【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

この記事は10分で読めます

Webライターで月収40万稼げるようになるにはどうしたらよいのか。
この記事ではWebライターで月収40万円稼げるようになるまでの手順をご紹介していきます。
フリーランスのWebライターとして月収40万を目指している人は多いのではないでしょうか。
そんな方のお役に立てればと思いますので最後まで読んでみてください。

目次

Webライターとは?

Webライターとはそもそもどんなお仕事なのでしょうか。
Webライターのお仕事について解説していきたいと思います。

Webライターの仕事内容は?

Webライターの仕事内容とはどんなものになるのか説明していきたいと思います。

①パソコンを使い文章を書いて収入を得る仕事


パソコンを使いWeb上で文章を書き記事として納品し収入を得るお仕事になります。
場所や時間に制限はなくいつでもどこでもできるお仕事です。

②自由に始めることが出来るが稼げるようになるには時間がかかる


Webライターのお仕事は資格や経験は必要ないので自由に始めることができます。
しかし、稼げるようになるまでには時間が必要になります。
すぐに稼げるようにならないため諦めてしまう人も多いです。

③働いた分稼げるようになる


Webライターは働いた分だけ稼げるお仕事です。
文字単価2.0円で3,000文字の案件を完成させた場合、2.0円×3,000文字で6,000円稼ぐことができます。
しかしブログなどは時間をかけて書き上げたとしても1円にもならないこともあるのです。
ですので、Webライターは即金性のあるお仕事と言えるでしょう。
ただし働くことをやめれば収入がなくなります。Webライターというのはそういうお仕事です。

Webライターの収入目安

Webライターの月収の目安を下記の様に表にしてみました。
【Webライターの月収の目安(例)】

文字単価 月収(10から15記事納品)
0.5~0.9円 約3万円~5万円
1.0~1.5円 約7万円~10万円
1.6~2.0円 約10万円~15万円
2.1~3.5円 約15万円~20万円

稼げる月収の目安としては文字単価が1.0円以上の案件であれば副業としてはいいのではないでしょうか。
まずは文字単価が1.0円以上になるのを目標に頑張れば稼げるようになれると思います。

webライター 5万
webライター 10万
webライター 20万
webライター 30万

月収40万円のWebライターが執筆する文字数は?

Webライターが月収40万円稼ぐために執筆する文字数はどれくらいになるのでしょうか。
計算してみますと
●文字単価が1.0円で月40万文字
●文字単価が2.0円で月20万文字
●文字単価が4.0円で月10万文字
月収40万円稼ぐには上記の文字数が必要になります。
下記ではそれぞれの文字数でどのように稼いでいくのかを説明していきたいと思います。

月収40万円を稼ぐ文字数①文字単価1.0円の場合

Webライターで月収40万円稼ぐ文字数の①は文字単価1.0円になります。
Webライターの文字単価が1.0円を超えるのは初心者を脱するための壁です。
文字単価が1.0円になったとしても月収40万円稼ぐのはとても難しいです。
単純計算40万文字が必要になりますので1日13,000文字以上執筆しなければなりません。
慣れたWebライターでも1時間で2,000文字書くことが限界なので、40万文字執筆するのは非現実的です。

月収40万円を稼ぐ文字数②文字単価2.0円の場合

Webライターで月収40万円稼ぐ文字数の②は文字単価2.0円になります。
Webライターの文字単価が2.0円になるには中級者以上になります。
月収40万円稼ぐためには20万文字が必要です。
1日約7,000文字です。
1日2,000文字執筆できるWebライターであれば約4時間の労働時間でいいでしょう。
リサーチの時間も含めて5~6時間なら現実的なのではないでしょうか。
文字単価が2.0円になれば月収40万円稼ぐことも可能になってきます。

