初心者Webライターが1時間に2000文字を書くコツと重要性!いくら稼げる?

この記事は14分で読めます

1時間に2000文字を書く初心者Webライター

Webライターにとって、1時間に2000文字書くことは非常に重要なスキルの一つです。

このスキルを身につけることで、仕事量を増やしたり、クライアントからの評価を上げることができます。

しかし、初心者の方にとっては難しいかもしれません。

そこで、今回は初心者Webライターが1時間に2000文字書くためのコツを紹介します。

この記事を最後まで読むと
「初心者Webライターが1時間に2000文字書けるようになると、こんなに良いことがあるのか!」
「こうすれば初心者Webライターでも1時間に2000文字書けるようになるのか!」
などがわかります。

目次

なぜ初心者Webライターは1時間に2000文字を目標にすべきなのか?

1時間に2000文字書けることがなぜ重要か気になる初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を目標にすべき理由には、いくつかの要因が考えられます。

練習量が必要なスキルであるため

初心者Webライターが1時間に2000文字書けるためには練習が必要という人

初心者Webライターが1時間に2000文字を目標にすべき1つ目の理由は、ライティングは練習量が必要なスキルであるためです。文章を書くことは習熟に時間がかかるスキルの一つであり、継続的なトレーニングが必要です。1時間に2000文字という具体的な目標を設定することで、初心者Webライターは効率良くライティングに必要なスピードと質を向上させることができます。

納期に追われる現場で必要な能力であるため

1時間に2000文字書いて納期に間に合わせようと頑張る初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を目標にすべき2つ目の理由は、納期に追われる現場で必要な能力であるためです。ライターとして仕事をする上で、常に短納期の案件が発生することがあります。そのため、短い時間で多くの文章を書かなければならない場面に遭遇します。初心者Webライターのうちから1時間に2000文字を書けるだけのスピードを磨けば、短い納期でも仕事をこなせるのです。

1記事あたりの文字数目安に合致するため

1時間に2000文字書いて目的の文字数に合った初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を目標にすべき3つ目の理由は、1記事あたりの文字数目安に合致するためです。Webライティングにおいては1記事あたりの文字数が指定されることがあります。その指定された文字数に達するためには、ある程度のスピードが必要です。1時間に2000文字を書くことができるスピードがあれば、初心者Webライターであっても1記事あたりの文字数目安に合致させることができます。
以上の理由から、初心者Webライターが1時間に2000文字を目標にすることは非常に有益です。

ただし「1時間で絶対に2000文字を書かなければ初心者Webライターとして認められない」
などとスピードを追求するあまりに文章の質が低下しては意味がありません。初心者Webライターのうちから、1時間に2000文字を目指す程度の適切なスピードかつ正確で読みやすい文章を書くことが大切です。

初心者Webライターが1時間に2000文字書くコツ

1時間に2000文字書くコツを実践する初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書くためには、以下のようなコツがあります。

タイピングスピードを上げる練習をする

タイピングスピードを上げて1時間に2000文字書こうとするWebライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く1つ目のコツは、タイピングスピードを上げることです。タイピングスピードを上げるためには、寿司打などのタイピング練習サイトを利用すると良いでしょう。
毎日の作業終了後に30分練習するだけでも、初心者Webライターのうちから1時間に2000文字×だけの下地ができあがります。

アウトラインを作って構成を整理する

1時間に2000文字書くためにアウトラインを考える初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く2つ目のコツは、文章を書く前にアウトラインを作り構成を作ることです。
構成を作っておくと考えながら書く必要がなくなるので、執筆スピードの大きな向上につながります。
構成を作る手間はかかりますが、結果的に時短でき初心者Webライターでも1時間に2000文字を目指せるようになるのです。

キーワードを活用して効率的に書く

キーワードを使って1時間に2000文字を目指す初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く3つ目のコツは、キーワードを活用した執筆です。記事のテーマからキーワードをどう使うかを考えながら文章を書くと整った記事が書けるので、初心者Webライターでも1時間に2000文字を目指せるようになります。

