【個人事業主必見】無料で青色申告ソフトが使える!WEBライターに適したツールとは?

この記事は10分で読めます

個人事業主としての業務は多岐にわたり、その中でも特に重要なものの一つが経理です。青色申告は、納税義務を果たす上で欠かせない手続きですが、その複雑さゆえに手間取っている方も多いのではないでしょうか。

WEBライターの中には、数字と向き合うのは得意ではない方がいるかもしれません。しかし、実はこの青色申告を効率よく行うための強い味方が存在します。それが青色申告ソフトの無料版です。

これらは簿記や税務に詳しくない方でも簡単に利用でき、確定申告書まで作成可能なものもあります。この記事では、そんな青色申告ソフトの無料版の中から、特にWEBライターに適したものを厳選してご紹介します。経理が苦手な方でも、これらを活用すればスムーズに確定申告を進められるはずです。

【無料あり】個人事業主のWEBライターにとっての青色申告と会計ソフトの重要性

まずは個人事業主のWEBライターにとって無料でも使える青色申告・会計ソフトがどれだけ重要かを確認しましょう。
–個人事業主|WEBライターにとっての青色申告・会計ソフトの重要性–
●個人事業主としての青色申告の重要性
●WEBライターに求められる会計ソフトの特性

個人事業主・WEBライターにとって無料でも使える青色申告・会計ソフトがいかに重要であるかを次の見出しから解説します。

個人事業主としての青色申告の重要性

個人事業主として成功するためには、事業を運営する上で発生する収支の管理が欠かせません。そこで重要となるのが「青色申告」です。青色申告は、税務署に対して自分の税額を計算し、申告するシステムで、白色申告に比べて多くの税制優遇が受けられます。

以下に主な優遇措置をいくつか紹介します。

  1. 所得控除額が大きい: 青色申告者は、48万円の基礎控除に加えて、青色申告特別控除として最大65万円の控除が受けられます。
  2. 経費の計上がしやすい: 青色申告では、必要経費となる項目を多く計上でき、節税効果が期待できます。

特にWEBライターなどの創作活動を行う個人事業主にとっては、パソコンやソフトウェアなどの経費を計上できるため、青色申告は大変有効です。このようなメリットを活かすためにも、青色申告の手続きを理解し、適切に活用することが求められます(記事の後半で詳しく解説します)。

WEBライターに求められる会計ソフトの特性

Webライターとして活動する個人事業主にとって、会計ソフトは必須のツールです。その特性と求められる要素について以下に説明します。

まず1つ目は「シンプルな操作性」です。記事作成に集中するWebライターにとって、複雑な操作を必要とする会計ソフトはストレスとなります。簡単な操作で記帳できるソフトが望ましいです。

2つ目は、「どこでも利用可能なクラウド型」であること。外出先や自宅での作業が多いWebライターにとって、場所を選ばずに利用できるクラウド型のソフトは非常に便利です。

3つ目は「自動計算機能」の有無です。税金計算や経費の計上など、間違いが許されない業務を自動で行ってくれるソフトは、作業の効率化に大いに役立ちます。

これらの特性を持つ会計ソフトを選ぶことで、Webライターとしての業務と会計業務の両立がスムーズになります。

個人事業主・WEBライターにおすすめの無料版青色申告ソフト

個人事業主・WEBライターにおすすめの青色申告ソフト(無料版)は以下の3つです。
–個人事業主・WEBライターにおすすめの青色申告ソフト(無料版)–
●freee(フリー)
●やよいの青色申告
●マネーフォワードクラウド確定申告

それぞれの青色申告ソフトについて、何が優れているのかをしっかりとチェックしてみてくださいね。
個人事業主・WEBライターにおすすめの青色申告ソフト(無料版)を次の見出しから解説します。

freee(フリー)の特徴と評価

freee(フリー)は、初心者でも簡単に使える青色申告ソフトです。クラウド型であり、スマホやパソコンからいつでもどこでも確定申告作業が可能です。

特徴:

