美貌を保ち若返り効果のある美容方法とは?シミ・シワに効く食べ物&しみ・しわを改善する運動など

この記事は10分で読めます

ジョブチューン「あの職業の秘密ぶっちゃけます」のイメージ画像

目次

この記事の概要

この記事では、2017(平成29)年6月3日放送のジョブチューンで紹介された美肌対策について詳しくお伝えしています。
下のような内容を紹介しているので、今よりも美しい肌になるために、役立てていただけます。

この記事の概要
・シミやシワの原因は紫外線だけではない
・シミやシワを減らす食材がある
・「ある食材」は、他の食材と一緒に摂ると相乗効果が得られる
・つま先立ち運動を組み合わせると抜群の効果がある
・「ある食材」とつま先立ち運動を組み合わせた実験の驚異的な効果

(この内容は大人気だったようで、2018(平成30)年8月11日のジョブチューンでも、再度取り上げられました。内容は同じものです)

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワの原因

シミ・シワの原因になる紫外線が最も強いのは5月~梅雨入り前

2017(平成29)年6月3日放送、ジョブチューンというテレビで見たのですが、紫外線が一番強くなるのは、5月~梅雨入り前なんだそうです。

シミやシワの予防には、この時期が重要とのことでした。

5月~梅雨入り前が最も紫外線に注意が必要画像キャプチャ

ちなみに、冬は太陽がすぐに沈みます。日差しもあまり強くないので、紫外線を気にしない方が多いそうです。
ですが、日差しを強く感じないからと言って油断すると、肌にダメージが蓄積すると言われています。
特に、雪が降り積もっているところでは、太陽の日差しに加えて、雪から照り返した陽射しが肌に強い紫外線をもたらすと言われています。
その紫外線の量は約2倍にものぼります。
そのため、真夏の紫外線量とほぼ同じくらいになると言われています。

シミ・シワの原因は紫外線だけではなく毛細血管の影響も大きい

愛媛大学医学部付属病院の伊賀瀬道也先生によると、シミ・シワの原因は紫外線だけではなく、毛細血管の影響も大きいとのことでした。
以下のようなことが近年わかってきたと説明されていました。

愛媛大学医学部付属病院の伊賀瀬道也先生の説明
シミ・シワ予防・改善。内科医伊賀瀬先生の画像
・シミやシワの原因となるのは紫外線だけではない
・血管もシミやシワの原因に大きく関係している
・毛細血管が老化することで、シミやシワが増えやすくなる


 

シミ・シワの原因となる毛細血管は栄養や酸素を肌に送っている

シミ・シワの原因となる毛細血管は、栄養や酸素を肌に送る働きをしています。
そして、栄養や酸素を肌に送る代わりに老廃物を吸収する役割を果たしています。

こちらがイメージ図です。

毛細血管は栄養や酸素を肌に送る画像キャプチャ

老化は毛細血管の縮小につながってシミ・シワの原因となる

老化は毛細血管を縮小させることにつなり、シミ・シワの原因となります。

老化してくると、毛細血管は細く短くなります。
そのため、栄養や酸素が肌へ送れなくなります。

このようなことから、毛細血管は老化で縮小してシミ・シワの原因となると言われています。

毛細血管が老化するとシミやシワになりやすい画像キャプチャ

毛細血管の老化はメラニンや老廃物の吸収を阻害するためシミ・シワの原因になる

毛細血管の老化はメラニンや老廃物の吸収を妨げるので、シミ・シワの原因になります。
毛細血管が老化して細く短くなると、シミのもとになるメラニンや老廃物を吸収することができなくなります。
そのため毛細血管の老化は、シミ・シワの原因となります。

毛細血管が古くなると老廃物が吸収できない画像キャプチャ

 

シミ・シワの原因になる毛細血管の老化は45歳を境に始まる

シミ・シワの原因になる毛細血管の老化は45歳を境に始まると言われています。

しかし、毛細血管の老化が始まった後でも、ある食べ物を摂ると、血管を改善することができます。

その食べ物は、スーパーで気軽に買えるものです。
さらにお手軽なことに、その食べ物を毎日の食事にかけるだけでいいとのことです。

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワを減らすための実験

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワを減らすための実験

今回のジョブチューンでは、シミ・シワを減らすための実験がされました。
「その食材を継続的に食べたら、本当にシミやシワが改善されるの?」ということを確かめるための実験です。

