【年齢制限】高校生におすすめのクラウドソーシング7選!確定申告・バイトとの違いなど

この記事は18分で読めます

高校生におすすめのクラウドソーシングを7つご紹介していきます。

  • 近くにアルバイト先がない
  • 稼ぎたいけど移動が面倒。高校生でも在宅でできることはないか?

そんな方に今回の記事は大変参考になるかと思います。

本記事の概要
・【バイトとの違い】高校生でも挑戦できるクラウドソーシングとは
・高校生ができるクラウドソーシングのメリット
・高校生ができるクラウドソーシングのデメリット・注意点
・【初心者】クラウドソーシングで高校生におすすめの職種
・【年齢制限:18歳未満可】高校生におすすめのクラウドソーシングサイト
・【年齢制限:18歳以上】高校生におすすめのクラウドソーシングサイト
・高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと
・【成功・失敗】高校生がクラウドソーシングをやってみた実例
・クラウドソーシングが気になっている高校生によくある質問

注意点はクラウドソーシングによって年齢制限があるので、18歳未満だと使えないものがあることです(年齢詐称NG)。

バイトとの違いや確定申告の話、さらにはおすすめの職種も解説しています。

目次

【バイトとの違い】高校生でも挑戦できるクラウドソーシングとは

今回口コミ評判をお伝えしていきます、高校生でも挑戦ができるクラウドソーシングについて、まず次の3つをご説明していきます。

  • 仕事をもらう仕組み
  • 報酬
  • 自律度

仕事をもらう仕組み

まずクラウドソーシングというのは次のようなシステムになります。

クラウドソーシングとは、不特定の人(crowd=群衆)に業務委託(sourcing)するという意味の造語で、ICTを活用して必要な時に必要な人材を調達する仕組みのことである。
発注者は主に一般企業であり、プラットフォームとなるマッチングサイトにアウトソーシングしたい業務を公募する。


引用元:総務省/クラウドソーシングの広がり

口コミ評判を解説する高校生におすすめのクラウドソーシングのシステムについて

画像引用:総務省 / クラウドソーシングの広がり

少し分かりづらい内容ですが、もう少し簡潔にお伝えしますと、今回口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングの仕事をもらう仕組みとは「個人や企業が業務の一部をネット上の外部の人に任せる」ということです。

クラウドソーシングの会社のほとんどが、サイトの登録にご自身の情報を入力するだけで案件に応募することができるため、履歴書を書いたり面接という手間がないのもメリットです。

案件は簡単なアンケートから専門スキルを要する業務と多様にあります。
案件はひとつの例になりますが「スマホでできる!ゲームモニターさん募集!単価200円」という見出しで募集されて、クリックすると詳細が閲覧できるようになっているサイトが中心かと思われます。

以上、今回口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングの仕事をもらう仕組みについてお伝えしました。

報酬

では、口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングの報酬はどのように支払われるのでしょうか?

先ほど、仕事をもらう仕組みについてお伝えしましたが、掲載されている案件から自分でもできそうな案件が見つかったら応募をします。

採用されたら契約をして、受けた案件に取り掛かります。作業が完了したら報酬がもらえる流れになります。

以上、今回口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングの報酬についてお伝えしました。

自律度

口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングで、自律度というものについてお伝えしていきたいと思います。

高校生と言えど、仕事を受ける以上言葉遣いや礼儀は大人と同様重要です。

インターネットを介してクライアントとやり取りするため、顔が見えない気楽さはありますが、メールなど送る際は「お世話になっております。」「よろしくお願いします。」という礼儀を意識しておくようにしましょう。

また、「案件を受けたが面倒になったから途中でやめてしまおう。」と放置したり、「テスト期間に入って納期が間にあわないな。」と注意を受けるのを避けるためギリギリになっても報告しない。というクライアントに迷惑がかかることがないようしておきましょう。

納期が間に合わないと気付いた時点ですぐ相談する。また、受けた案件を辞めることがないように、学業や体調に支障が出ないように取り組むことを心がけておくことが大切と思われます。

以上、今回口コミ評判をお伝えしています、高校生でも挑戦できるクラウドソーシングの自律度についてお伝えしました。

高校生ができるクラウドソーシングのメリット

今回口コミ評判をお伝えしています、高校生ができるクラウドソーシングのメリットについて、次の3つをご紹介します。

  • 自分の好きな時間・場所で働ける
  • 人間関係の不安がない
  • さまざまな職種がある

自分の好きな時間・場所で働ける

口コミ評判をお伝えしています、高校生ができるクラウドソーシングのメリットについて「自分の好きな時間・場所で働ける」という事からご説明していきます。

やはりなんといっても、バイト先まで移動しなくて良いという事です。

雪が降った際「雪道が危ないから休みたいけど言えない。」という事や、夏の暑い日も移動は大変です。そして、学校からバイト先、バイト先から自宅。という移動は時間ももったいないです。

