【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

この記事は6分で読めます

本当にwebライターで月収20万円を稼ぐことはできるのか?
このように思っている人が多くいるのではないかと思います。
webライターで稼げるようになったら、webライターで生活できることを目指していきたいと考えていきますよね?
そこで今回は、webライターで20万円を稼ぐ方法をご紹介していきたいと思います。
どこに注意すればいいのか、どうすれば稼げるようになるのかをまとめています。
月収20万円を稼ぐライターを目指している人のお役に立てて欲しいです。
では最後までご覧くださいね。

目次

月収20万円を稼げないWebライターの特徴

webライターで月収20万円を稼ぐことは結構大変になります。
ここでは月収20万円をを稼げないwebライターの特徴を書いていきたいと思います。

月収20万円を稼げないWebライターの特徴①セルフブランディングが不十分

月収20万円を稼げないwebライターの特徴①はセルフブランディングが不十分なことがあげられます。
webライターはたくさんいますので仕事を取るためにはセルフブランディングが必要です。
この人に仕事を依頼したいと思ってもらえなければならないので、そのためにはプロフィールを充実させることが大事です。
プロフィールを読んで選んでもらえるようでなければ仕事をもらうことは難しいでしょう。
自分のプロフィールに自信がなければと稼げている人のプロフィールを見比べてみてもいいと思います。
何が足りないかがわかると思います。

月収20万円を稼げないWebライターの特徴②効率の悪い案件を抱えている

月収20万円を稼げないライターの特徴②は効率の悪い案件を抱えることです。
文字だけではなく、画像や文字装飾を多く入れて欲しいという記事になれば文字だけの記事よりも効率は悪くなってしまいます。
同じ文字単価であれば文字のみの記事に応募してみるのもいいと思います。
同じ文字単価で作業範囲が少なくなれば効率よく稼ぐことが出来ます。

月収20万円を稼げないWebライターの特徴③クラウドソーシングしか利用していない

月収20万円を稼げないwebライターの特徴③はクラウドソーシングしか利用していないことです。
初心者webライターはクラウドソーシングの利用から始めていくのがいいと思いますが、月収20万円を稼げるようになるにはクラウドソーシングだけでは難しくなっていきます。
競争率が高く単価相場が低いことが原因だと思います。
初めからうまくいくとは限りませんが自分で営業を行い仕事をもらうことで、単価も上がり営業力も身に付いていきます。
クラウドソーシングで実績を積み上げてそのあとは他の方法で仕事を取れるようになれば収入を上げられるようになっていきます。

Webライターで月収20万円を目指す方法

webライターで月収20万円を稼ぐ方法を10ご紹介していきたいと思います。

月収20万円を目指す方法①月収20万円の数式から逆算する

webライターで月収20万を稼ぐ方法の①は月収20万円の数式から逆算するです。
月収20万円を数式にすることでどうすればいいのかが明確になっていきます。
webライターの収入の数式は次のようになります。
文字単価×文字数×記事数=収入で計算することが出来ます。
文字単価2.0円×5000文字×20記事=20万円ということになります。
具体的にWebライターが1日に書く文字数が気になった方は、以下の関連記事をご覧ください。
文字数を増やすためのコツや、NGな内容なども紹介しています。
関連記事

月収20万円を目指す方法②ブログを開設する

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の②はブログを開設することです。
webライターとして記事を書けるようになれば自分でブログを開設することも出来るということになります。
Wordpressを使いブログを開設して、記事を書きそれがGoogle検索で上位表示されるようになれば自身のポートフォリオとして使うことが出来ます。
文章力があったとしてもブログを開設してる人に比べて文字単価を上げずらいということもあります。
ブログの運営を行うことでクライアントからの評価を得ることもできます。