  1. マネーフォワードからのデータ引き継ぎが可能
  2. 電子申告に対応している
  3. 自動計算機能で間違いのない確定申告書が作成できる
  4. 30日間のみ無料で以降も手頃な価格設定

評価: 利便性と使いやすさから多くのユーザーに支持されています。しかし、一部機能については有料版でしか利用できない点を理解しておく必要があります。

以上がfreeeの特徴と評価です。無料でお試しになる前に、freeeの基本情報をチェックしておくと良いでしょう。

料金 スターター:1,628円/月〜
スタンダード:2,948円/月〜
プレミアム:43,780円/年
無料期間 お試し期間:30日
※30日を過ぎると無料プランに移行する
e-Tax対応 パソコン・スマホともOK
帳簿のつけやすさ 簡単な入力から詳細内容の入力に至るまで可
スマホアプリの機能 ・帳簿作成
・自動仕訳
・レシート読取りなど
サポート ・チャット・メール:すべてのプラン
・電話:プレミアムプランのみ
公式サイト https://www.freee.co.jp/

個人事業主のWEBライターにおすすめの青色申告ソフト freeeについて気になる方は、上記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

やよいの青色申告オンラインの特徴と評価

やよいの青色申告オンライン」は、個人事業主の間で人気の会計ソフトです。その主な特徴を以下にご紹介します。

・1年間無料で利用できる(機能制限なし)

・利用の手軽さ 導入が簡単で、帳簿の知識がない方でも短期間で利用開始が可能です。WEBライターのような自宅での作業にも最適です。

・直感的な操作 画面がシンプルで操作しやすい。記帳や経費管理、納税の準備まで一貫して行えます。

・充実したサポート メールや電話でのサポートが充実しており、トラブル時も安心です。

やよいの青色申告オンラインは使いやすさとサポート体制の良さから高評価を得ています。ただし、2年目以降も全ての機能を利用するためには有料版へのアップグレードが必要です。

以上が「やよいの青色申告オンライン」の特徴と評価です。無料版を試して、必要に応じて有料版への切り替えを検討すると良いでしょう。

やよいの青色申告オンラインについて、基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 ・セルフプラン:青色申告9,680円/年
・ベーシックプラン:10,120円/年〜
・トータルプラン:18,480円/年〜
無料期間 1年間
e-Tax対応 パソコンのみ可
帳簿のつけやすさ 簡単(簿記の知識がなくても平易)
スマホアプリ機能 帳簿付け・レシート読取りのみ
サポート ・チャット・メール・電話:青色申告者なら誰でも可
公式サイト https://www.yayoi-kk.co.jp/lp/aoiro-ol-02/

無料で使える青色申告ソフトで、個人事業主にもおすすめのやよいの青色申告オンラインについて気になる方は上記の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

マネーフォワードクラウド確定申告の特徴と評価

マネーフォワードクラウド確定申告は、個人事業主やWEBライターの方々にも利便性の高い機能を備えた会計ソフトです。その特性として最も優れている点は「自動化」機能です。

【特徴】

  1. 自動取引データの取り込み:銀行やクレジットカード会社と連携し、取引データを自動で取り込みます。これにより、面倒なデータ入力作業が軽減されます。
  2. クラウド型:どこからでも作業が可能です。外出先でも書類を確認したり、データの追記、修正が可能です。
  3. 専門家向け機能:税理士から専門的なアドバイスを受けられます(税理士・社労士無料紹介サービス)。

マネーフォワードクラウド確定申告は利便性の高さから、ユーザーからの評価は非常に高いです。特にWEBライターのように自宅で業務を行う方々にとって、いつでもどこでも会計処理が可能な点は大きなメリットと言えます。また、初心者でも扱いやすい使いやすさも好評です。

