【完全解説】webライターの報酬体系としての文字単価2円について

この記事は2分で読めます

Webライター文字単価2円の解説アイキャッチ画像

「webライター」という職種に興味を持ち、調べている人も多いことでしょう。しかし、「文字単価2円」という報酬額について、適正なのか疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。本記事では、この報酬体系についての疑問や問題点について掘り下げ、さらにwebライターとしてのスキルや仕事の選び方、報酬アップのための方法についても解説します。そのため、本記事を読むことで、webライターとして働くために必要な知識や考え方が身に付くことでしょう。

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

目次

【文字単価2円を狙える】webライターの仕事内容

文字単価2円を狙えるwebライターの仕事内容でライティングしている女性 <文字単価2円を狙える「webライターの仕事内容」は、主にウェブサイトやブログ記事・SNSなどのオンラインメディアに記事やコンテンツを提供することです。

企業や個人ブログなどのオーナーから、記事の依頼を受けて執筆を行います。

文字単価2円を狙えるwebライターが提供する記事やコンテンツの種類は様々で、企業の商品・サービスの紹介・ニュース記事・エンターテインメント記事・トピックス記事・情報提供記事など多岐にわたります。

Webライターに要求されること

クラウドワークス発注方法の基本を教えているパソコンの手元

文字単価2円を狙えるwebライターの仕事には、正確でわかりやすい文章を書くことが求められます。

読者にとっての付加価値を提供しインパクトのある記事を書くことで、読者の興味を引き付けることが重要です。

またSEO(検索エンジン最適化)の最新知識を持ちタイトル・見出し・キーワードの適切な使い方によって、検索エンジンからのアクセス数を増やすことも重要な仕事の一つです。

さらにwebライターの仕事は単に文章を書くだけではなく、クライアントとのコミュニケーション・納期管理など様々なスキルが必要とされます。

「よりクライアントに重用されて、稼げるWebライターになりたい!」
そんな方は、一緒に仕事がしたいと思ってもらいやすいWebライターの特徴を知っておくと良いですよ。
下記の動画で詳しく解説されているので、ぜひ参考になさってください。

このようにWebライターは工夫次第で大きく稼げる可能性を秘めている仕事ともいえます。

Webライターの魅力

主婦におすすめのクラウドWi-Fiを吟味してパソコンを使っている主婦

文字単価2円を狙えるwebライターの仕事は、自宅・カフェ・図書館など自分の好きな場所で作業できる点が魅力です。

また、フリーランスになれば自分のスケジュールや時間管理がしやすく自分のペースで働くことができます。

さらにある程度のレベルに達すると、webライターは自分が得意なジャンル・テーマに特化した記事を執筆することが多いです。

このように文字単価2円を狙えるwebライターの仕事は、自分自身が好きなテーマやジャンルについて情報発信をしながら、場所や時間に縛られない働き方ができる魅力的な職業と言えます。

自由度の高い仕事という点では、ニートの方でも始めやすいのがWebライターです。
下記の記事では、ニートの方が始めて無理なく稼いでいく方法を解説しています。
一歩踏み出してみたいニートの方は、ぜひご覧くださいね。

【パソコン1台】ニート・無職は未経験でWebライターを始められる

【文字単価2円を狙える】webライターの報酬形態

文字単価2円を狙えるwebライターの報酬形態のイメージ

文字単価2円を狙うwebライターとして働く際には、報酬形態についても理解しておくことが大切です。報酬形態は、文字単価、固定報酬、成果報酬などがあります。それぞれの特徴を理解することで、自分に合った報酬形態を選ぶことができます。

