【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?

この記事は10分で読めます

Webライターで月収50万円稼ぐ事はできるのか?本当にそんなに稼げるの?と思ってる方いらっしゃると思います。
この記事では月収50万円稼ぐ方法を詳しく説明していきたいと思います。
最後までご覧下さい。
本記事の概要
・Webライターで月収50万円稼ぐことはできるのか?
・Webライターで月収50万円稼げる人の特徴は?
・Webライターで月収50万円稼ぐためには何に気を付ければいいのか?
・Webライターで月収50万円稼ぐ際によくある質問に答えます

目次

月収50万円を稼げる「Webライター」とは?

Webライターとはいったいどんな仕事なんだろうと思っている人もいますよね。
ここではWebライターについてご紹介していきたいと思います。

Webライターの仕事内容は?

WebライターとはWebサイトにて記事を作成する仕事です。
資格や経験がなくてもWebライターを始めることは誰にでもできます。
働き方は企業に所属するかフリーランスで行うかの2種類に分けられます。
フリーランスで働けるのがWebライターの魅力だと思います。

Webライターの収入目安は?

Webライターの収入の目安は下記の様になります。
●初心者 文字単価0.2~0.5円前後
●中級者 文字単価0.6~1.5円前後
●上級者 文字単価2.0円~
文字単価1.5円で3,000文字の記事を書きあげれば1記事で4,500円の収入になります。

具体的にWebライターが1日に書く文字数が気になった方は、以下の関連記事をご覧ください。
文字数を増やすためのコツや、NGな内容なども紹介しています。
>>Webライターが1日で書く文字数は?

Webライターのメリット・デメリットは?

Webライターのメリットデメリットを挙げていきたいと思います。

メリット デメリット
●未経験でもなれる
●時間や場所を自由に決められる
●趣味や得意なものを活かせる
●初めは稼げなくツラく感じる
●稼げる額は限界がある

月収50万円稼げるWebライターの特徴

稼げるWebライターの特徴は下記の3つが挙げられます。
ここではその3つの特徴を説明していきたいと思います。
①Webライターに必要な知識や経験が豊富
②前向きに取り組める
③案件の取り方・切り方がうまい

月収50万円稼げるWebライターの特徴①Webライターに必要な知識や経験が豊富

月収50万円稼げるWebライターの特徴①Webライターに必要な知識や経験が豊富なことです。
知識や経験の違いがWebライターで稼げるか稼げないかが変わってきます。
Webライティングの記事はGoogle検索で上位になることが大事になります。
そこでSEO対策の知識と経験が重要になっていきます。
SEO対策はGoogle検索で上位にさせるために必要な技術ですので、持っていることで案件を受けやすくなると思います。

Webライティングを勉強するにあたって、Webライター講座を検討している方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座受講のメリット・デメリット、選ぶコツなども紹介しています。
>>Webライター講座受講のメリットデメリット

月収50万円稼げるWebライターの特徴②前向きに取り組める

月収50万円稼げるWebライターの特徴②は前向きに取り組めることです。
もし知識や経験が少なくても前向きに取り組み、学ぶ意欲のある人は稼げる可能性が高いです。
SEOの知識は勉強することで身に付けることも可能ですので、最初は知識がなくとも問題ありません。
知識よりもクライアントの意図を汲み取ったり、勉強することの方が大事だと思います。
いくら知識や経験があってもクライアントに歩み寄る姿勢がない人は稼ぐことが難しいでしょう。

月収50万円稼げるWebライターの特徴③案件の取り方・切り方がうまい

月収50万円稼げるWebライターの特徴③は案件の取り方・切り方がうまいことです。
案件の取り方や切り方は稼げるWebライターになるためにはとても重要です。
単価交渉も案件の取り方や切り方が大事になってきます。
案件の取り方がうまいWebライターはけいけんが浅くても単価の高い案件に応募しています。
単価が高いとハードルが高そうに感じますが、そうでもないのです。
そして案件の切り方がうまいWebライターは今よりも高い案件を受けられてから、案件を切ります。
そうすることでどんどん高い案件を受けることができるようになります。
高い案件を取れるかどうかはその時のタイミングや運もあるでしょう。
なので単価が高いと尻込みすることなくどんどん応募して行くことで受けられることもあります。

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法は4つあります。
①設備や環境を整える
②ブログを開設して実績を作る
③クラウドソーシングに登録する
④プロフィールや提案文を作る
この4つの方法を説明していきたいと思います。

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法①設備や環境を整える

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法①設備や環境を整えることです。
Webライターを始めるときに特別な道具や設備は必要ありません。
とりあえずパソコンとインターネットの環境があれば誰でも始められます。
ライティングではテキストでの作業になるのでパソコンのスペックは高くなくても大丈夫です。
インターネットの環境もプライベートでストレスを感じないレベルであれば問題ありません。

