【ひどい】サグーワークスの口コミ評判!ライティング初心者はスマホに注意

この記事は12分で読めます

「サグーワークスってどんなサービスなの?」
「サグーワークスって、ライターがたくさん登録しているみたいだけど、実際どうなんだろう?」

と思っている方のために、この記事では、サグーワークスに関する口コミ評判やメリット・デメリットについてまとめました。
以下が本記事でお伝えすることです!

本記事の概要
初心者が稼ぐのはかなり難しい
なかなか単価を上げられない
初心者は仕事を得にくい
初心者向き=ランサーズとママワークス、経験者向き=サグーワークス

では、順にご覧ください!
 

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

サグーワークスとは

サグーワークスのトップページ
「そもそもサグーワークスってどんなサービスなの?」と思う方のために、ここではサグーワークスの概要について説明します。

サグーワークスとは
サグーライティングとサグーリサーチ・サグーチェックに分かれている
スマホで稼ぐ「お手軽さ」はない

以下、順に見てまいりましょう。
 

サグーライティングとサグーリサーチ・サグーチェックに分かれている

サグーライティングとサグーリサーチ・サグーチェックに分かれている
サグーワークスは、記事執筆を行う「サグーライティング」と、アンケートに答える「サグーリサーチ」、そして校正の「サグーチェック」があります。
このうち、「サグーリサーチ」「サグーチェック」はスマホで完結しますが、1日あたりの案件数が10未満で、稼ぐには不向きです。
アンケートの単価の多くは1円にもなりませんので、1ヶ月がんばっても稼ぎは雀の涙にすら届きません
よって、この記事では以後、「サグーライティング」に絞って解説します。

スマホで稼ぐ「お手軽さ」はない

スマホで稼ぐ「お手軽さ」はない
では、サグーライティングはどうでしょうか。
サグーライティングは、スマホで簡単に稼げるような代物ではありません
サグーライティングの案件は100字~30,000字ほどで、字数が長ければ長くなるほど、タイピングが大変になるからです。
ですから、「スマホをポチッと」で稼ぎたい人には向かないといえます。

サグーライティングの特徴

サグーライティングの特徴
サグーライティングの特徴は以下の通りです。

サグーライティングの特徴
①形式は試験と同じ!
②案件の種類は「タスク」と「一球入魂タスク」
③ランク制度でライターを評価
④正しい日本語を使わなければならない

それではどうぞ。

特徴①形式は試験と同じ!

形式は試験と同じ
突然ですが、サグーライティングは試験です。
「いきなり何なの?」と思ったかもしれません。
通常、クラウドソーシングではその案件をやり切りさえすれば、報酬がもらえます。
しかし、サグーライティングはそうではありません。
制限時間内にクライアントから出されている条件をすべて満たして執筆し終えなければ、
報酬を1円たりとももらうことはできません!
厳しい条件を突破して報酬がもらえる場合「承認」、残念ながらもらえない場合は「非承認」となります。
試験と同じく、「○か×か」で決まるわけですね。

特徴②案件の種類は「タスク」と「一球入魂タスク」

案件の種類は「タスク」と「一球入魂タスク」
サグーライティングの案件は「タスク」「一球入魂タスク」に分かれます。
「タスク」は、当該案件を書き終えれば他の案件を書くことができますが、
「一球入魂タスク」審査が終わるまで他の案件を書くことはできません

特徴③ランク制度でライターを評価

ランク制度でライターを評価
サグーライティングには、ランク制度があります。
ランクの昇格条件(一球入魂の承認率によって決まる)
全くの初心者は「レギュラーランクC」からスタートし、その後一球入魂タスクの承認率に合わせてランクが上がります
最高ランクはプラチナランクで、プラチナランクになったライターをプラチナライターといいます。

特徴④正しい日本語を使わなければならない

正しい日本語を使わなければならない
正直なところ、これが最もライターに立ちはだかる壁だといっても過言ではありません。
記事には、書き言葉として正しい日本語が求められます。
たとえば、

・常用漢字表に掲載されていない読みで、漢字を読ませてはいけない。
 その言葉を使うときはひらがな表記
 (例:×則ち→○すなわち ×依る・因る・拠る→○よる)。
・補助動詞や形式名詞はすべてひらがな表記
 (例:×勝負所→○勝負どころ、×そういう事もある→○そういうこともある)