今回の実験では、より大きな効果を得るために「ある食べ物」を摂るだけではなく、効果的な運動も一緒に取り入れたそうです。

 

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワを減らすための実験で行われた運動

テレビ「ジョブチューン」でシミ・シワの減少、予防する実験で行われた運動とは「つま先立ち運動」です。
「つま先立ち運動」は毛細血管の修復に効果的とされています。

そのため、1日60回の「つま先立ち運動」を1~2週間続けたそうです。

つま先立ち運動は毛細血管の老化に効果的という画像キャプチャ

 

テレビ「ジョブチューン」で行われた実験の効果①シミ・シワの数が減った

テレビ「ジョブチューン」で行われた実験で得られた効果の1つ目は、「シミ・シワの数が減った」というものです。

「ある食材の摂取」と「つま先立ち運動」を1週間続けた方のシミやシワの数は、こんなにも減っていました。

テレビ「ジョブチューン」で行われた実験で得られたシミ・シワの減少効果

・1人目
シミやシワが減った数
シミ:175個→158個(-17個)
シワ:138本→125本(-17本)

・2人目
シミが23個も減ったという画像キャプチャ
シミ:184個→161個(-23個)

・3人目
2週間でシワが43個も減った画像キャプチャ
シワ:95本→52本(-43本)
(この方は、1週間で目立った効果がなかったため、2週間食べ続けたとのことです)

・2人目
2週間でシワが9個減った画像キャプチャ
シワ:96本→87本(-9本)

テレビ「ジョブチューン」で行われた実験の効果②肌年齢が若返った

テレビ「ジョブチューン」で行われた実験で得られた効果の2つ目は、「肌年齢が若返った」というものです。

肌年齢が6歳も若返ったという結果が出た方もいらっしゃいました。

肌年齢が-6歳の画像キャプチャ

これだけの効果が出ると嬉しいですよね。

藤崎は「シミ・シワが増えるのを抑える程度だろう」と思っていたのですが…
まさか減るとは思っていなかったので驚きました。

今回ジョブチューンで紹介された「ある食べ物」…
なんとなく想像がつきますか?

 

シミ・シワを減らすための食材

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワを減らす食材

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたシミ・シワを減らす食材はシナモンです。

シワ・シミの予防や改善に効果的なのはシナモンという画像キャプチャ

シナモンには、ケイヒエキスという成分が含まれていて、毛細血管を修復してくれます。
そのため、シナモンはシミやシワの改善に役立つとのことです。

ちなみに、テレビ「世界一受けたい授業」でも、シナモンは毛細血管の老化を防ぐという内容が紹介されています。
それだけシナモンは注目されているということですね。

シナモン(桂皮・ケイヒ)とは感想させた樹皮で生薬として漢方に使われている

テレビ「ジョブチューン」でしみやしわを減らす食材として紹介されたシナモン(桂皮)の画像

シナモンは別名「桂皮(ケイヒ)」と呼ばれています。
「桂皮(ケイヒ)」とは樹皮を乾燥させたものです。

生薬として漢方に含まれているほど、「桂皮(ケイヒ)」身体に良いと言われています。

「桂皮(ケイヒ)」の効果は以下のようなものです。

「桂皮(ケイヒ)」の効果
・発汗を促す
・熱を下げる
・痛みを和らげる
・食欲の増進
・胃腸の調子を整える

「桂皮(けいひ)」は、「葛根湯(かっこんとう)」や「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」をはじめ、数多くの漢方に含まれています。

 

シミ・シワを減らすための食材を効率的に摂るおすすめの摂取方法

しみ・しわを減らすためには1日に1g(グラム)のシナモン(桂皮・けいひ)が適量

テレビ放送では、しみ・しわを減らすためには1日に1g(グラム)のシナモン(桂皮・けいひ)が適量とのことでした。
これは、スプーンの小さじ1杯の量です。

しみ・しわを減らすためのシナモン(桂皮・けいひ)の摂り方

しみ・しわを減らすためのシナモン(桂皮・けいひ)の摂り方は、色んなものにふりかけて食べることだそうです。

シナモンを色んなものにふりかけると、効率良く摂取できるだけでなく、美味しく摂れるというところがオススメとのことでした。
シナモンをふりかけて美味しく摂取するものの例として、以下のようなものが挙げられてました。

