Webライターは文字単価10円を目指せる!レベルと最短スキルアップ方法を徹底解説

この記事は15分で読めます

「文字単価10円のWebライターってどうやったらなれるの?」

「文字単価10円のWebライターに求められることは?」

文字単価10円のWebライターと聞いて、上記のように不安に感じる方もいることでしょう。

Webライターは自宅でできる在宅ワークですが、文字単価10円を狙うチャンスもある大きな可能性を秘めた仕事です。

しかし文字単価10円のWebライターは周りにそういるものではないので、情報を得る機会はあまりありません。

当記事では、文字単価10円のWebライターのレベルとスキルアップのためのノウハウなどを解説します。

文字単価10円になるスキルアップ法などを把握することで、文字単価10円を超えることも可能です。

最短で文字単価10円に到達したいWebライターの方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【文字単価10円も狙える】Webライターとは

文字単価10円を狙えるWebライターは、インターネット上で記事やコンテンツを執筆する仕事です。

報酬の形態には、単価制報酬・成果報酬・時間制報酬・プロジェクト報酬の4つがあります。

特に、単価制報酬の中でも10円を狙うチャンスがある文字単価での仕事が多く、初心者でも始めやすいという特徴があります。

単価が上がるにつれ要求されるライティングのレベルは高くなるため、この記事の後半にあるWebライターとして文字単価10円を狙う方法もぜひ参考にしてみてください。

「Webライターってどんなことをするの?」
そんな方は、下記の動画をご覧ください。
Webライターと一口に言っても、さまざまな種類があることがわかります。

Webライターは基本的にネット上で完結する自由度の高い仕事なので、ニートの方にもおすすめです。
下記の記事では、ニートの方が無理なくWebライターを始めて続ける方法を解説しています。
「Webライター、ちょっとやってみようかな」と思ったニートの方は、ぜひご覧くださいね。

【パソコン1台】ニート・無職は未経験でWebライターを始められる

文字単価10円を狙うために知っておきたい「Webライターの報酬制度」

文字単価10円を狙うために知っておきたいWebライターの報酬制度は、大きく分けて次の4つです。

――――――――文字単価10円を狙うために知りたいWebライターの報酬制度――――――――

●単価制報酬

●成果報酬

●時間制報酬

●プロジェクト制報酬

――――――――

文字単価10円を狙うため、まずは報酬制度について理解しましょう。

文字単価10円を狙うために知っておきたい報酬制度について、次の見出しから詳しく解説します。

単価制報酬

「文字単価10円」などと呼ばれるWebライターの単価制報酬とは、文章1文字あたりまたは記事あたりの価格が決まっている報酬制度です。

文章1文字あたりの報酬は文字単価、1記事あたりの報酬は記事単価といいます。

文字単価の場合は文字数が多くなるほど報酬も多くなるため文字を量産しようとする人がいるのも事実です。

しかし無駄に文字数を増やすと低品質な記事とみなされ、文字単価10円に到達するどころか仕事を失うリスクもあります。

以上、「文字単価10円」などと呼ばれるWebライターの単価制報酬の解説でした。

成果報酬

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系には、成果報酬があります。

Webライターの成果報酬は、執筆した記事が一定の成果を出した場合に報酬が支払われる制度のことです。

成果には、アクセス数・リピート数・成約率・売上などがあります。

設定目標を達成すれば高額な報酬を得られますが、成果を出せなかった場合には報酬が出ないリスクと隣り合わせです。

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系として、成果報酬を解説しました。

時間制報酬

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系には、時間制報酬があります。

時間制報酬とは、働いた時間に応じて報酬が支払われる制度のことです。

アルバイト・パートの時給と似たような報酬体系と考えても構いません。

Webライターの時間制の仕事内容には記事の作成だけでなく、ライティングに関係する業務全般(プロジェクト管理など)が含まれる場合もあります。

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系として、時間制報酬を解説しました。

プロジェクト報酬

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系には、プロジェクト報酬もあります。

Webライターのプロジェクト報酬とは、複数の記事やページの作成など、一定業務を受託した場合に報酬が支払われる制度のことです。

複数の記事を作成するため、単価制報酬よりも報酬が高くなることがあります。

一定の期限内にプロジェクトを完了する必要があり、高い技能が求められやすい点に注意が必要です。

Webライターが10円を狙える文字単価以外の報酬体系として、プロジェクト報酬を解説しました。

【10円も狙える】Webライターの「文字単価」とは?