ですが、自宅で作業ができる。など好みの場所で仕事ができると、上に書いたようなストレスが軽減されます。

以上、口コミ評判をお伝えしています高校生ができるクラウドソーシングのメリット「自分の好きな時間・場所で働ける」の説明となります。

人間関係の不安がない

口コミ評判をお伝えしています、高校生ができるクラウドソーシングのメリットの2つ目「人間関係の不安がない」についてご説明します。

「自分の好きな場所で働ける。」ということは、バイト先に出向く必要がないため、「誰かと会う必要がなく仕事ができる。」ということです。

アルバイトなど、働いている所を辞める理由の多くに挙げられるのは「人間関係」です。

良いお給料をもらっても、人間関係に不満が一定以上たまると「少しお金が少なくなってもいいから、別の所を探した方がストレスがなく過ごせるかもしれない。」と大人でも会社を辞めてしまうことは珍しくありません。

そのため、高校生ができるクラウドソーシングのメリット「人間関係の不安がない」という口コミ評判になったのだと推測されます。

さまざまな職種がある

口コミ評判をお伝えしています、高校生ができるクラウドソーシングのメリットの3つ目「さまざまな職種がある」についてご説明します。

口コミ評判の高校生でも出来るクラウドソーシングの職種についてシュフティを参考に説明

画像引用:シュフティ

上の画像は後ほどご紹介しますクラウドソーシングサイトのひとつのシュフティという企業です。

こちらを見てお判りになるかと思いますが、このようにさまざまな職種があります。

全く初心者の場合はできる内容も限られますが、初心者歓迎の中でコツコツこなしてスキルを付けたり、「自分の興味のある職種はどれくらい稼ぐことができるのか?」「まだやりたいことが分からないけど、どういった職種が稼ぐことができるのか?」といった参考にもなるかと思います。

以上、口コミ評判をお伝えしています高校生ができるクラウドソーシングのメリット「さまざまな職種がある」の解説となります。

高校生ができるクラウドソーシングのデメリット・注意点

では、次は口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点について次の3つを解説していきます。

  • すぐに稼げるわけではない
  • 安全なクライアントを見極める必要がある
  • 学校と重なる可能性がある

まず初めに、口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の1つ目は「すぐに稼げるわけではない」です。

さまざまな職種がある。と先ほどお伝えしましたが、その中には初心者歓迎な案件や、すぐ完了してしまうような案件は、特に単価が低いことが多い傾向です。

そのため、クラウドソーシングはファーストフードやコンビニエンスストアなどの接客業より稼げないケースになりがちです。

このことが、口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の1つ目は「すぐに稼げるわけではない」という評価になると考えられます。

安全なクライアントを見極める必要がある

口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の2つ目は「安全なクライアントを見極める必要がある」です。

残念ですがクライアントにも良いクライアントと、怪しいクライアントがあります。

  • すぐにLineやChatworkなど、契約したクラウドソーシングではない中での案件のやり取りを依頼してくる
  • 記載の案件と違う依頼を提示してくるようになった
  • 連絡が取れない

ほどんどのクラウドソーシングのエージェントは、自社の中でクライアントと受注者とのやり取りのできる環境を作っています。
外部でのやり取りに関してはエージェントは関与できません。

外部を使っての連絡を依頼するクライアント全てが悪質ではありませんが、「商材を購入して案件をするよう言われた。」「ネットワークビジネスの勧誘になってきた。」という例もあるため注意が必要です。


そのため、口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の2つ目は「安全なクライアントを見極める必要がある」ということが大切という事がご理解いただけたかと思います。

学校と重なる可能性がある

口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の3つ目は「学校と重なる可能性がある」です。

学校に通う間は、学校の事を第一に考えましょう。

案件の納期を守るのは、依頼を受けるうえで重要です。
納期を守るため、夜遅くまで作業し授業に集中ができない。勉強の理解が怪しくなってきた。テスト期間と重なって案件の納期が守れそうにない。

という事は、クライアント側としても、自身としても良いことはありません。

そのためにも、口コミ評判をお伝えしていきます高校生ができる、クラウドソーシングのデメリットと注意点の3つ目の「学校と重なる可能性がある」ということを理解して案件の受注を受けましょう。

【初心者】クラウドソーシングで高校生におすすめの職種

ここからは、学業と両立しながら取り組めそうな、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種を7つ紹介していきます。

  • ライティング(Webライター)
  • 動画編集
  • データ入力
  • アンケート回答
  • イラスト・ロゴ作成
  • プログラミング
  • 翻訳

ライティング(Webライター)

では、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の1つ目は、ライティング(Webライター)です。

「Tik Tokで気になる商品があったけど、それについて知りたい。」と思ったら検索をすると思います。このような検索された商品の解説や紹介は、Webライターによって書かれたものです。

ライティングは経験や資格がなくても始めることができ、マニュアルが用意されているところもあるようです。

そして、初期費用もインターネット環境があることと、パソコンもスペックは高くないものでも可能なため、始める敷居が低く始めるこができるのも、オススメの理由の一つです。

経験や資格がなくても取り組むことが可能のため、最初は単価が低いことが多いですが、継続案件を得ることにより単価アップが十分に狙えます。


そして、記事を書くことにより調べた内容の知識が得られること、伝えるというスキルが得ることができること、また自身でブログを立ち上げてさらに稼いでいくことも可能です。


※ライティング(webライター)のメリットに関しましては、後ほどより詳しくご紹介していきます。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の1つ目の、ライティング(Webライター)についてご紹介しました。