月収20万円を目指す方法③Webライティングを勉強する

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の③はライティングを勉強することです。
webライターで月収20万円を稼ぐにはwebライティングスキルは必要です。
スキルが低いと単価を上げることも難しいですのでしっかりと勉強しましょう。
webライティングスキルとはわかりやすい文章を作り簡潔にまとめる力、SEOの知識を付けGoogle検索に選ばれるライティングになります。
初めから全部ができるようにはなりませんが、稼げるようになりたいなら勉強は必須になります。
Webライティングを勉強するにあたって、Webライター講座を検討している方は、以下の関連記事をご覧ください。
関連記事

月収20万円を目指す方法④記事を書いてポートフォリオを作る

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の④は記事を書いてポートフォリオを作ることです。
②でブログを開設することを書いていますがここではブログを更新してクライアントに見せられるポートフォリオを作ることをおすすめします。
1つや2つの記事では少ないので5記事ほど書けばよいと思います。
書くジャンルは何でもいいと思いますが自分の好きなことや興味のあるものを記事にすれば書きやすいでしょう。
ブログは収益にも繋がりますし、スキルアップにもなりますのでやってみましょう。

月収20万円を目指す方法⑤文字単価1.0円以上の案件を持つ

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑤は文字単価1.0円以上の案件を持つことです。
それは1.0円未満で月収20万円を稼ぐことはとても難しい事だからです。
初めから1.0円の案件をもらうことはできないかもしれませんが、一つでも記事を書きwebライターとしての仕事をしたら次からは実績がありますので1.0円以上の案件でお仕事することも出来るようになります。

月収20万円を目指す方法⑥継続案件を選ぶ

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑥は継続案件を選ぶことです。
webライターの仕事には1回きりの単発案件と1ヶ月に数本の記事を書く継続案件があります。
継続案件の場合は記事の書き方やジャンルも同じになるので記事を書く時間を短縮していくことが出来ます。
単発案件で受けてしまうと次々に応募して行かなくてはならないので効率が悪く記事を書く時間も長くなってしまいます。
継続案件の方が安定した収入を得られるようになるので、いいと思います。

月収20万円を目指す方法⑦得意ジャンルに絞って書く

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑦は得意ジャンルに絞って書くことです。
ライティングの仕事には様々なジャンルがあります。
様々なジャンルの中から自分の好きなジャンルを選ぶことによって記事を書くためのリサーチ時間やライティングの時間を短縮することもできます。
まずは色々なジャンルで記事を書いていき、その中で自分の得意ジャンルや好きなジャンルを見つけていけばいいと思います。
初めから得意なジャンルはわからないと思うのでどんどんチャレンジしていきましょう。

月収20万円を目指す方法⑧クライアントと直接契約をする

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑧はクライアントと直接契約をすることです。
直接契約とはクライアントから自分の銀行口座に直接報酬を支払ってもらうことを言います。
クラウドソーシングを通すとシステム手数料を引かれます。
直接報酬を支払ってもらうことで手数料をカットすることが出来るので報酬を増やすことができます。
どんなクラウドソーシングサービスがあるか気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
関連記事

月収20万円を目指す方法⑨時給を意識する

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑨は時給を意識することです。
記事一本を仕上げるのに時間をかけすぎてしまうと時給が低くなってしまいます。
なので自分が記事一本仕上げるのに何時間かかるのかを意識しながら進めて行くことも大事です。
記事を書きながらチェックしていくとなかなか完成しないので、まずは記事を最後まで完成させて、そのあとにチェックしましょう。
そうすることで時間の短縮になり時給換算しても低くなりずらいです。

月収20万円を目指す方法⑩稼働時間を確保する

webライターで月収20万円を稼ぐ方法の⑩は稼働時間を確保することです。
専業のwebライターであれば時間の確保は難しくないと思いますが、副業のwebライターの場合は時間を確保するのが難しくなるでしょう。
この時間の確保が出来れば月収20万円を稼ぐことことも出来るようになります。
出勤前に早起きして1時間執筆するとか、帰宅後に就寝までの時間を執筆にあてることで確保できるでしょう。
その時間がなかなか取れないようなら休日を執筆にあてるのがいいでしょう。
そうすることで時間の確保も可能になります。
自分に合った時間の確保の仕方を見つけましょう。

