月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

この記事は9分で読めます

「Webライターで月収30万円稼ぐには、どうしたらいいんだろ?」

このように思っている人は多くいるのではないかと思います。
この記事では、Webライターで月収30万円稼ぐ方法を紹介していきます。
月収30万稼ぐことができれば一般の企業で就労しているのと大差ありません。
Webライターを副業として兼業する人もいますが、月収30万円稼げれば十分本業になるのではないでしょうか。
月収30万円稼ぐWebライターを目指している人のお役に立てればと思いますので最後までご覧ください。

目次

そもそもWebライターとは?

Webライターとはそもそもどんな仕事なのでしょうか。
Webライターの仕事は、パソコンを使いWeb上で情報のまとめや解説・コラムなどの記事を書くことです。

Webライターの収入は?

Webライターの収入は、人によって大きな差があります。
記事の執筆だけで収入を得ているライターと執筆だけでなくメディア運営をして収入を得ているライターなど収入の内容も変わってきます。
Webライターの収入について説明していきたいと思います。

Webライターの平均月収は?

ある調査の結果では、「ライター・記者・編集者」の平均年収は259万円となっています。
平均月収は約185,000円になります。
Webライターのみの平均収入ではありませんが十分目安になる数字です。
Webライターの中には、複数のクラウドソーシングから収入を得ているライターもいます。
また、フリーランスや副業としてWebライターをしている場合は歩合制になるため、高い報酬を得るには数をこなさなければなりません。
より高い報酬を得るためのライティングスキルや稼働時間などによりWebライターの収入は変わってきます。
Webライターは高い報酬の仕事をやればやるだけ収入があり、仕事がなければ収入はありません。

Webライターのトップ年収は?

インターネット上で年収2000万円以上とプロフィールに書いているWebライターを見かけることがあります。
しかし、そのようなWebライターは記事作成だけでなく、記事作成のノウハウをyou-tubeなどで解説したり、コンサルティングなどをして別の報酬を得ている人たちです。

でも中には、執筆だけで報酬を得ているWebライターもいます。
ブログ記事によると月収125万円、年収にすると1500万円になります。
ただし、ひと月の間ほとんど休みなしで活動し、余裕がなかったため、翌月からは仕事量を半分に減らしたそうです。
そのような執筆を続けていたら体調も悪くなります。
半分でも年収としては、会社員の令和3年度の平均年収が433万円でしたので約2倍弱の年収になります。
W ebライターは、専門性のある知識を持っていると高収入が得られます。
特に医療系や法律系、美容系などは高い報酬が得られます。

W ebライターの収入は、書いた記事の文字単価によるものが多くあります。
文字単価と文字数の関わりや収入を得るコツなどを以下の関連記事でご覧ください。

【Webライター】1日の文字数は?収入・文字数を増やすコツなど

Webライターの収入がアップするモデルケース

Webライターの報酬は文字単価、記事単価、時給で決まってきます。
それぞれの報酬について説明します。

①文字単価
W ebライターの収入は、書いた記事の文字単価によるものが多くあります。
案件は一文字が○○円、文字数○○○文字で発注されます。
下記に例を示すと

文字単価 文字数(1日)  収 入 時給単価(8H/日)
  0.5円   10,000文字     5,000円     625円/時間
    1円   10,000文字   10,000円     1,250円/時間

0.5円の案件を1日かけて作業していては、厚生労働省で定めている最低賃金にもとどきません。
同じ文字数を書くなら文字単価が高い記事を書くことで収入が上がります。
初心者のころは、リサーチに時間がかかったり、タイピングが遅く時間がかかり効率がわるくなります。

②記事単価
クラウドソーシングサイト案件のなかには、「記事単価○○○円」「1記事○○○円」という募集案件もあります。
専門知識が必要な案件であれば、より高単価になります。
初心者でも獲得可能な案件もありますが、単価は高くありません。

③時給
クラウドソーシングサイトの案件には、時給形式もあります。
外部委託などで「時給制○○○の記事」と記しているものがあります。
ただし、初心者では高単価の案件獲得は難しいようです。