動画編集

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の2つ目は、動画編集です。

動画編集はTikTokなどのショート動画はスマホでも可能というところもありますが、会社のPR動画などの動画は、パソコンを使用しての作業になります。

動画編集はパソコンのスペックも高いものでないと作業が困難なため、初期費用がかかること。また、編集ソフトもAdobeのソフトを使用することを推奨されることがほとんどのため、学生でも2023年9月現在、毎月3,278円(初年度は1,980円)経費がかかります。

また、初心者が案件を獲得することは難しいため、学ぶための期間と費用もかかります。

費用と学ぶ期間が必要なためハードルは高いですが、動画編集に興味がある方には今のうちからスキルを身に着けていく事をオススメします。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の2つ目の、動画編集についてご紹介しました。

データ入力

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の3つ目は、データ入力です。

データ入力もライティング同様、初心者でも可能と言われる職種です。

インターネットで販売する商品の登録をしたり、依頼内容をインターネットで検索してExcelへ入力していくことが多いようです。自分で文章を考えるのではなく、何を入力すればよいのか、入力する場所もほとんど決められているため、取り組みやすいと言われています。

取り組みやすい分、単価が低くなりますが、案件も豊富にあるため獲得しやすいためオススメです。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の3つ目の、データ入力についてご紹介しました。

アンケート回答

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の3つ目は、アンケート回答です。

テレビ番組や商品モニターのアンケートに答えたり、評判を書いたりすることが多いそうです。

こちらも初心者からはじめられること、また、比較的短時間で終わる内容のためスキマ時間を利用しての作業が可能です。

そして、スマホで作業できる案件もあるためパソコンがない人でも気軽に取り組めることがメリットです。

ですが、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめのアンケート回答も早く完了する。初心者でもできる。というのは単価が低いことがデメリットであります。

そのため、今までは何もしていなかった時間を使って小遣い稼ぎができる。という時間の有効活用という考えでとらえると良いのでは?と思われます。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の3つ目の、アンケート回答についてご紹介しました。

イラスト・ロゴ作成

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の4つ目は、イラスト・ロゴ作成です。

Webサイトのバナー作成やYouTubeの漫画動画、お店のイメージキャラクターやロゴデザインなどが主にあげられます。

イラストやロゴというのはセンスが求められることから、誰もが気軽に応募できるものではないため、データ入力やアンケート回答に比べて応募人数も少ない傾向で狙い目であると考えられます。

そのため、「デザインが好き!」という人は、高校生でもスキルを生かせること、また、単価も比較的高いものが多いためオススメです。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の4つ目の、イラスト・ロゴ作成についてご紹介しました。

プログラミング

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の5つ目は、プログラミングです。

プログラミングのスキルがあり、卒業後はエンジニアを目指したい。
という高校生の方には今から経験が詰めるためオススメです。

クラウドソーシングでは一般的な正社員と比べると報酬は正直低いため、やる気を維持することは大変かもしれません。
ですが、高校生のうちにコツコツ実践で経験を積んでいくと、社会に出る際はポートフォリオで自分の実力と経験を分かりやすく伝えることができるため、一歩先にリードするためにも、準備としてオススメです。

また、継続案件を得ることにより、高額案件につながっていく可能性もプログラミングの特徴の一つと考えられます。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の5つ目の、プログラミングについてご紹介しました。

翻訳

口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種6つ目は、翻訳です。

翻訳というと、映画や本の翻訳をイメージして「大変そう・・・。」と思う方もいるかもしれませんが、海外製品の翻訳など、量の少ない案件もあります。

「初心者歓迎」「翻訳の使用可能」という案件は単価が低いものになりますが、翻訳を使うことで作業時間がかかる=単価が低くなる。とも取れますため、そのような案件でも、やはり語学に自信がある人は強いと思われます。

さらに外国語ができる人は限られるため、案件によっては高い単価もある様子です。そうした場合はスキルが求められため応募人数も少ないと考えられるため狙い目です。

以上、口コミ評判をお伝えしています、クラウドソーシングで高校生におすすめの職種の6つ目の、翻訳についてご紹介しました。

【年齢制限:18歳未満可】高校生におすすめのクラウドソーシングサイト

先ほど、高校生でもできるクラウドソーシングのオススメの職種の口コミ評判をお伝えしたことにより、できる職種があるんだ!という事がご理解いただけたかと思います。

ですが、高校生(未成年)の登録が不可としているクラウドソーシングもありますので、今から口コミ評判から18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシング次の4つご紹介していきたいと思います。

  • シュフティ
  • Shinobiライティング
  • サグーワークス
  • ココナラ

※18歳未成年の高校生が登録可能な口コミ評判のクラウドソーシングサイトをご紹介していきますが、「こんなはずじゃなかった。」という事を一人で抱え込まないためにも、規約にないサイトでもご両親などの親権者に事前に理解を得ておくことを取り組むことをオススメします。

シュフティ

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの1つ目は、シュフティです。

口コミ評判から紹介する18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティについて

画像引用:シュフティ

「シュフティって、主婦から来た名前だよね?主婦だけじゃないの?」というイメージを持たれると思いますが、シュフティは確かに主婦という「子育てでお勤めに行くことが難しい人」もターゲットに「スキマ時間でもできる仕事」を提供している、クラウドソーシングサイトです。

