お金の管理を上手にし、家計のピンチに役立つ道具とは

この記事は9分で読めます

お金を上手に管理するイメージ画像




倹約家で、無駄使いしない藤崎。

 

独身の頃は完全にお金の管理ができていました。

 

しかし、結婚して子供ができると、お金の管理が難しくなり、予想外の出費が重なって、家計がピンチになることも・・・。

 

そんな時に重宝した「あるモノ」があり、それを使い続けるうちに、家計のピンチに陥ることが少なくなってきました。

 

どうやら、「あるモノ」を使っているうちに、妻や子供の出費を管理する能力がついたようです。

 

今回は、お金の管理を上手にし、家計のピンチに役立つ道具を紹介します。

 

ちなみに、一時的でも良ければ、サクッとお小遣いを稼げる方法も別の記事で紹介しています。
 
2万円くらいあれば、ちょっと贅沢なご飯が食べれると思いますので、良かったら活用してみてください。
 
>>サクッとお小遣いを稼ぐ方法を見てみる

よければ、ちょいトク情報として、こちらもどうぞ。

>>huluの無料視聴期間を2倍する方法(さらにお得な裏ワザあり)

 

お金の管理能力を上げ、家計のピンチを救う道具

便利な「あるモノ」

藤崎が家計のピンチに重宝していた便利な「あるモノ」とは、 クレジットカード です。

 

かなりメジャーなものなので、目新しさはありませんが、意外にメリットやデメリットを把握している方は少ないようです。

 

藤崎の知人にも、「なんとなく持っているけど、あまり使わない」という人が結構多いので、今回はクレジットカードの特徴をおさえて、有効に使う方法をお伝えします。

 

メリット(長所)

家計のピンチに役立つ

クレジットカードの最大のメリットは家計がピンチの時に役立つということです。

 

どういう時に役立つのかと言うと、予想外の出費が重なって、「このままだとお金が足りない・・・」という時に非常に役立ちます。

 

クレジットカードはほとんどの場合、お金が引き落とされるのが翌月か翌々月なので、それまでの間にお金を用意できればピンチを乗り切れます。

 

例えば、子供が通う幼稚園でイベントがあったり、スマホが壊れたり・・・ということが重なった時。

 

その時点ではお金がなくても、クレジットカードを使えば、翌月か翌々月まで支払いを先延ばしにできますので、その間に給料やボーナスが入ればピンチを乗り切れます。

 

藤崎もそれで助かったことがありました。

 

子供が幼稚園に入る時、入学金が20万円くらいかかるのですが、その時期に車検が重なってしまって、どうしても5万円ほど足りなくなってしまったんですね。

 

そういう時にクレジットカードを使って乗り切って、翌月から支払いを想定して節約生活に入ればいいので、とても助かりました。

 

お金の管理能力がアップする

これは学習能力がある人に限定した話ですが、クレジットカードを繰り返し使っていくことで、お金の管理能力がアップします。

 

先ほどの藤崎の例でもお伝えしたとおり、家族の分の支払いまで管理するのは、なかなか難しいものです。

 

毎日忙しかったり、目を通すべき書類を見過ごしていたりすると、不意に予想外の出費が重なってしまいます。

 

しかし、そういった場合にクレジットカードでピンチをしのいでいると、 その後、支払いを意識した生活をするようになるので、お金の管理能力が上がっていくんですね。

 

先ほどの藤崎の例でも、「1ヶ月後の支払い金額は通常より2万円多くて、その次の月は1万5000円余裕を持って残しておかないといけない」というように、計画的にお金を管理していくようになります。

 

さらに、不測の出費を経験したことで、「次回は車検の時期に気を付けよう」などと注意するので、どんどん管理能力がアップします。

 

なので、クレジットカードは、過去の失敗から学ぶことができる方には、かなりオススメできる優れものだと言えます。

 

しかし、失敗から学ぶことができない方にはオススメできません。

 
藤崎は学生時代、おじいちゃんやおばあちゃんに、「クレジットカードは持ってはいけない。知らない間に使いすぎて破産してしまうからな。」と言われていましたが、学習意欲のない方は、使いすぎて借金が増えてしまうことになります。

