【いくらから?】大学生Webライターは確定申告が必要?やり方・注意点などを基礎から解説

この記事は31分で読めます

税額計算(大学生Webライターの確定申告)

大学生でもWebライターとして副業を行う場合、確定申告が必要となります。本記事では、大学生Webライターが知っておくべき確定申告に関する情報を解説しています。具体的には、年末調整と確定申告の違いや、申告期限や必要な手続き、税金の計算方法などについて詳しく説明しています。また、医療費控除や寄附金控除などの制度を利用する方法や、自己管理の重要性、所得税の還付についても解説しています。大学生Webライターの方は本記事を参考にして、確定申告について正しく理解しておくことが大切です。

「まだWebライターを始めてないけど、ちょっと興味あるな」
こんな大学生の方は、下記の記事を読むと簡単にWebライターを始められます。
バイトよりも稼げる可能性があるだけでなく、就活に役立てることもできるので始めない手はありません。

【やめとけ?】大学生webライターの始め方!就活OKの在宅バイト

大学生Webライターはいくら稼ぐと確定申告が必要?

大学生Webライターが確定申告すべき条件が気になる人

確定申告が必要な場合

確定申告が必要な大学生Webライター

大学生Webライターであっても確定申告の対象となることがあります。

具体的には、以下のような場合です。

・年間の所得が副業で20万円・本業で48万円を超える場合
・源泉徴収されていない所得がある場合
・確定申告をしなければならないと決められた場合

これらの場合には大学生Webライターでも確定申告が必要とされます。確定申告は、国税庁のウェブサイトからダウンロードできる書類を用いて所得や経費などの情報を提出します。

大学生Webライターが確定申告をする場合には、収入や経費などを正確に記録しておくことが大切です。確定申告の期限や手続きに関する情報についても、事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

大学生Webライターが初めて行うであろう確定申告の手続き・ルールには複雑な部分があるため、不安な場合は税理士などの専門家に相談するか国税庁Webサイトにて調べてみるのもおすすめです。

1年間で副業で20万円超・本業で48万円超の所得がある場合

大学生Webライターに限らず確定申告の必要性に関する基本的なルールとして、1年間の所得が一定額を超えた場合には確定申告を行わなければならないというものがあります。この一定額とは、原則として副業20万円超・本業48万円超です。

もう少しわかりやすくすると下記の通りとなります。

――――――――

(A) 大学生がWebライターを本業にしており、そこで48万円を超える額の所得を得たとき

(B) 大学生がWebライターを副業にしており(別のアルバイトが本業)、そこで20万円を超える額の所得を得たとき

――――――――

(A)の根拠は、基礎控除(税額計算の際に誰でも控除できる)額が48万円に設定されていることです。

基礎控除について詳しく知りたい大学生Webライターは下記の国税庁ホームページをご覧ください。

No.1199 基礎控除|国税庁 (nta.go.jp)

(B)の根拠は、下記の国税庁ホームページをご覧ください(2・3が大学生Webライターに該当します)。

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁 (nta.go.jp)

大学生がWebライターを副業にしているとき、そこで得た所得が20万円未満であっても源泉徴収されていない収入がある場合には確定申告を行う必要があります。具体的には、源泉徴収税額が所得税の税額控除額よりも大きい場合や、健康保険料控除を受けたくても源泉徴収されていない場合などが該当します。

以上のように、大学生Webライターが確定申告を行うかどうかの判断基準は、1年間の所得が20万円超または48万円超かどうかです。ただし大学生Webライターの所得が基準額以下でも確定申告が必要な場合があるため、詳しくは国税庁のホームページを参考にするとよいでしょう。

アルバイト収入も含まれる

大学生Webライターに限らず確定申告の対象になる所得には、アルバイトなどの収入も含まれます。つまり、アルバイトで得た給料は所得として計算され、1年間の合計所得が20万円または48万円を超える場合には確定申告が必要になります。

ただし、大学生Webライターのアルバイト収入が少額である場合には、源泉徴収票なしで確定申告を行うこともできます。例えば、アルバイト先で源泉徴収票が発行されなかった場合や、複数のアルバイト先で働いた場合には、自分で収入を計算して確定申告を行うことになります。

また、大学生Webライターがアルバイトで得た給料は、源泉徴収票があっても、基本的には非課税枠があるため、確定申告をしなくてもよい場合があります。しかし、アルバイト以外にも収入がある場合や、源泉徴収票がない場合には確定申告が必要となります。

大学生Webライターのアルバイト収入に関しては、収入単体で考えるのではなく、年間の合計所得額に含まれるため、注意が必要です。所得が20万円または48万円を超える場合には、確定申告を行い、納税する必要があります。大学生Webライターの所得が少額であっても収入源が複数ある場合や、源泉徴収票が発行されなかった場合には、自分で計算して確定申告を行う必要があることを覚えておきましょう。

控除を受けるためには申告が必要

大学生Webライターにとって所得税の確定申告は、納税額を計算する手続きだけでなく、控除を受けるための重要な手続きでもあります。控除とは所得税を計算する際に所得金額から差し引かれる金額であり、自分や家族の医療費や寄附金などが含まれます。

例えば、自己負担分を除く医療費が1年間で10万円以上あった場合、医療費控除を受けることができます。また、災害や営利団体への寄附金も控除対象となっています。これらの控除を受けるためには、確定申告が必要です。

ただし、控除を受けるためには、原則として自己負担分を除く医療費が10万円以上、寄附金が2,000円以上など、一定の条件を満たす必要があります。また、控除の申請方法や必要書類も異なるため、確定申告をする前に事前に確認が必要です。

控除を受けるためには、申告書類に必要事項を記載し、申請書類と一緒に提出する必要があります。特に医療費控除の場合、領収書や診療明細書などの証拠書類も必要となります。また、寄附金控除の場合には受領証明書が必要です。

大学生Webライターであっても控除を受けることで所得税の節税ができます。大学生Webライターにとって確定申告は控除を受けるために必要な手続きの一つなので、所得がある場合は確定申告を行うことがおすすめです。

確定申告が不要な場合

確定申告が不要な大学生Webライター

大学生Webライターの確定申告が必要な場合とは対照的に、確定申告が不要な場合もあります。一般的には、年収が一定の金額以下である場合や、源泉徴収票により税金が正しく納められている場合など、確定申告が不要となります。

まず、年収が一定の金額以下である場合について考えてみましょう。一般的には、非課税所得控除や社会保険料控除などがあり、これらを差し引いた金額が年収となります。2022年の場合、一般的な非課税所得控除は38万円、社会保険料控除は年間66万円までです。つまり大学生Webライターの年収がこの金額以下であれば、確定申告は不要となります。

また、源泉徴収票により税金が正しく納められている場合についても、確定申告が不要となります。源泉徴収票は、雇用者から支払われた給与に対して差し引かれた税金を証明する書類です。この書類が正しく発行されている場合、税金の納付が適切に行われているので確定申告は不要となります。

ただし、注意点もあります。源泉徴収票には、すべての所得控除が反映されていない場合があります。たとえば、医療費控除や寄附金控除などを受けるためには、確定申告をする必要があるのです。

また、副業や複数の源泉徴収票がある場合には、大学生Webライターの年収が一定の金額以下でも確定申告が必要となる場合があります。この場合は、複数の源泉徴収票の合計金額で判断する必要があります。

以上のように、確定申告が不要な場合においても注意点があることを覚えておく必要があります。大学生Webライター自身の年収や所得状況に応じて、確定申告が必要かどうかを確認することが大切です。

1年間の所得が20万円以下または48万円以下の場合

大学生Webライターに限らず確定申告は原則として、1年間の所得が副業で20万円・本業で48万円を超える場合に行う必要があると述べました。裏を返せば、所得が20万円以下・48万円以下の場合は確定申告を行わなくても構いません。

20万円以下・48万円以下の所得でも確定申告を行った方がいい場合もありますが、それは控除を受けるための申告なので必須ではありません。

例えば、大学生Webライターの所得が副業で20万円以下でも医療費控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。医療費控除は医療費が一定額を超えた場合に受けられる控除で、医療費の合計金額から所得税額を減算できます。

