【日本語】ChatGPTで文章校正をする方法!おすすめプロンプト・プラグインをご紹介

この記事は17分で読めます

文章校正は、誤字脱字の修正から文体の統一まで、読み手にとってクリアでプロフェッショナルな印象を与えるために不可欠です。近年はAI技術の進化により、ChatGPTのようなツールが文章校正の新たな選択肢として登場しました。本記事ではChatGPTを活用した文章校正の方法と効果的な使い方、そして注意点について詳しく解説します。プロンプトの工夫一つで、校正作業が格段に向上することをご紹介します。

【ChatGPT以外も同じ】そもそも文章校正を行う目的とは

文章校正の目的は、伝えたい内容をより正確かつ効果的に読者に届けるためです。これらを細分化すると次のようになります。

  • 読みやすい文章にする
  • 誤りのない内容を読者に伝える
  • 事後修正を避ける

文章を書く際、誰もが誤字脱字・文法の間違い・不自然な表現をしてしまうことがあります。これらのミスは読み手にとっての理解を妨げ、書き手の信頼性を損なう可能性があります。校正を行えばこれらの問題を事前に解消し、読みやすく誤解のない文章を提供することができます。さらに事後の修正作業にかかる時間と労力を削減することも大きな目的の一つです。

読みやすい文章にする

文章校正の主要な目的の一つは、読み手にとって理解しやすい文章を作成することです。この目的を達成するためには、文法的に正確であること、誤字脱字が存在しないこと、適切な語彙が使用されていることが求められます。しかし、これらの要素だけでは十分ではありません。文章が読み手にとって読みやすいかどうかは、その構造や流れに大きく依存します。論理的な流れで情報が提示され、適切に段落分けされている文章は、読み手がスムーズに内容を理解し、情報を吸収するのに役立ちます。

さらに、読みやすさを高めるためには、見出しや箇条書きなどの視覚的な要素を効果的に使用することも重要です。これらの要素は、文章内の重要な情報を強調し、読み手が内容を迅速に把握するのを助けます。また、専門用語や複雑な表現を避け、可能な限りシンプルで明瞭な言葉を選ぶことも、読みやすさを向上させるための鍵となります。

文章校正では、これらの点に注意を払いながら、文章全体の流れや構造を見直し、読み手が容易に理解できるように調整します。このプロセスを通じて、メッセージが正確かつ効果的に伝えられるようにし、読み手が文章から得られる価値を最大化することが目指されます。

誤りのない内容を読者に伝える

文章校正のもう一つの重要な目的は、誤りのない内容を読者に伝えることです。これには、文法や綴りの誤りだけでなく、事実の正確性やデータの信頼性も含まれます。誤った情報や不正確なデータを含む文章は、読者に混乱を招くだけでなく、作者や発行元の信頼性を損なう可能性があります。特に、学術的な論文やビジネス文書、ニュース記事など、正確性が求められる文脈では、校正の重要性が一層高まります。

誤りのない内容を提供するためには、まず、情報源の確認と検証が不可欠です。使用するデータや引用する情報が正確であることを確かめることで、誤情報の拡散を防ぎます。また、専門用語の正しい使用や統計データの正確な表現も、内容の誤りを避けるために重要です。これらの要素は、文章の信頼性を高め、読者に対して正確な情報を提供するために欠かせません。

さらに、文章校正では、論理的な矛盾や情報の食い違いにも注意を払います。文章内で一貫性のない情報や矛盾する主張がある場合、それらを明確にし、必要に応じて修正を行うことが求められます。このようにして、文章全体としての一貫性と正確性を保ちながら、読者に対して誤解のないクリアなメッセージを伝えることができます。

事後修正を避ける

文章校正を行うもう一つの大きな目的は、事後修正の手間とコストを避けることです。公開や提出後に誤りが見つかった場合、それを修正するためには追加の時間、労力、場合によっては費用が必要になります。特に印刷物の場合、誤りを訂正するためには新たに印刷を行う必要があり、これは大きなコスト増加につながります。オンラインコンテンツの場合でも、誤りが指摘された後に修正を行うことは、読者やユーザーの信頼を損なう原因となり得ます。

事後修正を避けるためには、初稿の作成段階から校正を意識し、複数回にわたる校閲プロセスを経ることが重要です。初稿の作成後、自己校正を行い、その後、第三者による校正を行うことで、異なる視点からのフィードバックを得ることができます。このプロセスを通じて、文法的な誤り、誤字脱字、論理的な飛躍や矛盾など、さまざまな問題を事前に特定し、修正することが可能になります。

