カリタス小学校の学校説明会の感想、体験記【パンフ画像】

この記事は9分で読めます

カリタス小学校の学校案内パンフレット(表紙)の画像キャプチャ




先日、
カリタス小学校の説明会に
行ってきたので、
今回はその時のことを
書いてみようと思います。

 

カリタス小学校の学校説明会

アクセス

 

最寄駅はJR南武線の
中野島っていう駅で、
子どもづれだと駅から歩いて
15分くらいかかります。

 

小田急線の登戸駅からも行けて、
スクールバスが出ているので、
学校まで送ってもらえます。

 

藤崎は車で行って、
中野島駅近くの駐車場に
車を停めたのですが、
カリタス小学校のすぐ前にある
駐車場に停める保護者も
4家族くらい見て驚きました。

 

確かに、
「車で来ないでください」などの
注意事項はありませんでしたが、
そんなあからさまに
学校の目の前に停めなくても・・・
って感じです。

 

ちょっと保護者のレベルが
伺い知れますよね。

 

駅から小学校までは道が狭く、
歩道もあまり整ってないので、
小さい子どもを1人で
学校に通わせるのは
少し不安だと思います。

 

ちなみに、説明会当日は
職員の方が矢印を持って、
道に立ってくださっていたので、
迷う心配はありませんでした。

 

学校見学

学校に着くと、
ストラップの着いた
来訪者用の名札を渡され、
上履きに履き替えて
授業の様子を見学しました。

 

カリタス小学校の教室は
オープンスペースと呼ばれ、
普通の教室のように仕切りがなく、
個室ではないタイプの教室です。

 

こんな感じ。
↓↓↓

カリタス小学校オープンスペースの教室

 

授業の様子を見たところ、
やはり女子の人数がかなり多く、
9割強は女子っていう感じです。

 

男の子はこういう環境には
入れにくいなぁ、
というのが正直な感想です。

 

自分がもし、
こういう学校に入ったら…
と考えると、
かなり過ごしにくいと思います。

 

女の子は活発な子が多く、
授業中も質問に答えたり
隣の子とお話ししたりと、
何かと楽しそうでした。

 

授業について

授業内容については、
学校見学の日ということも
あったんだと思いますが、
派手な授業もありました。

 

中でも落語を披露する授業が
結構すごくて、
10歳くらいの子が
20人くらいの生徒の前で、
堂々と話を披露していました。

 
たくさんの保護者も
後ろで見ているのに、
気圧されることなく、
立派に発表されていて、
最近の小学生はすごいなぁと
感心してしまいました。

 

紫の座布団にのって、
身振り手振りで
一生懸命話してて
とても上手でしたよ。

 

あと、藤崎が気になっていた
宗教の授業も見ることができたので、
どういうことをするのか
見てきました。

 

宗教の授業っていうのは、
大学で軽く受けたくらいなので、
小学校では
どんな内容を学ぶのかなぁ、
と少し興味があったんですね。

 

授業の途中から
見学したのですが、
内容はヨセフが
大臣になった時の
話のようです。

 

って言っても、
藤崎は全然詳しくないので、
ヨセフが誰なのかすら
知りませんが(笑)

 

先生が子どもたちに
「ヨセフは今まで、
 兄弟にいじめられたり、
 殺されたりしたけど、
 皆ならどうする?」
と聞くと、子どもたちは、
「逃げる」
とか
「死んじゃう」
などと答えていました。

(「殺されたりして」
 っていう意味が
 よくわかりませんが、
 聖書は基本的に
 よくわからないので、
 気にしませんでした。笑)

 

で、それを聞いた先生が、
「大臣になって
 ここまで偉くなったら
 皆はどうかな?」
と質問した時、子どもの回答は
「頑張れる」
「良いことをする」
っていう回答だったのですが、
一人だけ、
「早くお家に帰りたい」
っていう生徒がいました。

 

それを聞いた先生は、
「本当にそう思う?」
と聞き返しました。

 

あたかも、
「それは間違った答えですよ」
と言っているかのように。

 