そのため主婦しかダメなのか?と思われがちですが、男性の方でも登録は可能です。
また、高校生に関してのルールは次のようになっています。

・第4条 利用資格
シュフティの利用資格は、法人又は満16歳以上の個人で、第5条に定める本サービスのユーザー登録を行った者に限られるものとします。

ユーザーは、ユーザー登録を行った時点で本規約等の内容に同意したものとみなします。

ユーザーが未成年である場合には、親権者を含む法定代理人の包括的な同意を得た上で登録するものとし、うるるは未成年者のユーザー登録がなされた時点で親権者を含む法定代理人の包括的な同意を得たものとみなします

引用元:シュフティ/利用規約

このように、口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティは親権者の承諾があれば満16歳以上で登録が可能です。

「スキマ時間にで自分のペースで」とホームページに記載があることから、短い時間で案件が完了する取り扱いがあると考えられるため、「学業との両立を図りながら、クラウドソーシングで仕事をしてみたい!」と思う人にオススメです。

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティの運営会社の株式会社うるる は2017年東証マザーズへ上場しています。

少し話が逸れますが、「株式に上場とは何を意味するのか?」と思われる方に簡単に説明しますと、上場には条件がいろいろとあるのですが、上場維持はコストがかかります。そのコストを維持することができる状況であること。また、社会的責任も重要視されるため、信頼度が上がります

このことから、親権者からの理解を得やすいと考えられます。

以上、口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティの年齢制限についてお伝えしました。

Shinobiライティング

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの2つ目は、Shinobiライティングです。

口コミ評判から紹介する18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのShinobiライティングについて

画像引用:Shinobiライティング

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのShinobiライティングは「ライティング」とあるように、Webライターに特化したクラウドソーシングになります。

先ほど口コミ評判より、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティをご紹介したような、年齢制限についての説明はサイト上に見当たりませんでした。

そのため調べたところによると、年齢制限はないようです。

以上の事により、口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、Shinobiライティングをご紹介させてしました。

サグーワークス

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの3つ目は、サグーワークスです。

口コミ評判から紹介する18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのサグーワークスについて

画像引用:サグーワークス

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのサグーワークスも、先ほどのShinobiライティングと同様、Webライターに特化したクラウドソーシングになります。

また同様にサイトに具体的な記載が見られませんでしたが、調べましたところ、こちらも同様に年齢制限を設けていない様子でした。

以上、口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、サグーワークスをご紹介させてしました。

ココナラ

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの4つ目は、ココナラです。

口コミ評判から紹介する18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのココナラ

画像引用:ココナラ

CMも放送されているためご存じの方も多いと思います。

個人のスキルを気軽に売り買いできる、スキルマーケットといわれるサイトになります。
自分の経験やスキルを、希望の金額で簡単に出品することができることが特徴です。

口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのココナラは、次の規約のように親権者の同意があれば年齢制限がありません。

・ココナラ利用規約
第6条 (当社サービスの利用)

4. 利用会員が未成年、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかである場合、当社サービスの利用につき、個別の取引にかかる申込を行う際は、必ず事前に親権者その他の法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得るものとします。
また、当社又はサービスの提供業務を履行する出品者より当該同意等につき改めて確認が入る場合があり、利用会員はこれに回答するものとします。

引用元:ココナラ/利用規約

以上、口コミ評判からご紹介します、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、ココナラをご紹介させてしました。

【年齢制限:18歳以上】高校生におすすめのクラウドソーシングサイト

先ほどは、口コミ評判から18歳未満可の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトを4つご紹介しましたが、ここからは口コミ評判から18歳以上の登録できる高校生にオススメのクラウドソーシングサイトを3つご紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • JOB HUB

※18歳以上は成人なので、親の承諾がなくても良いサイトもあるかもしれません。ですが、まだ学生であるため18歳未満でもお伝えしましたように、親権者の理解を得てから登録することをオススメします。

クラウドワークス

口コミ評判からご紹介します、18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの1つ目は、クラウドワークスです。

口コミ評判からご紹介する18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのクラウドワークス

画像引用:クラウドワークス / よくある質問

口コミ評判からご紹介します、18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのクラウドワークスは、業界最大手とされているサイトです。

利用開始可能年齢についての記載にありますように18歳以上になれば利用可能です。

初心者でも可能な案件からスキルを必要とする専門分野の案件、また仕事内容も多種あることから、多くの方が利用をしているクラウドソーシングサイトで、運営会社が2014年に今の東京証券取引所グロースに上場しています。

上場という面でも安定した会社であることは確認されますため、親権者からの承諾も得やすいクラウドソーシングサイトのひとつであると考えられます。

※上場については、先ほど18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのシュフティの口コミ評判をご紹介した際に触れておりますのでご参照ください。

以上の事から、口コミ評判により18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、クラウドワークスをご紹介させてしました。

ランサーズ

口コミ評判からご紹介します、18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの2つ目は、ランサーズです。

口コミ評判から18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのランサーズの年齢制限について

画像引用:ランサーズ / よくある質問

口コミ評判からご紹介します、18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのランサーズは、先ほどのクラウドワークと同様に業界最大手とされているサイトです。

こちらも、初心者可能な案件からスキルを必要とする案件が多く取り扱いがあることから、多くの方が利用をしているクラウドソーシングサイトです。

また、口コミ評判から18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのランサーズは、2019年に東京証券取引所マザーズへ上場しています。

「紹介される内容が、クラウドワークスとほとんど同じじゃない?」と言われるかと思います。

《クラウドワークスとランサーズの共通点》

  • 業界大手
  • 初心者からスキル必須の案件多くの案件がある
  • 株式上場している

多少の差はありますが大まかに3点の共通があるため、どちらがいいのかと明確な判断が難しくありますが、こちらで掲載しております関連記事をぜひご参考ください!

