Webライターがひどい理由!過酷な口コミ評判・気楽に稼ぐコツは?

この記事は17分で読めます

「Webライターの仕事って、ひどいって本当?」
「Webライターに興味があるけど、何から始めればいいの?」
という方のための記事です。

この記事でわかること
Webライターはひどい仕事だといわれる理由
Webライターはひどい仕事だと思わない人の口コミ
Webライターで稼ぐための方法

Webライターに興味がある方へ
現在、プロが教えるWebライター講座を実施中です。
以下の記事で講座のメリットや、実際に受講した方の口コミも紹介しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

目次

【結論】「Webライターはひどい」は一面的

Webライターの仕事は、ひどいという口コミや評判をよく耳にします。
ですが、これはWebライターで稼げない人の意見です。
実際には当たり前ですが、Webライターで稼ぐ人と稼げない人が存在します。

Webライターは、特に初心者のうちは稼げなくて「ひどい」と感じてしまうことが多いです。
ですが、Webライターは工夫次第で十分に稼いでいける仕事です。
「ひどい」「過酷」と感じる初心者Webライターの時期を乗り越えることができれば、在宅で会社員より稼ぐことも可能です。

この記事では、
Webライターはひどいと思う意見の他に、実際に稼いでいるWebライターの意見をまとめたり、初心者Webライターを乗り越え、楽に稼いでいくポイントも紹介していきます。
Webライターに興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

【過酷】Webライターはひどいと思う人の口コミ評判

Webライターが「ひどい」「過酷」と思う人の口コミや、評判で意見の多いものは下記の9つです。
文字単価が激安
何から始めたら良いかわからない
クラウドソーシングで仕事が取れない
後先考えずに仕事を受けすぎる
いつまでたっても修正が終わらない
クライアントからの連絡が来ない
募集時と実際の仕事内容が全く違う
悪質な案件やクライアントが存在する
孤独感や自己嫌悪
順番に詳しく見ていきます。

「Webライターはやっぱりきつい?」
Webライターとして「きつい」と感じた理由を、こちらの記事で詳しく解説しています。
「Webライター きつい」※URLは公開されてから記載

「Webライターはひどい」口コミ評判①文字単価が激安

Webライターがひどいと言われてしまう理由のひとつは、文字単価が安すぎることです。
Webライターの報酬は1文字あたり〇円というスタイルの単価ですが、スキルや実績に応じて単価が決まります。なのでスキルや実績のない初心者は低単価になってしまうのです。

単価の安い仕事の例をあげてみます。

文字単価
文字数
1記事あたりの単価
執筆時間
時給
0.2円
20,000
4,000
28時間
142円

文字単価0.2円、1記事2000文字だったとします。
私が初心者だったころの例でいうと、執筆時間は一週間ほどかかっていました。
1日4時間作業していたとすると時給142円です。
初心者Webライターの時期は、ひどい単価で働くことがほとんどです。
単価が安く、時給が安すぎるので、Webライターはひどいと言われているんですね。

Webライター初心者は、時給が安くて過酷な仕事だと感じてやめてしまうことが多いため、Webライターはひどいという口コミが多いようです。
経験を積み、低単価の壁を乗り越えることが成功の秘訣です。

「Webライターはひどい」口コミ評判②何から始めたら良いかわからない

Webライターがひどいと言われてしまう理由は、何から始めて良いかわからない点にあります。
Webライター初心者は、わからないことが多すぎるため、ひどくて過酷な仕事だと感じるのです。
初心者がわからなくて困ることの例を紹介します。
記事の書き方
案件の探し方
案件の獲得の仕方
WordPressの使い方
ドキュメントの共有の仕方
これらは、一つ一つ調べたり、勉強していけば理解することは難しくないです。
始めての内容ばかりでパニックになり、Webライターはひどいと思ってしまう人が多いようです。
しかし実際は、調べたらすぐわかることが多く、比較的ハードルが低い副業だと言えます。