 

年を重ねてくると、新しいものを知ろうとする気持ちが薄らいで学ぶ意欲が低下し、「見知らぬものは危ない」という考え方に変わっていくようですね。

 
なので、学ぶ意欲のない方はクレジットカードを持たないようにしてください。

 

ですが、日々の出来事から少しずつ学んでいくことができる方なら、クレジットカードは全く危ないものではなく、むしろ使わないと損します。

 

新しいものを貪欲に吸収することをやめてしまうと、こういう風にメリットを受けられることがないどころか、損してしまいますので注意してくださいね。

 

「なぜ損してしまうのか」というところは、ここから先に書いていきます。

 

先に便益を享受できる

「先に便益を享受できる」というと難しいですが、要するに先ほどと同じことを言っています。

 

「先に商品が手に入って、お金の支払いが後でいい」ということは、お金を払うより先に利便性を上げられるということです。

 

藤崎は今年、パソコンを買い替えたのですが、その時の支払いをボーナス払いにしたので、新しいパソコンを先に入手できて、数か月後にボーナスが入ってからパソコン代を支払うということができました。

 
現金払いなら、ボーナスが出てから、新しいパソコンを使えるところを、数か月も先に新しいパソコンを使えるというメリットが受けられたんですね。

 
しかも、数か月後のボーナス払いにしても、手数料がかからず、利息もかからなかったので、随分お得な買い方だったなぁと思います。

 

支払い期日を過ぎた場合、普通なら延滞金などの利息が発生しますが、クレジットカードを使うことで、そういう利息や延滞金を払わずに、数か月もの間、支払いを待ってもらうことができた、というわけです。

 

ポイントがつく

ほとんどのクレジットカードは、利用することでポイントがつきます。

 

そのポイントがどうやって使えるかは、クレジットカード会社によって違うのですが、藤崎がオススメしているクレジットカードは、現金と同じように使うことができます。

 

さらに、1%の割合でポイントがつくので、10万円の買い物をすれば1,000円分のポイントがつきますし、100万円の買い物をすれば1万円分のポイントがつきます。

 

1%だと思って甘くみていると、意外に損してしまいますので、注意してくださいね。

 

毎月の光熱費や携帯料金もクレジットカード払いにできることが多いので、できる限りクレジットカード払いにすることでポイントがいっぱい貯まることになります。

 

こういった積み重ねが、後々になった大きな差になって表れますので、甘く見ないでくださいね。

 

ちなみに、 この「1%」という還元率は、クレジットカードの中でも高い方です。

 

普通だと0.5%くらいが相場になっているようですね。

 
藤崎も「現金と同じように使える」、「ポイントの還元率が良い」という理由で使っているのですが、このクレジットカードは、発行するだけで5,000円分のポイントがつくので、まだ持っていない方は、発行するだけでも得しちゃいますよ。

(使う時の条件によっては、4倍以上のポイントがつきますので、かなり還元率が高いと言えます。)

 

>>藤崎オススメのクレジットカードを見てみる

 

ネットショッピングで手数料がかからない

楽天市場やamazonで買い物をする時には、クレジットカードを使うことで手数料がかからないというメリットを享受できます。

 

ネットショッピングをする時に銀行振込や代引き、コンビニ払いという方法がありますが、いずれも手数料が発生してしまい、支払う金額が多くなってしまいます。

 

その上、自分自身の手間も増えてしまうのでいいことがありません。

 

クレジットカードを利用することで手数料も手間も削減できるということは嬉しいメリットの1つだと言えますね。

 

カードごとにお得な特徴がある

クレジットカード会社ごとに、お得な特徴を備えたカードが多く発行されていることも、メリットの大きな1つとなります。

 

例えば、イオンカードセレクトは、WAONと一緒に使うことでダブルでポイントをもらえたり、イオン銀行のATM手数料が無料になったりするというメリットがあります。

 

また、毎月20日・30日はお客様感謝デーが開催されていて、イオン店舗での買い物は5%オフになります。

 

このように、色んな特徴を備えたクレジットカードがありますので、ご自分にあったものを選ぶことで、よりお得で便利に使うことができますね。

(参考)
>>イオンカードセレクトを見てみる

 

