SEOに強い記事の書き方とは?初心者が知っておきたい6つのポイントを解説

この記事は12分で読めます

「自分の書いた記事が全然上位表示されない」
「記事のアクセス数が少なく全然稼げない」

上記はWebライターとして活動する上で、初心者の方が必ずと言っていいほど感じる悩みです。

検索結果の上位に入らない記事はユーザーの目に留まりにくいため、自分の渾身の記事も残念ながら読んでもらえる機会は少なくなってしまいます。

検索上位に表示するためにはSEO対策となる記事の書き方を抑えて執筆することが重要であり、それにはユーザーの検索ニーズを満たす内容を執筆することが必要不可欠です。

そこで本日は、初心者が知っておきたい記事の書き方における6つのポイントを、具体的な記事執筆の流れと共に解説。
検索上位に表示できるSEOに強い記事を執筆するコツを知りたい方は、是非参考にしてみてください。

目次

SEO対策記事とは?

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字だけ取った言葉のことです。意味としては、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用したマーケティング手法の一つを指します。

そしてSEO対策記事とは、検索エンジン向けに最適化され、上位表示を狙うために作成された記事コンテンツのことを言います。

SEOに強い記事とは?

SEOに強い記事には、以下の3つの特徴があると言われています。

SEOに強い記事の特徴
  • ユーザーの検索ニーズに応えている
  • 専門的な内容が含まれている
  • 文章が読みやすく書かれている

それぞれ解説していきます。

SEOに強い記事の特徴①ユーザーの検索ニーズに応えている

SEOに強い記事の特徴には、ユーザーの検索ニーズに応えているというものがあります。
なぜなら、Googleでは、SEO評価の基準として、記事が「ユーザーの検索ニーズを満たした内容であること」を最も重要視しているからです。

ユーザーの検索ニーズは細かく分けると

  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ

の2種類あります。

顕在ニーズ

顕在ニーズとは、ユーザー自体が自分の欲しいものやサービスなどをはっきりと自覚しているニーズのことを言います。
この段階のユーザーは知りたいことがはっきりしているので、狙ったキーワードでユーザーの求める情報に誘導する記事を執筆するのは比較的簡単です。

潜在ニーズ

潜在ニーズは顕在ニーズとは違い、ユーザー自身が気づいていないニーズのことを言います。
潜在ニーズのユーザーは、何かしら解決したいこと、困っていることはあるものの、それが何か自覚していないという状態にあります。

この段階のユーザーは、本当に求めていることが表面化していないため見つけ出すのはとても大変ですが、見つけ出すことで新たな顧客層の獲得や提案につながるという大きなメリットも。
そのためSEO対策では、顕在ニーズと顕在ニーズのどちらも満たすよう記事構成を組み立て執筆することが重要です。

SEOに強い記事の特徴②専門的な内容が含まれている

  • 記事の内容に専門性がある内容が含まれている
  • 情報がしっかり網羅されている

上記も、SEOに強い記事の特徴の一つです。

Googleでは専門性の高い記事であることや、ユーザーの検索ニーズを満たす内容がしっかりと書かれているかどうかをSEO評価の基準に含めているため、この2点は非常に重要です。

SEOに強い記事の特徴③文章が読みやすく書かれている

SEO対策でSEOに強い記事を作成する際には、文章を読みやすく執筆することを意識することが大切です。

たとえば、

  • 見出しや目次、画像、適度な改行などで文章にメリハリを出す
  • 回りくどい言い回しや難しい言葉を使わずシンプルな文章を心がける

など、読みやすい文章を意識することでユーザーに読んでもらいやすい記事になり、結果としてSEO評価も向上します。

SEOに評価されにくい記事の特徴は?

