画像SEO対策のコツ・注意点|altテキスト・サイズ・イラスト・データファイル名は?

この記事は10分で読めます

画像によるSEO対策(ファイル名・alt属性など)を行う様子

WebサイトのSEO対策において、画像は重要な要素の1つです。適切なファイル名やalt属性、サイズの最適化、テキスト周辺の最適化など、画像に対する適切な対策を行うことで、検索エンジンでの表示順位の向上やユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。本記事では、画像でのSEO対策のコツ・重要性・注意点などを詳しく解説しています。

画像でSEO対策するコツ

画像によるSEO対策のコツを解説する人

イラストを含む画像でSEO対策をすることは、コンテンツの充実度を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンに情報を提供するなど、多くのメリットがあります。そのため、適切なファイル名を付けたり、alt属性を設定する、画像のサイズを最適化する、重複した画像を避けるなど、いくつかのコツがあります。これらの方法を実践することで、検索エンジン上での表示順位を上げることができます。しかし、画像の過剰な使用や適切なキーワードを使用すべき点には注意が必要です。過剰な画像使用はページの読み込み速度を遅くする可能性があり、キーワードの乱発は読み手に不快感を与えることがあります。このような点から、イラストを含め画像によるSEO対策はバランスを考えながら実践する必要があります。

※以後、文中の「画像」にはイラストも含めて用います。

SEO対策のために画像を選ぶ際のポイント

画像選定時のポイントを示す人

SEO対策のためにウェブサイトで使う画像を選ぶ際には、目的に合った画像を選び、権利やライセンスに注意し、品質の高い画像を選ぶことが大切です。画像のサイズや形式にも注意しながら、SEO対策を行いましょう。

適切な画像を選ぶことが重要

適切な画像を選んでいる様子

適切な画像を選ぶことは、SEOにとって非常に重要です。選んだ画像が目的に合わなかったり低品質であったりする場合、ユーザーがサイトから離れる可能性が高くなります。また、著作権やライセンスに抵触する画像の使用は、SEO対策どころか法的な問題を引き起こすこともあります。適切な画像を選ぶためには、自分のサイトのテーマや目的に合わせた画像を選ぶことが大切です。また、高品質かつ目的に合った画像を選ぶことでユーザーのサイト滞在時間を延ばし、SEO効果を上げることができます。

目的に合った画像を選ぶ
SEO対策のために目的に合った画像を選ぶ男性

SEO対策のために画像を選ぶ際には、まず自分が伝えたいことや目的に合った画像を選ぶことが重要です。例えば、商品の紹介をする場合は商品画像を、イベント告知をする場合はイベントの写真を使用するなどの工夫を行うとユーザーに伝わりやすくなりSEOにも効果を発揮します。

権利やライセンスに注意する
権利やライセンスに注意して画像を選ぶ女性

SEO対策に画像を使用する際には、権利やライセンスにも注意が必要です。著作権がある場合には、その画像を無断で使用することは違法になります。SEO対策を行うなら商用利用が可能なフリー素材サイトや有料のストックフォトサイトから、ライセンスが必要な画像を使用することが重要です。

品質の高い画像を選ぶ
品質の良い画像を選ぶ人たち

SEO対策には、品質の高い画像を選ぶことも大切です。画像がぼやけていたり、ピクセルが粗かったりするとユーザーの印象を悪くし、SEO効果が下がってしまいます。また、画像の容量が大きすぎるとページの表示速度が遅くなり、ユーザーのストレスにもつながります。品質が高く容量が小さい適切な画像を選ぶことで、ユーザーの満足度を高め、SEOの評価を向上させることが期待できます。

画像のサイズと形式に注意する

画像サイズと形式への注意を与える人

画像のサイズと形式は、サイトの読み込み速度やSEOに影響を与えます。大きすぎる画像は読み込み時間を増やし、ユーザー体験を損なう可能性があります。また、適切なファイル形式を選ばない場合は、画像の品質が低下し、読み込み時間が増えることがあります。これらの問題を避けるためには、適切な画像サイズにして最適なファイル形式の採用が必要です。画像サイズの最適化には、画像編集ソフトの利用がおすすめです。また、WebPやJPEG2000などの最新フォーマットに対応すれば、画像ファイルのサイズを大幅に削減できます。これらのフォーマットは画像品質を劣化させることなくより高い圧縮率を誇るため、Webサイトの読み込み時間を改善するのに役立ちSEO効果も高くなるのです。