また、校正ツールやAI技術を活用することで、校正の効率を高めることもできます。これらのツールは、人間の目では見逃しやすい細かな誤りを指摘してくれるため、文章の品質を一層向上させることができます。事後修正を避けることは、時間とコストの節約だけでなく、作品や文書の品質を保ち、最終的には読者や受け手の満足度を高めることにもつながります。

【ChatGPTを含む】文章校正で見るべき点

文章校正では、単に誤字脱字を訂正するだけでなく、内容の正確性や一貫性、そして文章全体の流れにも注意を払う必要があります。特に、ChatGPTを含むAIツールを使用する場合、人間の校正者とは異なる視点で文章を見ることができるため、新たな発見や改善点が見つかることもあります。以下の点に注意して校正作業を行うことが重要です。

  • 誤字脱字がないか
  • 事実に反する内容がないか
  • 文章の論理構成

誤字脱字がないか

文章校正において最も基本的かつ重要なチェックポイントの一つが、誤字脱字の有無です。誤字脱字は読み手にとっての理解を妨げるだけでなく、文章のプロフェッショナルさや信頼性を損なう原因となります。特に公式・ビジネス関連の文書・学術論文などでは誤字脱字が存在すると、その内容の正確性や著者の専門性に疑問を持たれることがあります。

誤字脱字を見つけ出し修正するには、まず自分自身での丁寧な読み返しが必要です。人間は自分が書いた文章に対して盲目になりがちで、明らかな誤りを見逃すことがあります。そのため、一度書き終えたら時間を置いてから再度読み返すか声に出して読むという方法が有効です。声に出して読むことで、不自然な表現や誤字脱字に気づきやすくなります。

さらに、校正ツールやソフトウェアを利用することも一つの方法です。これらのツールは、誤字脱字のほか、文法的な誤りや不自然な表現を自動で検出し、修正案を提示してくれます。

しかし、どのようなツールを使用しても最終的には人間の目で確認することが不可欠です。ツールはあくまで補助的な役割を果たし、全ての誤りを完璧に検出するわけではありません。したがって、校正は複数の手段を組み合わせて行うことが誤字脱字を効果的に排除する鍵です。

事実に反する内容がないか

文章校正の過程で重要なのは、文中に事実に反する内容や不正確な情報が含まれていないかを確認することです。この種の誤りは、読者の誤解を招くだけでなく、文書の信頼性や著者の信用を大きく損なう可能性があります。特に、ニュース記事、学術論文、ビジネスレポートなど、正確な情報伝達が求められる文書においては、事実関係の確認が不可欠です。

事実に反する内容を避けるためには、以下の点に注意する必要があります:

  1. 情報源の確認: 使用しているデータや引用している情報が信頼できる情報源から得られたものであるかを確認します。公式統計、学術誌、信頼性の高いニュースソースなど、権威ある出典を選ぶことが重要です。
  2. データの最新性: 特に科学技術や市場動向など、変化が激しい分野においては、使用する情報が最新のものであるかを確認することが必要です。古いデータや情報は、現状を正確に反映していない可能性があります。
  3. 引用の正確性: 他人の言葉や研究成果を引用する場合は、その内容を正確に伝えているか、文脈を歪めていないかを慎重に確認します。また、引用符の使用や出典の明記も適切に行うことが大切です。
  4. 論理的整合性: 提示された事実やデータが、論理的に整合性を持っているかを検証します。矛盾する情報や根拠の薄い主張は、読者を混乱させる原因となります。

事実に反する内容を含まないようにするためには、校正者自身が主題に関する十分な知識を持っていることが望ましいです。また、専門家によるレビューを受けることも内容の正確性を確保する有効な手段となります。このようにして文章の信頼性を高め、読者に対して正確かつ有益な情報を提供することができます。

文章の論理構成

文章校正では、誤字脱字や事実確認と同様に、文章の論理構成にも注意を払う必要があります。論理的に整理された文章は、読者が情報を理解しやすく、伝えたいメッセージの受け取りやすさを大きく向上させます。文章の構成を見直す際には、以下の点を確認します。

