文字単価3円のWebライターになる方法!必要スキル・仕事内容・報酬体系など

この記事は13分で読めます

文字単価3円のWebライターになる方法は何か調べてみた

文字単価3円Webライターになるためには文章力・ネットリサーチ能力などが必要です。

その他にもSEO対策の知識やコミュニケーション能力、プロジェクト管理能力などが必要になることも。

そんな文字単価3円Webライターになるためにはスキルアップ・ポートフォリオの充実などが重要となってきます。

もちろんクライアントとの関係づくりなども非常に重要となってきますが、文字単価3円Webライターは努力次第でしっかりと超えていける通過点です。

そこでこの記事では、文字単価3円Webライターになるために役立つ情報をわかりやすく解説します。

具体的にはWebライターの報酬体系や文字単価3円を稼ぐコツ、必要なスキルなどをご紹介。

文字単価3円Webライターに関するよくある質問もまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

文字単価3円は可能!Webライターの報酬体系は?

文字単価3円は可能にしている人のWebライターの報酬体系は何か

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系は多岐にわたるため一概には言えませんが、以下が一般的な報酬体系です。

――――――――文字単価3円は可能!Webライターの報酬体系――――――――

●単価制報酬

●成果報酬

●時間制報酬

●プロジェクト報酬

――――――――

上記の報酬体系は、依頼内容やクライアントの要望によって異なるため、それぞれの場合に応じて最適な報酬体系を選ぶ必要があります。

また、クライアントとの交渉によって「文字単価3円」などと報酬額を決定することも可能です。

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系について、次の見出しから一つずつ解説します。

単価制報酬

webライターの単価性の報酬はどういう内容か調べる女性

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの1つ目の報酬体系は、単価制報酬です。

Webライターの単価制報酬は、一定のワード数や記事数を書いた量に応じて一定の単価で報酬が支払われる方法をいいます。

例えば、「1記事あたり1,000円〜2,000円」といった形です。

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系として、単価制報酬を解説しました。

成果報酬

クライアントのニーズを満たした記事を書くことができて成果報酬を手に入れたwebライターの男性

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの2つ目の報酬体系は、成果報酬です。

Webライターの成果報酬では、クライアントの要望に沿った成果を達成した場合に報酬が支払われます。

例えば、「月間アクセス数2万、コンバージョン率2%」といった形です。

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系として、単価制報酬を解説しました。

時間制報酬

文字単価3円になるためのwebライターの時間制報酬はどういうものなのか調べる

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの3つ目の報酬体系は、時間制報酬です。

Webライターの時間制報酬では、一定の時間帯内に書いた記事数や作業時間に応じて報酬が支払われます。

例えば「1時間あたり1,000円〜2,000円」といった形で、アルバイトやパートの時給に似たような形です。

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系として、時間制報酬を解説しました。

プロジェクト報酬

文字単価3円になるためのwebライターのプロジェクト報酬とは何か調べる

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの4つ目の報酬体系は、プロジェクト報酬です。

Webライターのプロジェクト報酬では、一定の作業(例:サイトのリニューアル、コンテンツ制作など)に対して報酬が支払われます。

プロジェクトごとに報酬額が異なるため、クライアントとの交渉が必要になる点に注意が必要です。

文字単価3円を達成するためにおさえておきたいWebライターの報酬体系として、プロジェクト報酬を解説しました。

文字単価3円以上のWebライターになるコツは?