「Webライターはひどい」口コミ評判③クラウドソーシングで仕事が取れない

「Webライターはひどい」口コミの一つにクラウドソーシングで仕事が取れないことがあります。
初心者Webライターにはよくあることですが、実績がないので仕事に応募してもなかなか採用されないです。
なぜなら、同じ仕事に経験者のWebライターも応募していることが多いため、クライアントは経験やスキルを重視して経験者のほうを優遇しがちだからです。
そのため、初心者Webライターが仕事に応募しても採用されないことが続いてしまいます。仕事がもらえないと記事を書くこともできないため、「Webライターはひどい、過酷な仕事だ」と感じてしまい、挫折してしまうことが多いのです。

実際のところ、初心者Webライターの時期は、仕事を獲得するのに苦労して「Webライターはひどい」と感じることもあるでしょう。
ですが、実績をコツコツ貯めればスキルも上がりますし、継続して仕事がもらえるようになりますので安心して下さいね。

「Webライターはひどい」口コミ評判④後先考えずに仕事を受けすぎる

「Webライターはひどい」と感じてしまう理由の一つに、後先考えずに仕事を受けすぎて追い込まれてしまうことがあります。
初心者Webライターは単価が低いため、稼ぐために仕事を増やす必要があります。
ですが、自分がどれくらいの作業をこなしていけるのか、わからないまま仕事を増やしすぎてしまうと、「一日に10時間以上作業しないと間に合わない!」なんてことになります。
このような状況になると、Webライターは「過酷でひどい仕事」と感じてしまうのです。

Webライターがひどいと感じてしまうのは、自分のキャパを超えた量の仕事を受けてしまうからなんです。
これからWebライターを始める方は、自分の作業量を考えて徐々に仕事を増やしていくことをおすすめします。

「Webライターはひどい」口コミ評判⑤いつまでたっても修正が終わらない

「Webライターはひどい」と感じてしまう理由の一つに、いつまでたっても修正が終わらないことがあります。

通常であれば、記事の修正依頼は 1〜3回で終了するものなんですが、10回以上の修正依頼を受けた。
その時の修正依頼の内容はこちら
毎回違う箇所を修正するように指示
修正した箇所を再び修正するように指示
前回と別の方が違う箇所を修正するように指示
修正したのに、戻すように指示

このような修正依頼を出してくる効率の悪いクライアントも存在しています。
修正依頼が続いてしまうと時間と労力がかかり、精神的にもダメージを受けるので「Webライターはひどい!」と感じるのです。

また違う案件では、1000文字500円という条件で受けた仕事にもかかわらず、修正依頼をうけて書き直しさせられた結果、1600文字書くようになってしまった。
このように、後から書き直しさせることによって、文字数を増やすという悪質なやり口を使うクライアントもいます。

修正依頼が終わらない理由はWebライターのスキル不足もあるかもしれません。
しかし原因はそれだけではない場合もあり、悪質なクライアントの指示によって「Webライターは過酷でひどい仕事」と感じてしまうのです。

「Webライターはひどい」口コミ評判⑥クライアントからの連絡が来ない

「Webライターはひどい」と感じる理由のひとつにクライアントからの連絡がこないことがあります。
顔が見えないインターネット上での取引なので、クライアントと連絡が取れなくなることがまれにあります。
悪質なケースでは、執筆した記事を納品した後、連絡が途絶えるといったこともあります。
このような状況に置かれることでWebライターの仕事はひどいと感じてしまうようです。

ここで記事を納品したのに音信不通になってしまった場合の対処法を紹介します。
まずは、落ち着いて丁寧な文章で連絡がほしい旨のメッセージを送りましょう。
様子を見て、複数回メッセージを送っても返信がないようなら、クラウドソーシングサイトの運営に連絡します。
運営側からクライアントに連絡をとり、それでも連絡がない場合は、執筆した分の報酬はきちんと支払われるシステムになっているので安心してください。

