ChatGPTで書かれた文章の見分け方!検出・判定ツールに頼らずとも見破るコツ

この記事は13分で読めます

ChatGPTやその他のAIテキスト生成技術がもたらす便利さは計り知れませんが、その使用には注意が必要です。AIによって生成されたテキストと人間が書いたテキストを区別する能力は、今日の情報過多の時代において重要なスキルとなります。誤情報の拡散を防ぎ、コンテンツの信頼性を確保するため、AI生成テキストの特徴を見分ける方法を理解し、適用することが求められます。この記事では、AIテキストの識別方法とその重要性について概説します。

ChatGPTで書かれた(AIで生成された)文章かどうかの見分け方・判別方法

近年、ChatGPTやその他のAIによって生成されたテキストが急増しており、その真偽を見分けることはますます重要になっています。AIが生成したコンテンツは、その正確性や信頼性に疑問がある場合が多く、特に情報の質が重視されるビジネスシーンや学術的な研究での利用においては、この判断が必要不可欠です。以下に、AIで生成された文章を見分けるための主な方法をいくつか紹介します。

同じような言葉が繰り返されるか

AIによるテキスト生成が日常的になる中で、その出力を識別する能力は特に重要です。AIが書いた文章は、特定のパターンや言葉の繰り返しに依存する傾向があります。これはAIがトレーニングデータから学習した内容を反映しており、しばしば同じフレーズやキーワードを用いて情報を提示します。人間の書く文章は、自然な流れや変化に富んでいることが多く、同じ言葉を過度に繰り返すことは少ないです。

AIが生成した文章を見分ける一つの方法は、文中での特定語句の反復使用に注目することです。例えば、AIが生成した記事やエッセイでは、説明や論点を強調するために、無意識のうちに同じ言葉やフレーズを何度も使用することがあります。一方、人間が書いたコンテンツでは、同じ情報やアイデアを伝えるためにも、言葉を変えたり、異なる表現を工夫したりすることが一般的です。

この特徴を識別することは特に編集者やコンテンツクリエーターにとって、コンテンツの品質を保証し読者に対して信頼性とオリジナリティを提供するために有用です。

不自然もしくは整いすぎているか

AIが生成した文章は、しばしば人間が自然に書く文章と異なる特徴を持っています。その一つが、文章が不自然に整っているか、あるいは逆に、会話の流れを欠いていることです。AIによるテキスト生成では、文法的には正確であっても、人間特有の表現のニュアンスや感情を反映していないことが多く、これが読み手にとって不自然に感じられる主な理由です。

人間の文章は、経験や感情、文脈に基づいた微妙な言葉選びが特徴であり、これによってテキストに深みや生々しさが加わります。一方、AIは学習データに基づいて文章を生成するため、特定のパターンに沿った書き方をすることが多く、これが結果として読者にとって整いすぎている印象を与える原因となります。

また、AIが生成した文章では、文脈上不自然な言葉の使用や、人間の直感に反するような表現が見られることがあります。例えば、AIは特定の単語やフレーズを文脈に合わせずに使用することがあり、このような場合、文章全体の流れが損なわれることになります。特に、複雑なトピックや専門的な内容において、AIのテキストは人間の知識や経験を反映していないため、専門家の目には特に違和感を与えることがあります。

具体性に欠けているか

AIによって生成されたテキストは、しばしば具体性に欠けるという特徴があります。この特徴は、AIが広範囲にわたる知識を持っているものの、その知識が表層的であることや、特定の詳細やコンテキストを欠いていることから生じます。AIは大量のデータを処理し、一般的な情報を提供することができますが、特定の事例や状況に基づいた深い理解や独自の分析を提供することには限界があります。

たとえば、AIが生成した記事やレポートでは、一般的な情報や既知の事実は正確に記述されているかもしれませんが、特定の事例に関連する具体的な詳細、個人的な経験や観察に基づく分析、あるいは独自の洞察が不足していることがよくあります。このようなテキストは、読者に新たな視点を提供したり、深い理解を促したりすることが難しく、結果的には情報の価値が低下する可能性があります。