また、大学生Webライターで控除を受ける人は少数であろう住宅ローン控除や保険料控除なども確定申告しなければ受けられません。

ただし所得が基準額以下であっても、源泉徴収票に記載された所得税や住民税を払い過ぎた場合は確定申告を行って還付金をもらうことができます。

つまり、確定申告が不要な場合でも、控除を受けるためには申告が必要です。そのため、大学生Webライターは自分の収入や支出をしっかりと把握し、必要に応じて確定申告を行うようにしましょう。

【大学生Webライター向け】確定申告のやり方

大学生Webライターの確定申告手順を解説する人

必要な書類の用意

確定申告に必要な書類を準備する大学生Webライター

大学生Webライターが確定申告するときには、源泉徴収票などの必要書類を揃える必要があります。
源泉徴収票は源泉徴収された給与や報酬などの金額や源泉徴収税額が記載された書類です。源泉徴収票がある場合でも確定申告を行うことで返金される可能性があります。

例えば、バイト先で源泉徴収された給与があれば源泉徴収票をもらうことができます。源泉徴収票にはバイト先が源泉徴収した税金が記載されています。一方、バイト先で源泉徴収されなかった場合や源泉徴収された額が少なかった場合は、確定申告を行うことで差額分の税金が返還される可能性があります。

また、バイト以外にも株式投資や不動産投資などの資産運用による収入でも確定申告が可能です。この場合源泉徴収されない場合があるため、確定申告を行うことで差額分の税金が返還される可能性があります。

しかし、大学生Webライターに源泉徴収票がある場合でも確定申告を行わなくても良い場合があります。大学生Webライターの確定申告が必要かどうかは所得や控除の有無、年齢などによって異なるので都度確認が必要です。

大学生Webライターが確定申告を行うかどうか迷った場合は、税務署や税理士に相談することをおすすめします。適切な申告を行うことで、節税効果が期待できます。

源泉徴収票

大学生Webライターが確定申告の際に確認したい源泉徴収票とは、給与所得者や事業所得者が受け取る収入に対して源泉徴収した所得税や住民税を差し引いた金額やその他必要事項を記載した書類です。源泉徴収票は、毎年1月末までに収入を支払った側が収入を受け取った側に交付することが義務付けられています。

源泉徴収票には、収入の種類(給与、退職所得、事業所得等)や支払った源泉徴収税額・社会保険料や年金保険料の控除額・給与所得者の場合は雇用保険料の控除額などが記載されています。これらの情報をもとに、受け取った収入に対してどのくらいの税金が差し引かれたかやどのような控除が適用されたかを確認することができます。

大学生Webライターの場合、アルバイトなどで収入を得ている場合には源泉徴収票を受け取ることがあります。確定申告の際には源泉徴収票をもとに自分が受け取った収入に対してどのくらいの税金が差し引かれたか、またどのような控除が適用されたかを確認する必要があります。

なお源泉徴収票がない場合でも、収入がある場合には確定申告が必要な場合があります。大学生Webライター自身で収入や控除額を計算し、申告書を作成することになりますので、事前に確定申告に必要な情報を収集しておくことが重要です。

・領収書や請求書などの経費の明細

大学生Webライターの確定申告に必要な書類の一つに、経費の明細があります。経費とは、仕事で必要となる物品やサービスの費用のことを指します。例えば、ビジネス書籍や専門誌、ノートパソコン、交通費や宿泊費、業務用ソフトウェアなどが挙げられます。

経費を申告すれば税金を節約することができます。ただし、申告するためには必要な書類を用意しておく必要があります。

領収書は、経費を支払ったことを証明する書類です。必要経費を支払った際には、必ず領収書をもらっておきましょう。また、自分で支払った場合や、クレジットカードで支払った場合は、明細書を領収書として使うことができます。ただし、クレジットカードの明細書を領収書代わりに使用する場合には、支払いの証明としてカード会社から発行された領収書を取得する必要があります。

請求書は、自分が請求した経費を支払った場合に必要となる書類です。例えば、Webサイト制作業者やデザイナーに発注した場合などは、発注時に請求書が発行されることが一般的です。請求書は、支払われたことが明確になるように、支払日や振込先などの情報も記載されています。

また、経費に関する書類以外にも、源泉徴収票や住民税の課税証明書、年末調整の給与明細なども必要となります。これらの書類は、確定申告をする際に必ず用意しておきましょう。

以上のように、経費の明細をはじめとする必要な書類を用意することで、確定申告をスムーズに行うことができます。大学生Webライターは慌てないように、確定申告の前に余裕を持って必要な書類を確認しておくことが大切です。

住民票や印鑑証明書などの本人確認書類

大学生Webライターが確定申告をする場合、本人確認書類が必要になります。主に必要な書類として挙げられるのは、住民票や印鑑証明書などです。

住民票は、自分が住んでいる市区町村の役所で発行できます。必要な場合は、運転免許証や健康保険証などの身分証明書も一緒に提出する必要があります。

印鑑証明書は、自分が所有する印鑑の登録情報を証明する書類です。印鑑登録証明書とも呼ばれます。印鑑登録をしている場合は、市区町村の役所で発行してもらえます。

また、運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分証明書も必要になる場合があります。これらの書類は、確定申告をするためだけでなく様々な場面で必要になるので、事前に準備しておくことが大切(運転免許を取得したほうがいいと言われるのは免許証が便利だから)です。

大学生Webライターに限らず、確定申告に必要な書類の準備は余裕を持って行うことが重要です。書類不備で確定申告ができないと期限までに申告できず税金がかさんでしまうことがあります。大学生Webライターは前々から準備しておき、期限までに確定申告を済ませることが大切です。

確定申告の方法

確定申告について納税者に解説する様子

大学生Webライターの確定申告の方法は、主に以下の3つがあります。

申告方法 手続きの流れ 提出期限 費用
紙の確定申告書を用いて提出する方法 必要な書類を集めて、確定申告書に記入し、地方自治体の役場や税務署に提出する 原則として毎年2月16日から3月15日まで 無料
e-Tax(インターネット申告)を利用する方法 e-Taxのウェブサイトにアクセスし、IDやパスワードを入力してログインし、必要な書類をアップロードした後、申告書を作成して送信する 原則として毎年3月15日まで 無料
税理士や会計事務所に依頼する方法 必要な書類を提出し、専門家が確定申告書を作成して提出する 原則として毎年2月16日から3月15日まで 専門家によって異なる

1. 紙の確定申告書を用いて提出する方法

大学生Webライターが紙の確定申告書を用いて提出する方法では、手書きで申告書を作成し税務署に提出します。手順を以下に示します。

①必要な書類を揃えます。源泉徴収票、年末調整票、給与明細書、医療費領収書、寄附金領収書などの書類を用意し、必要に応じて経費の明細書なども用意します。

②確定申告書を取得します。税務署や市区町村役場、ホームページから取得できます。また、所得税用紙、住民税用紙など種類がありますので、自分が申告する税目に合った用紙を用意しましょう。

③申告書に必要な情報を記入します。氏名・住所・年齢・職業・扶養家族の情報などを記入し、所得・控除などの必要な項目を計算して記入します。また、大学生Webライターの所得が20万円を超える場合は、必ず源泉徴収票などの添付書類を同封する必要があります。

最後に、税務署に提出します。提出期限は毎年2月16日から3月15日までです。税務署の窓口に持参するか、郵送で送付することができます。確定申告書は2部作成しておくと提出後1部が返却されますので、大切に保管しましょう。

紙の確定申告書を用いた方法は、手間がかかる上に計算ミスや記入ミスがあると再提出が必要になってしまうなどデメリットもあります。大学生Webライターもe-Taxなどの電子申告で確定申告が可能なので、なるべく簡単な手段を選ぶと手間暇が省けるのでおすすめです。

e-Taxやクラウド会計ソフトを使った確定申告

大学生Webライターが利用できるe-Taxとは、国税庁が提供するインターネット申告サービスです。クラウド会計ソフトとは、会計業務をクラウド上で行うためのソフトウェアです。これらを使った確定申告は手続きが簡単で、いつでもどこでも申告書を作成することができるため人気があります。

