採用されないWebライターの共通点とは?

この記事は11分で読めます

Webライター採用されない

Webライターとして成功するためには、特定のスキルを身につけ、磨いていく必要があります。

実は、採用されないWebライターには共通の傾向が見られます。

ライティング経験の不足効果的なポートフォリオの欠如、そしてSEO知識の蓄積不足など、多くの障壁が存在します。

「採用されないWebライターの共通点とは?」と題した本記事では、Webライターが直面する課題を詳しく探り、成功への道を紐解いていきます。

目次

Webライターが採用されない主要な理由

採用通知を見てショックを受けるWebライター

Webライター採用プロセスでは、いくつかの重要な点が評価されます。

しかし、多くの応募が不採用に終わることも事実です。

では、採用されない主要な理由は何でしょうか。

一つには、実践的なライティング経験不足が挙げられます。

書く技術だけでなく、SEOの知識や、クライアントのニーズを理解する能力も重要です。

効果的なポートフォリオを作成することができていないことも、採用担当者が求めるスキルとのミスマッチを生む原因となります。

Webライターとしての競争力を高めるためには、これらの点に留意し、継続的に自己向上に努めることが重要です。

この章でわかること
・Webライティングの経験不足とその影響
・効果的なポートフォリオの作り方の欠如
・WebライターはSEO知識の積み重ねが不十分な状況では採用されない

