【選び方・無料あり】個人事業主におすすめの会計ソフトランキング5選!

この記事は10分で読めます

会計は個人事業主の抱える難題の一つで、複雑さを解消すべく役立つのが会計ソフトです。たくさんの種類がある中で選ぶにあたり、何を基準によいソフトを見つけるか迷いますよね。そこで今回は、個人事業主におすすめの会計ソフトをランキング形式でご紹介します。使い勝手に優れたソフトから価格を重視したソフトまで、あなたのビジネスに最適なものが見つかるでしょう。無料で試せるソフトも含めてご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

個人事業主にとっての会計ソフトとは

個人事業主、特にフリーランスや自営業者の皆さんは、経営を円滑に行うためには会計管理が欠かせません。会計業務は必要なものですが、手作業で行うのは時間がかかるうえ、ミスをする可能性もあります。そこで現代の最新の技術を駆使した会計ソフトというツールが求められます。

会計ソフトの機能

会計ソフトとは、経理や会計業務を自動化するためのコンピュータプログラムです。手動で記帳・集計を行う伝統的な方法とは異なり、会計ソフトを使用するとデータ入力、計算、集計に要する時間や作業量を大幅に削減することが可能となります。具体的な機能としては、簿記・会計、給与計算、請求書・見積もり作成、売上や収支の分析、税金の計算など多種多様です。また、クラウド型のものも増えてきており、いつでもどこでも手軽に会計業務ができるようになっています。

フリーランスと経費管理の関係

フリーランスにとって経費管理は重要な業務の一部です。効率的な経費管理は、ビジネスの収支バランスを良くし、経済的な安定をもたらします。経費をトラックすることは、あなたの収入と支出を理解するのに役立ちます。また、税金の支払いを計算したり、会計レポートを作成したりするためにも必要です。ここでも、会計ソフトの活用が求められます。入力したデータに基づいて自動的に経費を計算してくれる機能は、フリーランスとして財務管理を自ら手掛けなければならない人々にとって非常に便利です。

個人事業主に適した会計ソフトの選び方

会計ソフトは現代の個人事業主にとって、なくてはならないツールの一つです。しかし、その種類は数多あり、どれを選べばよいのか戸惑ってしまう方も少なからずいるでしょう。そこで本項では、個人事業主に適した会計ソフトの選び方について詳しく解説していきます。管理する経費の規模や自身のビジネススタイルによって適したソフトも異なりますので、様々な視点から選んだ会計ソフトのメリット、デメリットを比較検討しましょう。

経費管理ができるか

私たち個人事業主は、節税対策として経費の妥当性と必要性をしっかりと把握しなければなりません。特に経費管理に特化した会計ソフトの利点は、各種経費の詳細な内訳を把握しやすく、全体の経費の動きを視覚的に理解できる点にあります。例えばレシートの写真をアップロードするだけで経費項目を自動で分類してくれる機能や、月ごとの経費の推移をグラフで表示してくれる機能など、視覚的に経費管理ができるソフトを利用すればより効率的に記録がとれます。

使いやすいか

個人事業主は、会計ソフトをランキングから選ぶとき使いやすいかも考慮する必要があります。
会計ソフトの使いやすさは以下の観点で判断すると良いでしょう。
下記の表はスクロールできます

観点 解説
入力画面は見やすいか ひと目でどこに何を入力すれば良いかがわからないと記帳に手間がかかります。
(簿記の知識がない場合)簿記の知識がなくても記帳できるか 複式簿記の知識がなくても画面の指示に従って、もしくは自動で仕訳できるソフトが望ましいでしょう。
e-Taxに完成した確定申告書のデータを出力できるか e-Tax(国税庁の確定申告システム)に確定申告書のデータを直接取り込めれば手間が大きく省けます。
スマホアプリがあるか パソコンが使えない環境でも確定申告書の作成ができたり、レシートから経費登録できたりするので便利です。
サポートは十分か 専用のカスタマーサービス(チャット・メールなど)が比較的早めに受けられるサービスを選べば、困ったときも安心です。

