【無料あり】独学でWEBライターを始める方法は?おすすめ教材・選び方など

この記事は20分で読めます

「WEBライターって独学でもできるの?」
「無料でWEBライターの勉強をする方法は?」
これからWEBライターを始めようとしていて、こうお考えの方もいることでしょう。
そこで当記事では、WEBライターになるために独学でどんなスキルを学べば良いかを解説します。
何も知らないままで独学を進めると、なかなか案件が取れなかったり収入が上がらなかったりと散々な結果を招きかねないのが実情です。
一方で独学の進め方を知れば、効率良く学習して収入をアップできる可能性がグッと高まります。
おすすめの教材もご紹介しているので、自身の状況に合わせた学習法も丸わかりです。
コスパ良く結果を出すためにも、WEBライターの独学方法をチェックしてみてくださいね。

目次

WEBライターが独学するべき知識・スキル

WEBライターが独学するべき基礎知識・スキルは以下の7つです。
−−WEBライターが独学するべき知識・スキル−−
●基本的な文章の書き方
●情報収集能力
●SEOライティング
●相手の意図を読む力
●営業力
●パソコンの使いこなし
●記事を書く分野の知識
−−
WEBライターが独学するべき知識・スキルについて、次の見出しから詳しく解説します。

基本的な文章の書き方

WEBライターが独学するべき1つ目の知識・スキルは、基本的な文章の書き方です。
WEB上の記事では結論が先に出てくる文章が好まれる傾向にある点が主な理由となります。
まとまった文章を書いたことがない方はもちろん、ある程度文章を書ける人も自己流で書かないように注意が必要です。
このように、WEBライターは基本的な文章の書き方を独学することが求められます。

「結論を先に出す文章って、どうやって書けばいいの?」
こんな方にはPREP法がおすすめです。
文章の型であるPREP法を使えば、誰でも簡単に結論を先に書くわかりやすい文章が作れます。
PREP法はWEBライターとして記事を書く際に重要なだけでなく、仕事においてもフル活用できる型です。
業績を少しでも上げ、収入アップにつなげたい方は以下の記事をぜひご覧ください。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

情報収集能力

WEBライターが独学するべき2つ目の知識・スキルは、情報収集能力です。
情報収集能力には以下の要素が含まれます。
−−
・正しい情報を見抜いて記事に反映させること
・情報の取捨選択
−−
上記の能力がないと、何を言いたいのか判然としなかったり中身がなかったりする記事を書くことになりクライアントから何度も修正を出される羽目になってしまうでしょう。
WEBライターが記事を書く際に情報を集める手段は主にネットの記事ですが、それ以外の媒体でリサーチする場合も上記の情報能力は同様に重要となります。

このように、WEBライターは情報収集能力を独学で磨く必要があるのです。

SEOライティング

WEBライターが独学するべき3つ目の知識・スキルは、SEOライティングです。
SEOライティングは、WEBブラウザ(主にGoogle)の検索結果で自分の書いた記事が上位に来るようにする執筆方法をいいます。
SEOライティングができるようになると記事がたくさんの人に読んでもらえるようになるため、書いたWEBライターの評価が上がりやすくなるのです。
このような点から、WEBライターはSEOライティングを独学することが求められます。

「SEOライティングについて、実際の記事執筆に落とし込んで詳しく理解しておきたい」
そんな方は、下記の各記事をご覧ください。
記事の構成・執筆それぞれにおいてSEOライティングを活用して書く方法をご紹介しています。
今すぐにでも実践し、収入アップにつなげたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など

【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

相手の意図を読む力

WEBライターが独学するべき4つ目の知識・スキルは、相手の意図を読む力です。
相手の意図を読む力は大きく以下に分けられます。
−−
・依頼された記事の目的は何かを判断する
・記事にどんな情報が必要か予想する
−−
WEBライターが仕事を受ける際や業務中に来る連絡のほとんどはテキストメッセージ(チャットやメールなど)です。
文字を読むだけではわからないので、「相手の意図を読む力」で示している2点について箇条書きでまとめるところから始めてみることをおすすめします。
WEBライターとして当該の依頼で何が求められているのかを自分の言葉で書き直せば、やるべき行動がはっきり見えやすくなるからです。

ここまでやってみてどうしてもわからないところがあれば、迷わずクライアントに質問しましょう。
クライアントは質問を受けると「このライターさんはしっかり考えて記事を書こうとしているな」と評価するからです。

以上のように、WEBライターは相手の意図を読む力を独学する必要があります。

営業力

WEBライターが独学するべき5つ目の知識・スキルは、営業力です。
WEBライターにとっての営業力とは、以下のような能力を指します。

・新規案件への応募:クライアントのメディアでどのような貢献ができるかをアピール
・継続案件の獲得:日々の業務でクライアントに利益アップを狙う提案

WEBライターの新規案件への応募では自身の能力やこれまでの実績を示すことが重要です。
継続して依頼してもらうためにはライティングの作業を漫然と行っているだけでは不十分といえます。