Webライティングの経験不足とその影響

Webライターの経験不足を表す初心者マーク

Webライティング業界で活躍するためには、実際に多くの記事を書く経験が不可欠です。

しかし、始めたばかりのWebライターの中には、十分な経験がないことが珍しくありません。

経験が浅いと、クライアントの求める品質のコンテンツを提供することが難しくなるため、採用の可能性が低下します。

経験不足は、執筆スピードやテーマ選び、記事の構成力にも影響を及ぼし、最終的には読者の満足度にも繋がります。

このようにライティングの経験不足は、採用されるための大きな障壁となるでしょう。

効果的なポートフォリオの作り方の欠如

Webライターの効果的なポートフォリオ

効果的なポートフォリオは、Webライターが採用されるための重要な武器です。

しかし、どのようなポートフォリオが好印象を与えるのかを把握していないWebライターも多くいます。

ポートフォリオには、自分のライティング技術をアピールするための厳選された作品を含める必要があります。

また、クライアントの目を引くデザインや構成も重要です。

自分の専門分野やこれまでの執筆実績をわかりやすく、かつ魅力的に示せるようなポートフォリオの作り方を知らないと、採用のチャンスを逃す可能性が高くなります。

WebライターはSEO知識の積み重ねが不十分な状況では採用されない

WebライターはSEOの知識を積み重ねることが大切

現代のWebライターには、ただ文章を書くだけでなく、SEO知識も必要とされています。

検索エンジンの仕組みを理解し、キーワードを適切に使い、読者に有益なコンテンツを届けられるようにする必要があるからです。

しかし、SEOに関する知識が不十分だと、コンテンツがオンラインで目立つことは難しくなるでしょう。

これはクライアントからの評価に直結するため、不十分なSEOスキルは採用されない一因となります。

常にSEOのトレンドを学び、コンテンツに活かしていくことが不可欠です。

Webライターのライティング経験を高める方法

採用されるためにライティング経験を積むWebライター

Webライティングの世界では、経験値を高めることが成功への鍵となります。

採用されないWebライターに共通して見受けられるのが、十分なライティング経験の不足です。

では、どのようにしてライティング経験を増やし、その質を向上させることができるのでしょうか。

この章では、Webライターとしての経験を積み、スキルを高めるための実践的な方法を探求します。

この章でわかること
・定期的なブログ執筆でスキル向上
・コンテスト参加で実践力をアップ
・ライティング講座で知識を深める

定期的なブログ執筆でスキル向上

ブログ閲覧数の伸びを確認するWebライター

文章を書くことは、一種の筋トレと同様です。

定期的に筆を執ることにより、さまざまなテーマに対する理解が深まり、表現の幅も広がります。

ブログを維持することは、自らの考えをまとめ、訴求する力を磨いていきます。

また、読者のニーズを捉えた記事を書くことは、SEOやマーケティング技術の向上につながるでしょう。

書くジャンルを決めず、幅広い分野に挑戦していくことも大切です。

こうして多種多様な経験を経て、スキルを培っていくことができるのです。

コンテスト参加で実践力をアップ

コンテスト受賞経験がWebライターの実績にもなる

文章コンテストへの参加は、自分のライティングスキルを客観的に評価してもらうまたとない機会です。

他のWebライターと競い合うことで、自身の強みや弱点を理解し、次へのステップとして生かせるのです。

また、受賞や作品掲載はポートフォリオに追加できる実績となります。

こうした活動を通して、ライターとしての信頼性や専門性を高め、採用されるチャンスが増すでしょう。

ライティング講座で知識を深める

ライティング講座を受講中のWebライター

ライティング講座ワークショップの受講を通して、専門的な技術や最新のライティングトレンドを学ぶことができます。

実際にプロが指導する場では、実務に役立つ具体的なアドバイスが受けられ、より実践的なライティングスキルを身につけられます。

さらには、同じ目標を持つ仲間との繋がりができ、モチベーションの維持にも繋がります。

経験値を高めるためには、常に学ぶ姿勢を持つことが大切です。

以下の記事では、Webライターにおすすめの教材や講座をまとめています。

【無料あり】独学でWEBライターを始める方法は?おすすめ教材・選び方など

「不採用」を回避する文章力の重要性とその評価基準

Webライターの文章力の重要性と評価基準

Webライターにとって、文章力は必要不可欠なものです。

採用されるためには、ただ文章を書けばいいというわけではありません。

読者にとってわかりやすく、かつ、興味を持ってもらえる内容でなければなりません。

文章力は思想を表現する手段であり、そこには信頼が求められます。

これは、内容の正確性を保証すると同時に、読者とのコミュニケーションでもあるのです。

文章力の評価基準としては、構成力表現力、そしてユーザーエンゲージメント(ユーザーがWebサイトに訪れている時間)を高める能力が挙げられます。

これらは読者を惹きつけ、情報を効果的に伝えるためには重要な要素であり、評価を受ける際にも高く評価されるポイントなのです。

この章でわかること
・良い文章とは何か
・文章力を試すセルフチェックリスト