クレジットヒストリー(信用)ができる

聞きなれない言葉になると思うのですが、クレジットカードを正しく使うと「クレジットヒストリー」という信用を作っていくことができます。

 

この信用というのはとても重要で、住宅ローンや車のローンを組みやすくなったり、信用がある人ほど、低い金利で借りることができたりします。

 

現金払いばかりで買い物や支払いをしていると、クレジットヒストリーが作られないので、住宅ローンや車のローンを受けたいと思った時に、思うように審査に通らなかったり、高い金利で融資を受けることになるので、結果的に損してしまいます。

 

クレジットヒストリー(信用)を作るには、 普段からクレジットカードで支払いをしていて、遅れることなく支払っていること が大事です。

 

支払いが遅れると信用がなくなって住宅ローンや車のローンなどの融資を受けづらくなりますので、遅滞がないように最大限の注意を払ってくださいね。

 

では、ここからは、保守的な側面、リスク回避の観点から見ていきましょう。

 

多額の現金を持つ必要がない

クレジットカードを持つことのメリットとして、多額の現金を持つ必要がないということが挙げられます。

 

多額の現金を持ち歩いて万一財布を落としたり、トラブルに巻き込まれてしまった場合、お金は戻ってきません。

 

大金を持ち歩くのは、かなり緊張しますし、精神的な疲労も避けられないので、できるだけ多額の現金を持つことは避けたいですよね。

 
そういう時、クレジットカード一枚財布に入れておけば良いというのは、かなり精神的にもラクになります。

 

また、現金を使う機会が減るということは、ATMを使う回数が減るということですので、その分 ATMの手数料がかからず、お得に使える と言えます。

 

盗難・紛失補償がある

日本で発行されるクレジットカードには全て、盗難補償・紛失補償がついているので、現金をなくすよりもリスクが少ないです。

 

盗難補償・紛失補償は、発行された時点でついていますので、「日本で発行したカードだけど、自分のカードには補償が付いていないんじゃないか・・・」と心配することはありません。

 

藤崎は経験がありませんが、知人の中には財布を落とした人が何人かいて、その全員が「現金は返ってこなかった」と言っていました。

 

しかし、財布を落としてクレジットカードを失くした場合でも、補償が付いているので被害額は0円となります。

 

ただし、不正利用の場合は、60日以内にクレジットカード会社に連絡しないと補償されないので、注意してくださいね。

 

万一の時にお金を借りれる

ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能が付いているので、本当に支払いがピンチになった時には、現金を借りることができます。

 

キャッシングはあまりオススメできませんが、支払いができなくなってしまってはいけないので、最後の手段という認識でいた方が良いとは思うのですが、「万一の時でも現金が借りれる」ということだけでも精神的に安心感があるので、これも大きなメリットの1つであると言えるでしょう。

 

ショッピング保険が付いていれば商品が壊れても大丈夫

ショッピング保険というサービスがついているクレジットカードの場合、購入してから偶然の事故によって、買った商品が壊れてしまった場合でも、クレジットカード会社が補償してくれるので、壊れやすいものを買った時でも安心です。

 

このショッピング保険は、クレジットカード会社によって内容が違うので、この点を重視される方は、色んなカード会社を見比べてみると良いでしょう。

 

デメリット(短所)

分割払い・リボ払いなどの手数料に注意

分割払いやリボ払いなど、色んな支払い方法が選べて、毎月少しずつの支払いで欲しい物が買えるというのは、とても大きなメリットです。

 

しかし、これらの支払い方法には手数料が発生することがほとんどですので、商品そのものの金額よりも、実際に支払った金額の方がはるかに大きくなってしまうというデメリットが存在します。

 

それだけの手数料を払ってでも、先に商品を手に入れたいという場合は別ですが、そうでない場合は、手数料が発生するような支払い方法は選択しない方がいいです。

 

せっかくお得に使おうとしているのに、結果的に損をしてしまっては元も子もないですから。

 

買いすぎてしまう

これは先ほども書きましたが、クレジットカードは現金を払っているという感覚が薄いせいか、ついつい使いすぎてしまう方がいらっしゃいます。

 