文字単価3円以上のWebライターになるコツを解説する女性

以下のコツを実践することで、文字単価3円以上のWebライターになることができる可能性が高まります。

――――――――文字単価3円以上のWebライターになるコツ――――――――

●スキルアップを目指す

●Webライターとしての強みを見つける

●クライアントとの信頼関係を築く

●ポートフォリオを充実させる

●マーケットの動向を把握する

●単価交渉をする

●直接契約をする

――――――――

前提として文字単価3円以上のWebライター案件は競争率・難易度が高いため、地道な努力とスキルアップが必要です。

文字単価3円以上のWebライターになるためのコツを、次の見出しから詳しく解説します。

スキルアップを目指す

文字単価3円のWebライターになるためにスキルアップが大事と説明する女性

文字単価3円以上のWebライターになる1つ目のコツは、スキルアップを目指すことです。

以下のようなコツを実践することでWebライターとしてのスキルを磨き、より良質な記事を提供することができるようになるため文字単価3円をクリアしやすくなります。

文字単価3円Webライターになるためのスキルアップ法スキルアップ法の詳細
積極的な読書良質な記事を書くためには、良質な情報を吸収することが必要です。業界関連の書籍やWeb記事、ニュースなど、幅広いジャンルの情報を積極的に読むことで、ライティングスキルが向上するでしょう。
ライティングスクールやセミナーに参加ライティングスクールやセミナーに参加することで、ライティングスキルが磨かれます。また、同業者と交流することで、新しいアイデアや情報を得ることができます。
継続的なトレーニング毎日のブログ記事の執筆やスクールの受講などでライティングスキルを鍛えます。
クライアントとのコミュニケーションクライアントとやり取りする中で意図を正確に読み取り最適な行動をとることで、クライアントの信頼を得られます。信頼が積み重なれば長期的な案件に繋がる可能性も十分です。
新たな分野への挑戦新たな分野に挑戦すると知識や引き出しが増え、ライティングのスキルも向上します。多くの分野でレベルの高い記事を書けるようになれば、それだけ引き受けられる仕事も増えるでしょう。

Webライターは上記のスキルを向上させることで、文字単価3円などといったより高い報酬の案件を獲得できる可能性があります。

例えばライティングスクールでSEO対策・コピーライティング・ブランディング戦略などのスキルを身につけると、文字単価3円以上の案件にチャレンジする準備が可能です。

このように、文字単価3円以上のWebライターになるにはスキルアップを目指しましょう。

Webライターとしての強みを見つける

文字単価Webライターとして強みのスキルを作る

Webライターが文字単価3円以上を達成する2つ目のコツは、強み(得意分野)を見つけることです。

Webライターとして自分が得意とする分野やテーマを見つけ、その分野に特化したライティングを提供することで文字単価3円以上の報酬を得るチャンスが出てきます。

特化する分野の例は、IT・医療・ビジネス・エンターテインメントなどです。

Webライターとして今すぐに得意な分野が見つからない場合は、下記のように探してみましょう。

強みを見つけるための行動行動の詳細
過去の実績分析過去に執筆した記事やクライアントからのフィードバックを見返すと、得意ジャンルやライティングの傾向がわかります。どのような記事がクライアントから好評を得たかの把握も重要です。
自己分析保有スキルの洗い出しのみならず、性格・好きなジャンルもはっきりさせておくと自分の強みを見つけやすくなります。
周囲の人からフィードバックをもらう自分の持ち味について同業者・友人・知人などの意見を聞きます。
新ジャンルへの挑戦自分のライティングスキルが広がったり、隠れていた強みを活かせたりする可能性があります。
スキルアップの取り組みライティングスクール・セミナーの受講や自分で設定した定期的な課題へのチャレンジなどを行います。

以上のような方法を実践すると、Webライターとしての自分の強みを見つけることができます。

Webライターとして自分自身の強みを理解し活かすことで、文字単価3円以上を狙えるクオリティの高い記事を提供することができるでしょう。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するには強みの把握も重要となります。

クライアントとの信頼関係を築く

文字単価3円になっているwebライターはクライアントとの信頼関係を大切にしている

Webライターが文字単価3円以上を達成する3つ目のコツは、クライアントとの信頼関係を築くことです。

Webライターとして文字単価3円以上を目指すなら下記のポイントに沿ってクライアントとのコミュニケーションを図り、要求に目一杯応えることが求められます。

クライアントとの信頼関係を築く行動行動の詳細
期待の確認クライアントが求める記事内容・目的・納期・報酬を中心に確認します。
綿密なコミュニケーション進捗状況・疑問点の報告は基本です。可能ならばクライアントのニーズに合った提案も行います。
スケジュールの遵守記事制作に必要な時間を大まかに計算し、納期に間に合うように作業します。
高品質な記事の執筆クライアントのレギュレーションを守るだけでなく、正確な情報を入手したり読みやすい文体で書いたりすることが重要です。
誠実かつ臨機応変な対応修正依頼・トラブルなどが発生したら、連絡を受け次第速やかに対応します。