  1. 導入部: 導入部では、読者に対して文章の主題や目的を明確に提示します。読者が何について読むのか、どのような問題提起がなされるのかを理解できるようにすることが重要です。
  2. 本論: 本論では、主題に関する詳細な情報、論点、議論を展開します。ここでは、各段落が論理的につながり、一貫性を持って情報が提示されるように心がけます。また、主張には適切な根拠や証拠を提供し、読者が著者の立場を理解しやすいようにします。
  3. 結論: 結論部では、文章の要点をまとめ、読者に対して強い印象を残すことが目標です。導入部で提示した問題提起に対する答えや、論じた内容の意義を明確に示します。

文章の論理構成を確認する際には、各部分がスムーズにつながっているか、情報が適切な順序で提示されているかを検討します。情報の飛躍や論理的な食い違いがないかを確認し、必要に応じて構成を調整します。また、読者が迷わずに情報を追えるように、適切な接続詞や遷移表現を使用することも、論理構成を強化するための有効な手段です。

論理的に整理された文章は、読者にとって理解しやすく説得力のあるものとなります。そのため校正プロセスにおいて、文章の論理構成に注意を払うことは非常に重要です。

ChatGPTの文章校正を成功させるコツ

ChatGPTを用いた文章校正を成功させるためには、いくつかのコツがあります。これらのコツを活用することで、より高品質な校正結果を得ることが可能になります。ChatGPTは指示に基づいて動作するため、具体的かつ明確な指示を与えることが重要です。また、文章の前後の文脈を提供することで、より適切な校正が可能になります。

  • なるべく具体的に指示を書き込む
  • 前後の文脈も情報として与える
  • 小分けにして文章を入力する
  • 何度も使って慣れる

なるべく具体的に指示を書き込む

ChatGPTを用いた文章校正を成功させるためのコツの一つは、なるべく具体的に指示を書き込むことです。ChatGPTや他のAIベースの校正ツールは、与えられた指示に基づいて動作します。そのため、求める校正の種類や焦点を明確にすることが、効果的な校正結果を得るための鍵となります。

具体的な指示を書き込む際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 校正の目的を明確にする: 文章全体の流れをチェックしてほしいのか、誤字脱字のみを指摘してほしいのか、または特定のセクションの論理性を評価してほしいのかなど、校正の目的を具体的に伝えます。
  2. 具体的な問題点を指摘する: 既に自分で気づいている問題点がある場合は、それを指摘しておくと、AIがより的確な提案をしてくれる可能性が高まります。
  3. 文脈を提供する: 文章の特定の部分を校正してもらう場合は、その部分の文脈も一緒に提供することが重要です。文脈があることで、AIはより適切な修正案を提案できます。
  4. スタイルやトーンの指示を加える: 文章のスタイルやトーンに特定の要望がある場合は、その指示も加えます。例えば、カジュアルなトーンで書かれた文章をフォーマルなスタイルに変更してほしい、といった要望です。

具体的な指示を書き込むことで、ChatGPTはより正確にユーザーのニーズに応えることができ、校正作業の効率と品質が向上します。このアプローチは、AIを活用した文章校正を最大限に活かすための基本的ながらも非常に重要なポイントです。

前後の文脈も情報として与える

ChatGPTを含むAIベースの文章校正ツールを使用する際、文章の前後の文脈を提供することは、校正の精度を高める上で非常に重要です。文脈は、単一の文や段落が持つ意味を正確に解釈するための鍵となり、AIがより適切な修正提案を行うための基盤を提供します。

文脈を提供することの利点は以下の通りです。

  1. 意味の曖昧さを解消: 文章には、その文脈によって意味が大きく変わる単語や表現がしばしば含まれます。前後の文脈を提供することで、これらの曖昧さを解消し、AIが正確な意味を把握できるようになります。
  2. 適切な修正案の提案: 文脈が明確であることで、AIは文の流れや論理構成を考慮した上で、より適切な修正案を提案できます。これは、特に文章の論理的なつながりや一貫性を評価する際に重要です。
  3. トーンやスタイルの一貫性の確保: 全体の文脈を把握していることで、AIは特定の文や段落を修正する際にも、文章全体のトーンやスタイルを維持することができます。これにより、断片的な修正によって全体の一貫性が損なわれることを防ぎます。

文脈を提供する際には、校正を希望する部分の前後数文や、該当する段落の概要を簡潔に説明することが効果的です。また、文章の目的や対象読者など、全体の文脈に影響を与える情報も合わせて提供すると良いでしょう。

このように、前後の文脈を情報として与えることで、ChatGPTはより精度高い校正を行うことが可能になり、結果としてユーザーが求める品質の文章を得ることができます。