10円も狙えるWebライターの文字単価について、次の2つのポイントに絞り解説します。

――――――――10円も狙えるWebライターの文字単価――――――――

●文字単価とは

●文字単価の相場

――――――――

文字単価についての基本を把握し、収入についての知識をさらに深めましょう。

10円も狙えるWebライターの文字単価について、次の見出しから詳しく解説します。

文字単価とは

Webライターが10円を狙える文字単価とは、一文字あたりの単価のことです。

例えば、1,0000文字の記事を書く場合、文字単価が10円ならば100,000円の報酬となります。

Webライターは文字単価で報酬が決まることが多いため、文字単価10円レベルなどを目指すことが報酬アップに直結すると押さえておくと良いでしょう。

文字単価の相場

Webライターの文字単価の相場は、一般的に0.5円から10円程度です。

ただし依頼内容によっては、もっと高い文字単価で働くこともできます。

例えば医療・法律などに関する記事は、高度に専門的な知識を必要とするためWebライターの文字単価が10円レベルなどに高くなる傾向にあります。

また、人気のあるライターであれば文字単価が高めに設定されやすい点も押さえておくと良いでしょう。

なお初心者のWebライターなら文字単価は0.1円から0.6円程度が相場ですが、依頼内容によってはもっと高い文字単価が提示されることもあります。

10円を狙えるWebライターの文字単価の相場の解説でした。

「Webライターの文字単価別のレベルについて、詳しく確認しておきたい」
そんな方は、以下の動画をご覧ください。

文字単価1円〜3円のWebライターに求められるスキルや仕事内容が解説されています。

「Webライターが文字単価を上げるにはどうすればいいの?」
そう思った方は、下記の記事が参考になるかもしれません。
各文字単価レベル(1円未満〜10円以上)に必要なスキルを身につける方法を詳しく解説しています。

【種類・ランク別】Webライターの単価とは?文字・記事・時間など

Webライターが文字単価10円で働く場合の仕事内容

Webライターが文字単価10円で働くときの仕事内容は主に次の2つです。

――――――――文字単価10円レベルのWebライターの仕事内容――――――――

●取材・インタビュー記事の執筆

●特定の高収益分野(不動産・金融・美容など)の執筆

●HP制作の他要素(デザインなど)関係の業務

――――――――

文字単価10円レベルのWebライターは、執筆する分野が初心者〜上級者のライターとは全く違うことがわかります。

では、文字単価10円になるためにはどのようなスキルが必要なのかを見ていきましょう。

Webライターとして文字単価10円を稼ぐために必要なスキル

Webライターとして文字単価10円を稼ぐために必要なスキルは次の6つです。

――――――――Webライターとして文字単価10円を稼ぐためのスキル――――――――

●文章力

●ネットリサーチ能力

●SEO対策の知識

●コミュニケーション能力

●プロジェクト管理能力

●クリエイティブな発想力

――――――――

文字単価10円のWebライターになろうと思っている方は、上記のスキルを把握してこれからの行動につなげましょう。

Webライターとして文字単価10円を稼ぐための必要スキルについて、次の見出しから詳しく解説します。

文章力

文字単価10円レベルのWebライターに必要な1つ目のスキルは、文章力です。

文章力はWebライターにとって最も基本的なスキルの一つで、文字単価10円の人でも例外ではありません。

Webライターは文学的な表現を使うのではなく、正しい日本語を使って読者の理解を促す文章に仕上げることが重要です。

このように、文字単価10円レベルのWebライターには文章力が欠かせません。

「文章を書くのが苦手で、いつも執筆に時間がかかってしまう」
「書きたいことはわかっているのに、うまく表現できない」
こんなお悩みをお持ちのWebライターさんには、PREP法の習得がおすすめです。
PREP法を使えば論理構成がまとまり読みやすくなるので、クライアントの評価が下がりにくくなります。

