初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

この記事は25分で読めます

Webライターのテーマ・サンプル記事

Webライターは多様な分野に向けて需要が高まっている分野の一つですが、テーマを見つけたり、サンプル記事を作成したりすることが苦手であるという人もいるかもしれません。そこでこの記事では、Webライターに向いているテーマやサンプル記事を書くコツを解説します。また、Webライターに必要なスキルや、サンプル記事を作成しなくてもWebライターとして働くことができる仕事についても紹介します。Webライターに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

初心者Webライターにおすすめの書きやすいテーマ・ジャンル・種類は?

書きやすいテーマが気になる初心者Webライター

この項目では、ライフスタイル系、ビジネス系、ニュース系、学習系、オピニオン系、レビュー系の6つのジャンルを紹介しています。これらのジャンルは、初心者のライターでも比較的書きやすいもので、趣味や生活に関する記事、マーケティングやセールスに関する記事、政治や社会問題に関する記事、語学学習やプログラミング学習に関する記事、自分の意見や経験に関する記事、商品やサービスに関するレビュー記事など、多岐にわたる内容を取り扱うことができます。初心者Webライターの方でも取り組みやすいテーマであるため、これらのジャンルから始めてみると良いでしょう。

ライフスタイル系

野菜(ライフスタイル系の記事テーマ)

初心者Webライターに1つ目におすすめする書きやすいテーマ・ジャンル・種類は、ライフスタイル系の記事です。このジャンルには、趣味や生活に関する記事、ファッションや美容に関する記事、旅行やグルメに関する記事などが含まれます。
以下でそれぞれのテーマの特徴を解説します。

趣味・生活 趣味に関する話題(コレクション・必要なグッズなど)や生活のアイデア(ペットの世話・園芸・家庭料理など)を書きます。
ファッション・美容 コーディネート(シーズンごとのトレンドなど)や美容(スキンケア商品の紹介・メイクアップなど)について書きます。
旅行・グルメ 国内外の観光地紹介・おすすめホテル・ご当地グルメなどについて書きます(ランキング形式の記事も人気です)。

ライフスタイル系をテーマとした記事は読者が日常的な生活の話題に関心を持っていることを前提としています。これらの記事は初心者Webライターの個人的な経験や知識をもとに書かれることが多く、読者にとって実用的で役立つ情報を提供することが目的です。
写真や動画などを盛り込んで、読者に具体的なシチュエーションをイメージしてもらえるような記事づくりが求められることがあります。
また、ライフスタイル系の記事を書くにはWebライター自身がその分野に詳しくなければなりません。その一方で初心者Webライターでも扱いやすいトピックが多いので、挑戦しやすいジャンル・テーマの一つです。

ビジネス系

握手する人たち(ビジネス系のテーマ)

初心者Webライターにとって、ビジネス関連の記事は人気のあるテーマの一つです。その中でも、マーケティングやセールス、キャリアアップや就職活動、ビジネス書の要約やレビュー記事は比較的書きやすいテーマと言えます。
以下で初心者Webライターにおすすめできる各テーマの特徴を解説します。

マーケティング・セールス マーケット分析の手法やセールスのテクニックなどを紹介します。具体例を交えながら説得力を持たせることが重要です。
キャリアアップ・就職・転職活動 職務経験を踏まえたキャリア形成のポイントなどを紹介します。ライター自身の経験をもとに書くこともできます。
ビジネス書の要約・レビュー ビジネス書の感想や評価を取り上げます。自身が得た学びを言語化して伝える能力が問われることがあります。

ここで取り上げたテーマには初心者Webライター自身の社会人経験が活かせるトピックが数多くあるので、積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

「ビジネス系に強いWebライターになるために知識を身につけたい」
そんな初心者Webライターの方には、以下の関連記事がおすすめです。
Schooなどの外部研修サービスを5つあげ、特徴を徹底比較しているのでサクッとチェックしてみてください。

【Schooなど】外部研修・IT研修会社のおすすめは?目的別比較

ニュース系

カメラを構える女性(ニュース系のテーマ)

初心者Webライターにとって書きやすい3つ目のテーマ・ジャンルはニュース系の記事です。
ニュース系の記事は、次のように分類できます。

政治・社会問題 日本国内の政治情勢(法案の内容や与野党の駆け引きなど)/国際情勢(紛争や安全保障)や、社会的な課題(環境問題や災害対策など)について取り上げます。
スポーツ・エンタメ 最新のスポーツイベントや映画・音楽などを取り上げます。
海外ニュース 世界のローカルな話題などを取り上げます。

いずれのジャンルも正確な情報を得るために信頼できる情報源を選び、主観を入れすぎないことが大切です。初心者Webライター自身のアップデートされた知識が必要となるケースもあるため、とっつきやすさに個人差が出るかもしれません。

学習系

講師と生徒(Webライターのテーマ:学習系)

初心者Webライターが書きやすい4つ目のテーマは、学習系です。
以下に、学習系の記事の例を挙げてみましょう。

語学・プログラミング 効果的な学習法の紹介やおすすめのツール・学習サービスの比較などを行います。
教育・資格取得 幼児教育・大学受験や国家資格に合格するための準備法・学習法・おすすめ教材の紹介にとどまらず、学費や奨学金など金銭面の情報も提供します。
自己啓発・メンタルヘルス 日々の生活が楽になる思考法や、さまざまなストレス・不安への対処法・マインドフルネスなどについて紹介します。

学習系の記事を書くことは読者にとって非常に役立ちます。新しいスキルを習得したい人、キャリアアップを目指す人、自分自身を向上させたい人、自己啓発に興味のある人にとって非常に重要な情報源になるためです。
初心者Webライターの方がこれらのテーマに興味があれば積極的にチャレンジしてみましょう。

オピニオン系

さまざまな人々(Webライターのテーマ:オピニオン)

初心者Webライターが書きやすい5つ目のテーマは、オピニオン系です。
オピニオン系の記事は、自分自身の意見や経験を書いたものから、著名人や社会的な問題、現代社会やライフスタイルに対する意見記事まで様々な種類があります。
以下でそれぞれの特徴を見ていきましょう。

社会問題・ライフスタイルへの意見 人々が暮らす現代社会における課題(仕事・子育て・健康など)を洗い出した上で、解決法を提言します。
著名人関連 著名人の経歴や考え方などを客観的に紹介します。
その他の意見・経験 初心者Webライター自身の日々の経験(旅先での出会い・人生の転機・趣味にまつわるエピソードなど)から学んだことを一般化しつつ紹介します。

オピニオン系の記事では、客観的な事実を用いつつ書き手自身の考え方を表明できます。しかしアクセスを得ようとするあまり特定の集団や個人を傷つけるような表現をしないように、初心者Webライターであっても十分な注意が必要なテーマです。

レビュー系

5つの顔(Webライターのテーマ:レビュー系)

