【月謝比較】サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光の料金は?費用総額・最低限の支出で合格するコツとは

この記事は8分で読めます


「サピックスや日能研などの月謝を比較したいな」
「有名塾の料金を見比べて、中学受験対策のコスパを上げたい!」

中学受験は課金ゲームと言われるほど、お金がかかることで有名です。
安易に中学受験を始めたがゆえに、「これ以上お金を払えない…」と脱落する方も。
お子さんの未来を一層輝かしいものにするためには、親のサポートが必要不可欠です。

そこでこの記事では、以下の情報を解説していきます。

●サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナール 料金一覧表
●塾以外に必要となる費用
●サピックス・日能研などの有名塾を比較する際の注意点
●中学受験の費用を最低限に抑え、最短距離で合格するコツ

この記事を書いた藤崎は、子どもを2年生からサピックスに通わせている中学受験組。
以下のように、サピックスや個別指導塾、家庭教師関連の情報をはじめ、中学受験の記事をたくさん発信してきました。

【参考記事】
>>【伸びる子】サピックスで伸びない・上がらない時の対処法!
>>【フォロー】サピックスにおすすめの個別指導塾ランキング!
>>【対面指導】サピックス対策におすすめの口コミ評判が良い家庭教師比較ランキング!
>>サピックス生におすすめのオンライン家庭教師ランキング!
>>中学受験におすすめのプロ家庭教師比較ランキング

そんな藤崎が、サピックス・日能研などの月謝・最高のコスパで合格する方法をご紹介します。
心穏やかに中学受験に邁進したい方への記事です。

この記事のポイント
●小4~小6の月謝等合計額が最も高額な塾は、栄光ゼミナール
●小6で最も年間授業料が高くなる塾は、早稲アカ・栄光ゼミナール
●中学受験の塾に入ると、合計300万円以上のお金がかかるケースが多い。
●難関校を目指す家庭ほど、別の個別指導塾・家庭教師を併用する。
●中学受験の費用を最低限にする方法は、お子さんにピッタリの志望校・勉強方法を見極めること。

※この記事で紹介する月謝などは、おおよその金額です

【料金比較】サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナール 月謝等一覧表

小4~小6 合計授業料 比較一覧表

主要5塾 合計授業料 比較一覧表
●サピックス:約275万円
●日能研:約195万円
●四谷大塚:約252万円
●早稲アカ:約320万円
●栄光ゼミナール:約340万円

※小4~小6までの年間授業料合計額

サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナールのうち、最もお金がかかるのは栄光ゼミナールです。
栄光ゼミナールは公式ページに料金を掲載していないため、要注意。
上記の金額もおおよその目安となり、口コミ情報をもとにしているので、詳しくは実際に通われる校舎に問い合わせをされると良いですよ。

中学受験の塾は毎年月謝や特別講習の費用が変更となる可能性があります。
サピックスなど年々月謝が上がっている塾もあるので、中学受験の塾を選ぶ際には、実際に通われる校舎に料金を確認されることをおすすめします。

サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナール 月謝比較一覧表

端末によって、スライドできます

学年 サピックス 日能研 四谷大塚 早稲アカ 栄光ゼミナール
月謝 年間授業料 月謝 年間授業料 月謝 年間授業料 月謝 年間授業料 月謝 年間授業料
1年生 ¥20,900 ¥230,000 受講不可 受講不可 ¥15,400 ¥250,000 ¥6,000 ¥80,000
2年生 ¥22,000 ¥270,000 受講不可 受講不可 ¥15,400 ¥250,000 ¥7,000 ¥100,000
3年生 ¥24,200 ¥350,000 ¥10,450 ¥180,000 受講不可 ¥24,200 ¥350,000 ¥7,000 ¥100,000
4年生 ¥41,800 ¥610,000 ¥20,900 ¥320,000 ¥36,300 ¥570,000 ¥27,720 ¥650,000 ¥45,000 ¥700,000
5年生 ¥52,800 ¥730,000 ¥26,334 ¥530,000 ¥45,100 ¥750,000 ¥44,550 ¥1,000,000 ¥65,000 ¥1,150,000
6年生 ¥59,950 ¥1,410,000 ¥42,768 ¥1,100,000 ¥79,750 ¥1,200,000 ¥45,210 ¥1,550,000 ¥65,000 ¥1,550,000
入会金 ¥33,000 ¥20,000 ¥20,000 ¥20,000 ¥20,000