小分けにして文章を入力する

ChatGPTを用いた文章校正を効率的かつ正確に行うためには、文章を小分けにして入力することが重要です。ChatGPTの処理能力には限界があり、特に長文を一度に処理しようとすると、性能が低下したり、処理が中断されることがあります。これを避けるために、以下のアプローチを取り入れることが推奨されます。

  • 一度に一つのパラグラフを校正する: 文章をパラグラフごとに分けて入力することで、ChatGPTはそのパラグラフに集中し、より具体的かつ適切なフィードバックを提供することができます。これにより、文章全体のクオリティを段階的に向上させることが可能です。
  • 文章の特定の部分だけを抜粋して校正を依頼する: 文章の中で特に注意が必要なセクションや表現がある場合は、その部分だけを抜粋して校正を依頼します。これにより、特定の問題点に対する改善案を得ることができ、全体の文章の質を効果的に高めることができます。

ChatGPTのキャパシティを超える文章を避け、小分けにして入力することは、校正プロセスをスムーズにし、より良い結果を得るための鍵です。各パラグラフやセクションに対して集中的にフィードバックを得ることで、文章全体の一貫性と論理性を保ちながら、品質を向上させることができます。

【例文】ChatGPTの文章校正を成功させるプロンプト案

ChatGPTを用いた文章校正をより効果的に行うためには、適切なプロンプトの設定が重要です。以下に、具体的なプロンプトの例を挙げます。これらの例を参考にするとChatGPTを活用した文章校正の精度を高めることができます。

  • 誤字脱字チェック
  • 表記揺れチェック
  • 文章構成の見直し
  • 文章の流れの整理
  • 全体的な文章添削
  • 英語文の校正(スペルチェックなど)

これらについて詳しく見ていきましょう。

誤字脱字チェック

文章校正における基本的なステップの一つが誤字脱字のチェックです。このプロセスは、文章の信頼性と読みやすさを保証するために不可欠です。ChatGPTを使用して誤字脱字をチェックする際のプロンプトは、以下のように設定すると良いでしょう。

  • 「この文章に誤字脱字はありますか?」
  • 「このパラグラフを誤字脱字の観点から校正してください。」

このような具体的な問いかけによりChatGPTは文章を細かく分析し、誤字脱字を特定することができます。また、誤字脱字のチェックでは、以下の点に注意を払うことが重要です。

  • 一般的な誤字脱字だけでなく、専門用語の表記にも注意する: 専門分野によっては特有の用語や固有名詞が存在します。これらの正しい綴りを確認することも、誤字脱字チェックの重要な部分です。
  • 自動校正ツールの使用: ChatGPTと併用して、スペルチェック機能を備えたテキストエディタや専用の校正ツールを使用することで、誤字脱字の見落としを減らすことができます。
  • 読み返しと声に出して読む: 自分自身で文章を読み返す際には、声に出して読むことで、耳で聞いたときの不自然さから誤字脱字を見つけ出すことがあります。

誤字脱字のチェックは、文章校正の最初のステップとして、非常に重要な役割を果たします。ChatGPTを活用することで、このプロセスをより効率的かつ正確に行うことが可能になります。

表記揺れチェック

文章校正におけるもう一つの重要な要素は、表記揺れのチェックです。表記揺れとは、同一の語句や表現が文書内で異なる方法で書かれていることを指し、これがあると読み手に混乱を与える原因となります。ChatGPTを活用して表記揺れをチェックする際のプロンプト例は以下の通りです。

  • 「この文章内で表記が揺れている語句を指摘してください。」
  • 「このテキストに表記揺れがあれば修正案を提案してください。」

表記揺れチェックでは、特に以下の点に注意が必要です。

  • 固有名詞の表記: 人名、地名、企業名などの固有名詞は、常に同じ表記を用いる必要があります。
  • 漢字の閉じ・ひらき:一部の語句については、漢字を使用することで「閉じる」(よりフォーマルまたは専門的な印象を与える)か、ひらがなにすることで「ひらく」(より親しみやすい印象を与える)かを選択する必要があります。この選択は、文書の目的やターゲットオーディエンスによって異なる場合があり、文書全体で一貫したスタイルを維持することが重要です。
  • 専門用語の表記: 専門分野によっては、特定の用語に対する表記が定められていることがあります。これらの用語は一貫した表記を保つことが重要です。
  • 数字の表記: 数字を表す際の「数字」または「漢数字」の使用、単位の表記なども統一する必要があります。
  • 略語と省略形の使用: 文書内で略語や省略形を使用する場合は、初出時にフルスペルを明記し、その後の表記を統一します。