下記の記事で例文を交えながらPREP法を解説しているので、ぜひ参考になさってください。

【文章フレームワーク】仕事で使えるPREP法とは?例文・悪い例

PREP法を使うと執筆速度が上がり、Webライターに必要とされる「1時間2000文字」のラインを超えやすくなります。
下記の記事では、PREP法以外に文章を速く書く方法について解説しているのでこちらも要チェックです。

初心者Webライターが1時間に2000文字を書くコツと重要性!いくら稼げる?

ネットリサーチ能力

文字単価10円レベルのWebライターに必要な2つ目のスキルは、ネットリサーチ能力です。

文字単価10円のWebライターなら、情報収集の効率化だけでなく裏の取れる情報をいかに獲得できるかも重要視されます。

情報収集のスピードを上げるためには、Google検索結果の上位情報を見る前にKWやテーマに沿ってどのような文章が求められているかを考えておくことが有効です。

裏の取れる情報を取るためには、公的機関のホームページにアクセスできるだけでなく専門家へのネットワークも必要となる場合があります。

このように、文字単価10円レベルのWebライターにはネットリサーチ能力も不可欠です。

SEO対策の知識

文字単価10円レベルのWebライターに必要な3つ目のスキルは、SEO対策の知識です。

SEO対策は、Webページが検索エンジン上位に表示されるための対策をいいます。

文字単価10円のWebライターなら最新のSEO対策を知って使いこなすことが必要です。

最新のSEO対策について書かれた専門家の記事を読むなどして、日々学習しましょう。

「WebライターのSEO対策で押さえておくべき事項は何だろう?」
このような方は、まずキーワード(KW)を適切に記事へ盛り込めるようになることを目指すと良いですよ。
「KWって何?」
「どうやって記事にKWを盛り込めばいいの?」
といった疑問を、下記の記事で解決します。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

画像の使用も、WebライターのSEO対策で重要な要素です。
こちらは下記の記事からご覧ください。

初心者Webライター向け|画像選定のコツ・おすすめのフリー素材サイト・image作成方法など

このように、文字単価10円レベルのWebライターにはSEO対策の知識が不可欠です。

コミュニケーション能力

文字単価10円レベルのWebライターに必要な4つ目のスキルは、コミュニケーション能力です。

Webライターは、クライアント・ディレクターとのコミュニケーションがないとやっていけません。

クライアントの要望やディレクターの指示に迅速かつ正確に対応し、報告・提案を上げることは必須です。

常にクライアント・ディレクターの意向に注意しながら記事を書き、いついかなる場合でも柔軟に対応できることが求められます。

このように、文字単価10円レベルのWebライターにはコミュニケーション能力が不可欠です。

コミュニケーション能力と聞くと社交性が大事なのかと勘違いする人もいるようですが、要は報連相のことです。
報連相ができる人が「Webライターには向いていないかも…」と思う必要は全くありません。
そうは言っても、自分がWebライターに向いているのかどうか不安な方もいるでしょう。
実はWebライターとしてやっていけるかどうかの条件はそれほど厳しくありません。
このあたりは、下記の記事で解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

