Webライターは年収1000万円稼げる?Webライターの収入を上げる方法やWeb系フリーランスの年収ランキングも紹介!

この記事は8分で読めます

Webライターには年収1000万円の方も数多くいます。
この記事では年収1000万円を目指すにはどうしたらいいのか?
年収1000万円を超えているライターさんについて説明して行きたいと思います。
ぜひ、ご覧になってみてください。
本記事の概要
●フリーランスのWebライターで年収1000万円稼ぐことはできるのか
●フリーランスのWebライターで年収1000万円稼げるようになるにはどうしたらいいのか?

目次

Webライターの年収は?

フリーランスのWebライターの年収はどれくらいなのでしょうか?
こちらではフリーランスのWebライターの年収について書いていきます。

Webライターの平均年収

フリーランスのWebライターの平均年収は300万円程度となっています。
日本の平均年収は430万程度といわれていますので、フリーランスのWebライターの平均年収は少し低めに感じます。
しかし、実際に稼働する時間が少なめになっていますので時給に換算するとそんなに低くはありません。
働き方も様々で、専業ライターや本業は他にあり副業ライターとして働くことも出来ます。
そのため平均年収は少し低く出てしまっています。
その中にも年収が数千万円を超えたり月収が数百万円のライターもいます。
高収入のWebライターになるにはいくつかの特徴があります。
●専門知識を持っている
●急な依頼にも対応することができる
●様々な分野のライティングに対応できる
●知名度がある
こちらの特徴をふまえてWebライターの仕事を進めて行くことで、徐々に高収入のWebライターになれるでしょう。
初心者のWebライターは実力をつけていくことが大事になります。

具体的にWebライターが1日に書く文字数が気になった方は、以下の関連記事をご覧ください。
文字数を増やすためのコツや、NGな内容なども紹介しています。
>>文字数を増やすためのコツを知りたい方はこちら

Webライターの年収には幅がある

フリーランスのWebライターの年収には幅があります。
Webライターの働き方も人それぞれで、月に1~3万円の副業ライターや専業ライターで月収100万円を稼ぐ方まで色々います。
そのため大体これくらい稼げますというのを示すのが難しい職業でもあります。
努力だけでなく、運やタイミングも関わってきますのですぐに稼げる人もいれば、なかなか稼げるようにならない人もいます。
ですので、自分はどれくらい稼げるようになりたいのか目標を持ちそれに向かって頑張って行きましょう。
どのくらいの年収まで目指すことができるのかの目安として1000万円くらいまでになります。

>>webライター 10万
>>webライター 20万
>>webライター 30万
>>webライター 40万
>>webライター 50万

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例

フリーランスのWebライターで年収1,000万円以上稼いでる人の例を挙げて行きます。
こちらは一例ですが、努力することでここまで稼ぐことが出来るということです。
誰もが稼げるようになれるわけではないですが、目標とすることで自分も稼げるWebライターになる可能性があるということです。
●年収1000万円以上稼ぐWebライターの例①藤原将さん
●年収1000万円以上稼ぐWebライターの例②忍野いくらさん
●年収1000万円以上稼ぐWebライターの例③たなざわさん
●年収1000万円以上稼ぐWebライターの例④秋カヲリさん
●年収1000万円以上稼ぐWebライターの例⑤萩原かおりさん

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例①藤原将さん

フリーランスで年収1000万円以上稼ぐWebライターの例①は藤原将さんです。
ライター業で起業して社長にあられている方です。
ご自分で単価交渉や専門的な知識をスキルアップさせて月収100万円を稼ぐことが出来たそうです。
藤原さんの著書『文章だけで月100万円稼ぐ方法』がありますので、初心者にも勉強になりますので読んでみたらいいでしょう。

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例②忍野いくらさん

フリーランスで年収1000万円以上稼ぐWebライターの例②は忍野いくらさんです。
Webライターだけで月収100万円を稼いでいるようです。
しかしそれだけ稼ぐために1日12時間ほど稼働しているとのことです。
Webライターで年収1000万円稼ぐということはそれだけ作業量も多くなるということですね。