表記揺れのチェックを行う際には、これらのポイントに注意しながら、文書全体を通じて用語や漢字の使用が一貫しているかを確認します。また、ChatGPTなどのAIツールを活用することで、表記揺れのチェックを効率的に行い、一貫性のある高品質な文書を作成することが可能になります。

文章構成の見直し

文章構成の見直しは、文章が論理的に整理され、読み手にとって明確かつ理解しやすい形で情報が提示されているかを確認するプロセスです。ChatGPTを使用して文章構成を見直す際のプロンプトは、以下のように設定することが効果的です。

  • 「この文章の構成は論理的ですか? 論理的に問題があれば改善のための提案をしてください。」
  • 「このセクションの情報の流れを最適化するためのアドバイスをください。」

文章構成の見直しでは、以下の点に特に注意を払います。

  • 導入部の明確化: 導入部では、文章の目的や主題を明確にし、読み手が何について読むのかを理解できるようにします。導入部が明確であれば、読み手は文書全体を通じての情報の流れを容易に追うことができます。
  • 段落構成の整理: 各段落が一つの主要なアイデアやトピックに焦点を当てているかを確認します。段落内の情報は論理的に整理され、前後の段落とのつながりが明確であるべきです。
  • 結論の強化: 結論部では、文章の要点を簡潔にまとめ、読み手に強い印象を残します。結論が文章の主要なメッセージや結果を効果的に伝えることができれば、文章の影響力を高めることができます。
  • 論理的な流れの確認: 文章全体を通じて、情報が論理的な順序で提示され、読み手が容易に理解できる流れになっているかを検証します。必要に応じて、情報の順序を調整し、論理的なつながりを強化します。

ChatGPTを活用することで、これらのポイントに基づいた具体的な改善提案を得ることができます。文章構成の見直しは、文書の全体的なクオリティを向上させ、読み手にとってより価値のある内容を提供するために不可欠なステップです。

全体的な文章添削

全体的な文章添削は読み手にとって明確で理解しやすいコンテンツを提供する上で非常に重要です。以下は、ChatGPTを活用し読みやすくするためのプロンプトのコツと自己紹介文の校正に関する情報です。

より優れた表現にする

文章の校正では単に誤りを修正するだけでなく、より優れた表現に置き換えることが求められます。これには、文法やスペルのチェック、適切な語彙の選択、文章の構成と流れの整理、テンポとリズムの調整が含まれます。ChatGPTは、これらの側面を改善する提案を行うことができます。

プロンプト(指示文)のコツ

効果的な校正を行うためのプロンプトには、明確で具体的な指示が必要です。プロンプトには、校正の目的、対象となる文章の情報、校正におけるルール、期待する出力形式を含めることが推奨されます。これにより、ChatGPTは提供された情報に基づいて、より精度の高い校正を行うことができます。

自己紹介文を例に取ると、ChatGPTは誤字脱字の指摘・言葉の表記のばらつきの修正・数字の表記の統一・慣用句やことわざの正しい使用・文脈に合わない単語の修正・主語と述語の組み合わせ・文末の表現の統一など、多岐にわたる校正を行うことができます。また、校正後の文章を出力する際には文章の順番を変更しない・架空の表現や慣用句を使用しない・文章を省略しないといった条件を遵守することが重要です。

これらの指示に従ってChatGPTを使用することで、自己紹介文を含むあらゆる文章の質を高め、より洗練されたコンテンツを作成することが可能になります。

英語文の校正(スペルチェックなど)

英語文の校正では、スペルチェックだけでなく、文法、構文、そしてスタイルまで幅広い側面が考慮されます。ChatGPTを活用して英語文の校正を行う際には、以下のポイントが有効です。

スペルチェック:英語文校正の最も基本的なステップです。誤ったスペリングは、読み手に対して不注意や専門知識の欠如を印象づける可能性があります。ChatGPTは、一般的なスペルミスを効率的に特定し、適切な修正案を提供することができます。

全体的な文章の校正:文法や構文の誤りを修正し、文章の流れを改善します。より自然な表現に校正することも含まれます。ChatGPTに英文校正を依頼する際には、以下のようなプロンプトが有効です。

