【未経験】Webライターの収入とは?儲け方・平均年収・給与体系など

この記事は18分で読めます

「Webライターは高収入になるまで時間がかかるって本当?」
「未経験者が早く高収入のWebライターになる方法を知りたい!」
そんな方のための記事です。
この記事では以下のことをお伝えします。

この記事でわかること
・Webライターの働き方やメリット・デメリット
・Webライターに向いている人の特徴
・Webライターの月収や年収、報酬を決める要素
・未経験者Webライターでも高収入になるコツ

現役のプロライターが教える完全無料のライター講座を開講中です。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

目次

ライターの種類

高収入といわれるライターですが、ライターにはいくつかの種類があります。

ライターの種類
・雑誌の記事作成ライター
・新聞記者
・小説家や作家などの書籍ライター
・コピーライター
・Webライター

小説家は才能がいりますし、雑誌のライターや新聞記者になるためには出版社や新聞社に勤務する必要があります。
一方でWebライターは、特別なスキルや経験も必要がなく、未経験者でも副業からでもはじめられます。
未経験者から高収入のライターを目指すのならWebライターがオススメです。

Webライター未経験者でも着実にスキルアップできる完全無料のWebライター講座を開催中です。
プロのWebライターが一人ひとりしっかりフォローするので、未経験者の方も安心。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターの概要

「Webライターの仕事内容ってどうなっているの?」
「どんなジャンルの記事を書いているの?」
気になる方も多いのではないでしょうか。
順に紹介します。

Webライターの仕事内容は?

Webライターの仕事はWebサイトの記事を書くことです。

執筆する記事の例
・アフィリエイトブログの記事
・企業のオウンドメディアの記事
・販売サイトの商品説明やサービス紹介の記事

Webライターが書く記事の最大の特徴は「検索エンジンで評価される文章」を書くことです。
Web上に存在するたくさんのサイトから自分の記事を選んでもらい、たくさんの人に読んでもらえるようにSEOを意識した文章を作成します。
高収入のWebライターになるためには、SEOなどで集客に貢献できる文章術を習得しなければなりません。

Webライターが執筆するジャンルは?

Webライターが執筆するジャンルは多岐にわたります。

執筆ジャンルの例
・金融(節約・貯蓄・投資・保険など)
・美容・健康(ダイエット・サプリメント・コスメなど)
・教育や資格取得
・芸能情報やトレンドニュース

この他にも恋愛・占い・転職・アウトドアなど何でもありです。
Webライターをはじめるときには、今までの経験や持っている資格、興味のある分野の中から執筆ジャンルを選びます。
「こんな資格や経験が役に立つとは思えない」というようなニッチな経験が、高収入を稼ぎ出すお宝になることもよくあります。
何も経験がない方はいないので、誰でも何かしらのジャンルで記事を書くことができるでしょう。

経験や資格はあるけど、どのように記事を書けばいいのかわからない方のために完全無料のWebライター講座を開催中です。
経験豊富なプロのWebライターがしっかりとフォローするため、未経験者でも高収入Webライターを目指せます。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
講座内容を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【働き方】Webライターとして収入を得る方法

Webライターとして収入を得る方法は、以下の2つです。
・企業に所属するWebライター
・フリーランスのWebライター
気になった働き方からどうぞ。

企業に所属するWebライター

Webライターとして収入を得る方法の1つが、Webサイトを運営している企業に雇用されて記事を書く「企業内Webライター」です。
毎月の給料が支払われるため、安定して働けることがメリットです。
しかし、収入や仕事量が固定され、高収入を狙うことは難しいでしょう。
また企業に所属しているため、望まない会社の行事への参加や組織の人間関係の悩みなど、会社員特有の悩みがあります。
未経験でも応募できる求人がありますが、企業が求めているのは即戦力となるWebライターであることが多く狭き門となります。

