Webサイト運営のゴール設定法!コンバージョン・目的達成のコツとは

この記事は17分で読めます

「Webサイトを運営する際、ゴール・目的が重要って聞くけど、その理由は?」

「どんな風にWebサイトのゴール・目的を設定すればいいの?」

そんな方のため、Webサイト運営のゴール・目的についてわかりやすく解説します。

「そもそもWebサイト運営のゴールとは?」「目的の具体的な設定方法は?」などがわかれば、より効率良く目標達成に近づけます。

あわせて「Webサイト運営のゴール達成に役立つコンバージョンなどの指標」や「目的達成のコツ」、「困った時の対処法」をおさえておけば、より成功率を高められるでしょう。

Webサイト運営のゴール・目的に関する疑問や攻略法をわかりやすく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

「自社の状況をふまえて、最適なWebサイト運営のゴール・目的設定をして欲しい」

「最短距離でWebサイト運営のゴール・目的を達成するためのコツを、個別具体的に教えて欲しい」

そんな時には、当ブログの「SEOコンサル」「記事作成サポート」をご利用ください。

あなたの状況にあわせて、無理なく目的を達成できるよう、懇切丁寧にサポートします。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

そもそもWebサイト運営のゴール・目的とは?

Webサイト運営のゴール・目的とは、サイト収益アップ・集客・自社商品の広告など、Webサイトの運営を通して達成したい目標のことを指します。

どのようなゴールを掲げるかによって、Webサイトの運営方法が変わってくるため、予め目的を明確化しておくことが重要です。

Webサイト運営のゴール・目的が明確化されていないと、時間や労力などのリソースを無駄遣いしてしまうかもしれません。

「ゴールを明確にして目的達成のためにコミットしておけば、1年以上も早く、ラクに目標を叶えられたのに」

このような後悔をしないためにも、Webサイト運営のゴール・目的を明確化しておくことが重要です。

その一方でWebサイト運営のゴール設定を間違えると、サイト閉鎖・倒産などの危機に瀕するリスクがあるためご注意ください。

無理なゴール設定をしたばっかりに、「Webサイト運営の目的達成のため、破格の業者サポートを利用しよう」などと考えると、悪質業者につかまり、骨の髄までしゃぶられてしまうかもしれません。

そのようなことがないよう、Webサイト運営におけるゴール設定の重要性や、目的達成のためのコツなどを見ていきましょう。

まずは次の項目から、Webサイト運営のゴール・目的が必要な理由から解説していきます。

Webサイトの運営時にゴール・目的が必要な理由

Webサイト運営のゴール・目的は、適切な施策を検討し、選ぶために重要です。

どのようなゴールに向かって歩めば良いのかがわかれば、目的達成のために何をすべきかが見えてきます。

例えばあなたがWebサイトを運営する際、サイト収益を増やすことをゴール・目的とする場合、まずは「どのような方法で利益を得ていくか」を検討する必要があるでしょう。

Webサイト運営で利益を得る方法としては、アフィリエイトやアドセンスなどが有名です。

他にも特定の企業とコネがある場合などには、サイドバーへの固定表示やランキング記事での上位表示などで利益を得る方法もあります。

他にも「Webサイト運営を通じて特定の商品・サービスを売る」というゴール・目的を設定している場合には、その商品に興味のありそうなターゲットを集客するなどの施策があるでしょう。

このようにWebサイト運営のゴールが明確になっていれば、目的を達成するために何をすべきかを検討しやすくなります。

反対にWebサイト運営のゴールが明確になっていないと、「とりあえず自分の好きなことを記事にしていこう」など、明確な施策を打ち出せません。

明確な施策がないままメディア運営を進めると、ほぼ確実に失敗します。

「ひとまず100記事書けばいいって聞いてたけど、200記事書いても全然儲からないじゃん…もう無理…」などと挫折するケースは非常に多いです。

適切な施策がないまま運営して稼げるほど、Webサイトの運営は甘くありません。

逆に適切な施策を愚直に実行していけば、中小企業だけでなく、個人や趣味ブログであっても十分に稼いでいけます。

様々なアプローチでWebサイトを運営することで、短時間・少ない労力で稼ぐことは十分に可能なので、まずはゴール・目的を明確にしたうえで、適切な施策を模索することが重要です。