上記の通り、大手塾5社の月謝などを比較したところ、年間授業料が最も高いのは早稲アカ・栄光ゼミナールでした。
「中学受験といえばサピックス」と言われていますが、その年間授業料は約141万円と第3位に。
合格実績があり、料金もそこそこなので、サピックスはコスパの高い塾と言えるでしょう。

「月謝はわかったけど、季節講習や特訓の費用もおさえておきたいな」
そんな方のため、次は「サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナール 特別講習比較一覧表」をご紹介しますね。

サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナール 特別講習比較一覧表

端末によって、スライドできます

講習名 サピックス 日能研 四谷大塚 早稲アカ 栄光ゼミナール
春期講習 ¥53,000 ¥40,000 ¥75,000 ¥61,000 公式・口コミ情報なし
夏期講習 ¥200,000 ¥220,000 ¥170,000 ¥190,000
冬期講習 ¥53,000 ¥58,000 ¥65,000 ¥77,000
その他 ●SS特訓:280,000円
●GS特訓:40,000円
●正月特訓:53,000円など
●日特:180,000円など ●正月特訓:など ●夏期合宿:90,000円
●YT講座:13,000円
●NN志望校別:250,000円
●正月特訓:70,000円など

月謝以外の料金も、ばかになりません。
小6のサピックス生の場合、約70万円ほどの特別講習費用などが発生します。
こういった点を入塾時から想定しているご家庭は少なく、後で「しまった!」と気付くケースが多いので、ご注意くださいね。

塾代以外の費用

教材費など

塾によっては教材費・副教材などが発生する場合があります。
一例として、日能研6年生(2月~7月)の教材費等をご紹介しますね。

日能研6年生(2月~7月)の教材費等(4科)
●教材費等:31,042円
●副教材費:6,248円

上記のように月謝とは別で教材費などが発生する塾があるので、ご注意ください。
なお、サピックスの場合、教材費・定例テスト代など、通常授業に必要な料金は全て月謝に含まれています。

模試・テスト代など

不定期で行われる模試・実力テスト代などにも料金がかかります。
一例としてサピックスの模試代などについて、ご紹介しますね。

サピックスの模試代など
●学校別サピックスオープン 5,400円
●サピックスオープン 3,300円
●志望校診断サピックスオープン 6,050円

上記のような模試代は通常の月謝に含まれないケースが多いです。
そのため、予想外の出費がかさんで困らないよう、ご注意くださいね。

筆記用具

ペンやノート、ふせんなどの筆記用具も、地味にお金がかかります。
特に一生懸命勉強する中学受験生ほど、筆記用具代がかさみやすいでしょう。
どのような使い方をするかにもよりますが、筆記用具にかかる月額料金は1,000円前後になるケースが多いでしょう。

飲食代

塾の時間が長くなると途中で飲食代が必要になるケースがあります。
朝から晩まで1日勉強することになる場合、昼食代以外にも、ちょっとした軽食が必要になることも。
1日の飲食代が500円で、週3回通塾した場合、単純計算で月額6,000円が必要となります。

交通費

塾まで電車・車などで行く場合は、交通費がかかります。
例えば電車で往復200円かかり、通塾回数が週3回の場合、月額2,400円の交通費が必要です。

なお、両親が車で送る場合にもガソリン代や親の送迎負担が必要に。
高学年になると夜遅くまで塾で勉強するケースが多いので、親の送迎はほぼ必須と考えた方が良いでしょう。

通信費

塾の送迎などのため、親子で連絡をとりあうためなどに必要です。
また近年、スマホ・タブレットを使った補助学習を使う中学受験生が増えている点も要チェック。

「スキマ時間を使えたから、少しずつ偏差値を上げられた!」
「新型コロナの感染拡大で学校・塾に行けなかったことを逆に利用して、ライバルに差をつけられた!」
このような口コミ評判もあがっています。

