【APIは従量課金】ChatGPT Plusの料金は?メリット・支払い方法など詳細にご紹介

この記事は8分で読めます

AI技術の進歩により、我々のコミュニケーションや作業効率は劇的に向上しています。その先駆けとなる「ChatGPT Plus」は注目のサービスですが、その料金体系・メリット・支払い方法は一体どのようになっているのでしょうか。今回はChatGPT Plusの詳細を徹底解説し、あなたが最適な選択をするための情報をお届けします。

ChatGPT Plusの概要と料金

ChatGPT Plusの料金についての概要をご説明します。このサービスは高度なAIの機能を利用するためのプレミアムオプションであり、利用者がより快適にAIとの対話を楽しむことができるように設計されています。料金プランはシンプルでありながらも、AIを活用したいユーザーのニーズに合わせた柔軟性を持っているのが特徴です。今後、料金体系がどのように変化するか注目されており、ユーザーは最新の情報をチェックする必要があります。

ChatGPT Plusとは何か

ChatGPT Plusとは、一般のChatGPTユーザーが利用している基本サービスに、さらなる機能と利便性を加えた高機能バージョンです。例えば、通常のユーザーよりも優先的にサーバーへのアクセスができる優先待遇、プラグインにより多様なアプリケーションへの組み込みが可能である点などが挙げられます。また、特に負荷の高い時期でもスムーズにサービスを利用できるという保証も、ChatGPT Plusの大きなメリットとして知られています。このように、ChatGPT Plusは多様な機能を提供しており、それによって様々な目的でAIを利用したいユーザーに対応しているのです。

ChatGPT Plusの利用価格(料金プラン)

ChatGPT Plusの利用価格(料金)は以下のように設定されています。
–ChatGPT Plusの利用価格–
●一般:月額20ドル(3,000円程度)
●法人(ChatGPT Enterprise):問合せ

ChatGPT Plusは定額制での提供が行われる形式となっています。ChatGPT Enterpriseは運用する企業により価格設定が変動する設定は変動する可能性がある点に注意が必要です。
支払い方法は2023年12月現在、クレジットカードのみとなっています。
ChatGPT Plusは企業ユーザー向けの大量のAPI呼び出しなど、特別なニーズに応じた料金設定が行われていることも特徴の一つです。
個人が普通に使う場合はChatGPT Plusを契約してみましょう。

ChatGPTとの比較

ChatGPTとChatGPT Plus利用者の料金を比較すると以下のようになります。

ChatGPT ChatGPT Plus
無料 月額20ドル(3,000円程度)

ChatGPT Plusはより高度なサービスが受けられる分、費用が高めに設定されていることがわかります。一方で、基本的なChatGPTの利用は無料または低コストで提供されており、手軽にAIとの対話を楽しむことができます。したがって、ChatGPTユーザーはコストを抑えて基本機能のみを活用することになりますが、ChatGPT Plusユーザーは追加料金を支払うことで、優れた応答速度やAPIアクセスなどのプレミアムな機能を享受することができます。ユーザーがどの程度の機能を必要とするかによって、それぞれに最適なプランを選択することが重要と言えるでしょう。

「WebライターやブロガーなどがChatGPT Plusの料金を払ったら経費にできるの?」
このような疑問の答えは、事業用に使っていれば経費にできるというものです。
100%プライベートな支出であれば経費にすることはできません。
以下の記事では経費にできる支出・できない支出など、Webライターなどの個人事業主や副業に欠かせない経費計上のポイントを解説しています。
ややこしい項目もあるので、特に事業を始めたばかりの方はチェックしてみてくださいね。

Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

【「Webライター 経費」系関連記事】
Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?
個人事業主必見!おすすめの青色申告ソフト・会計ソフトを使って確定申告しよう
【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など
Webライターが節税するコツ!経費計上・副業・事業所得・青色申告のあれこれ
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?

【ChatGPTとの比較】ChatGPT Plusのメリット

最先端のAI技術を手軽に活用できるサービスとして提供されているChatGPT Plusですが、そのコストパフォーマンスには注目が集まっています。利用者が期待する機能やメリットに対して、どの程度の費用がかかるのか、具体的に分析してみることは重要でしょう。
AIサービスをビジネスや日常生活に取り入れようとするユーザーにとって、価格と得られる利益とのバランスが気になる可能性があります。
ChatGPTと比較しながらChatGPTのメリットを見ていくことにしましょう。

正確な回答が得やすい

料金を払って利用できるChatGPT Plusは、ChatGPTよりも正確な内容が得やすくなりました。
ChatGPT PlusではChatGPTで使われていなかったBing(ブラウザの一つ)検索を使ってオンラインの情報を得られるからです。
ChatGPTは2021年9月以前の情報しか入ってない点で不便に感じやすいツールでしたが、そこが解消されています。
このように、ChatGPT PlusはChatGPTよりも正確な内容が得やすいツールです。

