Shinobiライティングは高校生・中学生でも利用可能!始め方・稼ぐコツなど

この記事は23分で読めます

今回、在宅Webライター用のサービスであるShinobiライティングに高校生・中学生が挑戦する方法を解説しています。

親の同意さえ得れば年齢制限がないので始めやすいサービスです。

「近くにアルバイト先がない。」「学校の途中でアルバイトをする移動がもったいない。」「自宅や好きなところで稼ぎたい。」という高校生の方はもちろん。「中学生だってお小遣い以外の収入がほしい。」と思う方も多いと思います。

そのような方に今回の記事の内容はとても役立つと思います。

本記事の概要
・高校生・中学生ができるShinobiライティングとは
・高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリット
・高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点
・高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法
・高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツ
・高校生・中学生ができるShinobiライティングの評判
・Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生はWebライターを始めよう
・Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシング
・Shinobiライティングが気になる高校生・中学生によくある質問

慣れてきたら、シュフティ・ランサーズ・サグーワークスなど他のサイトを使いWebライターを始めてみましょう。


目次

高校生・中学生ができるShinobiライティングとは

口コミ評判で高校生・中学生ができるShinobiライティングに関して

  • 記事を書くサイト
  • 親の同意は必要
  • 仕事の種類

という3つの内容から、ご説明していきたいと思います。

記事を書くサイト

高校生や中学生でも利用可能なshinobiライティングについて

画像引用:Shinobiライティング

口コミ評判をお伝えしていきます、高校生・中学生ができるShinobiライティングについて触れる前に、「記事って何?」とわかるようで、具体的にわからない人も多いかと思われますので、簡単にお伝えします。

例えばテレビやインターネットで商品が紹介されたものを購入する際、使い方や内容が自分にとって良いか気になるかと思います。
この、使用感やコストパフォーマンスなどの情報や意見を伝えるため、文章を書きインターネットで掲載されるものが「記事」となります

ちなみに、会社情報については次のようになります。

◆会社情報◆
Shinobiライティングは、CROCO株式会社が運営する、在宅Webライター用のサービスになります。2018年 09月と少々以前のデータになりますが、累計記事数が5,255,024記事と、案件の実績の多さが理解されるかと思います。

以上、口コミ評判で高校生・中学生ができるShinobiライティングから、タスク案件を取り扱う記事を書くサイト という事についてご紹介しました。


親の同意は必要

今回、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングは、18歳未満も可能な高校生におすすめのクラウドソーシングサイトとして挙げられています。

規約を確認しましたが、特に年齢制限や親権者の承諾に関しての記載はありませんでした。ですが、提携サービスの利用規約に、未成年者に係る項目が次のようにあります。

第1章  総則
第3条(サービスの利用制限)

未成年者の場合、親権者等の法定代理人の同意を得ていることを本サービス利用の条件とし、
未成年者である利用者が本サービスを利用した場合は、親権者等の法定代理人の同意を得たものとみなします。

引用元:CROCO ID/CROCO ID 利用規約

このように提携サービスの利用規約に「未成年者の利用の際は親権者等の同意を得たものとみなす。」と記載がある以上、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングでも親権者の同意は必要であると思われます。

「親に言うのが面倒だし、18歳になれば未成年じゃないから、内緒ではじめてもいいんじゃない?」と思われる高校生の方もいらっしゃるかもしれませんが、社会経験が乏しいこともあり規約や仕事内容に関して、注意を見落としてしまう可能性があるかもしれません。

そしてトラブルが発生した際、自分では対応ができない。ということになった時、高校生でも18歳は成人のため、責任を負う可能性も避けることができません。

そのためにも、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングでは親の同意について規約はないけど、「やはり親の同意が必要である」と考えられる。ということについてお伝えしました。

仕事の種類

今回口コミ評判をお伝えしていきます、高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングはタスク形式の案件のみの取り扱いになっています。

「タスク案件ってなに?」と思われる方もいるかもしれませんので、タスク案件というものについて簡単にご説明します。

クラウドソーシングの案件は、主に「タスク案件」と「エージェント案件」の2種類になります。

プロジェクト案件
案件を獲得するためにクライアントへ応募文(提案)を送ります。応募の中からクライアントが選び、連絡を取りながら案件を進めていくことになります。主に記事作成・動画編集・開発などになり、単価もタスク案件より高くあります。

タスク案件
決まったテンプレートに沿い、解答するという仕事になります。アンケート・レビューなどがタスク案件にあたります。単価はプロジェクト案件より低い傾向にありますが、自分の好きなタイミングと好きな案件に取り組めることがタスク案件のメリットです。

また、口コミ評判をお伝えしています高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングの案件の種類はライティングガイドにありますように「審査基準に関わる案件の種類」「審査基準とは関係のない案件」があります。