大学生Webライターがe-Taxを利用する場合はe-Taxのウェブサイトにアクセスし、IDやパスワードを入力してログインします。必要な書類をアップロードした後申告書を作成し、送信します。e-Taxを利用すれば税額が自動的に算出されるため、計算ミスの心配がなくなります。また、e-Taxは無料で利用できるため、手続きの負担が軽減されます。

大学生Webライターの確定申告に使えるクラウド会計ソフトは有料ですが、手続きの負担が軽減され申告書を簡単に作成できます。パソコンやスマートフォンからいつでもどこでもアクセスできるため、作業の効率化が期待できます。

大学生Webライターがe-Taxやクラウド会計ソフトを利用する場合でも、確定申告に必要な書類を事前に用意しておく必要があります。初めて利用する場合は、使いこなすために時間がかかることがあるため余裕を持っての作業が重要です。また税額の算出結果が出たら、念のため所得や経費の数字が間違っていないか見直しましょう。

以上のように、大学生Webライターがe-Taxやクラウド会計ソフトを使った確定申告をすると手続きが簡単です。必要な書類を事前に用意しておき、余裕を持って使い始めると大学生Webライター自身の今後の確定申告もスムーズになります。

税理士や会計事務所に依頼する方法

確定申告は大学生Webライター自身で行うこともできますが、税理士や会計事務所に依頼することもできます。専門家が必要書類を収集して申告書を作成し、提出手続きを代行してくれます。また、専門家が申告書を作成するため細かいところまで確実に記載され、大学生Webライター自身が行うときに考えられる確定申告のミスや漏れが少なくなります。

大学生Webライターが税理士や会計事務所を利用する場合、まず必要書類を収集するため、自己申告書を提出します。自己申告書には収入や経費の明細を記入すると、必要書類のリストを作成することができます。大学生Webライターはリストに沿って確定申告の必要書類を収集し、税理士や会計事務所に提供します。

大学生Webライターが確定申告の必要書類を提供した後は、専門家が申告書を作成します。専門家が作成する申告書には、収入・経費・控除額などが詳細に記載されています。確定申告のミスや漏れが少なくなるため、追加申告や追加納税などのトラブルを避けることができます。

申告書の作成後、税理士や会計事務所は税務署に申告書を提出します。提出後、税務署から確定申告書の控えが送られてくるため、確認することが必要です。また、確定申告に関する書類や証明書は、長期保管が必要です。税理士や会計事務所によっては、顧客に関する書類や証明書を保管してくれる場合もあります。

大学生Webライターが税理士や会計事務所に確定申告書の作成を依頼する場合、費用がかかることがあります。費用は専門家の経験・スキル・確定申告書の作成内容によって異なるため、事前相談が望ましいです。

申告期限と延長申請

締切チェックのために置いた時計(確定申告の期限が迫る)

大学生Webライターに限らず確定申告の期限は原則として、毎年2月16日から3月15日までです。
確定申告書の提出期限が過ぎてしまった場合でも、延長を申請することで一定期間内に申告書を提出できます。ただし、延長期間中に申告書を提出しなかった場合には、遅延税が課されることに注意が必要です。

延長申請には、以下の2つの方法があります。

方法 手順 申告書提出期限
確定申告特例システムの利用 1. パスワードカードを取得
2. インターネットで延長申請
3月15日まで
税務署への申請 1. 申請書に必要事項を記入
2. 提出
2月16日から3月15日まで

大学生Webライターが確定申告の延長申請を行った場合でも、申告書の提出期限を守らなくてはなりません。延長された期限までに申告書を提出できない場合は延滞税が課されることになります。大学生Webライターは確定申告期限に注意し、必要に応じて延長申請を行うことが重要です。

原則3月15日までに申告書を提出する義務あり

確定申告の原則的な提出期限は、毎年2月16日から3月15日までです。前年の1月1日から12月31日までの所得や経費を計算して、その結果を基に確定申告書を作成し3月15日までに提出する必要があります。

提出期限が祝日や休日に重なる場合は、翌日が提出期限となります。また、提出期限が土日に重なる場合は翌平日が提出期限となります。

申告期限までに申告書を提出できない場合は、延長申請をすることができます。申告期限前に税務署に申請すれば、最長で2ヶ月間の延長が認められます。つまり、通常の提出期限が2月16日の場合、延長申請を行えば最長で4月16日までに提出することができます。

大学生Webライターに限らず確定申告の延長申請をする場合は、必ず期限前に申請する必要があります。ここでも延長期限を過ぎてしまうと無申告加算税や延滞税などの追加料金が発生する可能性があります。
確定申告の期限を過ぎると追加料金が発生するだけでなく、還付金の受け取りが遅れる可能性もあるため、大学生Webライターは早めに申告書を作成して提出するようにしましょう。

申告期限前に申告書の提出が困難な場合は、延長申請が可能

大学生Webライターに限らず確定申告の申告期限が近づくと、慌てて申告書を準備し始める人がいます。余裕を持って準備するに越したことはありませんが、どうしても申告期限内の提出が困難な場合もあるでしょう。このような場合、申告期限前に延長申請を行うことができます。

大学生Webライターに限らず、確定申告期限は毎年2月16日から3月15日までですが、延長申請により所定期間の延長ができます。延長申請の際は個人事業主やフリーランスの場合は、『申告書等提出期限延長申請書』を提出する必要があります。法人の場合、『法人税申告書等提出期限の延長等について』という書類を提出することで延長できます。

延長申請を行う際には、理由を記入する必要があります。例えば、病気や災害、海外旅行などの理由で申告期限までに申告書を提出することができない場合に、延長申請を行うことができます。大学生Webライターに限らず、延長申請の理由が無効と判断された場合は確定申告書の提出期限は延長されず、通常の期限までに提出しなければなりません。

このように確定申告期限が近づいても、大学生Webライターは焦らずに冷静に対処することが重要です。申告期限前に提出が困難な場合は、延長申請を行うことで余裕を持って申告書を準備すできます。延長期間中に納税をする必要があるため、申告書と納税の両方について準備を進めることが必要です。

大学生Webライターが確定申告の際に注意すべきこと

大学生Webライターの確定申告時の注意点が気になる人

1. 所得の確認

紙幣とコイン(大学生Webライターの確定申告で必要な所得チェック)

大学生Webライターが確定申告をする際に注意すべき最初のポイントは、自分の所得をしっかりと確認することです。

大学生Webライターに限らず、確定申告は年間の所得が一定額を超えた場合に行う必要があります。また、源泉徴収されていない所得や源泉徴収されたにもかかわらず非課税所得の合算額が年間20万円を超えた場合も、確定申告が必要になります。
※確定申告が必要な人の条件について詳しくは、下記の記事もチェックしてみてください。

2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど

所得とは、給与や賞与、アルバイトの報酬、自己の事業所得、投資や貸借などから得られる収入のことを指します。また、所得税や住民税などが差し引かれた純額も所得に含まれます。

所得が一定額を超えた場合、確定申告に必要な書類や証明書を集める必要があります。例えば、源泉徴収票や預貯金通帳、年末調整の証明書などが挙げられます。大学生Webライターであってもこれらの書類を整理し、所得をしっかり確認したうえで、申告書を作成することが大切です。

所得を確認する際には、特に副業やアルバイトで受け取った所得についても見逃さないように注意が必要です。副業やアルバイトでも一定額を超えると確定申告が必要になりますので、収入を正確に把握しておくことが大切です。

大学生Webライターの確定申告は自分の所得を正確に把握し、書類を整理するところから始まります。しっかりと準備を行い、スムーズな確定申告を行いましょう。

アルバイトや副業で得た収入も申告する

大学生Webライターがアルバイトや副業などで得た収入は所得税の対象となるため、確定申告の際にはこれらの収入も申告する必要があります。

アルバイトや副業で得た収入は、主に給与所得として扱われます。給与所得とは、雇用者から支払われる給与や賞与、退職金などを指します。給与所得では源泉徴収税という税金が差し引かれている場合がありますが、確定申告によって、所得税や住民税の追加納付が必要な場合があります。

また、アルバイトや副業で得た収入が事業所得として扱われる場合もあります。事業所得とは、個人事業主やフリーランスなどが得た所得のことで、所得の総額から必要経費を差し引いた金額が課税対象となります。