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法②ブログを開設して実績を作る

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法②はブログを開設して実績を作ることです。
未経験の時には実績がないので記事が書けるかどうかをクライアントに示すことができません。
そこで自分の実績を作るために自身のブログを立ち上げてSEOを意識した記事を書いていきましょう。
そうすることで応募するときに自身のブログを実績として示すことができます。
自身のブログで記事を書く練習にもなるので開設することをおすすめします。

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法③クラウドソーシングに登録する

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法③はクラウドソーシングに登録することです。
クラウドソーシングとは仕事を発注する人と、受注したい人とがやり取りをするマッチングサービスです。
Webライターのお仕事を探すときはクラウドソーシングに登録するのが一番だと思います。
いきなり企業に営業をかけたとしても未経験だと案件をもらうことはできないでしょう。
未経験からWebライターを始めるときはクラウドソーシングに登録した方がいいです。

どんなクラウドソーシングサービスがあるか気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや、登録する際の注意点なども紹介しています。
>>Webライターにおすすめのクラウドソーシング

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法④プロフィールや提案文を作る

未経験から月収50万稼げるWebライターを目指す方法④はプロフィールや提案文を作ることです。
クラウドソーシングに登録したら、まずはプロフィールや提案文を作りましょう。
自分のことをアピールするにはプロフィールや提案文をしっかりと作りこむことが必要です。
提案文はテンプレートを作り使いまわることも出来ますが、募集する案件に合わせて手直しして使うといいでしょう。

Webライターで月50万円を稼ぐための仕事量は?

Webライターで月50万円を稼ぐための仕事量はかなり大変だと思います。
できないことはないと思いますが、相当覚悟がいるでしょう。
簡単にパッと稼げることはありません。

クラウドソーシング

Webライターで月50万円を稼ぐためにクラウドソーシングを使うとどうでしょうか。
クラウドソーシングでは手数料が引かれますので、手取りで50万円稼ぐことはかなり難しいです。
文字単価の高い物案件を受けられれば稼ぐことも可能だと思いますが、相当大変なことだと思います。
ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングを始める方法や、注意点なども紹介しています。
>>クラウドソーシングを始めるにはこちら

直接依頼

Webライターで月50万円を稼ぐために直接依頼することも大事になります。
直接依頼の方が高単価で受けることができるので、50万円稼ぐには必要でしょう。
実績がないと直接依頼を受けるのは大変ですのでまずは実績を積みながら直接依頼を進めるのがいいでしょう。
>>webライター 10万
>>webライター 20万
>>webライター 30万
>>webライター 40万

Webライターとして月収50万円稼ぐ方法

Webライターとして月収50万円稼ぐ方法として下記の9つがあります。
この9つの方法を説明していきたいと思います。
①SEOの知識を身につける
②クラウドソーシングで実績を作る
③続けられそうな案件を選ぶ
④ポートフォリオを作成する
⑤複数の案件に応募する
⑥クライアントに貢献する
⑦得意ジャンルで営業をかける
⑧直接案件で価格交渉する
⑨新しい分野に挑戦する

月収50万稼ぐ方法①SEOの知識を身につける

Webライターで月収50万円稼ぐ方法①はSEOの知識を身につけることです。
Web上で公開する記事である限りGoogle検索で上位になることがとても重要になります。
SEOの知識を身に付けることによって色々な案件を受けられる可能性が増えていきます。
どんな記事を書く際にもSEOの知識を求められるので身に付けておくことが稼ぐ方法として大事です。

月収50万稼ぐ方法②クラウドソーシングで実績を作る

月収50万稼ぐ方法②はクラウドソーシングで実績を作ることです。
まずはクラウドソーシングに登録をして実績を作ることが大事です。
クライアントに選んでもらうにも実績がないwebライターではなかなか案件を受けることができないからです。
短期で時間のかからない案件を選び、数をこなし評価をもらうことによって実績を作ることができます。
ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングで収入をアップさせる方法や、よくある質問なども紹介しています。
>>クラウドソーシングで収入をアップさせるにはこちら

月収50万稼ぐ方法③続けられそうな案件を選ぶ

月収50万稼ぐ方法③は続けられそうな案件を選ぶことです。
案件を選ぶ際は自分が得意なジャンルや内容を選ぶと、継続することができて、結果稼ぐことにつなげることができます。
文字単価が高くても苦手分野のジャンルを選んでしまうと、時間もかかってしまい記事を書くこと自体もいやになってしまい続けられなくなってしまいます。
好きなものばかりを選ぶのは難しいですが、少しでも自分が興味のあるものを選ぶことによって長続きさせることができます。