「桂皮(シナモン)」をふりかけて美味しく摂取するものの例
・コーヒー
・紅茶
・ヨーグルト
・バナナなど

 

しみ・しわを減らす伊賀瀬道也先生おすすめのシナモン摂取方法

愛媛大学医学部付属病院の伊賀瀬道也先生がおすすめする「しみ・しわを減らすためのシナモン摂取方法」は、 豆乳にシナモンを混ぜるというものです。

テレビ「ジョブチューン」で紹介されていた材料は以下です。

シナモン豆乳の材料
伊賀瀬医師のオススメ豆乳シナモンのレシピ
・豆乳 200ml、
・シナモン 小さじ1/2(0.5g)
・オリゴ糖 適量

しみ・しわを減らすための摂取方法としてシナモン豆乳が優れている理由

しみ・しわを減らすための摂取方法としてシナモン豆乳が優れている理由は、豆乳に含まれている大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、肌の新陳代謝を促してくれる効果があります。
そのため、「シナモン(桂皮)」と「豆乳」は相性が良く、相乗効果が期待でき、その効果は抜群とのことでした。

 

しみ・しわを減らすために効果抜群のシナモン豆乳が優れているもう1つの理由

しみ・しわを減らすために効果抜群のシナモン豆乳が優れているもう1つの理由は、オリゴ糖を入れていることです。

オリゴ糖は腸内環境を整えてくれる働きがあります。
そのため、このオリゴ糖も、しみやしわを予防・改善することに一役買っているとのことです。

またオリゴ糖には、シナモン豆乳を飲みやすくするという目的もあるとのことでした。

しみ・しわを減らすためにシナモンを摂る場合の注意点

しみ・しわを減らすためにシナモンを摂る場合の注意点は、肝臓に持病がある方妊娠している方に対してのものです。

愛媛大学医学部付属病院の伊賀瀬道也先生によると、肝臓に持病がある人や妊娠している人は「主治医の先生に相談してください」とのお話がありました。

ただ詳細については、テレビ「ジョブチューン」の中で紹介されなかったので、詳しく調べてみました。

シナモンの多量摂取は肝臓障害や胎児へ悪影響のおそれが考えられる

シナモンの多量摂取は「肝臓障害」や「胎児へ悪影響」のおそれが考えられるとの理由から、「主治医への相談が必要」と伝えられたようです。
ただし、「肝臓障害」や「胎児へ悪影響」のおそれは、あくまで可能性があるという程度であり、裏付けとなるデータは十分に得られていないようです。

シナモンの多量摂取が肝臓障害や胎児へ悪影響のリスクを孕むという注意の情報源

シナモンの多量摂取が肝臓障害や胎児へ悪影響のリスクを孕むという注意の情報源は、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の健康影響評価にありました。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は「肝臓に持病がある人と妊婦さんは、シナモンの多量摂取をすると悪影響が生じるおそれがある」といった内容を発表していました。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の健康影響評価の要点を簡潔にまとめておきます。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の「シナモン多量摂取による健康リスク」の要点
①シナモンが血糖を低下させるという働きは、十分に証明されてない
②シナモンはこれまでに少量摂取されてきたが、グラム単位で継続的に摂った場合の信頼できるデータはない
③シナモンの一種「カッシア」に含まれるクマリンは、大量に摂ることで肝臓障害になるおそれがある(シナモンの一種「セイロンニッケイ」には、クマリンはほとんど含まれない)
④サプリメントでシナモンを摂取する場合、シナモンカプセルに含まれるシナモンアルデヒドが胎児に悪影響を及ぼす可能性がある(動物実験によって悪影響が確認できたが、詳細は不明)

いずれも、「リスクになるかもしれない」といった内容ですので、シナモンが危ないと断定するものではないようですね。

念のため、食品安全委員会が公表しているドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」を転載しておきます。
(小難しい内容なので、読み飛ばしてもらって大丈夫です。要点は上で藤崎が書いたものになっています)