審査基準に関わる案件の種類

◆ノーマル案件
特に指定が無い案件は通常の案件(ノーマル案件)となります。細かな制約はありませんので、共通の禁止事項に従って投稿してください。

◆解説案件
キーワードについて解説をしていただく案件です。

◆コラム案件
キーワードについて論評風に書いていただく案件です。

◆要約付案件
ご自分で書いていただいた記事の要約もつけていただく案件です。

◆サイトタイトル案件
ブログやホームページそのもののタイトルを考えていただく案件です。

審査基準とは関係のない案件

◆早いもの勝ち案件
募集案件が1記事しかない案件です。

◆急募案件
募集期間がとても短い案件です。急ぎの募集のためサイト上で突然募集が始まることが多いです。

◆お手軽案件
文字数が200文字以下の案件です。※文字数は少なめですが、内容がラフでいいという分けではありません。

※※上記指定以外の案件は、キーワードに即した内容であれば、テーマや文体は特に問いません案件によって「投稿いただきたい内容」「ルール」が異なりますので、必ずルールの確認が必要です。

引用元:Shinobiライティング/ライティングガイド

注意としまして、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生ができるShinobiライティングに限らずですが、どの案件を取り組むにも既存記事のコピペや引用をしていない「ご自身の文章」であることが絶対条件ですので、ご注意ください。

以上、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生ができるShinobiライティングの「仕事の種類」についてお伝えしました。

高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリット

ここでは、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットについて、次の3つについて解説していきます。

メリット
・サイトに文章を書くだけで仕事が終わる
・さまざまなジャンルがあって書きやすい
・すぐにお金を稼げる

サイトに文章を書くだけで仕事が終わる

口コミ評判から高校生・中学生でも利用できるShinobiライティングで書くメリットの1つ目は、「サイトに文章を書くだけで仕事が終わる。」です。

口コミ評判をお伝えします、高校生・中学生でも利用できるShinobiライティングは、案件を行う際のクライアントとの契約が不要で、書かれたルールに沿って専用エディタ内で記事を作成していきます。

また、好きな時間に取り組めることが特徴です。
そのため、忙しく取り組む時ができないという際はやらない。やりたい案件がない場合はやらない。という選択を自分自身で行うことができます。

作業の際、メッセージのやり取りの必要がないため、作業に没頭できることもメリットです。

以上、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットの1つ目、「サイトに文章を書くだけで仕事が終わる。」について解説しました。

さまざまなジャンルがあって書きやすい

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットの2つ目は、「さまざまなジャンルがあって書きやすい。」です。

口コミ評判をお伝えします、高校生・中学生でも利用できるShinobiライティングでは、健康、美容、ファッション、資格や習い事、旅行、趣味などジャンルが多く取り扱いがあります。

そのため、高校生や中学生の方でも取り組むことが可能ではないかと考えられます。

以上、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットの2つ目、「さまざまなジャンルがあって書きやすい。」について解説しました。

すぐにお金を稼げる

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットの3つ目は、「すぐにお金を稼げる。」です。

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングは、アンケート・レビューなどのタスク案件が主になり、決まったテンプレートに沿って解答するという作業となり、調べたところ500文字程度の記載で完了するものが多く、個人差はありますが20分~30分ほど時間があれば納品して報酬を得ることが可能と言われています。

また、次のような実績を確認することができました。

※Shinobiライティングの1ポイントは0.5円になります。

このように、1件あたりは高額とは難しいかもしれませんが、短い時間でコツコツ作業を積み重ねたことにより、お金を稼ぐことが可能と推測されます。

また、今までぼんやりしていた収入が発生しない時間を活用することによって、お金を稼ぐことが可能だとしたら、メリットになるのではと考えられます。

以上、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットの3つ目、「すぐにお金を稼げる。」について解説しました。

デメリット・注意点

先ほどは高校生・中学生がShinobiライティングで書くメリットを口コミ評判からお伝えしましたが、ここからはデメリット・注意点を口コミ評判から次の5つについて解説していきます。

デメリット・注意点
・案件の数が少ない
・どう書いても良いわけではない
・時間内に終わらせる必要がある
・月に1万円程度しか稼げない
・スマホでは執筆しにくい

案件の数が少ない

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の1つ目は、「案件の数が少ない。」です。

と、ありますように案件の数が少ないという声が聞かれます。

そのため、他のクラウドソーシングとの併用で、仕事量の安定を図ることもオススメとされています。

以上、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の1つ目、「案件の数が少ない。」をご紹介しました。

どう書いても良いわけではない

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の2つ目は、「どう書いても良いわけではない。」です。

まず第一に「この内容が良いからコピーしよう。」というのはまずルール違反です。他にも、モラルなど内容によっては非承認とされてしまいます。

「ここが間違っているので修正してください。」という連絡もなく、なぜ不採用なのか?という事も一切非公開です。

不採用=非承認ということは報酬がもらえない、ということです。

そのためにも、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の2つ目は、「どう書いても良いわけではない。」について説明していきます。

高校生・中学生がShinobiライティングで書く際のデメリットと注意点で書く際のルールを口コミ評判から確認

画像引用:Shinobiライティング / 利用ガイド

このように、既存記事のコピーをしてライティングをする。以外にも、読点・ひらがな・記号を使用することでの文字稼ぎ。など主だった不採用と思われる記事のルールについての確認事項が紹介されています。