このように、Webライターがひどいと感じてしまうのは、連絡が取れない・返信が遅いなどといった悪質なクライアントと仕事をするからなんです。
優良なクライアントを見極めることがWebライターとして稼いでいくポイントといえます。

「Webライターはひどい」口コミ評判⑦募集時と実際の仕事内容が全く違う

「Webライターはひどい」口コミに「募集時と実際に依頼される仕事内容が全く違う」という口コミが2つあります。

ライティングの仕事に応募したのに、購入代行を紹介される
継続案件が初回案件と全く違う内容
順番に紹介します。

一つ目は、「ライティングの仕事だと思い応募したのに、通販の購入代行を依頼された」というケースです。

具体的に購入代行とは、初回だけ安いような限定商品を購入し、指定した住所へ送らせるといった内容の案件です。
Webライターの仕事に応募したのに全く違う内容の仕事を紹介するなんて、「Webライターはひどい」と感じてしまうのも無理はないですよね。
購入代行は禁止されているので、アカウント停止の恐れもある案件です。
ですので、購入代行のような案件を進めてくるクライアントには、絶対に関わらないようにしましょう。

二つ目は、「初回の案件が条件が良かったから継続案件も受注したけど、初回の時と案件の条件が違いすぎた」というケースです。

初回案件では条件も良く、対応もよかったから、安心して継続をお願いした。
しかしながら、次の案件の条件が、初回の案件とは全く違う条件だったという内容です。
詐欺のような手口ですね。

このようにクライアントによっては、初心者Webライターを甘く見て騙そうとしてくるケースもあるようです。
こういった詐欺のような案件があるため、「Webライターはひどい、過酷である」という口コミや評判があるのですね。

「Webライターはひどい」口コミ評判⑧悪質な案件やクライアントが存在する

「Webライターはひどい」という口コミに「悪質な案件やクライアントが存在する」という内容の口コミがあります。
SNSやクラウドソーシングサイトでも副業初心者を狙った悪質な案件やクライアントが存在します。
初心者Webライターは単価が低いので、単価の高い案件に興味を持ってしまいます。
そういった初心者Webライターの心理を利用し、詐欺のような案件を紹介している悪質でひどいクライアントが存在しているので要注意です。

詐欺案件の主な特徴を紹介します。
何らかの費用を払わなければならない
個人情報を聞かれる
クラウドソーシング外での取引を強要される
コピペが許可されている仕事
条件がよすぎる仕事
契約の前に納品を頼んでくる
大量の募集をかけている
音信不通になる
マニュアルの量がやたら多い
その他、常識を欠いたクライアント

上記のような案件はすべて危険ですので、見つけたら関わらないことをおすすめします。

このように、無知な初心者Webライターを狙った詐欺案件があるため、「Webライターはひどい」と感じてしまうのです。

詐欺案件の特徴や見極め方についてこちらの記事で詳しく説明しています。
Webライターをこれから始めたい方はぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

「Webライターはひどい」口コミ評判⑨孤独感や自己嫌悪

「Webライターはひどい」という口コミに「孤独感や自己嫌悪が辛い」という内容の口コミがあります。
Webライターは基本的に1人で作業を行うため、誰とも会わない孤独感に襲われ、ひどい仕事だと感じることがあります。
クライアントとやり取りすることも多いのですが、メールやチャットで連絡が取れるため、実際に直接会うことはほとんどありません。
人間関係に悩む必要がない最高の環境と言えますが、たまに寂しく感じることもあります。
しかしながら、Webライターは自由に場所を決めて仕事ができるので、カフェやコワーキングスペースで仕事をすることもできます。
人と関わりを持ちたいときに、おすすめの作業場所です。
Webライターは、クライアントに記事を納品してフィードバックをもらうのですが、初心者は厳しい内容のフィードバックをもらうことがあります。
特にWebライターは、サイト内の言葉遣いや、文字のひらき、ひらがな・カタカナの使い分けをそろえるなど、ライティングするうえで気を付けることが多いです。
こういったたくさんのフィードバックをもらうと、「もう自分はダメなんじゃないか」などと自己嫌悪に陥ることがあります。
しかしながら、始めのうちはわからないことがあって当然です。
ひとつひとつ焦らずにこなしていけば、自然とスキルがついてくるものです。
フィードバックをもらえることは、「勉強の機会を与えてもらえている」とポジティブにとらえることができればより早くスキルアップできます。
このように、1人で作業する孤独感やきついフィードバックによる自己嫌悪によって「Webライターはひどい」と感じてしまうのですね。