フリーランスのWebライター

Webライターとして収入を得るもう1つの方法が、個人事業主として企業や個人と契約を交わして記事を書く「フリーランスWebライター」です。
仕事を取るための営業や、請求書の発行などの経理業務も自分で行わなければなりません。
フリーランスWebライターはたくさん契約が取れれば収入は青天井で、高収入Webライターも夢ではありません。
案件ごとに契約を交わして仕事をするため、仕事量を自由に調整できプライベートも充実させられます。
未経験からフリーランスのWebライターとして活躍することは可能ですが、未経験者Webライターの月収は数万円〜10万円程度が最も多く厳しい状況です。
経験を積んでWebライターとしての実力がつけば高収入になっていきます。

未経験でも稼げるフリーランスのWebライターになりたいならWebライター講座を受講しましょう。
現在プロライターの個人指導が受けられる完全無料のライター講座を開講中です。
講座の内容が気になる方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
当講座のメリットや口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターの収入を決める3つの要素

Webライターの収入を決める要素は以下の3つです。

Webライターの収入を決める3つの要素
①原稿料
②文字単価
③時給単価

順にどうぞ。

Webライターの収入を決める要素①原稿料

Webライターの収入を決める要素の1つ目は原稿料です。
Webライターの案件では1記事いくらといった原稿料が決められているものがあります。

Webライターの原稿料の目安
記事の内容
1記事あたりの原稿料の相場
誰でも書ける簡単な記事
1,000円程度
一般的なSEO記事
1,000~10,000円
スキルや知識が必要な記事
10,000円~100,000円
高度な専門知識や資格が必要な記事
100,000円~500,000円

作成する記事の内容が高度になればなるほど、原稿料も高くなり収入も上がります。
高度なスキルがあるライターは、10万円の記事を月に10本書くだけで、月収100万円が達成できます。
Webライターはスキルが高く実績があれば高収入になるのです。

Webライターの収入を決める要素②文字単価

文字単価もWebライターの収入を決める大きな要素です。
Webライターの案件で一番多い形式が文字単価での依頼です。
Webライターの仕事を募集しているクラウドソーシングサイトでは、多くの案件が「文字単価✕文字数」で記事の価格を決めています。

Webライターの原稿料の目安
案件のレベル
文字単価
初心者向け案件
0.1~1.0円
中級者向け案件
1.0~3.0円
上級者向け案件
3.0円~

文字単価での依頼を受けるのなら、1文字1.0円以上の案件を受注したいところです。
1.0円で1日5,000文字を書いて月20日働けば、月収は10万円になります。
1.0円で1日10,000文字を書いて月20日働けば、月収は20万円です。
月収20万円あれば食べていけますから、まずまずでしょう。
しかし、未経験者Webライターは1日に10,000文字を書くことはできません。
文字単価1.0円の案件を安定して獲得することも難しいでしょう。
安定して月20万円を稼ぐためには、数ヶ月の修行期間が必要になります。

Webライターの収入を決める要素③時給単価

Webライターの案件の中には「時間給」の案件もあり、時給で収入が大きく変わります。
フリーランスの案件では少なく、Webライターのアルバイトになることが多いです。
時給は1,000円〜3,000円程度です。
時給1,000円の場合1日8時間で20日働くと、月収は16万円です。
時給3,000円の場合1日8時間で20日働くと、月収は48万円にもなります。
時給単価が収入に大きく影響するのがわかりますね。

収入がアップしやすい「Webライターに向いている人」

高収入を目指せるWebライターに向いている人の特徴は以下の5つです。

Webライターに向いていて高収入を人
①文章に触れるのが好き
②好奇心に溢れている
③地味な作業もコツコツこなせる
④誰かに教えることが得意
⑤スケジュールをしっかり管理できる

自分にあてはまるかな?と思ったものからどうぞ。

Webライターに向いている人①文章に触れるのが好き

Webライターの収入源となる作業は文章の読み書きです。
文章を書くことはもちろん、リサーチのために様々な文章を読み込む必要があるので、文章に触れることが好きな方なら楽しくWebライターの仕事に取り組めるでしょう。