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例③たなざわさん

フリーランスで年収1000万円以上稼ぐWebライターの例③はたなざわさんです。
実際年収が1000万円は超えているわけではないのですが、作業時間が短くお仕事をセーブしいるだけで作業量を増やせば年収1000万円を超えることが出来る方です。
家族との時間を大切にしているために、働く時間をセーブしているということです。
人によって働き方は様々だということですね。

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例④秋カヲリさん

フリーランスで年収1000万円以上稼ぐWebライターの例④は秋カヲリさんです。
秋カヲリさんはnoteで書くスピードが上がる記事を書いております。
●早く書くための3ステップ(導入・課題・対策)
●3つのポイントが浮かばない時はとりあえず書き出してみる
●思いつかない時は複数の記事を合わせて書いてみる
このような感じで記事を書いているとおっしゃっています。
書くスピードで稼げる金額は変わっていくと思いますが、早く書けるコツをつかむことが出来れば年収1000万円を目指すことが出来ます。

年収1000万円以上稼ぐWebライターの例⑤萩原かおりさん

フリーランスで年収1000万円以上稼ぐWebライターの例⑤は萩原かおりさんです。
●編集・ライター養成講座に申し込みをする
●個人でライター業を行う
●Webライターで選ばれる努力をする
会社員時代うまくやっていけなかった萩原さんでしたが、自分の好きなことを納得いくような努力をすることで年収1000万円稼げています。
フリーランスでWebライターとして独立することもできました。

Webライターで年収1000万円を稼ぐ方法

フリーランスのWebライターで年収1000万円稼ぐ方法を7つ説明していきます。
年収1000万円を目指すのであればこちらの方法を知っててほしいです。
●年収1000万円を稼ぐ方法①専門性を身につける
●年収1000万円を稼ぐ方法②高単価の案件に絞る
●年収1000万円を稼ぐ方法③継続案件で単価交渉をする
●年収1000万円を稼ぐ方法④案件を受けたら外注する
●年収1000万円を稼ぐ方法⑤Webライティング+αの技術を身につける
●年収1000万円を稼ぐ方法⑥ブログを運営する
●年収1000万円を稼ぐ方法⑦アフィリエイトを併用する

年収1000万円を稼ぐ方法①専門性を身につける

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法①は専門性を身につけることです。
専門性を身に付けることによって年収アップにつながります。
専門性の高い記事で質の良いものを書けるようになればクライアントからの評価も高く、案件も受けやすくなります。
そうすることで文字単価も高くなりますので、時間短縮して高収入を目指せます。

Webライティングを勉強するにあたって、Webライター講座を検討している方は、以下の関連記事をご覧ください。
講座受講のメリット・デメリット、選ぶコツなども紹介しています。
>>Webライター講座を検討している方はこちら

年収1000万円を稼ぐ方法②高単価の案件に絞る

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法②は高単価の案件に絞ることです。
自分に自信がないうちは、どうしても低単価の案件を選んでしまいがちです。
単価アップをしてもらうよりも、高単価の案件を選ぶ方が高収入を得やすくなります。
初心者でも文字単価1円の案件を受けることはできますので、どんどん応募してみましょう。

どんなクラウドソーシングサービスがあるか気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
Webライターにおすすめのクラウドソーシングや、登録する際の注意点なども紹介しています。
>>Webライターにおすすめのクラウドソーシングを知りたい人はこちら

年収1000万円を稼ぐ方法③継続案件で単価交渉をする

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法③は継続案件で単価交渉をすることです。
Webライターが年収を上げたいなら単価交渉は必須です。
単価交渉することによって収入を増やすことができます。
継続的に案件をこなして2~3ヶ月ほどしたら、単価交渉してみましょう。
クライアントから提案してくることはないので、こちらから単価交渉の提案をしてあげてもらえるように頑張りましょう。

悪質クライアントの見極め方を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
悪質クライアントに対する口コミ評判や、具体的な対処法なども紹介しています。
>>悪質クライアントの見極め方を知りたい方はこちら