上記の中からご自身にとって優先度の高い順に会計ソフトを選ぶことをおすすめします。
このように個人事業主が会計ソフトをランキングにする際は使いやすさも重要なポイントです。

費用対効果は高いか

いくら優れた機能を持つ会計ソフトでも、その価格が高額であれば導入のハードルは相応に高くなります。そのため、費用対効果をしっかりと考えて選ぶことが重要です。一部の有料会計ソフトは初期費用として数万円、継続利用費用としても月数千円が必要となるものもあります。それに対して、一部の無料会計ソフトも存在し、機能も十分にそろっているため、これを利用するべきかもしれません。また、中には無料体験版を提供している会計ソフトもありますので、まずはそちらを試してみることもおすすめです。しかし最終的には、その会計ソフトが自身のビジネスにどれだけ貢献してくれるかを考えながら選びましょう。

【ランキング】個人事業主におすすめの会計ソフト

個人事業主におすすめの会計ソフトランキングは以下のようになりました。
–【ランキング】個人事業主におすすめの会計ソフト–
●第1位:freee
●第2位:やよいの青色申告オンライン
●第3位:やよいの白色申告オンライン
●第4位:マネーフォワードクラウド確定申告
●第5位:円簿会計

上記のランキングが導き出された理由を知っておくと、会計ソフト選びの参考になるでしょう。
個人事業主におすすめの会計ソフトランキングについて、次の見出しから一つずつ解説します。

freee

個人事業主におすすめできる会計ソフトの中でランキング1位としてご紹介するのは、freeeです。
freeeは以下の強みがあるため1位としています。
−−個人事業主向け会計ソフトのランキング1位 freeeの強み−−
・簿記の知識がなくても帳簿や確定申告書が作れる
・スマホでも確定申告書を作成できる
−−
freeeは簿記の知識を全く持っていなくても、記帳や確定申告書を作成可能な仕組みがある会計ソフトです。
取引データは自動で仕訳され確定申告書は○×形式で作成できるなどお手軽に使えるので、会計処理に初めて取り組む個人事業主の方におすすめします。
無料で以下のサービスを30日間体験できるので、使い勝手が気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

取引データの閲覧と編集 直近1ヶ月に登録したデータのみ
仕訳帳の出力 10データ

(参考:【個人】freee会計のプランについて − freeeヘルプセンター
個人事業主向け会計ソフトでランキング1位のfreeeについて、基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 スターター:1,628円/月〜
スタンダード:2,948円/月〜
プレミアム:43,780円/年
無料期間 お試し期間:30日
※30日を過ぎると無料プランに移行する
e-Tax対応 パソコン・スマホともOK
帳簿のつけやすさ
(簡単な入力から詳細内容の入力に至るまで可)
スマホアプリの機能 ・帳簿作成
・自動仕訳
・レシート読取りなど
サポート ・チャット・メール:すべてのプラン
・電話:プレミアムプランのみ
公式サイト https://www.freee.co.jp/

個人事業主の会計ソフトランキングで1位のfreeeについて気になる方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

やよいの青色申告オンライン

個人事業主向けの会計ソフトランキングで第2位としてご紹介するのは、やよいの青色申告オンラインです。
やよいの青色申告は以下の強みがあるためランキング第2位としました。
−−個人事業主向け会計ソフト 「やよいの青色申告オンライン」の強み−−
・画面がシンプルで使いやすい
・複式簿記の知識があれば簡単に使える
・1年間は無料で使える
−−
やよいの青色申告オンラインは機能的な強みだけでなく、1年間も機能の制限なく無料で使える点が嬉しいところです。
ただし青色申告専用であり、白色申告をする方は後述する「やよいの白色申告オンライン」を使わなければならない点には注意しましょう。
また記帳は簿記の知識がなくてもできますが、あったほうがスムーズにできることも頭に入れておいてくださいね。
個人事業主向けの会計ソフトやよいの青色申告オンラインについて基本情報をまとめたのでご覧ください。