このことから、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の2つ目、「どう書いても良いわけではない。」という事がご理解いただけたかと思います。

時間内に終わらせる必要がある

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の3つ目は、「時間内に終わらせる必要がある。」です。

高校生・中学生がチャレンジできるShinobiライティングは、仕事検索から書きたい案件が見つかったら、案件にエントリーをします。

口コミ評判の高校生・中学生でもチャレンジできるShinobiライティングは案件を時間内に終わらせる必要がある

画像引用:Shinobiライティング / 利用ガイド

エントリーをしたら、他の人はその案件での作業ができなくなります。

このエディタ内に表示された時間が過ぎてしまうと、エントリーが解除されて、他のライターがエントリーできる状態になります。(他のライターのエントリーがない際は引き続き投稿が可能です。)

そのため、「あと少しで完了したのに、時間が過ぎたからエントリー解除されてしまった!」(他のライターさんに案件が渡ってしまった。)

という事がないように、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の3つ目、「時間内に終わらせる必要がある。」という事が大切だ。という事が、ご理解いただけたかと思います。

月に1万円程度しか稼げない

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の4つ目は、「月に1万円程度しか稼げない。」です。

今回の記事のはじめの方にあります「仕事の種類」という見出しから、クラウドソーシングにはタスク案件とプロジェクト案件と2種類ある・というご紹介をさせていただいております。その中で、「単価はプロジェクト案件より低い傾向にあります。」と記載をしました。

繰り返しの内容になりますが、やはり決まったテンプレートがあったり、短時間で完了してしまう案件が中心の為、安価になる傾向になります。

そのため、月に1万円程度しか稼げない。という評価につながったと考えられます。

また、報酬の高い案件が全くない。というわけではないのですが、割合が少ないためどうしても倍率が激しくなってしまうため、毎回案件を得る事は難しい様子です。

このことから、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の2つ目、「月に1万円程度しか稼げない。」という結果に結び付いたと考えられます。

スマホでは執筆しにくい

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点の5つ目は、「スマホでは執筆しにくい。」です。

調べましたところ、スマホでも作業は可能です。ですが、アプリが無いため、ブラウザを開くしかなく文字がとても小さく見づらくなるため、ミスにつながる可能性が高いです。

そのため、口コミ評判にあるように高校生・中学生がShinobiライティングで書くデメリット・注意点にあるように、「スマホでは執筆しにくい。」という評価がされたと考えられます。

高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法

口コミ評判から、高校生・中学生でも利用可能なShinobiライティングのメリットとデメリットを踏まえたところで、始める方法について次の4つの順番をご説明していきます。

始める方法
①案件を探す
②記事を書いて納品する
③採用されたらポイントがもらえる
④ポイントを交換する

※案件を探す前に新規登録をしなければ、閲覧することができない為、あらかじめ新規登録をしておきましょう。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの登録について

画像引用:Shinobiライティング

トップ画面に「新規登録」がありますので、クリックします。

高校生・中学生ができるShinobiライティングへ登録情報を入力する

画像引用:Shinobiライティング / 登録

画像右にあるように、名前やメールアドレスなどを入力し、「利用規約に同意して登録」をクリックします。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの仮登録について

画像引用:Shinobiライティング

このような画面が表示されます。送信されたメールに添って本登録の手続きをします。

届いたメール中のURLをクリックすると本登録となり、マイページが作成されるとともに、案件を検索ができます。

案件を探す

口コミ評判より、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法、「案件を探す」についてご説明します。

ジャンルから検索したい場合は、画面の左側から。お仕事検索から確認したい場合は上部にあります。

お仕事検索の画面について少しご説明します。

高校生・中学生ができるShinobiライティングのお仕事検索画面の説明

画像引用:Shinobiライティング

ジャンル
現在取り扱いのあるジャンルが表示されます。

種類
解説案件、説明文案件、コラム案件、執筆代行、アンケート代行 から選択できます。

並び替え
最小文字数の少ない順番、最小文字数の大きい順番、募集数が少ない順番、募集数が多い順番、掲載日の古い順番、掲載日の早い順番 から選択できます。

また、「ワードクラウド」とは、現在募集されている本文ワードにあたり、上の画面右に「アンテナ設定」「外壁塗装」などワードがありますが、このスペースに書かれているものが、「ワードクラウド」にあたります。

以上、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法の口コミ評判より、あらかじめ登録をしてから案件を探す。という事をご紹介しました。

記事を書いて納品する

口コミ評判より、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法、「記事を書いて納品する」についてご説明します。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの掲載中の案件についての解説

画像引用:Shinobiライティング

例として、今回はジャンルの「住宅生活」を選択しました。

このように、検索結果が表示されます。「詳細を見る」をクリックすると案件内容が確認できます。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの案件詳細とエントリーについての解説