【過酷じゃない】Webライターはひどいと思わなくなった人の口コミ評判

Webライターはひどいと感じる人がいる一方、Webライターはひどいと感じなくなった人もいます。

Webライターは「ひどい」「過酷」と思わなくなった人の口コミや評判で意見の多いものは下記の4つです。
会社員並みかそれ以上に稼げる
仕事が途切れにくくなった
人間関係の悩みが軽減された
自由な働き方ができる
順番に詳しく見ていきます。

「Webライターはひどいと思わない」口コミ評判①会社員並みかそれ以上に稼げる

「Webライターはひどいと思わない」という口コミに「会社員並みかそれ以上に稼げる」という内容の口コミがあります。
Webライターの仕事は、会社員以上に稼ぐことが可能です。
Webライターは、スキルや実績が増えてくると単価がどんどん上がっていき、時給も上がっていく仕組みになっています。

具体的な例を挙げると、
文字単価1.5円以上
時給2,000円以上
労働時間8時間
週1回休み
このような執筆条件で月収40万ほどになり、サラリーマンの給料くらい稼げます。
確かに、場所や時間に縛られずに会社員くらいの月収が稼げるなら、Webライターはひどい仕事とは思いませんよね。

また、Webライターには収入の上限がないので、自分次第で会社員以上の収入を稼ぐことも可能です。
作業に慣れてくると、執筆スピードが上がっていきます。
そのため時給も上がってき、短時間で大きく稼ぐことができるようになります。
さらに、スキルが上がってくると、ライター業だけでなく添削や編集業務もできるようになります。
仕事の幅が広がることでさらに収入を増やすことができますよ。

「Webライターはひどいと思わない」のは、Webライター初心者のつらい時期を乗り越えて収入が上がったからなんですね。

「Webライターはひどいと思わない」口コミ評判②仕事が途切れにくくなった

「Webライターはひどいと思わない」という口コミに「仕事が途切れにくくなった」という内容の口コミがあります。
Webライターは、経験を積んでクライアントの信頼を得ると継続案件を持てるようになります。
仕事がなくなるという不安がなくなることでWebライターはひどいと思わなくなるようです。
また、信頼できるクライアントの継続案件を複数持つことにより、案件を獲得するために営業する必要がなくなり、さらに効率が上がります。
そのようになると、精神的にも経済的にも安定するので、スキルアップしたり、専門分野の勉強をしたりと視野が広がっていきます。
その結果、さらに高単価案件を獲得できるようになり、どんどん収入を上げていくことが可能なのです。

このように、コツコツ経験を積み実績をあげることで、Webライターは過酷でひどい仕事ではなくなり、大きく稼ぐことのできる仕事だと言えます。

「Webライターはひどいと思わない」口コミ評判③人間関係の悩みが軽減された

「Webライターはひどいと思わない」という口コミに「人間関係の悩みが軽減された」という内容の口コミがあります。
Webライターで稼げるようになると、自分で仕事を選べるようになります。
自分が好きな人とだけ仕事ができるので、人間関係に悩むことはありません。
このような状態になれば、Webライターは、ひどい仕事ではなくなります。

案件がなかなか取れないWebライターであれば、仕事がなくなる不安からクライアントの言いなりになりがちです。
ですが、仕事が継続してもらえるようになると精神的に余裕が出てくるので、落ち着いて交渉することも可能になります。
もし仮に、案件が途切れることがあっても、実績さえあればすぐに別の案件を獲得できます。