以上のような方法を実践することで、Webライターはクライアントとの信頼関係を築くことができます。信頼関係が築かれたクライアントからはリピート依頼が期待できるだけでなく、口コミで他クライアントからの新規依頼を勝ち取ることができる可能性もあるのです。

そうなるとWebライターが文字単価3円以上を達成できる日も近くなります。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するにはクライアントとの信頼関係構築も重要です。

ポートフォリオを充実させる

文字単価3円のwebライターになるために充実したポートフォリオの作成を頑張る女性

Webライターが文字単価3円以上を達成する4つ目のコツは、ポートフォリオの充実です。

ポートフォリオの意義は自分の実績やスキルをアピールすることにあります。

Webライターは下記のポイントを意識して、文字単価3円以上を目指すためにポートフォリオを充実させると良いでしょう。

ポートフォリオ充実のための行動行動の詳細
得意分野の明確化様々なジャンルの記事を書いてきた場合は、クライアントから最も評価の高かった分野の記事を選びます。
スキルの明確化保有スキル(WordPressの操作・HTML・CSS・SEOライティング・コピーライティング・写真撮影など)を書きます。
高品質な記事の選出検索上位に表示できた記事・成約率が最も高かった記事などを選びます。
定期的な更新新たに作った記事の中で高品質なものがあれば記載します。
一目でわかるデザインの採用見やすさ重視の整ったデザインが重要です。その中で自身の個性を出すデザインにすると、見た目もアピールポイントになりえます。

以上のような方法を実践することで、Webライターは自分自身のポートフォリオを充実させることができます。

ポートフォリオが充実しているとクライアントからの信頼を得ることができるため、重要なステップです。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するためにはポートフォリオの充実も欠かせません。

マーケットの動向を把握する

文字単価3円のwebライターとして市場をチェックし動向の把握に努める女性

Webライターが文字単価3円以上を達成する5つ目のコツは、マーケット動向の把握です。

ライティング市場の動向を把握することで需要の高い分野やテーマを把握し、その分野に特化した記事を提供することで文字単価3円以上の高い報酬を得ることができます。

Webライターが取り組む主な各ジャンルは、下記のような特性・傾向です。

ジャンルジャンルごとの特性
ニュース・トレンド系情報のタイムリーさが至上命題です。短期間で多くの記事を書くことが要求されます。
IT・テクノロジー系最新の技術・製品情報をキャッチアップすることが求められます。長期的な需要があり、継続的な受注が見込めるジャンルです。
ライフスタイル系美容・ファッション・グルメ・旅行などが中心です。競合が激しいため独自のアプローチによる執筆も求められます。
ビジネス系経営戦略・マーケティングが中心です。高い専門性が求められ、継続的な需要があります。
教育系学習法・教育技術関連の記事を中心としています。教育関連事業に携わっていれば取り組みやすい分野です。

上記のように、ジャンルによっては競合が激しいため高い独自性や専門性が求められることもあります。

また自分自身が得意とするジャンルを選ぶことで記事の質が高くなり、継続的な仕事を得やすくなる点もポイントです。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するためにはマーケット動向の把握も欠かせません。

単価交渉をする

文字単価3円のwebライターになるため単価交渉をする女性

Webライターが文字単価3円以上を達成する6つ目のコツは、単価交渉です。

Webライターが成功率の高い単価交渉をする際のコツを次の表にまとめました。

単価交渉のコツ詳細
仕事の内容に見合った単価の提示クライアントから求められた品質・量・納期を踏まえた単価を設定・提示します。
クライアントへの配慮クライアントの予算・スケジュールなどを考慮して交渉します。
複数オプションの提示高単価を単純に提示するよりも、量の増減や納期の長短などさまざまな条件を提示します。
明確な根拠の説明自分の経験・スキル・市場動向などを理解し、かつ適切に言語化することが重要です。

