【無料あり・弥生会計など】個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトランキング!

この記事は10分で読めます

「個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトランキングってどんな感じなの?」
「WEBライターが会計ソフトを選ぶときはどこに着目すればいい?」
こんな方のため、当記事では個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトをランキングにしてご紹介します。
他にも個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な理由や活用するコツなどもお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な理由

個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要である理由は次の3つです。
–個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な理由–
●手軽に収支を管理できる
●確定申告に役立つ
●事業の成長に役立てられる

会計ソフトを使う目的を今一度把握しておけば、効果的に利用できるようになります。
個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な理由について、次の見出しから解説します。

手軽に収支を管理できる

個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な1つ目の理由は、手軽に収支を管理できるからです。
手作業で記帳(帳簿をつけること)よりも効率がよくなり、ミスも起こりにくくなります。
正確な数値が導き出しやすいので、収支の現状を正しく把握して業務の計画を立てやすくなるでしょう。
このような点から個人事業主のWEBライターは会計ソフトを導入すべきといえます。

確定申告に役立つ

個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な2つ目の理由は、確定申告に役立つからです。
確定申告の時期(例年2月16日〜3月15日)が近づいてくると確定申告に関する書類を完成させなければなりません。
このとき会計ソフトを使うと確定申告書に必要な情報を簡単に抽出でき、ソフトによっては確定申告書を自動で作成してe-Taxで提出も可能です。
確定申告を便利に行えるというメリットも、個人事業主のWEBライターが会計ソフトを導入すべき積極的な理由となります。

事業の成長に役立てられる

個人事業主のWEBライターに会計ソフトが必要な3つ目の理由は、事業の成長に役立つからです。
売上・経費などのデータを分析すれば、どの部分で収益/損失が大きいかがわかります。
会計ソフトによってはデータ分析機能がついているものもあるので、個人事業主としてWEBライターをしている方は使ってみても良いでしょう。
このように、個人事業主のWEBライターは事業の成長を図る点でも会計ソフトを導入したいところです。

個人事業主のWEBライター向け|会計ソフトランキング

個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトランキングは以下のようになっています。
–個人事業主のWEBライター向け|会計ソフトランキング–
●freee
●やよいの青色申告オンライン
●やよいの白色申告オンライン
●円簿会計
●フリーウェイ経理Lite

会計ソフトのランキングを把握しておき、どのソフトを選ぶかの目星をつけてみてくださいね。
個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトのランキングは次の見出しからです。

freee

個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトの中でランキング1位としてご紹介するのは、freeeです。
freeeは以下の強みがあるため1位としています。
−−個人事業主向け会計ソフトのランキング1位 freeeの強み−−
・簿記の知識がなくても帳簿や確定申告書が作れる
・スマホでも確定申告書を作成できる
−−
freeeは簿記の知識を全く持っていなくても、記帳や確定申告書を作成可能な仕組みがある会計ソフトです。
取引データは自動で仕訳され確定申告書は○×形式で作成できるなどお手軽に使えるので、会計処理に初めて取り組む個人事業主のWEBライターにおすすめします。
無料で以下のサービスを30日間体験できるので、使い勝手が気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

取引データの閲覧と編集 直近1ヶ月に登録したデータのみ
仕訳帳の出力 10データ

(参考:【個人】freee会計のプランについて − freeeヘルプセンター
個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトランキング1位のfreeeについて、基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 スターター:1,628円/月〜
スタンダード:2,948円/月〜
プレミアム:43,780円/年
無料期間 お試し期間:30日
※30日を過ぎると無料プランに移行する
e-Tax対応 パソコン・スマホともOK
帳簿のつけやすさ
(簡単な入力から詳細内容の入力に至るまで可)
スマホアプリの機能 ・帳簿作成
・自動仕訳
・レシート読取りなど
サポート ・チャット・メール:すべてのプラン
・電話:プレミアムプランのみ
公式サイト https://www.freee.co.jp/