検索上位に表示されるSEOに強い記事がある一方で、ユーザーにとって不便と感じる記事はSEO評価が下がってしまいます。

SEO評価がされにくい記事の特徴には、下記の5つが挙げられます。

SEO評価がされにくい記事の特徴
  • タイトルと内容が一致していない
  • ユーザーの求める情報が書かれていない
  • 情報が更新されていない
  • テキストのみの記事
  • ページの読み込み速度が遅い


それぞれ詳しく解説していきます。

SEOに評価されにくい記事①タイトルと内容が一致していない

タイトルと記事の内容が一致していない記事は、ユーザーの検索ニーズを満たさないためSEO評価が低くなります。
ユーザーは検索結果に表示されている記事のタイトルを見て、自分の求める情報が書かれていると期待し記事を読もうとアクションをおこします。

しかしながら、タイトルと内容が一致していない記事の場合、ユーザーは自分に必要ないページだと判断しすぐに離脱してしまうため滞在時間の減少につながり、コンテンツのパフォーマンスは下がってしまうでしょう。

SEOに評価されにくい記事②ユーザーの求める情報が書かれていない

ユーザーの求める情報が書かれていない記事は、ユーザーにとって不便です。

タイトルと内容自体は合っていても、肝心の記事の中身が薄くユーザーが知りたい情報が書かれていない記事はユーザーのニーズを満たしているとは言えません。
そのため、GoogleからのSEO評価が低くなってしまうでしょう。

SEOに評価されにくい記事③情報が更新されていない

執筆してから時間が経っていて情報が更新されていない記事は、古い情報がそのまま掲載されているためユーザーに不親切です。

たとえば、キッザニア東京のパビリオンを紹介する記事の場合では、現在クローズとなっている料理スタジオやバナナハウスの情報が掲載されたままであるのに対して、新しくできたパティスリーショップやおもちゃ工場といったパビリオンの情報を掲載していない場合、最新の情報を知りたいユーザーにとって、とても使いづらいですよね。

このように情報が更新されていない記事もまた、Googleに信頼性の面で低評価と判断されてしまいます。

こまめにリライトをおこない情報を更新することで、ユーザーが使いやすい記事であるよう心がけましょう。

SEOに評価されにくい記事④テキストのみの記事

テキストのみで構成され、画像やイラスト、動画などが一切含まれていない記事はユーザーにとって読みにくいためSEO評価が下がってしまいます。

テキストのみだと単調で、ユーザーが途中で飽きてしまう可能性があるので、画像やイラスト、図解などを適宜用いて読みやすくわかりやすい文章を心がけましょう。

SEOに評価されにくい記事⑤ページの読み込み速度が遅い

ページの読み込み速度が遅い記事はユーザーにストレスを与えてしまうため、ページが表示される前に離れてしまうなど、離脱率増加の原因になります。

このようにページの読み込み速度が遅い記事もSEO評価を悪くしてしまう原因になるため、ページ速度に問題がある場合は改善するようにしましょう。

SEO記事はゴミ?SEOに対する誤解

世の中には「SEO対策をして上位表示されている記事はゴミだ」と言う持論を持っている人たちがいます。

しかしながら、これはSEOに対する大きな誤解です。

確かに一昔前はSEO対策として、被リンクサイトを量産して検索順位を上げるということがテクニックとしておこなわれてきました。
このようなSEO対策の結果、ゴミ記事と呼ばれるような質の低いコンテンツが大量に検索結果に表示されていた時期があったことは確かです。

しかしながら、現在はGoogle検索エンジンの技術が上がったことで、重複コンテンツや中身のない記事は検索結果から弾かれるようになりました。

その結果、専門性や情報網羅性が高くユーザーの役に立つと判断されたコンテンツがSEOで高く評価されるように変化したため、現在検索上位に表示されているようなSEO記事はゴミ記事ではなく、ユーザーにとって有益な記事と言えるでしょう。

SEO対策の例文!記事の書き方における6つのポイントを解説

SEO対策記事を書く上で大切なのは、下記の6つのポイントです。

SEO対策記事の6つのポイント
  • ユーザーの検索意図に沿った内容を意識する
    E-E-A-Tを意識して執筆する
    対策キーワードを記事内容に含める
    タグを正しく設定する
    読みやすさを意識する
    記事にオリジナル要素を含める