月収40万円を稼ぐ文字数③文字単価4.0円の場合

Webライターで月収40万円稼ぐ文字数の③は文字単価4.0円になります。
Webライター上級者になれば文字単価4.0円という案件もあるでしょう。
文字単価4.0円になると月10万文字の執筆で月収40万円稼ぐことができます。
1日約3,000文字ほどなので2時間弱の執筆でよいでしょう。
上級者といえど文字単価4.0円の案件ばかりではないので計算通りにはいかないと思いますが、2.0円~4.0円の案件で執筆出来れば月収40万円稼ぐことができます。

具体的にWebライターが1日に書く文字数が気になった方は、以下の関連記事をご覧ください。
文字数を増やすためのコツや、NGな内容なども紹介しています。
Webライターが1日で書ける文字数はどれくらいか

Webライターで月収40万を稼げるようになるまでの6ステップ

Webライターで月収40万円稼げるようになるための6つのステップをあげたいと思います。
なんでもそうですがいきなり稼げるようになるわけではないので1つずつ段階を踏んでいくことが必要です。
それでは6つのステップを紹介していきたいと思います。

月収40万を稼ぐためのステップ①ブログを開設してポートフォリオを作る

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ①はブログを開設してポートフォリオを作ることです。
自分の実力をクライアントに見てもらうためにもポートフォリオとしてブログを作りましょう。
クラウドソーシングで案件をもらうには実力を示すポートフォリオがあることが重要です。
クライアントが選ぶときにも実力がわからない人には仕事をお願いしたいとは思わないので、ブログを作りポートフォリオとして使うことで案件も獲得しやすくなるでしょう。

月収40万を稼ぐためのステップ②Webライティングスキルを磨く

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ②はWebライティングスキルを磨くことです。
WebライティングとはWeb上での記事を執筆するための技術のことを言います。
記事を執筆していくことで技術は向上していきますが、収入を上げるためにはそのほかにも勉強する必要があります。
そして練習の為に記事を写して書くことでレベルアップすることができます。

Webライティングを勉強するにあたって、Webライター講座を検討している方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座受講のメリット・デメリット、選ぶコツなども紹介しています。
Webライター講座のメリットデメリットは

月収40万を稼ぐためのステップ③クラウドソーシングに登録する

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ③はクラウドソーシングに登録することです。
クラウドソーシングに登録してお仕事を受けましょう。
おすすめはクラウドワークスとランサーズの2つです。
まずはこの2つに登録して案件に応募しましょう。
初めからたくさん稼ぐことはできませんが、案件をこなしていくことで高単価の案件を受けることが出来るようになっていきます。

どんなクラウドソーシングサービスがあるか気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや、登録する際の注意点なども紹介しています。
Webライターにおすすめのクラウドソーシング

月収40万を稼ぐためのステップ④プロジェクト案件を獲得する

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ④はプロジェクト案件を獲得することです。
プロジェクト案件とはブログ記事や専門メディアの記事などを継続して受けられる仕事のことを言います。
タスク案件ではなかなか稼ぐことができませんが、プロジェクト案件を受けていくことでWebライターとして稼いでいくことができるようになります。
単価は低いと稼ぐことができませんし、高いとなかなか選ばれません。
文字単価1円くらいの案件であれば受けることができると思います。

月収40万を稼ぐためのステップ⑤複数の良い案件にしっかり取り組む

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ⑤は複数の良い案件にしっかり取り組むことです。
クラウドソーシングをうまく活用して複数の案件を受け、しっかり取り組むことで収入を安定させることができます。
サイトを増やし過ぎても使いこなしていくのが大変なので、メインのサイトを1~2個にするのがいいでしょう。
利用するサイトを絞ることでライターの評価を高めることができます。
そうすることでクライアントからも選ばれやすくなります。

月収40万を稼ぐためのステップ⑥単価2.0円以上の案件を獲得する

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ⑥は単価2.0円以上の案件を獲得することです。
1.0円の案件を受けることができたという人はもう少し単価を上げて行ってみましょう。
●クラウドソーシングでは文字単価が2.0円以上
●直接契約なら文字単価1.5円以上
上記のように文字単価を上げていくことができれば収入を上げることが可能になります。