このように、Webライターは自分の好きな人と仕事ができるようになるため、人間関係での悩みが軽減され、「過酷でひどい仕事」ではなくなるようです。

「Webライターはひどいと思わない」口コミ評判④自由な働き方ができる

「Webライターはひどいと思わない」という口コミに「自由な働き方ができる」という内容の口コミがあります。
フリーランスのWebライターは、働く場所や時間を自分で決めることができます。
また体調が悪い時は、気を遣わずに仕事を休む事もできます。
そのため、安定して仕事が受注できるようになると、Webライターはひどい仕事とは思わなくなるようです。
一般的な会社員であれば出勤時間が決まっていますが、フリーのWebライターは自分の好きな時間に起きて好きな時間に仕事ができるのです。

このようなことから、Webライターは過酷でひどい仕事ではなく、自由な働き方ができる魅力ある仕事だと言えます。

【ラクに儲かる】「Webライターはひどい」と感じなくなるコツ

では、初心者Webライターを少しでも早く卒業して、Webライターはひどいと感じなくなるコツをご紹介します。

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツは下記の10つです。
スキルを学ぶ
高単価案件に挑戦する
優良クライアントと契約する
自己管理を徹底する
フィードバックには真面目に対応する
稼働時間を確保する
作業に集中できる環境をつくる
プロに教えてもらう
Webライターの仲間を作る

順番に詳しく見ていきます。

ひどいと感じなくなるコツ①スキルを学ぶ

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの1つ目はスキルを学ぶことです。
Webライターの仕事の経験がない状態から始めると、なかなか執筆スピードが上がらず、苦戦してしまいます。
そこで、ライティングとSEOについての知識を身につけると、執筆スピードが上がっていきます。
知識を頭にインプットして、実践してみることを繰り返すうちにコツがつかめてきます。
初心者の過酷でひどいと感じるような時期を、いかに早く乗り越えられるかがWebライターとして成功するポイントです。
ですので、まずは本で知識をインプットすることをおすすめします。
本で勉強した内容を実践し、稼げないひどい時期を少しでも早く抜け出すことができれば、Webライターとして自由な生き方を手に入れることができますよ。

ひどいと感じなくなるコツ②高単価案件に挑戦する

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの2つ目は高単価案件に挑戦することです。
文字単価0.5円を下回る案件は絶対に受けないようにしてください。
低単価でひどい案件は、Webライターを安く買い叩く案件なので注意が必要です。
実績を積むごとに、0.1円でも高い案件に応募するように心がけましょう。
取引を繰り返せば文字単価1円くらいにはすぐになれます。
1.0円/文字を超えれば独立してWebライターだけで生活することができますよ。

また高単価案件獲得のために、実績をわかりやすく可視化することが重要です。
クライアントにスキルがあると証明できるような実績を提示しましょう。
そうすると、クライアントも客観的にスキルを確認できるので、高単価案件獲得につながります。
実績をわかりやすく可視化するには下記の二つがおすすめです。
個人ブログを運営する(ポートフォリオとして利用)
過去に案件で執筆した記事をプロフィールに掲載させてもらう
(クライアントに許可をとることが必要)

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツは、高単価案件を受けることなんですね。

※現在、プロのライターが教える無料のWebライター講座を実施中です。
完全未経験者を9か月で月収40万円以上稼げるようにした実績あり
優良クライアントへ紹介することも可能なので、独学で挑戦するよりも、早く高単価案件にチャレンジできる

以下の記事で講座のメリットや、実際に受講した方の口コミも紹介しています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

ひどいと感じなくなるコツ③優良クライアントと契約する

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの3つ目は優良クライアントと契約することです。

Webライターがひどい仕事だと感じてしまうことの多くは、優良クライアントと仕事をすることで解決できます。

例えば、
単価が安い
何から始めたら良いかわからない
クラウドソーシングで仕事が取れない
クライアントからの連絡が来ない
募集時と実際の仕事内容が全く違う
悪質な案件やクライアントが存在する