上記がすべてクリアできそうだと感じたら、積極的に単価交渉をしてみましょう。

単価交渉は双方にとって満足のいく結果を得るために必要なプロセスのため、自分が納得できる単価を提示できるまで粘り強く交渉を続けることが大切です。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するには単価交渉も重要となります。

直接契約をする

文字単価3円のwebライターになるため直接契約を申し込む

Webライターが文字単価3円以上を達成する7つ目のコツは、直接契約を結ぶことです。

Webライターが直接契約を結ぶ際の準備や注意点を次の表にまとめました。

直接契約を勝ち取る準備・注意点詳細
充実したポートフォリオの提示「ポートフォリオを充実させる」に従って作成したものを提出します。
自身の強みを把握する「Webライターとしての強みを見つける」に従って自身の強みをあぶり出します。
契約書の作成報酬・納期・著作権上の取扱いなど契約内容を双方合意のもと細かく定めます。
プロジェクト管理能力の向上自身のスケジュール管理・タスク管理・コミュニケーション能力を高めることが重要です。
プロフェッショナルな態度「クライアントとの信頼関係を築く」に従った行動を引き続きとります。

以上のように、Webライターが直接クライアントと契約する際にはポートフォリオ・スキル・経験・マーケティング能力などが必要なのでしっかりと準備をしてからチャレンジすることが大切です。

このように、Webライターが文字単価3円以上を達成するには直接契約も避けては通れません。

文字単価3円Webライターの仕事内容

文字単価3円のwebライターの仕事内容を知りたい女性

文字単価3円のWebライターが書く記事は、クライアントの要望や依頼によって多岐にわたりますが、一般的には以下のような記事を書いていることが多いです。

――――――――文字単価3円Webライターの仕事内容――――――――

●SEO対策記事

●商品紹介記事

●ニュース記事

●エンタメ記事

●ライフスタイル記事

――――――――

文字単価3円のWebライターが書く記事について把握しておき、求められるスキルレベルを理解すると良いでしょう。

文字単価3円のWebライターが書く記事の種類について、次の見出しから詳しく解説します。

SEO対策記事

文字単価3円のwebライターはSEO対策の記事を書いて検索エンジン上位表示を目指す

文字単価3円Webライターの1つ目の仕事内容は、SEO対策記事の執筆です。

SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことであり、クライアントのウェブサイトのアクセス数を増やすために特定のキーワードに関する記事を書きます。

