Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

この記事は3分で読めます

Webライターの経費計上について

Webライターにとって、適切に経費を計上して節税することは重要です。この記事では、経費の種類や計上方法、法人化のメリットなどについて解説し、より効率的な節税対策を実践するための情報を提供します。経費計上に関する知識を身につけ、正確かつ適切に経費を計上することで、Webライターとしての収益を最大化し、ビジネスの発展につなげることができます。

目次

どんな効果がある?Webライターが適切に経費を計上するメリット

Webライターの経費計上のメリットを解説する人

税金が安くなる

経費計上で税金を安くできると語るWebライター

Webライターが仕事をする上で様々な経費がかかることは避けられませんが、経費をきちんと計上しておくことで、節税効果が得られることをご存知でしょうか。

Webライターが自宅で仕事をする場合は、光熱費や通信費などの家計費を経費として計上できます。外出する場合には、交通費・宿泊費・食事代なども経費として計上することができます。

このように適切に経費を計上すると、所得税・住民税・国民健康保険料・厚生年金保険料などの税金を減らすことができます。経費の計上によって確定申告時の納税額が軽減されるため、節税効果が期待できるのです。

Webライターに限らず、経費計上にはいくつかのルールがあります。例えば、私用と業務用を区別して計上すること、正しい領収書を保管することなどが挙げられます。また個人事業主の場合は、所得が1000万円を超える場合には消費税の納税も必要です。

※消費税の納税について知っておきたいWebライターの方は、下記の国税庁ホームページをご覧ください。
売上高が1,000万円を超える場合(消費税について)|国税庁 (nta.go.jp)

さらに、税金だけでなく、経費を適切に計上することで、ビジネスの信頼性が高まったりキャッシュフローの改善につながったりするなどのメリットもあります。Webライターとして成功するためには、経費計上について正しく理解し、適切に行っていくことが重要です。

「Webライターが納めるべき税金について、しっかりと知っておきたい」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
税金を納める義務がある人の特徴・源泉徴収・確定申告方式(青色・白色)の選び方などについて解説しています。
初めての確定申告でも迷わないよう、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など

ビジネスの信頼性が高まる

互いに信頼するビジネスパーソン(Webライターの経費計上目的)

Webライターとしてのビジネスにおいて、経費を適切に計上することはビジネスの信頼性を高める上で非常に重要な要素です。

経費を計上していないと、自己負担で支払った経費があった場合でもクライアントに請求するできません。最悪の場合収支のバランスが取れなくなってしまうことがあります。経費を計上せずにクライアント請求すると不正を疑われることがあり、信頼を失う可能性もあるのです。

一方で、経費を適切に計上しているWebライターは、経費計上によってクライアントに正しい請求書を提出でき、クライアントに対して金銭的な管理に対する最低限の取組みを示すことができます。

さらに、Webライターが経費を適切に計上していればクライアントからの信頼が増すため新しいビジネスチャンスを得ることもできます。クライアントから紹介された仕事で新規顧客を得られる可能性が出てくるのです。Webライターとしてビジネスを拡大していく上で、経費の計上は欠かせない要素の一つと言えます。

Webライターに限らず、経費を適切に計上するためにはルールを守って正しく行うことが重要です。例えば、私用と業務用を区別して計上することや、正しい領収書を保管することなどが挙げられます。Webライターが正しい方法で経費を計上すれば金銭的な管理ができていることをクライアントに示せるため、ビジネスの信頼性を高めることができます。

キャッシュフローが改善される

キャッシュフローの改善(Webライターの経費計上目的)

Webライターとしてビジネスを行う上で、経費の適切な計上はキャッシュフローの改善に繋がる施策です。

例えば、Webライターが仕事を請け負った際に自己負担で交通費や材料費を支払った場合、経費として計上するとその分をクライアントに請求できます。これにより、自己負担した分が戻ってくるためキャッシュフローが改善されます。仮にクライアントから支払いが遅れた場合でも経費を計上している場合は、自分が支払った経費との差額分をクライアントから請求することができます。

さらに、経費を計上すれば将来的なビジネスの成長につながる可能性もあります。例えばWebライターがビジネスを拡大するために新たなツールやソフトウェアを導入したときはその費用を経費として計上することで、ビジネス拡大のための必要な投資として認識されます。これによって、クライアントや顧客からの信頼性が高まり、将来的なビジネスの成長につなげることができます。

Webライターに限らず経費を適切に計上するためには、もちろん正しいルールを守ることが重要です。私用と業務用を区別して計上することや、正しい領収書を保管することなどが挙げられます。また、経費を適切に計上することは、ビジネスとしての信頼性を高めることにもつながります。経費計上は、キャッシュフローの改善だけでなく、ビジネス全体の健全性を保つためにも欠かせない要素の一つです。

支出の節約ができる

節約(Webライターの経費計上目的)

Webライターが経費を適切に計上することによって、支出の節約につながることがあります。ここでは、支出の節約について、いくつかのポイントを紹介します。

まず、Webライターは経費の正確な計上によって、無駄な支出を減らすことができます。経費を正確に計上することで、自分がどのような経費を支払っているかを把握し、無駄な支出を減らすことができます。また、経費を計上することで、適正な支払いを求めることができます。クライアントから支払いを受ける際に、経費を含めた適正な金額を請求することができます。これによって、Webライターはクライアントとの信頼関係を構築し、将来的なビジネスの機会を生み出すことができます。

次に、Webライターは経費の適正な計上によって、節税効果を得ることができます。経費を計上することで、所得税や法人税などの税金を節約することができます。特に、経費の適正な計上は、Webライターが将来なる可能性がある個人事業主やフリーランスなど、個人レベルの所得税に大きな影響を与えることがあります。Webライターは経費を正確に計上することで、自己負担を最小限に抑えることができ、税金の節約につながります。

※支出の削減にはクラウドサービスの活用も有効です。例えば、ファイル共有サービスを利用することで、書類の印刷や郵送などのコストを削減することができます。また、クラウドストレージを利用することで、外出先でも必要な書類にアクセスできるため、時間の節約にもつながります。
もし使用していないWebライターの方は、経費の削減にもつながるため積極的に利用を検討してみましょう。

経費を計上すると、経費に関するトラブルを防ぐことができる

トラブル防止(Webライターの経費計上のメリット)

経費の計上は、Webライターに限らず企業経営において欠かせない業務の一つです。経費を正確に計上することで、経費に関するトラブルを防ぐこともできます。

経費に関するトラブルは、企業経営にとって深刻な問題となり得ます。例えば、経費の不正請求や架空請求、横領などです。これらのトラブルが発生すると税金の問題・信頼性の低下・その他法的な問題など重大な悪影響が出る可能性があります。