Webライターに向いている人の例
・読書が好き
・ブログを読んだり書いたりする
・インターネットでいろいろな記事を読む
・子供の頃に作文が得意だった
・仕事で作成した資料や報告書が「分かりやすい」と褒められる

当てはまるものが1つでもある人は、自覚がなくてもWebライターに向いているので、高収入を得られます。

Webライターに向いている人②好奇心に溢れている

好奇心旺盛な人もWebライターに向いていて、収入の高いWebライターを目指せます。

収入の高いWebライターの特徴
・気になったことはとことん調査する
・流行っているものはとりあえず調べてみる

このような性格ならWebライターの仕事を楽しみながら収入を得られるでしょう。
執筆中のジャンルに対して興味を持てるか持てないかは、記事の出来に大きく影響します。
どんなことにでも興味を持って調査できるWebライターは、記事の品質も高くなりやすいです。
詳しく調査されてまとめられた高品質な記事を納品できるWebライターは、クライアントの評価も高くなり高収入につながるでしょう。
好奇心に溢れていて何でも調べてしまう人はWebライターに向いています。

Webライターに向いている人③地味な作業もコツコツこなせる

地味な作業を真面目に続けられるWebライターは収入を上げていくペースも早いです。
「Webライターってスマートでサクッと仕事している感じがする」
「IT業界って華やかで格好良いイメージだから憧れる」
このようなことを想像する方もいるでしょう。
しかし、Webライターは一人で長時間パソコン作業をする地味な作業の積み重ねで成り立っている職業です。

収入の高いWebライターの特徴
・一人で黙々と作業するのが好き
・忍耐強く地味な作業を続けられる

Webライターはパソコンに向かって調査と執筆を繰り返す地味な仕事です。
1記事を完成させるのに数時間、ときには何日もかけて地道に作業をしていきます。
地味な一人作業が苦にならない、真面目にコツコツ仕事をこなせる人はWebライターとして安定した年収を稼ぎ続けられます。

Webライターに向いている人④誰かに教えることが得意

教えることが得意な人もWebライターに向いていて、早い段階で収入アップを狙えます。
Webライターが書く記事の多くは、インターネットで調べ物をする人のためのものです。
検索した結果悩みが解決したり、知りたいことが分かったりすることが読者の目的です。
そのためWebライターは誰にでも分かりやすく物事を解説できる力が必要になります。

収入の高いWebライターの特徴
・仕事で新人教育を担当したことがある
・勉強を人に教えたことがある
・説明が分かりやすいと褒められる
・道案内が得意

知識があっても、それをうまく他者に伝えられない人はたくさんいます。
持っている知識を分かりやすく人に教えられる人はWebライターの素質が高く、短期間で高収入を獲得できるでしょう。

Webライターに向いている人⑤スケジュールをしっかり管理できる

収入が高いWebライターは、スケジュール管理が上手です。
自己管理は社会人として当然のスキルといえますが、フリーランスWebライターでは更に重要になります。
記事の納期遅れやクライアントとの打ち合わせを忘れることは、Webライターとしての信頼を失う重大な失点です。

収入の高いWebライターの特徴
・自己管理は普段からしっかりできている
・計画は前倒しするタイプ、遅れるときも報連相は欠かさない
・スケジュール管理は得意

普段からこのような仕事の取り組み方をしている人は、フリーランスWebライターになっても余裕を持って納期に対応できるでしょう。
管理能力が高いWebライターは年収も高くなります。

Webライターに向いているけど記事が書けるか心配な方に、活躍中の現役Webライターの個別指導が受けられる完全無料のライター講座を開講中です。
「どんな講座なのかな?」と気になった方は以下の記事をどうぞ。
この講座の内容や受講者の口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

未経験から高収入を目指せるWebライターになるメリット

未経験からWebライターになり、収入を得るメリットは以下の4つです。

未経験からWebライターで収入を得るメリット
①副業としてスタートできる
②好きな場所・時間に働ける
③頑張った分だけ収入が上がる
④ライティングスキルや知識が身につく