Webサイト運営のゴール・目的を達成するための指標

以下がWebサイト運営のゴール・目的への到達に役立つ指標です。

【Webサイト運営のゴール・目的に到達するための指標】

  • KGI
  • KPI

上記2つの指標は、Webサイト運営のゴール・目的を達成するためにコンサル会社を利用される際などに出てくる可能性があるので、ここでおさえておくと、よりスムーズにやりとりができるでしょう。

KGI・KPIと聞くと、難しそうと感じるかもしれませんが、実は全く難しくありません。

「用語の意味を把握するため」「社内などでのやりとりに使うため」といった形で、単なる用語を理解する程度の認識で大丈夫ですので、気軽に読み進めてください。

KGI

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KGI」とは、「大きなゴール」を意味する指標です。

※KGIとは「Key Goal Indicator」のことで、「重要課題を達成するための指標」を意味する。

場合によってはKGIを「最終目標を達成するための指標」と解することもある。

WebサイトにおけるKGIの具体例としては、「1年以内にWebサイトの収益を50万円にする」などがあります。

KPI

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」とは、短期目標を意味する指標です。

※KPIとは「Key Performance Indicator」のことで、「重要となる生産性を把握するための指標」を意味する。

Webサイト運営におけるKPIの例としては、以下が挙げられます。

※KGI(大きなゴール)を「1年以内にWebサイトの収益を50万円にする」とした場合のKPIの例です。

  • 1ヶ月後に30記事を公開している状態にする
  • 3ヶ月後には月収5万円にする
  • 半年後には月収20万円にする

上記のように、大きな目標を達成するために設定する、小さな目標がKPIです。

Webサイト運営のゴール・目的を達成に役立つ「KPI」分析に効果的な指標

小さな目標とされる「KPI」を達成するために役立つ指標は、以下の7つです。

  • PV
  • セッション数
  • UU
  • 離脱率
  • 直帰率
  • コンバージョン(CV)
  • CVR

上記の指標はWebサイト運営のゴール・目的を達成するための分析で役立つ指標となります。

今後の分析時に役立つ指標となるため、細かく意味を理解する必要は現状ありませんが、「こんな指標があるんだな」といった程度に把握しておくと今後に役立つので、サクサクとご覧くださいね。

PV

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、記事が見られた回数を表す「PV」という指標があります。

PVとは「Page View」の頭文字を取った指標です。

一人の訪問者が様々なページを見て回った際にも、PVは増えていきます。

例えば一人の訪問者があなたのWebサイトを20ページ見て回った際には、PVが20となります。

PVをWebサイト運営時のゴール達成に活用する場合、「どれくらい表示されれば目的を達成できるか」といった使い方がされます。

例えば、「現状、10万PVで、目標の50%の利益を達成できているから、20万PVを達成すればゴールに到達できるはずだ」などといった形でPVは使われます。

セッション数

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、Webサイトへの1回の接続数を表す「セッション数」という指標があります。

セッション数はWebサイトを訪問した時から離脱した時までを1セットとしています。

※「離脱」とは、Webサイトを閉じた時のことです。

例えば一人の訪問者が以下のような閲覧をした場合、セッション数は「1」となります。

  1. トップページを見る
  2. おすすめの商品ページを見る
  3. トップページへ戻る
  4. 離脱する

セッション数は「30分以上、操作がなかった場合」「日付が変わった場合」などには一旦離脱したとみなされることがあります。

Webサイト運営のゴール・目的達成のためにセッション数を使う例としては、最初に表示されたページや流入元などを確認する際などが挙げられます。

例えばセッション数をもとに、最初に表示されやすいページ(※)がわかった場合には、「なぜこのページは最初に表示されやすいのだろう?」「このページの良い部分を他のページにも反映できれば、Webサイト全体のセッション数を増やせるのでは?」といった改善につなげられるということですね。