やはり、初心者は経験を積んでスキルアップしないと高単価な案件を獲得することは難しくなります。
作業効率をあげるために、ブラインドタッチを身につけるとスピードアップに繋がります。
タイピングの練習ゲームなどもありますので試してみてください。

Webライターで月収30万円稼ぐ方法

Webライターで月収30万円稼ぐための8つのステップをあげたいと思います。
なんでもそうですがいきなり稼げるようになるわけではないので1つずつ段階を踏んでいくことが必要です。
ここでは8つのステップを紹介していきたいと思います。

月収30万円稼ぐ方法①Webライターとしてのスキルを磨く

Webライターで月収30万円稼ぐ方法①は、Webライターとしてのスキルを磨くことです。
まずは分かりやすい文書が書けることが大切ですが、それ以外のスキルも必要になります。
SEOなどのWeb知識も必要になってきます。

SEO対策とは記事を検索した時に上位表示させることです。
SEO対策ができて、記事を上位表示させられるWebライターは、クライアントに喜ばれ ます。
つぎに編集のスキルもあるとクライアントから重宝されます。
企画、執筆、記事の品質管理をするのが、編集スキルです。
編集スキルのあるライターは少ないので案件も獲得しやすくなるでしょう。

Webライティングを勉強するにあたって、Webライターの講座に興味のある方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座受講のメリット・デメリット、選ぶコツなども紹介しています。

【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

月収30万円稼ぐ方法②クラウドソーシングで実績を積む

Webライターで月収30万円稼ぐ方法②はクラウドソーシングで実績を積むことです。
クラウドソーシングに登録してお仕事を受けましょう。
おすすめはランサーズとクラウドワークスの2つです。
まずはこの2つに登録して案件に応募しましょう。
初めからたくさん稼ぐことはできませんが、案件をこなしていくことで高単価な案件を受けることが出来るようになっていきます。

どんなクラウドソーシングがあるか気になる方は以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや登録の仕方、注意点なども紹介しています。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

月収30万円稼ぐ方法③複数の案件を同時進行で進める

Webライターで月収30万円稼ぐ方法③は複数の案件を同時進行で進めることです。
複数の案件を同時に進めることで、クライアントからの急な契約終了に備えることができます。
ひとつの案件が終了しても、他の案件で補うことができるので、仕事がなくなってしまうリスクを回避できます。

月収30万円稼ぐ方法④ブログを育てていく

Webライターで月収30万円稼ぐ方法④はブログを育てていくことです。
自分でブログを運営してみるのもおすすめです。
SEOやWEBサイト作成のスキルが身に付くだけでなく、ポートフォリオを作成する際に
ブログを実績として載せられます。
ブログ記事をクライアントへ見せることで、ライティングスキルや得意分野をアピールする材料になり、案件獲得にも繋げることに期待できます。
ポートフォリオとは、作品集のことです。
自分が携わった記事案件やプロジェクト案件を伝えることで、自分のスキル、経験を実績をもとに伝えることができます。

月収30万円稼ぐ方法⑤継続案件を獲得して単価交渉をする

Webライターで月収30万円稼ぐ方法⑤は継続案件を獲得して単価交渉をすることです。
慣れてきたら案件を継続的に受注して単価交渉をしてみましょう。
何度か継続して仕事をしていると、作業内容やニーズが分かってきます。
クライアントにとって利益のある提案をしてから、単価交渉をするとスムーズに進みます。
クライアントにもプラス、自分にもプラスでなくては、交渉は上手くいきません。
下手をすると契約を切られてしまうかもしれませんので注意しましょう。

月収30万円稼ぐ方法⑥エージェントに登録して大手企業の案件を獲得する

Webライターで月収30万円稼ぐ方法⑥はエージェントに登録して大手企業の案件を獲得することです。
大手企業の案件を受けられるエージェントに登録できれば、高い報酬を得ることができます。
ただし、実績の少ないWebライターは簡単にエージェントに登録はできませんので、テストや審査に受かるように頑張りましょう。