画像引用:Shinobiライティング

タイトルやルール、右上の報酬や禁止事項をよく把握して、「自身が書きたい、書ける記事だ。」と判断したら、「この案件にエントリーして記事を書く」をクリックします。

そして、記事が完成したら、「規約に同意して投稿する」をクリックして投稿。承認がされたら報酬を受け取ることができます。

以上、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法の口コミ評判より、記事を書いて納品する。という事をご紹介しました。

ポイントを交換する

口コミ評判より、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法、「ポイントを交換する」についてご説明します。

高校生・中学生ができるShinobiライティングのポイント交換の解説

画像引用:CROCO ID / BIZ SAMURAIポイント

Shinobiライティングで作業をした際に、案件に対する報酬がポイントでの支払いになります。使用しない限りポイントが消滅されないというのは、目的までためておきたい。という人にとってありがたいシステムですね。

現金に交換する際は、「銀行振込で現金に交換」を選択しましょう。

また、ギフトコードとの交換は、「Amazonギフト、PeXポイントギフトに交換する」から選択します。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの報酬の支払い日数について解説

画像引用:Shinobiライティング / 利用ガイド

記事を投稿し採用されたら、5日営業日でポイントが付与されるようになっています。(採用後審査結果により変更になる場合もあり)

付与されたポイントは絶対現金化で!という希望がない場合はギフト券をオススメしたいと思います。

と言いますのも、現金にする際は登録の銀行によっては振込手数料がかかります。

銀行振込の手数料について
・楽天銀行、PayPay銀行の場合はポイント交換手数料無料
・その他の銀行へは、別途300pt( = 150円)が振込み手数料として必要。

楽天銀行、PayPay銀行以外の銀行への振込は、せっかくのポイントが手数料によって消化されてしまいます。ですが、Amazonギフトなどは手数料がかかりません。

そして、現金化の際の振込み日が、交換申請月の翌月10日( ポイント交換の末日を過ぎた申請は、翌月扱い)に対して、ギフト券はすぐにギフトコードが発行されるという、スピード感も違います。

※「PeXポイント」について、ご存じの方のためご説明しますと、PeXのポイントを商品や電子マネー、マイレージや現金などに交換できるサイトになります。電子マネーやマイレージに交換をしたい人にオススメです。

以上の事により、高校生・中学生がShinobiライティングを始める方法の口コミ評判より、ポイントを交換する。に関してご紹介しました。

高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツ

では、口コミ評判からShinobiライティングの始める方法をご理解いただけたところで、次は稼ぐコツについて7つ解説していきます。

稼ぐコツ
・案件を探しすぎない
・2〜3ヶ月は続けてやってみる
・責任をとるべく集中して仕事を書く
・書きやすいジャンルを選ぶ
・構成を前もって作っておく
・キャンペーン時には少し頑張る
・認定ライターを目指す

案件を探しすぎない

まずは、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「案件を探しすぎない。」について解説していきます。

単価が高く、かつ取り組みやすい案件は当然誰もが狙う案件です。必然的に競争率が高くなります

夜間や休日は閲覧者が多いと言われています。同様に競争率が高くなるため、自身が閲覧できるタイミングを計ってこまめに案件を確認することもオススメです。

案件を探している間に他の人に作業が取られる可能性あります。また、経験を積むことで処理能力が高まり、単価アップにつながりやすくなります。

以上の事から、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツである「案件を探しすぎない。」について解説しました。

2〜3ヶ月は続けてやってみる

次は、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「2〜3ヶ月は続けてやってみる。」について解説していきます。

はじめて取り組むことは慣れぬため時間がかかります。頭ではわかっているとはいえ、「時間と報酬のバランスが悪い!」と辞めてしまう例は多々あります。

ですが、辞めてしまうのは勿体ないです!

と言いますのも、次のようなメリットがあるからです。

メリット
・高校生・中学生が取り組むことができるshinobiライティングには、初心者でも可能な案件が多い。
・書いて繰り返すことで「調べることに慣れ」「読者のメリットになる、わかりやすい内容を書く」スキルが身につく
・時に、採用記事数に応じて、ボーナスポイントをプレゼントがある

一部ではありますが、上記の内容から、 口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツである「2〜3ヶ月は続けてやってみる。」についてご理解いただけたかと思われます。

責任をとるべく集中して仕事を書く

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「責任をとるべく集中して仕事を書く。」について解説していきます。

仕事を受けた以上は、責任を持って最後まで取り組むことを推奨します。

「うまく書けないし、途中だけどやめよう。」というのはクライアントに大変な迷惑がかかります。学生でも社会人でも仕事を受け持つ以上、関係はありません。

案件の詳細をよく読み、「自分が最後まで取り組むことが可能な内容か?」「スケジュールは学業やプライベートとのバランスがとれるのか?」を必ず把握してから、仕事を受けましょう。

上記の内容から、 口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツである「責任をとるべく集中して仕事を書く。」についてご理解いただけたかと思われます。

書きやすいジャンルを選ぶ

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「書きやすいジャンルを選ぶ。」について解説していきます。

先ほどの 、「責任をとるべく集中して仕事を書く。」の中でも少し触れましたが、特に初心者の場合は書きやすいジャンルの方が挫折が少ないと考えられます。

そのためにも、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツである「書きやすいジャンルを選ぶ。」というのを特に初心者の方は考慮して案件を探すことをオススメします。

