【AI Text Classifier】ChatGPTなどAIの文章を判定するツール・チェッカー一覧!

この記事は12分で読めます

AIによって生成されたコンテンツの真正性を見極めるためのツールは、教育、出版、メディアなど幅広い分野で必要不可欠です。ChatGPTをはじめとするAI技術が進化し、人間のように自然なテキストや画像を生成できるようになる中、これらのコンテンツが本物かAIによるものかを判定する技術の開発が急務となっています。これらのツールは、フェイクニュースの拡散防止や情報の信頼性確保に役立ち、継続的な研究開発によりその精度と適用範囲が広がっています。AI生成コンテンツの判定ツールは、信頼できるデジタル環境を維持するための鍵となります。

ChatGPTなどAIが書いた文章を判定する(見破る)ツール・ソフト

AI技術の進化によりChatGPTのような高度な言語モデルが登場し、人間のように自然で流暢な文章を生成する能力を持っています。これは、多くの分野での活用が期待される一方で、学術的な論文の不正使用やニュース記事の信憑性に関する問題など、新たな課題も引き起こしています。そのため、AIが生成した文章を見分けるためのツールやソフトウェアの開発が進められています。これらのツールは、教育機関、出版社、ニュースメディア、さらには個人ユーザーにとっても非常に有用であり、AIによる不正なコンテンツの拡散を防ぎ、情報の信憑性を保つ上で重要な役割を果たします。

・GPT-2 Output Detector

・GPTZero

・ZeroGPT

・Originality.AI

・(利用停止中)AI Text Classifier

・GPTKit

・(開発中・見抜くソフト)コピペルナーV6

・AI作文判定くん

次に、AIによって書かれた文章を判定する代表的なツールやソフトについて、概要と特徴を解説します。

GPT-2 Output Detector

GPT-2 Output Detectorの特徴を表にまとめます。このツールは、AIによって生成された文章を検出する能力に特化しており、主に教育機関や出版業界での使用が想定されています。

特徴説明
検出能力AIによって生成された文章を識別するためのアルゴリズムを採用しており、特にGPT-2モデルによって生成されたテキストの特徴を分析します。
利用シーン学術論文の認証、出版物の原稿チェック、オンラインコンテンツの監視など、テキストの真正性が求められるあらゆる場面。
利用者教育機関、研究者、出版社、オンラインメディア運営者など。
利点GPT-2によって生成された文章の特徴を効率的に分析し、高い精度でAI生成テキストを識別できる。
制限事項主にGPT-2生成のテキストに特化しているため、他のモデルや最新の言語モデルによるテキストの検出能力については、精度が異なる可能性がある。

GPT-2 Output Detecorはオープンソースかつ無料で利用できるツールです。

GPTZero

GPTZeroは、AIによって生成されたテキストを検出するツールの一つで、特に教育分野でのレポートや論文における不正使用を見分ける目的で開発されました。このツールは、テキストが人間によって書かれたものなのか、またはAIによって生成されたものなのかを判断するために、文章の複雑さや一貫性などを分析します。以下の表ではGPTZeroの主な特徴をまとめています。

特徴説明
検出方法GPTZeroは、文章内の一貫性や自然さ、複雑さなどのパラメータを分析し、テキストがAIによって生成されたかどうかを判断します。この分析には、テキストの深さと、特定のパターンや繰り返しがないかどうかが含まれます。
利用シーン主に学術分野での利用が想定されており、論文やレポートがオリジナルの作業に基づいているかを確認するために使用されます。また、出版業界やコンテンツ作成分野でも、テキストのオリジナリティを確認するためのツールとして有用です。
利点GPTZeroは、特に教育機関において学生の作業の真正性を確認するための強力なツールとなり得ます。また、AIによるテキスト生成の進化に伴い、このようなツールの重要性は今後さらに高まることが予想されます。
制限事項他のAI検出ツールと同様に、GPTZeroも完全な精度を保証するものではありません。特に新しいAIモデルによって生成されたテキストや、高度にカスタマイズされたテキストの検出には限界がある可能性があります。