それぞれ詳しく解説していきます。

記事の書き方のポイント① ユーザーの検索意図に沿った内容を意識する

SEO対策を意識した記事を書く上で意識したいのが、ユーザーの検索意図に沿った内容で執筆することです。
なぜならGoogleは、コンテンツがユーザーの検索意図に沿っているかを重要視しているからです。
Googleのユーザーファーストの考え方は、「Googleが掲げる10の事実」の一番最初の項目である「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という部分で確認できます。

記事の書き方のポイント②E-E-A-Tを意識して執筆する

E-E-A-Tとは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略で、ユーザーの検索意図に対して適切な検索結果を返せているかを示すGoogleの評価基準のことを言います。

現在では、このE-E-A-Tを意識したSEO記事を作成することが、サイト自体のSEO評価を高める上で重要になっています。

たとえば、「二歳児育児」「イヤイヤ期」といった子育て系のキーワードを対象としたブログサイトを運営している場合、運営者が保育士の資格を持っていると情報の専門性や信頼性が高くなりますよね。

このように運営者が資格者だったり、実体験を内容に盛り込んだ記事は、E-E-A-Tが優れていると判断されSEO評価に良い影響を与えます。

記事の書き方のポイント③対策キーワードを記事内容に含める

SEOで上位表示させたいキーワードを記事内に含めるよう意識して執筆することは、検索上位を狙う上で非常に重要です。

対策キーワードは、いわば記事のメインテーマというべきものです。
対策キーワードを見出しや記事本文に意識して含めることで、この対策ワードについての内容が書かれたコンテンツだと検索エンジンに知らせることができます。

ただし、対策キーワードを含めることが重要だからと対策キーワードを羅列するなど不自然に入れるのは、NG
Googleからペナルティが与えられ、SEO評価が下がってしまうリスクがあります。

タイトルはもちろん、見出しにも対策キーワードはできるだけ含めた方が良いですが、不自然になる場合はあえて入れないという選択もありです。
その代わり、記事本文など自然に入れられる場所に含めることをおすすめします。

関連ワードと共起語

対策キーワードに関連した「関連ワード」や、対策キーワードと一緒に使われやすい「共起語」も記事内に含めることでSEOで上位表示されやすくなります。

関連ワードとは、対策キーワードと合わせて検索されることが多いキーワードのことを指します。
たとえば下記のように検索エンジンで「二歳児 言葉 遅い」というキーワードを入力した場合、「関連性の高い検索」として表示されるのが、関連ワードです。

一方で、共起語とは対策キーワードとの結びつきが強いキーワードのことを指し、上位表示されている記事の多くに含まれています。

たとえば「二歳児 言葉 遅い」を対策キーワードとした場合の共起語は、「子ども」「発達」「2歳」「ママ」「遅れ」などです。

共起語については、サクラサクマーケティング株式会社が「SEO研究所サクラサクラボ」というWebサイトで提供している無料の共起語ツールで調べることができるので、利用してみると良いでしょう。

記事の書き方のポイント④ タグを正しく設定する

SEOで検索上位を狙うなら、タグを正しく設定することは必要不可欠です。

SEO対策記事において重要視されるタグは、主に下記5つのタグです。

SEO対策記事において重要視される5つのタグ
  • タイトルタグ
  • メタディスクリプションタグ
  • 見出しタグ
  • canonical(カノニカル)タグ
  • リストタグ


タイトルタグ

タイトルタグは、検索エンジンに対しWebページの内容を簡潔に表す役割を持っています。

検索結果に大きく表示され、ユーザーの目に最も目に留まりやすいものであるため、思わずクリックしたくなるようなものである必要があります。

また、下記の点に気を付けて設定することでユーザーにどんな内容の記事か伝わりやすくなり、クリック率の増加につながります。

タイトルタグ設置時の注意点
  • ターゲットキーワードをなるべく前半に入れる
  • 記事内容を端的に示すタイトルにする
  • できれば文字数を30~35文字以内に収める


記事は読まれなければ意味がないので、よく考えてタイトルタグを設定しましょう。

メタディスクリプションタグ

メタディスクリプション(metadescription)タグとは、記事の内容を70~120文字程度で要約する文章を検索結果のタイトル下に表示するタグのことを言います。

