【コンテンツポリシー回避も】ChatGPTで違反になる行為は?アカウント停止って本当?

この記事は14分で読めます

ChatGPTやその他のOpenAIサービスの利用に際しては、OpenAIが設定する利用ポリシーの遵守が求められます。これらのポリシーは、すべてのユーザーに安全でポジティブな体験を提供するために設けられています。ポリシーに違反する行為は、警告の発行やアカウントの一時的制限、場合によってはアカウントの永久停止につながる可能性があり、利用者には責任あるサービスの使用が求められます。安全で健全なオンラインコミュニティの維持には、個々のユーザーの理解と協力が不可欠です。

ChatGPTのポリシー違反(禁止事項)となる行動の具体例

ChatGPTを使用する際、利用者はOpenAIが設ける一連のポリシーを遵守することが求められます。これらのポリシーは、全ての利用者が安全にChatGPTを使えるようにするためのガイドラインです。しかし残念ながら、意図的または無意識のうちにこれらのポリシーを違反する行為が発生しています。以下ではChatGPTの利用規約に反する代表的な行動について解説します。

・身体に危害を及ぼすようなコンテンツ生成

・暴力的な内容

・わいせつな内容

・専門的なアドバイスや意思決定

・ChatGPTやシステムに過剰な負荷をかける行為

・詐欺行為

・ロビイ活動

・その他

これらのポリシー違反は、利用者が警告やペナルティを受ける原因となるものです。

身体に危害を及ぼすようなコンテンツ生成

ChatGPTの利用において最も重要なポリシーの一つが、身体に危害を及ぼす可能性のあるコンテンツの生成を禁止していることです。この規定は、利用者自身や他人の安全を守るために設けられています。身体に危害を及ぼす内容とは、主に以下です。

  • 自殺や自傷行為の助長: ChatGPTを通じて自殺や自傷に関する情報を求める利用者に対し、このような行動を助長する情報を提供することは厳しく禁じられています。OpenAIは、こうした要求に対して支援機関への連絡を促すなど、責任ある対応を心がけています。
  • 健康に危険な行為の奨励: 過食症や摂食障害の促進、薬物乱用に関する指南など、健康に悪影響を及ぼす可能性のある行為の奨励も禁止されています。ChatGPTは健康促進に貢献する情報の提供を目指しています。

実際の例

  • 誤った健康情報の提供: 医学的根拠に欠ける「治療法」や健康に関する誤情報を広めることは、利用者にとって重大な身体的危害を引き起こす可能性があります。
  • 精神的健康への影響: 精神疾患に関する誤った情報や、ストレス、不安、うつ病を軽視するような情報も禁止されています。

このようなポリシーは、ChatGPTとその利用者が安全で健康的な環境で相互作用できるようにするために不可欠です。特に精神的・身体的健康に関する情報を求める利用者に対しては、正確で信頼性の高い情報提供が求められます。また、危機に瀕した利用者に対しては専門の支援を受けるよう促すことも重要な役割を担っています。

OpenAIはこれらのガイドラインを遵守することでChatGPTがポジティブな影響を社会にもたらすことを目指しています。利用者はこれらのポリシーを理解し、尊重しなくてはなりません。

暴力的な内容

ChatGPTのポリシーでは、暴力的な内容やその他の人に害を与える可能性のあるコンテンツの生成が厳しく禁止されています。この規則は、オンラインコミュニティを安全な場に保ち、暴力を助長するあらゆる形式のコミュニケーションを防ぐことを目的としています。

重要なポイントを示します。

  • 暴力の助長: ChatGPTは、人や動物に対する暴力行為を促す、助長する、またはその方法を説明するコンテンツの生成を禁じています。これには、暴力的な行為の詳細な説明や、特定の暴力行為を称賛する内容が含まれます。
  • テロや犯罪行為: テロ行為の計画、実行方法の提供、犯罪行為への参加を促す内容も禁止されています。これらは社会に対する脅威を増大させ、人々の安全を害する可能性があるためです。

実際の例

  • 犯罪行為の手引き: 窃盗、詐欺、傷害などの犯罪行為の方法を教える内容は禁止されています。
  • 暴力的な行動の詳細な説明: 暴力シーンのグラフィックな描写や、特定の個人や集団への暴力を促すメッセージもポリシー違反にあたります。