具体性の欠如は、特に専門的なトピックやニッチな分野で顕著になります。AIは、広く一般的な知識を持つことはできますが、最新の研究成果や業界内の特定のトレンド、微妙なニュアンスを捉えることには限界があるためです。例えば、最新の科学研究や特定の文化現象に関する詳細な議論では、AIが提供する情報は表面的なものに留まりがちで、深い分析や批判的な洞察を期待するのは難しいでしょう。

したがって、テキストが一般的な表現に偏っていたり、具体的な例やデータ、個人的な見解を欠いていたりする場合、それはAIによって生成された可能性が高いと考えられます。

専門的な言葉の意味を間違えているか

AIが生成した文章は、特に専門的な用語や業界特有の言葉遣いにおいて、その意味を正確に捉えていない場合があります。AIは広範囲の情報を処理し、多様なテキストを生成する能力を持っていますが、深い専門知識や特定分野の細かなニュアンスを完全に理解し、適切に使用することは困難です。このため、AIによるテキストでは、専門用語の誤用や文脈から外れた言葉遣いが指摘されることがあります。

例えば、医療、法律、科学技術などの分野では、特定の用語が非常に正確な意味を持ち、その使用方法が厳格に定義されています。人間の専門家はこれらの用語を適切な文脈で、正確に使用する知識と経験を持っていますが、AIはトレーニングデータに基づいてこれらの用語を学習するため、文脈に合わない形で用語を使用することがあります。これは、AIの文章が専門家の目に不自然に映る主な理由の一つです。

さらに、AIは特定の専門分野における最新の発展や、その分野内での微妙な意味の変化を追いつくことができない場合があります。専門分野では、新しい研究や技術の進展によって、用語の使い方や意味が変わることがしばしばあります。しかし、AIがトレーニングされたデータセットが最新の情報を反映していない場合、古いまたは不正確な情報を基にテキストを生成することがあり、これが専門用語の誤用につながります。

このような専門用語の誤用は、AIが生成したテキストを人間が書いたテキストと区別する重要な指標です。

カタカナ語が多いか

AIが生成した文章において、カタカナ語の過剰な使用は一つの識別点になり得ます。この特徴は、AIが異なる言語や文化的背景からの情報を処理し、それを元にテキストを生成する際に現れやすい傾向にあります。日本語におけるカタカナ語は多くの場合、外来語や専門用語、または特定の技術用語を表すために用いられます。AIはこれらの言葉を適切な場合に使用できますが、人間のライターと比較するとその使用が適切な文脈やニュアンスを欠いたり不必要に多用されたりすることがあります。

AIテキスト生成ツールは、特定のテーマや分野に関するトレーニングデータから学習しますが、この過程でカタカナ語を含む特定のパターンや表現を過度に採用することがあります。その結果、生成されたテキスト内でカタカナ語が目立つようになり、文章全体として自然な流れを欠くことがあります。人間によるライティングではカタカナ語を効果的に使用してテキストに変化を付けることができますが、AIによる使用はしばしばその選択が単調であったり文脈に合っていなかったりするため、読み手にとって不自然に感じられることがあります。

加えて、AIがテキストを生成する際には特定のキーワードやフレーズに過度に依存する傾向があるため、カタカナ語が不自然に多く含まれることがあります。これは、特に技術的な内容や国際的なトピックを扱う場合に顕著です。そのためカタカナ語の過剰な使用はテキストがその分野の専門家や熟練したライターによって書かれたものではなく、AIによる生成物である可能性を示唆します。

論理構成が変か

AIが生成した文章では、論理構成が独特であるか、時には不自然に感じられることがあります。この特性は、AIが文章を生成する際に使用するアルゴリズムの仕組みに起因します。AIは、トレーニングデータセットに含まれる情報を基にして文章を組み立てますが、このプロセスでは、人間の思考や論理展開の自然な流れを完全に模倣することができない場合があります。その結果、AIによって生成されたテキストでは、論理的な繋がりが弱い、あるいは非直線的な論理構成が見られることがあります。