個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトランキングで1位のfreeeについて気になる方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

やよいの青色申告

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキングで第2位としてご紹介するのは、やよいの青色申告オンラインです。
やよいの青色申告は以下の強みがあるためランキング第2位としました。
−−個人事業主向け会計ソフト 「やよいの青色申告オンライン」の強み−−
・画面がシンプルで使いやすい
・複式簿記の知識があれば簡単に使える
・1年間は完全無料で使える
−−
やよいの青色申告オンラインは機能的な強みだけでなく、1年間も機能の制限なく完全無料で使える点が嬉しいところです。
ただし青色申告専用であるため、白色申告をする方は後述する「やよいの白色申告オンライン」を使わなければならない点には注意しましょう。
また記帳は簿記の知識がなくてもできますが、あったほうがスムーズにできることも頭に入れておいてくださいね。
個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトやよいの青色申告オンラインについて基本情報をまとめたのでご覧ください。

料金 ・セルフプラン:青色申告9,680円/年
・ベーシックプラン:15,180円/年
・トータルプラン:26,400円/年
無料期間 1年間
e-Tax対応 パソコン・スマホ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取り
サポート ・チャット・メール・電話:青色申告者なら誰でも可
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/lp/aoiro-ol-02/

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトおすすめランキング第2位である「やよいの青色申告オンライン」について気になる方は上記の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

やよいの白色申告

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキングで第3位としてご紹介するのは、やよいの白色申告オンラインです。
やよいの白色申告オンラインは以下のような強みを持っています。
–個人事業主向け会計ソフトランキング 第3位 やよいの白色申告オンラインの強み–
・料金が完全無料
・簿記の知識は一切不要

やよいの白色申告オンラインは、どれだけ使っても完全無料であることが最大のメリットです。
簿記の知識がなくても記帳できるよう、自動仕訳や「かんたん取引入力」などの補助機能があり便利に使えます。
さまざまな事情により白色申告を選択した個人事業主の方は、ランキング3位の会計ソフト「やよいの白色申告オンライン」を検討してみても良いでしょう。
個人事業主向けの会計ソフトランキング 第3位の「やよいの白色申告オンライン」についての基本情報をまとめました。

料金 完全無料
e-Tax対応 パソコン・スマホ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取りのみ
サポート なし(公式サイトにガイドのページはある)
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/shinkoku/shiroiroshinkoku/

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトおすすめランキング第3位である無料確定申告ソフト やよいの白色申告オンラインが気になる方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

マネーフォワードクラウド確定申告

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキングで第4位は、マネーフォワードクラウド確定申告です。
マネーフォワードクラウド確定申告は以下の点に強みがあります。
–個人事業主向けの会計ソフトランキング第4位 マネーフォワードクラウド確定申告の強み–
・自動仕訳データを編集しやすい
・自動取込以外にもさまざまな入力方法により帳簿を作成できる

ただし記帳の補助がないので複式簿記の知識がないとやや難しく感じられるでしょう(別でガイドページはあります)。
1ヶ月間無料で利用できるので、使い勝手を確かめてみたい個人事業主のWEBライターはこの機会に試してみても良いでしょう。
個人事業主向けの会計ソフトランキング第4位のマネーフォワードクラウド確定申告について基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 年額(月額プランもある)
・パーソナルミニ:10,560円
・パーソナル:12,936円
・パーソナルプラス:39,336円
無料期間 1ヶ月
※1ヶ月を過ぎると無契約状態となる
e-Tax対応 スマホのみ可
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 ・帳簿つけ
・確定申告書の作成
サポート ・チャットサポート:すべてのプラン
・電話:パーソナルプラスのみ
公式サイト https://biz.moneyforward.com/blue_return/

