【甘くない】Webライターで食べていくのが難しい理由&儲けるコツとは?

この記事は11分で読めます

「Webライターは甘くないって本当?」
「フリーランスのWebライターで稼げるようになりたい」
という方のための記事です。

この記事で分かること
・Webライターが甘くないといわれる4つの理由
・甘くないと感じる人の傾向
・Webライターで稼ぐための方法や独立Webライターのメリット

Webライターになりたい方のお役に立てればと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

Webライターが甘くないと言われる理由

Webライターは甘くないと言われてしまう理由は以下の4つです。

Webライターが甘くないと言われる理由
①稼げない
②興味のない分野を書く必要がある
③仕事がなくなる可能性がある
④自分で仕事を獲得しなければならない

順にどうぞ。

Webライターが甘くない理由①稼げない

Webライターが甘くないと言われる一番の理由は、頑張ってもなかなか稼げないことにあります。
Webライターを始めたばかりの頃は実績がないため、文字単価の低い仕事しか受注できません。
文字単価が低いということは、どれだけ書いても報酬は低く抑えられ、割に合わない辛い仕事になってしまいます。
クラウドソーシングでよく募集されている文字単価1.0円以下の仕事ではとても食べていくことはできないのです。
また、文字単価の低い仕事で実績を積み、ある程度実績ができたら文字単価を上げていくという暗黙の了解があるため、初心者はとくに搾取されがちです。
あまりに安い仕事を続けるうちに嫌になってしまい、「Webライターは甘くなかった、辞めたい」ということが起こります。

Webライターが甘くない理由②興味のない分野を書く必要がある

「Webライターって好きなジャンルや得意分野の記事だけ書いていればいいんでしょ」
そう思っている方もいますが、そんなに甘くないです。
Webライターは最初のうちは仕事が取れないため、興味のない分野でも書かなければなりません。
例えば金融に関する記事を書きたいのに、転職の記事を書くといったことです。
まったく知らない分野で記事を書く場合、基礎知識から勉強することになり、執筆時間がどんどん伸びて効率も悪くなります。
興味がない事柄について書くのは面白くなく、報酬も安いため非常にストレスです。
そのため文章を書くのが面倒くさくなり、甘くなかったと後悔することになります。

Webライターが甘くない理由③仕事がなくなる可能性がある

Webライターをしていると突然仕事がなくなることもよくあるため、継続することが難しく甘くない仕事だといわれます。
原因はライター側とクライアント側双方にあります。

Webライター側の原因
・記事の品質が低い
・納期や指示を守らない
・コミュニケーション不足

クライアント側の原因
・メディアの終了や変更
・プロジェクトの区切りを終えた
・予算不足でライターへの依頼をやめる

原因がライター側にあるのかクライアント側にあるのかは、知らされないことがほとんどです。
Webライターは原因不明のまま突然仕事がなくなる危険性がある甘くない仕事です。

Webライターが甘くない理由④自分で仕事を獲得しなければならない

フリーランスのWebライターになると、仕事を自分で獲得しなければなりません。しかし、割のいい仕事を獲得するのは簡単なことではないのです。
クライアントに的確に提案して、この人に記事を書いてほしいと思ってもらわないと仕事を受注できません。
そのためにはWebライターとしての実力を示すポートフォリオを提示したり、募集案件に関する知識をアピールする必要があります。
また、近年Webライターは増加しており、常に競争にさらされています。
仕事がなかなか取れず、営業ばかりで記事が書けないことも少なくない、甘くない状況です。

Webライターは食べていけないのか?相場やシミュレーション

「Webライターはそんなに儲からないの?」
「甘くないっていってもそれなりに稼げるんじゃないの?」
と疑問に思われる方のために、月収を計算してみましょう。

高度な専門知識が不要な記事の文字単価は1.0円が相場なので、このまま計算に使います。
クラウドソーシングの手数料は報酬の20%です。
仮に1時間に2000文字のペースで執筆できるとして、5時間を執筆にあてます。

Webライターの報酬は
1.0円✕2000文字✕5時間=10,000円

20%の手数料がかかるので
10,000円-2,000円=8,000円

1ヶ月のうち20日間働いた場合
8,000円✕20日=160,000円

16万円は単身者であればなんとか食べていける月収です。
執筆時間は5時間ですが、これは単純に文字を書いている時間になります。
Webライターの仕事にはクライアントとの連絡や執筆のためのリサーチ、納品した記事の修正などの作業があり、実際の労働時間はもっと長くなります。
Webライターとして食べていくのは甘くなさそうですね。

「Webライターが目標月収を達成するコツを知りたいな」
このように思った方は、以下の記事をご覧ください。
目標月収別の稼ぎ方・注意点などをご紹介しています。

Webライターが月10万円を稼ぐ方法をおさえて稼げるWebライターを目指そう!