一つの特徴として、AI生成テキストでは、主題から逸脱したり関連性が低い情報を挿入したりすることがあります。AIは関連性のある情報を連携させる能力には限界があるため、テキストの流れが断片的であったり、主題に即していない情報が含まれていることがあります。また、AIは特定の論点を深く掘り下げることなく、表面的な記述に留まる傾向があるため、論理的な深みや複雑さが不足していると感じられることがあります。

さらに、AIがテキストを生成する際には、因果関係や時系列の流れが不自然になることがあります。人間のライターは、読者が内容を理解しやすいように情報を整理し、論理的に構築しますが、AI生成のテキストでは、このような緻密な論理展開が欠けている場合があります。これは、AIが単にデータセットから情報を抽出し、それを組み合わせることでテキストを生成するため、人間のように複雑な論理構造を維持することが難しいためです。

この論理構成の特徴は、AIによるテキストの識別に役立つ重要な指標です。

個人的な考えが含まれていないか

AIによるテキスト生成技術の進歩は注目に値しますが、その出力が持つ一つの顕著な特徴は、個人的な考えや感情が含まれていないことです。AIは大量のテキストデータを基に学習し、様々なトピックについてのテキストを生成する能力を持っていますが、これらのテキストはAI自身の経験や感情に基づくものではありません。そのため、AIによって書かれた記事やエッセイでは、個人的な見解や感情が反映された深みや独自性が欠けていると感じられることがあります。

人間によるテキストでは、筆者の個性や経験、感情が文章を通じて表現されます。これに対し、AIが生成するテキストは、客観的な情報や既存の知識を再構成して提示するものであり、そのプロセスにおいて個人的な感情や考えを挿入することはありません。たとえば、旅行体験談やレビュー、意見記事など、個人的な体験や評価が重要な役割を果たすジャンルのテキストでは、AIによる生成テキストの限界が明確になります。AIは、具体的な体験や主観的な感想を提供することができないため、これらのテキストはしばしば感情的な深みに欠け、読者との共感を生み出すことが難しいです。

また、AIが生成するテキストは、複雑な感情や微妙な感覚を表現することにも限界があります。人間のライターは、読者の感情に訴えかけたり、特定の雰囲気を作り出したりするために、言葉の選択や文体に細心の注意を払います。しかし、AIはこれらの微妙なニュアンスを完全に捉えることができず、結果として生成されるテキストは、感情的な響きや深みに乏しいものとなる可能性があります。

このように、AIによるテキストが個人的な考えや感情を含まないという特徴は、それを人間が書いたテキストと区別する重要な手がかりとなります。

数学的な事象で間違えているか

AIが生成した文章は、数学的な事象や計算に関する内容においても、時に間違いを犯すことがあります。これはAIの理解や処理能力の限界に起因し、特に複雑な数学的概念や高度な計算が関わるテキストでは顕著になります。AIは、大量のテキストデータを通じて学習し、それに基づいて新たなテキストを生成しますが、その過程で数学的原理や公式を誤解したり、誤って適用したりすることがあります。これは、AIが実際に数学的な概念を「理解」しているわけではなく、学習したデータのパターンを再現しているに過ぎないためです。

数学的な誤りは、例えば、特定の計算結果の誤報、数学的公式の不適切な適用、または数学的推論に関する不正確な記述など、さまざまな形で現れます。人間の執筆者であれば、数学的な校正を行ったり、専門家の意見を求めたりして誤りを避けることが可能ですが、AI生成テキストではこのようなプロセスが欠けているため、誤った情報がそのまま読者に伝わるリスクがあります。

特に、教育資料や学術論文、技術文書など、正確な数学的情報が求められる文脈では、AIによるこの種の誤りが大きな問題となります。読者が提供された情報を信頼して学習や研究に利用する場合、誤った数学的内容に基づくと、理解の誤りやさらなる誤算を引き起こす可能性があります。そのため、数学的な内容を含むテキストを評価する際には、その正確性や論理的な整合性を慎重に検討することが不可欠です。