タイトルだけでは伝えきれない記事の情報を補完する内容を正しく設定することでコンテンツの品質向上やクリック率の増加につながり、間接的にSEO評価を高める役割を持っています。

メタディスクリプションの正しい設定方法については下記の関連記事で説明していますので、是非参考にしてみてください。

見出しタグ

見出しタグ(hタグ)とは、記事内の見出しを示すためのHTMLのことを言います。

hタグを使用することでWebページの構造を検索エンジンに伝えることができるので、SEO対策記事を作る上では必須です。

見出しタグには、階層の高い順にh1~h6の6種類があります。
h1はタイトルタグなので、記事本文の見出しとして使用されるのはh2以降になります。

h2の下に見出しを入れたい場合はh3、h3の下に入れたい場合はh4と、必ず次の階層を設定するというルールがあります。

h2の下にh4を設定するなど階層を飛ばして設定するのはSEO的にもおすすめできないため、おこなわないようにしましょう。

canonical(カノニカル)タグ

canonical(カノニカル)タグとは、内容が重複している複数のURLのうち、検索エンジンに評価してもらいたいURLを一つに絞るためのタグのことを指します。

内容が重複しているページ、または内容が酷似しているページが同じWebサイト内にあった場合に用いられます。

canonicalタグが用いられるケースとしてよくあるのは、下記の2つです。

  • PCとスマホでURLが別に存在している
  • wwwのあるバージョンとないバージョンのURLが存在している

どちらのケースも書かれている内容自体は一緒ですが、URLが別々に存在するため
検索エンジンには重複コンテンツが複数あるかのように認識されてしまいます。

検索エンジンに重複コンテンツだとみなされるとSEO評価の低下につながってしまうため、正しく評価してもらいたいページは必ずcanonicalタグで設置するようにしましょう。

リストタグ

リストタグの「リスト」とは、箇条書きのことです。

文章はそのまま羅列するだけだと、単調になりやすいですよね。
そこで、箇条書きをうまく使うことで文にメリハリが生まれ、記事が読みやすくなります。

記事の書き方のポイント⑤読みやすさを意識する

記事を執筆する際は内容はもちろん、文章の読みやすさも非常に重要です。
なぜなら、読みやすい記事はユーザーの利便性が上がり、Google評価アップにつながるためです。

画像やイラストが一切なく、ただ文章を並べただけの記事はどんなに内容が良かったとしても、飛ばし読みされたり、途中で飽きて離脱されてしまいやすくなります。そうすると、サイトへの滞在時間や離脱率といったSEOに間接的にかかわる要素に悪影響を及ぼす可能性があります。

記事を執筆する際は内容はもちろんのこと、適宜画像やイラスト、図解を用いてユーザーにとって読みやすく飽きにくい記事になるよう心がけましょう。

読みやすい記事を作成する上での注意点を下記にまとめました。

読みやすい記事を作成する上での注意点
  • 記事内に画像やイラストが含まれているか
  • 目次があるか
  • 一文が長すぎないか
  • 文脈が自然か
  • 誤字・脱字がないか
  • 句読点の位置は適切か
  • 改行が適切か


記事を執筆する際は、上記を意識してみましょう。

また、最近はスマホからの閲覧が大部分を占めるようになっています。
PCとスマホでは当然表示の仕方が異なりますので、PCだけでなくスマホから見ても「見やすい」「読みやすい」記事になっているかを必ず確認するようにしましょう。

記事の書き方のポイント⑥記事にオリジナル要素を含める

執筆した記事がSEOで検索上位にされるためには、記事に独自性を持たせることが必要不可欠です。

もちろん、上位表示されているライバルサイトに含まれている内容を参考にするのは良いのですが、それだけでは既存サイトと似通った量産記事の一つになってしまい、埋もれてしまいがち。

ひどい場合は検索エンジンに重複コンテンツとみなされ、SEO評価が下がる原因となってしまうので注意が必要です。

SEO対策記事を執筆する際はユーザーの検索ニーズを満たす要素をもれなく記載しつつ、自分だけのオリジナル要素を記事に盛り込み、ライバルサイトと差別化できるように心がけましょう。

SEO対策記事の書き方の流れを解説!