画像のサイズについて理解する
画像サイズがSEOにとって重要な要素ということを理解する女性

画像のサイズは、Webページの読み込み速度に影響を与えるため、SEOにとって重要な要素の一つです。適切な画像サイズを選ぶことで、ページの読み込み速度を高めることができます。画像をWebページに追加する前に、画像の実際のサイズを知り、必要に応じてサイズを縮小することが重要です。画像のサイズを縮小する場合は画質が粗くならないように注意し、SEO効果を損なわない工夫が求められます。

適切な画像形式を選ぶ
SEO対策のため適切な画像形式を選ぶ女性

SEO対策のために適切な画像形式を選ぶことは、ページの読み込み速度を向上させ、ユーザーのエクスペリエンスを改善するために重要です。画像形式には、JPEG、PNG、GIFなどがあります。JPEGは、写真などのリアルな画像に適しており、圧縮が可能です。PNGは、透過性が高く、画像の品質を維持しながら透過を実現できます。GIFは、動画のようなアニメーションに適しています。それぞれの目的を理解し、自サイトに適した画像ファイルの形式を取り入れることがSEO対策に必要です。

WebPやJPEG2000などの最新のフォーマットに対応する
WebPやJPEG200について学びながら適切な画像を取り入れてSEO対策をする女性

最新の画像フォーマットであるWebPやJPEG2000は、高い圧縮率と品質を実現し、ページの読み込み速度を向上させることができる点でSEO対策に寄与します。WebPは、JPEGよりも小さいファイルサイズの作成が可能です。一方、JPEG2000はPNGよりも高品質な圧縮を実現し、さまざまな画像用途に適しています。WebPやJPEG2000はまだ一般的ではないため、すべてのブラウザで対応しているわけではありません。これらのフォーマットに対応しているブラウザでのアクセスを見込む場合は、SEO対策のために積極的に取り入れると良いでしょう。

画像のファイル名を最適化する方法

画像データファイル名の最適化を行う人

SEO対策のためには、画像のファイル名にキーワードを含め、長すぎずスペースはアンダースコアやスペースで置き換えることが重要です。適切なファイル名を付けた画像は、SEOにおいても重要な役割を果たします。

キーワードを含めたファイル名を使う

alt以前にキーワードを入れて画像ファイル名を設定

画像のファイル名は、SEOにとって重要な役割を果たします。適切なファイル名を使用することで、画像がウェブサイト内でより適切なコンテキストに配置され、検索エンジンのクローラーがそれを理解しやすくなります。ファイル名には、画像のコンテンツに関連するキーワードを含めることが重要です。たとえば風景画像の場合、”sunset-beach.jpg”などのファイル名を設定すればSEO効果が期待できます。

ファイル名が長すぎないようにする

短い字数のテキストで画像SEOの対策をする人

画像のファイル名が長すぎると、クローラーが画像を適切に理解できない可能性がありSEO効果が低くなります。ファイル名が長すぎる場合は画像を説明するために使用される他の要素(例えばalt属性)が重要になります。画像によるSEO対策においては、一般的に50文字以下の短いファイル名を使用することが推奨されています。

スペースはアンダースコアやハイフンで置き換える

SEO対策のため画像ファイル名を思案する人

SEO対策において、画像のファイル名にはスペースを含めないようにすることが重要です。スペースを含めるとウェブサイトでリンクを共有する際に問題が発生することがあります。スペースはアンダースコアやハイフンによる置き換えがおすすめです。たとえば、”sunset_beach.jpg”のように、スペースをアンダースコアに置き換えてSEO効果を下げないようにします。

画像に適切なAlt属性を設定する方法

画像にテキストによるalt属性を設定している様子

Alt属性は、画像が読み込めない場合に表示されるテキストでSEOに関係する内容です。適切なAlt属性を設定することでアクセシビリティが向上し、検索エンジンに情報を提供することができます。画像にはキーワードを含めた正確で詳細なAlt属性を設定し、SEO効果アップを狙いましょう。

Alt属性の目的と重要性について理解する

画像SEO対策でalt属性を正しく設定できた人

SEO対策で重要なAlt属性についてもう一度説明しておくと、画像が表示されない場合や画像の説明が必要な場合に画像の代替テキストを提供するHTML属性です。 Alt属性は検索エンジンに対して画像が何を表しているかを理解させるための重要な要素であり、視覚的に障害のある人々にもアクセシビリティを提供します。つまり、Alt属性はSEOにもアクセシビリティにも影響を与える重要な役割を果たしています。