【月収20万円】Webライターの特徴・稼ぐコツ!作業時間・注意点・ライティングスキルなど

月収30万円Webライターになる方法!稼ぐ方法・収入平均・おすすめクラウドソーシングなど

【稼ぎ方】Webライターで月収40万円を超える方法!目安収入・文字単価・注意点など

【儲け方】月収50万円Webライターになる方法!準備・注意点・特徴など!仕事内容・収入目安は?

Webライターを甘くないと感じる人の傾向

Webライターを甘くないと感じる人の傾向は以下の5つです。

Webライターを甘くないと感じる人の傾向
①安い仕事ばかり請けている
②クライアントの数が極端に少ない
③専門知識・得意分野ゼロ
④文章がクライアントに嫌われている
⑤実績にならない仕事ばかりしている

気になったものからご覧ください。

甘くないと感じる人①安い仕事ばかり請けている

Webライターを甘くないと感じる人は、安い報酬で記事を書き続けています。
Webライティング報酬の相場を知らないために、クライアントの提示した金額でそのまま仕事を引き受けてしまうことが原因です。

 

Webライティング報酬の相場

記事の難易度 文字単価
専門知識不要の記事 0.5円~1.0円
基礎知識と調査が必要な記事 2.0円~3.0円
取材やインタビューがある記事 5.0円~10.0円

 

クライアントの中には相場がわからない初心者ライターや、報酬の交渉をしてこないライターを安く買い叩く悪質な企業もあります。
クライアントに意見もできずに相場より安い仕事を続けていては、Webライターとして食べていくのは厳しいでしょう。

甘くないと感じる人②クライアントの数が極端に少ない

取引しているクライアントの数が少ないWebライターは収入が安定しないため、甘くないと感じる傾向があります。
取引しているクライアントの数が少ないと、1つの仕事がなくなっただけで収入が激減してしまい、生活に困ってしまいます。
Webライターをしているとメディアの閉鎖や予算の削減などで、クライアントとの取引が終了することがよくあります。
リスク回避のために、複数のクライアントとの取引を維持することができないと、Webライターとして安定した収入を維持するのは難しいのです。

甘くないと感じる人③専門知識・得意分野ゼロ

専門知識や一般の人より詳しく知っている分野がないWebライターは稼ぎにくくなります。
Webライターの報酬は記事の専門性が高いほど高額になります。
例えば保険や投資や美容といった専門の知識、さらに資格や実務経験があれば報酬は高くなります。
アウトドアや旅行やスポーツなど趣味の経験でも、誰かに語れるほど詳しければ得意分野として報酬アップを狙えるでしょう。
まったく何も詳しいものがない状態で高い報酬が得られるほど、Webライターは甘くありません。

甘くないと感じる人④文章がクライアントに嫌われている

仕事がスムーズに進まず甘くないと感じているライターは、クライアントの好みに合わせた文章が書けない傾向にあります。
Webライターは掲載するメディアの特徴や、想定される読者層にあわせた文章を求められることがあります。
また、記事の執筆にはクライアントから「修正依頼」といって、こんなふうに直してほしいと頼まれることもあります。
そのときにメディアに合わせた表現や、要求された修正に対応できないと、クライアントに嫌われてしまいます。
稼げるライターになるには、クライアントに好かれる文章がかけるようにならなければいけません。

甘くないと感じる人⑤実績にならない仕事ばかりしている

Webライターが新しい仕事を取るためには、クライアントに今までに書いた記事や参加したメディアを実績として示す必要があります。
しかし、Webライティングではどこのサイトに掲載されるのかわからない記事を書く案件も多いのです。
そんな案件ばかりやっていると、いつまでたっても実績の証明となる記事が一つもないことになります。
その結果、実力を示すことができずに仕事の獲得に苦労して、甘くないと感じることになります。