このポリシーは、ChatGPTが利用される環境内での安全性とポジティブなユーザーエクスペリエンスを確保するために重要です。暴力的な内容は不安や恐怖を引き起こす可能性があり、特に若いユーザーや脆弱な立場にある人々に悪影響を及ぼすことがあります。

暴力的な内容の生成や共有は利用者が警告を受けたり、最悪の場合はアカウントの永久停止につながる可能性があります。これは、ChatGPTとそのコミュニティを保護するための措置であり、利用者に対して安全で健康的なコミュニケーション環境を提供するために不可欠です。

わいせつな内容

ChatGPTの使用ポリシーでは、わいせつな内容や性的に露骨な材料の生成を厳しく禁じています。この規則は、オンライン環境をすべてのユーザーにとって安全で快適な場所に保つために設けられています。わいせつな内容の禁止は、特に子どもや敏感なコンテンツに対して保護を提供することを目的としています。

重要なポイント

  • 性的な内容の禁止: ChatGPTを利用して性的内容を生成したり、ポルノグラフィーに相当する材料を求めることは許されていません。これには、性的な行為の詳細な説明、性的暗示を含む内容、性器の描写などが含まれます。
  • 性的ハラスメント: 他人を性的に不快にさせるような言葉遣いや行動を助長する内容も禁止されています。これは、オンライン上での性的ハラスメントを防ぐための措置です。

実際の例

  • 性的なジョークや暗示: 社会的に受け入れられない性的なユーモアや、隠微な性的メッセージ。
  • 露骨な性的表現: 性的行為や性器に関する直接的な言及や描写。

このポリシーの主な目的は、ChatGPTとそのコミュニティがすべての人にとって健全でポジティブな環境を提供することです。性的な内容は、特に年齢や背景に関係なく、多くのユーザーに不快感や不安を引き起こす可能性があります。また、子どもたちや敏感な人々を不適切な内容から保護することもこのポリシーの重要な側面です。

専門的なアドバイスや意思決定

ChatGPTの利用ポリシーでは、医療、法律、金融などの専門分野に関するアドバイスや意思決定を行う行為が制限されています。この規制は、ChatGPTが提供する情報が専門的な知識や資格を必要とする領域での誤解や誤用を防ぐために設定されています。

重要なポイント

  • 医療アドバイスの提供: ChatGPTは、診断、治療、または健康に関する具体的な推奨をすることが禁じられています。健康に関する質問に対しては、医療専門家に相談することを推奨しています。
  • 法律アドバイスの提供: 法的問題に関するアドバイスや意見を提供することは、ChatGPTの機能範囲外です。法的な相談が必要な場合は、資格を持った法律家に相談することが求められます。
  • 金融アドバイスの提供: 投資や金融計画に関する具体的なアドバイスを求める利用者に対して、ChatGPTが回答することは適切ではありません。金融の専門家への相談が推奨されます。

この制限の目的は、専門的な知識が必要とされる分野での誤情報の拡散を防ぎ、利用者が専門家のアドバイスを得ることを奨励することです。誤った情報や不適切なアドバイスは、利用者に重大な影響を及ぼす可能性があります。そのため、ChatGPTは一般的な情報提供や教育的な目的に留まり、具体的なアドバイスの提供は控えるようにしています。

ChatGPTやシステムに過剰な負荷をかける行為

ChatGPTやその背後にあるシステムに対して過剰な負荷をかける行為は、利用ポリシー違反とされています。このような行為は、サービスの品質や利用者全体の経験を損なう可能性があります。

重要なポイント:

  • 自動化ツールの使用: 自動化ツールやスクリプトを使用してChatGPTに繰り返し問い合わせを行うことは、システムに過大な負荷をかける行為とみなされます。これにより、サーバーが過負荷状態に陥り、他のユーザーのアクセスが妨げられる可能性があります。
  • サービス拒否攻撃(DoS/DDoS攻撃): ChatGPTやそのインフラストラクチャを標的としたサービス拒否攻撃も、システムに対する過剰な負荷をかける行為として禁止されています。これらの攻撃はサービスを不安定にさせるだけでなく、他のユーザーの体験にも悪影響を及ぼします。