アルバイトや副業で得た収入の申告には、源泉徴収票が必要となります。源泉徴収票とは、雇用者が支払った給与や賞与、源泉徴収税などが記載された書類です。源泉徴収票は、年度末に雇用者から渡される場合が一般的です。

アルバイトや副業で得た収入を申告する際には、申告書の所得欄に必要な情報を記載する必要があります。源泉徴収票に記載された金額を基に、給与所得や事業所得など、適切な所得欄に金額を入力します。また、源泉徴収票がない場合は、自己申告として所得を申告する必要があります。

確定申告を行う大学生Webライターがアルバイトや副業で得た収入は、総合所得の一部として課税されます。総合所得とは、給与所得、事業所得、不動産所得、資産譲渡所得など、すべての所得を合算した金額を指します。したがって、アルバイトや副業で得た収入が多い場合は、税金が増える可能性があります。大学生Webライターが確定申告による適切な節税対策を行うことで、税金を抑えることもできます。

奨学金やバイト代以外の収入も確認する

確定申告を行う大学生Webライターの場合、奨学金やアルバイト代以外にも収入を得ることがあります。例えば、親からの仕送りや投資による利益などです。確定申告の際には、これらの収入も確認する必要があります。

親からの仕送りの場合、一定額以下であれば贈与税がかかることはありませんが、一定額を超える場合は贈与税が課されます。このような場合には贈与税の納税義務があるため、大学生Webライターであっても確定申告が必要になります(仕送りを受ける前に贈与税対策をしておくのも一案です)。

また大学生Webライターが投資(株式売買やFX取引など)による利益を得た場合にも、所得として申告する必要があります。これらの取引は源泉徴収されないため、確定申告が必要となるわけです。

さらに、受け取った報酬や賞金、不動産の賃貸料、兼業している場合の副業の収入なども確定申告の対象になります。これらの収入も合算して所得を計算し、申告する必要があります。

注意点としては、収入が一定額以下であれば確定申告が不要になる場合があることです。また収入がある場合でも、源泉徴収がされている場合は確定申告が不要な場合もあります。

大学生の場合、奨学金やアルバイト代以外にも収入を得ることがあるため、収入の確認は確定申告において非常に重要なポイントとなります。大学生Webライターは必要な書類や情報を収集し、確定申告を行うことで、適正な納税を行い、トラブルを避けることができます。

2. 控除の利用

控除チェック(大学生Webライターの確定申告にて)

大学生Webライターに限らず確定申告のとき重要となる控除とは、所得税額を軽減させるために適用される仕組みです。大学生が確定申告を行う場合、以下のような控除が利用できます。

種類 内容
社会保険料控除 アルバイトやパートで支払った社会保険料額が控除の対象。ただし、自己負担分のみ。
教育費控除 大学生が支払った授業料や学費が控除の対象。上限あり。対象学校やコースに条件あり。
寄附金控除 大学生が慈善団体や非営利団体に寄付した額が控除の対象。上限あり。
特定支出控除 大学生が学生生活に必要な特定の支出が控除の対象。上限あり。

1. 社会保険料控除

大学生Webライターがアルバイトやパートで働く際に、社会保険料を支払うことがあります。この場合、支払った社会保険料額が所得控除の対象となります。ただし大学生Webライター自身が払った分だけが控除の対象となるため、アルバイト先が一部を負担している場合はその部分のみ控除対象外となります。

2. 教育費控除

大学生Webライターが授業料や学費を支払う場合、その支払額の一部が所得控除の対象となります。ただし控除対象となる支払額の上限があるため、必ずしも全額が控除対象となるわけではありません。また、対象となる学校やコースについても条件があるため、大学生Webライター自身での確認が必要です。

3. 寄附金控除

大学生Webライターが慈善団体や非営利団体に寄付を行った場合、その寄付額が所得控除の対象となります。ただし寄付額に上限があるため、それ以上の金額は控除の対象外となります。

4. 特定支出控除

大学生Webライターが学生生活を送るために必要な特定の支出について、所得控除の対象となる場合があります。例えば、引越し費用や教材購入費用、試験受験費用などが挙げられます。ただし、支払った金額に上限があるため、全額が控除の対象となるわけではありません。

これらの控除を利用すれば所得税額を軽減させることができますが、控除の利用について正確な情報を入手しておくことが大切です。また、控除の利用には申請が必要な場合があるため、大学生Webライターは確定申告のために前もって準備しておくと良いでしょう。

学生特別控除や住宅借入金利控除の利用を検討する

大学生Webライターに限らず確定申告では、所得税額を算定する際に控除額が差し引かれます。確定申告を行う際には自分に適用される控除を活用することで、節税効果が期待できるというわけです。

まず、学生特別控除は学生が就学中の年度に限り適用される控除です。学生の自己負担額(学費、入学金、授業料等)が所得金額の合計額に占める割合に応じて、最大25万円が控除されます。学生特別控除の対象となる学生は、大学生や専門学校生など、学校で授業を受けていることが条件となります。ただし、学生特別控除は非課税枠として適用されるため、必ずしも所得税の還付金が発生するわけではありません。

次に、住宅借入金利控除は、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に適用される控除です。自己の住宅の取得費用や購入時の諸経費、リフォーム費用などが対象となり、所得金額に応じて控除額が決まります。控除額は最大で40万円となりますが、所得税額が控除額を上回る場合には、その差額は還付されません。

その他にも、社会保険料控除や医療費控除、寄附金控除などがあります。大学生Webライター自身に適用される控除を調べ、適切に利用することで、税金の節約ができます。

大学生Webライターの控除利用には条件があり、申請書に必要事項を記入する必要があります。また、控除の利用を希望する場合には、領収書や明細書などの証明書を用意する必要があります。控除の利用方法については、国税庁のホームページや税務署の窓口で確認することができます。

医療費控除や寄附金控除などの制度も確認する

大学生Webライターが所得税を申告する際には、医療費控除や寄附金控除など、特定の制度を利用することができます。これらの制度を利用することで、所得税を軽減させることができます。

医療費控除は、自分や配偶者、扶養親族の医療費が一定額を超えた場合に、超過分が所得控除の対象となる制度です。具体的には、医療費控除の対象となるのは、医療費、介護費、通院交通費などです。また、医療費控除の対象となる期間は、前年1月1日から12月31日までの1年間となります。

寄附金控除は、大学生Webライター自身が寄付を行ったとき寄付額が所得控除の対象となる制度です。寄附金控除の対象となるのは、国や地方公共団体、慈善団体、文化団体、スポーツ団体、宗教団体などです。また、寄附金控除の対象となる寄付額は、年収に応じて異なります。

これらの制度を利用する場合には、医療費控除の場合には領収書やレシート、診察券など、寄附金控除の場合には寄付証明書や領収書など、必要な書類を用意する必要があります。また、制度によっては条件があり、制度を利用する前には必ず確認することが必要です。

なお、医療費控除や寄附金控除以外にも、大学生が利用できる特別控除があります。例えば、学生特別控除や住宅借入金利控除などがあります。これらの制度を利用する場合にも、必要な書類を用意し、条件を確認することが必要です。

3. 書類の用意

大学生Webライターの確定申告で必要な書類

大学生Webライターが確定申告を行うには、必要な書類を用意する必要があります。特に大学生は、アルバイトや副業での収入や、奨学金などの収入がある場合には、さらに多くの書類が必要となります。

大学生Webライターの収入に関する書類としては、源泉徴収票が挙げられます。これはアルバイトや副業で働いた場合に発行されるもので、給与から天引きされた税金や社会保険料などが明記されています。また、奨学金の場合には、奨学金の申請書や振込明細書が必要となります。

次に、大学生Webライターの支出に関する書類としては、教育費や寄附金、特定支出などに関する領収書や明細書が挙げられます。これらの書類は、控除の対象となる支払いがあった場合に必要となります。

さらに、大学生Webライターの控除に関する書類には、学生特別控除や住宅借入金利控除などの特別控除を申請する場合に必要な書類があります。例えば、住宅借入金利控除を申請する場合には、住宅ローンの契約書や支払明細書、固定資産税の納付証明書などが必要となります。

以上のように、確定申告に必要な書類は多岐にわたります。大学生Webライターは、アルバイトや奨学金などの収入がある場合には、特に多くの書類が必要となりますので、早めに必要な書類を揃えることが重要です。また、書類の保管にも注意が必要であり、紛失しないようにきちんと管理しておくことが望ましいです。