Webライターとして稼ぐための方法

稼げるWebライターになるための方法は以下の4つです。

Webライターとして稼ぐ方法
①スキルをつける
②実績を作る
③専門知識や得意分野を作る
④直接契約を獲得する
⑤継続案件を獲得する
⑥ブログを運営する

順にどうぞ。

Webライターで稼ぐために①スキルをつける

Webライターで稼ぐためには、勉強して高単価案件を獲得できるスキルを身につけることが必要です。

Webライターに必要なスキルの例
・ライティングの技術
・SEOの知識
・PREP法などの文章の型
・WordPressの使い方
・HTMLタグの知識

ほかにもたくさんのスキルや知識があります。
何のスキルもなく不勉強な人が稼げるほどWebライターは甘くありません。
稼いでいるWebライターは勉強熱心で、スキルや新しい知識の習得にも貪欲です。

Webライターで稼ぐために②実績を作る

クラウドソーシングサイトは実績がすべてで、実績ゼロのWebライターには厳しい世界です。
クラウドソーシングサイトでは案件を完了するごとに実績がたまります。
初心者Webライター向けの文字単価の安い案件でも高単価な案件でも同じ1件とカウントされるため、初心者はとにかくできそうな案件に応募して仕事の実績を積み上げるのがコツです。
実績がある程度たまったら文字単価の高い案件に挑戦していきます。
そのときに今までに書いた記事をポートフォリオとしてクライアントに見せることで、自分の実力を示すことができます。
今活躍しているWebライターも最初は低単価案件をコツコツやって実績を伸ばし、文字単価を上げて稼げるようになっていったのです。

さまざまな案件に応募するのも大事ですが、何でも応募していいわけではありません。
なぜなら、クラウドソーシングにはとんでもなく悪質なクライアントがいるからです。
こちらの記事では、悪質クライアントの避け方や騙された際の対処法も解説しています。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

Webライターで稼ぐために③専門知識や得意分野を作る

稼いでいるWebライターは専門性の高い記事を書いています。
得意分野も専門知識もないWebライターが稼げるほど甘くないです。あなたも好きなことや今までの経験を生かして、得意分野を作りましょう。
Webライターはどんなことでも得意分野にできます。
例えば会社員として働いているなら業界の知識や転職経験などを得意分野にしましょう。
趣味のアウトドアや子育ての経験なども得意分野にできます。
もしいま興味を持っていることがあったら、その分野で資格を取れるくらい徹底的に学んでみるのもいいでしょう。
クライアントに「そのジャンルなら自信あります」といえるWebライターは稼げます。

Webライターで稼ぐために④直接契約を獲得する

フリーランスのWebライターとして稼ぐためには、クライアントと直接契約を取れるようになりましょう。
クラウドソーシングの案件だけで食べていけるほどWebライターは甘くないです。
クラウドソーシングは以下のようなデメリットがあります。
・単発の仕事が多い
・信頼が築きにくい
・単価が安い傾向にある
・20%の手数料がかかる
直接契約を取ることができれば、このようなデメリットが無くなります。
長く取り引きすれば信頼も上がり、より高単価の仕事も任せてもらえるようになります。
独立してWebライターとして稼ぎたいなら、積極的に直接契約を獲得していきましょう。

Webライターで稼ぐために⑤継続案件を獲得する

仕事を継続して受注しているWebライターは安定して稼いでいます。
一方で単発の案件ばかりを受注しているWebライターは、いつまで経っても稼ぎが低く収入が安定しません。
継続案件は以下のようなメリットがあります。
・月の仕事量を計算できる
・安定して稼げる
・クライアントとの信頼関係が築ける
継続して仕事を受注できるクライアントを複数持つことで、月収が決まってくることに加えて収入ダウンのリスクを回避できます。
黙っていても継続案件が獲得できるほどWebライターは甘くないです。
単発案件でも仕事が無事に完了したら、必ずクライアントに「もっと書くことができます」と営業をしましょう。
あなたの記事を高く評価してもらえたら、継続案件になる可能性があります。

Webライターで稼ぐために⑥ブログを運営する

Webライターとして活動できる文章力があるのなら、自分のブログを運営していきましょう。
ブログを運営するとWordPressを使用したり、SEO対策をしたりする必要が出てきます。
ブログを運営しているだけでクライアントから「実践的なSEOライティングができる」と評価されます。
また、検索上位にある記事が多ければそのブログをポートフォリオ化できます。
記名記事が獲得できず実績が提示できないWebライターでも、自分のブログを実績として提示できて強みとなります。