こうしたトラブルを防ぐためには、経費の正確な計上が必要不可欠です。経費を正確に計上することで、架空請求や不正請求などの問題を防ぐことができます。また、経費の計上に関するルールやマニュアルを徹底することで、経費に関するトラブルを未然に防止することもできます。

さらに、経費の計上には、正確なデータの収集や、領収書の保管などが必要となります。これらの業務を正確に行うことで、経費に関するトラブルを未然に防止することができます。また、経費の計上には、データの整理や分析なども必要となります。これにより、不正請求や架空請求を発見することができ、問題を早期に解決することができます。

以上のように、経費の正確な計上はWebライターを抱えるクライアントに限らず企業経営において欠かせない業務の一つであり、トラブル防止にも大きな役割を果たします。経費に関するトラブルは、企業にとって多大な被害をもたらすことがあるため、経費の計上には十分な注意が必要です。
クライアントに迷惑をかけないためにも、Webライターは経費の計上について正しい理解と実践が求められます。

経費を計上すると事業費を明確化できる

事業費明確化(Webライターの経費計上目的)

Webライターとして事業を行う上で、経費の計上は事業費明確化の観点からも重要です。

例えば、執筆に必要なソフトウェアや書籍、オウンドメディアの維持費など、どのような事業費が発生しているのかを明確にすることができます。

正確な事業費の把握は自分の事業を適切に評価するためにも重要です。例えば、自分の事業費がどの程度かかっているかを把握することで、黒字か赤字かがわかります。また、自分の事業費を把握することで、将来の事業計画の立案にも役立ちます。

さらに、事業費を明確にすることで、税務署とのトラブルを未然に防ぐこともできます。税務調査があった場合に経費を明確に把握していれば、スムーズに対応することができます。

以上のように、Webライターの経費の計上には税金の節約やビジネスとしての信頼性の向上など様々なメリットがありますが、事業費の明確化もその一つです。Webライターは経費を正確に計上することで自分の事業費を明確に把握し、事業の評価や将来の計画立案に役立てることができます。

Webライターが経費にできる支出内容

Webライターの経費計上可能な項目が気になる人

1. パソコンやスマートフォンの購入費用

パソコン・スマホ(Webライターの経費計上可能な内容)

Webライターが経費にできる1つ目の支出内容は、パソコンやスマートフォンの購入費用です。
Webライターにとって、パソコンやスマートフォンが欠かせないものであることは言うまでもありません。仕事で使用するために最新の機能や高性能なものを使いたいという人も多いでしょう。このような機器の購入費用は、経費計上が可能なものの一つです。

ただし、購入した機器をすぐに全額計上するのではなく、長期間に渡って使用することを前提に適切な期間に分割して計上する必要があります(減価償却)。

※減価償却については、下記の国税庁ホームページをご覧ください。
No.2100 減価償却のあらまし|国税庁 (nta.go.jp)

※青色申告者の場合、少額減価償却資産を損金として算入可能です。
適用条件などについては、下記の国税庁サイトからご覧いただけます。

No.5408 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例|国税庁(nta.go.jp)

また、パソコンやスマートフォンのアップグレード費用や修理費用も経費計上が可能な場合があります。ただし、修理費用については、機器を私用で使用している場合は経費計上ができないことがあります。

経費計上をする場合には、購入した機器に関する明細書や領収書をきちんと保管しておくことが必要です。また、機器の購入前には、税務署のガイドラインや専門家のアドバイスを参考にすることをおすすめします。

なおパソコンやスマートフォンの購入費用は、その他の機器や備品と同様事業に必要な支出として計上されるので、所得税や法人税などの税金を安く抑えることが可能です。

Webライターが適切な節税を行うためには、経費計上に関するルールや法律に詳しくなる必要があります。また、必要な書類の作成や保管、申告など、手続きに関する知識も必要です。Webライターは経費の計上について必要に応じて専門家に相談・勉強するとより効果的な節税が可能となるでしょう。

「限られた予算内で、質の高いパソコンがほしい!」
こうお考えのWebライターは、下記の記事をご覧ください。

価格重視のモデルからハイスペックモデルまで計21のデバイスを揃えているので、自分に合いそうな1台が見つかるかもしれません。

おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介

【その他パソコン系記事】
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?
webライターにおすすめのノートパソコン8選!未経験者向けに仕事の始め方も解説
webライター向けの安いパソコン!Office付きSurfaceやMacBookは?
【新品】安いパソコンのおすすめは?Office付き・選び方・周辺機器など
ブロガー・ライターにおすすめのパソコンをご紹介!Windows・Macはどっち?
フリーライターのパソコン選びのコツ!おすすめ機種・あると便利な周辺機器もご紹介

2. インターネット接続費用

ネット接続で作業(Webライターの経費計上可能な支出)

Webライターが経費に計上できる2つ目の支出内容は、インターネット接続費用です。
自宅や外出先でのインターネット接続費用は、経費に計上することができます。

例えば、自宅でインターネット回線を契約している場合は、回線料金やプロバイダーの利用料金などが経費として計上できます。また、外出先でのインターネット接続に使うWi-Fiルーターやスマートフォンのデータ通信費用も経費に計上することができます。

ただし、自宅でのインターネット回線はプライベートな用途にも使われるため必要な費用のみを計上する必要があります。また、スマートフォンのデータ通信費用も、ビジネス用途のみ計上できます。

このように、Webライターはインターネット接続費用を経費に計上することでビジネスコストとして認められ、節税効果が期待できます。定期的に発生する費用であるため、キャッシュフローの改善にもつながります。
契約したネットワークはWebライター以外にプライベートな用途にも使われることがあるため、適切な範囲内での経費計上が求められます。

「日々のネット接続費用を安くしたい…」
こんなWebライターの方には、クラウドSIMやポケット型WiFiの利用がおすすめです。
光回線やホームルーターより安いので、速度はやや落ちるもののお得に使えます。
クラウドSIM・ポケット型WiFiについては、それぞれ下記の記事をチェックしてみてくださいね。

【比較】主婦におすすめのクラウドSIM8選!ポケット型Wi-Fi・eSIMとの違いなど

主婦におすすめのポケット型Wi-Fiランキング14選!レンタル・購入・無制限など

3. 備品購入費用

備品購入(Webライターの経費計上可能支出)