このようなことでWebライターが過酷でひどいと感じることはなくなります。

初心者向けに丁寧なマニュアルを用意しているクライアントもいます。

優良クライアントとの契約なら、当ライター講座がおすすめです。わかりやすい書き方マニュアルもありますし、わからないことがあれば気軽に質問できる環境ですよ。
口コミやメリットは以下の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

ひどいと感じなくなるコツ④自己管理を徹底する

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの4つ目は自己管理を徹底することです。

Webライターの仕事が過酷でひどいと感じるのは、Webライターの仕事に慣れていなくて作業することが辛いからなんです。
さらに、自分のペースで進められることがメリットのWebライターですが、逆に言えば好きな時にサボれてしまいます。

自己管理を徹底して、ライティング作業を毎日の習慣にします。
そうすることで、スキルが身に付き、Webライターの仕事がひどいと感じることはなくなってきます。

自己管理をするためのポイントは下記の5つです。
達成しやすい小さい目標を設定する
目標を決めたら、作業を始める期限と締め切りの期限を決める
毎日の行動を記録して振り返る
やらないことを決める
毎日の行動をルーティン化する

慣れない作業をするのはエネルギーが必要になりますが、習慣にできると頭で考えなくても行動できるようになります。
行動する前はだるいと感じることも、実際にライティング作業に取り掛かると、意外と作業が進んだりしますよ。

ひどいと感じなくなるコツ⑤フィードバックには真面目に対応する

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの5つ目はフィードバックには真面目に対応することです。

フィードバックが厳しいクライアントと仕事をすると、修正の作業が増えるので大変になります。
しかしながら、それだけ記事を真剣に読んでくれている誠実なクライアントだとも言えます。
貴重な意見をもらえているということなので、真面目に対応してWebライターとしてスキルアップしましょう。
ひどいクライアントだと距離を置くのではなく、いい勉強の機会だと前向きに関係を築くことをおすすめします。

修正依頼がくると手間が増えますし、嫌だと感じてしまうのは仕方のないことです。
ですが、アドバイスがもらえるいい機会だと感じるようになれば、フィードバックが多くてもWebライターの仕事がひどいとは感じなくなります。

ひどいと感じなくなるコツ⑥稼働時間を確保する

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの6つ目は稼働時間を確保することです。

Webライターは慣れの部分が大きいため、初心者は記事を作成するのに何時間もかかってしまいます。
そうしたことから、時間がかかる作業が続くひどい仕事だと思ってしまい、挫折してしまう人が多いのです。
また、稼働時間を確保できないと納期が迫ってくることから、焦りながら作業することになり、精神的にさらに追い込まれてしまいます。

初心者Webライターのうちは、記事を執筆する作業が思うように進まないことが多いです。
稼働時間を多めに確保しておき、スキルアップするための時間も確保できると成長スピードが早くなります。
毎日のライティング作業の積み重ねで、初心者Webライターのひどい時期を早く乗り越えることができます。

ひどいと感じなくなるコツ⑦作業に集中できる環境をつくる

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの7つ目は作業に集中できる環境をつくることです。

Webライターがひどい仕事だと感じてしまう理由の一つに、「作業に時間がかかりすぎてしまう」ことがあります。
初心者の時期は仕方ないことではありますが、作業環境も原因の一つだと考えられます。

Webライターの仕事をするにあたって、執筆する環境はとても重要なポイントです。
自分に合った環境を作ることができれば、快適に作業を進めることができますし、自然と作業をしたくなりますよ。

ここで、Webライターに必須の作業環境を紹介いたします。
モニター(デュアルモニター)
質の高いデスクとチェア
動作の軽いパソコン
邪魔が入らない場所

どれも快適に作業を進めるために必要な環境です。

さらに作業環境にこだわりたい方へおすすめなアイテムは下記の3つです。
外付けキーボード
リフトレスト
トラックボールマウス
長時間の作業でも疲れない、効率よく作業するためのアイテムがおすすめです。