【適性】Webライターに向いてる人・向いていないは?必要スキル・儲け方など

プロジェクト管理能力

文字単価10円レベルのWebライターに必要な5つ目のスキルは、プロジェクト管理能力です。

文字単価10円ともなればスケジュール管理・優先順位の決定など、組織的かつ効率的なプロジェクトの進行に必要な能力を発揮することが求められます。

このように、文字単価10円レベルのWebライターにはプロジェクト管理能力が不可欠です。

プロジェクト管理能力に必要なスケジュールの立て方や例については、下記の記事を参考になさってください。

【スケジュール】副業Webライターの1ヶ月・1週間・1日!予定の立て方・儲け方など

クリエイティブな発想力

文字単価10円レベルのWebライターに必要な6つ目のスキルは、クリエイティブな発想力です。

文字単価10円のWebライターはクライアントや読者に対して興味深く、魅力的なコンテンツを提供する必要があります。

検索上位の結果だけを記事のメインにしない独創的なアイデアや視点を持ち、常に新しい情報を取り入れて読者に価値のあるコンテンツを作成することが重要です。

このように、文字単価10円レベルのWebライターにはクリエイティブな発想力も欠かせません。

文字単価10円のWebライターになるコツ

Webライターとして文字単価10円を狙うためには、次のコツを押さえると良いでしょう。

――――――――文字単価10円のWebライターになるコツ――――――――

●段階的なスキルアップ

●実践を通じたスキルアップ

●ポートフォリオの作成と活用

●自分の実績を適切に売り込む

●クライアントの意図を正確に汲み取る

――――――――

上記のいずれも、Webライターとしてのプロ意識の具現化プロセスです。

自分自身が成長することでクライアント満足度の高い成果物を提供でき、自然と文字単価10円などの高い報酬につながってきます。

Webライターとして文字単価10円を狙うためのコツを、次の見出しから詳しく見ていきましょう。

段階的なスキルアップ

Webライターとして文字単価10円を狙うための1つ目のコツは、段階的なスキルアップです。

この記事を読んでいるあなたが、もしWebライターとして歴が浅く何から始めたら良いかわからないというのであれば初心者向けのWebライティング講座や教材を利用しましょう。

初心者向けの講座で、基本的な文章力を身につけることが大切です。講座で学習を続けつつ、Webライターとして文字単価10円になるために一歩ずつ実務経験を積んでいきましょう。

このように、Webライターとして文字単価10円を狙うには段階的なスキルアップが重要です。

実践を通じたスキルアップ

Webライターとして文字単価10円を狙うための2つ目のコツは、実践を通じたスキルアップです。

どんなにWebライター関連の書籍を読んだり講座を受けたりしても、実践を積まなければ実力はつきません。

初心者Webライターならクラウドソーシングサイトを利用して、実務経験を積んでいくことが重要です。

このように、Webライターとして文字単価10円を狙うには実践を通じたスキルアップが欠かせません。

Webライターがクラウドソーシングなどで仕事を獲得する方法については、下記の動画でも詳しく解説されています。

「Webライターにおすすめのクラウドソーシングについて知りたい」
そんな方は、下記の記事でご紹介しているクラウドソーシングに登録して早速仕事を探してみましょう。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

ポートフォリオの作成と活用

Webライターとして文字単価10円を狙うための3つ目のコツは、ポートフォリオの作成と活用です。

ポートフォリオとは自分がこれまでに書いた文章をまとめたもので、クライアントに実績をアピールするための重要なツールとなります。ポートフォリオを作成したらWebサイトやSNSなどを活用してアピールすることで、新規の依頼につなげることも可能です。

このように、Webライターとして文字単価10円を狙うにはポートフォリオの作成と活用が欠かせません。

ポートフォリオの重要性は、下記の動画でも詳しく解説されています。
(動画内で話している方は、大学生のときにWebライターをしていた方だそうです)

「ポートフォリオを作るための材料は、どう用意すればいいの?」
こんな方は、テーマを決めてサンプル記事を書いてみましょう。
下記の記事ではWebライターにおすすめのテーマをご紹介しているので、ぜひ参考になさってくださいね。

初心者Webライターに向いているテーマの選び方と、サンプル記事を書くコツ

「テーマについての知識や理解を深め、収入アップを狙いたい」
こんな方は、ブログ運営がおすすめです。
ブログを運営すると、好みのテーマの情報発信をして稼ぎつつライティングスキルが磨けて一石二鳥に。
今Webライターをやっていない方でも、同時に始めることでかなりの効果が得られます。
ブログ運営について気になる方は、下記の記事をぜひチェックしてみてください。

【初心者】webライターのブログの始め方!どっちもすべきなの?