キーワードを含めた適切なAlt属性を設定する

画像SEO対策としてキーワードを含めてaltを設定できた人

Alt属性にキーワードを含めることで、画像がSEO効果をもたらす(検索結果のランキングに影響を与える)ことができます。しかし画像にキーワードを強制的に含めることは、検索エンジンにスパムと見なされ、逆にランキングを下げる(SEOにマイナスとなる)ので注意が必要です。SEO効果を上げるべくAlt属性を設定するには、画像の内容を正確かつ簡潔に説明することが重要です。また、同じページ内で同じ画像が複数回使用される場合には異なるAlt属性を設定し、画像がそれぞれ何を表しているかを明確にすることがSEOの観点から望ましいとされます。

画像のサイズを最適化する方法

画像サイズを最適化している様子

画像のサイズを最適化することでページの読み込み速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスが改善されSEO効果が上がります。また、画像をレスポンシブデザインに対応させCDNを使用することもSEOに効果的な方法です。

画像のサイズがSEOに与える影響とは?

画像SEO対策でデータサイズの影響が気になる様子

画像のサイズは、サイトの読み込み速度に大きな影響を与えます。Googleはユーザー体験を重視しており、読み込み速度が遅いサイトはSEOに悪影響を与える可能性があります。そのため、画像のサイズを最適化することが重要です。画像サイズを縮小する、ファイルサイズを軽くするなどの方法でSEO効果を落とさないようにします。

レスポンシブデザインに対応する

画像SEO対策にレスポンシブデザイン対応を済ませて読みやすくなった

SEOに効果的な画像にも関係するレスポンシブデザインは、ユーザーがスマートフォンやタブレットなどの様々なデバイスからサイトを閲覧できるように設計されたウェブデザイン手法です。レスポンシブデザインに対応しているサイトはユーザー体験が良く、SEOにも有利です。画像もレスポンシブに対応する必要があります。画像のサイズを最適化することで、モバイル端末からも快適に閲覧できるようになりSEO効果が上がるでしょう。

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を使用する

画像SEO対策でCDNを利用してサイトの負荷を下げた

SEOに効果的な画像にも関係するCDNは、世界中にサーバーを配置してコンテンツの配信を高速化するサービスです。画像ファイルにCDNを使用することで、高速に配信することができます。すなわちユーザーは画像が高速に読み込まれ、サイトの読み込み速度が向上するためSEOにも有利です。またサイトの負荷分散が可能な点でも、CDNはSEO効果の向上につながります。

画像周辺のテキストを最適化する方法

画像周辺のテキストを最適化している様子

画像の周辺には関連するキーワードを含むテキストを配置することで、SEO効果を高めることができます。また、画像のキャプションを最適化することもSEOに効果的です。

画像の周りに関連キーワードを配置する

画像SEO対策として関連KWを盛り込んでいる様子

画像の周りにテキストを配置することは、SEOにおいて非常に効果的です。テキストの中に関連キーワードを含めることで、画像がそのキーワードに関連するコンテンツの一部であることを検索エンジンに示すことができます。また、テキストには画像には表現できない詳細な情報を提供できるため、ユーザーにも有益です。ただし、適切に配置されたテキストである必要があります。過剰なキーワードの使用や無関係なキーワードの含まれるテキストは、検索エンジンにスパムとみなされSEOに逆効果となる場合があります。

画像のキャプションを最適化する

画像SEO対策にキャプションを付けて快適になった

画像のキャプションもSEOにおいて重要です。キャプションは、画像に関する詳細情報を提供し、画像がどのようなコンテンツに属するかを説明するのに役立ちます。キャプションにキーワードを含めると、検索エンジンが画像の内容を把握するための重要な情報となりSEO効果アップが期待できます。ただし、キャプションは必要以上に長くならないように注意する必要があります。長すぎるキャプションはユーザーにとって読みにくく、SEOにも悪影響を与える可能性があるためです。キャプションを使う際は正確な情報を提供し、キーワードを適切に使用して最適化することがSEO効果アップに重要となります。

画像をソーシャルメディアでシェアする際の最適化方法

画像データをソーシャルメディアでシェアする人

ソーシャルメディアでSEO効果のある画像をシェアする際には、各プラットフォームに合わせた画像サイズを用意し、適切なキャプションを設定することが重要です。また、OGタグを使用して、画像やテキストのプレビューを最適化することもSEOに効果的です。