Webライターが経費に計上できる3つ目の支出内容は、備品購入費用です。
Webライターがスムーズに業務を行うためにはノートパソコンやスマートフォン以外にも、ヘッドフォンやマウスなどの周辺機器・机や椅子などの家具類・文具などが必要となります。

これらの備品はWebライターの仕事の質や効率にも大きく影響するため、これらの備品購入費用も経費として計上可能です。

例えば、Webライターが専用のデスクや椅子を購入する場合、その費用は経費として計上できます。また、自宅で仕事をする場合には、自宅の電気代や水道代、ガス代も経費として計上できます。

ただし、備品購入費用については、個人的な趣味や嗜好に関するものは経費として計上できません。例えば、Webライターが趣味で買った音楽CDや映画DVDなどは、経費として計上できません。

また経費として計上できる備品購入費用は、必ずしも高額なものばかりではありません。たとえば、文具や事務用品も経費として計上することができます。これらの小物はそれほど高額ではありませんが、仕事をする上で欠かせないものだからです。

Webライターが備品購入費用を経費として計上すればビジネスに必要な備品を適切に購入することができ、仕事の効率化にもつながります。また限られた予算内で備品を購入すると個人的な趣味や嗜好への支出を減らせるため、節約にもつながります。

4. 通信費用

Webライターが経費にできる支出内容の通信費用イメージ

Webライターにとって、クライアントとのやりとりや記事執筆に必要な情報収集などでインターネットを利用することは欠かせません。そのため、インターネット接続費用も経費に計上することができます。

具体的には、自宅やオフィスで利用するインターネット回線の利用料金や、モバイルデータ通信の利用料金などが挙げられます。また、クライアントとのやりとりに利用する電話代や、通信アプリの利用料金も、通信費用として経費に計上することができます。

ただし、個人的な趣味や娯楽に利用するためのインターネット接続費用は、経費に計上できません。また、通信費用についても同様に、ビジネスに関係のないプライベートな通話や通信にかかる費用は、経費に計上できません。

適切な経費計上のためには、通信費用やインターネット接続費用の明細を保存しておくことが重要です。クレジットカードの明細や領収書、請求書などを保存しておき、必要に応じて確認できるようにしておくことが大切です。また、経費として計上する前に、ビジネスに必要なものかどうかをしっかりと判断することも重要です。

4. セミナー参加費用

セミナー参加(Webライターの経費計上可能支出)

Webライターが経費に計上できる4つ目の支出内容は、セミナー参加費用です。Webライターはセミナーに参加することで、自分のスキルアップやネットワークの拡大などのメリットがあります。

具体的には、Webライターが関心のある分野のセミナーや勉強会に参加する場合、参加費、交通費、宿泊費などを経費として計上することができます。ただし、計上できる金額には上限があるため、事前に確認しておくことが重要です。

また、セミナーに参加することで、新しい知識や技術を習得することができます。Webライターにとっては、最新のSEOやコンテンツマーケティングの知識を学ぶことができるため、自分自身のスキルアップにつながります。その結果、自分の提供するサービスの質が向上し、クライアントからの評価も上がることが期待できます。

また、セミナーには同じ分野の人たちが集まるため、自分のネットワークを拡大することができます。Webライターとしての仕事をする上で、クライアントやパートナーを見つけることができるかもしれません。また、自分が参加したセミナーをブログやSNSで紹介することで、自分自身のPRにもつながることがあります。

セミナーに参加すると時間やお金を投資することになります。そのため、自分自身がどのようなスキルアップやネットワークの拡大を求めているかを明確にして、参加するセミナーを選択することが重要です。また、セミナーに参加する際には、あらかじめクライアントとのスケジュール調整を行い、業務に支障が出ないようにすることが大切です。
以上の注意点を守って、Webライターは経費に計上できるセミナーに参加すると良いでしょう。

「Webライターの技能を高められるお得なセミナー・講座を探している」
このような方には、次の関連記事がおすすめです。
人気のWebライター講座を厳選して約20ご紹介しているので、あなたに合ったセミナー・講座が見つかるでしょう。

0円養成講座も|Webライタースクールおすすめ比較ランキング!メリット・選び方など

【その他「Webライター講座」系記事】
【評判】webライター講座 ウェブタスの口コミ!料金・おすすめ他スクールとの比較も!
ウェブタスメディアスクールが怪しい理由・評判は?料金も解説
【資料請求注意】ユーキャンでwebライターの資格を取得できる?他講座との比較も!
【評判】webライター講座 SHElikesの口コミは?料金や特徴・他スクールとの比較も!
【評判】webライター講座 Cucua(ククア)の口コミは?特徴や料金・他スクールとも比較!
【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!
【たのまな】WEBライティング講座の口コミ評判!料金・添削は?ユーキャンなどのおすすめと比較!
【評判】YOSCA あなたのライターキャリア講座の口コミ!特徴・料金・他スクールとも比較
【口コミ評判】フラウネッツのWEBライターオンライン講座はどう?初心者におすすめのライティングスクールとの比較など

6. 交通費用

交通費(Webライターの経費計上可能支出)

Webライターが経費に計上できる5つ目の支出内容は、交通費です。
Webライターは取材や打ち合わせなどで外出する場合、電車やバス、タクシーなどの移動費用、駐車場代や高速道路料金などを経費に計上できます。

交通費用の節税対象となる金額には、移動手段によって異なる基準があります。たとえば、電車やバスを利用する場合は、運賃を全額、タクシーを利用する場合は、基本料金と走行距離に応じた距離別料金の合計額を計上できます。

また、交通費用に関しては、移動の目的や内容に応じた区分が重要になります。たとえば、取材や打ち合わせ、セミナー参加などの場合は、交通費用を経費に計上できますが、プライベートな用事や通勤に関する交通費用は節税対象となりません。

交通費用の節税には、正しい領収書の取り扱いが重要です。交通機関の運賃に関しては、運賃証明書や領収書が必要となります。また、タクシーを利用する場合は、領収書の発行が義務付けられているため、必ず受領しましょう。領収書がない場合は、経費として計上することができません。

さらに、交通費用の計上には、計算ミスや請求書の漏れなど、トラブルが起きないように注意することが必要です。交通費用の計上には、正確な金額や内容を把握し、適切な書類を保管することが大切です。また、請求書に記載された内容が事実に反していないか、適正かどうかの確認も必要です。これらの対応を怠ると、Webライターの節税効果が得られないばかりか税務署からの指摘を受ける可能性があります。