GPTZeroの料金は以下の通りです(2024年3月現在)。

年間プラン

Essential:$10/month

Premium:$16/month

Professional:$23/month

※月間プランは上記の33%増

ZeroGPT

ZeroGPT は、完全に無料の信頼できる AI コンテンツ検出器です。精度が向上した新しいバージョンが提供され、最大 99% の精度を実現します。新機能には、より優れた本物のコンテンツを作成するための可読性スコアと詳細な文ごとの分析が含まれます。 GPT-4 を含むさまざまな GPT モデルにわたって AI によって生成されたコンテンツを検出するように設計されており、AI によって盗用されたテキストの割合についての洞察が得られます。

Originality.AI

Originality.AI は、AI によって生成されたコンテンツを検出し、盗作をチェックするための包括的なツールです。これは、Web パブリッシャー、コンテンツ マーケティング担当者、ライター向けに設計されており、オリジナルで本物のコンテンツを公開することの重要性を強調しています。このプラットフォームは、AI コンテンツ検出、盗作チェック、事実チェック、可読性スコアなどの一連のツールを提供します。 AI コンテンツの検出率が 99% であるなど、その精度が注目されています。

料金体系は以下の通りです。

・Pay-as-you-go:$30(1回)

・Base Subscription:$14.95(1ヶ月)

(利用停止中)AI Text Classifier

AI によって生成されたコンテンツを識別するために以前は利用可能であった AI Text Classifier は、現在は使用されていません。このツールはテキストの一部が人間によって書かれたのか AI によって書かれたのかを検出できるように設計されており、自然に書かれたコンテンツと言語モデルによって作成されたコンテンツを区別する方法を提供します。さらなる開発や代替ツールについては、技術ニュースの最新情報を入手したり、他の AI 検出ソフトウェアを探索したりすることで、急速に進化する AI コンテンツ検出の分野で最新のソリューションが提供される可能性があります。

GPTKit

具体的な情報を取得できず

(料金:不明。ただし最初の1024字までオープンソース、アカウント登録で200クレジットの無料付与あり)

(開発中・見抜くソフト)コピペルナーV6

具体的な情報を取得できず

AI作文判定くん

AI作文判定くんは、AIによって生成されたテキストと人間によって書かれたテキストを区別することを目的としたツールです。このツールは、特に教育分野での応用が期待されており、学生が提出するレポートや作文がオリジナルのものかどうかを教員が判断する際の補助として使用されます。AI作文判定くんは、テキストの生成過程におけるパターンや特徴を分析し、その結果をもとにAI生成の可能性を評価します。

具体的な情報を取得できず

ChatGPTで生成された画像を判定するツール・チェッカー

AI技術の進化に伴い、テキスト生成だけでなく画像生成にもChatGPTなどの技術が応用されています。これにより、リアルで高品質な画像が瞬時に生成可能となりましたが、同時に著作権の問題や偽情報の拡散といった新たな課題も生じています。そこで重要となるのが、生成された画像がAIによるものかどうかを判定するツールやチェッカーの存在です。以下のようなツールを紹介します。

・Optic AI or Not

・AI-Generated Content Detection

Optic AI or Not

Optic AI or Notは、AIによって生成された画像を判定するツールです。このツールは、画像が人間によって作成されたものなのか、AIによって生成されたものなのかを識別する能力に特化しています。Optic AI or Notの使用は、特にデジタルアート、ソーシャルメディア上での画像の真正性を確認したい場合、または著作権に関連する問題を扱う際に役立ちます。画像の出所を確認することは、デジタルコンテンツの信頼性を保つ上で非常に重要です。