ソーシャルメディアの画像サイズに対応する

最適化された画像をソーシャルメディアで見た人

ソーシャルメディアでのシェア時には、適切な画像サイズを使用することがSEO効果アップに重要です。各SNSには、投稿やシェア時に必要な画像サイズが異なります。たとえば、Facebookではシェアされる画像の縦横比が1.91:1とされており、Twitterでは最適なサイズが1024×512ピクセルです。各SNSの仕様に合わせて画像サイズを最適化することでシェアされた際に正しく表示され、SEO効果アップにつながります。

ソーシャルシェア用の画像を別途準備する

別途ソーシャルメディアに合わせた画像を準備しようとする人

ソーシャルメディアでのシェア時には、記事中に使用している画像とは別にシェア用の画像を用意することがSEO効果アップのために推奨されます。シェア用の画像は記事中で使用している画像とは異なるアングルや構図、テキストを加えることで、より興味を引くものにすることができます。また、シェア用の画像には記事のタイトルやキャプションを含めることで、読者の関心を引きやすくなります。シェア用の画像は、記事と同時に作成しておくと余計な手間をかけずにSEO対策ができるのでおすすめです。

画像でのSEO対策が重要な理由

画像のSEO対策が重要である理由を書き出す人

現在、インターネット上で画像を利用するウェブサイトが増えてきているため、画像に対するSEO対策は非常に重要です。画像に適切なキーワードを含めることで、検索エンジンでの検索結果に表示されやすくなります。また、適切なサイズやフォーマットで画像をアップロードすることで、ウェブサイトの読み込み速度を向上させることができます。さらに、画像をソーシャルメディアで共有する際にも、適切なサイズやフォーマットでアップロードすることで、シェア数を増やすことができます。これらの適切な施策により、画像によるSEO効果アップが見込めるのです。

画像検索での表示

画像検索で自ページが表示されたことを確認できた人

画像に適切なAlt属性を設定することで、画像検索の結果に表示される可能性が高まり(=SEO効果アップが見込め)ます。また、画像のファイル名やキャプションにも関連キーワードを含めることで、検索エンジンが画像の内容を正確に理解できるようになります。これらの対策を行うことで画像検索からのアクセスを増やすことができれば、SEOに有利となるでしょう。

ユーザーエクスペリエンスの向上

画像による適切なSEO対策で高い満足度を得た人

Webページに適切な画像を配置することでユーザーエクスペリエンスを向上させることができ、SEO効果のアップが望めます。しかし、画像の読み込みに時間がかかるとユーザーがストレスを感じることもあります。画像サイズを最適化し、必要以上に多くの画像を配置しないことで、読み込み速度を向上させることでSEOに有利に働くでしょう。

コンテンツの充実度を高める

画像でのSEO対策で充実したコンテンツを見て満足している人

Webページに適切な画像を配置することでコンテンツの充実度を高め、SEO効果を上げることができます。例えば、商品ページには商品画像を掲載すれば商品のイメージをより鮮明に伝えることが可能です。また、ブログ記事にはイメージ画像を掲載することで、記事の内容を視覚的に理解しやすくなります。このようにして画像を使ってコンテンツの充実度を上げると、SEO効果がアップするでしょう。

検索エンジンに情報を提供する

適切な画像によるSEO対策で析出されたデータ

画像のファイル名やAlt属性に適切なキーワードを含めることで、検索エンジンに画像の内容を正確に理解してもらうことができSEO効果がアップします。また、画像を最適化することで、読み込み速度を向上できます。画像にこれらの対策を行うことで、検索エンジンからのアクセスを増やすことができSEOに有利となります。

画像でSEO対策する際の注意点

画像のSEO対策を考える人

画像でのSEO対策には、いくつかの注意点があります。まず、適切なファイル名を付けることが大切です。ファイル名には適切なキーワードを含めるようにしましょう。また、画像には適切なキーワードを含めたalt属性を設定も大切です。さらに、画像のサイズを最適化することで、ウェブサイトの読み込み速度を向上させることができます。最後に、重複した画像を避けるようにしましょう。同じ画像を複数回使用すると、検索エンジンが混乱することがあります。以上の注意点を守って、画像によるSEO対策を行うことが重要です。