自分の実績を適切に売り込む

Webライターとして文字単価10円を狙うための4つ目のコツは、自分の実績を適切に売り込むことです。

クラウドソーシングに限らずWebライター同士の競争が激しいため、ポートフォリオ以外にもプロフィールや自己PRなどを作成して得意分野・スキルなどを示しましょう。

このように、Webライターとして文字単価10円を狙うには実績の適切な売り込みも重要です。

実績を売り込むために必要な自己PRについては、下記の記事で詳しく解説しています。

例文|Webライター未経験者の自己PR・志望動機・プロフィールの作り方

クライアントの意図を正確に汲み取る

Webライターとして文字単価10円を狙うための5つ目のコツは、クライアントの意図を正確に汲み取ることです。

文字単価10円レベルのWebライターが任される仕事はクライアントの根幹部分の利益に直結するものが多いため、意図を理解せずに取り組むと期待に応えられなくなる可能性があります。

Webライターがクライアントの意図を正確に汲み取るためには、不明点を自身の知識だけで解決しようとしないことやフィードバックの言語化による引き出し増加などの行動が必要です。

加えて文字単価10円を狙うレベルでクライアントの意図を読むには、クライアントの業界に関する知識・動向のインプットも欠かせません。

このように、Webライターが文字単価10円を狙うにはクライアントの意図を正確に汲み取ることが重要です。

Webライターが文字単価10円を超えるためのポイント

Webライターが文字単価10円を超えるためのポイントは次の3つです。

――――――――Webライターが文字単価10円を超えるためのポイント――――――――

●高度なエキスパートレベルへのスキルアップ

●仕事のクオリティを高める

●実績と評判を積み重ねる

――――――――

文字単価10円を超えるためのポイントを把握し、普通のWebライターライターよりも常に先を行くスキルアップを目指しましょう。

Webライターが文字単価10円を超えるためのポイントを、次の見出しから詳しく解説します。

高度なエキスパートレベルへのスキルアップ

Webライターが文字単価10円を超える1つ目のポイントは、案件を受けたい業界に関する知識・スキルを高度なエキスパートレベルにすることです。

例えば、デジタルマーケティングやコンテンツマーケティングの知識・データ分析・編集・校正スキルを磨くことなどが挙げられます。Webライターが文字単価10円を超えるスキルの磨き方には専門書やオンライン講座・セミナーなどがあるので、自分に合った方法で学習しましょう。

このように、Webライターが文字単価10円を超えるには高度なエキスパートレベルへのスキルアップが不可欠です。

仕事のクオリティを高める

Webライターが文字単価10円を超える2つ目のポイントは、仕事のクオリティを高めることです。

仕事のクオリティアップは、クライアントからの信頼や評価を得るために欠かせません。

例えば、正確で分かりやすい文章・納期厳守・高いコミュニケーション能力・裏の取れる情報収集などです。

Webライターが文字単価10円を超えるには、自分の仕事に対して常に向上心を持ち、日々改善することが大切です。

このように、Webライターが文字単価10円を超えるには仕事のクオリティアップが欠かせません。

実績と評判を積み重ねる

Webライターが文字単価10円を超える3つ目のポイントは、実績と評判の積み重ねです。

実績や評判が積み重なると、クライアントからの仕事依頼が増える可能性があります。

自分の書いた記事がどれだけ読まれたかやどのような反響があったかを数値化すれば、実績を可視化でき有効です。

また、評判を上げるためには口コミやSNSなどを活用し、日々の業務に誠実に取り組みましょう。

このように、Webライターが文字単価10円を超えるには実績と評判の積み重ねが重要です。

実績と評判を上げるために、Webライターの業務としてできることについては下記の動画が参考になります。
クライアントが好むWebライターの特徴が解説されているので、案件ですぐに活かせるでしょう。

上記動画のような行動を心がければ自然と信頼を得られますが、反対にゴミ呼ばわりされるWebライターがいるのも事実です。
ゴミ認定されてしまうと、単価はなかなか上がりにくくなります。

「どんなWebライターがゴミと呼ばれてしまうの?」
このように不安な方は、下記の記事をぜひチェックしてみてくださいね。

【ゴミ】Webライターのクズ記事とは?低質ページの特徴&記事質アップのコツ

文字単価10円のWebライターに関するよくある質問

文字単価10円のWebライターに関するよくある質問は、次の4つです。

――――――――文字単価10円のWebライターに関するよくある質問――――――――

●クラウドソーシングでもWebライターとして文字単価10円を稼げる?