テンプレートや既存の文章を参考にする

1時間に2000文字書くため既存記事を参考にしてメモする初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く4つ目のコツは、テンプレートや既存の文章を参考にすることです。
一から文章を考えるのは疲弊し、その度合はたくさんの記事を書けば書くほどより顕著になります。
初心者Webライターは執筆する前に、担当メディアの既存記事を見て文章構成や文体などを軽くチェックしておくことがおすすめです。
このような一手間を加えるだけでも、初心者Webライターは1時間に2000文字を目指せるようになります。

集中力を維持するために休憩を取る

ストレスを発散して1時間に2000文字書けたWebライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く5つ目のコツは、集中力を維持するために休憩を撮ることです。
長時間集中することは難しいため、30分に1回や1時間に1回など適度に頭を休めます。
パソコンの前から離れて遠くの景色を眺めたり、軽い運動をしたりするだけでも効果的です。
このようにして、初心者Webライターは1時間に2000文字を書くための環境を作っていくと良いでしょう。

PREP法を使う

1時間に2000文字書くためPREP法の重要性を初心者Webライターに説く人

初心者Webライターが1時間に2000文字書く6つ目のコツは、PREP法の利用です。PREP法とは、Point(ポイント)、Reason(理由)、Example(例)、Point(ポイント)の頭文字を取った文章の構成方法を言います。ポイントを提示してその理由を説明し、具体例を挙げてから再度ポイントをまとめるという流れで構成します。この方法を使うと初心者Webライターも論理的でわかりやすい文章を書くことができ、1時間に2000文字を書く助けになるのです。
初心者Webライターが覚えると1時間に2000文字書ける可能性が高まるPREP法について、詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

辞書登録機能を使う

1時間に2000文字書くために辞書登録をする初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く7つ目のコツは、辞書登録機能の利用です。Webライティングにおいては、特定の用語や固有名詞が出てくることがあります。辞書登録機能をしておけば打ち間違いや誤変換を防いだり、タイピングスピードを上げたりできます。
固有名詞以外にもよく使う単語やフレーズを辞書登録しておくと効率良く文章を書けるため、初心者Webライターでも1時間に2000文字を書ける可能性が出てくるのです。

体調を整える

体調管理ができず1時間に2000文字を書けなかった初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く8つ目のコツは、体調を整えることです。Webライティングは長時間のパソコン作業が必要となるので、初心者Webライターでも目の疲れ・肩こり・腰痛などが起こることがあります。適度な運動・ストレッチ・正しい姿勢での作業が重要です。
また疲れている状態では、集中力が低下します。初心者Webライターであっても可能な限り十分な睡眠や栄養バランスの良い食事も心がけたいところです。
このように体調を整えることで、初心者Webライターが1時間に2000文字を書ける可能性が高まります。

最も集中しやすい環境を作る

集中しやすい環境で1時間に2000文字を書く初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く9つ目のコツは、最も集中しやすい環境を作ることです。Webライティングは思考力が必要な作業なので、静かな場所・音楽を聴きながら・周りを暗くして作業するなど、自分に合った環境を作ることが大切です。
集中力を高めれば執筆スピードが上がり、初心者Webライターでも1時間に2000文字書ける可能性が出てきます。

もし現在パソコンの性能がよくないことで執筆スピードが上がらないと悩んでいる初心者Webライターは、以下の関連記事がおすすめです。
1時間に2000文字を軽く書けるだけでなく、Webライティングに必要なすべての作業をサクサク行えるパソコンを厳選して紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

webライター向けの安いパソコン!Office付きSurfaceやMacBookは?

初心者Webライターが1時間に2000文字書けた際の報酬を文字単価別にシミュレーションしてみた

初心者Webライターが1時間に2000文字書いたときの報酬を示す人

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けた場合、報酬は文字単価によって異なります。ここでは、文字単価別にシミュレーションしてみた結果を紹介します。

これからお伝えするシミュレーション結果を見ると、文字単価が高くなるほど1時間あたりの報酬も高くなることがわかります。

1. 文字単価0.5円の場合

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けると、1時間あたりの報酬は1000円となります。

1日に6時間書けると仮定すると、1日の報酬は6,000円になります。

2. 文字単価0.7円の場合

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けると、報酬は1400円となります。

1日に6時間書けると仮定すると、1日の報酬は8,400円になります。

3. 文字単価1.0円の場合

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けると、報酬は2000円です。
1日に6時間書けると仮定すると1日の報酬は12,000円になります。