通信費は利用する会社・使い方などによってまちまちですが、月額料金1,000円~3,000円ほどになるケースが多いです。

サピックス・日能研など主要塾を検討する際の注意点

入塾時の月謝だけで判断しない

サピックス・日能研など主要塾を検討する際には、入塾時の月謝だけで判断しないよう、気を付けてください。
各塾の料金設定・特訓費用はバラバラですので、入塾時の月謝だけを見て塾を決めると、後悔する羽目に…。
「小6になってから、こんなに特別講習があるなんて、聞いてないんだけど…!」
「月謝以外にも春・夏・冬にガツっとお金がかかるうえ、ゴールデンウイークや正月にも特訓があるなんて、とてもじゃないけど払えない…」
このようになるご家庭も。

お子さんの努力を支え、安心した環境で中学受験に臨ませてあげるためには、各塾の合計料金で比較する必要があります。
そのためにも、各塾の最新情報を入手したり、直接料金を問い合わせたりするなど、正確な情報を集めましょう。

各塾の月謝・特別講習費用などは毎年変わる可能性があるので、数年後も同じとは限りません
→そのため、直接問い合わせて今後、大きな価格変更がないかどうか、確認することをおすすめします。

小5・小6で、追加サポートを使う中学受験生が増える

サピックス・日能研など主要塾を検討する際には、小5・小6で新たな料金が発生する可能性をふまえておくことが重要です。
具体的に言うと、メインの塾以外に使うサブの塾や家庭教師などです。
中学受験が迫ってくるにつれ偏差値が伸び悩み、追加で個別指導塾や家庭教師を使う中学受験生が増えてきます。
「このままじゃ志望校に合格できないから、塾の勉強をフォローしてくれる塾を使わなきゃ…!」
「上位クラスから落ちて上がれない状態がずっと続いてる…子どもはこれ以上ないくらい頑張ってるのに!」
このような状況から、メインの塾とは別に個別指導塾や家庭教師を使うご家庭も。

こういった傾向は、特に難関校を目指すご家庭に多く見られます。
御三家などを狙ってらっしゃるご家庭は、メイン塾以外の学習費用が発生する可能性もおさえておきましょう。

中学受験の費用を最低限に抑え、最短距離で合格するコツ

志望校を明確にする

中学受験の費用を最低限に抑えるコツ➀は、志望校を明確にすることです。
志望校を明確にすれば、やるべきこともハッキリします。

「この学校は記述が重視されるから、しっかり対策しとかなきゃ」
「第一志望校は算数で高度な思考力が要求されるから、日ごろから鍛えとかないと」
このように、第一志望を明確にすることで、効率的にゴールへ向かって走りだせます。

その反対に、いつまでも志望校を明確に決めないままだと、どれも中途半端になって合格力を最大化できない可能性が…。
「とりあえず少しでも偏差値が高い中学校に入りたい!」
「有名な中学校から順に受けてみよっかな」
このような考え方が長引くほど、中学受験で辛い思いをしやすくなります。

「こんなに膨大な勉強量、睡眠時間を3時間にしたってこなせないよ…」
「やらなきゃいけないことや苦手科目が山のように積み重なって、どうすればいいのかわからない…」
このようなことにならないよう、中学受験の費用を抑えたい方は、志望校を明確にしましょう。

中学受験をスタートする際、いきなり志望校を明確にするのは難しいです。
そのため、お子さんの学習状況や性格など、様子を見ながら早め決められるよう意識しておくと良いですよ。

子どもにピッタリの勉強方法を見つける

中学受験の費用を最低限に抑えるコツ➁は、子どもにピッタリの勉強方法を見つけることです。
お子さんにピッタリの勉強方法を見つければ、最短距離で合格を勝ち取れます。
反対に、お子さんに合わない勉強法に取り組み続けると、「周りの子の3倍は頑張ってるのに結果が出ない…」と嘆くことになるかも。
そして結果が出ないまま「合わない勉強法」にお金・時間・労力をつぎこんだうえ、「うちの子には無理だった」と絶望するご家庭は多いです。