●なぜWebライターの文字単価は低い?

●Webライターは時給を意識すると良いってどういう意味?

●文字単価別に見るWebライターの案件・仕事内容の違いは?

――――――――

文字単価10円のWebライターに関する質問を知り、疑問を少しでも解消することにお役立てください。

文字単価10のWebライターに関するよくある質問に、次の見出しから答えていきます。

クラウドソーシングでもWebライターとして文字単価10円を稼げる?

Webライターがクラウドソーシングで文字単価10円を稼ぐことはできますが、かなり難しくなっています。

クラウドソーシングで表に出ている案件には、文字単価10円どころか3円にも到達しないような単価の低い仕事が多いためです。

スキルレベルが高くないWebライターが文字単価10円に到達するためには、単価の低い仕事から取り組んでクライアントからの評価を高めるしかありません。

クライアントの要求に応えるべく高品質な記事を書き継続依頼を増やしていけば、Webライターの報酬は徐々に上がっていくでしょう。

なおクラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を発注し、個人や企業に受注させて行うビジネスモデルです。

クラウドソーシングには、Webライターを含む文章作成・Webデザイン・プログラミング・データ入力など様々な仕事があります。

クラウドソーシングはWebライターにとって一つの案件獲得手段なので、文字単価10円を目指すならSNSを活用した仕事への応募や企業への直接応募などの検討もおすすめです。

「手始めにクラウドソーシングで案件を取ってみようかな」
こんな方は、下記の記事を参考にチャレンジしてみましょう。
案件受注率アップのコツや危険な案件を避ける方法も解説しているので、安全に最大限の利益を生み出したいWebライターの方はぜひご覧くださいね。

【2023】Webライターにおすすめのクラウドソーシング6選!収入アップ&失敗しないコツ

なぜWebライターの文字単価は低い?

文字単価10円レベルまで到達できないWebライターが多いのは、下記のような理由があるからです。

Webライターの単価が低い理由解説
Webライターの数が多すぎる基本的なライティングスキルとクラウドソーシングの普及により経験のない人々がWebライターの仕事ができるようになったため、数が増えて過剰供給になりました。
企業の価格競争スキルが高いライター以外には、少しでも安い価格で仕事をしてもらおうと考えます。

※上の表にある「基本的なライティングスキル」は比較的習得しやすい文章力やリサーチ力のことを指します。

Webライターが文字単価10円レベルまで収入を上げたいなら、スキルアップ・実績の積み重ね・プロフェッショナルとしての姿勢を養うことが必要です。

初心者Webライターの場合はそもそも稼ぎにくく、8割が思ったような報酬を手に入れられていないようです。
このあたりは、下記の動画で詳しく解説されています。

初心者Webライターがあまり稼げないという実態を乗り越え、少しでも早く稼げるようになるコツが気になる方は下記の記事をご覧くださいね。

【実態調査】Webライターの実情!厳しい・儲からない・稼ぐコツなど

「Webライターが文字単価10円まで到達できないなんて、本当は怪しい職業なんじゃないの?」
こう思ってチャレンジしないままだと、損をするかもしれません。

Webライターは怪しいどころか、工夫次第で大きく稼げる可能性がある仕事だからです。
Webライターが怪しい仕事ではなくしっかり稼げる理由については、下記の記事で詳しく解説しています。

【詐欺?】Webライターが怪しい・胡散臭い8の理由!未経験者必見の正しい儲け方とは

Webライターは時給を意識すると良いってどういう意味?