これらを鑑みると、マネーフォワードクラウド確定申告は、無料の会計ソフトとして高い性能を発揮しています。

マネーフォワードクラウド確定申告の基本情報をまとめましたのでご覧ください。

料金 パーソナルミニ:1,078円/月〜
パーソナル:1,408円/月〜
パーソナルプラス:39,336円/年
無料期間 1ヶ月
※1ヶ月を過ぎると無契約状態となる
e-Tax対応 スマホのみ可
帳簿のつけやすさ 普通(簿記会計の基礎がわかっていればOK)
スマホアプリ機能 ・帳簿つけ
・確定申告書の作成
サポート ・チャットサポート:すべてのプラン
・電話:パーソナルプラスのみ
公式サイト https://biz.moneyforward.com/blue_return/

無料で使える青色申告ソフトで個人事業主にもおすすめのマネーフォワードクラウド確定申告について気になる方は、上記の公式サイトからご覧ください。

【無料で青色申告】個人事業主のWEBライターが会計ソフトで記帳するメリット

個人事業主のWEBライターが無料での青色申告のために会計ソフトで記帳するメリットは以下の3つです。
–【無料で青色申告】個人事業主のWEBライターが会計ソフトで記帳するメリット–
●簿記の知識がなくても利用可能なソフトがある
●会計業務にかかる時間を短縮可能
●オンライン上でデータを管理できる

簿記の知識がなくても利用可能なソフトがある

無料の青色申告ソフトは、簿記の知識がなくても利用することが可能です。その理由は、ソフトが自動で計算してくれる機能を備えているからです。たとえば、収入や経費を入力するだけで、自動的に貸借対照表や損益計算書などの会計書類を作成してくれます。

高度な知識がなくてもこれらの機能を活用すれば、会計作業をスムーズに行えるでしょう。

会計業務にかかる時間を短縮可能

会計ソフトを用いる最大のメリットの一つが会計業務にかかる時間を短縮できることです。具体的には以下のような点で効率化が期待できます。

  1. 自動計算機能:各種の金額を手動で計算する手間が省けます。誤算を防ぎ、正確な数値が導き出せます。
  2. データ入力の効率化:項目ごとに分かれた入力欄に情報を入力するだけ。時間をかけずに記帳できます。
  3. クラウド化:どこからでもアクセス可能。移動時間や場所に縛られず、スムーズに業務を進められます。

これらの機能により、会計業務の時間を大幅に短縮することが可能となります。時間短縮はコスト削減にも繋がるため、経営の効率化に貢献します。

計算ミスを防げる

青色申告ソフトは、確定申告に必要な収支計算を自動化する機能を持っています。これにより、手計算やエクセルでの作業に比べて計算ミスを大幅に防げます。一例として、freee(フリー)では、登録した収入や経費を基に自動で損益計算書や貸借対照表を作成します。

また、消費税額(必要な場合のみ)や所得税額も瞬時に把握可能です。税金計算の複雑さからくるミスを未然に防げます。

以下に主な自動計算機能を表にまとめました。

ソフト名自動計算機能
freee主要簿・補助簿・青色申告決算書
やよいの青色申告主要簿・補助簿・青色申告決算書
マネーフォワード クラウド確定申告主要簿・補助簿・青色申告決算書

いずれのソフトも手軽に計算作業を行うことができますので、確定申告時の計算ミスを防ぐ上で大変有効です。

オンライン上でデータを管理できる

会計ソフトを使う最大のメリットの一つが「オンライン上でデータ管理可能」であることです。パソコンからだけではなく、スマートフォンやタブレットからでもアクセスが可能です。出先や自宅、オフィスなど、場所を選ばずに記帳や確認ができます。

データはクラウド上に保存されるため、PCの故障やデータ消失のリスクから解放されます。またソフトウェアのバージョンアップやセキュリティ対策も自動的に行われ、常に最新の状態で使用することができます。

以下に具体的なメリットを表形式でまとめました。

メリット説明
場所を選ばずに記帳可能出先や自宅でも確認・記帳が可能
データ消失のリスク軽減クラウド上にデータ保存
常に最新のソフトウェアが利用可能自動的なバージョンアップ・セキュリティ対策