  • 役割を与える: ChatGPTに特定の役割(例えば、英会話教室の教師や母語が英語のアメリカ人など)を与え、その視点から文章を校正してもらいます。
  • 校正のレベルを伝える: 日常会話程度の英語・ビジネスレベル・詩的な表現まで、どのようなレベルの英文に校正してほしいかを明確にします。
  • 英語で指示する: ChatGPTは英語のデータを多く学習しているため、英語で指示を出すことで精度の高い校正が期待できます。

注意点

  • ChatGPTの校正では意味が大きく変わってしまうことがあるため、提案された修正を盲目的に受け入れず、元の意図を保持しているかを確認することが重要です。
  • 長文を校正する場合は、文章を分割してプロンプトに入力することで、文字数の制限を回避し、全体的なコヒーレンスを維持しながら校正を行うことができます。

これらのポイントを踏まえ、ChatGPTを活用して英語文の校正を行うことで、より自然で、文法的に正しく、スタイルに富んだ文章を作成することが可能です。

ChatGPTの文章校正における注意点

ChatGPTを文章校正に利用する際には、いくつかの注意点があります。これらを理解し、適切に対応することで、校正作業の品質を保つことができます。ChatGPTは非常に強力なツールですが、完璧ではないため、以下の点に留意する必要があります。

  • 誤った情報の出力
  • 回答の遅さ
  • 正しく校正するとは限らない
  • 修正の根拠や書き入れには向かない

誤った情報の出力

ChatGPTを文章校正に使用する際の注意点の一つは、誤った情報の出力です。ChatGPTは大量のデータに基づいて学習していますが、そのデータの中には不正確な情報も含まれている可能性があります。そのため、ChatGPTが提供する情報や修正提案が常に正しいとは限らないことを理解しておく必要があります。

特に注意すべきポイントは以下の通りです。

  • 情報の確認: ChatGPTによる校正提案や情報に依存する前に、信頼できるソースで情報を確認することが重要です。特に、専門的な内容や事実関係に関する修正提案の場合は、その正確性を自ら検証する必要があります。
  • 専門知識の利用: 専門分野に関する文章を校正する場合、ChatGPTの提案に加えて、その分野の専門知識を持つ人物によるレビューを求めることが望ましいです。専門家による確認を行うことで、誤った情報に基づく修正を避けることができます。
  • 複数のツールの併用: ChatGPTだけに依存せず、他の校正ツールやソフトウェアと併用することで、校正の精度を高めることができます。異なるツールを使用することで、一つのツールが見逃した可能性のある誤りを補うことができます。

ChatGPTは強力な文章校正ツールですが、その提案を盲目的に受け入れるのではなく、批判的な視点を持って利用することが重要です。誤った情報の出力に注意しながら、ChatGPTを文章校正の一環として賢く活用しましょう。

正しく校正するとは限らない

ChatGPTを使用した文章校正においては、いくつかの重要な注意点があります。

ChatGPTによる校正結果を他の校正ツールや方法と比較することは、その有効性を評価する上で非常に重要です。ChatGPTは高い精度で誤字脱字を検出し、自然な文章校正を行うことができますが、偽陽性の問題が発生する可能性があります。つまり、正常な表現を誤って修正してしまうことがあります。また、ChatGPTが検出できない誤字も存在します。

ChatGPTは、変換ミスによる誤字を見逃すことがあります。例えば「代わりに当番をしているか」が「変わりに登板をしているか」と誤って入力された場合、文脈全体で見れば「登板」が出てくるのは不自然です。しかしフレーズとしては問題ないため、ChatGPTはこれを見逃すことがあります。

特定分野の文章をChatGPTで校正するとき、基礎知識が身についていないと校正結果の良し悪しを判断することが難しい場合があります。例えば学術論文においては以下のような形です。

  1. 科学論文での専門用語の選択: “fluorescence”を”luminescence”と誤って置き換える可能性があります。これらの用語は似ていますが、科学的な文脈では全く異なる現象を指します。
  2. 文法的な細かさ: 英文で”The study shows”と提案された場合、”The study indicates”の方が適切な場合があります。前者は一般的な表現ですが、後者の方が科学的な記述においてはより正確です。
  3. 表現のニュアンス: “has a significant impact”という表現を”exerts a profound influence”と修正する提案があった場合、後者の方が学術的な文書においては適切な表現となることがあります。