源泉徴収票や各種領収書など必要書類を用意する

大学生Webライターが確定申告を行う際に必要な書類は、自分が受け取った源泉徴収票や各種領収書などがあります。源泉徴収票とは、給与所得者が受け取る給与に含まれる税金額などが記載された書類です。アルバイトやパートで働いている場合、雇用者から源泉徴収票を受け取ります。源泉徴収票には、給与所得者本人が確定申告を行う際に必要な情報が記載されています。

また、大学生Webライターが確定申告を行うために必要な書類には、各種領収書もあります。学生であれば、授業料や学費、教材費などの支払いに関する領収書が必要になる場合があります。また、寄附金控除を受ける場合は、寄附金領収書が必要になります。

これらの書類は、大学生Webライターが確定申告を行う際に必要となるため、きちんと保管しておくことが大切です。万一必要な書類がなくなってしまった場合は再発行依頼もできますが、手続きが煩雑となる可能性があるのでなくさないよう細心の注意を払いましょう。

なお、確定申告を行う際には、その他にも必要な書類がある場合があります。例えば、医療費控除を受ける場合には、医療費の明細書やレシートが必要になります。特定の控除を受ける場合には、その控除に関する書類が必要になることがあります。大学生Webライターが確定申告する項目に関連する書類がある場合は、きちんと用意しておくことが大切です。

e-Taxやクラウド会計ソフトを活用することも検討する

大学生Webライターが使えるe-Taxとは、国税庁が提供するインターネットを通じて確定申告を行うためのシステムです。e-Taxを利用することで、紙の書類作成や提出手続きの手間が省け、確定申告を簡単に行うことができます。e-Taxの利用には、専用のIDとパスワードが必要となりますが、オンライン上での確定申告ができるため、時間や手間を省くことができます。

また、クラウド会計ソフトを活用することも、確定申告の手続きを簡単にするための方法の1つです。クラウド会計ソフトは、PCやスマートフォンなどからインターネットに接続し、会計処理を行うことができます。請求書の発行や仕訳の入力、帳簿の作成など、会計処理に必要な機能を備えているため、手軽に会計処理を行うことができます。

また、クラウド会計ソフトは、大学生Webライターの確定申告に必要な書類の作成もサポートしています。源泉徴収票や各種領収書などの書類は、クラウド会計ソフトによって自動的に集計され、確定申告書の作成に利用することができます。また、クラウド上に保存されるため、必要な時に必要な書類を素早く取り出すことができます。

以上のように、e-Taxやクラウド会計ソフトを活用することで、確定申告の手続きをスムーズに行うことができます。ただし、これらのシステムを利用する場合でも、正確な情報の入力や書類の提出が必要です。また、確定申告に用いるe-Taxの利用やクラウド会計ソフトの導入には、それぞれのシステムに対する知識や技術が必要となるため、大学生Webライターは十分に理解した上で利用することが重要です。

4. 申告期限と延長申請

確定申告の期限が迫り慌てる人

大学生Webライターに限らず所得税の確定申告には期限があります。申告期限は、一般的に3月15日までとなっています。しかし、申告が間に合わない場合は、延長申請ができます。延長申請をする場合は、事前に必要な手続きを行う必要があります。

申告期限は、原則として前年度の1月1日から12月31日までの所得について申告をする期間です。申告期限は、原則として3月15日までとなっていますが、土日祝日や年末年始などに該当する場合は、期限が繰り延べられることがあります。

大学生Webライターであっても確定申告期限を過ぎた場合、税務署からの督促状が届くことがあります。また、遅延に対しては罰則が課せられる場合もあります。そのため、できるだけ早く確定申告を行うよう心がけましょう。

申告期限が迫ってきた場合でも、延長申請をすることができます。延長申請には、e-Taxや納税システムなどを使って行うことができます。ただし、延長期間にも申告を行わなければならないため、できるだけ早く申告を行うことが望ましいです。

確定申告は、大学生Webライターにとって重要な手続きです。正確な情報を入手し、期限内に申告を行うよう心がけましょう。

申告期限までに提出することが原則

大学生Webライターが所得税や住民税などの税金を納めるためには、自分の所得や経費などを確定申告する必要があります。確定申告とは、年度末に納税者が自分で確定申告書を作成し、税務署に提出する手続きのことです。

確定申告には、提出期限が設けられています。原則として、申告期限までに提出することが求められます。一般的に、個人の所得税申告の場合、申告期限は毎年2月16日から3月15日です。また、住民税の申告期限は毎年5月31日です。大学生Webライターに限らずこれらの期限に申告書を提出しない場合税務署から指導や指摘を受け、延滞税が課せられる場合もあります。

延滞税は、申告期限を過ぎて申告書を提出する場合に課せられる罰則のことです。延滞税の詳細は国税庁Webサイトをご覧ください。
延滞税の計算方法|国税庁 (nta.go.jp)
大学生Webライターに限らず、納税者は申告期限までに申告書を提出することが大切です。期限までに申告ができない場合は、申告期限までに申告延長申請を行うことができます。

申告延長申請とは、納税者が特別な事情がある場合に、申告期限を過ぎても申告書を提出するための手続きです。ただし、延長申請をしても延滞税が発生する場合があり、申告書を提出するまでの期間が長くなることにもなります。

大学生Webライターに限らず確定申告の延長申請期限は原則として申告期限内です。2023年に行われた延長申請の期限については、下記をご覧ください。
1 申告・納付等の期限の個別延長関係

申告期限前に申告書の提出が困難な場合は、延長申請をすることができる

大学生Webライターは所得税や住民税の確定申告において、申告書の作成や提出が間に合わない場合があるでしょう。このような場合延長申請を行うことができます。

延長申請をするには、原則として申告期限までに税務署に申請する必要があります。ただし、特別な事情がある場合には、申告期限を過ぎた後でも延長申請が可能な場合があります。例えば、病気や災害などで申告書の作成が困難になった場合には申告期限を過ぎた後でも延長申請が認められることがあります。

延長申請を行うには、税務署に申請書を提出する必要があります。申請書には、申告期限までに提出できなかった理由や申告書の提出予定日、必要な書類の提出予定日などを記載する必要があります。

延長申請が認められる場合、申告期限から2か月間の延長期間が与えられます。この期間内に申告書を作成し、税務署に提出する必要があります。ただし、延長期間内でも提出が遅れた場合には、遅延税金が課せられることがあります。

延長申請を行う際には、できるだけ早めに税務署に申請することが重要です。また、大学生Webライターが自力で申告書の作成や提出が困難な場合には、税理士や会計事務所などの専門家に相談することも有効です。正確かつ迅速に申告書を作成・提出できれば、どのような手段でも構いません。

大学生Webライターが把握しておきたい「確定申告」って、そもそも何?

大学生Webライターに確定申告を解説する人

確定申告とは

大学生Webライターに確定申告のいろはを解説する人

大学生Webライターが行う可能性がある確定申告とは、日本国内で所得を得た個人や法人が、その年の1月1日から12月31日までの間に得た所得を申告し、所得税や住民税などの税金を納付する手続きのことを指します。

所得税は、給与所得者の場合会社から源泉徴収されているため確定申告をする必要はありません。しかし、自営業・フリーランス、不動産取引、株式投資などで所得が発生した場合は確定申告が必要になります。また、医療費控除や寄附金控除などの税制優遇措置を受ける場合も、確定申告が必要です。

大学生Webライターに限らず確定申告の期限は、原則として翌年の3月15日までとなっています。ただし、期限前に提出が困難な場合は、延長申請をすることができます。また、所得税の納付期限も申告期限と同じ3月15日までです。

確定申告は、国税庁のホームページからダウンロードできる申告書を利用するか、税理士や税理士法人、会計事務所などに依頼することができます。近年は、e-Taxやクラウド会計ソフトの活用も増えています。

確定申告には細かいルールがあり専門知識が必要な場合もあるため、初めての方は税理士や会計事務所への相談も一案です。申告漏れや間違いがあると、税務署から追徴課税などの罰則が課せられることがあります。大学生Webライターは確定申告には十分な時間をかけて正確に行うことが重要です。