個人事業主向けの会計ソフトランキング第4位のマネーフォワードクラウド確定申告を少しでも良いと思った方は、上記の公式サイトからアクセスしてみてくださいね。

円簿会計

個人事業主のWEBライター向け会計ソフト第4位は、円簿会計をご紹介です。
円簿会計は以下の強みを持つ青色申告ソフトです。

−−個人事業主のWEBライター向け会計ソフト 円簿会計の強み−−
・青色申告に必要な主要簿・補助簿がすべて作れる
・Yahoo!IDで登録できる(メアド登録の必要なし)
−−

円簿会計では主要簿・補助簿をすべて作成でき、基本的な機能は有料の会計ソフトにも引けをとりません。
freee・弥生会計・マネーフォワードクラウド確定申告にある取引の自動取込ができない点・複式簿記の知識が必要な点はデメリットなので、そこが気にならない方なら利用しても良いでしょう。
個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトである円簿会計の基本情報をまとめましたので、ご覧ください。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし
※PDF形式で青色申告決算書・所得税申告書を出力できるので、確定申告の際は国税庁のe-Taxに読み込ませる
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 アプリなし
サポート なし
公式サイト https://www.yenbo.jp/service-info/kaikei.html

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキング第5位である「円簿会計」に興味がある方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

フリーウェイ経理Lite

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキング第6位は、フリーウェイ経理Liteです。
フリーウェイ経理Liteは以下の強みを持つインストール型確定申告ソフトです。
–個人事業主におすすめの無料確定申告ソフト フリーウェイLiteの強み–
・複式簿記の知識があってもなくても快適に利用できる
・青色申告・白色申告どちらも可能

フリーウェイ経理Liteの取引入力方法は仕訳帳と出納帳形式とで選べるようになっているので、誰でも利用しやすくなっています。
ただし銀行口座・カード明細などの取引データを自動取込・仕訳することはできないので手入力でも良い方なら検討の価値があるでしょう。
またMacでは動作しないので、Windowsユーザーに限られるのもデメリットとなります。
個人事業主におすすめのインストール型無料確定申告ソフト フリーウェイ経理Liteについての基本情報を以下にまとめています。

料金 完全無料
e-Tax対応 なし(法人のみ)
帳簿のつけやすさ 簡単(複式簿記の知識の有無は問わない)
スマホアプリ機能 なし
サポート 税理士事務所の紹介など
公式サイト https://freeway-keiri.com/

個人事業主のWEBライター向け会計ソフトランキング第6位 フリーウェイ経理Liteについて興味がある方は、上記の公式サイトからチェックしてみてくださいね。

会計ソフトの機能と活用法

会計ソフトは、個人事業主の方にとって貴重なパートナーです。煩雑な経理作業を効率的にこなし、より多くの時間を本業に注ぐことができます。今後のビジネス展開においても、会計ソフトの選び方や活用法はおすすめの話題です。

自動仕訳機能:時間を節約する

会計ソフトの大きなメリットの一つとして、自動で仕訳を行う機能があります。これにより、取引ごとに細かな金額を手入力する手間が削減されます。例えば、あらかじめ設定したルールに基づき、経費の分類が自動で行われるのです。これは、時間の節約だけでなく、仕訳ミスを減らすことにも繋がります。しかし、自動化されても時にはチェックが必要ですので、不定期にレビューして正確性を確保することをお忘れなく。

マルチデバイス対応:PCとスマホの使い分け

現代の会計ソフトは、PCだけでなくスマートフォンやタブレットといった複数のデバイスで使用することが可能です。外出先での小さな仕事はスマホを使用し、事務所での詳細な作業はPCで行うなど、状況に応じた使い分けが重要です。どこにいても最新の財務状態が確認できるようにしましょう。

節税対策と会計ソフト

会計ソフトは個人事業主の節税対策としても有効です。
収支が複式簿記により記帳されると、青色申告特別控除の対象となります。
青色申告特別控除と適用条件については以下をご覧ください。
※どの控除額でも、事業所得を生じる事業を営んでいることが条件です。
下記の表はスクロールできます