【甘くないけどやってみたい人に】Webライターにおすすめのクラウドソーシングサービス

Webライターにオススメのクラウドソーシングサイトは以下の3つです。
・ランサーズ
・クラウドワークス
・クラウディア

気になったサイトからどうぞ。

ランサーズ

ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサービスで案件数の多さが魅力です。
初心者でも気軽にラウティングの仕事を受注できて、実績を積むとスカウトが来るため稼ぎやすくなります。
さらに一定の条件を満たすことで「認定ランサー」になることができ、稼げる額がぐっと上がります。
ランサーズの口コミ・評判が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【リアル】ランサーズの口コミ評判!初心者必見の注意点・悪評など

クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手で案件が多いことが特徴です。
実績を積んで「プロクラウドワーカー」になると専用ページにプロフィールが掲載されて、高単価の優良案件が優先的に紹介されます。
低単価案件をコツコツやって実績をつける必要がありますが、努力すれば稼げるワーカーになれます。
クラウドワークスの口コミ・評判が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【評判】クラウドワークスの口コミは?基礎知識~稼ぐコツをかんたん解説!「稼げない」は本当?

クラウディア

クラウディアは手数料のやすさと業界大手の安心感で定評があります。
サイトのセキュリティ対策がバッチリなので、クラウディアにはやばいクライアントが少ないことも初心者にありがたい特徴です。
案件数はクラウドワークス・ランサーズに比べて少ないですが、その分ライバルが少ないので稼ぎやすくなっています。
クラウディアの口コミ・評判が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

【口コミ】クラウディアの評判は?在宅ワーク初心者に嬉しいデメリット・仕事内容・おすすめサービス情報など

ランサーズ・クラウドワークス・クラウディア以外のクラウドソーシングサービスを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
Webライター向けのクラウドソーシングの特徴をはじめ、収入アップのコツをご紹介しています。

【2022】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

Webライターとして独立するのは甘くないのか?

「フリーランスWebライターは甘くないならやめたほうがいいのかな?」
「独立Webライターは大変だからやめとけって言われるけど本当?」
そのような疑問を持たれた方に、独立Webライターのメリットとデメリットを解説します。

独立Webライターのメリット

Webライターとして独立すると以下の4つのメリットがあります。

独立Webライターのメリット
①時間や場所、服装の制約なく仕事ができる
②仕事の量を自分で決められる
③収入が青天井
④職場の人間関係に悩まされない

気になったものからご覧ください。

メリット①時間や場所、服装の制約なく仕事ができる

フリーランスの一番の魅力といえば、時間や場所にとらわれず自由な働き方ができることです。
Webライターは通信環境とパソコンさえあれば、いつでもどこでも仕事ができます。
通勤することもなく、カフェでの仕事もワーケーションもし放題です。
また、Webライターは自宅で仕事ができるため、人目を気にせず好きな格好で仕事ができます。
化粧やヒゲ剃りといった会社員には必須の身だしなみも不要で、スウェットでの仕事も可能です。
好きな時間に好きな場所で好きな服を着て仕事ができるのは、独立Webライターの一番のメリットです。

独立Webライターのメリット②仕事の量を自分で決められる

独立Webライターになれば仕事量は自分次第で自由に決められます。
しっかりと稼ぐのであれば仕事量を増やし、プライベートを充実させたければ仕事量を抑えればOKです。
会社員だと勤務時間も決められていますし、指定された業務量をやらなければなりません。
Webライターは納期さえ守れば「いい天気だし遊びたい気分だから今日は遊ぶ!」ということもできます。
稼ぎたい金額や体調にあわせてスケジュールを柔軟に組み立てられるのが、独立Webライターのいいところです。

独立Webライターのメリット③収入が青天井

独立Webライターは稼げる金額に制限はありません。
執筆量を増やしたり、スキルアップして文字単価を上げたりして努力すれば、収入はどんどん上がっていきます。
会社員はどんなに頑張っても周りと給料に大きな差がつきません。
独立したWebライターは高品質な記事を納品できれば収入が上がりやすいです。
また、Webライターからディレクターや編集者になればより効率よく稼げます。
収入アップを目指したいWebライターは、編集者やディレクターを目指すのも一つの手です。

独立Webライターのメリット④職場の人間関係に悩まされない

Webライターの仕事のほとんどは一人で行う記事の執筆です。
クライアントとの連絡もメールやチャットを定期的にやり取りする程度なので、煩わしい人間関係がありません。
会社の人間関係に悩むことはなく、嫌いな人と一緒の空間で仕事をするストレスとも無縁です。
会社員のストレスの多くは人間関係から生じるため、人間関係に悩まなくていいWebライターを希望する方は増えています。
面倒な人間関係から距離を置けることも、独立Webライターのメリットの一つです。