以上の事から、口コミ評判により18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、ランサーズをご紹介させてしました。

JOB HUB

口コミ評判からご紹介します、18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトの3つ目は、JOB HUBです。

口コミ評判から18歳以上高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのJOB HUBについて

画像引用:JOB HUB / 年齢制限について

JOB HUBは、先ほどの2社と比べると馴染みがないかもしれませんが、派遣会社で有名な パソナが運営しています。

口コミ評判から18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのJOB HUBの母体であるパソナが2003年に東京証券取引所プライム市場に上場しています。

パソナは派遣会社として実績と知名度もあるため、親権者の理解も比較的良いのでは?と思われるクラウドソーシングです。

口コミ評判から18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトのJOB HUBは、クライアントから受けた案件を登録者へ案内する形態をとっています。

Webデザインやアプリ開発などの専門スキルを活かした分野と、ロゴ制作やコピーライティングなどセンスを生かした分野と2つの分野に分かれているそうです。

専門スキルは経験も必要になるため、センスを生かした分野から始めてみるのもオススメです。

以上の事から、口コミ評判により18歳以上の高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして、JOB HUBをご紹介させてしました。

高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと

高校生でも登録ができるクラウドソーシングが分かったところで、稼ぐためにすべきことは何か?について

  • 親の承諾を得る
  • 納期(提出期限)を守る
  • 細かく報連相をする
  • スキルアップを欠かさない
  • 所得が48万円超で確定申告を行う

という事について解説していきます。

親の承諾を得る

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、1つ目にご紹介しますのは、親の承諾を得る、です。

18歳未満の方は特に親の承諾が必須です。

18歳以上の方は、民法改正により2022年4月1日から成人に達する年齢が18歳に引き下げられたことにより、基本的には親の承諾がなくても登録および案件に応募することができます。

「18歳になったから承諾なくてもできるから言わなくてもいいや。」「いちいち承諾を得るのが面倒。」という気持ちも分かります。

ですが、社会経験がまだ少ないことにより気付かない見落としがあることもあります。「知らなかった」は、18歳は成人であるため済まされないこともあります。

18歳未満の方も偽って承諾を得たことにすると、万が一の際取り返しがつかないことがあります。

そのためにも親の承諾を得て、案件に応募する際も確認をしてもらってから応募する。ということをオススメします。

以上、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきことの、親の承諾を得る。というご紹介となります。

納期(提出期限)を守る

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、2つ目にご紹介しますのは、納期(提出期限)を守る、です。

クライアントも理由があって納期を決めています。案件をもらう以上、提出期限を守ることは必須です。それは、高校生でも社会人でも同じです。

「いつからテスト期間なのか?」「いつから学校のイベントがあり普段より帰宅時間がおそくなって、取り組む時間が少なくなるのか?」ということを把握して案件を得なければいけません。

もちろん、何かしら想定外のアクシデントにより納期に影響を及ぼすことが起きることもあります。そうなった際はすぐ、クライアントに連絡することが必須です。

「なんとかなるかも。」と寝る間を惜しんで作業し、授業中寝てしまう。ということになってはいけませんし、「やっぱり間に合わない。」と当日になって言われても、クライアントもフォローができないこともあります。

そのためにも、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきことの、納期(提出期限)を守る。ということを心がけておくことをオススメします。

細かく報連相をする

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、3つ目にご紹介しますのは、細かく報連相をする、です。

報連相とは、「報告」「連絡」「相談」の省略です。

先ほどの、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、3つ目にご紹介しました、納期(提出期限)を守る。に関連と重複になりますが、何かしらのトラブルで納期に影響がでる。とわかった際はすぐ連絡をする。ということを心がけましょう。

また、「ここが分からないけど、聞いたら何言われるか分からないから、あやふやにしておこう。」と提出をしてしまうことにより、正確な内容にならずクライアントからの信用を失ってしまう可能性もあります。

そのため、不明な点、困ったことが起きた。ということが判明した際は、すぐに連絡をしましょう。

さらにひと手間ですが、オススメしたいのは、作業完了の日程が分かり次第連絡をする。です

継続案件を考えているクライアントの場合、あと〇日で作業が完了しそう。と連絡があったら、次の案件を用意をしてくれるかもしれません。間を空かず案件を獲得できたらそれだけ早く収入に繋がります。そして、クライアントのスケジュールも立てやすいため、信頼につながると考えられます。

以上のことから、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきことの、細かく報連相をする。ということを心がけておくことをオススメします。