料金 ・セルフプラン:青色申告9,680円/年
・ベーシックプラン:15,180円/年
・トータルプラン:26,400円/年
無料期間 1年間
e-Tax対応 パソコン・スマホ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取り
サポート ・チャット・メール・電話:青色申告者なら誰でも可
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/lp/aoiro-ol-02/

無料で使える確定申告ソフトで、個人事業主へのおすすめランキング第2位である「やよいの青色申告オンライン」について気になる方は上記の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

やよいの白色申告オンライン

個人事業主向けの会計ソフトランキングで第3位としてご紹介するのは、やよいの白色申告オンラインです。
やよいの白色申告オンラインは以下のような強みを持っています。
–個人事業主向け会計ソフトランキング 第3位 やよいの白色申告オンラインの強み–
・料金が完全無料
・簿記の知識は一切不要

やよいの白色申告オンラインは、どれだけ使っても完全無料であることが最大のメリットです。
簿記の知識がなくても記帳できるよう、自動仕訳や「かんたん取引入力」などの補助機能があり便利に使えます。
さまざまな事情により白色申告を選択した個人事業主の方は、ランキング3位の会計ソフト「やよいの白色申告オンライン」を検討してみても良いでしょう。
個人事業主向けの会計ソフトランキング 第3位の「やよいの白色申告オンライン」についての基本情報をまとめました。

料金 完全無料
e-Tax対応 パソコン・スマホ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取りのみ
サポート なし(公式サイトにガイドのページはある)
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/shinkoku/shiroiroshinkoku/

個人事業主へのおすすめランキング第3位である無料確定申告ソフト やよいの白色申告オンラインが気になるWEBライターの方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

マネーフォワードクラウド確定申告

個人事業主向けの会計ソフトランキングで第4位は、マネーフォワードクラウド確定申告です。
マネーフォワードクラウド確定申告は以下の点に強みがあります。
–個人事業主向けの会計ソフトランキング第4位 マネーフォワードクラウド確定申告の強み–
・自動仕訳データを編集しやすい
・自動取込以外にもさまざまな入力方法により帳簿を作成できる

ただし記帳は補助がないので複式簿記の知識がないとやや難しく感じられるでしょう(別でガイドページはあります)。
1ヶ月間無料で利用できるので、使い勝手を確かめてみたい個人事業主の方はこの機会に試してみても良いでしょう。
個人事業主向けの会計ソフトランキング第4位のマネーフォワードクラウド確定申告について基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 年額(月額プランもある)
・パーソナルミニ:10,560円
・パーソナル:12,936円
・パーソナルプラス:39,336円
無料期間 1ヶ月
※1ヶ月を過ぎると無契約状態となる
e-Tax対応 スマホのみ可
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 ・帳簿つけ
・確定申告書の作成
サポート ・チャットサポート:すべてのプラン
・電話:パーソナルプラスのみ
公式サイト https://biz.moneyforward.com/blue_return/

個人事業主向けの会計ソフトランキング 第4位のマネーフォワードクラウド確定申告を少しでも良いと思った方は、上記の公式サイトからアクセスしてみてくださいね。

円簿会計

個人事業主向けの会計ソフトランキング 第5位は、円簿会計です。
円簿会計は以下のような強みを持っています。
−−個人事業主向け会計ソフトランキング第5位 円簿会計の強み−−
・青色申告に必要な主要簿・補助簿がすべて作れる
・Yahoo!IDで登録できる(メアド登録の必要なし)
−−
円簿会計では主要簿・補助簿をすべて作成でき、基本的な機能は有料の確定申告ソフトにも引けをとりません。
freee・弥生会計・マネーフォワードクラウド確定申告にある取引の自動取込ができない点・複式簿記の知識が必要な点は大きなデメリットなので、気にならない方なら利用しても良いでしょう。
個人事業主向けのランキングが第5位である円簿会計の基本情報をまとめましたので、ご覧ください。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし
※PDF形式で青色申告決算書・所得税申告書を出力できるので、確定申告の際は国税庁のe-Taxに読み込ませる
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 アプリなし
公式サイト https://www.yenbo.jp/service-info/kaikei.html

個人事業主向けの会計ソフトランキング第5位 「円簿会計」に興味がある方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