キャンペーン時には少し頑張る

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「キャンペーン時には少し頑張る。」について解説していきます。

高校生・中学生ができるShinobiライティングのボーナスキャンペーンについて

画像引用:Shinobiライティング / ボーナスキャンペーン

月によりキャンペーン状況が変わるかと思われますが、このように作業量に応じボーナスポイントが付与されます。

そのためにも、キャンペーンのある際は、ご自身のスケジュールとバランスをとって、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツである「キャンペーン時には少し頑張る。」ことをオススメします。

認定ライターを目指す

口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで稼ぐコツについて、「認定ライターを目指す。」について解説していきます。

Sinobiライティングの運営会社であるCROCO株式会社から「CROCO認定ライター制度」が設けられ、よりマッチした仕事が提供されるよう、ライターのスキルや経験によりクラス分けをする制度になります。

認定されますと、報酬単価が5千円や1万円など、高単価な案件に携わることが可能と言われています。

以上のことからも、口コミ評判から高校生・中学生がShinobiライティングで経験とスキルを付けて、稼ぐコツにある「認定ライターを目指す。」ことをオススメします。

高校生・中学生ができるShinobiライティングの評判

今回口コミ評判の、高校生・中学生ができるShinobiライティングで稼ぐコツ。を先ほどご紹介しましたが、評判についても気になるかと思います。

良い評判と悪い評判について、今からご紹介していきます。

良い評判

良い評判
・高校生・中学生ができる
・初心者からでも取り組むことができる
・記事が承認されてから報酬を得るまでが早い

高校生・中学生ができる

https://twitter.com/mofhorigome/status/1505110776713199621

今回の口コミ評判にあるように、やはり18歳未満の高校生や中学生でも取り組むことができるのは、大きな特徴です。

特に、中学生からでもできる。というのはShinobiライティングの大きな特徴です。

初心者からでも取り組むことができる

在宅や好きな時間や場所で仕事ができる環境は限られます。特に18歳未満の学生となると、在宅でできる仕事は少ないと考えられています。

そして在宅で取り組む案件の多くが、経験者スキル必須。が多く占めます。

ですが、口コミ評判をお伝えしていますShinobiライティングは、初心者から取り組める点が、稼ぐことをしたくても環境がない、高校生・中学生に向いていると考えられます。

記事が承認されてから報酬を得るまでが早い

高校生・中学生ができるShinobiライティングの報酬の支払い日数について解説

画像引用:Shinobiライティング / 利用ガイド

「ポイントを交換する」という内容でお伝えしたことと重複しますが、記事が承認されてからポイント付与まで5営業日で得る事ができるため、Amazonギフトコード、PeXポイントギフトであれば付与されたら即交換することが可能です。

※銀行振り込みの場合は、月末までに申請、翌月10日に振込。(末日を過ぎた申請は、翌月処理)

このように、記事が承認されてから報酬を得るまでが早いのも、良い評判の一つと考えらえます。

以上、高校生・中学生ができるShinobiライティングの口コミ評判から、良い評判についてご紹介しました。

悪い評判

悪い評判
・案件の量が不安定
・単価が低い
・スマホでの作業が困難
・不採用の理由がわからない

◆案件の量が不安定

口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生ができるShinobiライティングは、依頼が沢山あるときと、そうではない時の差が激しいとの声があります。

ライティングに特化したサービスですが、知名度がクライアントからの案件の少なさにつながる可能性があり、悪い評判につながったと考えられます。

そのため、後ほどお伝えします他のクラウドソーシングも登録し、合わせての利用をすることをオススメします。

◆単価が低い

https://twitter.com/murakichi_y/status/902855106214760448

初心者からでもできる。ものはやはり単価が低い可能性があります。
そのため、口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生ができるShinobiライティングは単価が安い。という声があると考えられます。

お金をすぐに稼ぐというより「初心者でも実績を積むことができる場所」という事にとらえて、案件をこなすことをオススメします。

スマホで作業は困難

スマホで作業はブラウザ上のみ、作業が可能です。
ですが、画面もパソコンより小さい事と文字の入力速度も落ちることから、サクサク作業することが難しくあります。

そのためパソコンを持っていない方、出先で簡単に作業したい人には不向きであると考えられます。

不採用の理由がわからない

FAQ よくある質問 / 記事の投稿に関して

Q:「不採用」になった記事があったのですが、理由をおしえてもらえますか?
A:申し訳ございませんが、「不採用」の理由についてはお問い合わせいただいても個別にアドバイス致しかねます。

引用元:Shinobiライティング/よくある質問

記事が不採用になる=報酬が入らない

という事になります。不採用の理由がわからないと改善が難しい場合があります。自分で考えることも大切ですが、こういった際にサポートがない事が、悪い評判につながっているのでは?と考えられます。