このように、WEBライターは営業力を独学する必要があるのです。

「新規案件を獲得しやすくするために能力や実績を示すにはどうしたらいいの?」
こんな方は、自己PRの文章を作ってみると良いでしょう。
良い自己PRが書ければ、クライアントの目に留まり採用の確率が上がります。
その一方で張り切ってとにかく何でも書いてやろうと思ってしまうと、なかなか採用されずに苦労するかもしれません。
最短距離で希望の案件を勝ち取るための自己PR作成法については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

例文|Webライター未経験者の自己PR・志望動機・プロフィールの作り方

パソコンの使いこなし

WEBライターが独学するべき6つ目の知識・スキルは、パソコンの使いこなしです。
パソコンの使いこなしには、以下の習得が含まれます。

パソコン自体の操作 ・ショートカットキー
・画面キャプチャ・画像編集(デフォルトのアプリでOK)
執筆に使うアプリ・ソフトの操作 ・Googleドキュメント
・Googleスプレッドシート
(またはWord・Excel)
・WordPress(ワードプレス)

上記は執筆の際にフル活用するスキルで、使えれば使えるほど仕事の幅も広がり収入アップにつながります。
いずれも一気に覚えようとすると挫折しやすいので、独学する際は区切って行うなど負担がかからないように取り組むと良いでしょう。
このように、WEBライターはパソコンを使いこなすスキルの独学も求められます。

記事を書く分野の知識

WEBライターが独学するべき7つ目の内容は、記事を書く分野の知識です。
記事を書く分野の知識があると、以下のメリットがあります。

内容の濃い記事を執筆できる 基本的な情報はわかっているので一から調べる必要がなく、より踏み込んだ内容を盛り込めます。
※読者のニーズに応えていることが前提です。
単価が上がりやすくなる 専門的な内容を解説しているメディアはGoogleに評価されやすいため、専門知識のあるWEBライターは歓迎されます。

以上の点から、記事を書く分野の知識をWEBライターが持ち合わせていることは全く損にはなりません。

※ただし初心者の段階から焦って専門分野の知識だけを身につけることはおすすめできません。この点は後述します。

このように、WEBライターは執筆したい記事に関わる分野の知識を独学しておくと良いでしょう。

WEBライターの独学におすすめの教材ジャンル

WEBライターの独学におすすめの教材ジャンルは、以下の4つです。
−−WEBライターの独学におすすめの教材ジャンル−−
●本
●YouTube動画
●WEB記事
●WEBライター講座・スクール
−−
それぞれの教材ジャンルについてメリット・デメリットを把握しながら、自分に合っていそうな学習方法を選んでみてください。
WEBライターにおすすめの教材ジャンルについて、次の見出しから詳しく解説します。

WEBライターの独学におすすめする1つ目の教材ジャンルは本です。
WEBライターの独学教材として、本には以下のメリット・デメリットがあります。

メリット ・手元に置いて見返しやすい
・自由に書き込みができる
・価格が安い(いくら高くても6,000円台)
デメリット ・持ち運びに不便
・内容が古いと役に立たない場合がある

少ない費用でたくさんの知識が得られる点は本の大きなメリットですが、内容が古くなっているケースもあるので注意が必要です。
WEBライターの独学教材としておすすめできる本については、後で詳しく解説します。

YouTube動画:無料で勉強可能

WEBライターの独学におすすめできる2つ目の教材ジャンルは、YouTube動画です。
WEBライターの独学手段として、YouTube動画には以下のメリット・デメリットがあります。

メリット ・無料で独学できる
・場所を問わず学習しやすい
デメリット 体系的な学習がしづらい

無料で独学できる点や学習のしやすさは魅力ですが、どう進めていけば良いかがわかりにくいケースもある点に注意が必要です。
YouTubeで独学する際は一つのチャンネルだけ見るのではなく、さまざまな投稿者の動画を見て情報の偏りがないようにします。
このように、WEBライターの独学教材にはYouTubeもおすすめです。

WEB記事:無料で勉強可能

WEBライターの独学におすすめできる3つ目の教材ジャンルは、WEB記事です。
WEB記事には以下のメリット・デメリットがあります。

メリット ・実際の見本がわかる
・追加のノウハウが得られる
デメリット 情報の真偽が不明な場合がある

WEB記事は実践例を直に観察できる点が優れていますが、真偽不明の情報が書かれている場合もあるのですべてを鵜呑みにはできません。
WEBライターの独学教材に実際の記事を使う場合は、以上の点に気を付ければライティング力アップに役立つでしょう。

WEBライター講座・スクール(無料あり)

WEBライターの独学におすすめできる4つ目の教材ジャンルは、WEBライター講座・スクールです。
WEBライター講座・スクールには以下のメリット・デメリットがあります。

メリット ・実績が十分な講師(または監修の教材)から学べる
・不明点などの質問がしやすい
・記事添削や案件紹介を行っている講座もある
デメリット かなりの費用がかかる(2万円台〜)