このような微妙な表現の変更に対して、校正の良し悪しを判断するためには、英語論文の書き方の基礎知識が必要です。

ChatGPTの文章校正を便利にするプラグイン

ChatGPTの文章校正機能をさらに便利にするためのプラグインがいくつか存在します。これらのプラグインを活用することで、校正作業の効率を大幅に向上させることが可能です。特に、以下のプラグインはChatGPTの校正能力を補強し、より高度な校正を実現します。

  • editGPT
  • Track Change GPT

これらのプラグインを使用することで、ChatGPTの校正作業をより効果的かつ効率的に行うことができます。

※ChatGPTのプラグイン(β版)は2024年4月9日に廃止されます。

editGPT

editGPTは、ChatGPTの文章校正を強化するためのプラグインです。このツールは、文章の校正、言い回しの改善、文法やスタイルのエラーの特定に特化しています。

以下はeditGPTの特徴とその使い方をまとめたものです。

  • 文法とスペリングのチェック: editGPTは、英語の文法規則に基づいて文章を分析し、スペリングミスや文法エラーを正確に特定します。
  • スタイルとトーンの改善: このプラグインは、文章のスタイルとトーンを分析し、より適切または効果的な表現に置き換える提案を行います。これにより、文章が読み手にとって魅力的で理解しやすくなります。
  • 一貫性の確保: editGPTは、用語の使用や表記の一貫性をチェックし、文章全体の品質を向上させます。
  • 文章の明瞭化: 複雑または不明瞭な表現を明確にするための提案を行い、文章の全体的なわかりやすさを高めます。

editGPTの使用にあたっては、まずプラグインをChatGPTまたは対応するテキストエディタにインストールする必要があります。その後、上記の使い方に従って、特定の校正作業をeditGPTに依頼することで、文章の品質を効果的に向上させることができます。

editGPTをChatGPTと組み合わせて使用することで、ユーザーは自身の文章をより効果的に校正し、その品質を向上させることができます。このプラグインは、学術論文、ビジネス文書、創作物など、さまざまなタイプの文章に適用可能です。

Track Change GPT

Track Change GPTは、ChatGPTの文章校正機能をさらに拡張するChrome拡張機能です。このツールは、校正プロセスを視覚的に追跡しやすくすることで、文章の編集と改善を効率的に行うことを目的としています。

特徴

  • 校正箇所の視覚化: 文章の修正前後を色分けして表示し、校正箇所を一目で識別できます。修正前のテキストは赤色で、修正後のテキストは緑色で表示されます。
  • 直接編集機能: 文章内の任意の箇所を直接編集できる機能を提供します。これにより、提案された修正を即座に適用または修正することが可能です。
  • 修正提案の受け入れ/拒否: 校正された各箇所に対して、提案を受け入れるか拒否するかを選択できます。全ての提案を一括で受け入れるか拒否するオプションもあります。

使い方

  1. インストール: ChromeウェブストアからTrack Change GPTをインストールします。
  2. 校正依頼: ChatGPTに文章校正を依頼し、結果を待ちます。
  3. 校正モードの起動: ChatGPTのインターフェースに追加された「Track Change Disabled」ボタンをクリックして、校正モードを有効にします。
  4. 修正の確認と編集: 校正された箇所が赤色と緑色で表示されるので、それぞれの修正を確認し、「Accept」または「Reject」を選択します。また、「Edit Mode」を選択して直接文章を編集することもできます。

Track Change GPTは、文章校正をより直感的かつ効率的に行うための便利なツールです。特に、校正の過程を視覚的に追跡したい場合や、細かい修正を繰り返しながら最適な文章を求める作業において、その価値を発揮します。

ChatGPTでの文章校正についてよくある質問

このセクションでは、ChatGPTを用いた文章校正に関してよくある質問に答えます。

  • 校正ツールとChatGPTとでは何が違うの?
  • 文章自体を執筆できるAIツールはある?
  • ChatGPTの文章校正は無料でもできるの?

校正ツールとChatGPTとでは何が違うの?