初心者Webライターが書きやすい6つ目のテーマは、レビュー系です。
レビュー系の記事では、商品やサービス、書籍や映画、旅行先やグルメなどあらゆるジャンルを扱います。
以下で簡単に各ジャンルの特徴をまとめました。

本・映画・音楽 作品のストーリー・世界観や作者・出演者の特徴などを紹介しつつ、口コミによる評価を伝えます。
商品・サービス 商品・サービスの特徴や購入方法・メリット・デメリットなどを口コミや自身の利用体験から掘り下げて解説します。
旅行先・グルメ 特定観光地の概要・アクセス・おすすめスポットや料理の味・値段などを、自身の経験を交えながら魅力を伝えます。

レビュー記事は、その対象についてより深く理解し製品やサービスの購入・利用の決定に役立つ情報源です。
特に商品・サービスのレビュー記事は読者の行動を大きく左右するため、初心者Webライターであってもクライアントに与える影響が大きいことを押さえておくと良いでしょう。

初心者Webライターにおすすめの稼ぎやすいテーマ・ジャンル・種類は?

稼ぎやすいテーマが気になる初心者Webライター

書きやすいテーマがわかったところで、初心者Webライターにおすすめの稼ぎやすいテーマを見ていきましょう。

●ライフスタイル系
●ビジネス系
●ニュース系
●学習系
●オピニオン系
●レビュー系

初心者Webライターにおすすめの稼ぎやすいテーマについて、次の見出しから解説します。

ライフスタイル系

初心者Webライターが稼ぎやすい1つ目のテーマ・ジャンル・種類は、ライフスタイル系の記事です。
ライフスタイル系の記事としては、趣味・生活・ファッション・美容・旅行・グルメなどのトピックが挙げられます。
※記事の内容は、「書きやすいジャンル」で挙げたものと同じです。
こうしたライフスタイル系の記事は、各ジャンル・トピックに関連したサービスを紹介するアフィリエイト広告で収益化ができます。初心者Webライターは、自分が興味を持っているテーマやジャンルに取り組むことがおすすめです。

ビジネス系

初心者Webライターにとって稼ぎやすい2つ目のテーマ・ジャンル・種類は、ビジネス系の記事です。
以下でビジネス系の各テーマの特徴(なぜ稼ぎやすいか)を解説します。

マーケティング・セールス マーケティング記事では新しいマーケティング手法・市場トレンドなどの分析が、セールス記事では営業技法や顧客獲得のアプローチなどが取り上げられます。これらの内容は仕事で実際に使えるため需要が高く、報酬が高くなりやすいというわけです。
キャリアアップ・就職・転職活動 キャリアに関する内容は終身雇用が崩れた現代において必要不可欠な情報であるため、需要が高くなります。
ビジネス書の要約やレビュー記事 ビジネス書を読むのが面倒だと感じる人が一定数いるため、要約やレビューは参考とされやすくなっています。

いずれのジャンルでも、ケーススタディを紹介して読者にイメージ・実践しやすいと思ってもらえるような執筆が求められます。
初心者Webライターは、ビジネス系の各ジャンルにおける特徴を理解した上でチャレンジするようにしましょう。

ニュース系

初心者Webライターが稼ぎやすい3つ目のテーマは、ニュース系です。
ニュース系の記事では、政治、社会問題、スポーツ、エンタメ、海外ニュースなどの様々な分野について取り扱います。高需要なこれらのジャンルは読者に最新の情報を提供するだけでなく、それぞれの分野に関する深い理解を促すことも目的です。

※各ジャンルの特徴は、「書きやすいテーマ」と同じです。

なお「初心者Webライターが書きやすいテーマ」のところでも解説したように、ニュース系のジャンルでは信頼できる情報源を用いて正確にかつ主観を入れすぎないことが求められます。

学習系

初心者Webライターが稼ぎやすい4つ目のテーマは、学習系です。
このジャンルには、語学学習やプログラミング学習に関する記事、教育や資格取得に関する記事、自己啓発やメンタルヘルスに関する記事などが含まれます。これらの記事は知識を身につけたいと考えている人々には特に魅力的です。
各ジャンルの特徴(稼ぎやすいとされる内容など)を以下にまとめます。

語学・プログラミング 語学はさまざまな言語の学習法、プログラミングは言語の比較などの未経験・初心者向け情報を扱います。
教育・資格取得 幼児教育・大学入試や試験対策などの情報を扱います。
自己啓発・メンタルヘルス 潜在能力を引き出すコツ・幸せな人生を送るためのアドバイスや、ストレス解消やうつ予防・克服などといった情報を扱います。

いずれのジャンルでも、多くの人が関心を持つトピックを扱いながら初心者Webライター自身が学んだことを分かりやすくまとめる能力が要求されます。具体的な例や実践的なアドバイスを提供することにより、初心者Webライターは当テーマの各分野における専門家としての信頼性を高めることができます。

オピニオン系

初心者Webライターが稼ぎやすい5つ目のテーマは、オピニオン系です。
「オピニオン系」とは個人的な見解や意見を表明する記事のことで、社会的な問題・著名人に関する意見や自分の経験などが含まれます。
※各ジャンルの特徴は、「書きやすいテーマ」と同じです。
オピニオン系のテーマは読者に気づきを与えて共感や意見交換が生まれるチャンスがある一方で、初心者Webライターは特定の個人や集団を傷つけるような書き方をしないように十分な配慮が必要です。

レビュー系

初心者Webライターが稼ぎやすい6つ目のテーマは、レビュー系です。
レビュー系の記事は、さまざまな対象についての評価を目的とした記事です。本・映画・音楽・商品・サービス・旅行先・グルメなど、評価対象は多岐にわたります。
※各ジャンルの特徴は、「書きやすいテーマ」と同じです。
読者が未体験の対象について書くレビュー記事は、良い点や悪い点を根拠付きで簡潔に述べることが大切です。正確な情報を提供するためにも製品やサービスを詳しく調べて実際に使用・体験することが求められる場合もあります。また、初心者Webライター自身の主観的な意見だけでなく客観的な視点からの評価が求められる点も当テーマの特徴です。

初心者Webライターが希望のテーマ・ジャンル・種類の案件・仕事を獲得するコツ

初心者Webライターが希望テーマの仕事を獲得するコツを示す人

初心者Webライターが希望のテーマ・ジャンル・種類の案件を獲得するコツをいくつか紹介します。

●ライティングスキルを磨く
●ポートフォリオの作成
●ライター向けマッチングサイトの活用
●競合の多い分野に挑戦する
●知人・友人に声をかける
−−
上記のうち一番に取り組むべきなのは、ライティングスキルを磨くことです。
初心者Webライターが希望のテーマ・ジャンルの案件を獲得するコツについて、次の見出しから解説していきます。