実際の例:

  • 大量のリクエストを短時間で送信し、システムの応答性や可用性を低下させる。
  • ボットやスクリプトを利用して、自動的にコンテンツを生成し、サーバーのリソースを不必要に消費する。

このポリシーは、ChatGPTを含むOpenAIのサービスが安定しており、全てのユーザーに高品質な体験を提供することを保証するために設けられています。過剰な負荷をかける行為を制限することで、システムの安定性を維持し、サービスの中断や遅延を最小限に抑えることができます。

過剰な負荷をかける行為を行った利用者は、警告を受けたり、アカウントが一時的に制限されたり、最悪の場合はアカウントが永久に停止される可能性があります。これらの措置は、サービスの品質を守り、他の利用者に公平なアクセスを提供するために必要です。

詐欺行為

ChatGPTを使用した詐欺行為は、利用ポリシーによって厳しく禁止されています。詐欺行為は、他人を欺くことを目的とした不正な行動であり、被害者に金銭的損失や精神的苦痛を与える可能性があります。このような行為は、信頼と安全を基盤とするオンラインコミュニティにとって深刻な脅威です。

重要なポイント:

  • 偽情報の拡散: 虚偽の情報や誤解を招くような内容を意図的に広めることは、詐欺行為の一形態です。これには、存在しない製品やサービスの宣伝、不実な主張や詐欺的なオファーが含まれます。
  • 個人情報の不正利用: 他人の個人情報を不正に収集、使用、または共有する行為も禁止されています。これには、フィッシング詐欺やアイデンティティ盗用が含まれ、被害者の財産やプライバシーに重大な影響を及ぼす可能性があります。

実際の例:

  • 偽の投資機会や詐欺的な資金調達キャンペーンを宣伝する。
  • フィッシングメールを模倣して個人情報を詐取しようとする。

詐欺行為に対する厳格なポリシーは、利用者が安心してChatGPTを使用できる環境を保証するために不可欠です。詐欺行為に関与した利用者は、アカウントの一時停止や永久停止などの重大なペナルティを受ける可能性があります。OpenAIはこのような行為を厳しく取り締まり、オンラインコミュニティの健全な運営を守るために必要な措置を講じています。

詐欺行為は、個人だけでなく社会全体に害を及ぼす可能性があります。そのためChatGPTの利用者は、詐欺を含む不正行為に関与しないよう強く促されています。安全なオンライン環境の維持は、すべての利用者の責任です。

ロビイ活動

ChatGPTの使用ポリシーでは、ロビイ活動や政治的な影響を目的とした行為も制限されています。このような活動は、特定の政治的議題や政策に対する支持または反対を促進することを意図しており、公平性や中立性を損なう可能性があります。

重要なポイント:

  • 政治的なメッセージング: ChatGPTを使用して特定の政治的立場を促進、拡散する行為は、サービスの利用目的に反しています。これには、特定の候補者や政党・政策に対する支持や反対を呼びかける内容が含まれます。
  • 政策変更への影響: 公的政策や立法プロセスに影響を与えることを目的としたコンテンツの生成も制限されています。ChatGPTは、政治的なキャンペーンやロビイ活動のツールとして使用されるべきではありません。

実際の例:

  • 特定の法律や政策の成立を促進するためのキャンペーンメッセージの生成。
  • 政治的な意見や議題を推進するための声明文や演説の作成。

このポリシーの目的は、ChatGPTが公平で中立的な情報源として機能することを確保するとともに、政治的なバイアスや操作からプラットフォームを保護することにあります。政治的なロビイ活動に利用されることは、コミュニティの多様性や開かれた対話を損なう恐れがあります。

政治的な目的でChatGPTを利用する行為はサービスの利用規約に違反すると見なされ、警告やアカウントの制限、最悪の場合はアカウントの停止につながる可能性があります。OpenAIは、サービスが中立的で公平な情報提供の場として機能することを重視しています。利用者がこれらのガイドラインに従い、健全なオンラインコミュニティの一員として行動しなければなりません。