校正ツールの代表格である「文賢」とChatGPTを校正ツールとして比較すると、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

以下の表は、「文賢」と「ChatGPT」の校正機能に関する比較をまとめたものです。

項目文賢ChatGPT
特徴日本語の文法や表現に特化した校正ツール。誤字脱字、助詞の使用ミス、タイプミスなど日本語特有のエラーを検出。自然言語処理を活用し、文脈を考慮した校正が可能。誤字脱字の修正、文章の流れや一貫性のチェック、表現の改善提案を行う。
メリット助詞の連続や明らかなタイプミスを効果的に検出。日本語校正において高い精度。文章全体の流れや一貫性を考慮した校正提案。助詞の抜けや誤字脱字の修正、文章の質に関するアドバイス提供。
デメリット細かい誤字や文脈に基づく微妙な誤用の検出が難しい場合がある。漢字の変換ミスなど細かい誤字を見逃すことがあり、誤字脱字のない箇所に対しても改変を加えることがある。

この表から、文賢は日本語の文法や表現に特化していることがわかります。ChatGPTは文脈を考慮した校正が可能で文章全体の質の向上に貢献できますが、細かい誤字脱字の検出には限界があることがわかります。ユーザーは自身の校正ニーズに応じて、これらのツールを選択・活用することが望まれます。

文章自体を執筆できるAIツールはある?

※AIライティングツールについての公開された記事がないため、公開次第作成する

ChatGPTの文章校正は無料でもできるの?

ChatGPTを用いた文章校正には、無料版でも十分対応可能な場合がありますが、より高度な校正や特定の機能を求める場合には、GPT-4やプラグイン、他のAIツールを検討する価値があります。

  • 無料版のChatGPTで可能なこと: ChatGPTの無料版でも、基本的な文法チェック、スペルチェック、文脈に基づいた文章の改善提案など、高品質な文章校正が可能です。日常的な文章やビジネスメール、ブログ記事など、一般的な用途には無料版でも十分な機能を提供します。
  • GPT-4やプラグインによるチェック: ChatGPTの有料版(GPT-4)や、様々なプラグインを利用することで、校正の精度をさらに向上させることができます。これらは、特に専門的な文書や、より複雑な文章構造を持つ文書の校正に適しています。また、プラグインを利用することで、特定のニーズに合わせたカスタマイズが可能になります。
  • Gemini(旧Bard)やCopilot(Bing)によるチェック: 有料オプションを利用するのが難しい場合や、異なるAIのアプローチを試したい場合は、Googleの「Gemini(旧Bard)」やMicrosoftの「Copilot(Bing)」といった他のAIツールを併用する方法もあります。これらのツールは、ChatGPTとは異なるアルゴリズムを用いており、校正のアプローチに違いが出ることがあります。

ChatGPTの無料版でも高品質な校正が可能ですが、より専門的な校正や特定の機能を求める場合には、有料版や他のAIツールの利用を検討することが推奨されます。目的やニーズに応じて、最適なツールを選択しましょう。

【まとめ】ChatGPTでの文章校正にはプロンプトの工夫を

ChatGPTを活用した文章校正は、日常のコミュニケーションからビジネス文書、学術論文まで、幅広い用途で有効です。このツールを最大限に活用するためには、プロンプトの工夫が重要になります。以下に、ChatGPTでの文章校正を成功させるためのキーポイントをまとめます。

  1. 具体的な指示を与える: ChatGPTに対して何を期待しているのかを明確に伝えましょう。文法チェック・スタイルの改善・論理的な流れの確認など、具体的な校正の要望をプロンプトに含めることが重要です。
  2. 文脈を提供する: 文章の一部分だけを校正してもらう場合は、その文脈をChatGPTに理解させるために、関連する情報を提供しましょう。これにより、より適切な修正提案を得ることができます。
  3. 複数のツールを併用する: ChatGPTの無料版だけでなく、GPT-4や他のAIツール(例えば、GeminiやCopilot)を併用することで、校正の精度をさらに高めることができます。また、特定のプラグインを活用することで、ChatGPTの機能を拡張することも可能です。
  4. 校正結果を批判的に評価する: ChatGPTによる校正提案は完璧ではありません。提案された修正を盲目的に受け入れるのではなく、自身の判断で最終的な文章を決定しましょう。
  5. 継続的な学習と実践: ChatGPTを使った文章校正は継続的な学習と実践によって、より効果的になります。さまざまなタイプの文書で校正を試みてChatGPTの反応を観察することで、より効率的なプロンプトの書き方を身につけられるでしょう。

ChatGPTを用いた文章校正は、これらのポイントを踏まえることでより高い効果を発揮します。プロンプトの工夫を通じてChatGPTの潜在能力を最大限に引き出し、あなたの文章作成プロセスを支援しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ライターにおすすめのクラウドソーシング
  2. 未経験・20代からのWebライターの始め方
  3. ママワークスの評判の記事のアイキャッチ
  4. 写真 イラスト化 アニメ化 サイト アプリ 無料 アイキャッチ