月収50万稼ぐ方法④ポートフォリオを作成する

月収50万稼ぐ方法④はポートフォリオを作成することです。
ポートフォリオとは自分が過去に書いた記事のURLや自分の得意ジャンル・プロフィールをまとめたもののことを言います。
ポートフォリオを作成することにより、自分をアピールすることができ、営業を行うときにも有利になります。
クラウドソーシングでは手数料を取られてしまいます。
企業と直接やり取り出来れば手数料をカットすることができ、稼ぎやすくなります。

月収50万稼ぐ方法⑤複数の案件に応募する

月収50万稼ぐ方法⑤は複数の案件に応募することです。
案件には複数、応募しましょう。
例えば30件応募したとしても初心者のWebライターであれば1,2件採用になるくらいです。
それだけ採用になるのは難しいので「たくさん仕事が決まったら…」などとは気にせず複数に応募しましょう。
悪質クライアントの見極め方を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
悪質クライアントに対する口コミ評判や、具体的な対処法なども紹介しています。
>>悪質クライアントに対する口コミ評判を知りたい方はこちら

月収50万稼ぐ方法⑥クライアントに貢献する

月収50万稼ぐ方法⑥はクライアントに貢献することです。
案件をいただいたら、クライアントには貢献しましょう。
仕事を完成させるのは当たり前ですが、単価が低いお仕事でもやっつけ仕事のような記事ではクライアントからの信頼を勝ち取ることはできません。
なので時給や単価を気にすることは大事ですが、初めからそこばかりを気にするのではなく、クライアントに貢献することで自分の実績につなげていきましょう。
そうすることで継続的に案件をいただけたり、単価の交渉もしやすくなると思います。

月収50万稼ぐ方法⑦得意ジャンルで営業をかける

月収50万稼ぐ方法⑦は得意ジャンルで営業をかけることです。
営業の仕方は得意ジャンルの企業のホームページを数10か所ピックアップして、企業のホームページのお問い合わせフォームから営業をかけて行きます。
自分のポートフォリオをを示して、「貴社の記事作成の仕事がしたい!」ということを伝えていきましょう。

月収50万稼ぐ方法⑧直接案件で価格交渉する

月収50万稼ぐ方法⑧は直接案件で価格交渉することです。
直接案件がもらえたら2ヶ月ほどしてから価格交渉をしてみましょう。
価格交渉を行い記事単価や文字単価があげることができたら月収も増やすことができます。
価格交渉もやり方がありますので、頑張って挑戦してみましょう。

月収50万稼ぐ方法⑨新しい分野に挑戦する

月収50万稼ぐ方法⑨は新しい分野に挑戦することです。
クライアントから同じような案件を継続して受けていると、違うジャンルの案件もお願いされることがあります。
その時には断らず、挑戦してみましょう。
苦手ジャンルの案件だったとしてもそこで取り組むことによって、受けられる案件を増やせるきっかけになるかもしれません。
柔軟に対応することでクライアントからの信頼もつかむことができ、さらに案件を受けられたり、単価を上げてもらうことができるかもしれません。

Webライターで月収50万円稼ぐために気をつけること

Webライターで月収50万円稼ぐために気をつけることは下記の3つになります。
①フィードバックは素直に受け入れる
②効率の良さにこだわりすぎない
③独りよがりにならない

月収50万円稼ぐために気をつけること①フィードバックは素直に受け入れる

月収50万円稼ぐために気をつけること①はフィードバックは素直に受け入れることです。
人に指摘をされるのは嫌だと思いますが、フィードバックを素直に聞き入れることができなければ仕事がスムーズに進んでいきません。
そうするとクライアントにも使いずらい人と思われてしまい本契約に進めないこともあると思います。
初心者のうちは素直にフィードバックを受け入れることでクライアントからの信頼を得ましょう。

月収50万円稼ぐために気をつけること②効率の良さにこだわりすぎない

月収50万円稼ぐために気をつけること②は効率の良さにこだわりすぎないことです。
初心者のうちに効率にこだわってしまうと質の低い記事になってしまう恐れがあります。
そうするとクライアント側は早かろう悪かろうの記事しか書いてもらえないと思い、継続案件を受けることができなくなってしまう可能性が出てきます。
効率よく書けることが一番いいと思いますが初心者のうちはそればかりを追求せずに、質の高い記事を書くことを目指して頑張りましょう。