スキルアップを欠かさない

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、4つ目にご紹介しますのは、スキルアップを欠かさない、です。

誰もが思うことでありますが、同じ案件をお願いするならば、正確で早い、分かりやすい。という人に依頼すると思います。

そのためにも、案件を獲得した際に次の案件にもつながるように、または新たな案件を獲得して収入アップができるように、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきことの、スキルアップを欠かさない。ということを心がけておくことをオススメします。

所得が48万円超で確定申告を行う

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきこと、5つ目にご紹介しますのは、所得が48万円超で確定申告を行う、です。

「え?高校生って確定申告っていうものをするの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、年齢にかかわらず、一定所得を得た人は申告をして税金を払わなくてはいけません。

「そもそも確定申告ってよくわからない。」という方に、簡単に解説します。
確定申告とは、1/1~12/31の1年間の収入から経費などを差し引いて所得というものを算出して、そこから納める税金の額を計算し、国(税務署)に原則として3月15日の確定申告期限までに報告する。という一連の手続きのことになります。

会社に勤めずに一定額の収入(所得)がある人は、自分で確定申告を行う必要があります。 該当する人は、稼いだ額(所得)が48万円、または会社員など副業での所得が20万円を超えたとき申告が必要になります。この条件に当てはまらない場合には、確定申告は不要です。

分からないからと放置しておくと、さらに支払いが増えるなどペナルティになる恐れがありますので、気を付けましょう。

以上、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングで稼ぐためにすべきことの、所得が48万円超で確定申告を行う。という内容についてご案内しました。

【成功・失敗】高校生がクラウドソーシングをやってみた実例

「高校生がクラウドソーシングで収入を得ることができる事が分かったけど、実際取り組んだ人の状況ってどうなの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

  • Webライターを始めて1万5,000円を稼いでいる
  • 知恵袋より:クラウドワークスでデータ入力をしようとしたが安すぎて断念
  • 動画編集で4万円を稼いでいる

の3つの実例をご紹介していきます。

Webライターを始めて1万5,000円を稼いでいる

では、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例より、Webライターを始めて1万5,000円を稼いでいる。についてです。

Webライターとして活躍する案件は、1つの記事で報酬が決まっている案件もありますが、一文字の金額が決まっていて、記事に記載した文字数と掛けて、報酬が支払われる案件もあります。

文字単価に関しまして、初心者でも可能、かつ高校生の方でも取り組めそうな案件を確認しましたところ、文字単価が1.2円の案件もいくつかあります。

「文字単価1.2円という事は、500文字書いたら600円・・・。それっていいのかな?」と漠然とされると思います。

文字単価が1.2円より低い場合もありますので、平均一文字1.0円で計算しますと、1カ月5万文字の記事を作成した場合5万円が収入になります。

「5万文字って多いな・・・。」と思われることと存じますが、調べましたところ、高校生の初心者ライターであれば、1時間で1,000文字〜1,500文字くらい書くことができるのでは?と言われています。これを時給に換算した場合、約1,000円になります。

そのため、口コミ評判にありました、高校生がクラウドソーシングでWebライターを始めて1万5,000円を稼いでいる。というのも納得ができるかと思われます。

はじめは、「単価が低いな。」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、コツコツを取り組まれた結果作業に慣れていきますし、継続案件を得ていくうちに単価が上がっていくこともあります。

また、次のような掲載もありましたためご紹介します。

このように4カ月で月10万円稼ぐチャンスがあることが確認できました。

以上、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例より、Webライターを始めて1万5,000円を稼いでいる。についてご紹介しました。

知恵袋より:クラウドワークスでデータ入力をしようとしたが安すぎて断念

口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例より、「知恵袋より:クラウドワークスでデータ入力をしようとしたが安すぎて断念」の内容について見てみましょう。

高校生の質問者が、クラウドソーシングでデータ入力を中心に小遣い稼ぎを検討している。という方に向けての知恵袋での回答が次のようにありました。

クラウドソーシングのデータ入力は単価がメチャクチャ安いです。
時給100〜300円ぐらいにしかなりませんので、それでも良ければという感じですね。

データ入力で誘っておいて、実は詐欺商法という場合もあるようなので気を付けましょう。 詐欺に巻き込まれてもサイト運営側は関与しませんので。。

引用元:yahoo知恵袋

時折、簡単な案件は単価が低い事をお伝えしてきておりましたが、やはり実際に誰もが取り組みやすい案件は単価が低い傾向のため「稼ぐことが難しい。」と断念する傾向にあるようです。

簡単な業務内容は「稼ぐ」というよりも「ただ何もしていない時間(時間の消耗)を案件をすることにより、お金が発生する。」というとらえ方を理解し、案件が取り組める方でないと知恵袋にもありましたように、メチャクチャ安い。という評価につながると考えられます。

以上により、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例から、「知恵袋より:クラウドワークスでデータ入力をしようとしたが安すぎて断念」についてご紹介しました。

動画編集で4万円を稼いでいる

最後に、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例より、「動画編集で4万円を稼いでいる」の内容について見てみましょう。