順にどうぞ。

未経験からWebライターになるメリット①副業としてスタートできる

Webライターは副業収入を得やすい仕事であることが特徴です。
仕事に必要なものはパソコンと通信環境と日本語の読み書きだけで、特別なスキルはいりません。
未経験でもできる仕事も豊富に募集されており、スタートのハードルが低く誰でも副業として取り組みやすいでしょう。
本業をやめる必要がないため、安定した収入を得ながらリスクなしでWebライターにチャレンジできます。
そのまま副業Webライターとして活躍することも、ある程度の年収が得られるようになったらフリーランスWebライターに転身することも可能です。

未経験からWebライターになるメリット②好きな場所・時間に働ける

Webライターになるメリットは自由な働き方と収入の両方をを手に入れられることです。
フリーランスのWebライターは納期を守り、クライアントとの連絡がスムーズに取れれば、いつどこで仕事をしても構いません。
企業に所属するWebライターでも、フレックスタイム制やリモートワークが充実していて、柔軟な働き方ができる職場が増えています。
パソコン1台あればどこでも仕事ができることがWebライターの魅力です。
自宅でもカフェでも仕事ができますし、ワーケーションをしたり、ノマドワーカーにもなれます。
時間や場所に縛られない自由な働き方で収入を得られるWebライターはオススメの仕事です。

未経験からWebライターになるメリット③頑張った分だけ収入が上がる

未経験からWebライターになるメリットとして、努力した分だけ収入が上がることが
あげられます。
フリーランスWebライターは、記事を納品した分だけ収入になります。
企業でも良質な記事を執筆し、売り上げに貢献できるWebライターは評価されて年収がアップします。
Webライターになったばかりの頃は低単価案件が多く、文章を書くのにも時間がかかるため収入は低く抑えられがちです。
しかし、スキルが上がり高単価の記事がたくさん書けるようになれば、Webライターとして高い収入が得られます。

具体的にWebライターが1日に書く文字数が気になった方は、以下の関連記事をご覧ください。
文字数を増やすためのコツや、NGな内容なども紹介しています。

【Webライター】1日の文字数は?収入・文字数を増やすコツなど

未経験からWebライターになるメリット④ライティングスキルや知識が身につく

Webライターのライティングスキルは、いろいろな仕事に応用しやすく収入を上げやすい技能です。
Webライターが日常的に行うリサーチで身につく調査力や、リサーチして得た知識は、記事の作成以外にも使えます。
Webライターは、あるテーマについて調査して、分かりやすく人に伝える文章を書くことが仕事です。
そのために文章の技術を学び、読み手にとって親切な表現かといったことを常に考えながら記事を作成しています。
また、クライアントの意図を上手に汲み取って記事に反映させるなどの高度な文章力も身につきます。
このようなWebライターのスキルは日常生活やほかの仕事でも役立ち、収入アップにつながるでしょう。

未経験から文章力やリサーチ力を身につけてWebライターとして活躍したい方のために、完全無料のWebライター講座を開講中です。
現役のプロライターによる個別指導が受けられます。
気になった方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容やメリット、受講者の口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

未経験から高収入を狙えるWebライターになるデメリット

未経験からWebライターで収入を得るデメリットは以下の3つです。

Webライターで収入を得るデメリット
①はじめのうちは文字単価が低い
②競合相手が多い
③自分の時間を調整する必要がある

未経験からWebライターになるデメリット①始めたては文字単価が低い

Webライターとして活動して最初に驚くことがその収入の低さです。
未経験歓迎の仕事はとくに文字単価が低く1円未満のことが多いです。
未経験者Webライターは執筆にも時間がかかるため、割に合わないことになります。
「こんなに低い収入なのにめちゃくちゃ大変!」
「時給換算したら300円にも満たない…」
と嫌になってやめてしまう方が多いのもWebライターの特徴です。
しかし、ここで諦めずに実績を積みスキルを上げていくことで、高単価案件を獲得できます。
高単価案件が安定して獲得できるようになると月収がアップしていきます。
高収入のWebライターを目指すなら、最初のうちは稼げない修行期間があることを覚悟しておきましょう。