月収40万を稼ぐためのステップ⑦作業効率を上げて時給を2,000円以上にする

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップ⑦は作業効率を上げて時給を2,000円以上にすることです。
文字単価が2.0円以上になったら時給計算してみましょう。
1日で稼いだ金額をかかった時間で割ると時給が計算できます。
一例として
1日の報酬が14,000円÷かかった時間7時間=時給2,000円
時給が2,000円を超えればいいのですが、超えられないのには以下の理由が考えられます。
●タイピングスピードが遅い
●専門知識が乏しい
●修正対応に時間がかかる
この3点を対処していけられれば時給を上げることができます。
タイピングスピードは記事を書き続けていくことで早くなっていくと思いますが、専門知識が乏しい場合はリサーチにも時間がかかってしまうので知識をつける努力をしましょう。
修正対応に時間がかかり時給が下がる場合はフィードバックされた点をまとめておき確認することで修正が減り時間の短縮になります。
 該当箇所『さて、文字単価が2.0円(直接なら1.5円)以上になったら、時給を計算してみてください。』

月収40万を稼ぐためのステップ⑧営業をして文字単価2.5円以上の案件を獲得する

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップの⑧は営業して文字単価2.5円以上の案件を獲得することです。
安く外注したい企業も多く見られますが、中には文字単価が高くてもいいからいい記事を書いて欲しいという企業もたくさんあります。
文字単価2.5円~4円なら出しても高品質の記事を書いてくれるならお願いしたいという企業も多いです。
なので自分で営業をして探すことも出来るでしょう。
クラウドソーシングには低単価で低品質のWebライターも多くいるので、クライアント側も多少高単価でも高品質な記事を書ける人がいればすぐにでも決めたいと思っています。
営業するときには自分が2.5円以上の記事を書けるという情報を掲載するといいと思います。

月収40万を稼ぐためのステップ⑨案件に関わる資格を取得する

Webライターで月収40万円稼ぐためのステップの⑨は案件に関わる資格を取得するです。
文字単価を上げるには権威性の示すことができる資格を取得することで可能になります。
Webコンテンツを書く人が無資格のWebライターと有資格のWebライターであればクライアントは有資格のWebライターを選びます。
おすすめの資格は
●コスメライター
●ファイナンシャルプランナー
●宅建士
●薬事法管理者
などがいいと思います。
簡単に取れる資格ではありませんが、取ることで高単価の案件を受けることができるようになります。

Webライターで月収40万を稼ぐための注意点

Webライターで月収40万円稼ぐための注意点を5つあげていきたいと思います。
①低単価の案件は断る
②予算あるクライアントに貢献する
③セルフブランディングを怠らない
④クラウドソーシングは複数利用する
⑤単価交渉より高単価案件を切り替える意識を持つ
以上の5つを説明していきたいと思います。

月40万稼ぐ際の注意点①低単価の案件は断る

Webライターで月収40万円稼ぐ際の注意点①は低単価の案件は断ることです。
低単価の案件は文字数を多く書かなくてはならないため長時間の労働が必要になります。
長時間労働で高収入を得ることも出来ますがそれを長期間続けることはかなり厳しいと思います。
なので、低単価の案件を断り少し時間に余裕を持ち高単価の案件を入れる時間を確保しましょう。
案件を減らすことで一時的に収入が減ると思いますがスキルアップや自分のブログを充実させることで、今後の収入を増やすことにつながります。

悪質クライアントの見極め方を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
悪質クライアントに対する口コミ評判や、具体的な対処法なども紹介しています。
悪質クライアントの見極め