文字単価

文字単価2円を狙えるwebライターの報酬形態の文字単価のイメージ

まず、webライターにおける「2円・3円・・・」の文字単価は1文字あたりに支払われる報酬のことです。

例えば文字単価2円のとき、1000文字の記事で2,000円の報酬がもらえます。

特徴は、作業量に応じて報酬が決まるためwebライターは効率的に仕事をこなすことができるという点です。

ただし文字単価が2円にも到達しないほど低い場合はwebライターの報酬が低くなってしまうため、たくさんの文字数の記事を書くことになるかもしれません。

記事単価

文字単価2円を狙えるwebライターの報酬形態の記事単価のイメージ

2円を狙える文字単価以外のwebライターの報酬形態は、記事単価です。

記事単価は1記事あたりの固定報酬形式で、例えば1記事あたり1万円なら10記事で10万円の報酬がもらえます。

この報酬形態の特徴は、報酬があらかじめ決まっているため受注前に報酬の概算ができる点です。

ただしwebライター側の作業量が極端に多くなる場合は報酬が文字単価2円を大きく超えるなど高額になりすぎるので、受注が難しい場合があります。

成果報酬

文字単価2円を狙えるwebライターの報酬形態の成果報酬イメージ

2円を超える文字単価以外のwebライターの報酬形態は、成果報酬です。

成果報酬はクライアントの指定した目標達成度に応じて報酬が決まる形式で、例えば商品購入数が100件以上に達したとき報酬が支払われるといった形をとります。

この報酬形態の特徴は、目標達成までの期間が長い場合でも報酬が期待できる点です。

ただし目標達成が難しい場合は、webライターは文字単価2円どころか報酬が得られないというリスクがあります。

以上のように、webライターの報酬形態にはそれぞれ特徴があります。

webライターとしてのスキル・経験・作業量などに合わせて、2円を狙える文字単価などの適切な報酬形態の案件を選択することが重要です。

【2円以上も】webライターの文字単価に影響を与える要因

2円以上もwebライターの文字単価に影響を与える要因を考える女性

webライターに支払われる報酬は作成したコンテンツの量や品質によって異なるため、文字単価2円を得るのは簡単なことではありません。

ここでは、webライターの文字単価に影響を与える要因について説明します。

※厚生労働省の労働基準局は、webライターを含むフリーランスライターの単価目安として、「文章作成の場合、一般的には一文字あたり1〜2円程度とされる」という情報を提示しているようです。

ただしこの価格帯はあくまでも目安であり、実際には依頼内容やライターの経験・スキルによって異なります。

依頼主の予算

2円以上もwebライターの文字単価に影響を与える要因の依頼主の予算イメージ

文字単価2円を狙うwebライターは企業や個人の依頼に応じてコンテンツを作成することが多いため、依頼主の予算が文字単価に影響を与えます。

一般的に大手企業の場合はwebライターに対して2円を超えるような高い文字単価の依頼が多くなります。

一方で中小企業や個人事業主は、比較的低い文字単価での依頼が多い傾向にあります。

キーワードの競合度

2円以上もwebライターの文字単価に影響を与える要因キーワードの競合度でキーワードを書き出している男性

文字単価2円を狙うwebライターは、コンテンツに使用するキーワードの選定や効果的な使用方法によってSEO(検索エンジン最適化)効果を高めることが求められます。

使用するキーワードの競合度が高いほど検索結果上位表示が困難になり、そのような場合は文字単価が2円のように高くなりがちです。

「キーワードって何?」
「Webライターはキーワードをどう使えばいいの?」

こう思った方は、下記の記事をご覧になりキーワード(KW)についてサクッと押さえておきましょう。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

ジャンル・内容の専門性と納期の長短

2円以上もwebライターの文字単価に影響を与える要因でジャンル・内容の専門性と納期の長短のイメージ

webライターは自分が得意とするジャンルや内容を書く場合、文字単価が2円以上に高くなることがあります。

医療分野・法律分野など専門的な知識が必要なジャンル内容に特化したwebライターは、文字単価2円を超えるような高い報酬を得られる可能性があります。

その上でwebライターが納期の短い依頼を請けると、文字単価が2円を超えるような報酬設定が行われることもあるようです。

2円以上もwebライターの文字単価に影響を与える要因でwebライターのスキル・経験の有無のイメージ

webライターのスキル・経験の有無

webライターが持つスキルや経験は文字単価2円に到達できるかに大きく影響を与えます。

例えば文章力・構成力・SEO対策の知識・技術などが高い水準にある場合、より高い文字単価での依頼が来がちです。

webライターの経験が豊富なら高品質な記事を作成できる可能性が高いと考えられるため、こちらも文字単価2円など高い単価が見込めます。

ここまでご紹介してきた「文字単価を決定する要素」がハイレベルな場合、文字単価でいうと10円以上を提示されることもあるのです。
文字単価10円になるWebライターの特徴については、下記の記事で詳しく解説しています。
「将来文字単価10円を超えて、仕事に困らないWebライターになりたい」
こんな方は、イメージをふくらませるためにもぜひチェックしてみてくださいね。

Webライターは文字単価10円を目指せる!レベルと最短スキルアップ方法を徹底解説

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやること

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることで地道に進んでいる男性

文字単価2円を狙う、あるいは超えていきたいwebライターは次の行動を地道に続けていくことが必要です。

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターがすべきこと
・基本的な文章力を磨く
・リサーチ能力の養成
・得意なジャンルの構築
・ポートフォリオ作成でブランディングを行う
・SNSを活用する
・ネットワークを築く
・マーケティングスキルを身につける
・SEO対策の知識・スキルを身につける
・営業スキルを身につける
・コピーライティングスキルを身につける
・コミュニケーション能力
・プロジェクト管理能力
・信頼と実績を積み上げる

なお下記を行うには、同業者のブログ記事閲覧・読書講座・セミナー受講を実際の案件・クライアントからのフィードバックでものにしていくことが欠かせません。

基本的な文章力を磨く

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることで基本的な文章力を磨いている女性

文字単価2円レベルのwebライターは、優れた文章力を持っている必要があります。優れた文章力を持つライターは、論理的な文章を書くことができ、読み手に伝わりやすい文章を作成することができます。文章力が高いライターは、記事のクオリティを高めることができ、それに応じて文字単価2円のように報酬も高くなる可能性があります。