交通費用は、一部のWebライターにとって必要不可欠な経費の一つです。適切に計上し、節税効果を最大限に引き出すことが重要です。

7. 広告費用

広告による利益のデータ(Webライターの経費関連)

Webライターが経費に計上できる6つ目の支出内容は、広告費です。
Webライターがブログなどでビジネスを展開するために必要なのは多くの人々に知ってもらうことです。広告費用はビジネスを成長させるために必要不可欠なものであり、Webライターにとっても同じことが言えます。

広告費用には、様々なものがあります。例えば、ウェブ広告、テレビ広告、ラジオ広告、新聞広告、雑誌広告などがあります。これらの広告費用は、広告内容によって異なるため、Webライターが使うべき費用を選択する必要があります。

Webライターが広告費用を使うことで、ビジネスを展開するために必要なマーケティング戦略を実行することができます。また、広告を通じて多くの人々に自分たちの存在を知ってもらうことができ、知名度を上げることができます。さらに、広告費用を使って新規顧客を獲得することができ、収益を増やすことができます。

Webライターが広告費用を使う際には、以下のようなポイントに注意する必要があります。

項目 内容
目的を明確にする 広告を出す目的を明確にし、それに適した広告媒体を選択する必要がある。
予算を設定する 広告費用には、多くのお金を使うことができますが、予算を設定することが重要です。無計画な広告費用の使い方は、無駄になってしまうことがあります。
ターゲットを明確にする 広告を出すターゲットを明確にすることが重要です。ターゲットに応じて、広告内容を変更することができます。
広告効果を測定する 広告の効果を測定することが重要です。広告費用を使っても、効果が出ていなければ意味がありません。効果を測定することで、広告内容を改善することができます。

以上のように、広告費用はWebライターにとって非常に重要なものです。

広告費用について、Webライターが経費に計上できるものとしては、以下のようなものがあります。

Webライターが経費に計上できる広告
・Google AdWordsなどの広告配信費用
・SNS広告配信費用
・ブログランキングサイトへの広告費用
・オンラインサロンへの広告費用

これらの広告費用は、Webライターが自分のサイトやブログの集客や売上アップにつなげるために必要なものであり、経費として計上することができます。

また、広告費用を経費として計上することで、広告費用が売上原価として認識され、税務上の優遇措置が受けられる場合があります。具体的には、売上原価として計上された広告費用は、税務上の課税対象となる所得から差し引かれ、税金が安くなる可能性があります。

ただしWebライターの広告費用は必ずしも経費として計上できるわけではなく、内容や配信先によっては経費として認められない場合があります。詳しくは税理士や会計士などの専門家に相談することが重要です。

8. その他の経費

他の雑多な項目(Webライターの経費)

Webライターが経費に計上できる支出内容には、ここまでご紹介してきた支出以外に様々なものがあります。例えば、専門書や雑誌の購入費用、文章作成に必要なソフトウェアやアプリの購入費用、コピー代や印刷代、外注費用、電話代やFAX代などが挙げられます。

これらの支出も、Webライターが仕事に必要なものであれば、経費として計上することができます。ただし、必ずしもすべての支出が経費になるわけではなく、必要性や適切性が問われることもあります。そのため、税理士や会計士に相談して、経費の計上が適切かどうかを確認することが重要です。

また、経費の計上には、必要な書類や証拠が必要となります。具体的には、領収書や請求書などの書類が必要です。これらの書類は、支払い時に確実に受け取り、整理して保管しておくことが大切です。

さらに、経費の計上には、計上方法や範囲、計上額などのルールがあります。例えば、交通費については、移動距離や交通手段、交通費の上限などが定められています。これらのルールに従って経費を計上することで、適切な節税ができます。

経費の計上には、注意点やルールが多くありますが、正しく計上することで節税効果が得られるだけでなく、ビジネスの信頼性やキャッシュフローの改善など、多くのメリットがあります。Webライターがビジネスを拡大するためには、経費の計上を適切に行い、節税効果を最大限に活用することが重要です。

Webライターが経費計上する際の「按分」について

経費の按分を示すWebライター

そもそも按分とは

電源の共有(Webライターの経費関連:按分)

Webライターが知っておきたい「按分(あんぶん)」とは、支出の一部が複数の目的で使用された場合に、その割合を算出して経費を計上することです。

例えば、Webライターが自宅で仕事するときは電気代やインターネット代などの家計費を経費に計上することができますが、私用や家族の使用があるため全額を経費に計上することはできません。このような場合に、「按分」を行い、業務に使用した額だけを経費として計上することが求められるのです。

按分はWebライターに限らず経費を適正に計上するために必要な手続きの一つであり、法律に基づいて計算されることが要件とされています。按分を行う場合は計算方法を適切に把握し、正確な割合を算出する必要があります。

Webライターが経費計上のために按分を行う場合、各項目ごとに事前に割合を決めておくことが望ましいです。割合を決める際には業務内容・使用期間などを考慮します。割合を決める際には適正な根拠を示すためにも、記録が必要です。

按分のやり方

按分のやり方(Webライターの経費)

Webライターの支出には業務用と私用が混在しているものがあります。このような場合、業務用と私用の部分を分けて業務用の支出のみを経費計上する必要があります。

按分のやり方は大きく分けて二つあります。一つは実際の使用時間や面積に応じた方法…(a)、もう一つは時間や面積のみならず業務に関する負担度に応じた方法…(b)です。

(a)の例を示しましょう。例えば自宅の光熱費のうち事務で使われる部屋の床面積が家全体の床面積の1/4だった場合、光熱費の1/4を経費として計上できます。

(b)は少々複雑です。例えば自宅を事務所として使用しているときは電気のすべてが業務用というわけではないので、自宅を事務所として使用することで家族の生活に影響を与えている場合は次のように調整する必要があります。

業務に関する負担に応じた按分の例
ある月の電気料金が13,400円で、業務時間が1日8時間・週6日のとき
・1週間の業務用利用期間:8×6=48時間
・1週間すべての時間:168時間
・業務に使った期間が1週間に占める割合:48/168≒28.5%
・経費に計上できる金額:13,400×28.5%=3,819円

以上のように、按分はWebライターの経費計上の際に欠かせない重要な手法です。業務用と私用が混在している場合には適切な按分方法を選択し、正確に経費計上するようにしましょう。

Webライターが経費を計上する際の注意点

Webライターの経費計上で注意する点を思い出す人

1. 会社との契約を結ぶ

契約(Webライターの経費処理に必要)