年収1000万円を稼ぐ方法④案件を受けたら外注する

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法④は案件を受けたら外注することです。
案件を受けて外注するという方法があります。
自分が営業して案件を受けて、他のライターに執筆してもらうということです。
一人で行うより収入を増やすことができますが、自分と同じようなクオリティの記事を執筆してもらわなくてはならないのでライターを育成する必要があります。
ライターの育成は大変ですが、そうすることで一緒に働く仲間を作ることができ、収入を安定させたり会社を作ったりすることも出来ます。

年収1000万円を稼ぐ方法⑤Webライティング+αの技術を身につける

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法⑤はWebライティング+αの技術を身につけることです。
ライティングの技術が高いだけでは高収入になることは難しいでしょう。
Webライティングの技術+αを身に付けることによって、高収入も得られるようになります。
+αの部分として挙げられるのは次の4つです。
●専門分野を1つは持っている
●作業の処理能力や信憑性の高い情報収集能力がある
●表現力・語彙力・構成力を高めることができる
●クライアントへの礼儀・感謝の気持ちを忘れない
上記の4つを身に付け、努力を続けることで高収入に伝えることが出来るでしょう。

年収1000万円を稼ぐ方法⑥ブログを運営する

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法⑥はブログを運営することです。
Webライターとして年収を上げることとは少し違うのですが、ライティングの技術を上げるためにブログを運営することはおすすめです。
Wordpressに慣れる、SEOの知識を増やす、ライティングの技術を磨くことなどブログ運営することで高めることができます。
ブログ運営することで収入得ることができる可能性もありますので、ブログを始めてみましょう。

年収1000万円を稼ぐ方法⑦アフィリエイトを併用する

フリーランスのWebライターで年収1000万円を稼ぐ方法⑦はアフィリエイトを併用することです。
自身のサイトやブログを開設し、そこでアフィリエイトを併用することもおすすめです。
ブログでライティングスキルを上げて、アフィリエイトで不労収入を得るということもできます。
そうすることで、年収1000万円を稼ぐことも可能になって来ます。
クラウドワークスで稼げない理由を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドワークスで稼ぐコツや、リアルな口コミ評判なども紹介しています。
>>クラウドワークスで稼げない理由を知りたい方はこちら

ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
ニートや無職にクラウドソーシングがおすすめな理由や、おすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。
>>ニート・無職がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方はこちら

大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。
クラウドソーシングの始め方や、大学生におすすめのクラウドソーシングサービスなども紹介しています。>>大学生がクラウドソーシングで稼ぐコツを知りたい方はこちら

【フリーランス】Webライター以外の職業別平均年収ランキング

フリーランスのWebライター以外の職業の平均年収を調べてみました。
●Webライター以外の平均年収ランキング①フリーエンジニア
●Webライター以外の平均年収ランキング②IT・Webコンサルタント
●Webライター以外の平均年収ランキング③Webマーケター
●Webライター以外の平均年収ランキング④動画クリエイター
●Webライター以外の平均年収ランキング⑤フリーデザイナー

Webライター以外の平均年収ランキング①フリーエンジニア

フリーランスのWebライター以外の平均年収ランキング①はフリーエンジニアです。
こちらの平均年収はおよそ500~800万円となっています。
非常に高い年収です。
その理由としてはIT技術者の人手不足があるでしょう。
企業で人材の採用も進めていますが、フリーランスのエンジニアに仕事を依頼もしています。

Webライター以外の平均年収ランキング②IT・Webコンサルタント

フリーランスのWebライター以外の平均年収ランキング②はIT・Webコンサルタントです。
こちらの平均年収はおよそ700万円となっています。
Webコンサルタントの仕事は、1件の金額に幅があるので稼げる人は1000万円超えの年収を稼げることもあります。

Webライター以外の平均年収ランキング③Webマーケター

フリーランスのWebライター以外の平均年収ランキング③はWebマーケターです。
業界によって年収は異なります。
指示に基づいて業務を行うプレイヤーは年収540万円、マネジメント業務は年収650万円ほどになります。
Webマーケターは、デジタル化が進むことによって必要とされていく業界です。
未経験からでもWebマーケターになることは可能なので、勉強してみるのも良いでしょう。