SEO対策記事を書く際は検索エンジン上位表示を目指すため、キーワードを効果的に使いながら正確な情報を伝える文章力が要求されるのです。

このように、文字単価3円Webライターには「SEO対策記事を書く」という仕事があります。

商品紹介記事

商品を魅力的に紹介する記事を書く文字単価3円のwebライターの女性

文字単価3円Webライターの2つ目の仕事内容は、商品紹介記事の執筆です。

文字単価3円のWebライターが書く商品紹介記事では、クライアントの商品やサービスについて魅力的に説明することが求められます。

魅力的にするには商品の特徴・利点・使い方などを分かりやすく伝え、読者が興味を持つような文章に仕上げることが必要です。

このように、文字単価3円Webライターには「商品紹介記事を書く」という仕事があります。

ニュース記事

ニュースを正確に迅速に分かりやすく伝える工夫を考えるwebライターの男性

文字単価3円Webライターの3つ目の仕事内容は、ニュース記事の執筆です。

ニュース記事は最新の出来事や情報を伝えるもので、クライアントからの依頼に応じた記事や特定のトピックに関する記事を書くことがあります。

Webライターが書くニュース記事には、正確な情報を迅速に伝える必要がある点をおさえると良いでしょう。

このように、文字単価3円Webライターには「ニュース記事を書く」という仕事があります。

エンタメ記事

得意分野のエンタメを見ながら読者にも共感を得ることを大切にし記事にするwebライター

文字単価3円Webライターの4つ目の仕事内容は、エンタメ記事の執筆です。

エンタメ記事は映画・音楽・芸能・スポーツなどに関する記事のことをいいます。

文字単価3円Webライターの場合はクライアントの要望によってレビューやインタビュー記事を書くこともあり、楽しみながら読めるような文章を書くことが必要です。

このように、文字単価3円Webライターには「エンタメ記事を書く」という仕事があります。

ライフスタイル記事

ライフスタイル記事は美容や健康、ファッションなどの流行を考慮し記事にすることを大切にしているwebライターの女性

文字単価3円Webライターの5つ目の仕事内容は、ライフスタイル記事の執筆です。

ライフスタイル記事では美容・健康・ファッション・グルメ・旅行などに関する内容を書きます。

クライアントのターゲットに合わせて、ライフスタイルに関する情報を分かりやすく伝えることが必要です。

文字単価3円のWebライターはクライアントのニーズに合わせて多様なジャンルの記事を書くことが必要になるため、幅広い知識やスキルが求められます。

※ただし、文字単価が低い場合は単純な記事やリライトなどの仕事が多くなる場合があります。

このように、文字単価3円Webライターには「ライフスタイル記事を書く」という仕事があります。

文字単価3円のWebライターに必要なスキル

文字単価3円のWebライターに必要なスキルを習得し契約を獲得する

文字単価3円のWebライターに求められるスキルは以下のようなものがあります。

――――――――文字単価3円のWebライターに必要なスキル――――――――

●文章力

●ネットリサーチ能力

●SEO対策の知識

●コミュニケーション能力

●プロジェクト管理能力

●クリエイティブな発想力

――――――――

文字単価3円のWebライターに求められるスキルを把握し、自身のレベルと比較してどれだけの行動と努力が必要であるかを理解すると良いでしょう。

文字単価3円のWebライターに求められるスキルについて、次の見出しから詳しく解説します。

文章力

文字単価3円のwebライターになるためメモをとり文章力をつける勉強をする女性

文字単価3円のWebライターに求められる1つ目のスキルは、文章力です。

文章力はWebライターが記事を書くための基本的なスキルであり、正しい日本語表現・文体・文章の構成能力が求められます。

文章力がないと読者が内容を理解しにくくなりクライアントの利益を下げてしまう可能性があるため、必ず身につけておくスキルです。

このように、文字単価3円のWebライターには文章力が求められます。

ネットリサーチ能力

文字単価3円のwebライターはネットリサーチ力が大切とリサーチに励む女性

文字単価3円のWebライターに求められる2つ目のスキルは、ネットリサーチ能力です。

文字単価3円のWebライターが身につけるべきネットリサーチ能力はインターネットで情報を検索することにとどまりません。

必要な情報をまとめてクライアントの要求する内容に落としこみ、適切に取捨選択して記事に反映させることが重要です。

このように、文字単価3円のWebライターにはネットリサーチ能力が求められます。

SEO対策の知識

文字単価3円のwebライターはSEO対策の知識が大切

文字単価3円のWebライターに求められる3つ目のスキルは、SEO対策の知識です。

文字単価3円のWebライターであれば、クライアントの立場に立ったキーワードの選定方法や成約率を上げるための記事構成方法について理解している必要があります。

SEO対策ではKWを盛り込むことが重要であり、それさえやっておけば大丈夫だと勘違いしているWebライターもいますがそれでは不十分なわけです。

このように、文字単価3円のWebライターにはSEO対策の知識も求められます。

コミュニケーション能力