個人事業主向け|各部門のランキング形式で見る会計ソフト

個人事業主やフリーランスの方々にとって会計ソフトは必須のツールですが、多くの会計ソフトが市場に溢れておりどれが自分に最適なのかを見つけ出すのは困難です。そこで、本稿ではランキング形式で会計ソフトをご紹介します。各ソフトの特徴・メリット・デメリットをふまえて解説しますので、ご自身に合ったソフトを見つける参考にしてください。

利便性に優れた会計ソフトランキングTop5

個人事業主が手間をかけずに簡単に会計処理ができる、利便性に優れた会計ソフトをランキング形式でお見せします。ここでは、操作性の良さや使いやすさ、機能性などを基準に、セールスポイントを解説しながらランキングを発表します。ご自身のビジネスに最適な会計ソフトを選び出す指針としてぜひご活用ください。
–個人事業主向け 利便性に優れた会計ソフトランキング–
・第1位:freee
・同率1位:やよいの青色申告
・同率1位:やよいの白色申告
・第4位:マネーフォワードクラウド確定申告
・第5位:円簿会計

上記のランキングを導き出した根拠は以下をご覧ください。

サービス名 自動取引取込 自動仕訳 記帳難度 スマホアプリ有無・機能 e-Tax対応
freee あり あり あり

・レシート撮影による経費登録

・明細取得

・確定申告書の作成

・e-Taxによる確定申告書の提出

あり
やよいの青色申告 あり あり

(複式簿記の知識があればなお良い)

あり

・レシート撮影による経費登録

・確定申告書の作成

・e-Taxによる確定申告書の提出

あり
やよいの白色申告 あり あり あり

・レシート撮影による経費登録

・確定申告書の作成

・e-Taxによる確定申告書の提出

あり
マネーフォワードクラウド確定申告 あり あり 普通

(ガイドページ参照で可能)

あり

・確定申告書の作成

・e-Taxによる確定申告書の提出

あり
円簿会計 なし 一部あり

(通帳入力・複合仕訳入力・元帳入力でのみ)

普通 なし なし

自動取引取込・仕訳機能・e-Tax対応があるfreee・弥生会計シリーズなどが上位に来て、ないものは下位になりました。
「使い勝手だけではなく、費用面のランキングもチェックしたい」
そんな方のために、次の見出しで個人事業主向けの会計ソフトを費用面でランキングにまとめています。

「自動取引取込や自動仕訳って便利だけど、お金の出入りがどのようにして記録されているのかを知りたい」
こんな方は、複式簿記の基本を学ぶと良いでしょう。
複式簿記を学んでおくと企業の決算書も難なく読めるようになり、実用的な効果が期待できます。
青色申告をするための一手段とだけ捉えると難しいかもしれないので、少しだけ趣味の勉強をしてみるつもりで下記の記事をご覧くださいね。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「確定申告」系関連記事】
Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?
【コスパ◎】青色申告は無料ソフトでも可能!エクセルなどを活用して効率良く行おう
【無料・WEBライター必見】青色申告にエクセル帳簿のテンプレートを活用しよう
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?

費用で選んだ会計ソフトランキングTop5

個人事業主向けの会計ソフトを費用で選ぶと、ランキングは以下のようになります。
–個人事業主向けの会計ソフト 費用ランキング–
・第1位:やよいの白色申告
・同率1位:円簿会計
・第3位:やよいの青色申告
・第4位:マネーフォワードクラウド確定申告
・第5位:freee

上記のランキングになった根拠は以下をご覧ください。

サービス名 月額料金 年額料金 無料期間
freee ・スターター:1,628円

・スタンダード:2,948円

・スターター:12,936円

・スタンダード:26,136円

・プレミアム:43,780円

30日間
やよいの青色申告 なし ・セルフプラン:9,680円

・ベーシックプラン:15,180円

・トータルプラン:

26,400円

セルフプラン・ベーシックプラン:1年間
やよいの白色申告 無料 無料 永久
マネーフォワードクラウド確定申告 ・パーソナルミニ:1,078円

・パーソナル:1,408円

・パーソナルミニ:10,560円

・パーソナル:12,936円

・パーソナルプラス

:39,336円

1ヶ月間
円簿会計 無料 無料 永久

円簿会計とやよいの白色申告は完全無料で使える点が大きいため第1位になりましたが、freeeは月額・年額料金の高さから第5位となりました。
個人事業主にとって費用面だけで会計ソフトをランキング付けして選ぶと後で必要な機能が入っていなくて損をすることもあるので、先にご紹介した「利便性に優れた会計ソフトランキング」も見ながらご自身に合ったものを探してみてくださいね。

個人事業主がランキングを参考に会計ソフトをフル活用するコツ

会計ソフトはあらゆるビジネスオペレーションの助けになるツールであり、個人事業主にとって特に有益です。その多機能性と使いやすさにより、複雑な会計作業を時が経つにつれて簡単になります。会計ソフトは、会計処理の自動化・正確なレポート作成・経費管理・予算作成など、さまざまな機能を提供します。個人事業主は会計ソフトの使い方を理解し機能を効果的に活用することで、よりスムーズなビジネスが可能となるでしょう。

経費管理機能を活用する

個人事業主にとって、ランキングでご紹介した会計ソフトは経費管理のための優れたツールとなります。優れたソフトウェアは、財務情報を一元化して紛失や間違いを防ぐことが可能です。経費を効果的に追跡する一つの方法は、毎日の経費をカテゴリ別に分けることです。レシートもデジタル化して保存し、必要な際にすぐにアクセスできるようにします。
さらにこまめに経費を記録し、漏れがないようにすることも重要です。
時間と労力を節約し、確定申告や経費精算を楽にできるでしょう。また、大切なデータが失われる心配もありません。
このように個人事業主は、ランキングで取り上げた会計ソフトの経費管理機能をフル活用すると良いでしょう。

「効率的に経費を管理して事業を軌道に載せていきたいんだけど、そもそもどんな支出が経費にできるのかがわからないな」
このような個人事業主の方は、以下の記事をご覧ください。
Webライターを例に、経費計上のために知っておきたい「経費にできる支出内容」を含むさまざまなお役立ちポイントを解説しています。
経費計上のメリットや「按分」などもご紹介しているので、個人事業主を始めたばかりの方は要チェックです。

Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

【「個人事業主・経費」系関連記事】
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
【2023】クラウドソーシングで確定申告しないとどうなる?主婦・学生のやり方は?
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?
おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介
社会人の仕事用におすすめのパソコン13選!クリエイターやWebライター向けは?

ガイドやサポートを活用する

個人事業主は、ランキングでご紹介した会計ソフトのガイドやサポートを活用することも重要です。
会計ソフトの使いやすさは、ユーザーが全ての利点を取得できるかどうかを左右します。
効率を大幅に向上させることができるインターフェースの能力を発揮するためにはソフト利用法の習得が必要です。ビデオチュートリアル・ヘルプセンター・ガイドなどのリソースを利用して会計ソフトの各機能を理解し、戦略的に活用できます。
また、インストール型の場合定期的にソフトウェアをアップデートすることも忘れないでください。会計ソフトに新しい機能や改良されたユーザビリティが提供され、個人事業主がより良い業績を得ることにつながるからです。
このように、個人事業主はランキングでご紹介した会計ソフトのガイドやサポートもフル活用しましょう。

【まとめ】個人事業主向け会計ソフトのランキングから選んでみよう

個人事業主向けの会計ソフトランキングを取り上げた当記事について、最後に重要ポイントをまとめます。
–当記事の重要ポイント–
●個人事業主にとって、会計ソフトは多様な機能を備えている便利なツール
●個人事業主に適した会計ソフトを選ぶ際は、使い勝手と費用を見る

自分に合った会計ソフトでストレスなく確定申告の準備を進められるよう、じっくりと選んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Cucua(ククア)に向いている人②手厚いサポートがほしい人
  2. 東京でおすすめのWebライター講座
  3. 写真 イラスト化 アニメ化 サイト アプリ 無料 アイキャッチ