以上、高校生・中学生ができるShinobiライティングの口コミ評判から、悪い評判についてご紹介しました。

Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生はWebライターを始めよう

口コミ評判から、高校生・中学生でも取り組むことができるShinobiライティングをご紹介してきていますが、慣れてきたらWebライターとして活動を始めることをオススメします。

それはWebライターは学生でも稼ぐことができるからです。

なぜ稼ぐことができるか?という事と、Webライターのメリットとデメリットをご紹介していきながら、良さと注意点のご理解をいただけたらと思います。

Webライターのメリット

メリット
・環境と時間にとらわれない。
・初期投資が少ない
・文章を書くスキルが上がる
・SEO対策のスキルを得る事ができる

環境と時間にとらわれない

車もなく、自転車や電車で途中下車してバイトに向かったり、バイト先から家に帰る。という時間は勿体ないと感じます。
寒い雪の日や、暑い夏の日の移動も大変です。

ですが、Webライターは場所関係なく、パソコンがあればどこでも作業ができます。
スキマ時間を利用して取り組むことが可能なので時間を有効に使いながら稼ぐこともメリットです。

初期投資が少ない

パソコンを持っていない人には初期投資が必要になりますが、Webライティングは動画編集のように、グラフィックに優れている必要もなく、データを保存するための容量を多く持つ必要がそこまで必要ではない為、高スペックなパソコンである必要がありません。

そのため、初期投資を少ないところから始めて、稼いでいくことができるのがWebライターのメリットです。

文章を書くスキルが上がる

案件をこなすうちにコツをつかむことにより、作業が早くこなせるようになっていきます。
また、伝わる文章を書くスキルも身に着けていくことが可能なため、案件単価が上がることも十分見込めます。

そのため案件をこなす経験が、次の案件へ生かされるというのが大きなメリットになります。

SEO対策のスキルを得る事ができる

SEOについて言葉の馴染みのない方もいるかもしれませんが、SEOのスキルについては近年着目されています

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語では「検索エンジン最適化」と言われています。

検索エンジンは、Googleやyahooなどのインターネットの情報を検索するシステムになります。
「SEO対策」というのは、人は検索をした際に、一番上から検索結果を閲覧することがほとんどです。そのため一番上に検索結果として表示させ、サイトを見てもらうための対策です。

そのため、SEO対策を理解しながらライティングができる。という人は単価アップが見込めるため、独立することも可能という声もあります。

このように、口コミ評判を調べたところ、Webライターのメリットは高校生・中学生が今稼ぐことが可能。というメリットではなく、将来にわたっても稼ぐことや、活用できる機会がある。という事がご理解いただけたかと思います。

Webライターのデメリット

デメリット
・学業・プライベートの両立が難しい
・親の同意が必要
・最初は稼ぐことが難しい


◆学業・プライベートの両立が難しい

バイトですと、時間の間就業をして収入を得る事ができますが、Webライターの場合は納期が決まっていることがほとんどです。

そのため、納期までに完了できるよう作業をしなくてはいけなく、進捗が遅くなった場合は睡眠時間が減ってしまう事もあるかもしれません。また、急に友達と遊ぶ時間を断る事もあるかもしれません。

このように進捗の状況によっては、思っていた予定が変わってしまう事も考えられるため、学業・プライベートの両立が難しいという、悪い口コミ評判につながったと考えられます。

◆親の同意が必要

親の承諾は未成年のうちは必須です。これはバイトも同じです。
両親が不在の場合は、親権者の同意が必要になります。

「バレないから、同意を得た。」としておこう。と、考える方もいるかもしれませんが、万が一のトラブルに巻き込まれた時の対応も、親(親権者)が行う事になります。
トラブルが無くても、バレた際は積み上げた経験があっても退去されられることもあります。

「親の同意を得るのが面倒。」という事が、悪い口コミ評判になったと考えられますが、「万が一の面倒。」という更なるデメリットを考えるなら、あらかじめ親の同意を得る事をオススメします。

◆最初は稼ぐことが難しい

はじめはバイトより単価が低く「これだけやって単価が低い。」と思う事もあるかもしれません。
確かに、スキルや経験がない場合はほとんど稼ぐことが困難です。

ですが、メリットでお伝えしましたように、経験を積んでいくことで継続案件を取得して単価アップが可能であること。また、独立の可能性も視野に入れることができるスキルを得る事も可能です。

特に、経験が少ない中学生・高校生の方には、最初は稼ぐことが難しいと感じると想定されます。

このようなことから、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生の方がWebライターを始める際のデメリットが、口コミ評判からご理解いただけたかと思います。

Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシング

クライアントとやり取りをすることなく、自分の好きな時間に取り組める事。そして殆どバイトが認められない中学生・高校生には口コミ評判をお伝えしています、Shinobiライティングは魅力のあるサービスであると考えらえます。

ですが、「そろそろ慣れてきたから違うクラウドサービスでもチャレンジしてみたい!」
という方に、次の4つのサービスをご紹介します。

※Shinobiライティング以外のクラウドサービスをご紹介する前に「システム手数料」というものについてご説明します。

「お金を得るために仕事をするのに手数料がかかるの?」と思われる方もいるかもしれません。
このシステム手数料というのは、各クラウドサービスそれぞれ、自社がより良いサービスを展開していく為不可欠なものです。
そのため、案件を獲得し作業したことで引かれる「システム手数料」があるという事をご理解ください。