AIによるテキストが数学的な事象で間違いを含む可能性があるという事実はそのようなテキストを使用する際の注意深さを促します。

【研究】ChatGPTで書かれた文章の見分け方には限界あり

ChatGPTやその他のAIテキスト生成ツールによる文章が増加する中、これらを人間の手によるものと区別する技術や方法論についての研究も進んでいます。しかしながら、これらの手法には限界が存在することが明らかになっています。AIのテキスト生成能力は日々進化しており、その進歩により、AIによるテキストと人間が書いたテキストの区別がより困難になっています。ここでは、ChatGPTで書かれた文章を見分けるための現在の主な方法と、それらの方法が直面している課題について概説します。

電子透かし法・放射性データ法

ChatGPTを含むAIテキスト生成技術の進化は、その出力を人間が書いたコンテンツと区別することを困難にしています。この課題に対処するために研究されている方法の一つが、テキストに「電子透かし」または「放射性データ」を埋め込む技術です。これらの技術は、AIが生成したテキストに微細なパターンやシグナルを組み込むことで、その出所を識別可能にするものです。しかし、このアプローチにはいくつかの制約と課題が伴います。

電子透かし法は、テキストの各部に特定のマーカーやパターンを埋め込むことで、それがAIによって生成されたものであることを示す方法です。この方法は、著作権保護やデータの認証にも応用されますが、AI生成テキストの識別においては、マーカーが人間による編集プロセスで除去されるか、または意図的に悪用される可能性があります。また、テキスト生成AIの技術が進化するにつれて、これらのマーカーを検出または回避する新たなアルゴリズムが開発される可能性があるため、長期的な解決策としての有効性は限定的です。

放射性データ法は、テキストに特定のパターンを組み込み追跡可能にする手法です。特に大規模なテキストセットの分析において有用ですが、高度なAIがこのようなパターンを模倣または除去する方法を学習するにつれ、その効果は低減する可能性があります。

これらの方法の有効性は、AI技術の急速な進化によって常に試されています。AIテキスト生成技術が進化し、より人間らしいテキストを生成できるようになると、電子透かしや放射性データ法のような技術を用いた識別方法も、新たな挑戦に直面します。このような状況は、AI生成テキストを識別するための技術もまた進化し続ける必要があることを示唆しています。

助詞と接頭語

ChatGPTやその他のAIによるテキスト生成技術が進化する中、それらのテキストを人間が書いたものと区別する研究が進んでいます。その中で、日本語テキストにおける助詞の使用や接頭語の選択がAIと人間の書き分けに有効であるという研究があります。これらの言語的特徴は、テキストがAIによって生成されたものであるかどうかを示唆する手がかりとなり得ます。しかし、この手法にもいくつかの限界が存在します。

日本語における助詞の使用は、文章の流れや文脈、意味を明確にする重要な役割を担っています。AIテキスト生成技術は、大量のテキストデータを基にして学習するため、一般的な助詞の使用パターンを模倣することができますが、特定の文脈や微妙なニュアンスを捉えることは難しい場合があります。これは、人間が直感的に行う言葉選びや助詞の使い分けが、AIには完全には再現できないためです。

同様に、接頭語の選択についても、人間のライターは文脈や意図に基づいて細やかな判断を行いますが、AIはこれらの微細な判断を模倣することに限界があります。AIが生成したテキストでは不自然な接頭語の使用や文脈に合わない言葉選びが見られることがあり、これがAIによる生成テキストの識別ポイントになることがあります。

見分け方の効率化も|ChatGPTの検出ツール

ChatGPTやその他のAIによって生成されたテキストを効率的に識別するためのツールやソフトウェアが開発されています。これらのツールはAI生成テキストの特徴を分析し、その出所を判断するために設計されており、メディア業界・教育機関・さらには一般ユーザーにとっても有益なリソースとなっています。以下に、そのようなツールの一部を紹介します。