WEBライターが独学のために講座を受講しようとするとどうしても費用がネックになりますが、中には無料の講座もあります。
無料講座については、後ほど詳しく解説するのでぜひチェックしてみてください。
WEBライターの独学教材には、費用面さえクリアできれば講座の受講もおすすめです。

WEBライターの独学向け教材|おすすめ書籍

WEBライターの独学向け教材として、おすすめの本を3冊ご紹介します。
−−WEBライターの独学向け教材|おすすめ書籍−−
●『新しい文章力の教室』
●『沈黙のWebライティング』
●『一生使えるWebライティングの教室』
−−
WEBライターの独学向けにおすすめの書籍を、次の見出しから詳しく解説していきます。

『新しい文章力の教室』

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(webライターの始め方を知りたい人におすすめ)

出典:新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング|唐木 元

WEBライターの独学教材として1つ目におすすめする本は、『新しい文章力の教室』です。
『新しい文章力の教室』では、以下の内容を独学できます。

『新しい文章力の教室』で独学できる内容
●文章を書くために必要な構成の立て方
●その他、良い文章を書く前の準備に必要なこと

人に読まれる良い文章を書くコツについてワークシートを使いながら身に付けられるので、独学にもぴったりです。
WEBライターの独学教材としておすすめの『新しい文章力の教室』について、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント 文章を書くために必要な構成の立て方がわかる
ジャンル あらゆる文章の作成
ページ数 208
著者 唐木 元
出版社 インプレス
発売年 2015
書籍の形式 ・単行本
・Kindle版
定価 1,298円
公式サイト 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

WEBライターの教材本『新しい文章力の教室』を使って独学したい方は、上記の公式サイトからチェックしてみてください。

『沈黙のWebライティング』

沈黙のWebライティング(webライターの始め方が気になる人におすすめ)

出典:沈黙のWebライティング -Webマーケッター ボーンの激闘- アップデート・エディション|松尾 茂起

WEBライターの独学教材として2つ目におすすめする本は、『沈黙のWebライティング』です。
『沈黙のWebライティング』では以下の内容を独学できます。

『沈黙のWebライティング』で独学できる内容
●SEOの基本(検索意図・E-A-T・YMYL)について学べる
●その他、検索エンジンに評価される高品質な記事の書き方がわかる

『沈黙のWebライティング』は「沈黙のWeb」シリーズのWEBライティング版で、漫画でSEOの基本を独学できる人気教材です。
WEBライターの独学教材としておすすめの『沈黙のWebライティング』について、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント SEOの基本
(検索意図・E-A-T・YMYLなど)が学べる
ジャンル Webライティング
ページ数 640
著者 松尾 茂起
出版社 エムディエヌコーポレーション
発売年 2022
書籍の形式 ・単行本
・Kindle版
定価 2,195円
公式サイト 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— アップデート・エディション

WEBライターの教材本『沈黙のWebライティング』を使って独学したい方は、上記の公式サイトからチェックしてみてください。

『一生使えるWebライティングの教室』

一生使えるWebライティングの教室(webライターの始め方が気になる人におすすめ)

出典:一生使えるWebライティングの教室|片桐 美知子

WEBライターの独学教材として3つ目におすすめする本は、『一生使えるWebライティングの教室』です。
『一生使えるWebライティングの教室』では、以下の内容を独学できます。

『一生使えるWebライティングの教室』で独学できる内容
●10代(小学校高学年)から大人までどんな人も活用できるライティングの技術
●文章の構成からコピーの作り方までの基本的なテクニック

『一生使えるWebライティングの教室』は著者の片桐氏が大学で行ったWEBライティングの講義をもとに書かれた教材本です。
ライティングの流れが独学できるので、基本を学びつつ実践的なノウハウを身に着けたい方におすすめします。
WEBライターにおすすめの独学教材である『一生使えるWebライティングの教室』について、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント Webライティングの基本を演習しながら学べる
ジャンル Webライティング
ページ数 256
著者 片桐 光知子
出版社 マイナビ出版
発売年 2022
書籍の形式 ・単行本
・Kindle版
定価 2,168円
公式サイト 一生使える Webライティングの教室: 10代から大人まで、基礎から身につく「文章力」Kindle版

教材本『一生使えるWebライティングの教室』を使って独学したい方は、上記の公式サイトからチェックしてみてください。

また、当記事でご紹介しなかった本以外にもWEBライターの独学におすすめできる教材書籍は数多くあります。
WEBライターの独学教材をじっくり選んでみたい方は、下記の記事をご覧ください。

【始め方】webライターおすすめ本14選!初心者向けの教材は?