その他

ChatGPTの利用ポリシーに違反する行為は上述したカテゴリーに限定されず、多岐にわたる行動がポリシー違反となり得ます。これらは、利用者が健全なオンラインコミュニティを維持するために避けるべきものです。

重要なポイント

  • 人種差別やヘイトスピーチ: 人種、性別、宗教、国籍、性的指向、性自認、またはその他の特性に基づく差別やヘイトスピーチは、ChatGPTの利用ポリシーに明確に違反します。これらの行為は、コミュニティの信頼と安全を損なうものです。
  • 著作権侵害: 著作権で保護された作品を無断でコピーして利用する行為も禁止されています。これには、テキスト、画像、音楽、ビデオなど、著作権で保護されているあらゆる種類のコンテンツが含まれます。
  • プライバシーの侵害: 個人や団体のプライバシーを侵害するような行為も、ChatGPTの利用ポリシーに反するものです。他人の個人情報を無断で収集・公開するような行動があてはまります。
  • 誤情報の拡散: 意図的に誤情報やデマを拡散することは公共の利益に反し、コミュニティの信頼を損ないます。

実際の例

  • オンライン上で特定の個人や集団を攻撃するための情報の共有。
  • 著作権で保護された映画や音楽の不正な配布。
  • 健康に関する誤った情報や陰謀論の拡散。

これらの追加的な規制はオンラインプラットフォームがポジティブで健全な環境を維持し、すべてのユーザーに安全で包括的な体験を提供することを目的としたものです。これらの禁止事項に違反する行為にはアカウントの警告や一時的な制限、場合によっては永久的なアカウント停止などのペナルティが課される可能性があります。

利用者はガイドラインを理解し遵守して、ChatGPTを含むオンラインコミュニティの価値を高め、インターネット環境の維持に貢献する必要があります。

ChatGPTのポリシー違反で受ける警告・ペナルティの種類

ChatGPTやその他のOpenAIサービスを利用する際には、定められた利用ポリシーを遵守することが求められます。これらのポリシーに違反した場合、利用者は様々な警告やペナルティを受けることがあります。これらの措置は、コミュニティの安全と品質を守るために必要です。具体的には、以下のようなペナルティが存在します。

警告メッセージ

ChatGPTは、利用者に対して様々な状況で警告メッセージを表示することがあります。これらの警告メッセージは、利用者が安全で健全な利用環境を維持できるように、また、利用者が不適切または不快なコンテンツを生成することを防ぐために設けられています。以下に一般的な警告メッセージの例を挙げます:

  1. コンテンツの不適切さに関する警告: 利用者が生成しようとしているコンテンツが不適切である可能性がある場合(暴力的、性的、差別的な内容など)、ChatGPTはその操作を警告し、利用者に再考を促します。
  2. 著作権に関する警告: 利用者が著作権で保護されたコンテンツを生成しようとしている場合、ChatGPTは著作権侵害のリスクについて警告することがあります。
  3. 個人情報の保護に関する警告: 利用者が個人情報を共有しようとすると、ChatGPTは個人情報の保護とプライバシーに関する警告を表示することがあります。
  4. 不正確な情報や誤解を招く可能性がある情報に関する警告: ChatGPTは最新の情報にアクセスできないため、時には不正確な情報を提供する可能性があります。そのため、特定の情報の正確性に自信がない場合は、その点について利用者に警告することがあります。
  5. 機能限定に関する警告: ChatGPTはインターネットに接続できない、またはリアルタイムデータにアクセスできないため、そのような状況に対する警告を表示することがあります。

これらの警告メッセージは、ChatGPTの使い方をガイドし、利用者が意図しない結果や問題を回避するのを助けるために設計されています。重要なのは、これらのメッセージを注意深く読み、推奨されるガイダンスに従うことです。

オレンジ警告

ChatGPTやその他のOpenAIサービスを利用する際、ポリシー違反が発生した場合には、オレンジ警告という形で最初の警告が与えられることがあります。オレンジ警告は、比較的軽微な違反や、利用者が意図せずポリシーに違反した可能性がある場合に発行されます。この警告は、利用者に対して違反行為を注意深く考慮し、将来的に同じ過ちを犯さないように促す目的があります。