4. 文字単価1.2円の場合

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けると、報酬は2400円となります。

1日に6時間書けると仮定すると、1日の報酬は14,400円になります。

5. 文字単価1.5円の場合

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けると、報酬は3000円となります。

文字単価が1.5円の場合、初心者Webライターが1時間に2000文字を書くと報酬は3000円になります。1日に6時間書けると仮定すると、1日の報酬は18,000円になります。

これらはあくまでも目安であり、契約内容や案件によって単価は異なるため実際の報酬は変動します。また初心者Webライターの場合、スキルや経験値が浅いことが多いため、単価が低くなりがちです。しかし、初心者Webライターがキャリアアップを目指して継続的にスキルアップしていくと、1時間に2000文字を書いたときより高い単価で仕事を受注できるようになるでしょう。

「文字単価1.8円といわず、2円・3円と上げていきたい」
そんな初心者Webライターは、どのような行動が必要なのでしょうか。
以下の記事では、初心者Webライターが文字単価2円を目指すコツを解説しているのでぜひチェックしてみてください。

 【完全解説】webライターの報酬体系としての文字単価2円について

初心者Webライターが1時間に2000文字書けるといくら稼げるのか?

1時間に2000文字書くといくら稼げるか考える初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書けるといくら稼げるのかについて、考えてみましょう。

稼げる金額は案件や契約内容によって異なる

1時間に2000文字書いたときの稼げる金額に疑問を持つ初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書いたとしても、稼げる金額は案件や契約内容によって異なる点を考えなくてはなりません。例えば、ブログ記事を書く仕事であれば1記事あたり数千円から数万円程度の報酬がもらえることがあります。広告代理店などの企業から依頼を受ける場合は、1文字あたり数円から10円程度の報酬が設定されていることがあります。報酬が高い案件であれば、初心者Webライターでも1時間に2000文字書くと数千円から数万円以上の収入が見込めます。

ライターのスキルや経験値にも影響される

経験を積んで1時間に2000文字以上書けるようになった初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書くとしても、ライターのスキルや経験値にも影響される点は押さえておく必要があります。初心者であればスキルが未熟なため、高い報酬をもらえる仕事の受注は困難です。しかし初心者Webライターでも経験を積んでスキルを磨けばより高い報酬を得ることができるようになり、1時間に2000文字書いたときたくさん稼げるようになります。

単価や報酬制度によっても変わる

1時間に2000文字書いたとしても、初心者Webライターが稼げる額が変わると説明する人

初心者Webライターが1時間に2000文字書いたとしても、稼げる金額は単価や報酬制度によっても変わる点を考慮する必要があります。例えば1記事あたりの報酬が決まっている場合と、1文字あたりの報酬が決まっている場合とでは、稼ぎ方に違いがあります。初心者Webライターであっても単価が高い場合は、同じ量の文字(1時間に2000文字)を書いても、より高い報酬を得ることができます。

1時間に2000文字を書けるスピードがあれば、案件受注率が上がる可能性がある

1時間に2000文字書いて案件受注率を上げた初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を書くことができるスピードを身に着けていると、案件受注率が上がる可能性があります。依頼主からすると短い期間で多くの文章を書いてもらえるほうがコスパがよくなるためです。
初心者Webライターは1時間に2000文字という目標をクリアできるよう、先述したようにタイピング練習などの鍛錬を日々繰り返すことが求められます。

長期的な視野でキャリアアップすると、より高い単価で仕事を受注できるようになる

長期的な視点でキャリアアップできた初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けることを目指しつつ長期的な視野でのキャリアアップを目指すと、より高い単価で仕事を受注できるようになります。ライターとしての経験やスキルが高まるにつれて依頼主からの評価も高くなります。その結果より高い報酬を得ることができるようになるのです。

以上のことから、初心者Webライターが1時間に2000文字書けると数千円から数万円程度の報酬が得られることがあるといえます。ただし収入には多くの要素が影響するので、自身で対処できる部分については一つずつクリアしていくことが重要です。

【1時間に2000文字】初心者Webライターが案件を獲得するためにすべきこととは?