WEBライターの独学向け教材|おすすめ講座・スクール

WEBライターにおすすめの独学教材として、以下の5講座をご紹介します。
−−WEBライターにおすすめの独学教材|講座・スクール−−
●web+(ウェブタス)
●Writing Hacks
●Udemy
●たのまな WEBライティング講座
●藤崎のWEBライター講座
−−
それぞれの講座にある特徴をざっと把握し、スクール選びにお役立てください。
独学したいWEBライターにおすすめの講座・スクールについて、次の見出しから詳しく解説します。

web+(ウェブタス)

WEBライターの独学教材として1つ目におすすめする講座・スクールは、web+(ウェブタス)です。
web+(ウェブタス)には次のような特徴があります。

web+(ウェブタス)の特徴
・確かな実力を持つプロWebライターの添削(全6回)
・受講&懇切丁寧なサポートが無期限で利用可能
・45日間の全額返金保証あり

web+(ウェブタス)は、無期限で受講できるだけでなくサポートも受け放題のサービスです。
また合わないと感じたら45日以内に限り全額を返金してもらえるので、リスクはかなり小さくなっています。
WEBライターの独学教材としておすすめのweb+(ウェブタス)について、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント ・確かな実力を持つプロWebライターの添削
・受講&懇切丁寧なサポートが無期限で利用可能
・45日間の全額返金保証あり
運営会社 株式会社F.R.Will
学習・サービス内容 WEBライティング
受講形式 オンライン
受講場所 好きな場所(自宅など)
定員 なし
受講期間 制限なし
サポート WEBライティングに関する相談など
口コミ評判 ・「実践を通して学びやすい」
・「受講期限、サポートに制限がなくてコスパが良い」など
料金 16,000円~
※24回払い時の月額。一括は385,000円。
無料相談・無料体験の有無 無料相談あり
公式サイト https://reserve.webtasu.com/p/webwriter-course-v1

WEBライターにおすすめの独学教材である講座・スクールのweb+(ウェブタス)が気になった方は、公式サイトから無料相談に参加してみましょう。
web+(ウェブタス)の口コミ評判について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【評判】webライター講座 ウェブタスの口コミ!料金・おすすめ他スクールとの比較も!

Writing Hacks

WEBライターの独学教材として2つ目におすすめする講座・スクールは、Writing Hacksです。
Writing Hacksには次の特徴があります。

Writing Hacksの特徴
・77本の動画コンテンツで脱初心者WEBライターを目指す
・3回の添削と無制限の質問サポート

Writing Hacksは、添削回数に制限があるものの質問を無制限でできる講座です。
講座は動画で学ぶ形式でお手軽ですが、返金はないのでお試しはできません。
WEBライターの独学教材としておすすめのWriting Hacksについて、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント ・動画コンテンツで学習が完結する
・疑問は無制限で質問可能
・卒業後はWebライティングの案件を紹介してもらえる(一部のみ)
運営会社 株式会社スキルハックス
学習・サービス内容 Webライティング
受講形式 オンライン動画視聴
受講場所 好きな場所(自宅など)
定員 なし
受講期間 制限なし
サポート ・無期限の質問対応
・案件の紹介(一部優秀な卒業生はより優先的に)
料金 69,800円
無料相談・無料体験の有無 なし
公式サイト https://skill-hacks.co.jp/writing-hacks/

WEBライターにおすすめの独学教材である講座・スクールのWriting Hacksが気になった方は、公式サイトから無料相談に参加してみましょう。
Writing Hacksについて、口コミ評判を詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

WritingHacks(ライティングハックス)の評判!稼げない?

Udemy

WEBライターの独学教材として3つ目におすすめする講座・スクールは、Udemyです。
Udemyはさまざまな動画教材を紹介しているプラットフォームで、以下の特徴があります。

Udemyの特徴
・頻繁にセールが開催されておりお得に購入可能
・視聴期限なし
・講師への質問がメールでできる

Udemyの講座は買い切りなので、いつでも見返して学習が可能です。
注意点は講師への質問で、講師自身がメッセージ機能をオフにしている場合はできません。

WEBライターの独学教材が集まっているUdemyについて、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント ・動画コンテンツで学習が完結する
・質問可能(講師による)
運営会社 Udemy,Inc.
学習・サービス内容 Webライティングなど
受講形式 動画視聴
受講場所 好きな場所(自宅など)
定員 なし
受講期間 講座により異なる
サポート 講座により異なる
料金 1,800円〜20,000円程度
無料相談・無料体験の有無 なし
公式サイト https://www.udemy.com/

WEBライターの独学教材としておすすめのUdemyでどんな講座があるか気になる方は、以下からチェックしてみてください。
オンラインコース – いろんなことを、あなたのペースで|Udemy

たのまな WEBライティング講座

WEBライターの独学教材として4つ目におすすめする講座・スクールは、たのまな WEBライティング講座です。
たのまな WEBライティング講座には、以下の特徴があります。

たのまな WEBライティング講座の特徴
・テキストベースで2ヶ月と短い受講期間
・WEBライティング実務士の資格を取得できる

たのまな WEBライティング講座は、動画ではなくテキストを利用して学習するスクールです。
受講期間も2ヶ月と短いほか、資格を取得して報酬アップにつなげることもできます。
WEBライターの独学教材としておすすめのたのまな WEBライティング講座について、基本情報を下記にまとめました。