お話を聞いてどう思おうが、
その子の勝手だと思うのですが、
先生はどうにか
立派な回答をするように
誘導尋問をしたいようです。
 

「もし大臣になって頑張ったら、
 色んな人の役に立てるかも
 しれないよ。」

「せっかく頑張って
 大臣になったんだから、
 色んなことを
 してみたいとは思わない?」

などと、促しましたが、
その子の理解を得ることは
できなかったようです(笑)

 

おそらく学校説明会で
色んな保護者が来ているので、
しっかりと
賢い子どもに育てている
というところを
アピールしたかったんでしょうね。

 

藤崎の考えとしては、
ある程度、
考え方の指針を示すことは
必要だと思いますが、
こんな風に、
「どう感じるか」を
強制するのは反対です。

 

こういう教育を積み重ねると、
子どもの感情や考えを
抑え込むことにつながります。

 

嫌なことを
嫌だと言えない環境で育つと、
正しいと教えられてきた、
「こう感じるべきである」
という感情と
「本当に自分が感じたこと」
が違うことから、
自分を否定するようになります。

 

そうなってしまうと、
自分の考えではなく、
他人の考えを基準にして
生きていくことになるので、
自分なりの幸せを
見つけることが難しくなります。

 

一生懸命、
教えられたように生きているのに、
幸せになれない。

 
それどころか、
望んでいない不幸を
引き寄せることになるので、
こういう教育は
受けさせたくないなぁ、
と思っていました。

 

聖書は単なる物語で、
今で言うと、
マンガみたいなものですから、
感じ方は別に
千差万別でいいと
思うんですけどね。

(さすがに凶悪犯になりそうな
 子どもがいたなら
 矯正する必要がないとは言えませんが。

 他人を殺したりするような
 子に育ってはいけませんからね。)

 

説明会

学校長の挨拶

学校説明会は、
別の建物の講堂で開かれました。

 

かなり綺麗なホール
っていう感じで、
藤崎がイメージしていた
体育館のような感じでは
ありませんでした。

 

最初は、
学校長の挨拶だったのですが、
やたらと宗教に熱心で、
話し方も抑揚がありすぎて
聞いていてしんどかったです。

 

カトリックの教えを
心から信じているのか、
宗教を建前にして
学校や自分の利益を
求めているのかはわかりませんが、
どちらにしても
こういう学校は魅力的に感じません。

 

ガリレオの宗教裁判で
地動説を間違いだと言ったり、
免罪符を売ったり、
カトリックの教えを
根拠に戦争したり。

 

まぁ、大抵の宗教が
似たようなものですが。

 

教育内容

カリタス小学校の教育は、
色んな事に対して
自主的に取り組むことが
大事だと話されていましたが、
実際に学校で行われていることは、
そうではないと感じています。

 

まぁそういうことは、
少し考えれば
簡単にわかるのですが、
カリタスはカトリックの教えを
大事にしているので、子ども達が
カトリックの教えに反した
言動をすると、
それを正そうとします。

 

授業の雰囲気や
学校長の挨拶を聞いていると、
自主的に取り組むように
促すというよりも、
押し付けているような
印象を受けました。

 

それは、
さっきの宗教の授業での
出来事もそうですが、
学校長の変に熱心な
演説めいた挨拶もそうですし、
どこか不自然なところがあります。

 

教育の特徴

カリタス小学校の
教育の特徴として、
「1クラスで
 1つの年間目標を立てる」
というやり方を
採っているとのことです。

 

その中で、
あるクラスの年間目標で、
「アメを作る」
「駄菓子を作る」
っていうことに
票が集まったとのことですが、
そこで担任の先生が
待ったをかけたそうです。

 

「アメとか駄菓子を
 作ることは家でもできるし、
 綺麗にできて美味しいけど、
 そこから学べることが
 あるのか?」
「今の君たちに必要なのは
 苦労して何かを得ることだろう」
と言って、実質的には
許可を出さなかったそうです。

 

その後、生徒が
自主的に方向転換して、
別案であがっていた
「羊毛で家を作る」
というテーマにしたそうです。

たった5票しか入っていない
案だったそうですが。

 

で、果たしてこれが
自主的というのかどうか、
ということなんですが・・・

 

どう考えても
自主的じゃないですよね。

強制というか、
矯正というか・・・

 