GPTZero

GPTZeroは、ChatGPTやその他のAIテキスト生成モデルによるコンテンツを検出するために特化したツールです。このプラットフォームは、教育機関や出版業界での不正行為を防ぐためのものとして、またはコンテンツのオリジナリティを保証するためのチェックリストとして開発されました。GPTZeroは、テキスト内での言語使用のパターンや一貫性を分析することで、そのテキストが人間によって書かれたものか、AIによって生成されたものかを判断します。

このツールの開発背景には、AIテキスト生成技術の進化が急速に進む中で、特に教育分野において学生が課題や論文を作成する際にAIを使用することが一般的になってきたという現状があります。GPTZeroは、教師や教育者が提出された作業が学生自身のオリジナルな作業であることを確認するための追加的な手段を提供します。

GPTZeroの機能は、テキストが生成された方法に特有の「指紋」を検出することに基づいています。AIによるテキストは、しばしば人間の書き手とは異なる独特のパターンや一貫性を持っています。これは、AIが学習データセット内の言語の使用法に基づいてテキストを生成するため、特定の言語モデルの「スタイル」がテキストに反映されるためです。GPTZeroは、これらの独特のパターンを識別し、テキストがAIによって生成された可能性が高いかどうかを示す指標を提供します。

Originality.AI

Originality.AIは、デジタルコンテンツの創造と公正性を確保するために開発された、AIテキスト生成の識別ツールの一つです。このツールは、コンテンツが人間によって書かれたオリジナルの作品であるか、またはAIによって生成されたものであるかを評価する能力を持っています。特に、デジタルマーケティングやオンライン出版に従事するプロフェッショナルにとって、コンテンツのオリジナリティと真実性は極めて重要です。これは、検索エンジンのランキングやユーザーの信頼性に直接影響を及ぼすため、AIによるテキストの検出と識別は、ビジネスの成功に不可欠な要素となっています。

Originality.AIは、テキストのユニークネスをチェックする従来のプラジャリズム検出ツールとは異なり、AI生成コンテンツの特有の指標を分析することで、その出所を特定します。このツールは、AIが生成するテキストの言語パターン、文体、および一般的な構造を分析し、それらが人間の自然な書き方とどの程度異なるかを評価します。この分析により、コンテンツがAIによって生成された可能性が高いかどうかを示すスコアが提供されます。

このような技術は、コンテンツクリエーターやマーケティング担当者が、自分たちのウェブサイトやブログに掲載するコンテンツがオリジナルであることを確認し、検索エンジンによるペナルティや読者の信頼を失うリスクを避けるために非常に有用です。また、AIによるテキスト生成の進化に伴い、この種のツールの需要はさらに高まると予想されます。

(使用中止中)AI Text Classifier

以前利用可能だったAI Text Classifierは、テキストがAIによって生成されたものであるかどうかを判断するためのツールでした。Googleなどの企業が提供していたこの種のサービスは、AI技術の進歩と普及に伴い教育や出版業界での不正行為を防ぐ目的で重宝されていました。しかしこのツールは現在使用中止となっており、その理由や背景にはAIテキスト識別技術の課題・限界・AIの進化に対応するための新たなアプローチが求められていることが指摘されます。

AI Text Classifierのようなツールが直面する主要な課題の一つは、AIテキスト生成モデルの急速な進化です。GPT-4などのモデルが示すように、AIによるテキストはますます洗練され、人間が書いたコンテンツと区別がつかないほどになってきています。このような状況では単一のアルゴリズムや手法に依存するツールは、新しいテキスト生成モデルに迅速に適応することが困難になります。

見分け方の重要性|ChatGPTなどのAIのみで記事を書くリスク

AIが生成するコンテンツは、多くの分野で有用性を示していますが、特にメディアやコンテンツ制作の分野では、その影響は複雑です。AIによるテキスト生成が持つリスクを理解し識別する能力を持つ重要性は、以下の点で強調されます。