基本的な文章力を高めたいWebライターの方には、PREP法のマスターがおすすめです。
PREP法は論理展開が明確なので、クライアントからの評価が低くなりにくいというメリットがあります。
そんなPREP法について詳しくは、下記の記事をご覧くださいね。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

PREP法などで整った文章を書けるようになると、文章の書き方に悩みにくくなるので執筆スピードが上がります。
執筆スピードが上がるとクライアントに記事を早く納品できるので、収入アップにもつながるのです。
「でもどれくらいまで執筆スピードを上げればいいんだろう」
そんな方は、1時間に2000文字を目標にしてみましょう。
下記の記事では、1時間に2000文字書くコツを中心に収入アップのポイントをご紹介しているので要チェックです。

初心者Webライターが1時間に2000文字を書くコツと重要性!いくら稼げる?

リサーチ能力の養成

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでリサーチ能力の養成で育成している人たち

文字単価2円レベルのwebライターは、調査能力が重要です。正確な情報を取得するために、ライターは慎重にリサーチを行う必要があります。調査能力が高いライターは、正確で信頼性の高い記事を作成することができ、クライアントの信頼を得られて文字単価2円など報酬も上がっていくでしょう。

得意なジャンルの構築

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることで得意なジャンルの構築をしているイメージ

webライターが得意とする分野やジャンルは、その人の文字単価が2円レベルに上がるかどうかに大きな影響を与えます。一般的に、専門性が高く需要がある分野やジャンルほど高い報酬を得られる傾向があります。そのため、自分が得意な分野やジャンルを見つけ、それに特化することが大切です。

例えば、医療や法律、技術系の分野は、その専門性や知識が求められるため、高い報酬が支払われることが多いです。また、ビジネス系の記事やマーケティング関連の記事も需要が高く、高い単価で依頼が来ることがあります。

逆に、一般的なニュース記事やライフスタイル系の記事は、需要が多くないため、報酬が低い傾向があります。また、競合が多い分野やジャンルでも、経験がないと文字単価が2円レベルに到達せず低くなる傾向があります。

したがって、webライターは得意とする分野やジャンルを見つけて特化することが大切です。

またwebライターは幅広い知識や経験を身につけることで、文字単価2円を超えるさらなるキャリアアップにつながる可能性があります。

「そうは言っても得意分野なんてないし…」
こう思った方は、今から得意分野を作れば大丈夫です。
下記の記事では、Webライターにおすすめの記事テーマ・分野をご紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

「得意にしたい分野・テーマについてもっと知見を深め、収入アップを狙いたい」
こんな方は、ブログ運営がおすすめです。
ブログを運営すると、好みのテーマの情報発信をして稼ぎつつライティングスキルが磨けて一石二鳥に。
もちろんWebライター未経験の方でも始められます。
ブログ運営について気になる方は、下記の記事をぜひご覧ください。

Webライター未経験者のブログの始め方!主婦や在宅での副業もOK

ポートフォリオ作成でブランディングを行う

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでポートフォリオ作成でブランディングを行う女性

webライターは文字単価2円を狙う・超えるために自分自身のブランディングを行うことが重要です。

これには、自分自身の特徴や強みを見つけ、それをアピールすることが必要です。

たとえば、特定の分野に特化していることや、得意なジャンルがあることをアピールすることができます。また、自分自身を売り込むためのポートフォリオを作成し、自分自身の実績をアピールすることも有効です。

よりプロフェッショナルなイメージをつけるために、プロフィール写真だけでなくポートフォリオのデザインにこだわっても良いでしょう。

SNSを活用する

文字単価2円を狙う超えたいwebライターが地道にやることでSNSを活用するスマホ画面

文字単価2円を狙うwebライターはSNSを活用することで、自身のコンテンツをより多くの人に知ってもらうことができます。TwitterやFacebook、LinkedInなど、自分自身のプロフィールを作成し、自分自身の活動や実績を発信することができます。これによって、業界内での知名度を高めることができます。

また、SNSを通じて読者とコミュニケーションを取ることで、自身のスキルを高めることもできます。SNSでのフォロワー数が増えることで、自身のスキルアップを証明することができます。

このように知名度が上がれば、文字単価2円の仕事も取りやすくなるでしょう。

ネットワークを築く

文字単価2円を狙う超えたいwebライターが地道にやることでネットワークを築くためにオンラインサロンに参加している人

webライターは先述のSNSだけでなく、オンラインサロンや業界団体への参加によりクローズドで文字単価2円を狙えるような高単価な案件を獲得できます。

もちろんwebライターとしてのスキルが備わっていないと、文字単価2円を狙うだけの環境にすら入れないので注意が必要です。

マーケティングスキルを身につける

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでマーケティングスキルを身につけている人

文字単価2円をWebライターがマーケティングスキルを身につけることで、文字単価を上げることができます。

マーケティングとは、商品やサービスを売り込むために行われる活動のことで、その中にはコンテンツマーケティングという手法もあります。コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを提供することで、読者の信頼を獲得し、その信頼をもとに商品やサービスを販売する手法です。