現金払いもクレジットカード払いも、お金を払っていることに変わりはないとわかっている方なら大丈夫なのですが、「クレジットカード払いだとお金を払っている感覚がない」という方は要注意です。

 

知らない間に支払いが増えて借金生活になりますので、そういう方は絶対にクレジットカードを持たないでください。

 

ハサミや包丁も同じですが、しっかりと使い方を理解していないと危ない目にあいます。

 

そういう方は、このサイトを参考にしていただくことで、知らず知らずのうちに金銭的な知識や、学びの姿勢などが身についていきますので、色んな記事を見ていただければと思います。

 

このサイトでは、読者の皆さんに役立つ情報をお届けして、より良い人生を送っていただくことを願っていますので、小さな学びやお役立ち情報をいたる所に、ふんだんに散りばめています。

 

少しでも役に立てれば幸いです。

まとめ

では、最後に、「お金の管理を上手にし、家計のピンチに役立つ道具」のメリット・デメリットをまとめておきます。

<メリット(長所)>
1.家計のピンチに役立つ
2.お金の管理能力がアップする
3.先に便益を享受できる
4.ポイントがつく
5.ネットショッピングで手数料がかからない
6.カードごとにお得な特徴がある
7.クレジットヒストリー(信用)ができる
8.多額の現金を持つ必要がない
9.盗難・紛失補償がある
10.万一の時にお金を借りれる
11.ショッピング保険が付いていれば商品が壊れても大丈夫

<デメリット(短所)>
1.分割払い・リボ払いなどの手数料に注意
2.買いすぎてしまう

クレジットカードはうまく使うことで、メリットを受けられ、ピンチをも乗り越えられる道具となります。

 

日々の生活や失敗から学ぶことができる方には心強い味方になるでしょう。

 

しかし、学習意欲のない方にとっては、リスキーな道具にもなりえますので、最低限のお金の知識が必要になってきます。

 
そういった知識がない方は、クレジットカードの発光は見送って、まずはこのサイトを見ながらマネーリテラシーを高めていってください。

 
サイトを見ているうちに藤崎の考え方が身についてくるので、そうなればしめたものです。

 

「考え方が変われば行動が変わる」
「思考は現実化する」

こういうところから少しずつ成長が始まります。

 

できることからちょっとずつ取り組んでいきましょう。

 

ではでは。

(参考)
>>楽天カードを見てみる
>>イオンカードセレクトを見てみる




この記事もおもしろいかもしれません

>>藤崎オススメの親子教室

>>サクッとお小遣いを稼げる方法

>>子どもにオススメのおもちゃ01.賢人パズル

>>子どもにオススメのおもちゃ02.ポリスステーション(効果、注意点など)

>>huluの無料視聴期間を2倍する方法(さらにお得な裏ワザあり)

>>お金の管理を上手にし、家計のピンチに役立つ道具とは

>>「家、ついて行ってイイですか」の超浪費癖のある旦那と病気の妻は本当に幸せか

>>東大卒の愛娘の自殺を防ぐにはどうすれば良かったのか

>>節約の心構えをラジオショッピングから学ぶ

>>激安で買えるお得サイトと悪い失敗例~注意点・デメリット

>>東京いずみ幼稚園のスーパーキッズがスゴい(めざましテレビ)

>>kids duo(キッズデュオ)の入園説明会に行った感想、体験談、口コミ

>>「家、ついて行ってイイですか」の京大卒スゴ腕塾講師の人生

>>カリタス小学校の学校説明会の感想、体験記

>>洗足小学校の説明会にいってきました

>>重要な選択を誤らないため、自分で考える力・思考力を育む方法

>>集中力・やる気アップに。いざという時の飲物のデメリット・注意点

>>聖ヨゼフ小学校の学校説明会に行ってきた感想(体験記)

>>保育園理事長が1億4000万円の不正流用(罪名、罪の重さなど)

良かったらクリックをお願いします。
応援いただければ、今後のやる気につながります(笑)


人気ブログランキングへ

子育てブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 黒い卵の画像
  2. 桜の木の下でそよ風に吹かれる女の子の画像
  3. 詰込み教育のイメージ画像キャプチャ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。