オレンジ警告の特徴

  • 教育的なアプローチ: オレンジ警告は、利用者がポリシー違反を犯した理由を理解し、どのようにして避けることができるかを学ぶ機会を提供します。
  • 再発防止の促進: この警告は、同じまたは類似の違反を繰り返さないように利用者を奨励します。教育的な内容を含めることで、利用者がルールをより深く理解する手助けとなります。

オレンジ警告を受けた場合の対応

  • ポリシーの再確認: OpenAIの利用ポリシーを改めて確認し、どの部分が違反とみなされたのかを理解します。
  • 行動の修正: 違反行為を是正し、将来的にポリシーに沿った行動を心がけます。
  • 疑問点の解消: 不明点がある場合は、OpenAIのサポートに問い合わせて、違反の詳細や避け方についての説明を求めます。

オレンジ警告は、利用者に対する一種のフィードバックメカニズムとして機能し、プラットフォームの健全な利用を促進します。OpenAIは、警告システムを通じて利用者とコミュニケーションを取り、問題の早期解決を図ることで、プラットフォームの品質と信頼性を高めることを目指しています。オレンジ警告を受けた場合は学習の機会と捉え、将来的なポリシー違反を避けるために必要な行動について考えることが重要です。

赤警告

赤警告は、ChatGPTおよびOpenAIの利用ポリシーに対するより重大な違反に対して発行されるペナルティです。この警告は、オレンジ警告よりも深刻な違反、またはポリシー違反が繰り返された場合に利用者に与えられます。赤警告を受けると、アカウントに一定の制限がかけられることがあり、その状態は一時的または恒久的なものになる可能性があります。

赤警告の特徴

  • 厳格な措置: 赤警告は、OpenAIがコミュニティの安全を守るために取る厳格な措置の一つです。これは、利用者がルールを遵守するよう強く促す目的があります。
  • アカウント制限: 赤警告を受けた利用者は、アカウント機能の一時停止や、特定のサービスへのアクセス制限を経験することがあります。重大な場合には、アカウントの永久停止に至ることもあります。

赤警告を受けた場合の対応

  • 直ちに対応する: 赤警告を受けた場合は、直ちにOpenAIの指示に従い、違反行為を是正する必要があります。
  • 反省と学習: 違反がなぜ発生したのかを深く反省し、同様の違反を繰り返さないための学習を行います。
  • OpenAIへの連絡: 不明点や疑問点がある場合、またはアカウント制限に異議がある場合は、OpenAIのサポートチームに連絡して相談します。

赤警告は、OpenAIがコミュニティの健全性を維持しすべての利用者が安全でポジティブな体験を享受できるようにするために必要な措置です。利用者が赤警告を受けた場合単にルール違反が発生したことを意味するだけでなく、OpenAIのガイドラインとコミュニティの期待に対してより責任ある行動を取るよう促されていることを示しています。赤警告を受けた利用者は、この機会を真摯に受け止め、将来的にポリシー違反を避けるための適切な行動をとることが求められます。

警告メール

ChatGPTの利用ポリシー違反が発生した際には、OpenAIから警告メールが送信されることがあります。このメールは、利用者がポリシーに違反した具体的な行為について通知し、その違反行為を是正し、将来的な違反を防ぐための措置を講じるよう促します。警告メールは、ポリシー違反の重大性や繰り返し発生する違反に応じて、様々な形式で送信されます。

警告メールの特徴

  • 具体的な指摘: 警告メールには、どの利用ポリシーに違反したのか、そしてその違反がなぜ問題であるのかについての具体的な説明が含まれています。
  • 是正措置の提案: メールには、違反行為を是正するための具体的なステップや、将来的に同様の問題を避けるための推奨事項が記載されていることがあります。
  • フィードバックへの応答: 利用者は警告メールに記載された指示に従うことで、問題を解決し、OpenAIとの良好な関係を維持することができます。