おすすめポイント ・学習期間が最短2ヶ月と短い
・WEBライティング実務士の資格を取得可能
運営会社 株式会社ヒューマンアカデミー
学習・サービス内容 Webライティング
受講形式 テキスト
受講場所 好きな場所(自宅など)
定員 なし
受講期間 2ヶ月〜6ヶ月
サポート ・WEBライティング実務士の模擬試験
・スキルアップ実習
・質問回答
料金 32,000円
無料相談・無料体験の有無 なし
公式サイト https://www.tanomana.com/product/qualification/webwriting.html

WEBライターにおすすめの独学教材である講座・スクールのたのまな WEBライティング講座が気になった方は、公式サイトからチェックしてみてください。
たのまな WEBライティング講座の評判については、以下の記事で詳しく解説しています。

【たのまな】ヒューマンアカデミーWebライター講座の口コミ評判!料金・添削・ユーキャンと比較!

藤崎のWEBライター講座

WEBライターの独学教材として5つ目におすすめする講座・スクールは、藤崎のWEBライター講座です。
藤崎のWEBライター講座には以下の特徴があります。

藤崎のWEBライター講座が独学に向いている理由
●執筆記事すべてにフィードバックがつく
●忙しい時期などは書く練習を休んでOK
●わからないことは何でも質問できる
●失敗を恐れずに挑戦できる環境がある
●WEBライターとして必要な処世術がわかる
●挫折しそうな時に手厚いフォローが受けられる

藤崎のWebライター講座では、未経験者から経験者までさまざまなライターを教えています。
何度でも記事を書けてわからないことは何でも質問できるなど、他にはないスキルアップのための環境があり安心です。

主婦も受講できる藤崎のWebライター講座のメリット・デメリットは表をご覧ください。

メリット 完全無料で受講できる
●Webライティングを自分のペースで学べる
(プライベートが忙しい時期には休める)
デメリット Zoomなどでのマンツーマンレッスン・グループレッスンは行っていない

藤崎のWEBライター講座は完全無料なので、毎月の予算が限られている主婦や学生の方でもすんなり受講しやすくなっています。
また、プライベートが忙しいときに学習を休めるので安心のWEBライター講座です。

藤崎のWebライター講座では、2023年9月現在ビデオ会議システムによるマンツーマンレッスンやグループレッスンは行っていません
その代わりに講師と1対1でやり取りしながら、課題の提示や添削が行われます。
講師にはライティングの勉強ができない時期を前もって伝えたりライティング全般に関する相談をしたりなど、どなたでも問題なく活用できます。

独学教材としておすすめの藤崎のWEBライター講座について、基本情報は以下の表にまとめました。

おすすめポイント ・個々のレベルに応じた指導が受けられる
・執筆記事すべてにフィードバックがつく
・自分のペースで学習できる(忙しい時期などは休みOK)
・わからないことは何でも質問できる
・失敗を恐れず挑戦できる
・仕事をするときに欠かせない基礎知識が身につく
・挫折しそうな時のフォローが手厚い
学習・サービス内容 ・WEBライティング課題の添削指導
・優良案件の紹介
・報酬発生記事の執筆
受講形式 Chatworkによる課題提示
※講師とのやり取りはすべてChatworkで行う
受講場所 好きな場所(自宅など)
定員 なし
受講期間 制限なし
サポート ・優良案件の紹介
・報酬発生記事の執筆
料金 完全無料
無料相談・無料体験の有無 無料相談あり

WEBライターにおすすめの独学教材である講座・スクールの「藤崎のWEBライター講座」について、口コミ評判を詳しく知りたいなど気になる方は下記の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

独学でWEBライターを始める手順

さまざまな教材を使って、独学でWEBライターを始める手順は次の通りです。
−−独学でWEBライターを始める手順−−
①WEBライティングの知識を軽く頭に入れる
②ブログを開設して学んだ知識を活かす
③自己PRの文章を作る
④クラウドソーシングで案件に応募する
−−
独学でWEBライターを始める手順を把握し、すぐにでもスタートが切れるように備えましょう。
教材を駆使して独学でWEBライターを始める手順を次の見出しから解説します。

①WEBライティングの知識を軽く頭に入れる

独学でWEBライターを始めるときは、まずWEBライティングの知識を軽く頭に入れます。
最初からがっつり学ぼうとするといつまで経ってもWEBライターとして稼げるようにはならないので注意が必要です。
知識を頭に入れる際は、当記事でご紹介しているように以下の手段を試してみてください。
−−WEBライターの独学教材−−
・本
・YouTube動画
・WEB記事
・WEBライター講座・スクール
−−
WEBライターが独学するべき知識・スキルは以下の7つです。
−−WEBライターが独学するべき知識・スキル−−
・基本的な文章の書き方
・情報収集能力
・SEOライティング
・相手の意図を読む力
・営業力
・パソコンの使いこなし
・記事を書く分野の知識
−−
上記のうち、基本的な文章の書き方・情報収集能力・SEOライティングは最優先でマスターしに行くことをおすすめします。
このように、独学でWEBライターを始めるときは最初にWEBライティングの知識を軽く頭に入れると良いでしょう。