要するに、
これもさっきの
宗教の授業と同じですよね。

 

何度も何度も他人の主張に
疑問を投げかけることで、
相手の言っていることを
否定しているわけです。

 

やっぱりこういう教育は
魅力的には感じないんですよね。

 

藤崎は
押しつけがましいことが
好きじゃないので、
倫理観の押し売り
みたいな感じが
大嫌いなんですね(笑)

 

そんなアマノジャクな
藤崎がオススメするのは、
「学ぶことを好きにさせて、
 そこから脳の力を伸ばす方法」
です。
 

学問の知識や
公式を丸暗記して、
名門大学に合格させればいい
なんて安易な考えでは
ありません。

 

「幸せになるためには、
 どんな能力が必要か」
を考えた末の
子育て方法です。

 

この子育て法を知ったおかげで、
毎日を楽しく過ごしながら、
バランス良く子供の能力を
伸ばすことができたので、
良かったら参考にどうぞ。

>>子供を幸せに導く幼児教育

 

で、ちなみになんですが、
羊毛で家を作ることを
テーマにした後、
羊毛を集めるのが
大変だったそうです。

 

しかも、
羊毛にも色んな種類があって、
固まるタイプと
そうでないタイプが
あるらしくて、
担任の先生は
相当大変だったようですよ。

 

ま、自分で言い出したことなんで、
自業自得ですが(笑)

 

学校の理念

学校の理念として、
「苦労することが良いことだ」
っていう理念が
あるようですね。

 

羊毛で家を作ることもそうですが、
学校長の挨拶でも
「神は乗り越えられる困難しか
 与えてくださらない」
っていう話をされていました。

 

乗り越えられる困難しか
与えられないなら、
東日本大震災などは
どうだったのでしょうか。

 

たくさんの方が亡くなりましたが、
困難を乗り越えたことに
なるのでしょうか。

 

「苦労しなくても学べることはある」
という風に藤崎は考えています。

 

借りぐらしのアリエッティ
というジブリ映画の中で、
アリエッティのお父さんが、
「いどまなくていい危険もある」
と言いましたが、それと同じです。

 

苦労して学べることもありますが、
わざわざ苦労しなくても
学べることはたくさんあります。

 

例えば、
英語を学ぼうとする時、
アメリカに行けば
本場の英語を学べますが、
近くの英会話スクールで
ネイティブの先生と話せば
英語を学べます。

 

近くに英語が話せる友達がいれば、
その人に教えてもらえばいいですし。

 

男子生徒への対応

男子生徒の数が少ないのですが、
その分、男子生徒への対応を
きめ細やかにしている、
とのことです。

 

「ようこそ先輩」
っていうイベントでは、
男子卒業生の先輩(中学生)が
母校に訪れ、
中学校で取り組んでいることや、
小学校のうちに
取り組んでおくと良いことなどの
アドバイスがもらえるそうです。

 

他にも男の子だけで行う
サッカーは1~2年生と、
3~6年生の間で
学年を超えて交流するそうです。

 

先輩を呼んで
アドバイスを受けれるっていうのは、
実体験に基づくアドバイスなので、
ありがたいですよね。

 

その他

他に気付いたことなのですが、
学校説明会の会場では
500円で願書(募集要項)を
売ってたんですね。

 

願書を売っているところは
初めてだったのでビックリでした。

 

こういうところを見てしまうと、
やっぱり宗教を
売り物にしているというか、
「宗教って良くないよなー」
って思ってしまいます。

 

あと、それとは別で
校舎の外に羊が飼われていて、
生徒が可愛がっていました。

 

羊が飼われている学校は
初めてでしたし、
羊を間近でみることもないので、
驚きでした。

 

一見すると、皆で可愛がって
関わりをもっているようですし、
そういう面では良さそうでした。

 

入学試験

最後に入学試験についての
説明がありました。

 

ここまで見てきた中で、
「この学校はないなー」
と思っていたのですが、
念のためザザッと
メモしたので書いておきますね。

(説明がかなり
 早口だったこともあり、
 完全にメモを
 取ったわけじゃないので、
 あくまで参考程度に
 してください)

 

言語のテスト

言葉をどれくらい扱えるか
どうかを見るテストでは、
以下のようなことを
見るとのことでした。

 