未経験からWebライターになるデメリット②競合相手が多い

Webライターは人気の職業で、競合相手もたくさんいるため最初の収入を手にするまでが大変です。
最近はとくに未経験のWebライターが増えていて、未経験者向けの案件は争奪戦が激しくなっています。
自分の経験をいかした得意ジャンルに特化しても、同じようなWebライターがたくさんいて差別化が難しいです。
高い実績やスキルがあれば周囲に差をつけられますが、未経験Webライターには厳しいでしょう。
競合に打ち勝ち安定した収入を得る実力を身につけるまで、根気強く努力していく必要があります。

未経験からWebライターになるデメリット③自分の時間を調整する必要がある

副業でWebライターをはじめた場合、収入のためにプライベートの時間を使って仕事をしなければなりません。

副業Webライターの仕事状況
・子供が寝た後に仕事をする
・毎朝2時間早起きして仕事をする
・通勤時間にリサーチする

ちょっとしたスキマ時間が休憩時間ではなく仕事の時間になります。
本業や子育てで疲れているときは辛く感じるでしょう。
納期を守るために睡眠時間をけずってWebライターをしなければならない日もでてきます。
収入のためとはいえ、心が休まらずストレスになってしまい、体調を崩してしまう人もいます。
上手な時間管理ができないと、副業Webライターとして安定した収入を続けられません。

少ない時間を効率よく活用し、ライバルに差をつけて早く稼げるようになる完全無料のWebライター講座を開催中です。
現役のWebライターが一人ひとりしっかりと指導するので、未経験の方でも安心。
以下の記事では、講座のメリット、口コミなどを紹介しています。
講座の内容が気になった方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

未経験から高収入Webライターになる3つのステップ

以下の3つのステップで未経験からWebライターとして収入を得ます。

Webライターで収入を得る3ステップ
①クラウドソーシングに登録する
②簡単な案件から応募していく
③継続案件を目標にひたすら続ける

順にどうぞ。

未経験からWebライターになる3ステップ①クラウドソーシングに登録する

Webライターで収入を得るためにまず行うことが、クラウドソーシングへの登録です。
クラウドソーシングとは、業務を外注したい企業や個人とワーカーの間に入るマッチングサービスのことです。

クラウドソーシングでできること
・Webライターの仕事を探す
・仕事の相談・受注・決済
・スキルアップ講座の受講(有料・無料)

未経験のWebライターが自分の力だけで仕事を受注して、収入を得ることはまずできません。
まずはクラウドソーシングで仕事を探しましょう。

クラウドソーシングについて詳しく知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングの口コミ評判や、メリット・デメリットなども紹介しています。

【簡単】クラウドソーシングとは?仕事内容・収入をわかりやすく解説

未経験からWebライターになる3ステップ②簡単な案件から応募していく

クラウドソーシングへの登録が済んだら、簡単なWebライター案件にどんどん応募して収入を得ていきましょう。
未経験のWebライターが最初から高単価案件に応募しても受注できないので、練習として低単価案件の獲得を目指します。

未経験Webライターに適した案件の特徴
・文字単価0.3円~1.0円の案件
・募集人数が多い案件
・「未経験者歓迎」「実績不問」の案件
・「マニュアルあり」「丁寧な指導します」の案件

未経験者Webライター向けの案件であれば、書き方のマニュアルやお手本となる記事見本があるので、同じように書けば簡単に記事が作成できます。
まずは仕事を受注して初収入を手にすることが目標です。
仕事を進める中でクライアントとのやり取りや仕事の進め方、記事の作成にも慣れていきましょう。

未経験からWebライターになる3ステップ③継続案件を目標にひたすら続ける

1つ目の案件が完了して収入を得られたら、Webライターの最初の関門は突破です。
続けていろいろな案件に応募していきましょう。
単価が安くても丁寧に仕事を続けていけばスキルや実績がついてきます。
「最近執筆スピードが上がったな」
「クライアントに記事の出来栄えを褒められた!」
このように実力がついた実感が湧いてきたら、文字単価1.0円以上の継続案件を狙ってみましょう。
高単価の継続案件が獲得できればWebライターとしての収入が安定します。