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながらすべきことを示す人

初心者Webライターが1時間に2000文字を書く練習をしながら、案件獲得のためにすべきことをいくつかご紹介します。

ポートフォリオの作成・充実

1時間に2000文字書く練習をしつつポートフォリオを作る初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字を書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと1つ目は、ポートフォリオの作成です。ポートフォリオはライターとしてのスキルをアピールするために作ります。ポートフォリオとは、過去に執筆した記事やコンテンツのリストやその成果物をまとめたものです。自分自身が書いたコンテンツの質や分野別の経験を見せることで、自分の実力をアピールすることができます。
このようにして、初心者Webライターも1時間に2000文字書く練習をしながらポートフォリオを作ると良いでしょう。

ライティング技術の向上・継続的な学習

ライティング技術をコツコツ鍛える初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと2つ目は、ライティング技術の向上と継続的な学習です。Webライターとして仕事をする上で、ライティング技術の向上はいつでも求められます。具体的には、文章力・キーワードの使い方・タイトルの作り方などが挙げられます。初心者Webライターのうちから1時間に2000文字書く練習をしつつ継続的に学習することで自分自身のスキルアップに繋がり、仕事の幅も広がります。

SNSやブログ等を活用した自己アピール

1時間に2000文字書く合間にSNSを更新する初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと3つ目は、SNSやブログなどを活用した自分自身のアピールです。TwitterやInstagramなどで自分の作品や学びを発信すると、他の人に自分の存在を知ってもらうことができます。また、ブログを運営することで、自分の得意分野について書きながら知識や思考力をアピールできます。

ブログ記事を書くときに1時間に2000文字を目指せば、初心者Webライターはこの上ないスキルアップができます。
下記の記事では、初心者Webライターがブログを始める方法について解説しているのでぜひチェックしてみてください。

【初心者】webライターのブログの始め方!どっちもすべきなの?

クラウドソーシングサイトの利用・応募

1時間に2000文字書く練習の合間にクラウドソーシングで案件を見つけた初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと4つ目は、クラウドソーシングサイトの利用と応募です。
クラウドソーシングサイトには初心者Webライターが応募可能な案件が多数掲載されており、自分に合った案件を選ぶことができます。また、クラウドソーシングサイトを利用すれば案件のやり取りや報酬の受け取りなどが簡単に行えるため、手軽に仕事を受注することができます。
代表的なクラウドソーシングサイトには、ランサーズやクラウドワークスがあります。1時間に2000文字を書けない初心者Webライターでも応募できる案件もあるので、幅広く利用してみると良いでしょう。

下記の記事では、1時間に2000文字をまだ書けない初心者Webライターにもおすすめのクラウドソーシングを厳選してご紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

ライター専門の求人サイトや転職エージェントを利用した仕事探し

1時間に2000文字を書いて求人サイトや転職エージェントを利用する初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと5つ目は、Webライター専門の求人サイトや転職エージェントの活用です。これらを利用すればより専門性の高い仕事や高単価の案件を獲得することができます。求人サイトや転職エージェントではWebライター自身の経歴やスキルに合った求人情報が配信されるため、自分に合った仕事を探すことができます。求人サイトや転職エージェントは、案件の紹介から面接対策までサポートしてくれるため、初めての仕事探しでも安心して利用することができます。
このようにして初心者Webライターが1時間に2000文字書けるだけのスキルを磨きながら将来の案件獲得手段を知っておくと、収入アップにもつながるのです。

「1時間に2000文字以上書けるようになったら、ゆくゆくはWebライターへの転職も選択肢に入れてみようかな」
こう考えている初心者Webライターは、下記の記事をサクッと読んで転職までの道筋をイメージしてみてくださいね。

未経験からWebライターに転職するコツ・準備法!在宅の求人例は?