Webライターが経費を計上する際に注意すべき第一のポイントは、会社との契約を結ぶことです。契約を結ぶことで支払いが法的に認められ、会社との関係が明確になります。また、契約によってどのような経費が計上できるのか、計上方法はどのようになるのかといった細かな条件が記載されるため、計上に必要な情報が整理されます。

契約内容は雇用契約書や業務委託契約書などに記載されます。これらの契約書には、契約期間・報酬・勤務時間・仕事の内容・経費計上方法・支払い方法などが明記されています。契約書は両者が同意した書面として法的に有効なものとなります。

Webライターが経費を計上する際には、契約書に明記された計上方法に沿って必要な書類を作成し、会社に提出する必要があります。契約書に定められた範囲内でしか経費を計上することができないため、契約書をしっかり確認することが大切です。

会社との契約を結ぶことで、支払いが滞った場合にも法的に対処することができます。契約書に支払い期限や遅延時の対応が明記されているため、納期や支払いが遅れた場合にも適切に対応してもらえるからです。契約書があれば会社とのトラブルを未然に防ぐこともできます。

以上の理由から、Webライターが経費を計上する際には会社との契約を結ぶことが必要不可欠です。

2. 計上する経費の明確化

項目を記録(Webライターの経費計上)

Webライターが経費を計上する際に注意することの一つに、計上する経費を明確にすることが挙げられます。どのような経費を計上してよいのか、どのような項目に分類すればよいのかを把握することが重要です。

経費の明確化には、まず自分がどのような業務を行っているかを考えることが必要です。Webライターとして執筆業務を行っている場合、パソコンやスマートフォン、インターネット接続費用、備品購入費用、通信費用、セミナー参加費用、交通費用、広告費用などが経費にあたります。

それぞれの項目について、どのような費用が含まれるのかを明確にすることが必要です。たとえば、パソコンやスマートフォンの購入費用には、本体価格だけでなく、周辺機器や保証料金、ソフトウェア購入費用などが含まれます。インターネット接続費用には、回線利用料金やWi-Fiルーターのレンタル費用などが含まれます。

また、経費の明確化には、領収書や請求書などの書類を保管することも重要です。これらの書類は、経費の計上や確認に必要となるため、きちんと整理して保管しておく必要があります。

経費の明確化により、どのような費用が経費にあたるのかが明確になります。これにより、無駄な支出を避けたり、必要な支出を見落とさないようにすることができます。また、Webライターの確定申告時にもスムーズに経費の計上ができるようになります。

経費の証拠を残す

支出を記録(Webライターの経費計上)

Webライターが経費を計上する際に大切なのは経費の証拠を残すことです。経費の証拠とは、購入したレシートや請求書、領収書などの書類で、これらの書類を残さないと経費として認めてもらえない場合があります。

Webライターが経費の証拠を残す際には、以下の点に注意する必要があります。

まず、書類を紛失しないように保管することが大切です。書類を保管する場所は紛失しにくく、アクセスしやすい場所にすることが望ましいです。例えば、ファイルにまとめたりクラウド上に保存したりする方法があります。定期的に整理を行い、不要な書類は捨てることも重要です。

次に、Webライターが証拠を残す際には経費の計上に必要な情報を書き込んでおくことが大切です。例えば、レシートに記載された購入商品の内容・金額・日付・場所の情報を正確に書き込んでおくことで、後から確認する際にも迅速に対応することができます。

さらに、Webライターが経費の証拠を残す際にはデジタル化する方法もあります。例えば、スマートフォンで写真を撮ることで、レシートや請求書をデジタルデータとして残すことができます。ただし、データの管理には注意が必要です。適切に整理して保存しておくことで、必要な場合にスムーズにアクセスできるようにしておきましょう。

Webライターは経費の証拠を残すことで税務調査に備えるだけでなく、経費の精算にも役立ちます。しっかりと証拠を残し、経費を計上することで、Webライターとしてのビジネスをより効率的かつ合法的に進めることができます。

交通費については注意が必要

雪の中を進む普通列車(Webライターの経費関連)

Webライターが経費計上をする際には、交通費に以下のような制限がある点に注意が必要です。

まず、通勤に関する交通費は原則として経費計上できません。通勤は個人の責任であるとされ、会社としては経費計上することができないためです。ただし、一部の場合には交通費として計上することができます。例えば、一時的な出張や業務で異なる拠点に移動する場合などです。

また、交通費には上限金額が設定されている場合があります。具体的には、タクシー利用時の上限金額や、交通機関の特急料金などが上限金額を超える場合、差額分は自己負担となることがあります。

さらに、交通費の経費計上には領収書の提出が必要な場合があります。交通機関を利用する場合には運賃の領収書を取得し、保管しておく必要があります。タクシーを利用する場合には、タクシー会社からの領収書が必要となります。これらの領収書は、経費計上の証拠として大切です。

最後に、交通費には個人的な要素が含まれることがあります。例えば、旅行中に交通機関を利用する場合や、タクシーでの移動が必要な場合などです。これらの場合には個人的な要素が強いため経費計上することはできません。Webライターが交通費を経費計上する際には、これらの点に注意して計上する必要があります。

消費税については必ず確認する

消費税の計算(Webライターの経費計上で要チェック)

Webライターが経費を計上する際に注意すべき点の一つは、消費税についての確認です。消費税は原則として全ての商品やサービスに課される税金であり、Webライターが支払った消費税も経費として計上することができます。

消費税には様々なルールがあり、Webライターが適切に計上するためにはそれらを把握しておく必要があります。

まず、経費に関する消費税は原則として請求書の金額に含まれるものとされています(例外あり)。つまり、Webライターが支払った金額にはすでに消費税が含まれているということです。例えば税込100円の商品を購入した場合、内訳は商品代金90円と消費税10円となります。この場合、Webライターが経費として計上するべき金額は100円ではなく、90円です。

※軽減税率が導入されている商品もあります(食料品や書籍、新聞など)。Webライターがこれらの商品を購入し、経費として計上する場合には、軽減税率が適用された金額を計上する必要があります。

Webライターが節税のために経費を計上する際には、上記のような消費税に関するルールを理解しておくことが大切です。

個人的な支出は経費に計上しない

経費に個人的な支出を含めるなと訴えるWebライター

Webライターが個人的な支出を経費に計上しないよう注意する必要があります。個人的な支出とは、業務とは関係のない個人的な目的で支出する費用のことです。例えば、私用の食事代や旅行費などが含まれます。

個人的な経費を計上してしまうと、税務署から課税対象とされる可能性があります。また、会計処理が正しく行われていない場合、税務署から追徴課税の請求を受ける可能性もあります。これらの問題を避けるためにも、個人的な経費は計上せず、必要な経費のみを計上するようにしましょう。