警告メールを受けた場合の対応

  • 内容の確認と理解: 受け取った警告メールの内容を慎重に読み、ポリシー違反の内容とその影響を理解します。
  • 是正措置の実施: メールで提案された是正措置を実行し、同様の違反を繰り返さないようにします。
  • 必要に応じて返信する: 疑問がある場合や、追加情報が必要な場合は、警告メールに記載されている連絡先に返信して、クリアな指示を求めます。

警告メールは、利用者がOpenAIの利用ポリシーに違反したことを認識し、責任ある利用者として行動を修正する機会を提供します。利用者は、警告メールを真摯に受け止め、ポリシー違反を避けるための積極的な行動を取るべきです。

ChatGPTでアカウント停止(垢BAN)されたときに取る行動

ChatGPTやその他OpenAIサービスでアカウントが停止(垢BAN)された場合、利用者はしばしば混乱や不安を感じるかもしれません。しかし、特定のステップを踏むことで、状況の解決に向けた行動を取ることができます。アカウント停止の理由は多岐にわたりますが、主に利用規約の重大な違反が原因です。ここでは、アカウントが停止された場合に考慮すべき行動について説明します。

(心当たりがない場合)OpenAIに問い合わせる

ChatGPTでアカウントが停止(垢BAN)されたとき、特に心当たりがない場合、最初のステップとしてOpenAIに問い合わせることが推奨されます。このプロセスを通じてアカウント停止の具体的な理由を理解し、可能であれば解決策を見つけることができます。

問い合わせる際のポイント

  1. 明確な情報の提供: 問い合わせ時には、アカウント情報(ユーザー名やメールアドレスなど)、アカウントが停止された日時、アカウント停止通知を受け取ったかどうか、およびその他関連する情報を明確に提供してください。これにより、問い合わせの処理が迅速になります。
  2. 具体的な質問をする: アカウント停止の理由や、再開に向けて必要な手続きがある場合、具体的な質問をすることで、より有用な情報を得ることができます。
  3. 冷静かつ礼儀正しい対応を心がける: 問い合わせの際は、状況にイライラしていても冷静かつ礼儀正しく対応することが大切です。感情的になることは解決を遅らせる原因となります。
  4. 返信を待つ: OpenAIサポートチームからの返信には時間がかかる場合があります。迅速な解決を望むものの、プロセスには時間が必要であることを理解しましょう。

アカウント停止の理由となる一般的な問題

  • ポリシー違反: 明確な違反がないと思われる場合でも、利用規約やコミュニティガイドラインの見落としが原因であることがあります。
  • 自動的なフラグ: システムによる自動判断で誤ってアカウントがフラグされることがあります。このような場合、人的介入により状況が再評価される可能性があります。

アカウントが停止された際には、その原因と解決策を知るために、適切な手段でOpenAIに問い合わせることが重要です。正しい情報の提供と、冷静かつ礼儀正しいコミュニケーションを心がければ、問題の解決につながる可能性があります。アカウント停止が誤解に基づくものであった場合、適切な説明と手続きを踏むことで、アカウントの復旧が可能になる場合があります。

警告メールの解釈と対処

アカウントが停止された際に心当たりがある場合、OpenAIから受け取った警告メールの内容を正確に理解し、それに基づいて適切な対応を行うことが重要です。警告メールには、ポリシー違反の具体的な内容、なぜそれが問題となるのか、そして今後どのような行動を取るべきかについての指示が含まれている場合があります。

対処法は以下の通りです。

  1. メールの内容を慎重に読む: 警告メールに記載されているポリシー違反の詳細を理解します。どのガイドラインに違反したのか、その違反行為が具体的にどのようなものであったかを確認してください。
  2. 違反行為の是正: メール内で指摘された問題を解決するための具体的なステップを踏んでください。これには、不適切なコンテンツの削除や、将来的に同様の違反を犯さないための行動変更が含まれる場合があります。
  3. OpenAIへの返信: メールに従って、必要な情報をOpenAIに提供し、違反行為を是正したことを報告してください。また、アカウントの復旧を求める場合は、その旨を丁寧に伝えましょう。
  4. ポリシー遵守の約束: ポリシー違反を今後犯さないように約束し、OpenAIの利用規約とガイドラインを遵守することを再確認してください。