(※)最初に表示されるページは「ランディングページ」と呼ばれることがある。

流入元についても基本的には同じで、検索エンジンやSNSなど、流入元別に表示されやすいページに注目することで、どの点が良く、どうすれば他の記事のセッション数を増やせるかの施策を打ち出す際に役立ちます。

UU

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、何人がWebサイトを見たのかを表す「UU」という指標があります。

UUは「ユニークユーザー」のことで、計測期間中に何度訪れても「1」とカウントされます。

例えば計測期間を1週間とした際、読者のAさんが3回、あなたのWebサイトを訪問した場合でも、UUの数値は「1」となります。

UUは、どれくらいの訪問者を集めれば、Webサイト運営のゴール・目的を達成できるかどうかの見通しを立てるのに役立ちます。

具体的には、「先月はUUが50で、売上目標の20%を達成できた。だから集客に力を入れてUUを250にすればWebサイトのゴール・目的を達成できるのではないか」といった使い方ができます。

離脱率

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、あるページを最後に離脱した割合を表す「離脱率」という指標があります。

離脱率が高いページほど、改善の余地があると考えられる点から、Webサイトのゴール・目的を達成するために役立ちます。

例えば離脱率の高いページには以下のような離脱原因があると考えられます。

  • 読みづらい・わかりづらい
  • ユーザーにとって価値のある情報を届けられていない
  • 他のページへのリンクが貼られていない

上記のような離脱率が高い要因を探り、改善することで、Webサイトのゴール・目的を達成しやすくなります。

直帰率

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、最初に見られたページの離脱率をを表す「直帰率」という指標があります。

直帰率は、「最初に訪れたページを見て、そのまま離脱する割合」を意味します。

そのため直帰率が高いページは、最初に見られやすいものの、他のページには遷移しづらいページと言えるでしょう。

例えば、検索上位に表示されているものの、内容がわかりづらい・他のページへのリンクが貼られていない」などの理由から直帰率が高くなっている可能性があります。

逆に言えば、直帰率が高いページをピックアップし、わかりやすい内容にリライトしたり、他のページへのリンクを貼ったりすることで直帰率を抑えられます。

直帰率を抑えられれば他のページの閲覧回数を増やせるので、Webサイトのゴール・目的を達成しやすくなるはずです。

コンバージョン(CV)

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、成果発生・目的達成を表す「コンバージョン(CV)」という指標があります。

「コンバージョン」は、売上目標などの目的達成を達成した際に「1」とカウントされます。

例えばあなたのWebサイトを使って、一人のユーザーが商品を購入した場合のコンバージョン数は「1」です。

コンバージョンはWebサイトの成果を表す直接的な数字のため、ゴール・目的を達成するための指標として活用できます。

CVR

Webサイト運営のゴール・目的を達成するために役立つ「KPI」には、成果発生率を表す「CVR」という指標があります。

CVRはコンバージョンをセッション数やUU数で割ることで、Webサイト運営のゴール・目的達成に必要な集客数などを見通すために役立ちます。

例えば「コンバージョン÷セッション数」で算出したCVRを確認すれば、「どれくらいのセッション数でWebサイト運営のゴール・目的を達成できるのか」を見通す際に使えます。