「WEBライターとして稼いでいくにはSEOライティングをマスターすることが近道だと聞いたけど、何から独学すれば良いの?」
こんな方は、キーワード(KW)の使い方を学んでみると良いでしょう。
KWを使いこなして記事を書けるようになると、読者の満足度を上げやすくなるなど様々なメリットがあります。
またKWの使い方はSEOライティングの中で比較的独学しやすく、費用対効果も高くなりやすいところが嬉しいポイントです。
KWの使い方を独学してマスターしたい方は、以下の記事をご覧ください。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

②ブログを開設して学んだ知識を活かす

独学でWEBライターを始めたい方は、ブログを開設して学んだ知識を活かしてみましょう。
せっかくWEBライティングの基本を学んでも、実践しなければ意味がないからです。
ブログは好きな分野や興味のある分野で自由に書けるので、楽しく独学できます。

さらに、ブログを開設すると以下のメリットがあります。

独学WEBライターがブログを開設するメリット
・WordPressの操作がわかる
・クライアント目線で記事が書けるようになる
・ブログ自体から収入を得られる可能性がある

このような嬉しい副産物がついてくるので、始めない手はありません。

「ブログの開設は難しそうだな…」
そんな方は、無料で簡単に始められるnoteなどから始めてもOKです。
このように、独学でWEBライターを始めたい方はブログで記事を書いてみましょう。

「そうは言っても、ブログを開設するのは不安…」
こうお考えでWEBライターを始めてみたい方は、下記の記事をご覧ください。
ブログを開設するデメリットやリスクを小さくしながら、メリットを最大化する方法をお伝えしています。
独学で安心してWEBライティングのスキルを磨くためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

問題点|ブログを書くメリットデメリット!効果・リスク・得られるものとは

③自己PRの文章を作る

独学でWEBライターを始めたい方は、ブログを書きつつ自己PRの文章を作ります。
自己PRはWEBライターの案件を取りやすくするために必要であるためです。
自己PRを作るときは以下のポイントを押さえます。
−−自己PRに盛り込みたい内容−−
・自分が書くことで発生する利益
・意欲・興味・関心の高さ
・スキルレベル
・本業などでの経験
・保有資格
−−
自己PRの詳しい書き方や、書いてはいけないポイントなどについては下記の記事で解説しています。
独学でWEBライターを始めてみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

例文|Webライター未経験者の自己PR・志望動機・プロフィールの作り方

④クラウドソーシングで案件に応募する

独学でWEBライターを始めてみたい方は、①〜③までを一通りできたらクラウドソーシングで案件に応募してみましょう。
WEBライターにおすすめのクラウドソーシングは、以下の3つです。

独学WEBライターにおすすめのクラウドソーシング
・クラウドワークス
・ランサーズ
・クラウディア

人によって合う・合わないがあるので、2つほど登録して試しに使ってみることをおすすめします。
このように、独学でWEBライターを始めたい方はクラウドソーシングで案件に応募すればOKです。

クラウドソーシングで案件を獲得する手順や、上記のおすすめサイトなどについては下記の記事で解説しています。
独学でWEBライターを始めてみたい方はぜひチェックしてみてください。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

独学でWEBライターを始めて稼ぐコツ

独学でWEBライターを始め、稼いでいくコツは次の5つです。
−−独学でWEBライターを始めて稼ぐコツ−−
●目標を決める
●実践の数を増やす
●自分で考えるだけでなく質問する
●執筆のスピードを上げる
●最初は色々なジャンルに挑戦し、慣れてきたら得意分野を作る
−−
せっかくWEBライターを始めるのなら、上記のポイントを意識して少しでも稼げるように工夫していくと良いでしょう。
独学でWEBライターを始めて稼ぐコツは、次の見出しから詳しく解説します。

目標を決める

独学でWEBライターを始めて稼ぐ1つ目のコツは、目標を決めることです。
目標があるとモチベーションが上がり、スキルが身につくスピードも上がります。
目標を決める際は、以下のポイントを押さえることが重要です。
−−独学WEBライターの目標設定のポイント−−
・すぐに達成できそうな目標にする
・期限を区切る
−−
長期的すぎたり、現実離れしたりしている目標を立てると、独学WEBライターが長続きしないので注意しましょう。
このように、独学でWEBライターを始めて稼ぐには目標設定がおすすめです。

実践の数を増やす

独学でWEBライターを始めて稼ぐ2つ目のコツは、実践の数を増やすことです。
本を読んだり講座を受けたりしているとどうしてもわかった気になってしまう方がいるかもしれませんが、それではスキルが身につきません。
独学したことは実際の案件やブログなどで記事を書いて試していくことが重要です。
このように、独学でWEBライターを始めて稼ぐにはとにかく実践して経験を積むことをおすすめします。