所得税や住民税の自己申告制度

大学生Webライターに限らず確定申告とは、国民が所得税や住民税などの税金を自己申告する制度のことです。一般的に給与所得者は会社などから源泉徴収された税金が支払われているため、自己申告は必要ありませんが、自営業者や個人事業主、投資家、不動産オーナーなどは、自分で所得を計算し、税金を申告する必要があります。

所得税は個人の所得に応じた税金を納付する仕組みであり、国全体の税収のうち最も大きな割合を占めています。住民税は国民の居住地の地方自治体に対して支払う税金であり、所得税に比べて税率は低いものの、国民一人ひとりが支払う税金の中では大きな割合を占めます。

所得税や住民税は源泉徴収制度に基づいて天引きされることが一般的ですが、所得が一定の金額以上の場合は、年度末に確定申告を行い、実際の所得に応じた税金を納付する必要があります。また、源泉徴収された税金よりも少ない場合には、確定申告を通じて払い戻しを受けることもできます。

大学生Webライターに限らず所得税は自己申告制度のため、申告漏れや誤りがあった場合には追徴課税などの罰則が課せられることがあります。納税義務者は納税の手続きを適切に行い、必要に応じて税務署や税理士など専門家のアドバイスを受けることが重要です。

収入や経費などを計算して、税金を納める手続き

大学生Webライターに限らず確定申告は、自分自身で収入や経費を計算し、納税する手続きです。具体的には、年末調整で差し引かれなかった給与所得や、副業、不動産収入、投資収益などの収入がある場合、または医療費控除や寄附金控除を受けたい場合に、必要に応じて行います。

まず、確定申告をするには、自分の収入と経費を計算する必要があります。例えば、給与所得の場合は、源泉徴収票から受け取った給与所得、源泉徴収されなかった残業代や賞与、給与天引き以外の社会保険料や厚生年金基金の負担金、扶養家族の人数などを確認します。その上で、扶養控除や所得控除、社会保険料控除などを適用し、納税すべき所得額を計算します。

また、確定申告をする場合は、経費も計算する必要があります。例えば、副業でフリーランスとして働いている場合は、必要経費を計算する必要があります。必要経費とは、その仕事をするために必要な経費で、交通費、通信費、広告費、機材費などが挙げられます。ただし、私的費用や非課税の交際費、エンターテイメント費は経費に含めることはできません。

一方、不動産収入を得ている場合は、土地や建物の減価償却費、修繕費、管理費、固定資産税、保険料などの経費を計算する必要があります。

以上のように大学生Webライターが確定申告をするためには、自分自身で収入や経費を計算する必要があります。計算が終わったら、e-Taxや紙の申告書を用いて申告し、納税手続きを行います。

確定申告が必要な人

確定申告のためシステムにログインする大学生Webライター

大学生Webライターに限らず確定申告が必要な人は、原則として所得税法や住民税法に基づき一定の条件を満たした場合とされています。

まず、給与所得者については、会社や団体から源泉徴収された税金が所得税として申告されているため、原則として確定申告は必要ありません。

しかし、下記のような条件がある場合には、確定申告が必要になります。

理由 必要性
給与以外の所得がある場合 必要
所得税や住民税の還付を受けたい場合 必要
確定申告をしなければならない期間がある場合 必要

給与以外の所得がある場合
例えば、アルバイトやフリーランスなどで収入を得ている場合や、不動産収入など、給与以外の所得がある場合は、確定申告が必要になります。この場合、所得税が源泉徴収されていないため、確定申告で申告しなければなりません。

所得税や住民税の還付を受けたい場合
給与所得者でも、所得税や住民税の還付を受けたい場合は、確定申告が必要になります。源泉徴収された税金が実際の税金よりも多い場合、還付されることがあります。また、医療費控除や寄附金控除を受けたい場合も、確定申告が必要になります。

確定申告をしなければならない期間がある場合
過去に所得税や住民税の確定申告をしていなかった場合、または申告漏れがある場合、過去の申告漏れ分を申告する必要があります。この場合も、確定申告が必要になります。

以上のように、給与所得者でも確定申告が必要になる場合があります。大学生Webライターに限らず確定申告が必要な場合は、所得や経費を正確に計算し、税金を納める手続きを行う必要があります。

※さらに詳しく確定申告が必要な人の条件を知りたい大学生Webライターの方は、下記の記事もご覧ください。

2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど

源泉徴収票のない収入がある人

大学生Webライターが受け取る可能性がある源泉徴収票は給与所得者の源泉徴収税金や社会保険料などを明細にした書類であり、確定申告をする場合に必要となります。
※源泉徴収票は雇用者が翌年1月31日までに所轄税務署に提出するものです(参考:No.7411 「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数等|国税庁 (nta.go.jp)
しかし給与以外の収入には、源泉徴収票がないことがほとんどです。例えば、フリーランスや自営業者、投資による配当や利息、不動産の賃貸所得などがそれに当たります。

このような場合確定申告の際には、自分で収入や経費を計算して、税金を納める必要があります。具体的には、収入から必要な経費を差し引いた「所得金額」を計算し、所得税と住民税を算出します。また、医療費控除や寄附金控除、住宅ローン減税などの税制優遇措置も受けられます。

収入や経費の計算については、大学生Webライター自身で行うこともできますが、会計ソフトの利用もお手軽です。会計ソフトは収支管理や経費計算などを自動化してくれるため、手間や時間を大幅に節約できます。また、税理士や会計事務所に相談することもできます。

大学生Webライターに限らず、確定申告分の納税方法については、振込や現金での納付、クレジットカードでの支払いなどがあります。必要な書類や手続きについては、国税庁のホームページなどで詳しく説明されていますので、事前に確認することが大切です。

給与所得以外の収入がある人

大学生Webライターに限らず確定申告は、給与所得以外の収入がある人が行う自己申告制度のことです。例えば、フリーランスや個人事業主、投資家などが該当します。給与所得以外の収入がある場合、年間所得が一定額を超えると、所得税や住民税が課税されることになります。

具体的には、個人事業主の場合、仕入れた商品や原材料の費用、事業に必要な経費などを差し引いた利益が課税対象となります。フリーランスの場合は、受けた報酬や収入が課税対象となります。また、投資家の場合は、株式や不動産などの売却益や配当などが課税対象となります。

これらの収入に対しては、源泉徴収がされず、自分で確定申告をして納税する必要があります。また、収入があるだけでなく、控除対象となる医療費や寄附金がある場合も、自己申告によってその控除を受けることができます。

大学生Webライターに限らず給与所得以外の収入がある人は、必要な書類を用意し、確定申告期限内に申告書を提出する必要があります。自分で納税する必要があるため、正確な収支や控除額を把握しておくことが重要です。また、確定申告に関する知識や方法について、事前のリサーチが求められます。

扶養親族の人数に変更があった人

大学生Webライターではあまり関係がないかもしれませんが、確定申告が必要になるケースの1つに扶養親族の人数に変更があった場合があります。扶養親族とは、配偶者・子ども・両親・祖父母など一定の条件を満たした家族のことです。

源泉徴収票の収入金額に加え、扶養親族の人数によっても税金が変わるため、扶養親族の状況が変更された場合は、確定申告が必要になる場合があります。

例えば、結婚すると扶養親族の数が変わるため、結婚後の確定申告が必要になります。子どもが生まれた場合も同様で、出産後に必要な手続きとして出生届と併せて扶養控除等申告書を提出することが必要です。

また扶養親族が高齢になり扶養から外れた場合も、その年の確定申告においては扶養から外れた時点での税金計算が必要になります。

扶養親族の状況が変更された場合に確定申告の手続きが必要かどうかは、源泉徴収票の確認や税務署の相談などで確認することが重要です。適切な手続きを行うことで、不要な税金の支払いを回避できます。大学生Webライターも将来同じ状況になるかもしれないので、今のうちに頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

