志望校の親子面接は、とても緊張しました

この記事は4分で読めます

学校に向かう女の子のイメージ画像




志望校の親子面接にいってきました

面接は大の得意

最近、お受験で一色の藤崎。

 

先日は、志望校の親子面接を受けにいってきました。

 

親が最も頑張らなければいけない瞬間ですね。

 

多くの親御さんは、面接に苦手意識を持っているようですが、藤崎は面接が大の得意です。

 

藤崎は、あまり物事を大げさに言わない性格なので、「大の得意」なんて言うのは、かなり珍しいと思われるでしょう。

 

しかし、これは控えめに言っています。

 

というのも、藤崎はこれまで、9割以上の面接で合格しているからです。

 

真面目に面接を受けて合格をもらえなかったのは、大学受験だけで、それ以外は一つ残らず合格しました。

 

ちなみに、ただの一度だけ不合格となったのが、藤崎が若かりし頃に受けた大学受験です。

 

ペーパーテストと面接の総合点で合否が決まるものでした。

 

3つくらい格上の大学への挑戦だったので、藤崎の実力では、まず受からないと言われていたんですけどね。

 

当時の藤崎の偏差値は、51〜53をうろついていたのですが、その大学の偏差値は63だったかと記憶しているので、無謀もいいとこです。

 

それでまんまと不合格になりました(笑)

 

ちなみに、その後は、面接で負け知らずの藤崎。
 
その後、調子に乗って、倍率が100倍を超える就職試験に応募したこともあるのですが、ここでも採用されました。

(ダメ人間の藤崎は、試用期間の3ヶ月を待たずして辞めましたが。笑)

 

なので、控えめに言って、「面接が大の得意」ということなんです。

 

親子面接の出来

そんな藤崎ですので、今回の親子面接も全く問題なく終えられました。
 

なので、よっぽどの不運に見舞われない限り、合格となるでしょう。

 

ただ、ペーパーテストで、子供が解答欄を1つずらしてしまって、ほとんどの問題が不正解になってしまうと不合格になることもあるでしょうけど。

 

あと、試験当日に高熱に見舞われたりする可能性もありますからね。

 

そういう時はどうするんでしょうね?

 

とりあえず、学校に事情を説明するしかないんでしょうけど。

 

まぁ、そんな感じで、親としては正念場を乗り切ったというわけで、藤崎の妻は、かなりホッとしていました。

 

藤崎も、面接は得意ではあるものの、本命の学校ですので、さすがに緊張しました。

 

ただ、緊張することは良いことなんですけどね。

 

集中力もアップしますし、何より、学校側に真剣さが伝わりますから。

 

あまりにもリラックスしていると、本命ではないと思われるかもしれませんからね。

 

ちなみに、藤崎の子供は滑り止めを受けていないので、本命に落ちると公立の小学校に通うことになります。

 

というのも、他に行きたい学校が見つからなかったんですよね。

 

せっかく私立小学校に通わせたいと思ったのですから、教育方針や学校の環境が、藤崎家の考え方に合う学校に入学させたいですからね。

 

よく「私立に受かったらどこでもいい」という感じの親御さんがいらっしゃいますが、そういった人達とはずいぶんと毛並みが違うようです。

 

というのも、周りの親御さんには、そういう考え方の人が多くて、藤崎家が滑り止めを受けないと知ると、毎回のように「潔くてすごいですね。」と言われますから。

 

まぁ、藤崎の子供は、かなり教育熱心な幼稚園に通っていて、毎月の料金も高いので、それなりに裕福な方が多いですからね。

 

半分くらいの保護者さんはお医者さんですし。

 

なので、そういった育ちの人から見ると、「私立小学校を受験するのに滑り止めを受けない」というのは、かなり大胆な行動に映るのでしょうね。

 

そういった方たちの話を聞いていると、「公立小学校に通わせるのはありえないことで、とにかく進学率の良い学校に入学させたい」と思っているようです。
 
その辺りについても、また今度ふれてみようかと思います。

 

とにかく藤崎は、そのあたりの考え方が周りの方と違うので、それが行動に出て、「大胆な行動」と映っているだけなんですね。
 

藤崎の無料メルマガを読んでくださっている読者さんは、この意味はわかっていただけているかと思いますが、人の言動は、その「考え方」に起因します。

 

考え方が変わると、その先にある行動が変わるからです。

 

そして、行動が変わると、当然のことながら結果も変わります。
 

なので、藤崎は、考え方」や「思考力」こそが、人の生き方の根幹になるものと考えています。

 

そういった理由があるので、子育てにおいても、「自分で考える力」を大事にしているんですね。

 

そして、今のところは、そのやり方がうまくいっているということです。

 

お医者さんの子供たちに囲まれても、藤崎の子供は優等生と見られていて、どうやって育てているのか聞かれますからね。

 

藤崎の子育て論は、一言で言えるようなものではないので、いつも軽く受け流しているんですけどね。

 

ただ、このブログは、少しでもより良い人生を送っていただきたいという想いで書き綴っているので、できるだけ詳しく、藤崎の子育てに対する考え方を書いています。

 

特にこの記事を読むと、藤崎の子育てに関する考え方がよくわかると思います。

>>親も子も幸せに導くための親子教室

 

これは、藤崎が通っていた親子教室の記事なのですが、記事の中に藤崎の体験談や具体的なエピソードをふんだんに書いていますので、かなりわかりやすい記事になっているかと思います。
 
詳しく書きすぎたので、とても長くなってしまったのですが。
 

なので、ちょっとした空き時間に、少しずつ読んでいただくのが良いかもしれませんね。
 

今回の記事も、何かの参考になったら幸いです。

 
ではでは。




トップページに戻る>>

・無料メルマガ登録フォーム

新着情報や、ブログでは書いていない深い情報をお届けする無料のメルマガです。

ゆる~くやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

お名前
メールアドレス

・この記事もおもしろいかもしれません

>>最後の模擬テストで、関東学院小学校のパンフレットをもらいました

>>親も子も、お受験でストレスをためず、効果的に勉強を進める秘訣

>>小学受験統一模試の結果が出ました(成績優秀者は特典あり)

>>初めての模擬テスト~結果が出ました

>>理英会に入って感じたこと、体験したことなど

>>箱根の日帰り温泉「湯の里おかだ」に行った感想(レビュー)

>>箱根に日帰りで遊びにいきました(黒たまご・ガラスアート制作)

>>慶應義塾横浜初等部の学校説明会に行った感想、体験談など

>>暴言議員から学歴重視の子育てがマズいことを学ぶ

>>日本大学藤沢小学校の学校説明会に行った感想、体験記など

>>詰め込み教育をしてまで、私立小学校を狙うべきかどうか

>>シミやシワの改善・予防に効果的な食べ物・運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ベビーパークの勧誘についての噂話をする子供(イメージ画像)
  2. 購入時の封入物一式の画像
  3. 格安SIMの料金プランを選ぶのに悩む女性画像
  4. TOEベビーパークの適切な早期教育で赤ちゃんの能力を育むというイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。