クラウドソーシングで稼げない期間を短縮したい方に、完全無料のライター講座を開講中です。
プロライターがその人にあった丁寧な指導を行います。
講座の内容やメリットを紹介していますので、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【収入水準は?】Webライターの平均年収

Webライターの平均年収は以下の通りです。
・企業に勤務しているWebライター:平均500万円程度
・フリーランスWebライター:平均260万円~550万円

詳しく知りたいものからどうぞ。

企業に勤めるWebライターの年収

企業に勤めているWebライターは高収入で、年収の相場はおよそ480万円〜550万円です。
企業に勤めているWebライターには種類があります。

Webライターの種類
コピーライター(セールスライター):広告記事の作成やキャッチコピーなどをつける
テクニカルライター:製品の取扱説明書などを作成する

商品の売り上げに貢献する度合いの高いコピーライターの方が年収は高くなります。
稼ぎたいならコピーライターを目指し、売り上げに貢献して収入アップをしましょう。

フリーランスWebライターの年収

フリーランスWebライターの収入は人によって差があり、年収は大きくバラツキます。

フリーランスWebライターの年収
年収
割合
200万円未満
32.0%
200万円~400万円
26.9%
400万円~600万円
21.5%
600万円~800万円
8.2%
800万円~1000万円
5.5%
1000万円~1200万円
2.3%
その他
3.6%

※出典:「フリーランス白書 2019」(文筆系)

フリーランスWebライターのおよそ3人に1人が年収200万円未満となっています。
この調査には副業Webライターも含まれているので、年収低めの層が多いです。
年収400万円〜600万円の会社員と同じレベルで稼いでいるWebライターは21.5%でおよそ5人に1人になっています。
年収800万円以上稼いでる高収入Webライターもいます。
フリーランスWebライターは働き方も多様なので「年収〇〇万円が相場です」と断言できないのですが、優秀なスキルを持つ人が稼げていることは間違いないですね。

「Webライターが目標月収を達成するコツを知りたいな」
このように思った方は、以下の記事をご覧ください。
目標月収別の稼ぎ方・注意点などをご紹介しています。

※Webライター 5万はまだ記事がないのでリンク取得できない

【プロ直伝】Webライターが月10万円を稼ぐ方法!スケジュール・おすすめのクラウドソーシングなど

【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?

稼げるフリーランスWebライターを目指すなら完全無料のWebライター講座がオススメです。
プロのWebライターが丁寧にフォローするため、未経験者の方も最短でスキルアップが可能。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで収入を増やすためのコツ

Webライターが収入を増やすコツは以下の8つです。

Webライター収入アップのコツ
①Webライター用の講座を受講する
②たくさんの記事に目を通す
③ブログを開設する
④得意なジャンルに絞る
⑤SNSで知名度を高める
⑥インタビューや取材のスキルを身につける
⑦実績をもとに単価交渉をする
⑧とにかく継続する

順にどうぞ。

Webライターで収入を増やすコツ①Webライター用の講座を受講する

Webライターで収入を上げるには、勉強してスキルアップしていくことが必須です。
Webライター向けの講座やセミナーに積極的に参加しましょう。
初心者なら未経験者向けのオンラインセミナーや基礎講座がリーズナブルでオススメです。
注意したいのが「すぐに稼げる」とうたって高額な費用を請求する悪質な講座です。
大手が主催しているものや、口コミで評価が高い講座を受けましょう。

「すぐにでもWebライターのスキルをつけたい」という方は、こちらの記事をぜひご覧ください。
14のWebライター講座(スクール)を比較紹介しています。

【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

スキルアップや収入アップを目指す方に、現役のプロライターが教える完全無料のWebライター講座を開講中です。
以下の記事では講座の内容や受講生の口コミを紹介しています。
気になった方はチェックしてみてくださいね。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで収入を増やすコツ②たくさんの記事に目を通す