このような作業環境を整えることによって、作業を始めやすくなったり、作業に集中できるようになります。
作業に時間がかかってしまう人は、自分にあった作業環境を探してみてはいかがでしょうか?
仕事に集中できる環境を整えて、Webライター初心者のひどいと感じる時期を早く卒業しましょう。

「ひどい」と感じなくなるコツ⑧プロに教えてもらう

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの8つ目はプロに教えてもらうことです。
Webライター初心者は、会社のように直属の上司がいるわけではないため、気軽に聞ける相手がいなくて行き詰ってしまうことが多いです。
そういったときにトラブルになってしまい「Webライターはひどい」と感じてしまうようです。

正解がわからず、進んでいくのは勇気がいりますよね?
そんな場合は、稼いでいるプロのライターに教えてもらうのが安心ですし、成長するスピードも早いです。
記事を執筆するコツやスキルアップの方法、営業の仕方やタスク管理、フリーランスで続けていくのに必要なスキルを教えてもらえます。
先輩ライターに教えてもらえば、ひどいと感じる初心者Webライターの時期を最短距離で卒業することができますよ。

もしあなたがプロのライターに教えてもらいたいなら、当ブログのWebライター講座がおすすめです。
初心者にわかりやすい執筆マニュアルがあり、わからないことがあれば気軽に質問できる環境です。
口コミやメリットは以下の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

「ひどい」と感じなくなるコツ⑨Webライターの仲間を作る

「Webライターはひどい」と感じなくなるコツの9つ目はWebライターの仲間を作ることです。

Webライターの仕事が過酷でひどいと感じるのは、初心者Webライターに対するひどい扱いで悩みが尽きないのも理由の一つです。
こういった悩みは身近な家族や友人には相談しにくいですよね。
なので、初心者Webライターの仲間をつくることをおすすめします。

また、1人で作業をしているとモチベーションが保てないこともあります。
そんな時も、Webライターの仲間がいれば、刺激を受けられます。

SNSで検索すると、自分と同じようなWebライター初心者が見つかります。
同じようなひどい扱いを受けている仲間の存在は貴重です。
悩みを打ち明け、一緒に困難を乗り越えて成長できます。
良好な関係を築ければ、仕事を紹介してくれることもあるので人脈を広げるチャンスにもなりますよ。

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問

では、「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問を3つご紹介します。
①ひどいクライアントに巻き込まれるのが怖いですが、どう回避?
②「Webライターはひどい」と言われてるけど、実際どれだけ稼げるの?
③クライアントから見た「Webライターはひどい」ことって何ですか?
順番に詳しく見ていきます。

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問①ひどいクライアントに巻き込まれるのが怖いですが、どう回避?

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問一つ目は、「ひどいクライアントに巻き込まれるのが怖いですが、どう回避しますか?」です。

確かに、SNSやクラウドソーシングサイトにはWebライター初心者を狙ったひどい案件やクライアントが存在します。
そういったひどいクライアントの見極め方についてですが、一番気を付けて見てほしいのがクライアントの評価です。
悪質なクライアントであれば、悪い評価がついている、もしくは評価が極端に少ない可能性があります。
評価が低かったり、実績が少ないクライアントは避けたほうがいいでしょう。

詐欺案件の特徴や見極め方については、こちらの記事で詳しく説明しています。
Webライター初心者の方はぜひこちらも参考にしてみてください。

【実名】クラウドワークスのやばい悪質クライアント特徴ランキングTOP11!見極め方&騙された際の対処法とは

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問②「Webライターはひどい」と言われてるけど、実際どれだけ稼げるの?