ライティングスキルを磨く

ライティングスキルを磨く初心者Webライター

初心者Webライターが希望のテーマ・ジャンル・種類の案件・仕事を獲得するためには、ライティングスキルを磨くことが必要不可欠です。
ライティングスキルを高めるには、次の方法があります。

ブログで執筆する 毎日1〜2時間ほどライティングに充て、数百字〜数千字の記事を書きます。
Web記事を読む・写す さまざまなネット上の記事を読み、実際に書き起こすことでライティングの論理構成や語調を学びます。
本で学ぶ Webライティングの専門書を読み、知識を深めます。
文章の校正・校閲を行う 自分で書いた文章の正確性や読みやすさをチェックします。

初心者Webライターが希望のテーマに関する記事を書けるようになるためには、ブログを開設して何度も練習することが近道です。
ブログを始めてみたい方は、下記の記事を読んでみましょう。

Webライター未経験者のブログの始め方!主婦や在宅での副業もOK

また、本でライティングスキルを磨きたい方には下記の記事が参考になります。

【始め方】webライターおすすめ本14選!初心者向けの教材は?

なお、ブログを始めるなら自分の得意分野を作ることも大切です。自分が得意とするテーマに関する記事を書くと充実した内容を提供でき、仕事の獲得率を上げることにつながります。
すぐに得意分野・テーマが思い浮かばない初心者Webライターは、自分自身の興味・趣味・過去の経験や学習してきた分野などを明確にし、関連する情報を少しずつでも良いので発信してみましょう。

初心者Webライターは得意分野・テーマを見つけている間に、色々な分野の情報を発信するという手もあります。
このあたりの情報発信の進め方については下記の記事で詳しく解説しているので、希望のテーマの案件を勝ち取りたい初心者Webライターの方はぜひチェックしてみてください。

問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは

ポートフォリオの作成

ポートフォリオを眺める人(Webライターが希望テーマの仕事を取るコツ)

初心者Webライターは希望するテーマの仕事を受注するために、ポートフォリオの作成が非常に重要です。
ポートフォリオとは、自分自身の過去の作品・スキル・経験を示す資料を指します。ポートフォリオにより自分自身をアピールし、信頼を得ることが可能です。
ポートフォリオには自分自身の得意なジャンルやテーマに関する記事を多く掲載することで、自分自身が得意な分野を示すことができます。また、書いたことがある企業名・メディア名・アクセス数や反響などを掲載すると良いでしょう。また、作品の質を高めるために、自分自身で定期的に文章校正を行い、見直しを行うことも重要です。
※書いた実績は公開できる場合とできない場合があるので、ポートフォリオに載せたい場合はクライアントに確認を取る必要があります。

ポートフォリオはブログで作ることが最も手っ取り早い方法です。
しかし、
「ブログは初心者Webライターには難しそうだな」
「ブログを運営するのはちょっと怖いな」
こう考えている方もいるかもしれません。
ブログを始めることに足踏みしている初心者Webライターの方には、下記の関連記事がおすすめです。
ブログのデメリットをできるだけ小さくして無理なく始める方法を解説しているので、ぜひご覧ください。

問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは

ライター向けマッチングサイトの活用

ラップトップを開く人(Webライターのマッチングサイト利用)

初心者Webライターは求人サイトやフリーランス向けのサイトなどで、自分が得意とするテーマ・分野の案件を探すことも重要です。
直前に「ポートフォリオを作ろう」と述べましたが、ポートフォリオに書く実績が全くない初心者は案件を取るところから始める必要があります。
ライター向けのマッチングサイトを使うときは、下記のポイントに注意すると良いでしょう。
—-
・自分のスキルや経験に合わせて吟味する
・サイトの利用規約・仕組み・手数料を確認する
・報酬が安すぎないか・クライアント(依頼主)が信頼できるかを確認する
—-
以上のような点に注意して自分に合ったマッチングサイトを選ぶことで、初心者Webライターでも希望するテーマの案件を獲得できるチャンスが出てきます。
Webライターが仕事を獲得する方法については、下記の動画でも詳しく解説されているのでぜひご覧ください。

Webライター初心者・未経験者の方には、手始めにクラウドソーシングの利用がおすすめです。
下記の記事では、Webライター初心者におすすめのクラウドソーシングを6つ厳選してご紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

競合の多い分野で仕事を獲得する方法

スポットを指差す(競合が多い中から初心者Webライターが選んでもらう)

初心者Webライターが競合の多いテーマ・分野で仕事を獲得するためには、いくつかの戦略を取ることが必要です。

まずは自分の強みを知り、差別化することが重要です。競合が多いテーマ・分野で仕事を獲得するためには、自分の強みをアピールする必要があります。どのようなスキルや経験があるのか、他のライターとどこが違うのかを明確にしましょう。また専門的な分野に特化することで、よりニッチな市場を狙うことができます。

次に、初心者Webライターは日頃から書く記事の質を特定のテーマに限らず高めることが重要です。読み手のニーズを理解し、的確な情報を提供することが求められます。また、読みやすい文章を書くことも大切です。

最後に、初心者Webライター自身のブランディングが重要です。競合が多いテーマ・分野で仕事を獲得するためには知名度を高めることが要求されます。ブログ・SNSでの発信や自分自身のポートフォリオ作成などが有効です。

初心者Webライターが仕事を勝ち取るためには、自己PRを練ることも重要です。
以下の記事では、自己PRに盛り込むべき内容やすぐに実践できる書き方のコツなどをご紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

例文|Webライター未経験者の自己PR・志望動機・プロフィールの作り方

知人・友人に声をかける

バーでスマホを開く人(友人に仕事を紹介してもらおうとする初心者Webライター)

知人や友人に声をかけることも、初心者のライターが希望するテーマの案件を獲得するために有効な方法です。自分の興味や得意分野に関する知人や友人がいる場合は、彼らから仕事の依頼を受けられる可能性もあります。
初心者Webライターが知人や友人に声をかけて仕事を獲得するメリット・デメリットをまとめました。

メリット 自分のスキルや能力を知人や友人が知っていれば、最適な仕事を回してもらえる可能性があります。彼らの業界情報やコネクションを活用すれば、希望するテーマに関する仕事の幅が広がるかもしれません。
デメリット そもそも人脈がなければこの方法を採用できません。また、仕事とプライベートの切り分けができなければ依頼内容や報酬からトラブルが生じる可能性があります。

初心者Webライターが知人や友人からの依頼で記事を執筆する場合は、当然ながら納期や品質についての責任を持つことになります。初心者Webライターは希望するテーマの記事がもらえなかったとしても契約に関する詳細をしっかりと確認し、トラブルのリスクを最小限に抑えることが重要です。