Shinobiライティング以外のクラウドサービス
・クラウドワークス
・ランサーズ
・サグーワークス
・シュフティ

クラウドワークス

Webライターを始める高校生・中学生にShinobiライティング以外に紹介するクラウドワークス

画像引用:クラウドワークス

口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングを紹介する中で、クラウドワークスは仕事依頼と求人情報が日本最大級と言われています。

そのため、数多くの案件を取り扱っているため、今回口コミ評判をお伝えしています高校生・中学生でもできるShinobiライティングより、自分の興味のある分野を探しやすくあると考えられます。

利用年齢18歳未満は不可

クラウドワークスの口コミ評判
・初心者から専門スキルを要する案件と、レベルの幅が広い。
・仮払制度があるため支払いトラブルが少ない。
・株式上場している安定企業。
・案件をこなしていくことで「プロクラウドワーカー」の表示がされ、受注率が上がりやすい。
・システム手数料が20%と高め
・大手ということもありクライアントの利用も多いが、発注に不慣れなクライアントもいる。

以上、口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングのクラウドワークスをご紹介しました。

ランサーズ

Webライターを始める高校生・中学生にShinobiライティング以外に紹介するランサーズ

画像引用:ランサーズ

口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングを紹介する中で、ランサーズはクラウドワークス同様に、仕事依頼と求人情報が豊富と言われています。
また、クラウドワークスと同様に、株式上場している安定した企業の為、親権者の許可を得る際にも安心感を得ることができる要因の一つになるかと考えられます。

利用年齢18歳未満は不可

ランサーズの口コミ評判
・サイトのセキュリティ対策の取り組みに定評がある。
・仮払制度があるため支払いトラブルが少ない。
・トラブルなどに関して、カスタマーサポートとやり取りが可能。
・ほかの会員にも質問をするところがあるため、参考にしながら進めることができる。
・システム手数料は16.5%と一律。
・ランサーズでつながったクライアントとは、ランサーズ以外での取引はできない。

以上、口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングのランサーズをご紹介しました。

サグーワークス

Webライターを始める高校生・中学生にShinobiライティング以外に紹介するサグーワークス

画像引用:サグーワークス

口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングを紹介する中で、サグーワークスは、Shinobiライティング同様、Webライティングに特化しています。

また、同じくクライアントと直接やり取りすることがありません。

Shinobiライティングとの大きな違いは、「プラチナライター制度」というものがあり、試験に合格したら、高報酬の記事案件を受けることが可能になるため、しっかり稼ぎたい人にオススメです。

利用年齢サイトに具体的記載なし(記載はありませんが、親権者の同意は得ておきましょう。)

サグーワークスの口コミ評判
・システム手数料がない。
・疑問点や質問も運営とのやり取りで解決のため「クライアントと直接のやりとりが面倒。」という人に安心。
・投稿した記事に対してのフィードバックやアドバイスを得る事ができる。
・案件が少ない。


疑問点や質問も運営とのやり取りで解決するのが基本なので、「直接やりとりするのが面倒だな。」という人に安心です。

クラウドワークス同様に仕事依頼と求人情報が豊富と言われています。
また、クラウドワークスと同様に、株式上場している安定した企業の為、親権者の許可を得る際にも安心感を得ることができる要因の一つになるかと考えられます。

以上、口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングのサグーワークスをご紹介しました。

シュフティ

Webライターを始める高校生・中学生にShinobiライティング以外に紹介するシュフティ

画像引用:シュフティ

口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングを紹介する中で、シュフティは「主婦のみ利用可能」というイメージかと思われますが、男性でも未婚でも、学生でも利用が可能です。

利用年齢16歳以上可能(親権者の同意が必要)

シュフティの口コミ評判
・運営会社が株式上場している。
・海外からでも案件を得て作業することが可能。
・初心者や未経験でも案件が豊富。
・単価が低い案件が多い。
・システム手数料が10%。

以上、口コミ評判から、Shinobiライティングに慣れてきた高校生・中学生向けのクラウドソーシングのシュフティをご紹介しました。

Shinobiライティングが気になる高校生・中学生によくある質問

高校生・中学生がShinobiライティングで気になると思われることを、口コミ評判からよくある質問を通して紹介していきたいと思います。

よくある質問
・Shinobiライティングにスマホのアプリはあるの?
・スマホでWebライティングをするならサグーワークスはどう?
・どんな人がWebライターに向いているの?
・Shinobiライティングの換金はどうやる?

このよくある質問を通して、ShinobiライティングやWebライターについてさらに明確にしていきたいと思います。

Shinobiライティングにスマホのアプリはあるの?