自分で考えるだけでなく質問する

独学でWEBライターを始めて稼ぐ3つ目のコツは、自分で考えるだけでなく質問することです。
どうしてもわからない点が出てきたとき、WEBライターを始めたばかりだといくら考えても解決には結びつきません。
時間だけが経ち、疲れてそのまま挫折してしまう可能性も十分です。
このような状態に陥らないためにも、独学でWEBライターを始めたい方は不明点を積極的に質問することをおすすめします。

「WEBライターのことについていろいろ聞きたいんだけど、身近にそんな環境がない…」
そんな方には、完全無料で受講できる藤崎のWEBライター講座がおすすめです。
藤崎のWEBライター講座では個々の事情に合わせた指導を提供するなど、サポートも充実しています。
不明点はすぐに質問できるので、安心して学習が可能です。
藤崎のWEBライター講座について、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

執筆のスピードを上げる

独学でWEBライターを始めて稼ぐ4つ目のコツは、執筆のスピードを上げることです。
執筆のスピードが上がれば同じ時間内で書ける記事の数が増え、収入アップに直結します。
独学WEBライターが執筆のスピードを上げるには、以下の手順がおすすめです。
−−独学WEBライターが執筆スピードを上げる手順−−
1 現状のスキルで、1記事を仕上げられる期間(リサーチ・構成・執筆の各段階に分けて)を計る
2 文章の型を使えるようにする
3 集中できる環境を作る
4 1〜3を行い2ヶ月ほど経ったら、もう一度記事を仕上げる期間を計る
−−
1〜4のうち、2以外は教材に頼らなくてもできるので即実践してみましょう。
このように、独学でWEBライターを始めて稼ぐには執筆のスピードアップが有効です。

「独学WEBライターはどんな文章の型を覚えると良いの?」
こんな方には、PREP法のマスターをおすすめします。
PREP法は結論を先に書き、続けて理由→具体例を並べて最後にもう一度結論で締める文章の型です。
論理展開がわかりやすくクライアント請けも良いので、以下の記事からサクッとご確認くださいね。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

最初は色々なジャンルに挑戦し、慣れてきたら得意分野を作る

独学でWEBライターを始めて稼ぐ5つ目のコツは、色々なジャンルに挑戦した後得意分野を作ることです。
ジャンルを広げて書き始めると、以下のメリットがあります。
−−独学WEBライターがさまざまなジャンルに挑戦するメリット−−
・知識の幅が広がる
・学んだWEBライティングの型を実践することに意識が向く
−−
特に上記2点目についてはライティングのテクニック自体を他のメディア・ジャンルでも活かせるため、収入アップのために重要です。
あえて自分の得意分野・好きな分野とは別のジャンルを選び、WEBライティングのテクニックをアウトプットすることに集中しても構いません。
好きな分野でライティングすると、初心者のうちはつい不要なことまで調べたり書いてしまったりする可能性があるためです。
教材はYouTube動画やWEB記事など無料で使えるものから本やスクール・講座など有料のものまで様々ですが、いずれにしても基礎を固めて実践していきましょう。
このように、独学WEBライターが稼ぐにはジャンルを広げて記事を書くことをおすすめします。

「得意分野はおろか好きな分野なんてないけど、どうしたらいいの?」
こんな方ははじめから無理に作る必要はありません。
それでもこの先稼げなくなるのではないかと不安になりそうな方は、下記の記事をご覧ください。
独学WEBライターにおすすめの記事テーマをご紹介しているので、選択肢として頭の片隅に置いておくことをおすすめします。

初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

独学でWEBライターを始めたい人によくある質問

独学でWEBライターを始めたい人によくある質問は、次の6つです。
−−独学でWEBライターを始めたい人によくある質問−−
●副業でWEBライターを始めるとどれくらい稼げる?
●WEBライターにはどんなメリット・デメリットがある?
●得意分野を先に作ってはいけないの?
●WEBライターにはどんな人が向いている?
●WEBライターがまず学ぶべきSEOの知識は?
●WEBライターの独学にはどれくらいの時間がかかる?
−−
独学でWEBライターを始めるときに生じやすい疑問を確認し、すっきりと稼いでいける状態を作っていくと良いでしょう。
独学でWEBライターを始めたい人によくある質問に、次の見出しから答えていきます。

副業でWEBライターを始めるとどれくらい稼げる?

副業で独学WEBライターを始めると、だいたい多くて月収10万円ほど稼げると言われています。
残業が多かったり、他にやるべきことがあったりと時間を割けない場合はもう少し少額の収入を想定しておくほうが良いでしょう。
最初から収入を高望みせず、学習と実践のバランスをとって徐々に稼いでいくつもりでいることをおすすめします。
副業で独学WEBライターを始めた際に注意すべきことや収入アップのコツについては、下記の記事をご覧ください。

Webライターの副業収入!報酬形態・口コミ評判・必要スキル・やり方など

WEBライターにはどんなメリット・デメリットがある?