Webライター以外の平均年収ランキング④動画クリエイター

Webライター以外の平均年収ランキング④は動画クリエイターです。
フリーランスの動画クリエイターの平均年収は約400万円です。
ゲームクリエイターや映像クリエイターは、個人のスキルによって年収は大きく左右されます。
スキルアップすることで年収を大きく上げることは可能なので、とにかくスキルを磨くことが大事になります。

Webライター以外の平均年収ランキング⑤フリーデザイナー

フリーランスのWebライター以外の平均年収ランキング⑤はフリーデザイナーです。
こちらの平均年収は250~300万円となっています。
企業に勤めるフリーデザイナ―の平均年収が300~400万円となっていますので、フリーランスになる方が年収が下がる可能性があります。
最近は無料で使えるデザインプレートや画像が、ネット上にたくさんあります。
これらでデザイナーじゃなくともWebサイトなど作れてしまうため、フリーランスのWebデザイナーに頼む必要がなくなってきていることもなってきています。

Webライターで年収1000万円稼ぐ際によくある質問

フリーランスのWebライターで年収1000万円稼ぐ際によくある質問をいくつか答えていきます。
参考にしてみてください。
●Webライターは稼げない?
●Webライターが受注する案件の種類は?
●単価が高いWebライターの案件は?

Webライターは稼げない?

フリーランスのWebライターは稼げないのか?とよく質問にありますが、フリーランスのWebライターが稼げないというわけではありません。
実際、仕事をしてみると全く稼げないということは少ないです。
ただスキルが低かったり、クライアントとうまくやり取りできなかったりすると単価が上がらずなかなか稼げないということになります。
そしてクラウドソーシングでも安価な案件が増加しており、低い単価の仕事ばかりしていて収入が上がらないことで稼げないといわれてしまうことが多くなります。
きちんとスキルアップしていき、単価を上げることができればフリーランスのWebライターでも稼げます。

Webライターが受注する案件の種類は?

フリーランスのWebライターが受注する案件の種類はどんなものがあるのでしょう。
高収入を得たいときは、収入に直結する単価の高い案件を受けていくことが必要になります。
次のような案件が高収入につながりやすいです。
●特定の専門性や知識、スキルが必要な案件
●金融、医療、法律など専門性の高い知識が必要な案件
●専門的な人が少ない技術やサービスを紹介する案件
などがあります。
このような案件は難易度が高く記事を完成させるのに時間はかかりますが、文字単価が高いものが多いので努力すれば高収入を得ることができるようになります。

単価が高いWebライターの案件は?

単価が高いWebライターの案件にはどのようなものがあるのでしょうか。
確実に単価が高い案件が多いのは、金融系の記事が多いといわれています。
こちらの記事を書くためには、知識もスキルもなければ書くことがとても難しいです。
しかし、知識やスキルを上げることによって年収を上げやすくなるのは間違いないので、頑張れば頑張るだけ高収入を得ることが出来るでしょう。

【まとめ】Webライターで年収1000万円稼ぐ方法をおさえて圧倒的に稼げるWebライターを目指そう!

本記事のまとめ
●フリーランスのWebライターで年収1000万円稼ぐことはできるのか
●フリーランスのWebライターで年収1000万円稼げるようになるにはどうしたらいいのか?
フリーランスのWebライターで年収1000万円稼ぐ方法を書いてきましたが、高収入を得るためには自信のスキルアップや実績を積んでいくことがとても重要になります。
すぐに稼げるようにはなれませんが、諦めることなく努力していくことで高収入を得ることも可能な仕事の一つです。
もちろん誰でも同じように稼げるとは言えませんし、人によって到達する時間は違います。
それでも続けることで、年収1000万円のWebライターになることができるかもしれません。
やらなければ始まりませんので、この記事を読んでやってみたいと思っていただけたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Cucua(ククア)に向いている人②手厚いサポートがほしい人
  2. 古山正太のセールスコピーライター養成講座の価格
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次