「こんなので非承認になるの?」と思うかもしれませんが、容赦なく非承認となります。

 

サグーライティングの口コミ評判とメリット・デメリット

サグーライティングの口コミ評判とメリット・デメリット
では、ここからはサグーライティングの良い口コミ評判・メリット悪い口コミ評判・デメリットをいくつかご紹介します。

サグーライティングの良い口コミ評判・メリット

サグーライティングの良い口コミ評判・メリット
サグーライティングの良い口コミ評判・メリットは以下の通りです。

サグーライティングの良い口コミ評判・メリット
①初心者も着実にライティング技術が向上する
②高単価案件がある
③クライアントとのやり取りをする必要がない
④好きなタイミングで換金できる

順にご覧ください。

良い口コミ評判・メリット①初心者も着実にライティング技術が向上する


初心者も着実にライティング技術が向上する

サグーライティングには、字数の少ない案件(100字程度のものも!)から字数の多い案件(多くて30,000字、またはそれ以上)があります。
初心者は字数の少ない案件から始めて実績をつくり、記事の書き方を覚えて使えるようにすると、文字数の多い案件に挑戦することができます。
口コミ系や体験談系も初心者向け案件です。
こちらは文体の指定が話し言葉であることが多く、書きやすいためです。

良い口コミ評判・メリット②高単価案件がある


高単価案件がある

さきほど、サグーライティングの特徴「③ランク制度でライターを評価」にて、最高ランクがプラチナライターである、と説明しました。
プラチナライターになると、大きなメリットがあります。
それが文字単価1円以上の案件を獲得できることです。
文字単価が上がるとその分稼ぎやすくなりますから、よさそうに思いますよね。
ただ、ここに大きな落とし穴がありますので、後ほどご説明します。
 

良い口コミ評判・メリット③クライアントとのやり取りをする必要がない


クライアントとのやり取りをする必要がない

これは、他のクラウドソーシングサービスにはない特徴です。
通常、クラウドソーシングサービスを使うときは、クライアントとのやり取りが必須です。
慣れれば何ということはないですが、これが案外ストレスになる場合もあります。
ですが、サグーワークスではその手間が一切かかりません。
その点、ライティングに集中できるのは良いですね。
 

良い口コミ評判・メリット④好きなタイミングで換金できる


好きなタイミングで換金できる

通常、クラウドソーシングサービスでは、報酬が手元に来るのが月に1回です。
ですがサグーワークスでは、最低交換ポイント以上(後述します)を貯めると、好きなタイミングで換金することができます。
今すぐ報酬を受け取りたい!と思ったときに換金できるのは、他のクラウドソーシングサービスにはない強みだといえます。

サグーライティングの悪い口コミ評判・デメリット

サグーライティングの悪い口コミ評判・デメリット
続いて、サグーライティングの悪い口コミ評判・デメリットです。

サグーライティングの悪い口コミ評判・デメリット
①記事の承認/非承認基準が分かりにくい
②初心者は書ける案件があまりにも少ない
③初心者が成功体験を積みにくい
④文字単価を上げるのが難しい
⑤慣れたとしてもあまり稼げない
⑥執筆の期限が短すぎる
⑦執筆システムが使いにくい
⑧審査結果の発表が遅すぎる

順にご紹介します。

悪い口コミ評判・デメリット①記事の承認/非承認基準が分かりにくい


記事の承認/非承認基準が分かりにくい

サグーワークスには例文が存在するものの、その例文自体が指定文字数を満たしていなかったり、承認されるためのマニュアルも完備されていません。
ですから、ある日突然、承認されていた文章も「この書き方は違う」と言わんばかりに非承認にされたことがありました。

サグーワークスでは、記事承認の基準となるルールが記事ごとに設けられています。
以下の画像は、その例です。
案件の注意事項(細かい表現のしかたなど)
しかし、このルールの細かいところで非承認となることがあります
たとえば、「自由な口調で記載してください」と書いてあるからといって、「~です!」と書くと非承認となってしまうということです。
ただ、先方が誤っていた箇所を正確に伝えてくれるかはわかりませんので、口コミにあるように注意事項が列挙されているだけだと、どこが誤っていたのかわからず途方に暮れてしまいます。
これが1件だけならまだしも、何件も続くとさすがに気が滅入ります。