経費は業務に直接関係する支出であることが必要です。例えば、Webライターの業務で使用するパソコン・専門誌の購入費用や、業務で使用する携帯電話の通信費用などが含まれます。これらの支出は、業務の遂行に必要不可欠なものなので必要経費となります。

ただし業務と個人の境界が曖昧な場合には、業務で使っている分だけを切り取って経費に計上できる場合があります。
例えば、自宅を事務所として使用している場合一部の家賃や光熱費を経費として計上することが可能です。
この「業務で使っている分の支出を切り取る」方法については、「按分」の箇所で解説しています。

最後に、個人的な支出と経費を明確に区別することが重要です。経費の計上においては、支払った金額や領収書を正確に管理することが求められます。明細書やレシートなどを保管し、税務署からの調査に対応できるようにすることも必要です。Webライターが経費の計上について不安な点があるときは、会計士など専門家への相談をおすすめします。

交際費については限度額がある

経費としての交際費の無駄遣いを疑うWebライター

Webライターが経費を計上する際に注意しなければならないポイントの一つに、交際費があります。交際費とは、お客様や取引先などとの商談や会食にかかる費用のことです。

Webライターが交際費を経費として計上する場合、注意しなければならないことがあります。まず、交際費には限度額があります。交際費の限度額は、原則として1回あたり1人あたり5,000円までとされています。ただしこの限度額はあくまでも目安であり、具体的な金額は会社の方針や業種によって異なります。

また、交際費を計上する際には領収書の取得が必須です。領収書には、交際相手の名前や役職・日付・場所・飲食代金の合計金額などが明記されている必要があります。領収書の裏には、交際の目的や内容が記載されていることが望ましいです。これらの情報を含んだ領収書を確実に取得し、保管しておくことが重要です。

交際費はビジネスにおいて重要な役割を果たしますが、交際費をむやみに使えば当然ながら経費の無駄遣いとなります。交際費の節約にも取り組むことが大切です。例えば、会食をする際には割引クーポンを利用する、ランチにする、自宅でお茶をするなどの方法があります。

以上のようにWebライターが交際費を経費計上することには、細心の注意が必要です。適切な計上により節税効果を得ることができますが、不適切な計上は税務署の調査の対象になる可能性があります。経費計上前に必ず会社のルールや税務署のルールについて確認しましょう。

Webライターに限らない交際費の経費計上について、詳しくは下記の国税庁サイトからご覧いただけます。

No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算

経費の計上は早めに行う

時計とコイン(早めの経費計上がWebライターに求められる)

Webライターが経費を計上する際に注意すべきことの一つに、経費の計上を早めに行うという点があります。経費を計上する際は、その支払いがあった月の期末までに計上することが原則とされています。できるだけ早めに計上しておくことで、経費の把握や管理がしやすくなります。

例えば交通費を支払った後にそのまま放置せず支払い時にその都度経費として計上しておけば、後でまとめて計算する手間を省くことができます。また、支払いを忘れたり請求書を紛失してしまったりするリスクも減らすことができます。

さらに、経費を早めに計上することで、会計処理のスムーズ化につながります。まとめて後で計算すると、一度に大量の経費を計上しなければならなくなり処理に時間がかかる場合があります。しかし、支払い時にその都度計上しておくことで、処理をスムーズに行うことができます。

また、経費を早めに計上することで、会計の精度も向上します。経費を計上する際には、必要な書類を整理し、正確な金額を把握する必要があります。支払い後にまとめて計算すると細かい金額や書類を見落としてしまう可能性がありますが、支払い時にその都度計上することで、正確な金額や書類を把握しやすくなります。

このように、Webライターは経費を早めに計上することで経費管理の効率性や精度を向上できます。そのため、できるだけ支払い時にその都度計上するように心がけ、経費の把握や管理をスムーズに行いましょう。

経費の計上以外でWebライターが賢く節税する方法

税額計算(Webライターの経費計上関連)

1. 確定申告を正確に行う

確定申告(Webライターの経費を利用した節税)

Webライターが経費計上により賢く節税する方法の1つは、確定申告を正確に行うことです。確定申告は、収入や経費を申告して所得税や消費税などの税金を納付する手続きです。Webライターが確定申告を正確に行うことで、節税効果を期待できます。

まず、Webライターは自分が得た収入や支払った経費を正確に記録する必要があります。収入と経費の明細書を保管しておくことで、確定申告の際に必要な情報を整理しやすくなります。

また、Webライターは確定申告に必要な書類を確認することも大切です。例えば、源泉徴収票や源泉徴収されなかった場合の給与所得等の控除申告書、青色申告承認申請書などが必要となります。

さらに、Webライターは節税のために様々な控除を活用することもできます。例えば、給与所得控除や社会保険料控除、医療費控除、寄附金控除などがあります。Webライターがこれらの控除を活用することで、納付する税金額を減らすことができます。

しかし、控除を活用する際には条件を満たすことが必要です。例えば、医療費控除を受けるには、支払った医療費が所得の一定割合以上である必要があります。Webライターは、控除の条件をよく確認し、条件を満たすように経費を計上することが重要です。

最後に、Webライターは確定申告の期限に注意することも必要です。確定申告の期限は、通常3月15日までですが、年によって異なる場合があります。期限を過ぎて確定申告を行う場合には、延滞税などの罰則が課せられることがあります。

以上のように、Webライターが確定申告を正確に行うことで、節税効果を期待することができます。

「Webライターの経費による節税効果を固めるために必要な確定申告について、手順を詳しく知りたい!」
こんな方は下記の関連記事をご覧ください。
青色申告・白色申告の区分や所得基準など、初めて確定申告する際に迷いやすい事項に絞って解説しています。
確定申告をスムーズに行いたいWebライターの方は要チェックです。

【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?