Webライターは仕事によって報酬単価が「文字単価10円」のように異なることが一般的ですが、時給で考えると時間あたりの生産性を意識しやすくなります。

例えば文字単価が10円で10,000字の記事を書くのに40時間かかったとすると、時給は2,500円です。

このように、仮に単価が高くても時間がかかってしまうとパフォーマンスが低いということがわかります。

また上記のように時給を意識することで、仕事に対するモチベーション維持にも役立つのです。

ぜひ自分が書く記事の文字数や時間を計測し、時給を算出してみましょう。

もしWebライターとしていくら頑張っても時給が低くなってしまうという状況に直面しているなら、元の文字単価を10円レベルまで頑張って引き上げるか負担の少ない仕事を請けることも必要です。

日々のWebライターのパフォーマンスを上げたい場合は、パソコンを高性能なものに買い替えるのも手です。
サクサク動くパソコンを使えば、リサーチや執筆などの作業が進まずイライラすることもなくなります。
引っ掛かりを感じにくく快適に使えるパソコンは下記の記事でご紹介しているので、じっくりと選んでみてくださいね。

【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?

「そんなに高性能なものでなくてもいいから、ちょうどパソコンを買おうと思っていたところだったんだよ」
こんなWebライターさんは、8台のパソコンを厳選してご紹介している下記の記事を参考になさってください。

webライターにおすすめのノートパソコン8選!未経験者向けに仕事の始め方も解説

文字単価別に見るWebライターの案件・仕事内容の違いは?

Webライターの仕事において、「文字単価10円」「文字単価0.2円」と異なる場合は、下記のように案件や仕事内容に違いがあります。

単価仕事内容・特徴など
1円以下ライティング初心者向けで、商品説明やブログ記事など簡単な内容・少ない字数が中心です。大量の記事量産が要求されやすいポジションでもあります。
1円~2円初〜中級者向けで、専門的な知識や考え方が必要な案件もちらほら出てきます。このレベルになるとSEOの知識が必要です。
2円~3円中〜上級者向けで、専門的な知識や考え方を活かした高度な記事執筆が不可欠です。短期間での記事量産はあまり重視されなくなりますが、長期的な依頼も出てきます。
3円~5円上級者向けで、専門性かつ利益率が高い分野における高度な記事執筆が求められます。まとまった字数の案件にも携わります。
5円以上上級者向けで、利益率が高い特定分野の専門家レベルの知識を持ち安定的な成果を見込めることが前提です。企画や編集など、サイトの根幹に関わる業務を行えるだけのスキルも必要となります。

文字単価10円など、高い案件はクライアントとのやり取りや校正作業などの細かい部分に時間をかけるため、単価が低い案件に比べて仕事にかかる時間が長くなる傾向があります。

仕事のクオリティが高いと評価されクライアントとの信頼関係が構築されれば、長期的な仕事が増えて収入を安定させやすいでしょう。

Webライターが仕事を受注する際には、自分のスキルや経験に合わせた文字単価の案件を選ぶことが大切です。

10円どころか2円に満たないような文字単価が低い案件でもクオリティの高い記事を書いてクライアントからの信頼を得れば、Webライターの単価を少しずつ上げることもできます。

「いきなり文字単価10円は厳しいかもしれないけど、2円ならいけるかもしれない」
こう思った方は、下記の記事を参考になさってください。
文字単価2円を目指すコツはもちろん、2円を大きく下回る文字単価(0.5円など)で仕事をし続けることの弊害についても解説しています。
着実にスモールステップで文字単価を上げていきたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 【完全解説】webライターの報酬体系としての文字単価2円について

【まとめ】Webライターは文字単価10円を目指してみよう

最後に、「Webライター 文字単価 10円」について解説した当記事の重要ポイントをまとめます。

――――――――当記事の重要ポイント――――――――

●Webライターとして文字単価10円を目指すためには、文章力やSEO対策のスキルなどで高度なエキスパートレベルに達する必要がある

●Webライターとして文字単価10円を目指して超えていくには、実績と評判の積み重ねで信頼を増やすことが重要

――――――――

「Webライター 文字単価 10円」についてしっかり把握しておくと、文字単価10円に到達するための具体的な方法がわかります。

遠回りせず少しでも早く目標収入に到達するため、当記事の「Webライター 文字単価 10円」に関する情報をフル活用してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. McDonald'sWI-FIを使うアイキャッチ画像
  2. Webライター文字単価2円の解説アイキャッチ画像

目次