※上の画像は、実際に非承認となった案件とは無関係です。

 

悪い口コミ評判・デメリット②初心者は書ける案件があまりにも少ない


初心者は書ける案件があまりにも少ない

サグーワークス始めたばかりだけど、タスク案件がたったの4件しか表示されていない。これじゃ仕事のしようがない。

サグーライティングは、ランクによって書ける案件の数に違いがあります。
ランクが上のライターの方が、案件を得やすくなっているというわけです。
つまり初心者ライターは、執筆できる記事の選択権がないに等しいのです。
ですから、仕事がはかどらないのも無理はありません。

悪い口コミ評判・デメリット③初心者が成功体験を積みにくい


初心者が成功体験を積みにくい

サグーライティングの特徴として、「非承認になると報酬は一切受け取ることができない」があります。
これが初心者にはかなりの痛手です。
通常、クラウドソーシングサービスではクライアントとコミュニケーションを取り、納品物を修正します。
それに対してサグーライティングは、修正依頼がありません。
その代わり、基準に少しでも合わない記事は非承認となり、報酬を1円ももらえないのです。
自分の記事が全く認めてもらえないというのは、駆け出しライターにとって大きな挫折の一因です。
 

悪い口コミ評判・デメリット④文字単価を上げるのが難しい


文字単価を上げるのが難しいと悩むママ

僕は専業でセールスコピーライターとして活動していて、それなりに売上をあげて法人化もして、いくつもメディアを運営しているのですが、本気でテストにのぞんだ結果、サラッと不合格でした。

先ほど、ランク制度について解説しました。
そこで、「プラチナライターになれば文字単価が上がって稼ぎやすくなる」と説明しましたね。
しかし、ここには大きな落とし穴があります。
それは、プラチナランクに到達するまでのハードルがものすごく高いことです。
プラチナライターになるためには、プラチナライターテストを受験しなければなりません。
それだけならまだ良いものの、そのテストがかなりの難関であることが知られています。
Webメディアでの執筆歴がある人や、記事執筆の知識をもつ人であっても厳しいとされます。ですから、なおのこと初心者は歯が立ちません。ちょっとやそっとで通用する代物ではありません。
 

悪い口コミ評判・デメリット⑤慣れたとしてもあまり稼げない


慣れたとしてもあまり稼げない

サグーワークス、テスト受かってプラチナライターにはなってみたものの、全然仕事ないわ。これさすがにキツイ。

案件の数にもよりますが、平日1時間~2時間・休日4時間程度の作業で平均月収4万円程度ですね。かれこれ1万件は書いてきましたよ。

私は今ライター歴5年目で、やっと月収10万です。2年目、3年目あたりでは3~5万、1年目はMAXで月収1万がやっとでした。

プラチナライターになるだけでも大変なのに、いざなったとしてもあまり稼げていないという例はよく見られます。
サグーワークス一本でライターとして働くのは厳しいかもしれませんね。
 

悪い口コミ評判・デメリット⑥執筆の期限が短すぎる


執筆の期限が短すぎる

サグーワークスは案件をいきなり消すこともあり、制作中の文章が消えてしまうことが頻繁にあります。

この口コミを見ると、案件が何の前触れもなく突然消滅するかのように思いがちですが、そうではありません。
サグーライティングの記事執筆には期限があり、それが来た瞬間に記事作成ページが自動的に閉じるということです(以下の画像のように、記事作成ページに残り時間が表示され、0になると強制終了です)。
実際の執筆画面。左上のカウンターが0になると強制終了となるので注意が必要
その期限は、文字数に応じて変わりますが、原則60分~6時間です。
前もって文章を作っておいてコピペできれば良いですが、経験のない分野を執筆する場合のリサーチにかかる時間も加味すると、制限時間内に終わらないことも往々にしてあります。

悪い口コミ評判・デメリット⑦執筆システムが使いにくい


執筆システムが使いにくい

通常のクラウドソーシングサービスでは、WordPressで作成した記事を入稿することが普通です。
ところがサグーライティングは、記事執筆システムを独自で採用しており、ライターはそのシステムに直接打ち込む形をとっています。
この執筆システムには不便なポイントがあります。
それが、F5キーを押したりウィンドウを閉じたりすると、自動的に退出扱いとなってしまうことです。
途中保存機能はありますが、退出すると他のライターが記事を執筆できるので、せっかく自分が書いた文章が消えてしまうこともあります!
 