【「確定申告・節税」系記事】
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど
【いくらから?】大学生Webライターは確定申告が必要?やり方・注意点などを基礎から解説

2. 消費税の還付を受ける

消費税還付(Webライターの経費による節税)

Webライターが経費の計上において節税する方法の1つは、消費税の還付を受けることです。
消費税は購入した商品やサービスの価格に含まれている税金ですが、以下の場合は消費税を多く払いすぎている場合があるため還付される可能性があります。

消費税の還付を受けられる可能性があるケース
・設備投資を行った場合
・輸出がメインの場合(売上が消費税免税・国内仕入れは課税のため)

消費税の還付を受けるためには、課税事業者でなければならない点に注意が必要です。

消費税の還付について詳しく知りたい方は、下記の国税庁サイトをご覧ください。

No.6613 免税事業者と仕入税額の還付

このように消費税の還付を受けるとWebライターはビジネスの経費を抑えられますが、消費税の還付を受けられるケースにあてはまらない場合も多いので頭の片隅に入れておく程度で構いません。

3. 損失の繰り越しを活用する

損失繰越(Webライターの経費計上による節税)

Webライターが経費計上により賢く節税するための方法の一つに、損失の繰越を活用することがあります。損失の繰越とは、ある年度に発生した損失を次年度以降の利益と相殺することにより税金を節約する方法です。

たとえばWebライターが仕事をしている際に、ビジネス上の損失が発生することがあります。具体的に言うとWebライターが執筆した記事が掲載されなかったり、取材のために移動した交通費が全て計上できなかったりした場合が挙げられます。このような場合、Webライターはその損失を確定申告の際に申告することで次の年度以降の利益と相殺することができます。

ただし、損失の繰越期間は最長9年間(平成30年4月1日以後に開始した事業年度における欠損金(損失)繰越は10年)までと定められています。繰越期間内に利益が出ない場合は、その損失を活用することはできません。
また、青色申告者でなければ適用できない点に注意が必要です。

損失繰越については、下記の国税庁サイトもご覧ください。

No.5762 青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除

損失の繰越を活用するためには、まず確定申告を正確に行うことが必要です。また、毎年の確定申告の際に、どの程度の損失が発生しているかを把握し、適切に申告することが大切です。損失の繰越を活用することで、Webライターは無駄な税金を支払うことなく賢く節税することができます。

4. 所得税の控除を利用する

控除チェック(Webライターの経費計上による節税)

Webライターが経費計上以外で賢く節税するためには、所得税の控除を上手に活用することも重要です。所得税の控除とは、所得税を支払う際に、支払う金額から差し引かれる金額のことで、税金を節約することができます。

具体的には、以下のような控除があります。

控除の種類 説明
給与所得者控除 給与所得者に与えられる控除。55,000円〜1,950,000円。
詳細:No.1410 給与所得控除|国税庁(nta.go.jp)
基礎控除 総所得金額から誰もが差し引ける控除。2023年の基礎控除額は48万円。
詳細:No.1199 基礎控除|国税庁(nta.go.jp)
所得控除 所得から差し引かれる控除の総称。医療費控除、寄附金控除、住宅借入金利控除などがある。
詳細:No.1100 所得控除のあらまし|国税庁(nta.go.jp)
特別控除 所得控除の一種。配偶者控除や扶養控除などがある。

所得税の控除を活用するためには条件を満たす必要があるため、詳細については国税庁のサイトや税務署で確認することをおすすめします。
また、Webライターに限らず正確な帳簿をつけて控除を適用するための証拠書類を保管することも大切です。

5. 税金に関する知識を深める

経費計上のため税金について学ぶWebライター

Webライターが経費計上以外で賢く節税するためには、税金に関する知識を深めることが重要です。税金は複雑であり、知識がなければ不利益を被る可能性があります。

まず、所得税については、各種控除を活用することで節税が可能です。例えば、医療費控除や寄附金控除などがあります。これらの控除を受けるためには、正確な帳簿をつけ、必要な書類をきちんと保管することが必要です。

また、地方税についても知識を深めることが重要です。住民税や固定資産税などの税金は自治体によって異なるため、自分が住んでいる自治体の税制度について調べる必要があります。自治体によっては、軽減税率や税金免除の制度がある場合もあります。

さらに、消費税についても知識を深めることが必要です。消費税率は変更されることがあり一部の商品やサービスには軽減税率が適用されます。自分が扱う商品やサービスがどの税率に該当するかを正確に把握し、計算する必要があります。また、消費税の還付に関する制度も把握しておくことが大切です。

さらに、税務署の制度や手続きについても知識を深めることが必要です。確定申告の手続きや税務調査に対する対応など、税務署とのやり取りは正確性が求められるため、正確な知識を身につけておくことが重要です。

総じて言えることは、Webライターに限らず節税には正確な知識が必要であるということです。正確な帳簿をつけ、必要な書類をきちんと保管し、税制度や税務署の制度・手続きについて深く理解することが、賢く節税するための基本となります。

「Webライターは絶対に帳簿をつけなければいけないの?」
このように思う方もいるかもしれません。
実際のところ、帳簿をつける義務が生じるのは以下のWebライターです。

・事業所得を生じる業務を行っている
・その業務における前々年の収入金額が300万円を超える

したがって「絶対に帳簿をつけなければいけない」というわけではありません。
ただ、帳簿をつけるとお金の出入りが把握できるだけでなく事業所得として申告しやすくなる(=青色申告のチャンスあり・節税ができる)など大きなメリットがあるのも事実です。

「そんなに大事なんだったら、今のうちからしっかりと帳簿のつけ方を学んでおきたいな」
こんな方は、迷いやすい帳簿のつけ方について解説している以下の記事をぜひチェックしてみてくださいね。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「Webライター 確定申告」系関連記事】
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
【2023】クラウドソーシングで確定申告しないとどうなる?主婦・学生のやり方は?
【いくらから?】大学生Webライターは確定申告が必要?やり方・注意点などを基礎から解説
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など

6. 税理士に相談する

税理士に相談(Webライターの節税対策)

Webライターが経費に限らない節税をするために、税理士に相談することは非常に有用です。税理士は、Webライターの収入や支出の状況を把握し、最適な節税方法を提案することができます。また、税務署とのやりとりや確定申告の手続きを代行することもできます。

税理士に相談することで、Webライターは自分自身が把握していなかった節税方法を発見することができます。また、税理士が提供するアドバイスや情報に基づいて、Webライターはより効果的な節税方法を選択することができます。

税理士に相談することで、Webライターは次のようなメリットを得ることができます。

税理士に相談することで得られるWebライターのメリット
・確定申告や納税に関する手続きをスムーズに行うことができる。
・最適な節税方法を提案してもらえるため、税金を節約することができる。
・税金に関する知識を深めることができるため、将来的にも節税に役立てることができる。

税理士に相談する際には、料金や契約内容をしっかり確認することが重要です。また、信頼できる税理士を選ぶことも大切です。信頼できる税理士を見つけるために口コミ・評価・実績などを確認して、Webライターは経費以外の節税についても知識を深めていきましょう。

7. 法人化する

ビル群(Webライターの節税に法人化も有効)