具体的には、「10CV÷100セッション」だった場合のCVRは10%です。

そのため、Webサイト運営のゴール・目的が100CVの場合には、「1,000セッションを目標にすれば良いのか」といった見通しが立てられます。

Webサイト運営のゴール・目的を達成するコツ

少しでも早く、賢い形で目的を達成したい場合には、以下の「Webサイト運営のゴールに到達するコツ」をチェックしておきましょう。

【Webサイト運営のゴール・目的を達成するコツ】

  • 事業目的を明確にする
  • 無理のあるゴール・目的を設定しない
  • 最初から完璧を求めない
  • カスタマージャーニーを作る

限りある時間・人的資源を有効活用してWebサイト運営のゴール・目的を達成できるよう、上記4つのコツをわかりやすく解説していきます。

事業目的を明確にする

Webサイト運営のゴール・目的を達成するためには、事業目的を明確にすることが重要です。

事業目的とは、Webサイト運営よりも大きな枠組みで考えた際の目的を指します。

例えばあなたの会社が人材派遣業の場合には、求職者を集めておすすめの仕事を紹介し、クライアントである雇い主(求人を出す企業)に派遣するなどの目的が挙げられます。

他にも事業目的の例としては、以下が挙げられます。

  • 新規事業としてのWebサイト運営
  • 新規顧客の獲得
  • 自社製品の宣伝
  • 新着情報の発信など

上記のように、Webサイト運営のゴール・目的は、どんな事業目的を掲げるかによって変わってきます。

具体的には「新規事業としてのWebサイト運営」することをゴール・目的とした場合には、Webサイトからの収益アップを図ることが目的となり、広告主を探す・アフィリエイトを使うなどのアプローチがあります。

また、「新規顧客の獲得」をWebサイト運営のゴール・目的とするなら、まずは集客数を増やすため、SEO記事作成に力を入れるなどの方法があるでしょう。

このように、事業目的を明確にすればWebサイト運営のゴール・目的が明確化でき、適切な施策を打ち出せます。

なおWebサイト運営のゴール・目的を達成するためには、多かれ少なかれ、Webサイトに訪問してもらう必要があります。

つまり集客が大事ということですね。

集客方法の中でも特におすすめなのが、検索エンジンです。

その理由は、ある程度の攻略法が明確化されており、長期的かつ雪だるま式に集客数を増やしやすいからです。

そのためWebサイト運営のゴール・目的を達成したい場合には、SEO記事の作成を効率良く進めることをおすすめします。

「そうは行っても、SEO記事を上手く作成するコツがわからない…」という場合には、以下の記事をサクッとご覧ください。

SEO記事作成の手順・賢くWebサイトを運営する方法を解説しています。

【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

無理のあるゴール・目的を設定しない

Webサイト運営のゴール・目的を設定する際には、実現可能な目標を掲げることが重要です。

具体的には、少し頑張れば達成できるゴール・目的を設定するというイメージがおすすめです。

その理由は、Webサイト運営のゴール・目的を達成するのは、予想以上に困難を伴うケースが多いからです。

Webサイト運営はコツをつかめば様々な方法でゴール・目的を達成できますが、コツをつかむまでには様々な課題を乗り越えなければなりません。

「思ったよりも検索上位に表示されるのって、難しいな…」

「検索上位に表示されるようになったけど、なかなか離脱率を下げられない…」

このように思っていたよりもWebサイトの運営に手こずった場合、それだけゴール・目的の達成が難しくなります。

具体的には、Webサイト運営のゴール・目的を達成するために、より多くの時間・エネルギーが必要になる可能性があるということです。

特にWebサイト運営に慣れていない場合、この先どんな課題が待ち受けていて、どのように課題を乗り越えていけばいいのかを上手く見通せないケースが多いです。

だからこそWebサイトを運営する際には、少し頑張れば達成できるゴール・低めの目標を掲げることをおすすめします。

なお、無理のあるゴール・目的を設定すると、目的を達成するために無理をしなければいけなくなるため要注意です。

例えば、「なかなか検索上位に表示されないから、もっと良質な記事を書くために良いライターさんを見つけて依頼しよう」となると、当初の想定より時間や労力、コストなどがかさみやすいです。