このツールは、機械学習モデルを用いて、画像内の特定のパターンや特徴を分析し、AI生成の可能性を評価します。利用者は、疑わしい画像をアップロードするだけで、その画像がAIによって生成されたものかどうかの判定結果を得ることができます。このような技術は、フェイクニュースの拡散防止や、デジタルアートの著作権保護においても非常に有効です。

無料かつオープンソースで利用できるので、興味のある方は一度アクセスしてみてください。

AI-Generated Content Detection

AI-Generated Content Detectionは、画像やテキストを含むコンテンツが AI モデルによって作成されたかどうかを識別するように設計されています。これらのツールは、AI によって生成されたコンテンツの特徴であるパターンと特徴を分析します。

画像ならStable Diffusion・DALL-E・Misjourneyなどの著名なAIモデルとの類似性をチェックし、文章ならGPT-3をはじめとしたAIツールとの類似性を調べるようです。

「これはAIで作られたものなんじゃないか?」などと気になる画像やテキストがある方はぜひアクセスしてみてください。

ChatGPTで書いたと判定される理由・自力で判断する方法

ChatGPTで書いたと判定される理由・自力で判断する方法には以下が挙げられます。

・単調な文章になっている

・接続詞に偏りがある

・専門用語についての説明があいまいである

・内容に明らかな誤りが含まれる

・具体性に欠ける内容が多い

これらの特徴を理解し、テキストを分析することで、AIによって生成されたテキストかどうかを自分で判断することが可能になります。

単調な文章になっている

単調な文章がChatGPTや他のAIによって生成されたと判定される主な理由には、人間の書く文章に比べて、AIが生成するテキストはしばしばパターンが予測可能で、変化に乏しい傾向があるからです。AIは大量のテキストデータを学習することで文章を生成しますが、このプロセスは必ずしも人間特有の創造性や文体の微妙な変化を模倣できるわけではありません。その結果、AIによって生成されたテキストは、一見すると流暢で理解しやすいものの、読み進めるうちにその単調さが顕著になることがあります。

この単調さを識別する方法の一つとして、文章全体の構造や語彙の多様性に注意を払うことが挙げられます。人間が書いた文章は、同じ話題であってもさまざまな表現を用いたり、文の構造を変えたりすることで読み手の興味を引き続けます。一方で、AIが生成する文章は、特定のフレーズの繰り返しや似たような文構造を多用する傾向があり、これが単調さの原因となります。

また、AI生成テキストの単調さは、感情の表現においても顕著に現れることがあります。人間の文章では、喜び、悲しみ、驚きなどの感情が豊かに表現され、読み手に強い印象を与えることがありますが、AIはこれらの感情を同じように深く表現することが難しいため、感情表現が平板になりがちです。

これらの特徴に注意を払いながらテキストを読むことで、その文章がAIによって生成されたものかどうかを見分ける手がかりを得ることができます。AI技術の進歩により、AIによる文章生成の能力は向上していますが、人間独自の創造性や表現の多様性を完全に模倣することはまだ難しいと言えるでしょう。

接続詞に偏りがある

接続詞に偏りがあることも、ChatGPTや他のAIによって生成されたテキストを識別する重要な手がかりの一つです。人間による文章作成では、文脈に応じて多様な接続詞が用いられ、複雑な思考や感情のニュアンスを表現するために様々な文構造が採用されます。しかし、AIが生成するテキストは、特定の接続詞を過剰に利用する傾向があり、これが文章全体の自然さや流れに影響を与える場合があります。

AIがテキストを生成する際には、学習したデータセット内のパターンを基に文章を組み立てますが、このプロセスで特定の接続詞が優先的に使用されることがあります。たとえば、「しかし」、「そして」、「または」などの接続詞が、実際の文脈に即していないにも関わらず頻繁に現れることがあります。このような偏りは、テキストが人工的に生成されたものである可能性を示唆する重要な指標となり得ます。