この手法を用いることで、Webライターは文字単価2円を狙うだけの報酬アップにつなげることができます。

SEO対策の知識・スキルを身につける

SEO対策の知識・スキルを身につける

文字単価2円を狙うためのwebライターがマスターしたいSEO(検索エンジン最適化)は、Webサイトやコンテンツを検索エンジンで上位表示させるための手法です。

SEO対策をすることで、自身のコンテンツの露出を増やし、アクセス数を増やすことができます。

また、アクセス数が増えることで、webライター自身のスキルを高めたことを証明することもでき文字単価2円への時間が短くなることも期待されます。

Webライターが押さえておきたいSEO対策は、キーワード(KW)と画像の活用です。
それぞれ下記の記事で詳しく解説しています。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

初心者Webライター向け|画像選定のコツ・おすすめのフリー素材サイト・image作成方法など

営業スキルを身につける

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることで営業スキルを身につけて成功した人

文字単価2円を狙うWebライターにとって、自分自身を営業することは非常に重要です。営業スキルがあることで、自分自身を売り込むことができます。営業スキルは、顧客との交渉や契約の取り決め、提案書の作成などに必要なスキルです。営業スキルを磨くことで、自分の提供する価値をアピールし、文字単価2円を狙えるような報酬を得ることができます。

コピーライティングスキルを身につける

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでコピーライティングスキルを身につけているイメージ

文字単価2円を狙うwebライターにとってのコピーライティングは、広告の文章を書く技術です。Webライターがコピーライティングのスキルを持つことで、クライアントからの需要に応えることができ、収益アップに繋がります。

その結果、webライターとして文字単価2円を勝ち取りやすくなるでしょう。

高いレベルのコピーライティングスキルを磨きたい方には、宣伝会議が主催しているコピーライター養成講座の受講もおすすめです。
コピーライター養成講座の詳細や口コミ評判などをチェックしたい方は、下記の記事をぜひご覧くださいね。

【宣伝会議】コピーライター養成講座の評判は?費用・モデルなど!他のおすすめスクールと比較

コミュニケーション能力

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでコミュニケーション能力でコミュニケーションをとっている人たち

文字単価2円を狙いたいWebライターは、クライアントとのコミュニケーションが非常に重要です。

クライアントの要望を正確に理解し、的確に伝えることができるコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション能力を高めればクライアントからの信頼を得ることができ、長期的な関係を築いて文字単価2円のような高い報酬を得られるでしょう。

プロジェクト管理能力

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることでプロジェクト管理能力が高い人のデスク

文字単価2円を狙うWebライターは、複数のプロジェクトを同時に進めることがあります。そのため、プロジェクト管理能力が求められます。納期を守りながら、品質の高いコンテンツを提供することができるように、スケジュール管理やタスク管理などが必要です。

プロジェクト管理能力を高めることでクライアントからの信頼を得ることができ、文字単価2円のような高い報酬を得ることにつながります。

納期をしっかり守るために必要なスケジュール管理については、下記の記事をご覧ください。
忙しい毎日の中でWebライターとして働く方でも、テキパキと案件をクリアできるようになるでしょう。

【スケジュール】副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方など

今スケジュール管理が苦手な方は、「向いていないからやめたほうが良いかも…」などと弱気になる必要はありません。
根本的に文章を書くことがどうしても受け付けられないなどといった場合は別ですが、Webライターを始めるハードルはそれほど高くないからです。
Webライターに自分が向いているか不安な方は、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

信頼と実績を積み上げる

文字単価2円を狙う/超えたいwebライターが地道にやることで信頼と実績を積み上げた人たち

webライターが文字単価2円を狙うなら、信頼と実績を積み上げることも重要です。

日々クオリティの高いコンテンツを提供し、依頼主からの高評価を集めることで、自分自身のブランド価値を高めることができます。

仕事を効率良く獲得するための方法は、下記の動画で詳しく解説されています。

「実際にWebライターの仕事を獲得してみたい!」
こう思った方は、早速下記の記事でご紹介しているクラウドソーシングに登録してチャレンジしてみましょう。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

仕事の受注率を上げていきたい方は、執筆するテーマを決めて集中的に執筆するのも手です。
下記の記事では、Webライターにおすすめのテーマ・分野をご紹介しています。

初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

【2円以上】文字単価が高いwebライターのメリット

2円以上の文字単価が高いwebライターのメリットで笑顔の女性

webライターの世界で文字単価2円は高いとされ、稼ぎづらいと言われています。

しかし文字単価が高いほど、webライターにとってはメリットがあります。

ライティングスキルが格段に向上する

2円以上文字単価が高いwebライターのメリットがライティングスキルが格段に向上するイメージ

まず、文字単価2円のような高単価の依頼は、webライターにクオリティが高いことが求められるケースが多いため、自身のライティングスキルの向上に繋がります。また、クライアントからの信頼や評価が高まり、リピート案件の獲得や新規案件の受注にもつながるでしょう。