悪い口コミ評判・デメリット⑧審査結果の発表が遅すぎる


審査結果の発表が遅すぎる

作業完了画面に「審査には2~6日以上かかる場合があります」と記載されていますが、1週間以内に承認されればラッキーぐらいです。審査承認には最低でも1週間はかかると考えた換金計画をたてておくのがいいでしょう。

なるべく早く審査結果を知って、サクサクと稼いでいきたいところですよね。
しかし、そうはいかないのが現状です。
案件によっては承認までに1週間以上かかることもあり、スピードのなさをストレスに感じる方もいることでしょう。

サグーワークスで稼ぐコツ

サグーワークスで稼ぐコツ
ここまで口コミ評判やメリット・デメリットについてご覧いただきましたが、
「それでも、私はサグーワークスに挑戦したい!」
「私ならできるかも?」
という方もいらっしゃるでしょうから、以下の通りサグーワークスでの稼ぎ方を解説していきます!

サグーワークスで稼ぐコツ
①作業工程を分けて一つずつ片付ける
②条件のついている案件を選ぶ
③モチベーションを保つ

それでは順にどうぞ。

稼ぐコツ①作業工程を分けて一つずつ片付ける

作業工程を分けて一つずつ片付ける
サグーワークスに限りませんが、何の準備もなく漫然と書き始めると、書いているうちに何を伝えたいのかわからない文章になってしまいます。
ですから、次のように工程を分け、手順をふんでクリアしていくと、整った文章を書くことができます。

①テーマに関する情報のリサーチ
②全体の構成を決める
③見出しの設定
④記事本文の執筆
⑤タイトルの設定(意外と悩むので本文を書き終わってから)
⑥全体の見直し(誤字・脱字や禁止されている表現がないかなど、重点的にチェック)

サグーワークスでは制限時間が厳しいので、手際よくこなすことが重要です!
 

稼ぐコツ②条件のついている案件を選ぶ

条件のついている案件を選ぶ
「サグーワークスって、どの案件を選んでも一緒でしょ?」
と思う方は、少し勘違いされているようです。
サグーワークスの案件には、「承認激早」(承認までの期間が最短1日程度)や「カンタン」とついているものがあります。
これらの案件は、承認/非承認の基準がわかりやすく、難易度が低いので、初心者の方は迷わずトライしてみてください!
 

稼ぐコツ③モチベーションを保つ

モチベーションを保つ
モチベーションの保ち方は、例えば以下のようなものがあげられます。

(A)ランキング入りを目標にする(ランキングによるボーナスポイントあり。レギュラー・ゴールド・プラチナ各ランクに適用される)
(B)累計執筆記事のキリ数を目標にする(こちらもボーナスポイントあり)
(C)書けそうな案件がないか、目を皿のようにして探しまくる

この中で最も効果的なのが、(C)の「書けそうな案件をとにかく探しまくる」です。
「案件がなかなかない!」と嘆く初心者の方はかなりいますが、
毎日しっかりと探していれば、必ず見つかります。
案件が多い日もあれば少ない日もあるので、粘り強く探しましょう。
そして、書けそうな案件が来たら即行アタックです!
少しずつ稼げるようになってきたら、(A)や(B)に目を向けてみても良いかもしれません。
 

サグーワークスと他のクラウドソーシングサイトの比較

サグーワークスと他のクラウドソーシングサイトの比較
ここまで、サグーライティングの口コミ評判やメリット・デメリットについてご覧いただきましたが、
なかなか初心者にはきついサービスだと思った方も多いのではないでしょうか。
そこで本項では、サグーライティングとクラウドソーシング業界最大手のランサーズ、さらにママワークスを初心者ライターの立場で比較していきます。
これをご覧になると、あなたがどのサービスを使うと良さそうなのかおわかりいただけると思います。
 

サグーワークス・ランサーズ・ママワークスの基本情報一覧

サグーワークス・ランサーズ・ママワークスの基本情報一覧

端末によりスライドできます

サグーワークス ランサーズ ママワークス
案件数 公開なし 210万件 1406件
案件形式 承認/非承認 タスク形式・プロジェクト方式・コンペ形式 案件によって異なる
登録者数 28万人 110万人 28万人
利用企業数 3000社以上 35万社以上 1626社
入稿ツール 独自ツール
(サグーライティングWebページ上)
WordPress、その他CMSなど発注元指定 WordPress、その他CMSなど発注元指定
最低報酬振込額 500円 1000円 なし
報酬振込回数 回数制限なし 月1回 月1回
報酬払出しにかかる手数料 現金に直接換える場合:110円~220円
ドットマネー経由の場合:無料
10%~20% 無料
振込手数料 無料 楽天銀行110円
他行550円
無料