Webライターで月収20万円を達成するための作業時間

webライターで月収20万円を稼ぐためにはどのくらいの作業時間が必要になるのでしょうか?
1時間に2000文字の記事を書けるようになれば5時間で10000文字になります。
20日で20万円を稼ぐことができます。
1日5時間労働を月に20日、100時間になります。
こんなに簡単には行かないかもしれませんが、これくらいの作業時間は最低でも必要です。

Webライターで月収20万円を稼ぐ注意点

webライターで月収20万円を稼ぐ注意点を3ご紹介したいと思います。
この3点を注意していけば、月収20万円を稼ぐことができると思います。

月収20万円を稼ぐ注意点①安い案件を受けない

webライターで月収20万円を稼ぐ注意点の①は安い案件を受けないです。
安い案件を受けると時間ばかりがかかりとても非効率になります。
受ける案件が増えてきたらできるだけ安い案件は受けないようにしましょう。
そうすることで効率的になり稼ぎやすくなっていきます。

月収20万円を稼ぐ注意点②営業の努力を怠らない

webライターで月収20万円を稼ぐ注意点②は営業の努力を怠らないです。
webライターの多くはクラウドソーシングでクライアントに応募して受注して納品しています。
その仕事がきちんと完了したのであれば、クライアントに積極的に営業していきましょう。
お仕事がクライアントに認められていれば継続して仕事をもらえることもあります。
単発で受けたお仕事だとしてもその後もお仕事をもらえれば継続案件につなげることも出来るでしょう。

月収20万円を稼ぐ注意点③自己管理を怠らない

webライターで月収20万円を稼ぐ注意点③は自己管理を怠らないです。
webライターという仕事は一人で好きな時間にできるというメリットもありますが時間があるからいつでもできるという気持ちにもなりやすく自己管理できない人だとダラダラ仕事をしてしまうというデメリットもあります。
パソコンに向かっているのでネットサーフィンしたり、ゲームしたりと誘惑がたくさんあります。
そこを自己管理できれば月収20万円を稼ぐwebライターになることが出来るでしょう。

Webライターで月収20万円を目指すのにおすすめのクラウドソーシング

webライターで月収20万円を稼ぐためにはクラウドソーシングに登録するのがいいでしょう。
ここではランサーズとクラウドワークスをご紹介していきます。
どちらも初心者ライターでも受けられる案件がたくさんあります。

ランサーズ

ランサーズはクライアントの質が良いところがおすすめです。
幅広い案件を取り扱っていますので初心者でも受けやすく簡単に稼ぐことができます。
たくさん稼ぐことは難しいのでまずはwebライターを始めてみたいと思った方は登録してみてはいかがでしょうか?
ランサーズ 関連記事 

クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングサービスです。
国内シェア・取引額も国内No1です。
クラウドワークスは稼ぐことは可能ですが、稼げるようになるには少し時間がかかります。
地道に続けることによって稼ぐことが出来るようになります。
クラウドワークス 関連記事 
ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングサービスについて 関連記事 

【まとめ】Webライターが月20万円を稼ぐ方法を活かしてWebライターとして食べていけるようになろう!

webライターが月収20万円を稼ぐ方法を活かしてwebライターとして食べていけるようになることは可能です。
もちろん簡単なことではありません。
しかし継続して続けることが出来れば決して難しい事ではありません。
上記で書いてきたことに注意して、案件をこなしていくことで少しづつ稼げるようになっていけるでしょう。
短時間ですぐに稼ぐということはできませんが、地道な作業を続けることによってスキルを上げ文字単価を上げることが出来れば月収20万円を稼げるwebライターになれるでしょう。
webライターは誰でもすぐに資金も少なく始めることが出来る仕事です。
この記事をを読んでやってみようと思ってもらえれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 個別塾SS-1 口コミ評判
  2. 藤崎の子供が通う小学校、幼稚園についてのイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次