・Webライターは文章力を高めるために読書の時間をつくる

良い文章とは何か

読者が読みやすいクリアな文章を目指すWebライター

良い文章とは具体的にどのようなものでしょうか。

まず、読者が容易に理解できるクリアな文章であることです。

ここで重要なのは、難解な語句を避け、簡潔かつ明確な表現を使用することです。

さらに、情報を適切に構成し、ロジカルに展開していく能力も必要です。

また、「声」がしっかりしている文章も読者にとって魅力的です。

その「声」とは、著者の個性や独自性を含めた総合的なものです。

情報の新鮮さ、角度、そして文章を通じて感じられる著者の情熱や誠実さは、良い文章を作り上げる際には非常に大切です。

読者の感情を動かすような共感やインパクトを与えられる文章が、良い文章と言えるでしょう。

文章力を試すセルフチェックリスト

Webライターのセルフチェック

自己の文章力をチェックするためのセルフチェックリストをご紹介します。

まず、文章を書く際には、目的や対象読者を明確にします。

読者が求める情報を的確に捉えて提供できているかを考えてみてください。

次に、文章の構成はロジカルで、一貫性があるかを確認します。

読者が途中で迷わずに要点を把握できるような流れになっているかを点検してみましょう。

また、自分の書いた文章を何度も読み返し、情報が正確かつ最新のものであるかをチェックすることも重要です。

最後に、文章を通じて自分の「声」が表現できているか、または読者の共感を呼び起こすことができているかも振り返るべきポイントです。

Webライターは文章力を高めるために読書の時間をつくる

文章力を高めるために読書の時間を設けるWebライター

文章力を高めるためには、良質な読書体験が欠かせません。

豊かな語彙力、多様な表現、緻密な構成力を身につけるには、さまざまなジャンルの書籍や記事に触れることが役立ちます。

小説やエッセイから学べる人間の心理や感情の表現、新聞や専門書での正確かつ客観的な情報の伝え方、詩や戯曲などで感じられる言葉のリズムや響き。

これらの要素を自身のライティングに取り入れることで、どんなテーマにも対応できる汎用性の高い文章力が磨かれていきます。

読書を通じて知識を深めると同時に、著者の手法を分析し、ライティングスキルを自分のものとする姿勢が大切です。

SEO知識がWebライターに与える影響

SEO対策ができる「採用される」Webライターを目指す

SEOの知識は、Webライターにとって非常に重要です。

検索エンジンでの見え方が良くなることで、書いた記事がより多くの人の目に触れる機会が増え、その結果、Webサイトのアクセス数や閲覧の流れが向上します。

SEOを意識したコンテンツ作成は、Webライターが市場で生き残る上で不可欠なスキルであると言えるのです。

さらに、SEOに精通しているWebライターは、クライアントからも高く評価され、採用につながる確率が高まります。

この章でわかること
・SEOを理解することの重要性
・実践的SEOスキルの獲得方法
・Webライターはキーワードリサーチが成功のカギ

SEOを理解することの重要性

SEOの知識はWebライターにとって重要

WebライターがSEOを理解することは非常に重要です。

SEOによって、コンテンツがどのようにして読者の目に留まるか、どうすればクリックを集めやすくなるのかといった点を把握することができます。

検索エンジンのアルゴリズムは日々更新されていますが、基本的なSEOの理解があれば、それらの変化にも柔軟に対応することが可能です。

したがって、SEOを学び続けることは、Webライターとしての市場価値を高めることにつながります。

より多くのユーザーに読まれる記事を書くために、SEOの基本をしっかりと把握し、常に最新の知識を更新し続けることが必要です。

実践的SEOスキルの獲得方法

実践的なSEOスキルを獲得するWebライター

Webライターが実践的なSEOスキルを身に付けるためには、まず最新のSEOトレンドを理解し続ける学習姿勢が重要です。

オンラインでの無料講座や情報サイト、ブログを活用し、SEOに関する知識を定期的にアップデートしていくことが大切です。

また、具体的な技術として、キーワード選定のスキルを磨くこと、メタデータの最適化内部リンクアウトリンクの効果的な使用方法なども学ぶべきです。

実際に自分のブログやWebサイトを運用してみることで、SEOスキルを実践的に習得することがでしょう。

Webライターはキーワードリサーチが成功のカギ

Webライターのキーワード検索は成功の鍵

Webライターとして成功するためには、キーワードリサーチがカギを握ります。

適切なキーワードを選定し、それに基づいたコンテンツを作成することで、ターゲットとする読者に対して最適な情報を届けることができます。

キーワードリサーチには、専用のツールを使用したり、競合のコンテンツを分析したりすることで、ニーズに合致するキーワードを見つけることができます。

また、検索意図を正確に理解し、ユーザーが求めるコンテンツを提供できるよう心がけることが成功への近道になるでしょう。

以下の記事では、SEOに関連する記事をまとめています。
【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは
【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など