では実際にSEOで評価されやすい記事を書くには、どうしたらよいでしょうか。

ここでは、SEO対策記事の書き方の流れを解説していきます。

記事のターゲットとゴールを設定する

SEO記事を書く際はいきなり書き始めずに、まずは記事のターゲットとゴールを設定することが非常に重要です。

ここでいう記事のターゲットとは、記事を上位に表示したい対策キーワードで検索するユーザーのことを指します。

ターゲットとなるユーザーが何を知りたくてこのキーワードで検索したのか、ユーザー目線になって考えることで、ユーザーが解決したい悩みを見つけることができるでしょう。

ユーザーの悩みが分かったら、次は記事のゴールを決めます。

記事のゴールには、記事を読んだ後にユーザーがどうなってほしいかを設定します。

たとえば「SEOライティング 初心者」というキーワードなら、記事のゴールは「SEOの意味からSEOで上位表示させるために必要な記事の書き方まで分かるようになる」といったものになります。

このように、記事のターゲットとゴールを明確にし、ゴールを達成するために必要な要素を組み合わせることで、最後まで一貫した内容で記事を執筆することができるようになるので、必ず最初に設定しておきましょう。

検索上位にいる記事の調査をおこなう

記事のターゲットとゴールを決めたら、次は検索上位にいる競合サイトの調査をおこないましょう。

ここで注目すべきは、次の4点です。

  • 記事のタイトル
  • 記事の見出し構成
  • 記事の見出し内の詳細
  • 記事に挿入されている図表

これらの要素から、どんな情報を組み込めばユーザーに有益な記事だと検索エンジンに評価されるかを分析し、記事執筆に活かしましょう。

SEOに重要な記事構成を組み立てる

「SEO上位表示を狙えるかどうかは記事構成にかかっている」と言われるほど、SEOコンテンツにおいて記事構成は非常に重要です。

記事構成とはいわば、記事の設計書。
あらかじめ記事で伝える内容を明確にしておくことで、記事を執筆した際にスムーズに筆が進み、最後までブレない内容で書くことができるようになります。

また、ゴールに対してどのような順序で伝えればユーザーにとってわかりやすいかを考えて設計することも記事構成を考える上で重要なので、意識して作成しましょう。

記事を執筆する

記事構成がまとまったらいよいよ執筆に入ります。

SEO記事を執筆する際のポイントを下記にまとめました。

SEO記事を執筆する際のポイント
  • キーワードを文章に含める
  • 冗長な表現を避け、分かりやすい文章を意識する
  • 1文を長くなりすぎないようにする
  • 文章の表記は統一する
  • 句読点や改行を適切に使う
  • 同じ語尾や言い回しの連続を避ける
  • 代名詞を多用しない
  • 「の」など、同じ助詞の繰り返しを避ける表現の揺れを意識する


記事の執筆をする際は読み手であるユーザーにストレスを与えないよう、読みやすい文章を心がけましょう。

記事を入稿する

記事が完成したら、最後は入稿作業をおこないます。
SEO対策記事ではWordPressなどのCMSを使って入稿することが多いですが、その際には下記を意識しておこないましょう。

SEO記事入稿時に意識するポイント
  • タグの設定
  • 目次の設定
  • リンクが有効かどうかの確認
  • 図や画像の挿入
  • 重要箇所となるタイトルや見出しなどのテキストの装飾


タグは見出しであるhタグに加え、メタディスクリプションタグ、リストタグなども必要に応じて設定しましょう。
リンクを設定する際は実際に設定したリンクに飛び、きちんと表示するか確認するようにしてください。

入稿後はプレビュー画面で記事全体を確認し、内容に漏れやおかしなところがないか一度チェックをおこないましょう。
記事をチェックし問題がなければ、公開して完了です。

記事は一度入稿したらそれで終わりではありません。
入稿時には気づかなかったミスや新たに盛り込みたい内容が見つかるかもしれませんので、新たに記事公開後も適宜リライトをおこない、内容をブラッシュアップしましょう。

SEO対策記事を書く上でのよくある質問

SEO対策記事を初めて書く人にとって、どうすればSEO上位に表示するSEO記事が書けるかは悩むところだと思います。

そこで今回は、SEO対策記事を書く上でのよくある質問として下記5つを掲載しました。

SEO対策記事を書く上でのよくある質問
  • SEO記事の関連キーワードの選び方は?
  • SEO記事構成の作成のコツが知りたい
  • リード文ってどう書けばいいの?
  • SEO記事に挿入する画像の適切な選び方は?
  • ウェブサイトの目的やゴールの設定方法は?