月40万稼ぐ際の注意点②予算のあるクライアントに貢献する

Webライターで月収40万円稼ぐ際の注意点の②は予算のあるクライアントに貢献することです。
予算があるクライアントに貢献するとは予算のある企業と取引しましょうということです。
実績を積むには個人ブロガーのお手伝いでもいいでしょう。
しかし、月収40万円を稼ぎたいと思ったら月10万円は払ってくれるクライアントと取引する必要があります。
個人ブロガーでは月10万円支払うのは厳しいと思いますので、できるだけ企業と取引するのがいいと思います。

月40万稼ぐ際の注意点③セルフブランディングを怠らない

Webライターで月収40万円稼ぐ際の注意点③はセルフブランディングを怠らないことです。
Webライターをしている人はたくさんいます。
その中で自分を印象付け稼げるようになるにはブログを使用してブランディングすることが必要でしょう。
セルフブランディングする方法としては
●ブログを作って記事を書く
●プロフィールをしっかりと作る
上記の様な方法でセルフブランディングを行っていけば、クライアントの目にも付きやすくなるでしょう。
良い案件を獲得するために常にクライアントからどのように見られてるかを意識することが大事になります。

月40万稼ぐ際の注意点④クラウドソーシングは複数利用する

Webライターで月収40万円稼ぐ際の注意点の④はクラウドソーシングは複数利用することです。
月収40万円稼ぐためにはクラウドソーシングが1つだけでは難しいです。
メインサイトとサブサイトを利用して案件を獲得するのがいいでしょう。
初めから自分に合ったサイトはわからないと思いますのでいろいろなサイトで試してみてもいいと思います。
いっぺんに登録してもわからなくなってしまいますので、時間をかけて見つけるのもいいのではないでしょうか。

月40万稼ぐ際の注意点⑤単価交渉より高単価案件を切り替える意識を持つ

Webライターで月収40万円稼ぐ際の注意点の⑤は単価交渉より高単価案件を切り替える意識を持つことです。
単価交渉で頑張ってもなかなか上げてもらうのは難しいでしょう。
なので単価交渉より高単価の案件に切り替える方がいいと思います。
クライアント側の予算にも限りがあります。
1.0円の文字単価を2.0円にしてもらうのはかなり厳しいでしょう。
それならば初めから文字単価2.0円の案件に切り替えた方が効率的だと思われます。
 

Webライターで月収40万円を目指すのにおすすめのクラウドソーシング

ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングのひとつです。
クライアントの質が良く、初心者でも稼ぎやすいことがメリットになっています。
Webライターとしてお仕事していく上で登録しておくべきクラウドソーシングになります。
下記の関連記事で詳しく説明していますのでご覧ください。
おすすめのクラウドソーシング ランサーズを見る

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大手のクラウドソーシングサイトになります。
国内シェア・取引額もNo1です。
Webライターの登録も多いので案件を獲得するのは大変かもしれませんが、続けることで稼げるようになっていきます。
下記の関連記事で詳しく説明していますのでご覧ください。
おすすめのクラウドソーシング クラウドワークス 

ランサーズやクラウドワークス以外のクラウドソーシングを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングで収入をアップさせる方法や、よくある質問なども紹介しています。
ランサーズとクラウドワークス以外のクラウドソーシングのご紹介

Webライターで月収40万円稼ぐ際によくある質問

文章を書くのが苦手な人でもできる?

Webライターで月収40万円稼ぐことは文章が苦手でもできます。
文章を書くことに苦手意識を持っている人だとWebライターの仕事はできるのだろうかと思われるかもしれませんが、記事の形や流れは大体決まっているので、練習することで出来るようになります。
小説などを書くこととは違うので、やる気があれば誰でもできる仕事です。
初めからできるわけではありませんが、続けていくことで書き方もわかるようになっていきます。

未経験でもWebライターになれる?