>>ランサーズについて知りたい方はこちら

上の表で、注目していただきたいのは
案件数利用者数手数料振込回数
です!
案件数と利用者が多いのはランサーズですが、手数料が安いのはサグーワークスとママワークスです。
また、振込回数に制限がないのは、サグーワークスのみとなっています。
 

各サービスをおすすめの人

各サービスをおすすめの人
では、どんな人がどのサービスを使えばよいのでしょうか。

各サービスをおすすめの人
サグーワークスがおすすめ:ライティング能力が備わっている、メンタルが強い、自責思考、日本語を正しく使うことができる
ランサーズがおすすめ:ライティング初心者、とにかく実績を積みたい、コミュニケーションをとりながら仕事をしたい
ママワークスがおすすめ:主婦層を中心に在宅ワークを始めてみたい、コミュニケーションをとりながら仕事をしたい、顔の見える環境で仕事をしたい

順にどうぞ。
 

サグーワークスがおすすめの人の特徴


サピックスで失敗しないための勉強面のチェックリスト
サグーワークスで単価が高く、稼ぎやすいのはプラチナライターですが、早くプラチナライターになるためにはそれなりに高いライティング能力が必要です。
また、「承認か非承認か」で報酬がもらえるかどうかが決まる明快さがある反面、クライアントとコミュニケーションをとりながら作業を進めることはできません。
非承認となったときも、詳しく理由を教えてもらえなければ自分で考えるしかありません
加えて、正しい日本語で書くことも稼ぐための大きな要素です。正しくない箇所が一つでもあれば非承認となる、と考えて間違いありません。
以上より、サグーワークスがおすすめの人の特徴は次の通りです。

ライティング能力が備わっている
メンタルが強く、自責思考(人のせいにしない)
日本語を正しく使うことができる

 

ランサーズがおすすめの人の特徴


ランサーズがおすすめの人の特徴
ランサーズは、単価がそこまで高くありません。
なぜなら、手数料が大きく引かれるからです。
ですが、案件の数や種類は豊富で、サイトを探してみれば必ず自分に合った案件が見つかります。そのため、初心者でも取り掛かれる仕事がたくさんあります。
また、納品前にクライアントに聞きたいことがあったり、納品後に修正依頼があったりすると、ワーカーとクライアント双方で打ち合わせて、一種の共同作業のような形で作品を作ります。
以上より、ランサーズがおすすめの人の特徴は次の通りです。

ライティング初心者
とにかく実績を積みたい
コミュニケーションをとりながら仕事をしたい

 

ママワークスがおすすめの人の特徴


ママワークスがおすすめの人の特徴
ママワークスは、主婦層を中心とした在宅ワーカーのための求人サイトです。
特段のスキルがなくても、安全な案件を探して応募することができます。
また、企業によっては選考で面接があったり、職場(あなたの家)でWeb会議が開催されたりと、お互いに顔が見える環境で仕事をすることになりますので、一定の安心感を得ることができます。
以上より、ママワークスがおすすめの人の特徴は次の通りです。

主婦層を中心に在宅ワークを始めてみたい
コミュニケーションをとりながら仕事をしたい
顔の見える環境で仕事をしたい

 

サグーワークスの口コミ評判などのまとめ

サグーワークスの口コミ評判などのまとめ
ここまで、サグーライティングの口コミ評判やメリット・デメリットと、ランサーズやママワークスとの違いをお伝えしてきました。
最後に、この記事の内容を振り返ります。

本記事のまとめ
[サグーワークスについて]
初心者が稼ぐのはかなり難しい
なかなか単価を上げられない
初心者は仕事を得にくい
[サグーワークスとランサーズとの比較]
初心者向き=ランサーズとママワークス経験者向き=サグーワークス

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Netty アルバイト 口コミ評判
  2. マクドナルドの無料Wi-Fiのアイコン(アイキャッチ画像)のイメージ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。