お子さんに合わない勉強法にすがりつくタイプが多いのは、サピックスなどの超有名塾に通っている中学受験生です。
「合格実績がすごいし、評判もピカイチだから、この塾を信じていれば大丈夫なはず…!」
「抜群の実績があるサピックスを辞めて他の塾に移るなんて、恥ずかしいし嫌!」
このような考えでサピックスなどの有名塾に固執するご家庭は多いです。
絶大なる信頼を寄せているので、他にお子さんに合った勉強法があるなんて考えもせず、親子共々、疲弊しやすいタイプです。

大手塾・有名塾だからと言って、あなたのお子さんに合うかどうかはわかりません。
他の勉強方法・学習環境に身を置くことで、ググッと成績が伸びるお子さんはいらっしゃいます。

この点については、精神科医で数々の著作を出している和田秀樹さんも、東洋経済ONLINEで語ってらっしゃいます。

「ブランド塾」に入って失敗する子の親の特徴 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

https://toyokeizai.net/articles/-/316310

上記記事で語られている主な内容は、以下の3点です。

「ブランド塾を絶対だと思う余り、子どもを否定して可能性を潰してしまう」
「私の弟は名門校とは呼べない高校の60番目くらいの成績だったが、灘の勉強法を教えたらグングン成績を伸ばして東大に入った」
「中学受験で自分に合ったやり方を模索すれば、今後の人生で壁にぶち当たった時、うまく乗り切る方法がないかを考える子になりやすい」

上記のように、有名塾だからと言って疑う目を持たなければ、お子さんの可能性を潰してしまいかねません。
「やり方さえ最適にすれば、うちの子はできる!」
「自分にピッタリのやり方を探すことも、大いに勉強になる!」
このような姿勢で中学受験に臨めば、素早く最適な勉強方法を見つけ出し、むやみやたらに課金ゲームにはまってしまうリスクを抑えられます。

中学受験の費用を最低限に抑えたい方は、お子さんにピッタリの勉強法をスパッと見つけてあげましょう。

まとめ|

サピックス・日能研・四谷大塚・早稲アカ・栄光ゼミナールの月謝比較について、最後に重要ポイントをまとめておきますね。

この記事のポイント
●小4~小6の月謝等合計額が最も高額な塾は、栄光ゼミナール
●小6で最も年間授業料が高くなる塾は、早稲アカ・栄光ゼミナール
●中学受験の塾に入ると、合計300万円以上のお金がかかるケースが多い。
●難関校を目指す家庭ほど、別の個別指導塾・家庭教師を併用する。
●中学受験の費用を最低限にする方法は、お子さんにピッタリの志望校・勉強方法を見極めること。

有名塾5社を比較したところ、小6の1年だけで100万円以上の料金が必要との結果に。
また、中学受験にかかるお金は300万円以上となるケースが多い点も要チェック。
こういった点を把握せず、うかつに中学受験に挑戦してしまうと八方ふさがりの状態に。

「本人も周りの親も中学受験するつもりだと思ってるから、今さらお金がなくて辞めるなんて言えない…」
「小6だけで100万円以上のお金がかかるなんて知らなかったから、全然用意できてないよ…」

このような状況になると、お子さんの努力が水の泡に…。
日頃の頑張りを結果につなげてあげるためには、親の努力が必要不可欠です。
この記事でお伝えした「主要塾5社の月謝」や「効率良く合格に結び付ける方法」を活用して、中学受験をより良い経験になさってくださいね。

ではでは。

●参考サイト
・【比較】サピックス・四谷大塚・日能研・早アカの中受コース授業料

【比較】サピックス・四谷大塚・日能研・早アカの中受コース授業料

・【中学受験】大手4塾の年間費用 絶望的な家計シミュレーション

【中学受験】大手4塾の年間費用 絶望的な家計シミュレーション

・【保存版】中学受験の塾を徹底比較。大手塾と中小塾の合格実績・授業料、カリキュラム・評判など | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』
https://www.e-juken.jp/juku/jyuku_erabi.html#m03_04

・中学受験にかかる小学生の塾費用は?|私立中学にかかる費用まで徹底解説

中学受験にかかる小学生の塾費用は?|私立中学にかかる費用まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日記を読んで日々を振り返る女性のイメージ画像
  2. 家庭教師のあすなろ高校生コースの口コミ評判
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。