もちろん納期にゆとりがある場合は、より質の高い文章を書くことができます。

時間の使い方に選択肢ができる

2円以上文字単価が高いwebライターのメリットで時間の使い方に選択肢ができるイメージ

さらに、高単価であればライター自身の時間を有効活用することができます。1つの案件に対して膨大な時間をかけなければ多くの案件を受注でき、収入の増加に繋がります。

また、時間的余裕があるためにライターとしてのストレスを軽減することができる点も大きなメリットです。

以上のように、webライターの報酬体系として、文字単価が高いほどメリットがあることがあります。

ただしwebライターは文字単価2円のような高単価に見合ったクオリティを提供できなければ、リピート案件の獲得や新規案件の獲得が難しくなる点に注意することが重要です。

【2円以上も狙える】webライターが適切な文字単価を設定する際のポイント

2円以上も狙えるwebライターが適切な文字単価を設定する際のポイントを指している女性たち

webライターが交渉により文字単価2円のような適正価格を設定する際のポイントについて解説します。

前提として、単価交渉を行う場合は相手の言い分にも耳を傾けることが大切です。クライアントが提示する理由や要望を正確に理解したうえで自分の意見を伝えると、価格交渉がスムーズに運びやすくなります。

自分のスキルや経験を正確に伝える

2円以上も狙えるwebライターが適切な文字単価を設定する際のポイントで自分のスキルや経験を正確に伝えている女性

webライターが「2円」のように文字単価を設定する際に最も重要なのは、自分自身のスキルや経験を正確に評価することです。自分の能力を過小評価してしまうと、仕事量と収入が釣り合わなくなってしまい、自己評価が過大になると仕事を獲得することが難しくなる場合があります。自分のスキルや経験を正確に評価し、適正な価格帯を設定することが重要です。

依頼内容に応じて価格帯を変える

2円以上も狙えるwebライターが適切な文字単価を設定する際のポイントで依頼内容に応じて価格帯を変えるイメージ

webライターは、依頼内容によって文字単価を「1円」「2円」と変えることができます。例えば、依頼内容が簡単で短時間で仕上げることができるものであれば、文字単価を下げても良いでしょう。逆に、複雑な内容で調べる時間や執筆時間が長い場合は、文字単価を上げることもできます。

最新の市場価格を調べる

2円以上も狙えるwebライターが適切な文字単価を設定する際のポイントで最新の市場価格を調べている人

webライターが文字単価を「2円」などと設定する際には、最新の市場価格を調べることも大切です。

同じ分野で同様の仕事を受けている他ライターの価格帯をアンケートなどで把握すれば、自分の価格帯を設定する際の目安にできます。

また、一般的なライターの求人サイト・フリーランス向けプラットフォームの案件や、業界団体の報告書でも最新の市場価格を把握可能です。

※日本ライターズ協会が行った調査では、webライターの平均報酬が約4円から5円程度とされています。

もちろん単に市場価格に合わせるだけでなく、自分のスキル・経験・依頼内容に合わせた価格帯を設定することが重要です。

【2円どころじゃない】webライターが文字単価を下げる理由・悪影響

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響で困っている女性

webライターが2円未満など極端に文字単価を下げる理由としては、仕事量が減った場合や、競合が増えた場合に競争力を維持するために、低い単価での仕事を引き受けざるを得ない場合があるでしょう。しかし、文字単価を下げることには大きなデメリットがあります。

単価を下げる悪影響①収入減

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響で収入減になって割った貯金箱

まず、文字単価が2円よりも大きく下がることで、一つの記事あたりの収入が減るため収入自体が減ることが考えられます。

生活にゆとりがなくなるので、身体がきつくなる可能性が高いでしょう。

単価を下げる悪影響②記事質低下

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響で記事質が低下した男性

文字単価が2円未満に大きく下がることで、仕事のクオリティが下がる可能性があります。低い単価での仕事を引き受けることで、時間をかけずに記事を書かざるを得ないため、記事のクオリティが低下する可能性があります。

低質な記事を書くことに慣れてしまうと、いずれ仕事がなくなってしまう可能性もあります。
この点については、下記の動画でも詳しく解説されています。

記事のレベルがいつまで経っても上がらないと、高単価案件に挑戦しようにもクライアントから「このWebライターは大丈夫かな…」と疑問視されてしまいます。
「そうは言っても、低レベルな記事ってどんな記事なんだろう?」
「とんちんかんな記事を書いて、ゴミ呼ばわりされることもあるんだって」