文字単価3円のwebライターはクライアントの意向を上手に汲み取るためにコミュニケーション能力を意識している

文字単価3円のWebライターに求められる4つ目のスキルは、コミュニケーション能力です。

Webライターは基本的に、クライアントとのコミュニケーションをスムーズに行うことが求められます。

文字単価3円ともなれば質問に対する迅速かつ正確な返答・依頼内容の確認・フィードバックの正確な反映など、一段と高いレベルのやり取りが重要です。

このように、文字単価3円のWebライターにはコミュニケーション能力も求められます。

プロジェクト管理能力

文字単価3円のwebライターはプロジェクト管理のためにリストに残すのも方法の一つ

文字単価3円のWebライターに求められる5つ目のスキルは、プロジェクト管理能力です。

文字単価3円レベルになると複数の案件を同時に進めることが多くなるため、スケジュール管理・納期管理・タスク管理などが求められます。

現在文字単価が3円に達していないWebライターでも、レベルアップしたとき困らないようにプロジェクト管理能力を徐々に磨いておくと将来困らないでしょう。

このように、文字単価3円のWebライターにはプロジェクト管理能力が求められます。

クリエイティブな発想力

文字単価3円のwebライターはクライアントの要望とそれを超えるクリエイティブな発想力を求められる

文字単価3円のWebライターに求められる6つ目のスキルは、クリエイティブな発想力です。

文字単価3円レベルになると、新しいアイデアや斬新な視点を持って記事を作成する能力も求められます。

クライアントの要望に応えつつも、オリジナル性のある記事を提供することが重要です。

このように、文字単価3円のWebライターにはクリエイティブな発想力も求められます。

「文字単価3円Webライター」に関するよくある質問

文字単価3円Webライターに関するよくある質問は何だろうと知りたい人たち

文字単価3円のWebライターに関するよくある質問は次の4つです。

――――――――「文字単価3円Webライター」に関してよくある質問――――――――

●クラウドソーシングでもWebライターとして文字単価3円を稼げる?

●なぜWebライターの文字単価は低い?

●Webライターは時給を意識すると良いってどういう意味?

●文字単価別に見るWebライターの案件・仕事内容の違いは?

――――――――

上記の内容を把握しておくと、文字単価3円に到達するときにぶち当たる壁を乗り越えるヒントになるのでぜひチェックしてみましょう。

文字単価3円のWebライターに関するよくある質問に、次の見出しから一つずつ答えていきます。

クラウドソーシングでもWebライターとして文字単価3円を稼げる?

クラウドソーシングでもWebライターとして文字単価3円を稼げるのか聞いてみたい

クラウドソーシングでも文字単価3円のWebライターになることは可能です。

しかしクラウドソーシングでは文字単価3円に到達しないような単価の低い仕事が多い傾向にあり、高単価の仕事を見つけることは難しくなっています。

文字単価3円のWebライターになるためには、初めのうちは単価が低い仕事から始めてクライアントからの評価を高めていくことが重要です。

また、クライアントのニーズに合わせた高品質な記事を提供してリピート率を高めることも文字単価3円のWebライターになるためには欠かせません。

ただしクラウドソーシングサイトによって文字単価が異なることもあり、そのサイトにおける競争力・自分自身のスキルや経験・クライアントからの評価で報酬が上下する点もおさえると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトは、様々なジャンルの記事を書く仕事にアクセスできる一つのプラットフォームです。

Webライターとして稼ぐためには、クラウドソーシングだけでなく直接取引を行う方法もあります。

Webライターとして手っ取り早く文字単価3円を目指すには、自分自身のスキルアップ・ポートフォリオの充実を行いながらSNSを活用した集客など様々な方法を試してみると良いでしょう。

なぜWebライターの文字単価は低い?

Webライターの文字単価は低いという評判を聞いてがっかりする女性

文字単価3円に到達できないWebライターが多い理由には、次の表に示す内容が挙げられます。

Webライターの文字単価が低い理由解説
クラウドソーシングの存在クラウドソーシングの普及により多くの人々がオンラインで仕事ができるようになったため、ライターの量が増えました。ゆえに過剰供給の状態となり単価が低くなったのです。
ライティングスキルの普及Webライティングのスキルに以前よりもアクセスしやすくなったため、基礎的なスキルでの差別化は難しくなりました。
クライアントの予算の小ささ広告や商品開発などの領域よりも予算が低く抑えられる傾向にあります。

以上のような理由から、Webライターの文字単価が低い傾向にあるのです。

しかし、高品質でクライアントニーズに合わせた記事を提供すればリピート率を高めることができ、単価アップも見込めます。

また「クラウドソーシングでも文字単価3円を稼げる?」で解説したように、自分自身のスキルアップ・ポートフォリオの充実などに取り組むことで高単価の仕事を獲得することも可能です。

Webライターは時給を意識すると良いってどういう意味?