Webライターが経費の観点以外からも行う可能性がある法人化とは、個人事業主や合名会社などの企業形態から、株式会社や有限会社などの法人格を持つ企業形態へと変更することを指します。法人化することによって、企業が個人ではなく法人として運営されることになります。

法人化するメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

メリット 説明
資金調達の幅が広がる 株式や債券の発行などの方法で資金調達ができ、大規模な投資や設備の導入が可能になり、経営の拡大や事業の多角化に役立つ。
税制優遇措置を受けられる 所得税の課税対象が法人に移ることで税金が低くなる場合があり、減価償却や繰延税金資産などの税制措置を利用することができる。
経営者のリスクが低減される 会社の資産と個人の資産が別になるため、経営上のリスクを低減することができる。
信用度が向上する 法人として信用を築いている場合、取引先や金融機関からの信用評価が高まり、より良い条件での融資や契約ができる可能性が高くなる。

以上のようにWebライターの法人化には多くのメリットがありますが、設立には一定のコストや手続きが必要であり、経費計上を含めて経営に関する責任がより厳格になることもあります。

「将来の法人化を目指して、今のうちからWebライターとしての収入を大きく上げていきたい」
そのような方には、次の関連記事がおすすめです。
Webライターが月収100万円を稼ぎ出す方法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【推移・本】月収100万円Webライターになるには?文章だけで月100万円稼ぐ方法!

【「Webライター 収入」系記事】
【推移・本】月収100万円Webライターになるには?文章だけで月100万円稼ぐ方法!
【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?
【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など
月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど
【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど
【プロ直伝】Webライターが月10万円を稼ぐ方法!スケジュール・おすすめのクラウドソーシングなど
【激アツ】Webライターで月5万円を得る方法!おすすめな理由・クラウドソーシングなど
【経験ゼロ】Webライターで月1万円稼ぐ方法は?月収1万円超えは簡単!
【実態調査】Webライターの実情!厳しい・儲からない・稼ぐコツなど

8. 節税対策を経費として計上する

節税対策費も経費に(Webライターの節税)

Webライターに限らず経費による節税対策とは、法律や税制に基づいて税金を節約するための取り組みのことを指します。これには、減価償却費や研究開発費、広告宣伝費などの経費を活用する方法があります。特に、節税対策を経費として計上することで、所得税や法人税の支払い額を抑えることができます。

まず、減価償却費とは、ある資産を使用する期間にわたって費用を分散して計上する方法です。具体的には、建物や機械などの固定資産について、その価値を一度に計上するのではなく、一定期間にわたって費用を分配して計上します。このため、減価償却費を経費として計上することで、企業の税負担を軽減することができます。

また、研究開発費とは、商品やサービスの開発に必要な研究費や開発費を指します。この費用は、研究開発に関する法律に基づいて、経費として計上することができます。研究開発費を経費として計上することで、法人税の減税措置を受けることができます。

さらに、広告宣伝費とは、商品やサービスを広く宣伝するためにかかる費用を指します。これらの費用は、経費として計上することができます。広告宣伝費を経費として計上することで、税務当局からの認められた範囲内であれば、法人税の減税措置を受けることができます。

しかし、Webライターに限らず節税対策を経費として計上する際には、税務上のルールを守ることが重要です。特に、税務当局から認められた範囲内での節税対策でなければ、不正な税制逃れとみなされ、罰則を受けることがあります。そのため、節税対策を経費として計上する前に、税理士などの専門家に相談することが重要です。

「節税対策について、さらに詳しく把握しておきたい!」
こんなWebライターの方は、副業・本業別に下記それぞれの記事をご覧ください。

副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など

【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など

経費を賢く計上して節税し、Webライター収入をMAXに伸ばそう!

Webライターの経費計上についてまとめる人たち

Webライターが経費を適切に計上して節税するためには、まず経費の範囲を理解し、必要な書類を整理することが大切です。また、自分での勉強や税理士への相談などを通じて税金に関する知識を深め、節税対策を考えることも重要です。節税対策としては、経費の計上を適切に行うことや法人化することが挙げられます。

経費の範囲は、業務に直接かかわる費用や交通費、通信費、外注費などが含まれます。これらの経費を適切に計上することで、所得税や消費税の納税額を軽減することができます。

必要な書類としては、領収書や請求書などの原本やコピーが挙げられます。これらの書類は、税務署の調査が入った際に必要となるため、適切に保管することが重要です。

また、税金に関する知識を深めることは、節税対策を行う上で欠かせません。例えば、給与所得者控除や所得控除、特別控除などを利用することで、所得税を節約することができます。税理士への相談も有効であり、専門家のアドバイスを受けながら最適な節税対策を行うことができます。

具体的な節税対策としては、経費を適切に計上することが挙げられます。また、法人化することで資金調達の幅が広がり、税制優遇措置を受けられるほか、経営者のリスクを低減することができます。これによって、経営拡大や事業多角化を行うための資金を調達し、信用度を向上させることができます。

総じて言えることは、Webライターに限らず適切な知識や書類の整理、節税対策の実施が経費を適切に計上し、節税するために欠かせない要素であるということです。

「Webライターができる経費計上以外の節税対策について、さらに詳しく把握しておきたい」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。

Webライターが納めるべき税金の種類や控除・申告方法による節税テクニックを詳しく解説しています。
副業・本業など事業規模や取り組み方に合わせた節税方法が見つかるので、確定申告の準備にお役立てくださいね。

Webライターが節税するコツ!経費計上・副業・事業所得・青色申告のあれこれ

【「確定申告・節税」系記事】
2023|確定申告が必要な人・必要でない人とは?会社員・主婦・在宅ワーク・フリーランスなど
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど
【いくらから?】大学生Webライターは確定申告が必要?やり方・注意点などを基礎から解説

「Webライターとしてのスキルを効率良く高められる講座はない?」
こう考えている方には、藤崎のWebライター講座がおすすめです。
下記の記事では、個々のレベルに合わせて最適な指導をきめ細かく受けられる藤崎のWebライター講座について口コミ評判を交えながら解説しています。
少しでも気になる方は、サクッとチェックしてみてくださいね。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライター未経験者のためのブログの始め方
  2. 未経験・30代からWebライターを始める方法とは
  3. 「Webライターはやめとけ」との噂を痛感した人
  4. Webライターの始め方・おすすめライティング講座が知りたい高校生
  5. 安いパソコンのおすすめ(Office付きなど)モデル。新品を中心にご紹介。
  6. Webライター未経験の主婦がブログなどで稼ぐコツ

目次