高校生・中学生が気になるShinobiライティングにスマホのアプリはあるの?という口コミ評判の質問についてご説明します。

デメリット・注意点の中で「スマホでは執筆しにくい」という紹介をした際に少し触れましたが、Shinobiライティングにはスマホのアプリはありません。(2023年10月現在)

そのため、ブラウザ表示のみとなるため、スマホで表示をすると文字が小さく使いづらく、ミスにつながります。

以上、高校生・中学生が気になるShinobiライティングにスマホのアプリはあるの?という口コミ評判の質問の解答は、「現在はない。」という答えになります。

スマホでWebライティングをするならサグーワークスはどう?

口コミ評判から、Shinobiライティングが気になる高校生・中学生が気になる質問で、スマホでWebライティングをするならサグーワークスはどうなのか?というについてご説明します。

Shinobiライティングと同様にアプリはありません。
ですが、サグーワークスはアンケート案件であればスマホでも可能と言われています。

ですが、WebライティングとなるとやはりShinobiライティング同様、スマホでは難しいと考えられます

以上、口コミ評判から、Shinobiライティングが気になる高校生・中学生が気になる質問で、スマホでWebライティングをするならサグーワークスはどうなのか?という質問の解答は、「アンケートなら可能と考えられるが、Webライティングをするなら不可と考えられる。」という答えになります。

どんな人がWebライターに向いているの?

Shinobiライティングが気になる高校生・中学生が気になる、どんな人がWebライターに向いているの?という口コミ評判の質問について5つご紹介します。

  • 文章を書くことが好き
  • 情報収集が好き
  • 情報を正確に伝えることが面倒でない
  • 一人でコツコツした作業が苦にならない
  • 好奇心が旺盛

文章を書くことが好き
ライターというだけあってやはり書くことが仕事になるため、書くことが苦にならない人が向いている人と考えられます。

情報収集が好き
様々な題材の記事を書くための情報収集を新たなことを知ることができる!という気持ちで楽しめる人向いていると考えられます。

情報を正確に伝えることが面倒でない
題材に対して検索すると多くの結果が表示されます。その中から情報があいまいではないか?古くはないか?など、読者にとって正しい情報を記事にするための確認を大切にできる人が、向いていると考えられます。

一人でコツコツした作業が苦にならない
Webライターに限ったことではないですが、在宅で仕事をする際は一人での作業になるかと思います。作業の困ったことを話し合える人が近くにいない。という孤独感があるため、スケジュールを調節しながらプライベートの充実を図り作業ができる人が向いていると考えられます。

好奇心が旺盛
あの題材は興味がない。などと選り好みをしすぎると案件を得る事が難しいと考えられます。知らない分野を調べて記事にするのは大変ではありますが、新たなことを知ることができる=知識が広がる。と捉えて楽しめると、記事を書くことができる分野も広がるため、Webライターに向いていると考えられます。

以上、Shinobiライティングが気になる高校生・中学生が気になる、どんな人がWebライターに向いているの?という口コミ評判の質問から5つご紹介しました。

Shinobiライティングの換金はどうやる?

高校生・中学生が気になるShinobiライティングの換金はどうやる?という口コミ評判の質問についてご説明します。

今回口コミ評判をお伝えしています、高校生・中学生が気になるShinobiライティングで獲得したポイントは、BIZ SAMURAIポイントと呼ばれ、獲得や交換などをしない限り失効しない永遠に不滅なポイントになるため、自身のタイミングまで貯めて交換ができます。

ポイントが付与されるタイミングは次のようになります。

高校生・中学生が気になるShinobiライティングの報酬の支払いについての解説

画像引用:Shinobiライティング / 利用ガイド

また、ポイントが交換できるものは、現金とギフトコード(Amazon,ReXポイント)と2種類あります。

高校生・中学生が気になるShinobiライティングのポイント交換の種類について

画像引用:CROCO ID / BIZ SAMURAIポイント

楽天銀行、PayPay銀行以外の銀行への振込は、せっかくのポイントが手数料によって消化されてしまいます。
そして、現金化の際の振込み日が、交換申請月の翌月10日( ポイント交換の末日を過ぎた申請は、翌月扱い)と、手数料と現金化の日数の不便があります。

ですが、ギフトコードは手数料がかかりません。また、手続き後すぐ発行されるという、スピード感があります。

高校生・中学生が気になるShinobiライティングの換金はどうやる?という口コミ評判の質問についてご説明しました。

【まとめ】高校生・中学生はShinobiライティングで記事を書いてみよう

今回、高校生・中学生からチャレンジできるShinobiライティングの口コミ評判についてご説明していきました。

ライティングははじめは稼ぐことが難しいです。ですが、コツコツ案件をこなすことで、書くスキルが上がる事。SEO対策のスキルが上がることにより、独立も可能と考えられる稼ぐことへの道につながると考えられます。

そのためにも、学業やプライベートの調整をはかりながら、初心者でも取り組むことができるShinobiライティングで記事を書いてみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 主婦のWebライター収入アップのコツのアイキャッチ画像
  2. webライターの確定申告
  3. スマホwebライターの始め方
  4. ウェブタスメディアスクールの評判や怪しいとされる理由・料金などについて
  5. 怪しいWebライターの仕事で詐欺にあった男性

目次