確定申告の手続き

確定申告の手続き

大学生Webライターの確定申告の手続きは、以下のような流れになります。

手続き 内容
確定申告書の作成 収入や経費、控除などの情報を記入する。所得税用と住民税用の2つの書類が必要。
所得・経費・控除の計算 収入から経費や控除を差し引いた金額に対して所得税が課税される。医療費や寄附金などの控除もある。
確定申告書の提出 期限までに紙で郵送、e-Tax、税務署窓口での直接提出などの方法で提出する。延滞税金が課される可能性があるため期限内に提出することが重要。
確定申告書の確認 税務署で確定申告書の内容を確認し、誤りがあれば修正を求められる場合がある。また、不備があれば指摘があることがある。
納付金額の確定 確定申告書の内容が確認された後、納付金額が確定する。所得税や住民税の納付期限は、確定申告期限から約2ヶ月後に設定される。
確定申告書の作成

大学生Webライターはまず、確定申告書を作成します。確定申告書には、収入や経費、控除などの情報を記入します。申告書は、納税者番号や住所、氏名などの基本情報を含め、所得税用と住民税用の2つの書類が必要になります。

所得・経費・控除の計算

大学生Webライターは次に、収入や経費、控除などを計算します。所得税は、年間の収入から経費や控除を差し引いた金額に対して課税されます。例えば、アルバイトの収入から交通費やツール代などの経費を差し引いた金額が課税対象となります。また、大学生Webライターに関係する控除には医療費や寄附金などもあります。

確定申告書の提出

大学生Webライターは完成させた確定申告書を提出します。提出方法は、郵送、e-Tax(電子申告システム)、税務署窓口での直接提出などがあります。期限までに提出しないと、延滞税金が課されることがあるため、期限内に提出するようにしましょう。

確定申告書の確認

大学生Webライターによって確定申告書が税務署に提出された後、確定申告書の内容が正しいかどうか確認されます。申告書の内容に誤りがあった場合は、修正をするように求められることがあります。確定申告書の内容に不備がある場合は、税務署から指摘されることがあります。

納付金額の確定

大学生Webライターの確定申告書の内容が確認された後、納付金額が確定します。所得税や住民税の納付期限は、確定申告期限から約2ヶ月後に設定されています。納付金額は確定申告書に記入された金額から控除などを差し引いた金額です。

以上が、大学生Webライターの確定申告の手続きの流れです。確定申告は、正確に行う必要となるため、専門家のアドバイスを受けることも考えてみましょう。

必要書類の準備

大学生Webライターが確定申告を行うためには、必要な書類を事前に準備することが大切です。以下に、確定申告に必要な書類を紹介します。

まず、給与所得者の場合は、源泉徴収票が必要です。源泉徴収票には、給与所得者が1年間に受け取った給与や所得税・住民税などが記載されています。通常、1月末までに雇用者から配布されます。

一方、給与以外の所得がある場合は源泉徴収票はありませんので、その収入を証明する書類が必要になります。例えば、アルバイトの場合は給与明細、フリーランスの場合は請求書や領収書、不動産収入の場合は賃貸借契約書や領収書などが必要です。

また、控除に関する書類も必要です。例えば、医療費控除を受ける場合は、医療費明細書が必要になります。寄附金控除を受ける場合は、受領証明書が必要です。住宅ローン減税を受ける場合は、住宅ローン控除証明書が必要になります。

さらに、扶養親族に関する書類も必要になる場合があります。扶養親族は源泉徴収票には記載されていませんので、自分で記載する必要があります。扶養親族に変更があった場合は、戸籍謄本や住民票などが必要になることがあります。

以上のように、大学生Webライターが確定申告をするためには、必要な書類を事前に準備することが大切です。書類を整理して、確定申告の際にスムーズに手続きを進めることができるようにしましょう。

申告期限までに申告書の提出

大学生Webライターに限らず確定申告の期限は、毎年2月16日から3月15日までとなっています。この期間中に申告書を提出しなければなりません。ただし、土日祝日や年末年始などの休日の場合は、翌営業日が期限となります。

申告書の提出方法には、以下の3つがあります。

申告方法 説明
紙での提出 紙で申告書を作成し、税務署に提出する方法です。申告書は、税務署や市役所などで配布されています。申告書に必要事項を記入し、必要書類を添付して税務署に提出します。
e-Taxを利用した提出 インターネット上で申告書を作成し、e-Taxを通じて税務署に提出する方法です。e-Taxは、国税庁が提供するサービスで、申告書の作成や提出、納税状況の確認ができます。
簡易申告 源泉徴収票がなく、収入が少ない場合に利用できる方法です。事前に申請が必要で、確定申告書は税務署から送付されます。ただし、簡易申告できる条件は限られており、収入や経費の金額などに制限があります。

申告期限までに申告書を提出しない場合、税務署からの催告が届きます。その後も提出しなければ、税務署からの指導や税金の追加徴収などの処分が行われる可能性があります。申告期限前に提出が困難な場合は、延長申請をすることができますが、できるだけ早めに手続きを行い、期限内に申告書を提出することが望ましいです。

申告期限前に延長申請が可能

大学生Webライターに限らず所得税や住民税の確定申告の期限は、原則として毎年2月16日から3月15日です。しかし、期限までに申告書を作成できない場合や申告内容が複雑で時間がかかる場合は、期限前に延長申請を行うことができます。

延長申請をすることで、期限が一定期間延長されます。延長申請をするためには、申告書提出期限前に必要書類の提出が必要です。また、延長申請が認められるかどうかは、事情や状況によって異なります。

延長申請は、郵送、e-Tax(電子申告システム)、税務署窓口での直接申請が可能です。提出方法は、税務署によって異なるため、所属する税務署のホームページや書類に記載された情報を参考にする必要があります。

延長申請をする場合は、期限を過ぎないように注意が必要です。延長期限までに申告書を提出できない場合は、延滞税が課せられることがあります。また、大学生Webライターに限らず延長申請をすることで期限が延長されるため、納付期限も遅れます。

以上のように、大学生Webライターは申告期限前に延長申請を行うことができます。延長申請をする場合でも期限を過ぎないように注意が必要であり、申告書提出や納付についても期限を遵守することが大切です。申告書の作成や納付に関する手続きに不安がある場合は、税務署や税理士に相談することをおすすめします。

確定申告のメリット

大学生Webライターに限らない確定申告のメリット

大学生Webライターの確定申告は、所得税や住民税などの税金を納付するための手続きで、そのメリットは様々です。

まず、確定申告を行うことで、税金を納めるために必要な控除や節税の方法を利用することができます。例えば、医療費控除や住宅ローン減税などを利用することで、税金を節約することができます。また、配偶者特別控除や扶養控除などもあるため、家族構成によっては、税金の負担が軽減されることがあります。

さらに、確定申告を行うことで、経費の計上ができます。経費とは、収入を得るために必要な費用のことで、例えば交通費や通信費、書籍代などが挙げられます。経費を計上することで、課税対象となる所得を減らすことができます。

また、確定申告を行うことで、返還金を受け取ることができる場合があります。例えば、源泉徴収された税金が多かった場合や、所得が低かった場合などには、返還金が支払われることがあります。

さらに、確定申告を行うことで、納税者番号が発行されます。納税者番号は、各種手続きや契約などで必要となるため、確定申告を行うことで、社会生活において必要不可欠な情報を手に入れることができます。

また、最近では、確定申告を行わない場合でも、所得税や住民税の税額が自動的に計算される「源泉徴収方式」が導入されています。しかし、源泉徴収では、控除や経費などが考慮されていないため、納めるべき税金が多くなる場合があります。そのため、確定申告を行うことで、自分自身にとって最も適切な税金を納めることができます。

以上のように、大学生Webライターが行う確定申告には、節税や返還金の受け取り、社会生活で必要な情報の取得などのメリットがあります。

医療費控除や寄附金控除などの制度を利用できる

大学生Webライターが確定申告をすることで、医療費控除や寄附金控除などの税制上の優遇措置を利用することができます。

まず、医療費控除についてです。医療費控除とは、所得税の納税額から、一定額の医療費を差し引くことができる制度です。医療費控除の対象となる医療費は、自己負担分や健康保険が適用されない治療費などです。具体的には、通院費、薬代、診察料、入院費、歯科治療費、視力矯正費用、人工透析費用などが対象となります。また、医療費控除の上限額は、所得によって異なりますが、高額な医療費が発生した場合でもその一部を還付してもらえるため、大学生Webライターであっても大きな節税効果が期待できます。