月収30万円稼ぐ方法⑦自分が得意な高単価案件がある環境で営業をする

Webライターで月収30万円稼ぐ方法⑦は自分が得意な高単価案件がある環境で営業をすることです。
ある程度の案件をこなすことができるようになったら、自分の得意分野を作っていくことも重要です。
専門性を生かした案件は高報酬を得られる可能性があるからです。
専門性の高い案件は、クラウドソーシング以外、外部サイトで獲得する必要があります。
そして外部サイトに営業をかける際に必要になるのが、「④ブログを育てていく」に出てきたポートフォリオです。
ポートフォリオを充実させて案件獲得の営業をしましょう。

月収30万円稼ぐ方法⑧アフィリエイトに挑戦する

Webライターで月収30万円稼ぐ方法⑧はアフィリエイトに挑戦することです。
アフィリエイトはWebサイトで紹介した商品を購入してもらうことで収入が得られます。
ブログで商品の紹介をして、購入してもらえれば何%かの報酬が入る仕組みです。
中には、購入しなくてもクリックしてもらうだけで、報酬が入るものもあります。
記事は書かなければ報酬が得られませんが、アフィリエイトは稼げる記事を自分で管理すれば定期的に報酬が入ります。

Webライターで月収30万を稼ぐために気をつけること

Webライターで月収30万円稼ぐために気を付けなければならないことを3つ上げていきたいと思います。
①スキルアップを怠らない
②文字単価が低い案件は切り捨てる
③作業効率を上げる
以上の3つを説明していきたいと思います。

月収30万を稼ぐために気をつけること①スキルアップを怠らない

Webライターで月収30万を稼ぐために気をつけること①はスキルアップを怠らないことです。
Webライターの仕事をしていく上では、スキルアップが重要になってきます。
初心者のころは、クラウドソーシングで掲載されている比較的安価な、専門知識がなくても執筆できる案件から始めるのが一般的です。
でも、ずっと続けていては文字単価は低いままで終わってしまいます。
文字単価の高い案件は、ライティングスキルや専門知識が必要になるため、Webライターは知識を深め、スキルアップを怠ってはいけないのです。

Webライターとしてスキルアップをするために、Webライター講座を受講するか独学するかのメリット・デメリットをまとめた以下の関連記事をご覧ください。
ひとくちにWebライター講座と言っても数え切れないほどの講座があります。
選ぶポイントやさまざまな講座の口コミも掲載されていて、講座受講を迷っている方は参考になると思います。

【無料講座あり】Webライタースクールおすすめ比較ランキングTOP14!ユーキャン・副業の学校は?

月収30万を稼ぐために気をつけること②文字単価が低い案件は切り捨てる

Webライターで月収30万を稼ぐために気をつけること②は文字単価が安い案件は切り捨てることです。
文字単価が安い案件は時間がかかるばかりで収入を上げることはできません。
文字単価は待っていても上がりません。また、交渉しても上がるとは限りません。
下手に交渉すると仕事を切られる可能性もあります。
文字単価と作業時間を比較して、高い時給を得られる案件だけを受けるようにするのです。
そうすることで効率よく稼ぐことができるようになっていきます。

悪質クライアントの見極め方を知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。
悪質クライアントの特徴や手口が紹介されています。http://ksdtu.com/2020/06/12/crowdworks-dangerous/

月収30万を稼ぐために気をつけること③作業効率を上げる

Webライターで月収30万を稼ぐために気をつけること③は作業効率をあげることです。
文字単価をあげるのが難しいので、作業効率を上げて時給アップしてみましょう。
作業効率をあげるためには、リサーチの時間短縮、タイピングのスピードアップ、短時間集中などが主なものです。
作業効率をあげるためには、少しずつでも練習し努力していきましょう。

Webライターで月収30万円を目指すのにおすすめのクラウドソーシング

Webライターで月収30万円稼ぐためにはクラウドソーシングに登録するのがいいでしょう。
クラウドソーシングで代表的なのは、ランサーズとクラウドワークスです。
ここではランサーズとクラウドワークスをご紹介していきます。
どちらも初心者ライターでも受けられる案件がたくさんあります。

ランサーズ

ランサーズはクライアントの質が良く、初心者ライターでも案件を受けやすく稼ぐことができます。
Webライターとしてお仕事していく上では登録しておくべきクラウドソーシングになります。

ランサーズの登録の仕方や仕組み、メリット・デメリット、口コミまで以下の記事に紹介されています。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大手のクラウドソーシングサイトになります。
国内シェア・取引額もNo1です。
Webライターの登録も多いので案件を獲得して稼ぐまでは大変かもしれませんが、続けることで稼ぐことができるようになります。

クラウドワークスの登録の仕方や仕組み、メリット・デメリット、口コミまで以下の記事に紹介されています。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

ランサーズやクラウドワークスなどのメインクラウドソーシングだけでなく、さまざまなクラウドソーシングを紹介した記事があります。
どこのクラウドソーシングにするか迷っている方は以下の記事をご覧ください。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

Webライターで月収30万円稼ぐ際によくある質問

①資格は必要ですか?