これらのメリットから、オンラインの会計ソフトは個人事業主やWEBライターにとって非常に便利なツールといえるでしょう。

個人事業主・WEBライターによる無料版青色申告ソフトの選び方

個人事業主・WEBライターが無料版の青色申告ソフトを選ぶ際のポイントをご紹介します。
–個人事業主・WEBライターによる無料版青色申告ソフトの選び方–
●帳簿付け画面の使いやすさ
●確定申告書類作成の容易さ
●サポート体制の確認

特に選んではいけないソフトはありませんが、上記3つが揃っていれば利用しやすいので積極的に検討して良いでしょう。
個人事業主・WEBライターが無料版の青色申告ソフトを選ぶポイントについて次の見出しから解説します。

帳簿付け画面の使いやすさ

帳簿付け画面の使いやすさは、青色申告ソフトの選択において大変重要な要素です。特に、個人事業主であるWEBライターの方々は、主に文章作成に集中したいため、なるべく直感的でシンプルな画面設計のソフトを選びたいところです。

主なポイントは次の3つです。

1.「分かりやすさ」:画面が見やすく、各機能が一目で理解できることが求められます。例えば、収入や支出を記録する欄が明示されているかどうかがポイントになります。

2.「操作性」:マウスクリックやタッチ操作だけで各機能をスムーズに使えるかどうかも重要です。

3.「簿記知識不要」:会計知識がない方でも簡単に使えるシステムが理想的です。たとえば、自動計算機能がついていると、数字の入力ミスから解放されます。

これらのポイントを押さえて、最適な青色申告ソフトを選んでください。

「いくら補助があるとしても、やっぱり帳簿をつけるための知識は持っておきたいな」
こんなWEBライターの方は、以下の記事をご参考いただけるかもしれません。
青色申告の帳簿にほぼ必須な複式簿記について、仕訳帳を例に解説しています。
複式簿記を覚えれば幅広く帳簿を作成できるようになるので、この機会にマスターしておくと良いでしょう。

Webライター向けに帳簿のつけ方を解説!仕訳・勘定科目・借方・貸方とは?

【「Webライター 確定申告」系関連記事】
【副業】webライターの確定申告!青色・白色申告や所得基準は?
確定申告で間違えたらどうなる?間違い後に連絡くる?対処法・よくあるミス・罰則など
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど
【2023】クラウドソーシングで確定申告しないとどうなる?主婦・学生のやり方は?
【いくらから?】大学生Webライターは確定申告が必要?やり方・注意点などを基礎から解説

確定申告書類作成の容易さ

確定申告書類作成の容易さは会計ソフト選びの重要な要素であり、本記事で紹介したソフトでは以下のようになっています。

freee○×方式で確定申告書を作成できる
やよいの青色申告どこに何を書けばいいかの解説つき
マネーフォワードクラウド確定申告ガイドを見ながら確定申告書を作成できる

お手軽に確定申告書類を作成しやすいのはfreee・やよいの青色申告ですが、マネーフォワードクラウド確定申告でもガイドページを開けば確定申告書の作成方法がわかるので好みによるところです。

確定申告書類作成を助ける機能により、時間を大幅に節約することが可能となります。特に、WEBライターといった個人事業主の方々は業務に集中するためにも、確定申告書類作成の容易さは重視すべきポイントでしょう。

サポート体制の確認

会計ソフト選びにおいて、必要不可欠なのが充実したサポート体制です。事業の運営に必要な記帳や税務処理は専門的な知識を必要とします。そこで、困ったときに頼れるサポート体制が整っているかどうかは、ソフト選びの重要なポイントとなります。

ソフト名サポート内容
freee解説記事、セミナー
やよいの青色申告オンライン電話サポート、Q&A
マネーフォワードクラウド確定申告チャット・メール

それぞれのソフトの詳細なサポート内容は公式ウェブサイトで確認しましょう。また、利用者のレビューも参考にすると良いでしょう。信頼のおける会計ソフト選びに役立ててください。