これからSEOに強い記事を書けるようになりたいと考えているWebライターの方は、ぜひチェックしてみてください。

よくある質問①SEO記事の関連キーワードの選び方は?

SEO対策として記事を執筆する際、関連キーワードを設定することで、よりユーザーの検索意図に沿った内容の記事が書けるようになります。

とはいえSEO記事を書くのが初めてという場合、どんな関連キーワードを選べば良いかわからないですよね。

そこでSEO記事における関連キーワードの選び方が知りたいという方は、下記の「Webライティング KW」を参考にしてみてください。

よくある質問②SEO記事構成の作成のコツが知りたい

「検索上位に表示できるか否かは記事構成で決まる」と言われるほど重要な記事構成ですが、ライティング初心者にとっては難しいもの。
「記事構成の作り方が分からない」「検索上位に表示するためにはどんな記事構成にすればいいの?」といった悩みを持つ方が多いようです。

下記の「SEO記事 構成」では、SEO記事構成をうまく作成するためのコツをお伝えしていますので、記事構成の作成方法について知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

よくある質問③リード文ってどう書けばいいの?

「リード文ってどう書けばいいの?」という質問は、Webライター初心者によくある質問の一つです。
記事を書く上でリード文は、ユーザーを引き付ける最初の掴みとも言える部分のため、SEO対策の上でも非常に重要ですが、慣れていない人は難しく感じるでしょう。

下記の「初心者Webライター リード文」では、初心者のWebライターがリード文を書くコツについて例文を交えてご紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

よくある質問④SEO記事に挿入する画像の適切な選び方は?

SEO対策において記事に適切な画像を挿入することは、非常に重要です。
初心者にとってSEO記事の画像選びに悩む方も多く「どんな画像を記事に挿入すればSEO評価に良いかわからない」という質問も、Webライター初心者によくある質問の一つです。

下記の「Web 画像」では、初心者Web向けに記事の画像の選定方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

よくある質問⑤ウェブサイトの目的やゴールの設定方法は?

Webライター初心者の中には、自分でブログなどのWebサイト運営をおこなってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
Webサイトを運営するためには、SEO記事と同じく目的やゴールを明確にすることが必要不可欠です。

下記の「Webサイト運営 ゴール」では、Webサイトの目的やゴールの設定方法について記載していますので、これからWebサイトやブログを運営したいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

SEOに強い記事の書き方まとめ

今回は、SEOに強い記事の書き方について解説しました。
最後まで読んでいただくことで、SEOに評価されやすい記事、逆に評価されにくい記事のポイントや、SEO記事における書き方の流れなどがお分かりいただけたかと思います。

最後に本記事のポイントについてまとめておきます。

本記事のポイント
SEO記事を書く際は記事のターゲットとゴールを明確にする
SEOで検索上位に表示するためにはユーザーの検索ニーズを満たすことを意識する
読みやすさを意識した記事執筆を心がける


執筆した記事がSEOで検索上位に表示されるためには、検索エンジンに高く評価されるためのポイントを抑えた書き方で記事を執筆することが大切です。

そのためには、何よりもユーザーファーストであることが重要。

ユーザーの検索意図を読み解き、SEOで高く評価される記事づくりを心がけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 無職・ニートのwebライターの始め方
  2. ロゴ作成 自分でのアイキャッチ画像
  3. Webライターのテーマ・サンプル記事
  4. スケジュール副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方などのアイキャッチ画像
  5. ストアカのランキング一覧(東京・大阪・福岡含む)
  6. ブログライティング講座5選【無料あり】

目次