(以下、転載)
食品安全委員会公式ホームページ「ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」を公表」
食品安全委員会公式ホームページ「しみ・しわを改善するシナモンは妊婦さんや肝臓障害に注意が必要」の画像

食品安全関係情報詳細
資料管理ID syu01610040314
タイトル ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」を公表
資料日付 2006(平成18)年9月27日
分類1 –
分類2 –
概要(記事)  ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」(16ページ)を公表した。概要は以下のとおり。
2型糖尿病患者の血糖値を低下させるためのサプリメントあるいは治療食(Diatetisches Lebensmittel/英訳dietary food)として、シナモンカプセルが販売されている。製造者は、長期に渡る一日当たりの摂取量をグラム単位で推奨しているが、シナモンのそのような摂取量の安全性はこれまで証明されていない。同様に、宣伝されているシナモンの血糖低下作用もこれまで十分に証明されていない。それゆえBfRは、シナモンの日々の多量摂取を消費者健康保護の観点から評価するよう依頼を受けた。
シナモンは数千年来、少量、スパイスとして使用されており、その副作用は知られていない。それに対し、グラム単位で継続して毎日摂取した場合の影響については信頼に足るデータはない。シナモンを扱う際には、セイロンニッケイとカッシア(※)とを区別しなければならない。セイロンニッケイはほとんどクマリンを含まないのに対し、カッシアはクマリンを多く含み、多量に摂取すると肝臓障害を引き起こす可能性がある。サーベイランス機関の測定結果でシナモンカプセルが多量のクマリンを含んでいたが、それは、製造者がカッシアを使用していることを示唆している。推奨摂取量に従ってシナモンパウダーカプセルを摂取すると、EFSA設定のクマリンの耐容一日摂取量(TDI)0.1mg/kg体重を超過する。
さらに、シナモンパウダーカプセルに含まれるシナモンアルデヒドは、妊婦に対するリスクとなる可能性がある。動物実験では、妊娠中のシナモンアルデヒドの摂取が胎児に危害を与える可能性があることを示唆している。それゆえBfRは、これに関する警告をシナモン調合製品に付すよう勧告する。供試シナモンパウダー中では、健康へ懸念のある量のスチレンは検出されなかった。(スチレンは、好ましくない輸送及び貯蔵条件下でシナモン中で生成されるか、包材からシナモンへ移行する可能性がある。)
BfRは基本的に、血糖値低下のためのシナモン調合製品は、サプリメントではなく医薬品に分類すべきだとの見解である。医薬品としての認可に際して販売者は、効用の証明、副作用の把握、他の医薬品との相互作用の試験をせねばならない。
(※)トンキンニッケイともいう。肉桂の代用品。
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
情報源(報道) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
URL http://www.bfr.bund.de/cm/208/hohe_taegliche_aufnahmemengen_von_zimt_gesundheitsrisiko_kann_nicht_ausgeschlossen_werden.pdf

(参照)
>>食品安全委員会公式ホームページ「ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」を公表」

しみ・しわを減らすためのシナモンはどんなシナモンが良いのか

テレビ「ジョブチューン」では、しみ・しわを減らすためのシナモンはどんなシナモンが良いのかといった点にも触れられていました。

シナモンは特別なものでなくていいそうです。
具体的には、スーパーに売っているシナモンでいいみたいですよ。

スーパーで売っているシナモンで良いという画像キャプチャ

早速藤崎も、「シナモンを買おう!」とネットで調べてみました。
(貧乏性の藤崎は、スーパーで打っているシナモンは高いと思うので、まずはネット検索しました)

ギャバンのシナモンパウダーは300gで1200円で購入できました。


「1日1gが目安」なので、300gだと300日分です。
300日というと約10か月くらいです。

10ヶ月で1200円ということは、1ヶ月で120円です。

毎月120円でしみ・しわの改善ができると思えば、かなり安いですね。
格安でしみ・しわを減らしたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

>>GABAN シナモンパウダーをamazonで見る

 