・誤った情報の発信

・オリジナリティのない剽窃になる危険性

・信頼度の低下によるメディアの収益減少

これらのポイントを見ていきましょう。

誤った情報の発信

AIによるテキスト生成技術が急速に進化している今日、この技術には多くの可能性がありますが、同時に誤った情報の発信という大きなリスクも伴います。ChatGPTなどのモデルは広範なデータセットから学習してテキストを生成しますが、そのデータが不完全であったり時代遅れであったり偏見を含んでいたりする場合、生成されるテキストもこれらの問題を反映する可能性があります。その結果、誤情報や不正確な情報が広まり、公衆の誤解を招くことがあります。

誤った情報の発信は、特にニュースや教育コンテンツ、科学的研究など、正確性が極めて重要な分野で深刻な影響を及ぼします。例えば、健康に関する誤った情報が拡散した場合、人々の健康に直接害を及ぼす可能性があります。また、政治的な内容や社会的なイシューに関する誤情報は、公衆の意見や選挙の結果に影響を与えることがあり、社会に対する信頼を損なう結果につながります。

オリジナリティのない剽窃になる危険性

AIテキスト生成技術の発展に伴い、オリジナリティのない剽窃になる危険性が高まっています。AIが大規模なデータベースから情報を学習し、それに基づいてテキストを生成するプロセスでは、元の情報源からの内容が意図せず再現される場合があります。このことは、特に創造的な作業を行うライターや研究者にとって、オリジナリティを保持する上での大きな課題となります。

AIによる剽窃のリスクは、AIが直接的な引用を行うことなく、学習した情報をもとに類似の内容を生成することで発生します。このようにして生成されたテキストは、元の著作物と顕著な類似性を持ちながらも、直接的なコピーではないため、剽窃の識別が困難になります。また、AIが生成するテキストは、特定の情報源からの知識の集約体であるため、その出典を明確にすることが難しいことも、問題を複雑にしています。

この問題は、コンテンツのオリジナリティを重視する学術界や出版業界において特に深刻です。研究論文や学術ジャーナル、クリエイティブな作品では、オリジナリティが知的財産の価値を決定し、著者の信用や業績に直結します。AIによるテキスト生成が普及することで、独自の研究やアイデアが不当に使用される可能性があり、これは知的財産権の侵害につながるリスクを孕んでいます。

信頼度の低下によるメディアの収益減少

AIテキスト生成技術、特にChatGPTのような高度なモデルが生み出すコンテンツの利用は、メディアや情報発信における信頼度の低下というリスクをもたらし、結果的にメディアの収益減少へと繋がる可能性があります。AIによって生成された記事やレポートが増えるにつれ、コンテンツの出所と真実性が読者によって疑問視されるようになります。この信頼性の喪失は、読者のエンゲージメント低下、広告収入の減少、そして最終的にはメディアブランドの価値低下を引き起こす可能性があります。

このような状況に対処するためには、メディア企業やコンテンツ提供者は、AIを利用する上での厳格な倫理規範を設け、コンテンツの品質管理に努める必要があります。AIによるコンテンツ生成が避けられない場合でも、その使用を透明にし、人間の監修のもとで正確性や公正性を確保するプロセスを構築することが求められます。

本物のChatGPTかどうかの見分け方

市場に出回る多数のChatGPT関連ツールやサービスの中で、正規のものを見極める方法について解説します。近年、ChatGPTの人気とその技術を利用したアプリケーションの増加に伴い、残念ながら不正確な情報を提供する偽のツールも登場しています。正規のChatGPT技術を利用したサービスを見極めるための主なポイントは以下です。

・ディベロッパー

・アプリの名称

・ロゴマーク

これらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ディベロッパー

正規のChatGPTサービスやアプリケーションを識別する際に、開発者の確認は極めて重要なステップです。ChatGPTはOpenAIによって開発された革新的なAIテキスト生成モデルであり、その公式アプリケーションやサービスは、高品質かつ信頼性のあるものと期待されます。正規のChatGPTサービスを利用することで、ユーザーは安全性と信頼性を確保でき、不正確な情報や悪意のあるソフトウェアによるリスクを避けることができます。