機能拡張ができる

ChatGPT Plusでは、外部のアプリケーションと連携するプラグインを使って機能を拡張できるようになりました。
例えば以下のようなプラグインが利用可能です。

名称 解説
SEO.app サイトのSEOスコア評価とフィードバック
Zapier Webアプリ統合
WebPilot 指定したURLから答えを返す
ChatwithPDF PDFファイルの内容要約や質問回答

上記でご紹介したもの以外にも、食べログやトラベルコなど日本でもおなじみのサービスに接続できるプラグインもあります。
ChatGPT Plusは、このようにプラグインで機能拡張ができるので便利です。

速く回答を得られる

ChatGPT Plusは、ChatGPTよりも速く回答を得られるとされます。
ChatGPTはアクセスが集中して回答が遅くなることがありましたが、ChatGPT Plusでは改善しているようです。
ストレスなく使いやすいので、業務などでフル活用しやすくなります。
このように、ChatGPT Plusは速い回答速度が持ち味です。

ChatGPT Plusのデメリット

ChatGPT Plusは、依然として以下のような欠点を抱えています。
–ChatGPT Plusのデメリット–
●回答の結果が誤っている可能性がある
●料金がかかる

ChatGPT Plusのデメリットについて次の見出しから解説します。

回答の結果が誤っている可能性がある

ChatGPT Plusは、ChatGPTの進化版とはいえ正確な情報を得られるわけではありません。
参照元の情報が誤っている可能性や、事実と異なる回答を返す場合もあるからです。
他のAIライティングツールと同様に、人の目でのファクトチェックが欠かせません。
ChatGPT Plusで生成された内容を記事に使う場合、そのまま用いないように努めたいところです。
※著作権を侵害している恐れがあるという指摘もあります。

このように、ChatGPT Plusの回答は誤りである可能性に注意が必要です。

料金がかかる

ChatGPT Plusは、月額料金20ドル(約3,000円)がかかることに留意します。
普通のブラウザのように無料で利用できれば快適かもしれませんが、そこまでオープンにはなっていないのが現状です。
一度契約すると全く使わなくても月額課金されてしまうので、使用頻度が極端に減ってきたらすぐに解約することをおすすめします。
ChatGPT Plusが有料である点は、忘れないでおきたいものです。

ChatGPT PlusのAPIアクセスのメリット

ChatGPT Plusをご利用の方は有料でAPIアクセスが可能となり、開発者やビジネスを展開するうえで大きなメリットがあります。APIとは、アプリケーションプログラミングインターフェースの略称であり、異なるソフトウェア間で機能を共有するための仕組みです。ChatGPT PlusのAPIを活用することで、様々なアプリケーションに自然言語処理の機能を組み込むことができ、ユーザー体験の向上や業務の自動化に貢献します。今回は、APIアクセスをすることによる具体的なメリットをご紹介します。

APIアクセスの提供内容

ChatGPT PlusのAPIアクセスを利用することで提供される内容は多岐に渡ります。まず、高速なレスポンスタイムが提供されるため、ユーザーが快適な体験をすることができます。また、安定した接続が保たれることで、サービス利用時の信頼性が向上します。さらに高い処理能力によって、大量のリクエストもスムーズに処理可能です。これらの提供内容によって、サービスの質を高め、より多くのエンドユーザーにとって魅力的なものとすることができるでしょう。

APIを利用するメリット

ChatGPT PlusのAPIを利用することによるメリットには、以下のようなものがあります。まず、独自のアプリケーションやサービスの中にChatGPTの機能を組み込むことができ、ユーザーに新しい価値を提供することができます。また、APIを通じて取得した情報を元に分析やレポートを作成することも可能であり、ビジネスの意思決定を支援します。加えて、ChatGPT PlusのAPIは開発者にとっても使いやすい設計であり、APIの文書も充実しているため、開発のスピードアップが期待されます。

APIの料金プラン

APIの料金は以下の通りに定められています。

GPT-3.5 Turbo GPT-4 Turbo
・入力:0.0015ドル
・出力:0.002ドル
・入力:0.03ドル
・出力:0.06ドル

すべて1,000トークンあたりの料金(従量課金)です。
1トークンは英語1語と同数であり、日本語の場合は以下のようになっています。
–日本語1文字からトークンへの換算–
・かな:1トークン以上
・漢字:2〜3トークン

トークンの量を抑えるためには、翻訳ツールなどを活用して英訳すれば良いようです。
ChatGPT PlusでAPIを使いたい方は、上記の料金に注意しましょう。

ChatGPT Plusを選ぶべき利用者層

個人から企業、教育機関に至るまで、様々な利用者が存在しますが、ChatGPT Plusが提供する上級機能は特定の層に特化した利点をもたらします。ChatGPT Plusを選び、そのプレミアムサービスの恩恵を受けるべきユーザー層とは一体どのようなものなのでしょうか?このセクションでは、個別の利用者層ごとに具体的な利点を解説していきます。これにより、ChatGPT Plusを導入する意義が明らかになるでしょう。