最近はスマートフォンで気軽に撮った動画や画像を加工していくことが可能なため、編集に慣れた方もいると思います。

ショート動画はスマートフォンで可能な案件もあるようですが、やはりパソコンとAdobeソフトを使用しての編集のほうが案件の多さと単価は良いとされているようです。

初心者でも可能な案件としまして、次のような案件がありました。

【初心者OK】 YouTube動画作成・編集

《内容》YouTube動画編集になります。音声と原稿の用意があるため完成をイメージ通りに作成できる案件です。10分程度の動画となります。

《報酬》初めの1本目はトライアル価格700円(税別・手数料込み)
・ 2本目〜10本目 2,000円(税別・手数料込み)
・11本目〜  3,000円(税別・手数料込み)

《掲載元》クラウドワークス

このように継続案件を獲得すると、高校生でも口コミ評判にあるように、動画編集で4万円稼ぐことも難しくないようです。

ですが、動画編集には先ほども少し触れましたようにAdobeソフトを使用することが主流のため、1年目は毎月1980円、2年目以降は毎月3278円と使用料が発生します。(社会人になると使用料は値上がりします。)

また、パソコンのスペックもグラフィックやCPUも重要視されるため、やや高額になることから初期費用と毎月コストも考慮して検討されることをオススメします。

以上により、口コミ評判から高校生がクラウドソーシングをやってみた実例から、「動画編集で4万円を稼いでいる」についてご紹介しました。

クラウドソーシングが気になっている高校生によくある質問

では、口コミ評判から、クラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問を次の5つご紹介いたします。

  • クラウドワークスなどで年齢詐称するとどうなるの?
  • 大学生になったらどんなクラウドソーシングがおすすめ?
  • 大学生になるまでは確定申告を行わなくてもいいの?
  • クラウドソーシングで高校生に最もおすすめの職種は?
  • クラウドソーシング以外に高校生が稼ぐ方法は?

クラウドワークスなどで年齢詐称するとどうなるの?

まずはじめに、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドワークスなどで年齢詐称するとどうなるの?」についてご紹介します。

例としまして、ランサーズでは下のように本人確認の導入を推奨しています。

口コミ評判でクラウドワークスなどで年齢詐称した際どうなるのか?

画像引用:ランサーズ / 本人確認について

また、クラウドワークスでも次のような規約があります。

クラウドワークス利用規約
第8条 本サービスの利用について

5. 弊社は、会員の希望又は弊社の基準に基づき、別途弊社所定の本人確認を行う場合があります。この場合、会員は、以下各号の事項につき承諾し従うものとします
。 (1) 本人確認が完了した会員については本人確認登録が行われるものとし、本人確認登録が完了しない会員は、本サービスの一部又は全部の利用について制約を受ける場合があること
(2) 会員が本人確認を行う場合、弊社に対し、虚偽、偽造、変造又は誤認を与える資料を本人確認書類として提出しないこと
(3) 本人確認登録後、本人確認時に会員が虚偽、偽造、変造又は誤解を与える資料を本人確認書類として提出した疑いがある場合、なりすましの疑いがある場合、その他弊社が必要と判断した場合は、再度、弊社が指定する証明書類の提出を求めること。

引用元:クラウドワークス / 利用規約

このように最近はマイナンバーカードや住民票など、本人確認が厳しくなっています。

この登録が必要だから、会社のルールだから詐称はいけない。というのではなく、案件を受ける側も、発注者も、信頼のある人と安心したやり取りをしたいと誰もが考えます。

クラウドソーシングは個人間の取引なので、年齢詐称は重大な背信行為にあたります。たかが年齢だから・・・。と安易に考えず、クラウドソーシングの条件を確認して登録をしましょう。

ほとんどのクラウドソーシングでは詐称が確認された場合、登録の抹消などペナルティが課せられます

以上、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドワークスなどで年齢詐称するとどうなるの?」についてご紹介しました。

大学生になったらどんなクラウドソーシングがおすすめ?

次に、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「大学生になったらどんなクラウドソーシングがおすすめ?」についてご紹介します。

まずは、大学生の方にも【初心者】クラウドソーシングで高校生におすすめの職種 でご紹介しました、動画編集やプラグラミングをオススメします。

なぜなら、動画編集やプログラミングは作業したことがご自身のスキルとして蓄積できますし、自身が作業した内容を新たな案件を獲得するためにポートフォリオとしても活用できます。

ですが、デメリットとしまして、動画編集は初期投資や毎月の経費が掛かる事。さらに、プログラミングも言語がある程度理解できるまで学ぶ時間が必要なため、すぐに案件獲得というわけにはいきません。

では、動画編集やプログラミングなどと同じように、

  • 自身のスキルとして蓄積できる
  • 作業した内容をポートフォリオとして新たな案件獲得のために活用できる

かつ

  • 初期費用が掛からない
  • すぐに作業にとりかかることができる

というものはWebライティング になります。

Webライティングはスキルがない状態からでも始められて、案件を繰り返すことによりしっかりと収入を伸ばせるメリットがあります。

さらに、

  • 伝わる文章を書くスキルが上がる
  • 履歴書などで自分を伝える際のスキル
  • 提案スキルが上がる
  • SEO対策のスキルが身につく

というメリットがあります。

特に「SEO対策のスキルが身につく」ことが最近は着目されているため、SEOについてご説明していきます。

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語では「検索エンジン最適化」と言われています。

もう少し分かりやすくお伝えすると、検索エンジンとは、Googleやyahooなどのインターネットの情報を検索するシステムです。
「SEO対策」というのは、検索した際、人は一番上から検索結果を閲覧することがほとんどのため、一番上に検索結果として表示させるための対策です。

そのため、SEO対策を理解しながらライティングができる人は単価アップが見込めるため、独立することも可能と言われています。

以上、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「大学生になったらどんなクラウドソーシングがおすすめ?」についてご紹介しました。

大学生になるまでは確定申告を行わなくてもいいの?