Webライターとして実力を上げて収入をアップするためには、とにかくたくさんの記事を読むことが効果的です。
検索上位の記事にどんな事が書かれているのか、自分ならどう表現するかWebライターとして考察しながら読みましょう。
興味ある分野のブログやニュース記事は日常的に目を通す習慣をつけることも、Webライターとしてのスキルアップにつながります。
また、良いと思った記事をそのまま書き写す「写経」も文書力アップに役立ちます。
書き写しながら記事のポイントとなる表現を自分のものにしていき、高収入Webライターを目指しましょう。

写経よりも効果的なスキルアップ方法を求めている方に、現役ライターによる完全無料のWebライター講座を開講中です。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
講座内容を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで収入を増やすコツ③ブログを開設する

自分のブログを開設することもWebライターのスキルアップになり、高収入につながります。
Webライターの仕事をしていると「WordPress」を使ってブログ記事を書くこともでてくるでしょう。
実際に自分でWordPressを使ってブログを作ることで、Webライターに必須のサイト設計やSEOの実践的な知識が身につきます。
作ったブログはWebライターの実績として評価されますし、ブログから広告収入がはいります。
1つも案件を取ったことのない未経験Webライターでも、ブログを実績として提示すれば最初から高単価案件を獲得することも可能です。

プロライターの指導を受けながらブログの書き方が学べる完全無料のライター講座を開講中です。気になった方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。
講座の内容や受講生の口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで収入を増やすコツ④得意なジャンルに絞る

Webライターで高収入を目指すなら、専門性を高めましょう。
特定のジャンルに絞って記事を書き続けることでWebライターとしての専門性が高まり、単価が高い記事を執筆できるようになります。
関連する資格をとることも有効です。
なお、Webライターとして収入を上げたいなら、得意ジャンルを絞りすぎるのもよくないという意見もあります。
Webライターの書く記事は「自分が好きなこと」ではなく「読者が知りたいこと」です。
自分が書きたいジャンルにこだわりすぎるのはよくありません。
最低でも受注できるジャンルを2〜3個持っている方がWebライター収入も安定するでしょう。

Webライターで収入を増やすコツ⑤SNSで知名度を高める

Webライターで収入を増やすならSNSで発信をしてみましょう。
同じWebライターとつながることで情報交換もできます。
スキルや実績のアピールもでき、SNSでWebライターの仕事を受注することもできます。
また、SNSのフォロワーを増やして知名度を上げることで、高収入のWebライターを狙えます。
クライアントはサイトの記事で集客するので、読者を連れてきてくれるWebライターに仕事を依頼したいと考えています。
知名度の高いWebライターの記事は読者が付きやすく、SNSで記事の拡散もできるため価格交渉に有利で、収入を上げやすいです。
クライアントもネットでの影響力が高いWebライターには報酬を惜しみません。
Webライターとして、仕事のことやライティングについて積極的に発信していきましょう。

Webライターで収入を増やすコツ⑥インタビューや取材のスキルを身につける

インタビューや取材ができるWebライターも収入が高くなります。
実際に人や企業を取材して書かれた記事は、リサーチ記事とは情報のリアルさや説得力が段違いです。
そのためインタビューや取材ができるWebライターは重宝されます。
インタビューや取材にはリサーチライティングとは違った知識が必要になりますが、記事の単価は高くなりやすいです。
取材記事を書くことによってWebライターとしての幅も生まれ、収入も上げやすくなるでしょう。

Webライターで収入を増やすコツ⑦実績をもとに単価交渉をする

Webライターの収入を上げるためには単価交渉が必須です。
しかし、クライアントも予算を抑えたいので、Webライターがただ「単価を上げてほしい」と交渉してもうまくいきません。

Webライターの単価交渉のコツ
・ほかのWebライターよりSEOに強い記事を書く
・納品の量を増やしたり納期を短縮する
・関連する資格や実体験を持ち、説得力のある記事を書く