次に、寄附金控除についてです。寄附金控除とは、所得税の納税額から、一定額の寄附金を差し引くことができる制度です。寄附金控除の対象となる寄附金は、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人、医療法人、文化財団などの、一定の基準を満たした法人に対する寄附金です。寄附金控除の上限額は、所得によって異なりますが、一定額まで寄付をすることで、税金を節約することができます。

また、年末調整や源泉徴収などの税制上の優遇措置は、確定申告をしなくても自動的に適用されますが、医療費控除や寄附金控除は、確定申告をすることでしか受けられない控除です。そのため、節税効果を上げるためには、確定申告をすることが重要です。

大学生Webライターに限らず医療費控除や寄附金控除を受けるためには、一定の手続きが必要です。

※医療費控除・寄附金控除について詳しくはそれぞれ下記の国税庁ホームページをご覧ください。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|国税庁 (nta.go.jp)

No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)|国税庁 (nta.go.jp)

確定申告で自己管理ができる

確定申告をすることで、大学生Webライターは自分自身の収入や支出を把握することができます。自己管理することで、経済状況を理解することができ、大学生Webライターは浪費を防げるかもしれません。

例えば、確定申告をすることで、年間の収入や支出、および税金の支払い状況を把握することができます。これにより、収入や支出についてより詳細に分析し、無駄な出費を削減することができます。また、支払いを定期的に行うことで、過去の未払い税金や滞納分を回避することもできます。

また、確定申告を通じて、個人事業主やフリーランスの場合、ビジネスの収益性を把握することができます。確定申告に必要な書類を整理することで、ビジネスにおいてどのような支出が多いのか、どのような収入があるのか、および税金の支払い状況などを理解することができます。これにより、収益性の高い事業を発掘し、収益性の低い事業を改善することができます。

また、確定申告には、各種控除があります。例えば、医療費控除や寄附金控除などがあります。これらの控除を利用することで、所得税や住民税の納税額を減らすことができます。このような控除を利用することで、自分自身の経済状況を改善することができます。

以上のように、大学生Webライターは確定申告により自己管理をすることができます。また確定申告を通じて、ビジネスの収益性を改善することができ、場合によっては納税額を減らすことができます。

大学生Webライターが把握しておきたい「年末調整と確定申告の違い」とは

大学生Webライターが気になる確定申告と年末調整の違い(間違い探し)

大学生Webライターが混同しがちな年末調整と確定申告は、どちらも税金に関する手続きですが、異なる目的とタイミングで行われます。

年末調整は、勤務先での収入に対して行われる手続きで、源泉徴収という方法によって、給与から必要な税金を差し引いて納税することになります。つまり、給与所得者の税金を前もって納める制度であるため、税金の負担を均等に分散することができます。年末調整は、毎年12月に勤務先の会社で行われます。

一方、確定申告は、自分で収入や経費、控除などを計算し、その結果に基づいて納税する手続きです。源泉徴収によって差し引かれた税金が実際の納税額より少ない場合には、確定申告を行って差額分を納める必要があります。また、源泉徴収された税金よりも納めるべき税金が少ない場合には、還付金を受け取ることができます。確定申告は、毎年1月15日から2月15日までの期間に行うことができます。

年末調整と確定申告の違いは、主に以下の点です。

項目 年末調整 確定申告
納税のタイミング 毎年12月 毎年2月16日から3月15日まで
税金の計算方法 源泉徴収された税金に基づく 収入や経費、控除などの情報に基づく
必要な手続き 勤務先での手続き 個人での手続き
対象者 給与所得者 給与以外の所得を得た人全員

納税のタイミングが異なる

確定申告のタイミングをはかる大学生Webライター

大学生Webライターが確定申告と間違えやすい年末調整は、毎年12月に勤務先で行われ、源泉徴収によって必要な税金が差し引かれた後の収入を受け取ります。一方、大学生Webライターに限らず確定申告は毎年2月16日から3月15日までの期間に行われます。

税金の計算方法が異なる

電卓(確定申告の所得・経費計算ほか)

大学生Webライターが確定申告と間違えやすい年末調整では源泉徴収された税金をもとに納税額が決定されますが、確定申告では、収入や経費、控除などの情報をもとに、実際の納税額が計算されます。年末調整では税金が正確に計算されない場合があるため、その差額を受け取る場合がありますが、確定申告では自分で計算するため誤差が少なくなる可能性があります。また、年末調整で給与所得者が源泉徴収税額を計算するときには、一定の控除額が加算されますが、大学生Webライターが行う確定申告では控除額を個人の状況に応じて自由に選ぶことができるため、よりお得な控除額を選ぶことができます。

必要な手続きが異なる

確定申告の手続き計画

大学生Webライターが確定申告と間違えやすい年末調整は、勤務先で行われる手続きであり、個人での手続きは必要ありません。一方、確定申告は、個人で行う手続きであり、納税者自身で行います。また、年末調整は給与所得者に限られますが、確定申告は給与以外の所得を得た人全員(大学生Webライターも含む)が行う必要があります。例えば、不動産の賃貸収入や株式の売却益など源泉徴収がされない給与以外の所得がある場合は、大学生Webライターも確定申告を行う必要があります。

以上のように、大学生Webライターが間違えやすい年末調整と確定申告にはそれぞれ特徴があります。給与所得者は年末調整で税金の計算をすることができますが、給与以外の所得がある場合は、確定申告を行う必要があります。確定申告は自分で計算することができ、よりお得な控除額を選ぶことができるため、注意が必要です。

確定申告が気になる大学生Webライターによくある質問

大学生Webライターの確定申告について質問する人

収入と所得の違いは?

所得と収入の違いがわからない大学生Webライター

大学生Webライターが確定申告のときに知っておくと便利な収入と所得は次のように異なる意味を持ちます。

収入は、人々が仕事や事業活動、投資などから得るお金の総量を指します。つまり、ある期間に得た金銭的な入力全体を表しています。例えば、アルバイトの給料や株式の配当金、家賃収入などが収入にあたります。

一方、所得は、ある期間に得た収入から、経費や控除などを差し引いた金額を指します。つまり、純利益のことを指します。所得は、主に課税対象となる収入の部分であり、収入から差し引かれた費用や経費によって決まります。例えば、アルバイトの給料から通勤費や必要経費を差し引いた金額が所得にあたります。

所得は所得税や住民税の課税の対象となります。課税の対象となる所得には、給与所得、事業所得、不動産所得、配当所得などがあります。ただし、個人が受け取る収入全てが所得に該当するわけではありません。例えば、生命保険金や年金など、非課税の収入もあります。

このように、大学生Webライターは確定申告のとき「収入はお金の入力全体を指し、所得は純利益に相当する」と考えておき混同しないようにしましょう。

「普通よりもさらに稼げるアルバイトを探している」
そんな大学生の方は、Webライターを始めてみましょう。
今始めればたくさんの収入を得られる可能性があるだけでなく、将来会社・個人の両方で稼ぐためのスキルが身につきます。
下記の記事から、未経験の大学生でもWebライターをアルバイトで始める方法についてサクッとチェックしてみてください。

【大学生】Webライターのアルバイトは?未経験OKの求人・始めるコツなど

「大学生Webライターの確定申告」のまとめ

大学生Webライターの確定申告についてまとめる人たち

大学生Webライターは、確定申告が必要であることや年末調整と確定申告の違い、メリットについて説明してきました。確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの期間に行われ、収入や経費、控除などの情報をもとに納税額が計算されます。大学生Webライターが確定申告を行うためには、事前に必要な手続きや書類、注意点を調べる必要があります。確定申告を行うことで、自己管理ができ、税金を節約することができます。大学生Webライターが社会人としての義務を果たすためにも適切な手続きを行い、確定申告を行うことが重要です。

「忙しい大学生でも受講できるWebライター講座はある?」
そんな方には、藤崎のWebライター講座がおすすめです。
下記の記事では、無料で受講でき個々のペースで学習できる藤崎のWebライター講座について口コミ評判を交えながら解説しているのでぜひチェックしてみてください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. YOSCA あなたのライターキャリア講座の口コミ評判
  2. ワードプレス画像alt属性設定について解説
  3. ストアカの評判(怪しい・トラブルに巻き込まれたなど)
  4. Webライターにおすすめライティング講座が知りたい大学生