青色申告特別控除の額 条件
55万円 ・事業所得に係る取引を複式簿記で記帳する
・貸借対照表・損益計算書を確定申告書に添付し、青色申告特別控除金額を記載する
65万円 (A) 青色申告特別控除額55万円の条件に該当する
(B) 次のいずれかを満たす
・優良な電子帳簿保存を行っている
・確定申告書・貸借対照表・損益計算書をe-Taxで行う
10万円 青色申告特別控除額55万円・65万円双方の条件にあてはまらない青色申告者

(参考:No.2072 青色申告特別控除|国税庁(nta.go.jp)

会計ソフトの正確なデータが節税効果の最大化に貢献するので、個人事業主のWEBライターはできるだけ青色申告に対応したソフトを使うことをおすすめします。

「個人事業主のWEBライターが節税する方法について、もっと詳しく知りたい」
こんな方は、以下の記事をご覧ください。
経費・控除の両面から節税する10のコツを解説しているので、ご自身が実践できる方法が見つかるでしょう。
少しでも税額を抑えてその分をWEBライターやその他の投資に回すためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

【裏ワザぶっちゃけ】個人事業主の節税方法!経費計上のコツ・青色申告など

【「WEBライター 節税」系関連記事】
Webライターが節税するコツ!経費計上・副業・事業所得・青色申告のあれこれ
副業サラリーマンにおすすめの節税方法!赤字の確定申告・注意点など
Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?
おすすめノートパソコン21選!初心者・社会人向けモデルや失敗しない選び方もご紹介
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど

記帳時は摘要でプロジェクトごとに収支を管理する

会計ソフトを個人事業主のWEBライターが使うときは、クライアント・プロジェクトごとに収支を管理できるようにします。
自動取込・仕訳が行われていてもクライアントや案件の概要までは記されていない可能性があるので、摘要欄に入力すると良いでしょう。
記帳時にどこから得た/出ていったお金であるかを明らかにしておけば、個人事業主にとってさらなるビジネスの成長が見込めます。
このように、会計ソフトを個人事業主のWEBライターが使う際は摘要欄の記載が重要です。

「初めて確定申告をするけど、会計ソフトへの記帳方法がわからない」
こんな方には以下の記事が参考になるでしょう。
複式簿記を使った記帳について、迷いやすい仕訳帳に絞って解説しています。
一度仕組みを覚えればどのような収支も記載できるようになり、記帳がグッと楽になるはずです。
簿記の知識がなくても記帳できる会計ソフトを使う場合でも知っておいたほうが難易度が下がるので、ぜひご覧ください。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「WEBライター 帳簿」系関連記事】
【無料・WEBライター必見】青色申告にエクセル帳簿のテンプレートを活用しよう
【コスパ◎】青色申告は無料ソフトでも可能!エクセルなどを活用して効率良く行おう
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
個人事業主必見!おすすめの青色申告ソフト・会計ソフトを使って確定申告しよう

請求書・領収書管理

ペーパーレス化は、経営の効率化に貢献できる選択です。会計ソフトを使用することで、紙の請求書や領収書の管理をデジタル化し、簡単にアーカイブできます。データの検索や整理が可能になり必要な文書を瞬時に見つけやすくなるため、作業効率が上がります。個人事業主のWEBライターにとって、このような機能は経営のサポートとして非常に役立つでしょう。

※2024年1月から電子帳簿保存法の適用がスタートします。
電子帳簿保存法は電子取引データや帳簿などの書類を電子データにして(あるいは電子データのまま)保存することが義務付けられる法律です。
電子帳簿保存法について詳しく知りたい方は、以下の動画もご参照ください。

この動画では、電子帳簿保存法のポイント3点について以下の詳しい内容が語られています。
–電子帳簿保存法のポイント–
・決算書と帳簿:税優遇が受けられるか受けられないか
・スキャナ保存
・電子取引