Webライターは時給を意識すると良いってどういう意味か聞きたい女性

Webライターは仕事によって報酬単価が「文字単価3円」のように異なることが一般的ですが、時給換算して考えれば時間あたりの生産性を把握しやすくなります。

例えば1記事あたりの単価が500円のとき1記事を2時間で仕上げたとすると、時給換算で250円です。

このように、仮に単価が高い場合でも、あまりにも多くの時間を割いてしまうと結果的に報酬が下がってしまいます。

また、時給で考えることで自分のスキルや作業効率を改善することにも繋がります。

例えば1記事を書くのに6時間かかっていたとして、3時間に短縮することができれば2倍量の記事を書くことが可能です。

以上のようにWebライターは単価だけでなく時給で考えることで、文字単価3円を目指すべく自分の収入アップに繋がる作業効率の改善やスキルアップを目指すことが大切です。

文字単価別に見るWebライターの案件・仕事内容の違いは?

文字単価別に見るWebライターの案件と仕事内容の違いは何か疑問に思う男性

Webライターの仕事において、「文字単価3円」「文字単価0.8円」などと異なる場合、案件・仕事内容に違いがあります。

以下は文字単価別に見たWebライターの案件・仕事内容の違いの一例です。

単価仕事内容など
1円以下ライティング初心者向けで、商品説明やブログ記事など簡単な内容が中心です。基礎的な文章力・スピードアップのためのトレーニング的位置づけである場合もあります。
1円~2円初心者〜中級者向けですが、専門的な知識・考え方を必要とする案件も出てきます。
2円~3円中級者〜上級者向けで、専門性が高い分野にて高品質な記事執筆が求められます。
3円~5円上級者向けで、専門性が高い分野における長文コンテンツを高品質に仕上げることが求められます。
5円以上上級者向けで、ライティングスキルだけでなく企画・編集などサイトの根幹に関わる業務に携わるだけのスキルも必要です。長期契約にまとまった量の仕事を任されやすくなります。

なお、単価によって案件や仕事内容が明確に分かれているわけではなく、場合によっては単価以上(以下)の報酬を得られることもあります。

自分のスキルや経験に合った案件を選び、文字単価3円を目指すなどして着実にステップアップすることが大切です。

まとめ|Webライターで文字単価3円稼ぐためスキルアップしよう

Webライターで文字単価3円稼ぐため確実にスキルアップしていこう

最後に、「Webライター 文字単価3円」について解説した当記事の重要ポイントをまとめます。

――――――――当記事の重要ポイント――――――――

●Webライターとして文字単価3円を目指すため、まずは4つの報酬体系を理解する

●文字単価3円以上のWebライターになるには、Webライターとしての強みを洗い出すなど7つのコツがある

●文字単価3円のWebライターは、SEO対策記事など5タイプの記事を書いている

●文字単価3円のWebライターになるには、文章力など6つのスキルを磨く

―――――――― 

「Webライター 文字単価3円」についてしっかり把握しておくと、文字単価3円に到達するための近道がわかり、収入アップが早くなるメリットがあります。

「文字単価を3円にするどころか、0.1円レベルにとどまったまま・・・」などといった厳しい状況にならないよう、自分の目標収入に最短で到達するべく当記事の「Webライター 文字単価3円」に関する情報をフル活用してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. webライター講座 ウェブタスの口コミ評判
  2. おすすめの短期間で稼ぐ方法は?在宅・バイト・クラウドソーシングなどのアイキャッチ画像
  3. 家庭用におすすめのパソコン(初心者・大学生・ゲーム用モデル一覧)
  4. Webライターにおすすめライティング講座が知りたい大学生
  5. webライターにおすすめのノートパソコンと未経験者の仕事の始め方を解説