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問の2つ目は、「Webライターはひどいと言われてるけど、実際どれだけ稼げるの?」です。

Webライターは、初心者の内は単価が低く過酷でひどい収入ですが、作業に慣れてライティングスキルが上がってくるにつれてどんどん右肩上がりに収入は上がっていきます。
フリーランスWebライターならだいたい年収200万〜400万円が最も多く、次いで400万〜600万円が多くなっています。
フリーランスのWebライターはたくさん契約が取れれば取れるほど収入は上がっていくので高収入を狙うことが可能です。
実際に年収1000万円を超えるフリーランスの高収入Webライターもいます。
Webライターは、初心者のうちは稼げなくてひどい収入かもしれませんが、頑張り次第で高収入を目指せる夢のある仕事です。

Webライターのリアルな収入事情について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
いち早く高収入Webライターになるための方法についても触れています。

【未経験】Webライターの収入とは?儲け方・平均年収・給与体系など

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問③クライアントから見た「Webライターはひどい」ことって何ですか?

「Webライターはひどい」が気になる人によくある質問の3つ目は、「クライアントから見た「Webライターはひどい」ことって何ですか?」です。

Webライターは、クライアントから「ひどい」と言われることがあります。
スキルとモラルを持っていないWebライターが存在しているからです。

クライアントから見た「Webライターはひどい」ことは以下の4つです。
●連絡を絶つ
●納期までに納品しない
●フィードバックに口答えする
●日本語を正しく使えない

順番に詳しく説明していきます。

●連絡を絶つ
正式に仕事を依頼したのに、記事を納品せずに連絡がなくなり音信不通になってしまう。
仕事を受ける前に執筆できるジャンルを挙げていたにもかかわらず、いざそのジャンルの 仕事を依頼すると連絡が返ってこなくなった。

●納期までに納品しない
納期に間に合わないたびに言い訳をする。
納品が遅れる理由として「家族が亡くなった」「事故にあった」などありえない理由をでっちあげる。
最も悪質な場合は、連絡もなく納期に遅れる。

●フィードバックに口答えする
フィードバックを素直に受け入れられず、理解できない理由や屁理屈を並べて反抗してくる。

●日本語を正しく使えない
記事の文章がおかしく、修正依頼をするのも大変。
チャットやメールでのやり取りの文章もおかしく、理解できないためコミュニケーションがとれない。

このように質の低いWebライターが多いことが理由で「Webライターはひどい」などと言われるのです。

これからWebライターとして活動していきたい人は社会人としてモラルのある行動をしましょう。

【まとめ】Webライターの「ひどい」を乗り越えて快適に稼ごう

いかがだったでしょうか?
Webライターの仕事が「ひどい」と言われる理由や、「ひどい」と思わない口コミについて説明してきましたが、Webライターがひどい仕事だと思っているのはWebライターで稼げなかった人でした。
Webライターで稼げなかった人の多くはWebライターの執筆作業に慣れる前に挫折してしまった人です。

確かに初心者Webライターの期間は「過酷」で「ひどい」仕事かもしれません。
ですが、プログラミングやWebデザインのように数か月かけて学ぶ必要もなく、すぐに執筆活動を始めることができますので、チャレンジしやすい副業だといえます。
初心者Webライターの「ひどい」時期を乗り越えて、スキルアップしていくことができれば、自分の好きな時間に好きな場所でお金を稼ぐことができます。
Webライターの「ひどい」を乗り越え、快適に稼ぎませんか?

Webライターに興味を持ったあなたへ
当サイト運営のWebライター講座を受けてみませんか?
●何回でも気軽に質問可能で、回答も1〜2日でもらえます
●自分のペースで学習できる
●個人のレベルにあった指導
●優良案件の紹介
など
Webライター講座の詳しい内容、口コミやメリットは以下の記事をご覧ください。

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

主婦や主夫の方で、じっくり調べてお仕事(パート含む)を探そうと思っている方はこちらの記事をご覧ください。
人気のお仕事ランキングにとどまらず、お仕事の選び方や採用されるコツ、雇用形態の違いや扶養についても徹底解説しています。

【天職】子持ち主婦におすすめの仕事・パートランキングTOP22!仕事探しのコツ・プロが認めた「人気が出る職種」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤崎のWebライター講座の口コミ評判
  2. webライター講座 SHElikesの口コミ評判
  3. CrazyStories(クレスト)の口コミを紹介。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次