【サンプル記事含む】初心者Webライターがより多くの仕事を獲得できるテーマ選びのコツ

好みのテーマで初心者Webライターがたくさんの仕事を獲得するコツを示す人

ここでは、サンプル記事を執筆する際も含めて初心者Webライターがより多くの仕事を獲得できるテーマ選びのコツを3つご紹介します。
−−
●クライアントが求めていそうなテーマ・ジャンルを選ぶ
●一般的にニーズの高いジャンル・テーマを選ぶ
●競合が少なく稼ぎやすいテーマ・ジャンルを見つける
−−
これらのポイントに注意しながら、テーマを選んでいくと良いでしょう。
初心者Webライターがより多くの仕事を獲得できるテーマ選びのコツを、次の見出しから解説していきます。

クライアントが求めていそうなテーマ・ジャンルを選ぶ

クライアントのニーズを先回りする人(初心者Webライターのテーマ)

初心者Webライターは、サンプル記事にクライアントの求めていそうなテーマ・ジャンルを先回りして書くことが重要です。
クライアントは自社の商品やサービスに関連し、読者のニーズに応えられる記事を求めている点が大きな理由となります。

また、初心者Webライターがクライアントが求める記事の方向性を把握するとライティングスキルが向上します。クライアントのニーズ分析により、どのようなテーマでどんな視点や情報が必要とされているのかをあぶり出して初心者Webライターと思えないほど高品質な記事の執筆につながるからです。

一般的にニーズの高いジャンルやテーマを選ぶ

ニーズの伸び(Webライターのテーマ選び)

初心者Webライターがクライアントが求めていそうなテーマ・ジャンルを書くことが難しい場合は、サンプル記事に一般的にニーズの高いジャンルやテーマを選んでみましょう。
ニーズの高い分野を選ぶことで多くの人々に読まれる可能性が高くなり、自分のライティングスキルや知識を広くアピールすることができます。
例えば、現在注目を集めているトレンドや流行に関する記事、健康・美容・ダイエットなどのライフスタイルジャンル、ビジネスやマーケティングに関する記事などは常に需要があり競合も多いため、クライアントからの仕事獲得の機会が多くなります。ただし多くのライターが参入しているテーマ・ジャンルなので、初心者Webライターであっても独自性のある記事を書くことが必要です。

もし具体的にニーズの高いジャンルやテーマをイメージしづらい場合は、Googleトレンドなどの検索量調査ツールを利用して人気のあるジャンルを調べましょう。ここでも人気がある分野ほど競合が激しく、上位表示されるのは難しい傾向があるため独自性を持った記事を書く必要があります。

ただし、ニーズの高いジャンルやテーマに飛びつくだけではなく、自分が書ける記事かどうか(自分なりのアプローチや視点を持てるかどうか)を考慮することも大切です。適切なジャンルやテーマを選ぶことで、自分のライティングスキルを最大限に発揮し、より多くのクライアントにアピールすることができます。

競合が少なく稼ぎやすいテーマ・ジャンルを見つける

競合の少ないテーマを見つけた初心者Webライター

初心者Webライターがより多くの仕事を獲得するためには、単にニーズの高いところを攻めるだけでなく競合が少なく稼ぎやすいテーマ・ジャンルを見つけることも重要です。
初心者Webライターは強い競合が多いテーマ・ジャンルでは仕事獲得が難しくなる点が大きな理由となります。
競合が少ないジャンルであれば自分の記事が上位表示されやすいので、クライアントの目にも留まりやすくなるのです。
例えば専門的な知識が要求される分野や地方に特化した情報など、ニッチなジャンルであれば競合が少なくても一定の需要がある可能性が高くなります。ただし、競合が少ないジャンルであっても必ずしも稼ぎやすいとは限らないため、ライターとしてのマーケティング感覚も重要です。いずれにしても初心者Webライターはクライアントのニーズを把握し、需要の高いテーマに沿った記事を提供することが、収益アップにつながるでしょう。

競合が少ないテーマ・ジャンルを探すときは、自分が得意にしていることや趣味の分野にも目を向けてみましょう。自分が興味を持っている分野であれば、そこから隠れたニーズが見えてくることもあるからです。

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際におすすめのテーマ・ジャンル・種類

初心者Webライターのサンプル記事におすすめのジャンルを見つけた人

サンプル記事を書くコツがわかったところで、初心者Webライターにおすすめのテーマ・ジャンルを具体的に見ていきましょう。
−−
●業界トレンド・ニュース
●商品やサービスのレビュー
●旅行・グルメ・エンタメ関連の話題
●自分が興味・関心を持っているテーマ・分野
●幅広い知識や情報を持っているテーマ・分野
●強い競合が少ない分野
●SEO対策を意識したキーワード記事
●読者が役立つ情報を提供する「ハウツー」記事
●商品やサービスを紹介するコマーシャル記事
−−
初心者Webライターにおすすめのサンプル記事テーマ・ジャンルを次の見出しから詳しく解説していきます。

業界トレンド・ニュース

プレスルーム(Webライターのテーマ:ニュース系)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に1つ目におすすめするテーマは、業界のトレンド・ニュースです。
業界トレンドやニュースに関する記事は、企業やブランドが自社の分野に関する最新情報を提供するために必要なものとなっています。トレンドやニュースは常に更新されるため、最新情報を追いかけて情報を整理することで初心者Webライター自身のスキルアップにもつながります。また、企業が求める情報を提供することで、初心者Webライターのクライアント評価も高まります。
このような点から、初心者Webライターはクライアント向けのサンプル記事テーマに業界トレンド・ニュースがおすすめです。

商品やサービスのレビュー

レビュー(初心者Webライターのテーマ)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に2つ目におすすめするテーマは、商品やサービスのレビューです。レビュー記事は、消費者が購入を検討する際に参考になる情報を提供するために必要不可欠となります。初心者Webライターには、商品・サービスの特徴・価格・使い方・メリット・デメリットなどを詳しく紹介することが求められます。
信頼に足るレビューを初心者Webライターが書くには、実際に商品やサービスを利用することも有効です。
※実績のあるブロガーならクライアントから商品やサービスを提供されることもあります。
このような内容の正確性が求められることから、商品やサービスのレビューは初心者Webライターのサンプル記事テーマとしておすすめです。

旅行・グルメ・エンタメ関連の話題

空港に降り立つ(初心者Webライターのテーマ)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に3つ目におすすめするテーマは、旅行・グルメ・エンタメ関連の話題です。これらの記事は読者に夢や癒しを提供することができるため、人気のあるジャンルとなっています。ライター自身が実際に訪れた場所や食べた料理、観た映画などを体験談としてまとめることで、読者の共感を呼び起こすことができます。
このような理由から、旅行・グルメ・エンタメ関連に興味がある初心者Webライターはサンプル記事テーマとして検討してみても良いでしょう。