ディベロッパーの確認は、特にオンラインプラットフォームやアプリストアでサービスを選択する際に役立ちます。多くの場合、これらのプラットフォームでは開発者に関する情報が提供されており、ユーザーはこの情報を利用して、提供されているアプリケーションが正規の開発元から来ているかを確認できます。例えば、AppleのApp StoreやGoogle Playストアでは、アプリの詳細ページに開発者の名前が明記されています。OpenAIが公式にリリースしているアプリケーションであれば、その開発者情報には「OpenAI」という名前が表示されるはずです。

アプリの名称

正規のChatGPTサービスを提供している開発者は、通常OpenAIの公式ウェブサイトや公式のコミュニケーションチャネルを通じて、そのサービスやアプリケーションについて情報を提供しています。したがって、アプリケーションをダウンロードする前やサービスを利用する前に、OpenAIの公式ウェブサイトを訪れるか、公式のソーシャルメディアアカウントからの情報を確認することが推奨されます。

アプリケーションの名称は、特にChatGPTや類似のAIテクノロジーを利用する際に、正規のサービスと非正規のサービスを区別する重要な指標です。市場には多数のChatGPTを名乗るアプリケーションやサービスが存在しますが、それらすべてがOpenAIによって提供されているわけではありません。正規のChatGPTサービスを利用することで、ユーザーは最新の機能を享受し、安全性と信頼性を確保することができます。

ロゴマーク

ロゴマークの確認は、ChatGPTを含むOpenAIが提供するサービスや製品を正確に識別するための重要な手段です。市場には多数のAIテキスト生成ツールが存在し、それらがOpenAIの提供する正規のサービスかどうかを見分けることはユーザーにとって困難な場合があります。正規のChatGPTサービスや製品は、特定のロゴマークを使用しており、これを確認することで偽のサービスや製品を回避し、信頼できるサービスを利用することが可能です。

偽のサービスや製品は、正規のものに酷似したロゴマークを使用することがありますが、細部に違いがある場合がほとんどです。したがって、ロゴマークを確認する際には細部にまで注意を払い、疑わしい点があれば公式情報と照らし合わせることが重要です。正規のChatGPTサービスを利用すると最新のAIテクノロジーを安全に体験し、その全ての利点を享受することができます。

【まとめ】ChatGPTの文章は見分け方がある

識別方法を理解し適用することで、AIによるテキストの使用がもたらすリスクを低減し、情報の正確性と信頼性を高めることができます。AIテキスト生成技術の発展は情報の生産性とアクセス性を向上させる一方で、その出所と品質に関する議論を引き起こします。

AIによって生成されたテキストを見分けるコツは主に以下でした。

  1. 繰り返しとパターン性の確認: AIはしばしば同じフレーズや構造を繰り返します。自然な人間の文章は、より多様性があり、予測不可能な言い回しが特徴です。
  2. 文章の流暢さと整合性の過度な滑らかさ: AIによるテキストは、時に非常に滑らかであり、人間の小さな言い間違いや非論理性が欠如しています。
  3. 具体性の欠如: AI生成テキストは、特定の詳細や具体的な例が不足していることがあります。対照的に、人間の書くテキストは、個人的な体験や具体的な事実に基づくことが多いです。
  4. 専門用語の誤用: 専門分野に関するAIのテキストは、専門用語の意味を間違えることがあります。人間の専門家は、その分野の用語を正確に使用します。
  5. 個人的な考えや感情の欠如: AI生成テキストは、個人的な視点や感情を反映していない場合があります。

AI生成テキストと人間によるテキストを区別する能力はテクノロジーが進化する社会において重要なスキルとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 50代・60代の未経験から始める、やめたくならないWebライター
  2. コピーライター養成講座を受講した大学生・社会人の口コミ評判
  3. クラウドソーシングの始め方・稼ぎ方が気になっている大学生