注意点

  • 迅速な行動: アカウントが停止された場合迅速に行動を起こすことが解決につながります。警告メールに記載されている指示には期限がある場合があるため、速やかに対応してください。
  • 正直なコミュニケーション: OpenAIに対しては、違反行為について正直に説明し、誤解がある場合はその点を明確にすることが重要です。誠実な対応は、問題解決のプロセスをスムーズにします。
  • ポリシーの再確認: この機会に、OpenAIの利用ポリシーを再度確認し、今後同様の違反を避けるためにどのような行動が求められているかを理解しておきましょう。

アカウントが停止された理由に心当たりがある場合は、警告メールに記載された指示に従って適切に対応することが解決への第一歩です。OpenAIは利用者がポリシーを理解し遵守してもらうことを目的としているため、適切な対応をすればアカウントの復旧が可能になる場合があります。

【悪用厳禁】ChatGPTのコンテンツポリシーを回避する方法

※OpenAIのポリシーに違反するため生成できず

DANの利用

Yes Manプロンプトの利用

ChatGPTの垢BANが怖い…アカウントや履歴を削除する方法

ChatGPTやその他のOpenAIサービスでアカウントが停止されることへの不安がある場合、または単にプライバシーに関する懸念からアカウントや履歴の削除を希望したい場合があるかもしれません。ここでは、アカウントの削除や履歴の削除についての概要を説明します。

・アカウントの削除

・履歴の削除

いずれも簡単なプロセスですので、ぜひチェックしてみましょう。

アカウントの削除

アカウントを完全に削除したい場合、多くのオンラインサービスではアカウント設定の中にそのオプションがあります。OpenAIやChatGPTを含むサービスの場合も、以下の手順でアカウントを削除することが一般的です:

  1. ログインしてアカウント設定にアクセス: まず、アカウントにログインし、アカウント設定またはプロフィール設定にアクセスします。
  2. アカウント削除オプションを探す: アカウント設定内には、「アカウント削除」や「プロフィール削除」のようなオプションがあります。このオプションを見つけてください。
  3. 削除の指示に従う: アカウント削除オプションを選択後、サービスによっては追加の確認や手続きが必要になる場合があります。指示に従って、削除プロセスを完了してください。

履歴の削除

ChatGPTのようなサービスで生成された履歴やデータを削除したい場合、以下のステップに従うことが一般的です:

  1. データまたは履歴セクションにアクセス: アカウント設定または利用履歴セクション内で、生成されたコンテンツや履歴にアクセスします。
  2. 削除したい履歴を選択: 削除したい特定のアイテムや期間を選択し、それらを削除するオプションを探します。
  3. 履歴の削除を実行: 削除オプションを選択して履歴をクリアします。一部のサービスでは、履歴を一括で削除するオプションが提供されている場合があります。

注意

  • アカウントや履歴の削除は永続的なものであり、実行後には復元が不可能な場合が多いです。削除を実行する前に、必要な情報やデータがないか再度確認してください。
  • アカウントを削除することで、そのサービスの利用が完全に停止します。再度利用を開始したい場合は、新しいアカウントを作成する必要があります。

プライバシーやセキュリティに関する懸念を解決するためには、これらのオプションを適切に利用することが効果的です。また、サービス提供者のポリシーやガイドラインに従うことで、アカウントが停止されるリスクを最小限に抑えることができます。

【まとめ】ChatGPTのポリシーに違反するとアカウント停止の可能性あり

ChatGPTやその他のOpenAIサービスを使用する際は、OpenAIが設定した利用ポリシーを遵守することが非常に重要です。ポリシーに違反する行為は、警告の発行からアカウントの一時的な制限、最悪の場合はアカウントの永久停止につながる可能性があります。OpenAIの目的は、全てのユーザーに安全でプラスの体験を提供することにあります。そのため、利用ポリシーはこの目的を実現するための基本的なルールとして設けられています。

ポリシー違反を避け、責任あるサービスの利用を心がけることがOpenAIコミュニティ全体の利益につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. webライターにOfficeは必要?Googleドキュメントの便利機能も解説
  2. クラウドワークスに実在したやばい悪徳業者のイメージ画像
  3. webライターの始め方を知るのにおすすめの本
  4. ゴミwebライターのクズ記事