自分が興味・関心を持っているテーマ・分野

興味があることを調べる初心者Webライター

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に4つ目におすすめするのは、自分が興味・関心を持っているテーマです。自分が好きな分野なら、情報収集しやすく記事を書きやすくなります。例えば、ある商品群についての知識があれば製品レビュー・旅行経験が豊富なら観光・グルメ系の記事などといった具合です。記事質も向上させやすいので、興味・関心を持っているテーマがある初心者Webライターはかなりサンプル記事の執筆が楽になります。

幅広い知識や情報を持っているテーマ・分野

テーマについてたくさんの知識がある初心者Webライター

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に5つ目におすすめするのは、幅広い知識や情報を持っているテーマです。特定テーマの限られた知識しか持っていないと、書ける記事が限られてしまいます。幅広い知識や情報を持っていると様々なジャンルの仕事に対応でき、収入を増やすことができます。

強い競合が少ない分野

青い湖にカヌーでくつろぐ人(競合の少ないところを見つけた初心者Webライター)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に6つ目におすすめするテーマは、強い競合(大企業など)が少ない分野です。強い競合が多い分野を選んでしまうと仕事を獲得できず、最悪の場合収入を得ることができなくなることもあります。強い競合が少ない分野を選ぶことで仕事を獲得しやすくなります。初心者Webライターが強い競合の少ないテーマ・分野を選ぶ際には、他のライターが手を出していないマイナーな分野・切り口かつ自身の得意な分野を組み合わせることが重要です。

SEO対策を意識したキーワード記事

SEO(キーワード挿入が初心者Webライターに重要)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に7つ目におすすめするテーマは、SEO対策を意識したキーワード記事です。検索エンジンでの上位表示を狙い、特定のキーワードに関する情報を提供します。上位表示にはタイトル・見出し・文章に適度にキーワードを挿入することが有効とされます。ただし、キーワードを過剰に使用すると読みにくくなってしまったりSEO効果が逆に下がってしまったりする可能性があるため、適度な使用が求められます。
初心者Webライターがさまざまなテーマでサンプル記事を書くときに押さえておきたいキーワード(KW)の使い方については、下記の記事をご覧ください。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

読者が役立つ情報を提供する「ハウツー」記事

お役立ち情報を調べる(初心者Webライターのテーマ)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に8つ目におすすめするテーマは、「ハウツー」記事です。自分自身が経験したことや知っていることを元に、読者が興味を持つことや役立つ情報を提供します。誰でも実践できる内容かつ具体的な手順やアドバイスがあると好評です。テーマによってはSEO対策もしやすいため、初心者Webライターにもおすすめできる記事の種類と言えます。

商品やサービスを紹介するコマーシャル記事

eコマース(初心者Webライターにおすすめの記事)

初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く際に9つ目におすすめするテーマは、商品やサービスを紹介するコマーシャル記事です。商品・サービスの魅力・特徴・使い方などを詳しく解説することで、読者に購入したいと思わせる目的があります。過剰な宣伝や誇大広告は読者に不快感を与えるため、公正な視点での紹介が求められます。またクライアントの意向を反映した記事であることが多いため、初心者Webライターであっても依頼主の意向を汲み取る力も必要なテーマです。

テーマ・ジャンル・種類選びに役立つ「初心者Webライターがクライアント向けのサンプル記事を書く目的」とは?

クエスチョンマークを指す(サンプル記事を書く目的とは)

初心者Webライターがテーマ選びに役立つクライアント向けのサンプル記事を書く目的は大きく分けて次の二つです。
−−
●ライティングスキルの向上
●クライアントにアピールするためのポートフォリオ作り
−−
初心者Webライターのテーマ選びに役立つサンプル記事の目的は、次の見出しから詳しく解説していきます。

ライティングスキルの向上

ライティングスキルの向上ができた初心者Webライター

初心者Webライターがテーマ選びに役立つクライアント向けのサンプル記事を書く1つ目の目的は、自分のライティングスキルを向上させることです。クライアントに提供するための高品質な記事を書くには、高いライティングスキルが求められます。ここでいう高品質とは、正確で読みやすく魅力的な文章です。
サンプル記事でライティングスキルを向上させるには、自分が得意な・興味のあるテーマ・分野に関する記事を多く書くことが求められます。表現力や情報収集能力も同時に鍛えられるので、スキルアップが加速します。また、初心者Webライターは好みのテーマでサンプル記事を書く過程でフィードバックやアドバイスをもらうと、弱点の克服につながるでしょう。

「そうは言っても身近にフィードバックやアドバイスをもらえる人はいないし、オンラインサロンに入るのはちょっと…」
そんな方には、藤崎のWebライター講座がおすすめです。
完全無料で記事の添削を受けながら自分のペースでスキルアップできるので、初心者Webライターの方でも安心して受講できます。
藤崎のWebライター講座について少しでも気になった方は、下記の口コミ評判を交えた記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

クライアントにアピールし、仕事を獲得するためのポートフォリオ作り

条件から選ぶ(初心者Webライターのサンプル記事の目的)

初心者Webライターがテーマ選びに役立つクライアント向けのサンプル記事を書く2つ目の目的は、自分のポートフォリオを作ってクライアントにアピールすることです。クライアントは自分たちの利益を拡大する記事を書けるWebライターを求めています。自分がクライアントの要求レベルを満たすWebライターであることをアピールするためにポートフォリオを作成し、その中にクライアント向けの記事を掲載することが大切です。

初心者Webライターがクライアントにアピールするためのポートフォリオ作りを目的とする場合、クライアントの目に留まりそうなテーマで書いた記事を自分のブログやSNSなどで公開します。

初心者Webライター必見|テーマ・種類に応じたライティングテクニック

テーマに応じたライティングテクニックを実践した初心者Webライター

サンプル記事の目的がわかったところで、初心者Webライターが押さえておきたいライティングテクニックをテーマごとにご紹介します。
−−
●ニュース記事やプレスリリースの書き方
●コラム記事やエッセイの書き方
●商品レビュー記事の書き方
●SEO対策に重点を置いた記事の書き方
−−
初心者Webライターが押さえておきたいライティングテクニックについて、次の見出しから解説していきます。

ニュース記事やプレスリリースの書き方

ニュース系記事の素材(テーマ別のWebライターの書き方)

初心者Webライターがニュース記事やプレスリリースをテーマに書くときは、最新情報を伝えるためにタイトルやリード文で興味を引き、本文で詳細を伝える構成が重要です。
具体的には以下のようなルールに従って書きます。
まず、記事の見出しを明確にすることが重要です。見出しは簡潔に記事の主要な内容を的確に伝えるようにしましょう。また記事の本文では、ニュースの要点を最初にまとめ、その後に詳細な情報を記述するようにしましょう。文章は簡潔で、分かりやすく書くことが大切です。記事の最後には、関連する情報やリンクを記載して、読者が追加情報を得られるようにしておくことが望ましいです。
初心者Webライターが自分の書いたテーマの情報価値を高めるためには、裏付け調査や取材などの手法を用いることが大切です。