Webライターで月収30万円稼ぐことは資格がなくてもできます。
Webライターになるには資格も学歴も必要ありません。
初心者でも実績・経験を積めば案件を受注することができて、報酬を得ることができます。

②スクールや講座で勉強する必要はありますか?

Webライターになるには、スクールや講座で勉強をしてもいいし、独学でも問題ありません。
記事を書くことに慣れていけば知識も増え、書き方も覚えていきます。

③文章力がないとWebライターになれませんか?

Webライターになるには文章力がなくても問題ありません。
記事は、サイトでリサーチしながら書いていきます
文章力がなくても、記事を書く型を覚えればWebライターになれます。
ただし、最低限のWebライティングスキルを身につける必要はあります。
案件を重ねていくうちに覚えられますので心配いりません。

④本名を使わないとだめですか?

Webライターは本名を使わなくてもできます。
クラウドソーシングサイトに登録するときも本名を使わなくても登録できます。
ただし、仮名を使うにしてもニックネームのようなものはおすすめしません。
きちんとした名前の人とふざけたような名前の人がいたら、あなたはどちらに仕事を発注しますか?
クライアントも同じです。
仮名も普通の名前にしましょう。

⑤Webライターに向いている人は?

Webライターに向いている人は、多方面でリサーチや取材が必要になるため好奇心旺盛で調べることが好きな人が向いていると思います。
またマーケティングなどに興味のある人も向いていると思います。
コツコツとした作業が好きな人にも向いていると思います。

⑥月収30万を目指すために見るべき本は?

Webライターで月収30万を目指すために見るべき本は、全国WEBコピーライティング協会会長の肩書を持つ野口真代さんの著書「WEBコピーライター月30万円稼ぐ方法:好きなことで生きていく!自分史上最高の働き方」です。
野口さんは、ダメな新入社員だった自分が「コピーライティングの神様」に出会いコピーライティングを身につけ活躍している方です。
月収30万円を稼ぐ方法やWebライターの成功事例などが掲載されていますのでご覧ください。

⑦50代で半年でWebライターとして30万稼ぐ道のりは?

Webライターで月収30万を稼ぐ50代のWebライターがいます。
50代で半年で30万稼ぐ道のりは、50代で無職になり、Webライターを志して半年で月収30万円稼げるようになったWebライターさんがいます。
初心者からクラウドソーシングに登録して活動を始め、その後良い偶然が重なり知り合いのクライアントから案件依頼があったり、得意分野が合ったことも幸運だったようです。
良い偶然を呼び寄せるのも本人の力でしょう!
半年で月収30万円を得られたのは、諦めない心、頑張る気持ちの賜物です。

【まとめ】Webライターで月収30万円稼ぐ方法をおさえて本業のWebライターとして活躍しよう!

Webライターで月収30万円稼ぐにはどうしたらいいのかをこの記事では紹介してきました。
月収30万円稼ぐことは可能ですが、簡単なことではありません。
ある程度の時間もかかりますし、案件もすぐには獲得できないかもしれません。
でも諦めずに続けることによってチャンスが巡ってくるかもしれません。
Webライターになるために、自分自身をスキルアップし努力を継続することがたいせつです。
月収30万円稼いでいるWebライターもそれ以上に稼いでいるWebライターもいます。
月収30万円稼ぐことができれば本業のWebライターになることも可能です。
時間や場所に囚われることなく仕事をすることができるのです。
私にもあなたにも、チャンスはあります。
この記事で紹介したことを実践しても上手くいくとは限りませんが、諦めずに続けてみてはどうでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスがやばい理由
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次