テキストが自然であるかどうかを判断する際には、接続詞の使用パターンを注意深く観察することが有効です。文脈に沿った接続詞の選択や、文のつながりを豊かにするための接続詞の多様性が見られる場合、そのテキストは人間によって書かれた可能性が高いと言えます。逆に、接続詞の使用に偏りが見られる場合は、AIによって生成されたテキストである可能性を疑うべきです。

専門用語についての説明があいまいである

専門用語についての説明があいまいであることは、ChatGPTやその他のAIによって書かれたテキストを識別する際の重要な指標の一つです。AIが生成する文章は、広範な知識ベースに基づいていますが、特定の専門分野における深い理解や専門用語の正確な使用には限界があります。このため、AIが専門分野のテキストを生成する際には、専門用語の説明が表面的になったり、文脈から外れた使用をしたりすることがあります。

人間の専門家が書くテキストでは、専門用語はその分野の深い理解に基づいて正確に使用され、必要に応じて詳細な説明や定義が提供されます。これに対して、AIによるテキストでは、専門用語の適切な説明が欠けていたり、説明が一般的すぎたりすることが多いです。これは、AIが特定の専門知識を深く理解していないために生じる現象です。

AIによって生成されたテキストを自力で識別する際には、専門用語の使用方法や説明の正確性に注目することが有効です。専門用語が文脈に沿って適切に使用されているか、用語の定義や説明が明確で詳細かどうかを確認します。また、専門分野における知識が不足している場合、AIは関連する情報を誤って組み合わせたり、関連性の低い情報を提供したりすることがあります。

このような特徴を把握することで、テキストが人間によって書かれたものなのか、AIによって生成されたものなのかを見分ける手がかりを得ることができます。AI技術の進化により、AIによるテキスト生成の能力は向上していますが、専門分野における深い知識や専門用語の正確な使用といった点では、まだ人間の専門家に劣る部分があります。

内容に明らかな誤りが含まれる

内容に明らかな誤りが含まれることは、ChatGPTやその他のAIによって生成されたテキストを識別する重要な指標の一つです。AIが生成する文章は、学習データベースに基づいていますが、このデータが古い、不完全、または誤った情報を含んでいる場合、生成されるテキストにもその影響が反映されます。さらに、AIは文脈の理解や複雑な論理的推論において限界があり、これが原因で不正確な情報や矛盾した内容をテキストに含めてしまうことがあります。

人間によるテキスト作成プロセスでは、知識の正確性、情報の最新性、論理的一貫性が重視されます。専門家や熟練したライターは、事実確認や校正を行うことで、内容の正確性を保証します。一方で、AIによって生成されたテキストでは、特定の事実に関する誤解を広めたり、存在しないデータやイベントに言及したりすることがあります。

AI生成テキストの識別には、テキスト内の事実やデータの正確性、論理的な一貫性、情報の最新性に注目することが効果的です。特に、専門分野の知識を持つ読者であれば、その分野に関する不正確な情報や誤解を招くような表現を見つけ出すことが容易になります。また、公共のデータベースや信頼できる情報源を参照することで、テキスト内の情報の正確性を検証することも可能です。

具体性に欠ける内容が多い

具体性に欠ける内容が多いことは、ChatGPTや他のAIによって生成されたテキストを自力で判断する重要な方法の一つです。AIが生成する文章は、一般的な情報や広く知られている事実に基づいていますが、人間の書くテキストのように特定の詳細や個別の例を提供することができないことがあります。これはAIが特定の状況やケーススタディに関する深い理解や経験を持たないためです。

人間によるテキストでは、論点を具体的なデータ、実例、個人的な経験に基づいて補強することが一般的です。これにより、内容に説得力を持たせ、読者に対する理解を深めることができます。しかし、AI生成のテキストは、これらの具体的な詳細を提供することに制限があるため、内容が表面的で一般的なものになりがちです。