ニュース記事は、このように要点→詳細→要点で書くSDS法を用いると読者が理解しやすいとされます。
ちなみに下記の記事では、そんなSDS法と混同しがちなPREP法について例文付きで解説しています。
PREP法は初心者Webライターがマスターしておくと文章執筆が楽になり、報酬アップにつながるテクニックです。
PREP法について少しでも気になる初心者Webライターの方は、ぜひチェックしてみてください。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

コラム記事やエッセイの書き方

テーマに沿ってコラムを考えるWebライター

初心者Webライターに限らずコラム記事やエッセイは、あるテーマや意見を深く掘り下げ、自分の見解や意見を表現することが目的です。この種の記事は、以下のようなポイントに注意しながら書かれます。
まず、コラム記事やエッセイは自分の意見を表現することが目的なので主観的な表現が多くなります。しかし、正確な情報を伝えることも重要です。文章の冒頭に自分の意見や主張を明確に述べ、その後に理由や根拠を説明するようにしましょう。また、相手に共感を呼び起こす表現や、思考を促す問いかけを加えることも有効です。最後に、読者に何かしらの行動を促すような締めくくりを付けるとよいでしょう。
上記のポイントを押さえると、初心者Webライターでもテーマに沿ったコラムやエッセイを書くことができます。

商品レビュー記事の書き方

商品レビューのデータ(Webライターのテーマ別記事作成方法)

初心者Webライターの書くコンテンツに限らず、テーマに沿った商品レビュー記事は商品を実際に使用した経験をもとに特徴・使い勝手・メリット・デメリットを伝える記事です。読者がその商品を購入するかどうかの参考になるため、正確な情報を提供することが求められます。

まず、テーマに沿って商品の特徴や使用感を詳しく記載しましょう。使用する場面や用途、使い方のコツなどを紹介することで、読者がその商品について深く理解できるようにします。また、商品のデザインやパッケージング、付属品なども記載することで、より具体的な情報を提供します。

次に、メリットとデメリットを正直に記載しましょう。初心者Webライター自身や他の人が実際に使用した経験から得た情報をもとに、商品の強みや弱みをリアルに伝えます。ただしデメリットを伝える場合は、可能な限り改善策や補足情報も提供するようにしましょう。

最後に、レビューのまとめや評価を記載します。テーマに沿って商品の良い点や悪い点をリストアップし、総合的に評価を行います。また、商品を購入する上でのポイントやアドバイスも提供することで、読者の参考になるようにします。

このようなポイントを押さえると、初心者Webライターでもテーマに沿った商品レビューを書くことができるようになります。

SEO対策に重点を置いた記事の書き方

SEO対策を施すWebライター(テーマ別執筆方法)

初心者Webライターがよく聞くテーマであるSEOは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジンに対して自社ウェブサイトやブログなどのコンテンツが上位に表示されるようにするための技術や手法のことです。

初心者WebライターがSEO対策に重点を置いた記事を書くためには、まずテーマに沿ったキーワードの選定が重要です。どのようなキーワードをターゲットにするかを決め、そのキーワードを記事の中で使用することが大切です。ただし、強引にキーワードを盛り込むと読み手に不快感を与え、検索エンジンのペナルティを受けることもあります。自然な流れの中でキーワードを盛り込むよう心がけましょう。

また、タイトルや見出しを工夫し、キーワードを含めることも重要です。さらに、コンテンツの質を高めることが、SEOにつながります。読みやすく、分かりやすい文章を心がけることで、読者がコンテンツに長居し、共有したくなるような内容にすることが大切です。検索エンジンも、ユーザーが価値を感じるコンテンツを評価しています。

最後に、リンクを効果的に使用することもSEO対策の一つです。自社ウェブサイトやブログ内で、過去の記事へのリンクを盛り込むことでユーザーがより多くのコンテンツを読むよう促すことができます。また、外部サイトからのリンクを集めることで、自社サイトの信頼性を向上させることができます。しかし、SEO対策においてリンクの乱用はペナルティの対象となることもあるため適度な使用が必要です。

文章にテーマを外れないようキーワード(KW)を含めることは、初心者Webライターも実践しやすいSEO対策です。
下記の記事では、文章にうまくKWを含めるコツやSEOで重要とされている理由を解説しているのでぜひチェックしてみてください。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

SEO対策に重点を置いた記事の書き方についてより詳しく知りたい方には、下記の記事も参考になるでしょう。

【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

初心者Webライターがテーマを決めてサンプル記事を書くために必要な作業・手順

初心者Webライターがテーマを決めてサンプル記事を書くための手順を考える人

Webライターにとってクライアントにアピールするためにテーマを選んでサンプル記事を作成することは欠かせません。しかし初心者の方はどのような手順で取り組めばよいのか、わからないことも多いでしょう。以下では、初心者がサンプル記事を作成するために必要な作業や手順について紹介します。
−−
●自分に合ったテーマ・ジャンル・種類を選ぶ
●クライアントのメディアテーマ・運営スタイルに合わせた記事の書き方を学ぶ
●サンプル記事の作成に取り組む
●文章校正・プルーフリーディングを行う
−−
初心者Webライターがサンプル記事を作成するときの手順を、次の見出しから詳しく解説していきます。

自分に合ったテーマ・ジャンル・種類を選ぶ

ドアを選ぶ(初心者Webライターのジャンル選び)

初心者Webライターは自分が興味・関心を持っている分野や得意な分野から自分に合ったテーマ・ジャンル・種類を選びます。定まったテーマで執筆に熱中できることがライティングのモチベーションを高め、初心者Webライターでも質の高い記事を書くための重要なポイントです。

クライアントのメディアテーマ・運営スタイルに合わせた記事の書き方を学ぶ

書き方を学ぶ(初心者Webライターのサンプル記事作成)

初心者Webライターはクライアントのメディアテーマや運営スタイルに合わせて、適切な記事の書き方を学ぶことが必要です。クライアントの要求を先回りしたテーマ・ジャンルで記事を作ると仕事の受注率アップにつながります。

サンプル記事の作成に取り組む

文字の入力(初心者Webライターのサンプル記事執筆)

初心者Webライターは自分が選んだテーマやジャンル、種類に合わせて、サンプル記事の作成に取り組みます。テーマやジャンル、種類に応じたライティングテクニックを活用し、初心者Webライター自身のアイデアや情報を盛り込み、読者の興味を引くような記事を作成します。

文章校正・プルーフリーディングを行う

サンプル記事の見直しをした初心者Webライター

テーマに沿ったサンプル記事の完成後には、初心者Webライター自身で文章の校正やプルーフリーディングを行い、誤字脱字や表現の不適切さをチェックします。読み手が理解しやすくクオリティの高い記事に仕上げることが目的です。