Webライターになるには未経験でも大丈夫です。
初めは誰でも未経験です。
専門知識がなくとも、他のサイトでリサーチしながら記事を書き進めることができれば問題ありません。
記事を書いていくことで知識も増え、リサーチ力がつけばどんどん書けるようになっていきます。
ということで未経験でもWebライターになることはできますので、まずは始めてみるのがいいでしょう。

Webライティングのスキルアップを図るために、Webライター講座の受講を考えている方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座の受講と独学それぞれのメリット・デメリットや、Webライター講座の比較なども紹介しています。
Webライター講座のメリットデメリット

アルバイトで始めるのはどう?

Webライターをアルバイトで始めるのもいいと思います。
アルバイトとして始めてスキルアップして正社員程度の収入を得られるようになることも可能になります。

Webライターだけで食べていける?

Webライターの月収で食べていけるのか?疑問に思っている人もいるとは思います。
実際にWebライターになってすぐに稼げるようになるかといえばそれは人それぞれですが、時間をかければ必ず稼げるようになります。
しかしWebライターは自分で仕事を探さなくてはならないので安定して稼げるとは限りません。
Webライターとブログを並行していくことで安定した収入を稼げるようになり、Webライターだけで生活していけるようになるでしょう。

書きやすい案件がないときは?

Webライターで稼げるようになるには興味のないジャンルでも受けてみることをおすすめします。
実際に案件を探してみると自分が書きやすいと思う案件を見つけることって結構難しいです。
それでも継続して記事を書いていくことで知識を増やし得意ジャンルにして行けると思います。
自分が書きやすい分野を少しずつ増やしていくことで応募する案件が増えていくことでしょう

仕事を受けられない時はどうしたらいい?

Webライターで稼げるようになりたいのに、仕事をなかなか受けられない時もあると思います。
そういう時には何かしらの原因があるはずなので、以下のポイントを見直してみるのもよいかと思われます。
●プロフィールの改善を行う
●提案文の改善を行う
●タスク案件を受けて実績を増やしていく
●提案数を増やす
初心者の時はなかなか受注することができないのでタスク案件を受けて実績を増やし、提案数も増やして受注数を増やせるようにしていきましょう。
初めはどれくらい自分が受注できるかわからないので提案数もなかなか増やすことができないと思いますが、初心者のうちは10提案して1つ受注できるか?という感じですのでなかなか仕事が受けられない時には提案数を増やしてみましょう。
プロフィールも多く受注している方のプロフィールをお手本にしてみるのもいいと思います。
まずこの4点を見直してみてはいかがかでしょうか。

本業の会社にバレないようにできる?

Webライターで稼ぎたいが本業の会社にバレてしまうのでは?と思い始められない方もいるかもしれません。
100%バレないとは言えませんがバレないようにする方法はあります。
その方法とはWebライターでの収入分の住民税の徴収方法を特別徴収から普通徴収に変更することです。
●特別徴収 会社の給料から徴収される
●普通徴収 副業分を自分で支払う
これを特別徴収のままにしておくことで住民税の徴収額が増えてしまい会社にバレるということになります。
しかしそれでも100%ということはありませんので会社にバレると困るという方はお住まいの役所に確認してみるのが良いと思います。

【まとめ】Webライターが月収40万円稼げるようになるまでの手順をおさえてガッツリ稼げるWebライターとして成功しよう!

Webライターで月収40万円稼ぐにはどうしたらよいのかということをこの記事で書いてきました。
初めてすぐに「月収40万円!」というわけにはいきませんが、地道に努力することで月収40万円稼げるようになるのではないかと思います。
この記事では月収40万稼げるようになるまでの手順をお伝えしてきましたが、これがすべて正解とは限りません。
タイミングよく案件を受注できたり、運よく高単価の案件を獲得することも出来るかもしれません。
半面いくらこの通りにしてもなかなか稼げるようになれない人もいると思います。
でもこのWebライターという仕事は諦めずに続けることでいつか稼げるようになります。
自分に合った方法で進めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスに実在したやばい悪徳業者のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次