以上の特徴を把握してテキストを分析することで、その内容がAIによって生成されたものかどうかを見極めることができます。AIによるテキスト生成技術は進化を続けていますが、現時点では人間特有の経験や深い洞察を反映した具体的な内容を生成することには限界があります。

【参考】ChatGPT自体を活用した判定

ChatGPT自体を活用した判定には、画像認識やフィッシングサイトの検出など、さまざまな用途があります。これらの機能は、ChatGPTの進化したバージョンであるGPT-4を含む、OpenAIが提供するAIモデルの能力を活用しています。

・画像認識:GPT-4V

・フィッシングサイト検出

・(おまけ)さまざまな判定のプラグイン

以下に、ChatGPTを使用した判定の主な用途を紹介します。

画像認識:GPT-4V

画像認識におけるGPT-4Vの活用は、AI技術の驚異的な進化を示しています。GPT-4Vは、テキストベースの質問応答能力だけでなく、画像内容の理解と解釈も可能にする拡張されたバージョンのGPT-4です。この技術は、画像内のオブジェクト、シーン、活動を識別し、それに関連する質問に対して詳細な回答を提供することができます。

主な特徴と用途

  • 多様な画像理解: GPT-4Vは、風景、人物、物体、活動など、幅広いカテゴリの画像を理解することができます。この多様性は、教育、エンターテインメント、セキュリティなど、多岐にわたる分野での応用を可能にします。
  • 詳細な説明提供: このモデルは、画像内の細かなディテールにまで言及し、その背景や文脈についての解釈を提供することが可能です。これにより、視覚情報の豊かな解析が行えます。
  • アクセシビリティの向上: 視覚障害を持つユーザーにとって、GPT-4Vは画像の内容を言葉で説明することにより、インターネット上のビジュアルコンテンツへのアクセスを向上させます。
  • 教育への応用: 教材としての画像から情報を抽出し、生徒が理解を深めるのを助けるツールとして使用できます。また、芸術作品の解析や歴史的な写真の説明など、教育的なコンテンツの生成にも役立ちます。
  • コンテンツ生成と分析: デジタルマーケティングやコンテンツ制作において、画像の内容に基づいたテキストコンテンツを生成することで、より魅力的で関連性の高いコンテンツの提供が可能になります。

GPT-4Vの画像認識能力は、AI技術を使用した新しい形のコミュニケーションと情報解析を実現します。視覚データからの情報抽出と解釈を自動化することで、人間の作業負担を軽減し、より効率的でアクセシブルな情報アクセスを提供します。

フィッシングサイト検出

フィッシングサイト検出にChatGPTを活用することは、オンラインセキュリティを強化する上で非常に重要です。フィッシング攻撃はユーザーに偽のウェブサイトを介して個人情報を入力させることにより、その情報を不正に取得しようとする詐欺行為です。ChatGPTを含むAI技術を用いることで、これらのフィッシングサイトを効率的に検出し、ユーザーを保護することが可能になります。

主な特徴と用途

  • テキスト分析による検出: ChatGPTは、ウェブサイトのテキスト内容を分析し、フィッシングサイトで一般的に使用される誘導的な言葉遣いや不自然な文言を識別することができます。この分析により、正規のウェブサイトとフィッシングサイトを区別することが可能です。
  • URLのパターン分析: フィッシングサイトはしばしば、正規のサイトに似たURLを使用しますが、微妙な違いが存在します。ChatGPTはこれらのパターンを学習し、疑わしいURLを検出することができます。
  • ユーザー教育と啓発: ChatGPTを活用することで、フィッシング詐欺の手口や、安全なオンライン行動をとるためのヒントをユーザーに提供することができます。この情報は、ユーザーが自身でフィッシングサイトを見分ける能力を高めるのに役立ちます。
  • リアルタイムの警告システム: オンラインで活動するユーザーが疑わしいリンクをクリックした際に、ChatGPTを組み込んだシステムがリアルタイムで警告を発することで、ユーザーが危険なサイトにアクセスするのを防ぐことができます。