月収50万円稼ぐために気をつけること③独りよがりにならない

月収50万円稼ぐために気をつけること③は独りよがりにならないことです。
顔の見えない相手との文字だけのやり取りになりますので、自分の独りよがりな仕事にならないように気を付けましょう。
やり取りの際にはクライアントに信頼してもらえるように心がけましょう。
連絡や修正はできるだけ早くし、納期は絶対に守るようにしましょう。
クラウドワークスで稼げない理由を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドワークスで稼ぐコツや、リアルな口コミ評判なども紹介しています
>>クラウドワークスで稼げない理由を知りたい方はこちら
ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
ニートや無職にクラウドソーシングがおすすめな理由や、おすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。
>>ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方はこちら
大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングの始め方や、大学生におすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。
>>大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方はこちら

Webライターで50万円稼ぐ際によくある質問

Webライターで50万円稼ぐ際によくある質問を下記に挙げてみました。
こちらを参考にWebライターという仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

Webライターだけで月収50万円は無理?

Webライターだけで月収50万円稼ぐのは不可能だと思います。
これまでWebライターで月収50万円稼ぐ方法を述べてきました。
ただWebライターのみでは難しくてもライティングに関わる仕事を行うことで月収50万円稼ぐことも可能になっていきます。
その仕事の種類としてWebディレクター・LP運用・広告運用があります。
これらの仕事に関わって月収50万円を目指して頑張りましょう。

Webライターとしてスキルアップすると得られる仕事は?

スキルアップすることでWebディレクションやコンサルタントの仕事を受けることもあります。
これらの仕事を受けられるようになることで収入を増やすことができるようになります。

Webライターでの最初の文字単価は?

Webライターでの最初の文字単価は0.2~0.5円前後が多いと思います。
初めから1円以上の文字単価になることもあるようですがクラウドソーシングを利用して受注する場合は低単価の案件が多いと思います。

Webライターで文字単価が上がるきっかけは?

案件を継続していくことで自ら文字単価の交渉をして、上げられることがあります。
企業の方から提案してくれることもあります。

月収50万円を稼ぐためにおすすめのサイトは?

Wantedlyはライターの募集もたくさんあるので登録してみるといいかもしれません。
Twitterで発信することで企業から単発のお仕事をいただけることもあります。

Webライターにおすすめの資格は?

Webライターにおすすめの資格は特にありません。
Webライターは誰にでも始められる仕事ですので未経験で無資格でも始めることができます。
慣れれば誰にでもできる仕事なので気軽に始めることができるのが魅力です。
Webライティングの資格を取るために、Webライター講座の受講を考えている方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターの資格を取得できる講座や、 Webライター講座を選ぶ際のポイントなども紹介しています。
>>Webライティングの資格を知りたい方はこちら

文章を書くのが苦手でも大丈夫?

文章を書くことが苦手でもWebライターになることはできます。
書くことよりもリサーチすることの方が大事になります。
リサーチしたことをうまくまとめることができれば、それで大丈夫です。
Webライティングのスキルアップを図るために、Webライター講座の受講を考えている方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座の受講と独学それぞれのメリット・デメリットや、Webライター講座の比較なども紹介しています。
>>Webライター講座の受講を考えている方はこちら

稼げるまでにどのくらいかかる?

どれくらい稼ぎたいかにもよると思いますが、副業で5~10万円であれば2~3ヶ月で稼げるようになる人もいます。
本業にするにはもう少し時間もかかると思います。

会社にバレないようにできる?

会社にバレないようにすることは可能です。
税金の納付の方法で会社にわからないようにすることができます。
特別徴収という方法で支払うことで会社にはバレないようにできます。

女性でもWEBライターとして稼げる?

Webライターは性別に関係なく稼ぐことができます。
まとまった時間が取れない子育て中のママでもスキマ時間を使ってWebライターになれます。
記事のジャンルも色々あるので主婦やママ向けのジャンルもあります。
ママでも生活費を稼げるWebライターになることは可能です。

【まとめ】Webライターで月収50万円稼ぐ方法をおさえて稼げる一流ライターを目指そう!

本記事のまとめ
・Webライターで月収50万円稼ぐことはできるのか?
・Webライターで月収50万円稼げる人の特徴は?
・Webライターで月収50万円稼ぐためには何に気を付ければいいのか?
・Webライターで月収50万円稼ぐ際によくある質問に答えます
Webライターのみで月収50万円稼ぐというのはかなり大変なことです。
しかしWebライターだけでなくWebライターに関係した仕事に関わっていくことで月収50万円稼ぐことに近づけることはできます。
月収50万円を目指してWebライターを始めることはおすすめです。
継続することで月収も増やすことができますし、目標を高く持つことでスキルアップや営業を行い仕事の幅を広げていくことができます。
月収50万円稼ぐ方法をおさえることで稼げる一流ライターを目指していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスがやばい理由
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次