適切なファイル名を付ける

画像にファイル名を設定したところ

SEO対策のためには画像に適切なファイル名を付けることで、検索エンジンが画像の内容を正しく理解し、検索結果で表示する際にも役立ちます。ファイル名には画像の内容やテーマに関連するキーワードを含めることが望ましいです。画像のファイル名に無意味な文字列や数字を用いず、スペースをアンダースコアやハイフンで置き換えて可読性を高めるとSEO効果が見込めます。

alt属性を設定する

alt属性を設定する様子

SEO対策に重要なalt属性は、画像が表示されない場合や、視覚障がいを持つユーザーがページを閲覧している場合に代替テキストとして表示されるものです。alt属性にはキーワードを含めた説明的なテキストを使用することが望ましいとされます。このようにalt属性を適切に設定すれば検索エンジンに画像の内容を理解させることができ、SEOにも貢献します。

画像のサイズを最適化する

画像サイズを最適化している様子

画像のサイズが大きすぎるとページの読み込み速度が低下し、ユーザーエクスペリエンスが悪化しSEO効果が下がります。そのため、適切な画像サイズを選択し、必要な場合は画像を圧縮することが望ましいです。また、画像をレスポンシブデザインに対応させることで異なるデバイスからのアクセスにも適切に対応でき、SEO効果アップにもつながります。

重複した画像を避ける

重複した画像を避けるよう要請する人

同じ内容の画像が複数存在する場合、検索エンジンはどちらを表示すべきか判断できず、ランキングに悪影響を与える(SEOにマイナスとなる)可能性があります。そのため、同じ画像を複数のURLに配置することを避け、必要に応じてキャッシュのクリアが重要です。また、異なる画像にも適切なファイル名やalt属性を付け、検索エンジンが区別できるようにするとSEO効果を下げずにすみます。

画像でのSEO対策に関するよくある質問

画像でのSEO対策について質問する人

画像でのSEO対策に関するよくある質問は以下の通りです。

●SEOとは何?
●SEOライティングとは?

より賢く画像を使ったSEO対策をし、多くの利益を出すための情報をチェックしていきましょう。

SEOとは何?

SEOとは何か気になっている人

画像でも行うSEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの検索結果ページで上位に表示されるための対策のことです。検索エンジンはWebサイトを自動的にクロール(巡回)して、インデックス化しています。そのため、画像を含めた適切なキーワードを含むコンテンツやメタデータを持つWebページが検索結果で上位に表示されるように対策することがSEOの目的です。

SEOライティングとは?

SEOライティングが気になる人

SEOライティングは、検索エンジンに対してWebページの情報を適切に伝えることを意識して画像を含めたコンテンツを作成することです。具体的には、タイトル・メタデータ・見出し・テキスト内のキーワードの選定・配置・画像の最適化などが含まれます。しかし、SEO対策に重点を置きすぎて読み手に有益な情報や読みやすさを犠牲にしてしまうと、逆に読者離れを招くことになるため、画像などによるSEO対策を行いながら読者目線でのコンテンツ作成が求められています。

「画像でSEO対策するコツ」のまとめ

画像のSEO対策をまとめた人たち

画像を最適化することは、SEO戦略において重要な役割を果たします。画像はユーザーエクスペリエンスの向上、コンテンツの充実度を高めることができ、検索エンジンに情報を提供することができる点でSEO効果を上げられるのです。

画像でのSEO対策において注意すべき点は、適切なファイル名を付けること、alt属性を設定すること、画像のサイズを最適化すること、重複した画像を避けることです。適切なファイル名を付けることは、画像の内容を的確に表現するとともに、ファイル名に含まれるキーワードが検索エンジンに認識されます。alt属性は、視覚障害を持つ人にもコンテンツを提供するだけでなく、検索エンジンに対してもコンテンツの内容を理解しやすくするためのものです。画像サイズの最適化は、ページの読み込み速度を向上させユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。また、重複した画像を避けることはページの重複コンテンツを防止し、検索エンジンのランキングに悪影響を与える(SEOにマイナスとなる)ことを防止できます。

画像でのSEO対策を適切に行うと、ページの検索エンジンランキングを向上させ、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。ただし、画像でのSEO対策は慎重な計画と実行が必要です。適切なキーワードを含めたファイル名、alt属性の設定、画像サイズの最適化、重複画像の回避などに注意しながら、画像でSEO対策を行い、より多くのトラフィックを獲得することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Schooなど外部研修講座のおすすめ一覧など
  2. webライターがきつい・辛い理由
  3. 主婦のWebライター収入アップのコツのアイキャッチ画像
  4. Webライターライティングツール
  5. フリーランスエージェントとは?