独学で始められるWEBライターには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット ・初心者でも仕事を受注しやすい
・書いた分だけ必ず稼げる
・さまざまな知識・スキルが身につく
・仕事量を調節しやすい
・自分の経験を活かせる
デメリット ・書かなければ稼げない
・全く勉強しないと仕事をもらえない

WEBライターは初心者でも仕事を獲得しやすいとはいえ、全く勉強せずに稼げるほど甘くはありません。
そこを拡大解釈して「WEBライターはやめとけ」という人もいるくらいです。
独学WEBライターの実態を甘く見てはいけない理由や、乗り越えるコツなどについては下記の記事で解説しています。
地に足をつけてしっかりと独学し、WEBライターとして稼いでいきたい方はぜひチェックしてみてください。

【甘くない】Webライターで食べていくのが難しい理由&儲けるコツとは?

得意分野を先に作ってはいけないの?

独学WEBライターは、得意分野を先に作っては「いけない」とまでは言いません。
最初のうちは分野を選ばずに案件を受けてみて、独学でインプットしたライティングの知識・スキルを発揮するほうが後々稼ぎやすくなります。
最初から得意分野を作りそれ以外の案件は選択肢から外してしまうと、実践の機会を自ら減らすことになるのでおすすめできないのです。
独学WEBライターは、なるべく色々な分野の記事を書くことから始めてみましょう。

「色々な分野があるといっても、具体的にどんなものがあるの?」
こう思っていて独学WEBライターを始めてみたい方は、以下の記事をご覧ください。
WEBライターが執筆する分野の特徴や注意点を解説しているので、自身がどんなテーマの記事に取り組むかのイメージがつきます。

初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

WEBライターにはどんな人が向いている?

独学WEBライターの向き・不向きはそれぞれ以下の特徴を持つ人です。

向いている ・文章を書くことが苦にならない
・クライアントファーストになれる
・コミュニケーションが取れる
・自律して自由な働き方をしたい
・ひとりでパソコンに向かうことが苦にならない
・さまざまな角度で読者の課題を考えられる
向いていない ・文章を書くことが苦手
・自己表現欲が強すぎる
・パソコンの操作が難しい
・好奇心がない
・責任感がない

ほとんどの方は独学でWEBライターを始めるにあたって特別な心構えをする必要はありません。
「それでも自分がWEBライターに向いているか不安」
こんな方は、下記の記事をご覧ください。
向いていないかもしれないけどやってみたい場合の対処法や、仕事を獲得する方法について解説しています。
興味があるのにWEBライターに挑戦せず後悔したくない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

WEBライターがまず学ぶべきSEOの知識は?

WEBライターが教材にこだわらずまず独学するべきSEOの知識は、キーワード(KW)の使い方です。
KWを使いこなして記事を書けるようになると、読者の満足度が上がりクライアントの利益アップにつながるなど収入アップに直結します。
WEBライターによるKWの使い方はSEOライティングの中でも比較的独学しやすいので、当記事でご紹介している本などを用いて知識をインプットしてみてくださいね。

「無料でWEBライターのKWの使い方を手っ取り早く独学したい!」
こんな方は、下記の記事をご覧ください。
KWを記事に盛り込む目的や具体的な執筆手順について解説しているので、すぐにでも実践できます。
初心者WEBライターのうちから収入アップのために独学したい方は要チェックです。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

WEBライターの独学にはどれくらいの時間がかかる?

WEBライターの独学にかかる時間は、教材を問わず一定していません。
もし副業で月に10万円まで稼ぎたいと考えているなら、案件受注やブログなど実践を含めて1年ほどかかるでしょう。
月に2〜3万円までで良いのなら3〜4ヶ月程度でも十分間に合います。

独学にかかる時間を気にするくらいなら、案件を受注してWEBライターの実践をたくさん積むほうが速く稼げるようになり得策です。
独学WEBライターが案件を受注できるおすすめクラウドソーシングは以下の記事でご紹介しているので、今すぐ登録してみてくださいね。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

【まとめ】WEBライターは独学で継続できる

さまざまな教材を使う独学WEBライターについて解説した当記事について、最後に重要ポイントをまとめておきます。
−−当記事の重要ポイント−−
●WEBライターが独学するべき知識・スキルは7つ(SEOライティングが最優先)
●WEBライターを独学で始めるのは4ステップ
●独学でWEBライターを始めて稼ぐには、実践の数を増やすなど5つのコツがある
−−
独学でWEBライターを始めるポイントを押さえておくと、好スタートを切りやすくなり稼ぐスピードも段違いです。
学習と実践のサイクルをしっかり回し、徐々に収入アップを目指していきましょう。

「独学でWEBライターを始めたい人におすすめの教材はある?」
こんな方には、藤崎のWEBライター講座がおすすめです。
藤崎のWEBライター講座では、個々の事情に合わせたスキルアップ法を伝授しています。
わからないことはすぐに質問でき、安心して学習が可能です。
独学におすすめの「藤崎のWEBライター講座」について、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. webライターにOfficeは必要?Googleドキュメントの便利機能も解説
  2. Webライターにおすすめライティング講座が知りたい大学生

目次