独立Webライターのデメリット

Webライターとして独立するデメリットは以下の2つです。

独立Webライターのデメリット
①福利厚生がない
②人脈を作りにくい

順にどうぞ。

独立Webライターのデメリット①福利厚生がない

個人事業主として働いているWebライターは、会社員と違って福利厚生が一切ありません。受けていた恩恵の大きさを改めて感じて「甘くないな」と思うことがでてきます。

受けられなくなる福利厚生の例
・社会保険(厚生年金や雇用保険など)
・健康診断
・住宅手当などの各種手当
・有給休暇

独立後のWebライターは、会社員なら当たり前のように受けられた福利厚生の恩恵がなくなります。
福利厚生を受けたい場合は、Webライター事業を法人化して各制度を取り入れましょう。

独立Webライターのデメリット②人脈を作りにくい

Webライターは自宅で一人で作業することが多く、人脈が作りにくいデメリットがあります。
顔を合わせるやり取りもほとんど発生しないため、自分から求めていかないと人と接する機会がなくなります。

Webライターの人脈づくりの例
・人と関わる取材記事の仕事をする
・SNSでの仲間づくり
・オンラインコミュニティに参加する
・交流会などのイベントに参加する

ビジネスは人脈づくりも大切ですので、Webライター向けのイベントに参加するなどして、いろいろな人と交流しましょう。

もっとWebライターの実情を知りたい人のためのQ&A

Webライターの甘くない実情をQ&Aで解説します。

WebライターQ&A
①「Webライターはやめとけ」と言われたんですがなぜですか?
②Webライターが勉強すべきことって何ですか?
③Webライターとして心がけることはありますか?

気になった質問からどうぞ。

①「Webライターはやめとけ」と言われたんですがなぜですか?

Webライターは未経験者がいきなり食べていけるほど甘くないからです。
目安といわれる月20万円を稼げるようになるまでに、多くの人が挫折してしまうのが実情です。
しかし、Webライターはコツコツと地道な努力を積み重ねていけば、大きく稼ぐことができます。
自由な働き方と収入アップを目指したい方は、是非チャレンジしてください。

②Webライターが勉強すべきことって何ですか?

Webライターをはじめたばかりの頃は、基礎的な文章力や営業のやり方などを勉強します。
その後は文章力を鍛えていくとともに、以下のことを勉強していきます。

Webライターが勉強し続けること
・世間のトレンド
・最新のSEOやITの知識
・専門知識や得意ジャンルの最新情報

常に最新の情報に触れて知識をアップデートし続けることが、稼げるWebライターになるためのポイントです。

③Webライターとして心がけることはありますか?

ライターが心がけることは以下の3点です。
・クライアント好みの文章を書く
・高品質の原稿を素早く納品
・自己管理を上手にする

Webライターは仕事を依頼してくれるクライアントがいてはじめて成り立ちます。
クライアントに好まれる表現や文章を書けるようになりましょう。
また、高品質の記事をすぐに納品できるライターは高評価を得られます。
たくさん記事を書いて品質とスピードを上げる訓練をします。
よい仕事をするためには自己管理が欠かせません。
仕事とプライベートのメリハリをつけ、健康的な生活習慣を身につけましょう。

【まとめ】Webライターは甘くないけど稼げる!

・Webライターは未経験で稼げるほど甘くないが、努力すればメリットが多い独立Webライターとして稼げる
・Webライターとして稼ぐためには専門知識や得意分野を作り、高単価案件を受注する
・さらに大きく稼ぐためには、勉強してディレクターや編集者を目指す

Webライターは、経験が浅いうちは文字単価が低い案件をコツコツこなして実績を積む必要があります。
文章力やSEOの知識など勉強しなければいけないこともたくさんあって、甘くないと感じることも多いでしょう。
ですが、そこを乗り越えることができれば、会社員より自由で高い収入を得られるチャンスがある魅力的な仕事です。
勉強してディレクターや編集者になれば、より大きく稼ぐことができます。
甘くないとわかったけれどチャンスをつかみたい方は、この記事を参考にしてWebライターにチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クラウドワークスに実在したやばい悪徳業者のイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次