専門性を持ったニッチな分野への特化

1時間に2000文字書きつつ初心者Webライターがつけた専門知識

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと6つ目は、専門性を持ったニッチな分野への特化です。Webライターには多岐にわたるジャンルのテーマに対応するニーズがありますが、専門性を持った分野に特化することも案件獲得につながります。たとえば食品・料理・ファッション・医療・健康・自動車・IT・金融など、それぞれの分野に詳しく、かつ高いライティングスキルを持っているライターが求められているのです。初心者Webライターが1時間に2000文字を書きながら専門性をもつことで、高単価な案件を獲得できるチャンスが広がります。

優良顧客との長期的な関係構築に注力

1時間に2000文字以上を書き顧客から高評価を得た初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと7つ目は、優良顧客との長期的な関係構築にも注力することです。クライアントのニーズに合わせた高品質なコンテンツを提供して信頼関係を築けば、リピート率を上げることができます。また、クライアントの業界についての知識を深めて的確な提案を行えば、さらなる信頼を得ることができます。
後者は初心者Webライターがすぐにできることではありませんが、1時間に2000文字書く練習をしながら少しずつ知識レベルを上げていくと良いでしょう。

動画やSNS、SEO対策などトレンドに合わせたマーケティング戦略の活用

日々加速する情報スピードに順応する初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと8つ目は、トレンドに合わせたマーケティング戦略を行うことです。トレンドに合わせたマーケティング戦略を活用して自己アピールを行うことで、新規クライアントの獲得につなげることができます。ただしマーケティングは常に変化する分野であるため、初心者Webライターは1時間に2000文字書く練習をしながら最新の情報に敏感に反応することが必要です。

業界の情報収集・分析を行い、マーケットのトレンドに敏感に反応する

1時間に2000文字書き競合の情報収集をする初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら案件獲得のためにすべきこと9つ目は、業界の情報収集・分析です。常にマーケットのトレンドに敏感に反応し、需要が高まっている分野に注目して取り組むことが求められます。競合他社の分析を行い差別化戦略を模索することも大切です。自分が得意な分野や他のライターと差別化できる強みを磨いてアピールすると、さらなる仕事を獲得することができます。

最後に、初心者Webライターは1時間に2000文字書く練習をしながら長期的な視点で業界内で信頼される存在になることが大切です。クライアントとの信頼関係を築き、クオリティの高い仕事を積み重ねて、1時間に2000文字書けない初心者Webライターのうちから優良顧客との長期的な関係構築に注力しましょう。

競合他社の分析・差別化戦略の模索

1時間に2000文字書けるようになり差別化のポイントを探る初心者Webライター

初心者Webライターが1時間に2000文字書く練習をしながら行うべき競合他社の分析と差別化戦略は、Webライターが仕事を獲得する上で非常に重要な要素です。競合他社を分析すれば、自社の強みや弱み、他社との差別化ポイントを把握することができます。差別化戦略を練ることで、他社とは異なる付加価値を提供することができ、仕事獲得に有利になります。
1時間に2000文字書く練習が必要な初心者Webライターが行う競合他社の分析には、以下のようなポイントがあります。

他社のWebサイトやSNSアカウント、ポートフォリオなどの情報収集
他社のサービスや商品、コンテンツ、価格設定などの比較分析
他社の顧客層やターゲット層の把握

差別化戦略を練るためには、以下のようなアプローチがあります。

自社の強みを明確にし、他社との違いを明確にする
ターゲット層のニーズを把握し、そのニーズに合わせた提案をする
競合他社とは異なるサービスや商品、コンテンツを提供する
品質やサービスの向上に注力する

競合他社の分析と差別化戦略は、1時間に2000文字書く練習を行っている初心者Webライターが案件を獲得するためにも非常に重要な要素です。自社の強みを理解し、顧客に付加価値を提供することで、1時間に2000文字書けなかったとしても初心者Webライターが差別化に成功する可能性が出てきます。

1時間に2000文字書きたい初心者Webライターによくある質問

初心者Webライターが1時間に2000文字書くことについて質問する人

初心者のWebライターが1時間に2000文字を書くためには、慣れや経験が必要です。最初は時間がかかっても定期的な練習でスピードアップできます。また、文章の構成やアウトラインを決めることで、無駄な時間を省けます。さらに、集中力を維持するためには適度な休憩を取ることも重要です。初心者Webライターは1時間2000文字に届かなくても焦らずに練習を続け、徐々にスピードアップしていくことが大切です。

2000文字の記事を書くといくら稼げる?(2000文字の単価はいくら?)