このように不安な方は、低品質な記事の特徴とレベルアップのコツをまとめた下記の記事をご覧くださいね。

【ゴミ】Webライターのクズ記事とは?低質ページの特徴&記事質アップのコツ

単価を下げる悪影響③自己嫌悪

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響で自己嫌悪に陥っている女性

文字単価2円未満のように低い単価での仕事を引き受けることが習慣化すると、自分の価値を余計に過小評価する傾向が生まれる可能性があります。

その結果自信を失い、スランプに陥ることも考えられます。

いつまでもスランプを脱出できなければ、将来的なキャリアアップの機会を失ってしまうでしょう。

「自己嫌悪に陥ることがあるなんて、Webライターってひどい職業なんだな」
こうお考えの方がいるかもしれませんが、Webライターの全てがひどい仕事ではありません。
努力の方向を間違えると、仕事を快適に進められず稼ぎにくくなってひどいと思ってしまいやすいのです。
下記の記事では、Webライターが「ひどい」と思う人の意見や乗り越えるコツを解説しています。
Webライターで快適に稼いでいきたい方は、ぜひご覧ください。

Webライターがひどい理由!過酷な口コミ評判・気楽に稼ぐコツは?

単価を下げる悪影響④仕事を選べなくなる

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響で仕事を選べなくなるイメージ

文字単価を2円未満に大きく下げることによって、ライター自身がやりたい仕事を選ぶことができなくなる可能性があります。

低価格で記事を提供することを強いられてしまうと、自分が本当に興味を持っている分野や、スキルを活かせる分野での仕事を断ることになってしまうかもしれません。

その結果自分自身が成長することができず、スキルアップが進まなくなってしまう可能性があります。

仕事内容が限られていると、モチベーションも低下してしまう場合があります。また、クライアントからの厳しい指摘や批判に対するストレスも大きくなる場合があります。

仕事が取れなくなってしまうと、悪質な案件に手を出さざるを得なくなるかもしれません。

実際に悪質な案件に出くわしてしまったWebライターさんの体験があったので、以下にご紹介しますね。

この方は危ない案件を回避できたようですが、見極めるポイントがわかっていないとだまされてしまう可能性もあります。
安全に稼ぐコツを知りたい方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

「そんなに危険な案件があるなんて、Webライターって怪しいんだな…」
こうお考えの方がいるかもしれませんが、Webライターは怪しくて危険どころか工夫次第で大きく稼げる可能性がある仕事です。
Webライターが怪しくなく稼げる理由については、下記の記事で詳しく解説しています。

【詐欺?】Webライターが怪しい・胡散臭い8の理由!未経験者必見の正しい儲け方とは

単価を下げる悪影響⑤イメージダウン

2円どころじゃないwebライターが文字単価を下げる理由・悪影響でイメージダウンしている男性のイメージ

文字単価を2円未満に大きく下げることによって、自分自身のブランドイメージを著しく低下させる可能性があります。

例えばあるライターが高額な報酬を受けて記事を執筆していたとしても、同時に低価格で記事を提供しているという情報が出回ってしまうと、そのライターの信頼性や専門性に対する評価が下がってしまう可能性があります。

【2円を割らない】webライターが文字単価を下げないための心構え

2円を割らないwebライターが文字単価を下げないための心構えをノートに書いている人

自分を卑下しすぎない

2円を割らないwebライターが文字単価を下げないための心構えで自分を卑下しすぎないでポジティブな男性

文字単価を下げないためには、まず自分の価値を正しく認識することが重要です。自分が提供する記事のクオリティやスキル、経験、専門知識をしっかりと把握し、それに見合った単価設定を行うことが必要です。

「webライターが適切な文字単価を設定する際のポイント」を見て単価を設定しましょう。

また、クオリティの高い記事を提供し続けることで、信頼を獲得し、高単価での仕事を獲得できる可能性があります。そのためには、常にスキルアップやマーケティングの勉強を続けることが重要です。

そもそも初心者Webライターは、大きく稼ぐことは難しいことを頭に入れておく必要があります。
この点は、下記の動画で詳しく解説されているので要チェックです。

初心者Webライターが稼げないという実態を乗り越えて、少しでも早く稼げるようになるコツは下記の記事をご覧くださいね。

【実態調査】Webライターの実情!厳しい・儲からない・稼ぐコツなど

別の分野で執筆する

2円を割らないwebライターが文字単価を下げないための心構えで別の分野で執筆するため方向転換するイメージ

2円どころか、どれだけ文字単価を下げても得られる仕事がないという極限状態に陥ったら他の方法で収入を確保するしかありません。

例えば、別のジャンルでのライティングなどで新しいスタートを切ることも選択肢です。

スキル自体はあるはずなので、文字単価を2円以上に再び上げられる可能性もグッと高まります。

【2円に満たないけどOK】webライターが低い文字単価で仕事を受ける理由

2円に満たないけどOKwebライターが低い文字単価で仕事を受ける理由で低い文字単価でWebライターをしている男性

文字単価2円を目指すために、なぜwebライターが低単価案件を受けるのかという疑問が生じます。実際、webライターが低単価案件を受ける理由には以下のようなものが挙げられます。