※なおプルーフリーディングとは、文章や印刷物の誤字脱字・文法・スペル・表記の統一性・書式などをチェックし、修正する作業のことを指します。これは、ライターや編集者が執筆したり編集したりしたテキストを検査して、読みやすさ、品質、正確性を確認するために行われます。
プルーフリーディングは文章の品質を高めるだけでなく、読者が正確で信頼性の高い情報を受け取ることを保証するためにも非常に重要です。誤字脱字や文法の間違いは、読者にとって混乱を招くだけでなく、ブランドや会社の信頼性を損なう可能性があります。

※プルーフリーディングは、自分自身で行うこともできますが、プロの校正者に頼むこともできます。プロの校正者は、文章の誤りや不明瞭な表現を見つけ出し、修正することで、読み手にとってより明確で正確な文章を提供することができます。

このように、初心者Webライターはテーマに沿った自身のサンプル記事を書きっぱなしにせず見直すことが重要です。

初心者Webライターがテーマを選んでサンプル記事を書く際にブログをおすすめする理由

初心者Webライターにブログがおすすめな理由を熱弁

ブログは初心者Webライターにとって、テーマを選んだサンプル記事の作成に適した手段です。その理由としては以下が挙げられます。
−−
●自分のペースで書ける
●書きやすく学びやすい
●クライアントにアピールできる
●ポートフォリオとしても活用できる
−−
ブログが初心者Webライターのサンプル記事におすすめできる理由を、次の見出しから詳しく解説していきます。

自分のペースで書ける

ブログを自分のペースで書けた初心者Webライター

初心者Webライターがテーマに沿ったサンプル記事作成のためにブログをおすすめする1つ目の理由は、自分のペースで書けるからです。初心者Webライターは記事執筆に慣れるまで時間がかかるものですが、ブログなら時間をかけて記事を書くことができます。また、いつでもテーマに沿って書きたいときに書けるため初心者Webライター自身のスケジュールに合わせて書くことができます。

書きやすく学びやすい

ガッツポーズ(初心者Webライターがブログで学びやすい)

初心者Webライターがテーマに沿ったサンプル記事作成にブログをおすすめする2つ目の理由は、書きやすく学びやすいからです。
ブログは簡単に始めることができます。無料で利用できるプラットフォーム(アメブロなど)が多くあり、文章を書くためのツールも揃っているため、初心者でも簡単に始められます。
本格的に始めたいのなら、WordPressというシステムを使って有料のブログを始めることをおすすめします。
またブログは読者がいることが前提となっているため、記事の書き方や文体などを学ぶことができます。
初心者Webライターは、このように書きやすく学びやすいという点からもテーマに沿ったサンプル記事作成にブログがおすすめです。

クライアントにアピールできる

アピール(初心者Webライターのサンプル記事)

初心者Webライターがテーマに沿ったサンプル記事作成にブログをおすすめする3つ目の理由は、クライアントに自分のライティング能力をアピールできるからです。初心者Webライターは自分の得意分野や興味のある分野とクライアントが求めていそうなテーマを中心に記事を書くと、効率的にアピールできます。

ポートフォリオとしても活用できる

ポートフォリオを改善する初心者Webライター

初心者Webライターがテーマに沿ったサンプル記事作成にブログをおすすめする4つ目の理由は、作成した記事を自分のポートフォリオとして活用することができるからです。クライアントに提案する際に初心者Webライターが自分のブログを見せることで、ライティング能力だけでなくどのようなテーマ・視点で記事を書いているのかを示せます。

「サンプル記事を書くために、ブログを始めてみようかな」
そう思った初心者Webライターの方には、以下の関連記事がおすすめです。
Webライター初心者や未経験者でもブログを簡単に始める方法を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

Webライター未経験者のブログの始め方!主婦や在宅での副業もOK

テーマ・サンプル記事とあわせてチェック!そもそもWebライターの仕事内容とは

「Webライターの仕事内容」のクイズに正解した人

初心者がWebライターの仕事内容とは何かを知るため、テーマ・サンプル記事と合わせてチェックしておきたいWebライティングの定義や、Webライターが書く記事の種類、仕事の流れ、そして必要なスキルや役割について紹介します。
この項目を読めば初心者Webライターさんはもちろん、Webライターを雇いたい企業側も、Webライターの仕事内容について理解することで、効率的にお仕事を進められるでしょう。

Webライティングとは

5W1H:Webライティングとは?

初心者Webライターがテーマやサンプル記事以前に知っておきたいWebライティングとは、インターネット上のサイトやブログなどで公開される記事の執筆行為を指します。WebライティングではSEO対策に基づいたキーワードの選定やタイトルの工夫など、Webに特化したライティング技術が必要です。また、初心者Webライターは読者の興味を引きつけるためにテーマやサンプル記事の作成だけでなく視覚的なレイアウトや画像の選定、簡潔な文章構成なども重要な要素です。

Webライターが書く記事の種類

カウンセラー(Webライティングの種類を説明)

テーマやサンプル記事の基礎知識がわかった初心者に限らず、Webライターが書く記事の種類は多岐にわたります。代表的なものとして、ニュース記事、コラム記事、商品レビュー記事、企業案内ページ、ブログ記事、プレスリリースなどがあります。それぞれの記事テーマに応じたライティングスタイルやテクニックがあるので初心者Webライターはその知識を持ち、磨いていく必要があります。

Webライターの仕事の流れ

仕事をする人(Webライターの仕事の流れ)

テーマやサンプル記事の基礎知識がわかった初心者に限らず、Webライターの仕事はクライアントの要望に合わせた記事の執筆です。まずは、クライアントの要望やテーマに沿った記事の構成案を行って執筆に入ります。執筆が完了したら、文章のチェック(プルーフリーディング)を行い、納品します。その後クライアントからの修正依頼があった場合には、修正を行います。
このようにWebライターの仕事はシンプルなので、テーマやサンプル記事の基礎知識がわかった初心者であれば難なく始めることができます。

Webライターの役割とスキル

タイピング(Webライターの役割とスキル)

テーマやサンプル記事の基礎がわかった初心者に限らず、Webライターの書く記事はクライアントのブランディングや集客に大きな役割を果たします。そのため質の向上に向けて常にライティングスキルを磨くことが求められます。Webライターに必要なスキルは、正確でわかりやすい文章を書くスキル・SEOに対する知識・調査能力・プロジェクトマネジメント能力などです。また、クライアントとのコミュニケーション能力や、納期に追われてもストレスに負けないメンタルコントロールも要求されます。