クライアントに「それならもう少し高くてもいいかな」と思えるようなメリットを提示して、単価交渉をしていきましょう。
収入の高いWebライターになるには、上手に単価交渉をしていく営業力も必要です。

Webライターで収入を増やすコツ⑧とにかく継続する

Webライターで収入を増やし高年収になるためには、継続することが何より重要です。
未経験者のうちは足りなかったスキルや経験は、継続しているうちに身についていきます。
Webライターは一人で仕事をする上に地味な作業の連続なので、ほかの仕事より継続に努力が必要で、収入を上げるには忍耐強く仕事を続けます。
継続が難しいということは、続けてさえいればライバルが勝手に脱落してくれるというメリットもあります。
まずは食べていけるだけの収入を得ることを目標に1年間、諦めずにWebライターを継続してみましょう。

Webライターで収入を増やす最大のコツは、適切な指導を受けることです。
プロライターによる個別指導が受けられる完全無料のライター講座を開講中です。
講座の内容が気になる方は、以下の記事をチェックしてくださいね。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

Webライターで初収入を得るのにおすすめのクラウドソーシング

Webライターで稼いで収入を得るのに適しているクラウドソーシングは以下の2つです。

おすすめのクラウドソーシング
・ランサーズ
・クラウドワークス

未経験者は両方のサイトに登録して、Webライターの案件にどんどん応募しましょう。

ランサーズ

ランサーズは利用者満足度No.1の大手クラウドソーシングサイトで、多くの未経験者Webライターが副業収入を手にしています。
フリーランスWebライターや副業Webライターで仕事を探している人にむけて、たくさんの仕事の依頼があります。
未経験者へのサポートも充実しています。
条件を設定して案件を検索できるので希望の仕事がかならず見つかるでしょう。

ランサーズについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

クラウドワークス

クラウドワークスは国内シェアNo.1を誇るクラウドソーシングサイトで、副業収入を手にするのに適したWebライターの案件も豊富にあります。
案件権の種類と量はクラウドソーシングの中でも最大級になります。
未経験者Webライター歓迎の案件も豊富です。
サイト内にはオンラインコミュニティ「クラウドカレッジ」があり、Webライターのスキルを身につけることができます。

クラウドワークスについてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
利用者の口コミやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや、登録する際の注意点なども紹介しています。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

クラウドソーシングで稼げるか不安な方に、完全無料のWebライター講座を開催中です。
現役のプロライターの丁寧なフォローで、誰でも稼げるWebライターにスキルアップできます。
講座の内容が気になる方は以下の記事をチェックしてくださいね。
当講座のメリットや受講者の口コミを紹介しています。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

【まとめ】Webライター未経験者が高収入を稼ぐ方法をおさえてWebライターデビューを叶えよう!

・Webライターはネット上にあるいろいろな記事を書いて収入を得る仕事で、スキル不要で副業からはじめられる
・Webライターに向いている人の特徴は、文章に触れるのが好き・地味な仕事をコツコツできる・人に教えるのが好きなどが当てはまると高収入Webライターを目指せる
・Webライターとして高収入を稼ぐコツは、実績を積む・スキルや専門性を身につける・とにかく継続する

Webライターは誰でも簡単にはじめられて自由な働き方で収入が得られます。
しかし、高収入のWebライターがいる一方で、高単価の仕事がなく稼げないWebライターが多いという実情があります。
未経験者Webライターが安定した収入を得て稼げるWebライターになるまでには、地道な努力を続ける必要があります。
1日も早く高収入のWebライターになりたいなら、Webライター講座を受講して効率よくスキルアップをしていきましょう。

優良クライアントの案件を獲得でき、着実にスキルアップできる完全無料のWebライター講座を開催中です。
プロのWebライターが一人ひとりしっかりフォローするので、未経験者の方も安心。
以下の記事では、受講者が語る当Webライター講座の口コミを紹介しています。
実情を知りたい方はお気軽にどうぞ。

ライター初心者必見!藤崎の無料WEBライター講座を解説

主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスがやばい理由
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次