次に、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「大学生になるまでは確定申告を行わなくてもいいの?」についてご紹介します。

結論から申し上げますと、年齢関わらず所得が一定額を超えた際は確定申告を行う必要があります。

該当する人は、個人としての収入(所得)が48万円、またはアルバイトをして、さらに個人の副業での所得が20万円を超えたとき申告が必要になります。

1/1~12/31の1年間の収入から経費などを差し引いたものが所得といいます。そこから納める税金の額を計算し、国(税務署)に原則として3月15日の確定申告期限までに報告する。という手続きが確定申告というものになります。

申告を忘れるとペナルティが発生する恐れがあるため、高校生の方でも所得が一定額を超えた際は確定申告をする。ということを忘れないでおきましょう。

以上、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「大学生になるまでは確定申告を行わなくてもいいの?」についてご紹介しました。

クラウドソーシングで高校生に最もおすすめの職種は?

次に、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドソーシングで高校生に最もおすすめの職種は?」についてご紹介します。

先にご紹介しました、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「大学生になったらどんなクラウドソーシングがおすすめ?」でもご案内しましたが、Webライティングは高校生からでも取り組めるため、オススメの職種と言えます。

Webライティングはスキルがない状態からでも始めることができるのと、ライティングスキルが向上していく事により単価アップが見込めます。
スキルを身に着けるのに早すぎることもありませんので、高校生のうちから取り組むことにより、アルバイトもしくはそれ以上の収入が十分に見込めます。

データ入力や、アンケート案件もすぐに始めることはできますが、スキルを身に着けるとは異なるためなかなか単価アップのきっかけが難しくあります。

高単価が狙え、スキルを身に着けることができる動画編集やプログラミングは初期費用がかかったり、案件を獲得するまでのスキルを身に着けるまでに期間を要することからも、Webライティングをオススメする理由となります。

以上、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドソーシングで高校生に最もおすすめの職種は?」についてご紹介しました。

クラウドソーシング以外に高校生が稼ぐ方法は?

次に、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドソーシング以外に高校生が稼ぐ方法は?」について主に3つご紹介します。

  • アンケートモニター
  • アフェリエイト
  • 写真販売

※こちらも、親権者の許可について触れていないサイトを利用の際も、万が一を考慮して許可を得てから登録と作業をすることをオススメします。

◆アンケートモニター◆

アンケートは、企業から依頼されたアンケートに回答してポイントや現金を獲得します。
モニターは商品を実際使った感想などをレビューする事で報酬を得ることができます。

在宅時や移動時の自分の都合に合わせて行える超簡単な副業としても知られています。
また、モニターとして世に出ていない商品をいち早く試せることもメリットです。

◆アフェリエイト◆

アフェリエイトとは自身のブログやホームページを立ち上げて広告を貼ります。訪問したユーザーがその広告をクリックしたり広告から商品を買うことで報酬を得ることができる仕組みとなっています。

広告はアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)に登録、またはGoogleアドセンスの利用が主になっておりますが、審査があるため申請したら誰もが広告を載せることができる。という分けではありません。

また、近年はライバルが多く審査も厳しくなっているためなかなか審査が通らないと言われています。
審査基準は非公開となっているため明確ではありませんが、ライティング技術やSEOの知識が必要と言われています。

◆写真販売◆

撮影した写真を専門サイトで販売します。スマホでも行うことができるため手軽に始めることが可能です。

購入者がいないと収入になりませんが、写真を撮ることが好きな人に趣味の延長でチャレンジしてみるのも良いと思われます。

※著作権やプライバシーへの配慮は必須です。

以上、口コミ評判からクラウドソーシングが気になっている高校生の方によくある質問、「クラウドソーシング以外に高校生が稼ぐ方法は?」についてご紹介しました。

【まとめ】高校生はクラウドソーシングにチャレンジしてみよう

高校生は学校に行っている間は学業がベースにしていく事が大切です。

ですが、稼ぐためにする経験は学校では学べないこともあるため、両立を図りながら稼ぐことをしていく事も大事だと思われます。

アルバイトも良いとは思うのですが、移動時間の削減や天候、地域に左右されないクラウドソーシングは効率的だと考えられます。

また、クラウドソーシングには多様な案件があるため、自身の興味のある内容が探しやすい事、そしてスキルアップを図ることにより、アルバイトと同等、またはそれ以上に稼ぐことが可能であるため、高校生はぜひクラウドソーシングにチャレンジしてみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 短期間で稼ぐ バイトノアイキャッチ
  2. webライターをバイトや副業で始める方法
  3. 未経験Webライター年収800万になるには

目次