Webライターのためのポートフォリオの構成要素と効果的な提示方法

ポートフォリオ作成のために自分の強みを洗い出すWebライター

Webライターとして採用を目指すうえで、ポートフォリオあなたの能力や経験を示す重要なツールになります。

ポートフォリオには、これまでに執筆した記事コンテンツ、参加したプロジェクトなどが含まれ、あなたの専門分野やスキルセットを示す証拠となるのです。

ポートフォリオを構成する際には、見やすさ内容の質のバランスを考えることが肝心でしょう。

クライアントは多忙なため、あなたのポートフォリオを短時間で把握できるように整理し、最も印象に残る作品を前面に出すことが効果的です。

この章でわかること
・成功するポートフォリオの特徴
・魅力的なポートフォリオサンプルの構築
・クライアントへのポートフォリオの提出戦略

成功するポートフォリオの特徴

Webライターの成功するポートフォリオの特徴

成功するポートフォリオのもつ特徴とは、まず見やすさがあげられます。

キレイに整理されたレイアウトであり、必要な情報が一目でわかるようになっていることが大切です。

また、多様なコンテンツをバランスよく掲載することで、あなたの幅広いスキルをアピールできます。

それぞれの作品には簡潔な説明を添え、どのような目的でどのような工夫をしたのかを明確にすることも重要です。

さらに、具体的な成果影響数字やグラフで示せれば、より説得力のあるポートフォリオになるでしょう。

魅力的なポートフォリオサンプルの構築

Webライターのポートフォリオを構築するためのスキル

魅力的なポートフォリオサンプルを構築するには、あなたの「強み」「特徴」を上手く活かすことがポイントです。

たとえば、特定の分野に精通している場合はそのジャンルに焦点をあてたコンテンツを多く取り入れ、オリジナリティを強調しましょう。

デザイン面でも、シンプルでモダンなものから個性的なものまで、あなたのスタイルに合ったテーマを選ぶことが大切です。

さらに、過去に取り組んだ案件での成果を具体的に示せば、クライアントにあなたの力を理解してもらいやすくなります。

クライアントへのポートフォリオの提出戦略

Webライターのポートフォリオ提出のためのベスト戦略

クライアントへのポートフォリオの提出戦略として、最初にするべきことはクライアントのニーズをしっかり把握することです。

どのようなコンテンツを求めているのか、どんなスキルを重視するのかを理解し、それに合わせてあなたのポートフォリオをカスタマイズしましょう。

提出する際には、メールやオンラインプラットフォームを通じて、きちんと整理されたファイルやリンクを送ることが重要です。

フォローアップも忘れずに行い、クライアントからのフィードバックをもとにポートフォリオをアップデートしていきましょう。

Webライターのコミュニケーション力が採用に及ぼす影響

ポートフォリオ作成のために自分の強みを洗い出すWebライター

Webライターとして「採用されない」理由の1つに、コミュニケーション力不足があります。

文章の技術だけではなく、クライアントやチームと連携する能力もとても大切です。

さらに、秀逸した文章で記事を執筆しても、それを分かりやすく説明できなければ、あなたの思いは伝わりません。

コミュニケーション力は、クライアントとのミスコミュニケーションを減らし読者にも分かりやすく伝わりやすい文章をまとめ上げることができます。

この章でわかること
・Webライターがコミュニケーション力をアピールする方法
・クライアントに信頼されるコミュニケーションテクニッ

Webライターがコミュニケーション力をアピールする方法

Webライターはメールでのコミュニケーションもアピールできる

自分自身のコミュニケーション力をどうやってアピールすればいいのか、そのポイントはいくつかあります。

たとえば、面接時にあいまいな言い方をさけ、明確な回答をすることが大切です。

具体的な履歴や経験をもとに、自分がどのようにコミュニケーションをとってきたかを具体的な例をあげて説明するのも良い方法です。

また、メールや書類でのコミュニケーションも大切ですので、丁寧かつ効果的な文章を心がけることが重要です。

言葉を選び分かりやすさを意識しながら、自分自身を表現できる能力は、様々な業界で重宝されるスキルとなります。

クライアントに信頼されるコミュニケーションテクニック

Webライターはフィードバックからの改善でクライアントの信頼を得る

信頼されるためのコミュニケーション技術は、クライアントの期待にそえるように、約束したことはきちんと守ることが基本です。

それに加えて、わからないことがあれば素直に質問し、自ら学ぼうとする姿勢を見せることも大切です。

クライアントのニーズを正確につかみ、それに応じて提案ができる能力は、プロのWebライターとして必須な資質でしょう。

そして、常にフィードバックを求め、それをもとに改善していくことが、クライアントの信頼を得るためには欠かせません。

採用担当者が見るポイントとWebライターの自己PR術

採用担当者が見る採用のポイント

Webライターとしての採用を目指す際には、採用担当者が重視するポイントを把握し、自己PRの技術を磨くことが大切です。

採用されないWebライターの共通点とは何かと問われれば、採用担当者の視点を理解せず、自身の強みを適切にアピールできていないことが挙げられるでしょう。

自己PRには戦略が必要であり、どのように自分の能力や魅力を伝えるかが、採用の分かれ目になります。

この章でわかること
・採用基準を理解する
・自己PRのコツとその効果
・就職面接の心構えと準備

採用基準を理解する

採用基準を事前にチェックしておくWebライター

採用基準を理解することは、Webライターの就職活動において極めて重要です。