・話を聞いて受け答えができる
・絵をみて物語を作って話せる
・ひらがなを書く・読む
 (鉛筆を正しく持てているかどうか)
・話を聞く

 

数のテスト

次に数についてのテストです。

以下の項目を見る
っていうことでした。

 

・1~10までの数を合成・分解・比較する。
・日常生活で学べることを口頭で質問する。
・公共のマナーについて口頭で質問する。

 

社会性のテスト

社会性のテストでは、
ごくごく基本的なところを
見るようで、
説明会で出た話は
以下のようなものでした。

・落ち着いて人の話を聞けるか
・聞いたことを行動にうつせるか
・周りに合わせた行動ができるか
・身の回りのことにこどもらしい興味を持てるかどうか。
(こどもらしい興味というのが何かは不明。笑)
・基本的な日常生活でのやるべきこと
(物を片付けられるか、帰ってきたらまずなにをするかなど)

 

巧緻性のテスト

巧緻性のテストでは、
手を使って作品を
丁寧に作れるかどうかを
見るそうです。

 

必要な準備物が結構あるそうで、
ちゃんと持ってきてください
って仰ってました。

 

その他

他にアナウンスされていたことは、
「試験当日、幼稚園の服か
 動きやすい服で来ること」
「カリタス小学校には
 休学がないので
 退学しないといけないが、
 その時、学校にいる生徒数に
 関わらず試験を受ければ
 復学できる。」
っていうくらいですかね。

 

この記事で書いたのは
藤崎が見聞きしたことのみで、
途中から
興味が薄れてきたこともあり、
ごくごく一部です。

 

なにかの参考に
していただければと思います。

 

ではでは。

トップページに戻る>>

・無料メルマガ登録フォーム

ブログでは書いていない裏話などをお届けする無料のメルマガです。

ゆるくやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

お名前
メールアドレス

学校案内パンフレット(全ページ)の画像

最後に、
カリタス小学校の
学校パンフレットの画像を
全ページ分、載せておきます。
 
細かい部分までは
見れないと思いますが、
どんな雰囲気なのかを
感じて頂けるかと思うので。

↓↓↓

カリタス小学校の学校案内パンフレット(表紙)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(1ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(2ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(3ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(4ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(5ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(6ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(7ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(8ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(9ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(10ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(11ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(12ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(13ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(14ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(15ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(16ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(17ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(18ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(19ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(20ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(21ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(22ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(23ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(24ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(25ページ目)の画像キャプチャ

カリタス小学校の学校案内パンフレット(26ページ目)の画像キャプチャ

トップページに戻る>>




・無料メルマガ登録フォーム

新着情報や、ブログでは書いていない深い情報をお届けする無料のメルマガです。

ゆる~くやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

お名前
メールアドレス

この記事もおもしろいかもしれません

>>伸芽会の入塾相談(個別)にいってきました

>>玉川学園小学校の説明会に行った感想や魅力的に感じなかった理由など

>>難関校に通う学生は幼少期にピアノを習っていた人が多い

>>洗足小学校の説明会にいってきました

親も子も幸せになるために

>>一時的に数万円のお小遣いを稼ぐ簡単な方法

>>玉川学園小学校の説明会に行った感想や魅力的に感じなかった理由など

>>子どもを犯罪者に育ててしまわないための注意点

>>辿り着くまで4年以上?幻の焼肉店「クロッサムモリタ」とは

>>深イイ話の東大卒子供6人のシングルマザーの時給800円生活

>>些細なことにとらわれず、少し意識するだけで日常を気持ち良く過ごせる方法

>>仕事だけではなく、日常でも意外に重要なスキルとは

>>kids duo(キッズデュオ)の入園説明会に行った感想、体験談、口コミ

>>東大卒の愛娘の自殺を防ぐにはどうすれば良かったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. TOEベビーパークの無料体験2日目の口コミまとめイメージ画像
  2. ベビーパークの勧誘についての噂話をする子供(イメージ画像)
  3. 伸芽会の公式ホームページのイメージ画像
  4. 中国で行われたカンニング防止のためのテストは校庭の砂嵐の中のような状況で行われたという画像キャプチャ
  5. 色んなお金の画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。