個人事業主も電子帳簿保存法を避けて通れなくなっているので、早いうちに知っておいたほうが良いでしょう。

会計ソフト選びでチェックしたいポイント

適切な会計ソフトを選ぶことは、個人事業主のビジネス運営において大きな効果をもたらすことがあります。使いやすさやコスト、セキュリティなど、多くのポイントに注意を払いながら慎重に選択することが重要です。記事を通じて、ピッタリな会計ソフトの選び方のポイントを紹介していきますので参考にしてください。

操作性の高いソフトを選ぶ

個人事業主のWEBライターにとって多機能な会計ソフトでも、操作性が悪ければ効率は低下してしまいます。直感的なインターフェースで、すぐに操作が習得できるかをチェックすることが大切です。実際に体験版を利用してみたり、他社の利用者のレビューを参考にすることも賢い選択といえます。また、操作に慣れた後も日々の業務がスムーズに進むよう、自分の業務スタイルに合ったオプションやカスタマイズが可能かも見極めるべきポイントです。

サポート体制の確認:トラブル時の対応は重要

会計ソフトを選ぶ際は、万一のトラブルや疑問が生じたときのサポート体制の良し悪しがキーポイントになります。電話やチャット、メール等のサポート手段が多岐にわたり、迅速かつ丁寧に対応してくれる体制が整っているかを確認しましょう。個人事業主としては、不明点を素早く解決できることがビジネスのスムーズな運営につながります。また、FAQや操作ガイドが豊富で、自身で解決できる環境があるかも重要な判断材料です。

データのバックアップとセキュリティ対策

会計データは業務の要であるため保護とバックアップは万全であるべきです。
クラウドタイプの会計ソフトには自動のバックアップ機能がついているものが多いので基本的に安心できます。
ただしどのようにデータが保護されているのか、どれだけセキュリティ対策が施されているのか注意しておく必要はあるでしょう。
万一のハッキングやデータ漏洩に備え、利用されるソフトのセキュリティが強固であることを確認しましょう。また、独自でのデータバックアップ方法も提供されているかをチェックすると良いでしょう。

アップデート頻度と機能追加の展望

個人事業主のWEBライターが使う会計ソフトは時代の変化と共に進化し続けないと不便になるでしょう。
定期的なアップデートが行われており、税法の変更などにも迅速に対応しているかを見極めることが肝心です。
さらに将来的な新機能の追加計画があるかどうかもソフトの長期的な利用価値を決める要素になりえます。おすすめのソフトは、使い手の要望に耳を傾けて日々改善を図っているかが分かる点も重要といえます。

無料版と有料版の違い:本当に自分に必要な機能は何か

個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトには無料版と有料版が存在しますが、どちらを選ぶにしろ自分にとって必要な機能が何かを見極めることが大切です。
無料版でも基本的な機能を備えているソフトは多いですが、機能の制限がかかっていると不便に感じるかもしれません。
有料版ではより高度な機能やサポートが提供されることが一般的です。費用対効果を考えながら、ビジネスの規模や将来の成長を見据えて選択すると良いでしょう。

【まとめ】個人事業主のWEBライターはランキングから自分に合った会計ソフトを見つけよう

個人事業主のWEBライターにおすすめできる会計ソフトランキングについて解説してきた当記事について、最後に重要ポイントをまとめます。
–当記事の重要ポイント–
●個人事業主にとって会計ソフトは確定申告に役立つなどの大きなメリットがある
●会計ソフトを選ぶ際は、価格だけではなく操作性などを見る
●個人事業主のWEBライターにおすすめの会計ソフトはfreeeなど5つある

個人事業主としてWEBライターを行っている方は、直近の確定申告に間に合うようぜひともぴったりの会計ソフトを導入してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 【宣伝会議】編集ライター講座の口コミ評判
  2. 家庭用におすすめのパソコン(初心者・大学生・ゲーム用モデル一覧)
  3. 主婦のWebライター収入アップのコツのアイキャッチ画像
  4. 未経験・30代からWebライターを始める方法とは