個人ユーザーとしての利点

ChatGPT Plusを個人ユーザーとして選ぶ利点は多岐に渡ります。まず、サービスへのアクセス優先権により、ピーク時でもスムーズに利用できるため、急ぎで情報が必要な場合や即座にコンテンツ生成(レポートなど)を行いたいときに便利です。
加えてより高度なAIのレスポンス能力で、自然で細かいニュアンスの対話が可能となるため、学習や趣味の領域での活用に大きなメリットがあります。

企業ユーザーとしての利点

企業ユーザーにとってChatGPT Plusの導入は、ビジネス効率の大幅な向上に直結します。別途有料のAPIアクセス機能により企業内システムとの連携が可能となり、顧客サービスの自動化や内部コミュニケーションの最適化が実現します。
企業が抱えるビッグデータを分析し、市場トレンドや顧客嗜好の予測に活用することも可能です。
長期的なビジネス戦略において非常に価値のある機能と言えるでしょう。また従業員教育の面でも、ChatGPT Plusを活用し効率的かつ効果的なトレーニングを実施することが可能となり、企業全体のスキル向上に寄与する恩恵があります。
ChatGPT Enterpriseを利用するとセキュリティ面で安全なので、料金は要相談ながらChatGPT Plusよりもこちらを検討しても良いでしょう。

教育機関での使用ケース

教育機関においては、ChatGPT Plusを教育ツールとして活用することに多大なるメリットがあります。自然言語処理技術を利用した効果的な教材や課題の作成が行えるほか、生徒や学生の疑問に対してリアルタイムで質の高い解答を提供するサポートが可能となります。

実際に神山まるごと高専での活用事例があります。
神山まるごと高専、学生と教員にChatGPT有償ライセンスを付与|神山まるごと高専、学生と教員にChatGPT有償ライセンス付与 | 教育業界ニュース「ReseEd(リシード)」

ChatGPT Plusは教育現場での教師の負担を軽減し、より一層の学習効果を見込むことができます。さらに、オンデマンドでの情報提供が可能となることで、自習中の生徒に対しても貴重な学習リソースとして機能し、教育の質を高める一助となるでしょう。

料金を支払うChatGPT Plusの登録・解約方法

料金の支払いが必要なChatGPT Plusへの登録・解約方法を解説します。
–ChatGPT Plusの登録・解約方法–
●登録方法
●解約方法

詳細な登録・解約方法を次の見出しからご覧ください。

登録方法

①OpenAIアカウントの作成とログイン OpenAIの公式サイトから簡単に作成できます。
②画面左下「Upgrade to Plus」を押下 ログイン後の画面に登場します。
③アップグレードする 遷移した画面で「Upgrade plan」→支払情報登録・請求書の送付先住所登録
④登録完了メールが届く 届いていることが確認できればOKです。

解約方法

ChatGPT Plusが合わず料金の支払いを止めたいと感じた場合、以下の手順で簡単に解約できます。
–ChatGPT Plusの解約方法–
①「My plan」→「Manage my subscription」
②「プランをキャンセル」→「キャンセル」

解約後も次回更新日までは利用可能なので、なるべくフル活用してから利用をやめると良いでしょう。

【まとめ】ChatGPT Plusの料金は高くないのでぜひ活用を

ChatGPT Plusの料金などを解説してきた当記事について、最後に重要ポイントをまとめます。
–当記事の重要ポイント–
●ChatGPT PlusはChatGPTに比べて回答の精度や応答速度が上がっている傾向にある
●ChatGPT Plusではさまざまな機能が使える
●ChatGPT Plusでも、事実と異なる回答が返される可能性に要注意

ChatGPT Plusは、正しく使えばChatGPTよりも便利な情報収集・コンテンツ生成が可能なツールです。
デメリットに注意しながら、ChatGPT Plusをビジネスや日々の生活でフル活用してみましょう。

「ChatGPT Plusが便利なのはわかったけど、Webライターが記事を書く際に必要なツールって何があるの?」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
Webライターの記事執筆に欠かせないツールを20個厳選してご紹介しています。
初心者でも絶対に揃えるべきツールからゆくゆくは必要になってくる高機能なツールに分けているので、今どのようなツールが自分に必要なのかがわかるでしょう。

【初心者】Webライター記事作成の必須ツール20選!文章作成・画像・検索順位ツールなど

【「Webライター ツール」系関連記事】
【Webライター】コピペチェックの重要性・判断基準・対策・ツール・よくある質問を紹介
【Webライター】「無料&有料」校正ツールの基礎知識から最新のAI校正ツールを10選紹介!
【無料】Webライターにおすすめのスマホアプリを一挙ご紹介!執筆用は必須
webライターにおすすめのノートパソコン8選!未経験者向けに仕事の始め方も解説
webライター向けの安いパソコン!Office付きSurfaceやMacBookは?
WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ロゴ作成 自分でのアイキャッチ画像
  2. webライターの将来性
  3. ストアカ講師になるには
  4. WebライティングのKWとは何か考える男性