「テーマが見つからない・サンプル記事を書けない人はWebライターに向いていない」と言えない理由

初心者Webライターはテーマが見つからなくても大丈夫だと説く人

「テーマが見つからない・サンプル記事を書けない人はWebライターに向いていない」という意見は誤解しています。
その理由は、大きく分けて次の二つです。
−−
●Webライターに必要な能力は多岐にわたるから
●記事執筆だけがWebライターの仕事とは限らないから
−−
Webライターに向いているかどうかは、必ずしもサンプル記事が書けるかどうかだけで決まるわけではありません。
テーマが決められない・サンプル記事を書けない人でもWebライターに取り組める理由を、次の見出しから詳しく解説していきます。

Webライターに必要な能力は多岐にわたるから

さまざまなスキル(サンプル記事が書けなくてもWebライターが務まる理由)

テーマ・サンプル記事を書く以前にWebライターには文章力だけでなくさまざまな能力が求められます。
以下で簡単にそれぞれの能力を説明します。

調査・編集・校正・SEO 正確な情報を収集すれば、裏の取れるWebライターとして評価が高まります。編集や校正ができれば、読みやすい記事を仕上げることが可能です。さらにSEO対策ができれば検索エンジンにおける上位表示を狙えます。
好奇心 テーマに対する知識欲があれば、関連する情報などを体系的にまとめやすいので記事質アップが期待できます。
テーマへの正確な理解 自分の持っている知識だけでなく、最新かつ正確な知見を持っているとクライアントの信頼を得られます。
クライアント第一の柔軟性 修正依頼が入ればすぐに対応したり、クライアントの要求を先読みした提案をしたりなど、円滑なコミュニケーションをとれるWebライターは重宝されます。

このように、Webライターは文章力だけが求められるわけではありません。
初心者Webライターの方がテーマを見つ蹴られずサンプル記事が書けないという場合でもあきらめずに、ここに挙げた能力を高めていく努力が必要です。

記事執筆だけがWebライターの仕事とは限らないから

テーマにかかわらずたくさんのスキルが要求されることに驚くWebライター

Webライターになるためにはテーマに沿ったサンプル記事を書いて実力をアピールすることが一般的ですが、サンプル記事が書けなくても仕事が務まることがあります。
具体的な例をいくつかご紹介します。

クライアントの要望に合わせた編集やプロジェクトマネジメント 各ライターの納期管理やサイト設計などを行います。サイトのコンテンツは適宜更新していく必要があるので、このような作業ができるメンバーは欠かせません。
プランナー・コンサルタント クライアントの事業戦略に合った記事を制作するためのアドバイスを行います。

また、サンプル記事の作成以外の方法で自分の文章力やスキルをアピールすることもできます。すでに自分のブログを持っていて適切な方法で収益を上げている場合は、ブログからクライアントにアピールしたい記事を選んで提示すれば良いでしょう。
このように必要な能力さえあれば、新たなテーマが見つからなくてもサンプル記事が書けなくても、Webライターに向いている可能性があります。

上記のような能力を持ったWebライターになるためには、メディア運営者の視点に立った思考が必要です。
クライアントと仕事をする際メディア運営者の目線に立った記事執筆や提案ができると重宝され、ライター自身の報酬が上がりやすくなります。
「報酬が上がるチャンスがあるなら、メディア運営者の考え方を教えてほしい!」
そんなWebライターの方は、メディア運営に欠かせないゴールと目的を達成する方法を解説している下記の記事を要チェックです。

Webサイト運営のゴール設定法!コンバージョン・目的達成のコツとは

初心者のWebライターに求められるスキルについては、下記の動画でも詳しく解説されているのでぜひチェックしてみてください。

「ここまで読んでみたけど、まだ自分がWebライターに向いているか判断できない」
そんな方には、以下の関連記事がおすすめです。
Webライターに向いている人の条件は意外と楽にクリアできることや、具体的な仕事の始め方を解説しているのでぜひご覧ください。

【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

「Webライターにおすすめのテーマ・サンプル記事作成のコツ」のまとめ

Webライターのテーマ・サンプル記事についてまとめる人たち

Webライターにおすすめのテーマは、自分が興味を持っている分野や、得意とする分野、またはクライアントからのオファーで決定することが重要です。そのため、幅広い分野の知識や情報収集能力が必要です。サンプル記事を書くコツとしては、まずは分量を決めて、それをこなすことが重要です。また、分野に詳しい人の記事を参考にしたり、検索エンジンのキーワード検索で関連する情報を集めたりすることも効果的です。さらに、読み手の視点に立って、分かりやすく説明することが大切です。記事の構成や表現方法については、常に改善する姿勢を持ち、継続的に学習していくことが求められます。

Webライターに必要な能力は、文章力だけでなく、調査、編集、校正、SEO対策などのスキルが必要です。特に、SEO対策はWebライターにとって重要なスキルの一つであり、適切なキーワードの選定や、コンテンツの最適化などが求められます。また、クライアントからの要望に合わせた記事を書くためには、柔軟性が必要です。クライアントからの指示や修正に迅速に対応することが求められます。さらに、どんなテーマでも深く理解し、分かりやすく伝えることが求められるため、幅広い知識や情報収集能力が必要です。

しかし、テーマが見つからない・サンプル記事を書けない人がWebライターに向いていないとは言えません。クライアントの要望に合わせて編集やプロジェクトマネジメントを行う仕事もありますし、ターゲットや目的に合わせた記事を書くことができるプランナーやコンサルタントも存在します。また、サンプル記事の作成以外の方法で、自分の文章力やスキルをアピールすることもできます。例えば、自分のブログやSNSで執筆した記事を公開し、そのクオリティやスタイルをアピールする方法があります。

また、Webライターに必要な能力は多岐にわたり、文章力だけでなく調査・編集・校正・SEO対策などのスキルが必要です。どんなテーマでも深く理解し、分かりやすく伝えることが求められるため、幅広い知識や情報収集力も必要不可欠です。また、クライアントの要望に合わせた記事を書き、修正に対応できる柔軟性も求められます。

ただし、テーマが見つからない・サンプル記事を書けないとWebライターに向いていないとは言えません。クライアントの要望に合わせて編集やプロジェクトマネジメントを行う仕事や、ターゲットや目的に合わせた記事を書くことができるプランナーやコンサルタントも存在します。また、サンプル記事の作成以外の方法で、自分の文章力やスキルをアピールすることもできます。

最後に、Webライターにおすすめのテーマとして、自分が得意とする分野や興味のある分野、トレンドやニュースなどがあります。また、人気のあるジャンルであれば需要が高いため、積極的にチャレンジしてみるのも一つの方法です。サンプル記事を書く際には、クライアントの要望をしっかりと把握し、質の高い記事を作成することが大切です。慣れてくると、自分自身のスタイルや個性が出せるようになり、魅力的な記事を生み出すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 未経験・30代からWebライターを始める方法とは
  2. 無職・ニートのwebライターの始め方
  3. クラウドワークスに実在したやばい悪徳業者のイメージ画像
  4. YOSCA あなたのライターキャリア講座の口コミ評判

目次