1時間に2000文字書くとどれくらい稼げるか気になるWebライター

2000文字の記事を書くといくら稼げるかは、Webライターによって異なります。単価は、Webライターのスキルや経験、依頼元の要望などによって変動します。ただし、一般的には初心者Webライターの文字単価は、0.3円から1.5円程度が相場とされています。つまり、2000文字の記事を書くと2000円から1万円程度の報酬がもらえることになります。

初心者Webライターにとって、1時間に2000文字の記事を書くことは、一定のレベルに達するための大きな課題の1つです。しかし、2000文字の記事を書くといくら稼げるかは、記事の内容や執筆者の経験によって異なります。

例えば、SEO対策が施された商品紹介記事やニュース記事などは高い単価がつきやすい傾向があります。一方で、自分の経験談や感想を書いたブログ記事や、大量の情報をまとめたリスト記事などは、単価が低い傾向があります。

また、2000文字の記事の単価は、記事の長さだけでなく、執筆者の経験やスキルにも影響されます。初心者Webライターは、1文字あたり1円程度の単価が一般的ですが、中級者になると1文字あたり2円程度、上級者になると3円以上となる場合もあります。

初心者Webライターが1時間に2000文字の記事を書くといくら稼げるかは、記事の種類や単価、執筆者の経験やスキルなど様々な要因によって異なるため、あくまでも目安として捉えることが大切です。

本当のところWebライターは1日に何文字書けるの?

1時間に2000文字書いたときの初心者Webライターの字数が気になる人

初心者Webライターは1時間に2000文字書けることを目標にしたほうがいいと言われますが、実際のところWebライターが1日に書ける文字数は人によって異なります。一般的に1日で書ける字数は4,000〜2万字程度と言われています。これは一定のペースで書き続けられる場合の話であり、実際には記事のテーマ・内容・締切・体調などによって大きく変わることがあります。無理をして1時間あたりに書く文字数を増やすと、文章の質が低下し文字単価が下がる・契約を打ち切られるなどのリスクが高まるため注意が必要です。
特に初心者Webライターは文章執筆や調査にかなりの時間がかかるため、1時間に2000文字どころか1日に書ける文字数がこれよりも少ないことがあります。しかし経験を積んでいくにつれて、スピードを上げることは十分可能です。

また、Webライターの案件の中には報酬に応じて文字数が決まる場合があるので、ある程度の文字数を書く必要があります。例えば1記事あたりの単価が3円だとしたら、2000文字の記事を書いてもわずか6000円ということになります。そのため、1時間に2000文字以上書けるようになってたくさんの記事を書くことが求められます。

初心者Webライターが1日に書ける文字数1時間2000文字相当以上に増やすためには、文章の書き方を工夫したり調べるスピードを上げたりする方法があります。また定期的な運動や休憩をとることで、集中力を保ちながら長時間文章を書ける可能性が高くなります。
さまざまな方法を試しながら、初心者Webライターは1時間に2000文字以上の執筆スピードを目指すと良いでしょう。

Webライターが1日に書ける字数について詳しく知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてください。

【Webライター】1日の文字数は?収入・文字数を増やすコツなど

Webライターの執筆スピードは1時間で何文字?

平均的な執筆スピードが1時間に2000文字以上か気になる初心者Webライター

「初心者Webライターは1時間に2000文字を目指すと良い」と本記事で幾度となく述べてきましたが、Webライターの執筆スピードは個人差が大きいものです。一般的には1時間に1000文字から2000文字程度を書けるようになることが望ましいとされています。初心者の場合はその数値に届かない(1時間に300~500字など)ことが多いので、いずれスピードアップを目指す必要が出てきます。
ちなみに初心者Webライターが1時間に2000文字を書けるようになると、短いWeb記事の文字数である600〜800字程度の記事を書くと2・3本は完了できるようになります。

また、1時間に2000文字などという執筆スピードは初心者Webライターが書く文章のクオリティーにも関係してきます。素早く書くことが大切である一方で、読みやすく的確な情報を伝えることが求められます。そのため、初心者Webライターが執筆スピードを1時間に2000文字にしようとするあまりに文章のクオリティーを下げることは避けるべきです。

また、執筆スピードは文章の内容によっても異なります。例えば、情報を深く掘り下げた長文記事は慎重に取材を行って情報を整理する必要があるため、初心者Webライターでなくとも1時間で2000文字を書くのは難しいかもしれません。一方で簡単な商品紹介などの短文記事は、比較的スピーディーに書くことができます。

そのため初心者Webライターが執筆スピードを上げるためには、まずは文章の種類に合わせた執筆スタイルを確立することが大切です。文章を書く前に初心者Webライターもアウトラインをしっかりと作成することで、1時間に2000文字以上のスムーズな執筆が可能になることもあります。

初心者Webライターの報酬は1記事いくら?