それぞれの企業やプロジェクトには異なるニーズがあり、それに最適な人材を求めています。

例えば、SEOライティングに特化した企業ならば、その知識経験を重視するでしょうし、クリエイティブなコンテンツを求める場所ならば創造力が問われるでしょう。

自身の経験をリストアップし、求められるスキルに合致する部分を明確にすることで、面接での自己PR時に自信を持ってアピールできます。

自己PRのコツとその効果

Webライターの自己PRのコツ

自己PRは単に自分の良い点を述べるだけでは不十分です。

自己PRを成功させるコツは、具体的なエピソードや実績を交えて業務への適合性や貢献できる点をアピールすることです。

また、相手の関心を引くためには、職種に応じた専門知識経験を簡潔に、かつ印象深く伝えることが求められます。

これらの要素を巧みに織り交ぜた自己PRは、採用担当者に自身のポテンシャルを強く印象付ける効果があります。

就職面接の心構えと準備

Webライターとしての面接はありのままの自分で挑む

面接は企業と応募者が互いに合致するかを見極める場です。

成功の鍵は、周到な準備正しい心構えにあります。

面接前の準備としては、企業研究を徹底し、応募先企業のコーポレートカルチャーを理解することが欠かせません。

心構えとしては、緊張を適度に保ちつつ、自分自身をありのままに語る姿勢が重要です。

自信を持って臨むことで、採用担当者に対してポジティブな印象を与えることができます。

「採用されない」から「採用される」Webライターへ!継続的なライティングで採用率UP!

継続的なライティングで「採用されない」Webライター回避

Webライターとして成功するためには、何よりも継続的な努力が必要です。

採用されないライターと採用されるライターの決定的な違いは、書くことの継続性にあるかもしれません。

継続的なライティングを行うことで、スキルを高めるだけでなく、クライアントに対する信頼も築くことができます。

この章では、継続的なライティングがどのように採用率を上げるのかについて詳しく説明していきます。

この章でわかること
・継続は力なりWebライター版
・Webライターが成功する習慣とライティングルーティンローティン
・Webライターとしての成長を見せるポイント

継続は力なりWebライター版

継続は力になるWebライターの道のり

文章を書くことは、継続すればするほど上達していく能力の分野です。

毎日少しずつでも良いから、書くことを続ける重要性は、多くの成功しているライターたちが実証しています。

ただし単に量をこなすだけではなく、そのパフォーマンスを分析し、必要に応じて改善していくことが重要です。

継続的なライティングを習慣にするためには、目標を設定し、自分に合ったライティングスケジュールを組み立てることが大切です。

例えば、日々の出来事や趣味に関するブログ更新短い記事作成などを習慣化し、ライティングスキルの向上に繋げていく方法があります。

Webライターが成功する習慣とライティングルーティン

Webライターが成功する習慣と日々のルーティン

ライティング力を高め、採用率を上げるためには、習慣化することが不可欠です。

どんなに小さな進歩でも、毎日続けることで大きな結果を生むことができます。

成功するためのライティングルーティンには、書くスケジュールを立てること、ワークフローを整理し効率化すること、リサーチアウトラインの作成を怠らないことなどが含まれます。

さらに反省会を持ち、書いた内容を振り返ることで次へのステップとして活かしていくことが大切です。

Webライターとしての成長を見せるポイント

Webライターとしての専門性も開花させる

Webライターとしての成長を見せるためには、クライアントからの書いた記事へのフィードバックを活用して、どのような点が評価されたのか、どこを改善すべきなのかを自覚することが重要です。

また、ライターとしての専門性を持ち、特定の分野での知識を深めることも、成長に繋がります。

更には、継続的な学習意欲を見せることで、採用担当者に対して積極的な姿勢をアピールすることもできるでしょう。

常に一歩前進している姿を見せることが、ライターとしての成長を内外に示すポイントです。

以下の記事では、Webライターに必要なツールをまとめています。
【初心者】Webライター記事作成の必須ツール20選!文章作成・画像・検索順位ツールなど

【Webライター】今すぐ導入したい!記事執筆をサポートするライティングツール17選

一般的に「採用されない」Webライターの共通点まとめ

採用されないWebライターにならないように環境作りからスタート

文章を書くことを継続していくことが1番重要になるWebライターは、意欲と根気という精神的な部分も大きく作用しますが、「採用されない」1番の理由は経験不足によるところが大きいです。

経験が不足していると、ポートフォリオに実績を記すこともできないし、自分自身の強みを理解することも難しいからです。

継続すること」ができたら、ポートフォリオに実績を反映し、Webライターとしてのプロフィールを充実させることができます。

また、クライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、それを活かして知識や経験を積み重ねていくことができます。

自身のライティングルーティンを作り継続していくことで、いつの間にか経験不足は解消され知識が身につき、経験や実績から「採用される」Webライターへと成長しているはずです。

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライター未経験の主婦がブログなどで稼ぐコツ
  2. 副業webライターの始め方
  3. 初心者の主婦が在宅ワーク探しをするコツのアイキャッチ画像
  4. Webライターの画像選定(フリー素材サイトの活用など)

目次