数をこなして経験を積むため

2円に満たないけどOKwebライターが低い文字単価で仕事を受ける理由で数をこなして経験を積むためのたくさんの記事

webライター初心者の場合、文字単価2円以前にまずは実績を積むことが重要です。低単価案件でも、それに見合った労力で仕事をこなし、納品することで、実績を積むことができます。また、クライアントとのやり取りや、文章を書くことによってスキルアップを目指すことができます。

長期的な視野

2円に満たないけどOKwebライターが低い文字単価で仕事を受ける理由で長期的な視野の長い道のりのイメージ

webライターにとって2円などまとまった文字単価は重要ですが、一時的に低い単価で仕事を受けることで、そのクライアントとの信頼関係を築き、長期的な仕事を受注できる可能性があります。また、クライアントのニーズに合わせて、自分自身のスキルアップを目指すことで、より高単価の案件を獲得することができます。

長期的にスキルを磨いてしっかりと稼ぎたい方には、ブログがおすすめです。
ブログならたくさんの記事を書いて練習できるだけでなく、広告収益により追加で収入を得られる可能性があります。
「普通にWebライターをやるよりもたくさん稼げる可能性があるのか…ちょっと面白そうだな」
こう思った方は、以下の記事でブログの始め方について確認してみましょう。

Webライター未経験者のブログの始め方!主婦や在宅での副業もOK

「調子のいいこと言っているけど、デメリットやリスクもあるんでしょ」
と懸念がある場合、以下の記事を参考になさってください。
デメリットを小さくしてブログで安全に稼ぐ方法がわかります。

問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは

以上のように、webライターが低単価案件を受ける理由は、経験を積むため、長期的な視野から、仕事量の確保といったものがあります。しかし、低単価案件にはデメリットもあります。例えば、単価が低いため、労働時間あたりの報酬が少ないことや、クライアントからの要望が多いため、ストレスがたまりやすいといったことが挙げられます。

webライターの文字単価に関する市場動向

webライターの文字単価に関する市場動向をミーティングしている人たち

webライターの「2円」などの文字単価は、需要と供給によって決定されます。需要側には、企業や個人事業主、メディアなどがあり、供給側には、webライターがいます。

現在、インターネットの普及により、webサイトやSNS、ブログなどが増加し、コンテンツの需要が高まっています。そのため、webライターに対する需要も増えています。また、ECサイトやSNS広告など、ビジネスにおいてもコンテンツの重要性が高まり、それに伴ってwebライターの需要も増えています。

一方で、webライターの供給数も増加しています。ブログやSNSなど、自分で記事を書くことが容易になったことが原因です。また、在宅勤務やフリーランスの増加により、webライターの数も増えています。そのため、市場においては、供給過剰となっていると言われています。

このような市場環境下において、webライターの文字単価は競争原理によって決まります。供給過剰状態であるため、クライアント側は、価格競争を仕掛けることが多く文字単価を2円以下などに下げる傾向にあります。

しかし一方で、品質の高いコンテンツを提供するwebライターに対しては、高い報酬を支払うクライアントも存在します。そのため、webライター自身が自己ブランディングやマーケティングを行い、自分自身の価値を高めることが重要です。

このように、webライティングの市場動向は、需要と供給のバランスによって決まります。しかし、高品質なコンテンツを提供することや、新しい技術やトレンドにアンテナを張り、自己ブランディングやマーケティングを行うことで、webライターの市場価値を高めることができます。

文字単価とスキルレベルの関係については、下記の動画でも詳しく解説されています。

文字単価などWebライターに支払われる報酬の相場は、下記の記事を参考になさってください。

【種類・ランク別】Webライターの単価とは?文字・記事・時間など

【文字単価2円を目指す】webライターの将来性

文字単価2円を目指すwebライターの将来性を見ている女性

意見①webライターの将来は明るい

文字単価2円を目指すwebライターの将来性で明るい将来の女性

文字単価2円を目指すWebライターの需要は増え続けています。

企業や個人事業主などの多くの人々がオンラインでビジネスを展開しているためです。

また、2020年には新型コロナウイルスの影響によりリモートワークやオンラインビジネスが急速に広まったことから、Webライターの需要は一層高まっていると言えます。

さらに、近年ではSEO対策やコンテンツマーケティングなど、Webライターに求められるスキルが多様化しています。例えば、SEO対策では、キーワードの選定や正しい使い方、メタデータの設定などが必要です。また、コンテンツマーケティングでは、ターゲットとする読者層の特定や、ユーザーの問題を解決するためのコンテンツの提供が必要となります。