【個人事業主・WEBライターは知っておきたい】青色申告と白色申告の違いと選択基準

個人事業主・WEBライターが知っておくべき青色申告・白色申告の違いを次の2点から解説します。
–【個人事業主・WEBライターは知っておきたい】青色申告と白色申告の違いと選択基準–
●青色申告と白色申告の特性比較
●WEBライターに適した申告方法

青色申告・白色申告のどちらにするか迷っている個人事業主・WEBライターの方はぜひチェックしてみてくださいね。
個人事業主・WEBライターが知っておくべき青色申告・白色申告の違いについて次の見出しから解説します。

青色申告と白色申告の特性比較

青色申告と白色申告、それぞれには以下のような特性があります。

まず、青色申告は税額控除という大きなメリットがあります。最大65万円の青色申告特別控除が認められます。また広範囲にわたる経費の計上が可能です。一方で青色申告承認申請書・開業届の提出など一定の手間が必要となる点がデメリットです。

白色申告は帳簿の作成が不要であり手軽に申告が可能ですが、経費項目が限られており、特別控除もありません。

申告形式所得控除経費に計上できる費用帳簿作成
青色申告あり (最大65万円)広範囲必須(複式簿記)
白色申告なし限定的必須(単式簿記で可)

WEBライターの皆さんは自身の業務内容や経理にかける手間などを考慮し、最適な申告方法を選んでいきましょう。

WEBライターに適した申告方法

Webライターの場合収入源が複数あったり経費の種類が多様であったりするため、詳細な記録と管理が必要です。そのため青色申告が適しています。

青色申告は控除や経費の幅が広く、節税効果があるのが特徴です。具体的には事業用品の購入費や交通費・通信費などを経費として計上できます。

以下に、青色申告と白色申告の特性を比較表にまとめました。

青色申告白色申告
特別控除最大65万円0円
10万円を超える事業用品の費用計上可計上不可(別途減価償却)

青色申告は、Webライターにとって税負担を軽減する有効な手段です。個人事業主向けの会計ソフトを活用し、スムーズな申告を心掛けましょう。

「そもそもどんな支出を経費として計上できるの?」
こんな疑問をお持ちのWEBライターさんは、以下の記事をご覧ください。
経費計上できる支出・できない支出や、計上時の注意点などをまとめています。
開業して間もない方は、特にチェックしておくと良いでしょう。

Webライターの経費とは?賢く節税して収入をMAXに!按分のやり方は?

【「WEBライター 経費」系関連記事】
Webライターの税金は何税がかかる?節税方法・確定申告の手順など
副業Webライターの雑所得とは?源泉徴収はされない?事業所得との違い・節税のコツなど
【超高性能】ハイスペックなおすすめパソコン10選!最強スペックを引き出す周辺機器は?
webライター向けの安いパソコン!Office付きSurfaceやMacBookは?
【初心者】Webライター記事作成の必須ツール20選!文章作成・画像・検索順位ツールなど
【Webライター】コピペチェックの重要性・判断基準・対策・ツール・よくある質問を紹介

【まとめ】個人事業主のWEBライターは無料で使える青色申告ソフトを活用しよう

個人事業主、特にWEBライターとして活動する際には、確定申告の手続きは避けて通れません。青色申告を行うことでさまざまなメリットを享受できますが、その一方で会計業務は専門的な知識を要求される部分もあります。

そんな中で、青色申告ソフトは強力な味方となります。その選び方について具体的に触れましたが、帳簿付け画面の使いやすさ、確定申告書類作成の容易さ、そしてサポート体制の確認などが重要なポイントと言えます。

また、freee(フリー)、やよいの青色申告オンラインマネーフォワードクラウド確定申告など、いずれも無料版が提供されているため、まずは自身のビジネススタイルに合ったソフトを試してみることをおすすめします。

確定申告は毎年のルーチンワークなので、適切なツールを利用すればよりスムーズかつ正確な申告が可能となります。是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. TimeTicket(タイムチケット)評判
  2. ママワークスで採用されない理由アイキャッチ