「高いスキルを持つライターさんを見つけるところからはじめ、やっと見つけられたと思ったら条件交渉が難航し、結局依頼できなかった…」なんてことにもなりかねません。

そもそも、「どのような記事が高品質なのか」「どんなライターさんが高スキルなのか」がわからないまま、高コストのライターさんに依頼して、「当社の求めていた記事と全然違うのにコストだけが非常に高い…」などといった失敗に陥る企業もあります。

このような点からWebサイト運営に慣れるまでは、できる限り低い目標を掲げて、地道に目標をクリアしていくことをおすすめします。

「Webサイト運営のゴール・目的設定で無理をしないことが重要とわかったけど、実際のところ高い目標を設定せざるを得ない…」

そんな時には、当ブログの「SEOコンサル」をご利用ください。

あなたの状況に合わせて、どういった方法でWebサイト運営のゴールを設定し、どのような方法で目的達成を目指せば良いのかを、プロ目線でご提案します。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

また、SEO記事を作成するためのノウハウやリソースがない場合には、当ブログの「記事作成サポート」がおすすめです。

当ブログを運営する藤崎は、経験ゼロからWebライター・サイト運営のスキルをひとつずつ磨いてきました。

だからこそWebマーケティングの教科書・マニュアルを読んだだけのコンサルタントより、実務レベルでのアドバイス・リソース提供が可能です。

※多くのWebマーケティング担当者さんは、アドバイスはお上手ですが、自身でSEO記事を書くことを得意とせず、セールスライティングの経験値も多くありません。

「そのため実際問題、どうやって課題を解決していけばいいの?」という問いに、ズバッとお答えできないことがあります。

藤崎はこの道約10年のキャリアを誇り、文字単価10円以上での執筆経験もあります。

またディレクター経験も豊富なので、「今、記事を書いてもらっているライターさん、微妙だな…」という場合でも、上手く育成しながら長期的に活躍できる戦力へと押し上げることも可能です。

藤崎自身が当ブログでWebライターさんの育成を行っているので、リソース提供も可能です。

「SEO記事の作成をまるっとお任せしちゃいたいな」という場合には、ぜひ百戦錬磨のSEO記事作成経験を誇る藤崎へご依頼ください。

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

最初から完璧を求めない

Webサイト運営のゴール・目的を設定する際には、最初から完璧を目指さず、状況に応じて最適化していくよう心がけましょう。

特にWebサイト運営の経験がないうちは、完璧なゴール・目的を掲げることは、ほぼ不可能と考えた方が良いです。

その理由は、実際にWebサイトを運営することで、わかることが非常に多いからです。

「このキーワードは上位表示されてないのに、別の上位表示されているキーワードよりアクセスが多いのはなぜだろう…」

「何度リライトしても離脱する人が多すぎて、なかなか目標達成に近づけない…」

このように想定外の課題がいくつも出てくるというケースは、珍しくありません。

その一方でWebサイトの運営になれてくると、課題が生じた際にも、「こういう時は、この改善方法で乗り越えられそうだ」などと、アタリをつけやすくなります。

そのため、Webサイトの運営経験が浅いうちは、最初から完璧なゴール・目標を掲げないようにしましょう。

具体的には「当面のWebサイト運営目的は、集客数を1.5倍にすることだ」といったように、ある程度の方向性を示す程度がおすすめです。

なおWebサイト運営のゴール・目的は、時間の経過・ライバルの出現などによって、変更した方が良いケースも多々あります。

例えばWebサイトを運営している間に、「このジャンル、全くライバルがいないから、ガッツリ利益アップを狙えそうだ!」などの発見があることも。

こういった時に備えて柔軟にゴール・目的を変更できる態勢づくりをしておけば、目の前のチャンスを取りこぼさず、事業拡大につなげられる可能性が高まります。

他にもWebサイトを運営していると、他社から「うちのサービスも紹介してもらえませんか?」などの依頼が舞い込むケースもあります。

そういった機会を逃さず、他社サービスを紹介するうちに、他の企業からも依頼が舞い込み、他社サービスの紹介による広告料がメイン収益を上回ることもあるでしょう。

このようにWebサイト運営のゴール・目的を設定する際には、最初から完璧を求めず、ある程度の方向性を意識できる程度にすることが重要です。

Webサイト運営に慣れてくると、自社サイトの強みが見えてくるケースが多いため、より適切なゴールを設定できるうえ、時世の変化に対応しやすく、チャンスをものにしやすいと言えます。