このように、Webライターに求められるスキルが多様化する一方で、その需要も増え続けているため、Webライターの将来は明るいと言えます。

意見②webライターの将来は暗い

文字単価2円を目指すwebライターの将来性で暗い将来の女性

自動翻訳技術の発達やAIによる自動作成技術の進化により、文字単価2円を目指すWebライターの業界は大きな変化を迎える可能性もあります。特に、文章作成の精度が高く、人間に近い文章を生成できるAIの開発が進むことにより、Webライターの需要は減少する可能性があります。しかし、AIが完全に人間を置き換えることは難しく、それでもWebライターの役割や需要は存在すると考えられます。

以上のように、Webライターの将来性は明るいと言えますが、技術の進歩により大きな変化が訪れることも予想されます。

Webライターは常に時代の変化に対応し、必要なスキルや知識を習得し続けることが求められるのです。

ChatGPTなどのAIツールが進化してきている今、Webライターの将来性を危ぶむ方もいるでしょう。
今のうちにWebライティングのスキルを磨くと、AIツールと組み合わせてより大きく稼げるチャンスがあるかもしれません。
Webライターの将来性を把握し、ご自身にとって何がベストな行動かを見極めてみてくださいね。

【オワコン?】webライターの将来性!飽和・chatGPTに敗北?→むしろノビコン

「WebライターはChatGPTに負けてしまうかも…」
このように不安な方は、以下の記事をご覧ください。
ChatGPTの使い勝手だけでなく、人間がAIにWebライティングの仕事を完全に奪われてしまうのかどうかもわかります。
人間だからこそできる仕事で生き残るコツやAIを使いこなす側に回るための考え方も解説しているので、ぜひ参考になさってください。

chatGPTとは?Webライターの脅威?ブログアフィリエイトなどで賢く使うコツ

まとめ

Webライター文字単価2円の仕事をしている男性

「webライター 文字単価 2円」の重要ポイントは以下の通りです。

まず、「文字単価2円は高い」という前提があるため、webライターにとっての適正な単価は、それ以上であると考えられます。このため、実際には文字単価は、ライターのスキルや経験年数、得意分野やジャンル、案件の難易度やボリュームなどの要素によって大きく変動します。また、webライターが文字単価2円を稼ぐのは難しいとされており、単価を上げるためには、スキルの向上や専門性の高い分野での取り組みなどが必要とされます。

次に、「webライターが文字単価2円を大きく下回る額で仕事を受ける理由」については、初心者の場合は経験値を積むためや実績をつくるためなどが考えられますが、短期的に見ると、コストを重視するクライアントに受注しやすく、短時間で仕事量をこなすことで、収入を得ることができます。

しかし、「webライターが文字単価2円を大きく下回る額で仕事を受けるデメリット」については、時間給換算で考えると非常に低い単価になるため長時間の労働になってしまい、健康や精神に悪影響を与える可能性があることや、ライター自身のブランディングやスキルアップが妨げられることが挙げられます。

以上のことから、webライターが文字単価2円を大きく下回る額で仕事を受けることを検討する場合は、短期的な収益や経験値の積み上げを目的とする場合に限定し、将来的なスキルアップやブランディングを考える場合は、適正な単価で仕事を受けることが重要であると言えます。

「正しい努力をすれば稼げることがわかったから、Webライターをやってみようかな」
こう思った方は、下記の記事を参考にWebライターを始めてみてくださいね。

webライターの始め方!未経験・初心者から稼げるようになるコツ!

「好きな時にサクッと稼げる楽しい仕事ってないの?」という方へ

メルマガにご登録いただくと、プロが教える5万円相当のWEBライター講座(月収40万円以上を稼ぐノウハウ)を完全無料でご覧いただけます。
おすすめの仕事No1「WEBライター」は、自宅で好きな時間に稼げる点から人気急上昇中。
テレビでもバンバン取り上げられるようになったうえ、新型コロナの影響もあって注目を集めています。

藤崎(筆者)の妻もWEBライターをしていて、9ヵ月目で月収40万円を超えました。
※藤崎自身も、記事作成会社の社員さんに実務研修をしたこともあるプロライターです。

藤崎のWEBライター講座では、妻を月収40万円に導いた方法業界の裏話などをお伝えしています。
あなたの好きなペースでスキルアップできるうえ、月収100万円以上狙えるノウハウが盛りだくさん。

「好きな記事を書いて、そのうえお金をもらえるなんて!」
「WEBライターのプロになれば、こんなキャリアも見えてくるんだ!」

このように毎日が一層楽しく、豊かになるメール講座ですので、ぜひご参加くださいね。
※今、ご参加いただくと完全無料です(後日、5万円で販売予定)
※藤崎のメルマガは数種類あるので、複数登録される方は別のアドレスをご利用くださいね。

お名前
メアド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライターのアルバイト求人や始め方(大学生向け)
  2. 未経験から副業でWebライターを始める方法
  3. 税額計算(大学生Webライターの確定申告)

目次