 誤解や不正確な情報の回避:プロンプトで条件を細かく設定することで、AIが誤った情報を提供するリスクを減らすことができます。特に、特定の事実やデータに基づいた正確な情報を求める場合、明確な指示が有効です。

プロンプトの効果的な設定例は以下の通りです。

  • 「明るくポジティブなトーンで、初心者にも理解しやすい言葉を使って、再生可能エネルギーの利点について説明してください。」→「初心者」をさらに詳細にすると良いでしょう。
  • 「専門家向けの詳細な分析を含む形で、最近のテクノロジートレンドに関するレポートを作成してください。使用するデータや研究は、過去2年間のものに限定してください。」

プロンプトの細かい条件設定はAIを利用したテキスト生成のプロセスを最適化し、より高品質でオリジナリティのあるコンテンツを生み出すための鍵となります。

以上のようにして、AIテキスト生成ツールの潜在能力を最大限に活用して同時にその使用がバレるリスクを最小限に抑えられるでしょう。

【まとめ】チャットGPTの使用がバレるソフトの精度は低いが安心できない

チャットGPTやその他のAIテキスト生成ツールに関する議論の中で、これらのツールが生成するテキストを検出するソフトウェアの精度が完全ではないことは一般的に認められています。多くの検出ツールは、AIによって書かれたテキストと人間によるテキストの違いを特定しようと試みますが、常に正確に識別できるわけではありません。しかしこれらのツールの精度が完璧ではないからといって、AIを利用して生成されたテキストを使用することに対して完全に安心して良いわけではありません。

主な理由

  1. テクノロジーの進化:AIテキスト生成技術とそれを検出する技術は常に進化しています。今日効果的な検出方法も、将来的には役に立たなくなる可能性があります。
  2. 教育機関や業界の方針:多くの教育機関や企業はAIによるテキスト生成の使用を厳しく規制しています。テキストが後でAI生成であることが発覚した場合、重大な結果を招く可能性があります。
  3. オリジナリティと倫理的な問題:テキストのオリジナリティを保持して知的財産権を尊重することは、学術的な環境だけでなく一般的なコンテンツ制作においても重要です。

AIテキスト生成ツールの使用は多くの便利さと効率性を提供しますが、これらのツールを使用する際には潜在的なリスクと責任を理解して適切な対策を講じることが必要です。技術の進歩に伴い、検出ツールの精度が向上する可能性がありますが、オリジナリティの保持、倫理的な慣行の遵守、そして信頼できるコンテンツの提供は、AIの使用における不変の原則となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライターの始め方・おすすめライティング講座が知りたい高校生
  2. 短期間で稼ぐ 主婦アイキャッチ画像