1時間に2000文字書けるかどうかは別にして初心者Webライターの報酬が気になる人

1時間に2000文字を書く練習中の初心者Webライターに限らず、一般的にWebライターの報酬は1記事あたり1,000円から5,000円程度が相場とされています。依頼の内容やスキルによっては、もっと高い報酬をもらえることもあります。一部のWebライターは、ページビュー数・クリック数・成約数などに応じた報酬を受け取る場合もあるようです。

1時間に2000文字を書けないような初心者Webライターの報酬でも、依頼主によって異なります。記事の長さ・難易度・ジャンル・依頼主の予算などによって変動します。また、Webライティングサービスを提供するプラットフォームによっても報酬は異なる場合があります。

報酬においては、記事の納品数や納期も考慮されます。多くの場合、Webライティングサービスを提供するプラットフォームでは、クライアントとの取引によって手数料が発生することがあります。手数料は報酬の一部として引かれることが多いため、特に1時間に2000文字を書く練習中の初心者Webライターが報酬額を算出する際には注意が必要です。

報酬の相場を知るためには、業界のトレンドや競合他社の報酬設定を調べることが重要です。また、1時間に2000文字書けない初心者Webライターから脱して自分の執筆能力に自信がついた場合には、クライアントに対して高品質な記事を納品し報酬を引き上げることもできます。

「Webライターは稼げないと聞いたから、やめておいたほうがいいかな?」
もしこのように考えているなら、かなりもったいないかもしれません。
コツを押さえれば今1時間に2000文字書けない初心者Webライターでも稼げるようになるので、詳しく知りたい方は下記の記事もチェックしてみてくださいね。

【統計7割】「Webライターは稼げない」は間違い!ダメライターの特徴・儲けるコツとは

初心者Webライター必見!「1時間に2000文字を書くコツ」のまとめ

初心者Webライターが1時間に2000文字書くことについてまとめる人たち

初心者Webライターが1時間に2000文字を書くことは仕事の効率性を高め、報酬を最大化するために重要です。

初心者Webライターが1時間に2000文字を書けるようになることには、多くのメリットがあります。まず、ライティングのスキルが向上し、効率的に仕事が進められるようになります。また、より多くの案件をこなせるようになり、収入の増加に繋がることが期待できます。さらに、文章力が向上することで、自分のアピール力がアップし、クライアントから高い評価を得ることができます。また、1日に6時間執筆すれば、文字単価が0.5円の場合であっても1日あたり6000円の報酬を得ることができます。そのため、初心者Webライターのキャリアアップにとって1時間に2000文字を書けるようになることは非常に重要なスキルであり、時間をかけた鍛錬が必要です。

ライティングスキルの向上と継続的な学習、自己アピールのためのSNSやブログ活用、クラウドソーシングサイトの利用、専門性のニッチな分野への特化、優良顧客との長期的な関係構築、トレンドに合わせたマーケティング戦略、業界の情報収集と分析、競合他社の分析と差別化戦略の模索など、1時間に2000文字を書く練習中の初心者Webライターが仕事を獲得してキャリアアップするための様々なポイントがあります。書き方のコツとしては、読者の興味を引くタイトルをつけ、段落を使って構成を整え、簡潔で明快な文章を心がけることが重要です。また、自分自身の意見や経験を交えることで読者との共感を生み出し、文章のクオリティを向上させることができます。
当記事を参考にしながら、初心者Webライターの方は1時間に2000文字の目標をクリアし、報酬アップをつかんでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仕事用におすすめのパソコンを13台厳選してご紹介。クリエイター向けモデルも解説。
  2. 高校生のwebライターの始め方

目次