ChatGPTによるフィッシングサイト検出の活用は、サイバーセキュリティの強化に貢献します。AI技術を用いることで、複雑で絶えず進化するフィッシング攻撃に対して、より迅速かつ効果的な対策を講じることが可能になります。このように、ChatGPTをはじめとするAI技術の活用は、オンライン環境をより安全なものにするための重要な手段となります。

(おまけ)さまざまな判定のプラグイン

さまざまなChatGPTによる判定のプラグインを活用することは、その応用範囲を大きく広げるものです。ChatGPTの柔軟性と高度な言語理解能力を利用して、テキストやデータに基づいた多様な判定タスクを実行することができます。これにより、ビジネス、教育、研究など、さまざまな分野で具体的な問題解決に貢献することが可能になります。

主な特徴と用途

  • 内容分析: ChatGPTは、与えられたテキストの内容を分析し、その主題や意図を理解することができます。これを活用して、ニュース記事の信頼性評価、論文のオリジナリティチェック、ソーシャルメディアの投稿分析などが行えます。
  • 感情分析: ユーザーからのフィードバックやレビューに対する感情分析を実施し、ポジティブな反応とネガティブな反応を区別することが可能です。これにより、顧客満足度の向上やサービス改善に役立つ洞察を得ることができます。
  • 自動応答システム: ChatGPTを活用した自動応答システムは、顧客からの問い合わせに対して、適切で自然な言葉遣いで迅速に応答することができます。これにより、カスタマーサポートの効率化と顧客体験の向上が図れます。
  • 教育支援: 学習者からの質問に対して、ChatGPTが具体的な解説や例を提供することで、個別の学習支援が可能になります。また、課題の自動評価やフィードバック提供にも活用できます。
  • データ分析とレポート作成: 大量のデータから重要な情報を抽出し、分かりやすいレポートやサマリーを自動生成することができます。これにより、研究者やビジネスアナリストの作業負担が軽減されます。

上記の用途とはややずれますが、以下のような判定プラグインがあります。

・ス○バ呪文判定

・素数判定機

ChatGPTをベースとしたプラグインやAPIの開発により、特定のニーズに合わせてカスタマイズされたAIソリューションの提供が可能になります。これらのツールは、効率的な情報処理と意思決定支援を提供し、多様な業界でのイノベーションを促進します。AIの進化とともに、これらの応用はさらに拡大し、より複雑な問題解決に貢献することが期待されています。

【まとめ】ChatGPTの判定ツールは現在研究開発が進行中

ChatGPTやその他のAIによって生成されたコンテンツを判定するツールは、現代のデジタル社会における重要な技術となっています。これらのツールは、教育、出版、オンラインメディアなど、さまざまな分野での正確性とオリジナリティの保証に不可欠です。

現在の判定ツールに関する状況と課題を整理しておきましょう。

  • 進行中の研究開発: AI生成コンテンツの判定技術は、日々進化しています。新しいAIモデルが開発されるたびに、それらを見分けるための新たなアプローチが必要となります。
  • 高い精度の追求: 現存するツールも高い精度でAI生成コンテンツを検出できますが、完璧ではありません。特に新しいまたは高度に進化したAIモデルによるコンテンツの検出は、引き続き大きな課題です。
  • 多様な応用分野: テキストだけでなく、画像や動画など、多様なメディアに対応する判定ツールの開発が進められています。これにより、より幅広い範囲のAI生成コンテンツを効果的に検出できるようになることが期待されます。

AIによる文章や画像の生成技術が急速に進化する中、これらのコンテンツの真正性を評価し、フェイクニュースや不正な情報の拡散を防ぐために、判定ツールの開発はますます重要になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コピーライター養成講座 東京・大阪・名古屋教室の口コミ評判
  2. Webライターの税金のあれこれ(消費税・源泉徴収・所得税の確定申告・節税など)