しみ・しわを減らすためのシナモンを藤崎が1年間摂取した結果

藤崎がしみ・しわを減らすためのシナモンを1年間摂取したところ、 肌のハリやツヤが良くなりました。

藤崎は男性ですので、そこまで肌に気を付けているわけではありませんが、それでもハリやツヤが良くなったことを実感できました。

藤崎はGABANのシナモンパウダー(300g)を買って、気づいた時にコーヒーなどにサラサラとふりかけて摂っていました。

>>GABAN シナモンパウダーをamazonで見る

テレビで実験されたように毎日規則正しく摂取したわけではありません。
また、テレビで放送された「つま先立ち運動」に関しては、全く取り組んでいません。

それにも関わらず、肌のハリやツヤが良くなったと感じるのは、やはりシナモン効果なんでしょうね。

ちなみに、藤崎はしみやしわの個数まで数えていないので、そこまでは把握できていません。
実感としては、シナモンを摂り始める前と摂取後で、ほとんど変わらないというのが正直なところです。

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたしみ・しわを減らす食べ物&運動のまとめ

それでは最後に、テレビ「ジョブチューン」で紹介されたしみ・しわを減らす食べ物&運動について、簡潔にまとめておきます。

テレビ「ジョブチューン」で紹介されたしみ・しわを減らす食べ物&運動のまとめ
①しみ・しわの原因は紫外線だけではない
②毛細血管の縮小は、しみ・しわの原因大きく影響する
しみ・しわを減らすためには、シナモンが効果的
④シナモンに含まれるケイヒエキスが毛細血管を修復してくれる
⑤相乗効果が期待できる摂取方法は「シナモン豆乳」
⑥シナモンの摂取に「つま先立ち運動」を加えると更に効果的
⑦シナモンの多量摂取は「肝臓障害」や「胎児へ悪影響」のおそれがあるという説がある。

毎日、数回にわけて1g程度のシナモンを摂る。
毎日、つま先立ち運動を60回やる。

地道に取り組めば、しみ・しわを減らすことは十分期待できそうですね。

ちなみに藤崎の周りのママ達には、プラセンタを愛用している人が多いようです。
(藤崎の周りにはお医者さんや実業家の家庭が多いので、美容意識が高い人がたくさんいます)

そんな中でも「バージンプラセンタ」と呼ばれるレアなプラセンタが大人気です。
下のバージンプラセンタは、美容外科医・モデル・美容液口コミ評価の3部門で1位に輝いたニュータイプの美容液です。


希少なヴァージンプラセンタを使用したプラセンタ原液「PURURI(プルリ)」

 

バージンプラセンタには、通常の20倍のアミノ酸量を含んでいるため、美肌効果・若返り効果が抜群なんだとか。

「このバージンプラセンタだけは教えたくない」という人が多いので、知らないうちにハンデをつけられないように注意してください。
「赤ちゃんのような、みずみずしいプルプル素肌になる」との口コミが多いので、「きれいな肌になりたい」という方は、忘れずにチェックしておいてください。


希少なヴァージンプラセンタを使用したプラセンタ原液「PURURI(プルリ)」

 

ではでは。

P.S.
美容や子供の教育には、お金がかかるので大変ですよね。
藤崎も日々、お金のやりくりで大変です。

そんな中、主婦でも自宅で取り組める在宅ワークがあるとのことで、藤崎の妻が試してみました。
数か月で毎月10万円以上もの収入を得られるようになったので、以下の記事も参考になさってください。

 

クラウドワークスで月に10万円を稼ぐ主婦がいるという画像(得する人損する人)

得する人損する人で紹介されたクラウドワークス、既に妻がやってます

テレビでも紹介された「主婦でもラクに稼げる副業サイト」の紹介です。藤崎の妻も大いに助けてもらっているサイトで、毎月10万円以上稼ぐ主婦もいるので教育費用の足しになります。

 

トップページに戻る>>

・無料メルマガ登録フォーム

新着情報や、ブログでは書いていない深い情報をお届けする無料のメルマガです。

ゆる~くやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

(ブログには書けないような裏情報も、たくさん書いています。)

お名前
メールアドレス



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 関東学院小学校の正門の画像
  2. 格安SIMの料金プランを選ぶのに悩む女性画像
  3. 面接で簡単に使えるテクニックを見つけた(イメージ画像)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。