カスタマージャーニーを作る

Webサイト運営のゴール・目的を達成する際には、カスタマージャーニーが役立つ点も把握しておくと良いでしょう。

カスタマージャーニーとは、読者様の行動を表したマップのことです。

例えば、携帯の乗り換えを検討している読者様に対して、おすすめのサービスを紹介する際には、以下のようなカスタマージャーニーが考えられます。

【携帯サービスに関するカスタマージャーニーの例】

  1. 「おすすめの携帯会社」に関する記事で集客をする
  2. 集客した読者様のニーズによって、適切な関連情報を別の記事で提案する
    ※「大手キャリアから探したい方はこの記事で詳細をチェック」「格安SIMならこちらの記事をどうぞ」など
  3. 大手キャリアや格安SIMなど、ジャンル別におすすめのサービスを紹介し、読者様に選んでもらう

上記はかなり大まかな例ですが、「携帯の乗り換え先を探している読者様の行動をマップ化したものになります。

実際には大手キャリアの中でも、「料金が安いサービス」「光回線とセットでお得なサービス」など、さらに読者様のニーズを細分化することで、カスタマージャーニーを細かくできます。

カスタマージャーニーを細かくすれば、よりニーズやターゲットを絞った記事を書けるので、Webサイト運営のゴール・目的を達成しやすくなるというわけですね。

※読者様の多くは、「この記事は自分にピッタリの情報を提供してくれている!」と感じた際に納得し、行動しやすくなるため、ニーズ・ターゲットを細分化することが効果的とされています。

他にも、以下のようにキーワードを意識しながらカスタマージャーニーを作る方法もあります。

【キーワードを意識したカスタマージャーニーの例】

  1. 興味を持った初心者に基礎知識を提供する
    ※「KW選定ツール とは」「KW選定ツール 使い方」「KW選定ツール メリット」など
  2. 基礎知識をおさえた人にもう少し詳しい情報を提供する
    ※「KW選定ツール 相場」「KW選定ツール 評判」など
  3. 具体的に商品・サービスを選ぶために必要な情報を提供する
    ※「KW選定ツール 比較」など

キーワードを意識しながらカスタマージャーニーを作る方法は、キーワード選定を既に終えている場合に効果的です。

似たキーワードがないかどうかなどを確認しながら、より良い順序・導線を意識して、Webサイト運営のゴール・目的の達成に近づけます。

「キーワード選定ってなに?」

「Webサイト運営にはキーワード選定が重要と聞くけど、具体的にどんな手順をふめばいいの?」

そんな方は以下の記事をお役立てください。

「キーワード選定とは?」「具体的なキーワード選定の手順」などを解説しています。

WebライティングのKWとは?SEOライティングの目的・基本・始め方など

Webサイト運営のゴール・目的で困った時の対処法

Webサイトの運営を進める中でゴール設定や、目的達成の際に困った時には、以下の3点を検討しましょう。

【Webサイト運営のゴール・目的で困った時の対処法】

  • ゴール・目的を変更する
  • 記事制作会社に頼る
  • コンサルを依頼する

上記の中から、自社に合う対処法を選べれば、1秒でも早く課題を乗り越え、スパッとWebサイト運営のゴール・目的を達成に近づけます。

賢い方法で効率良くWebサイト運営のゴール・目的を達成できるよう、上記3つの対処法をチェックしていきましょう。

ゴール・目的を変更する

「Webサイト運営のゴール・目的を高く設定してしまった」「想定より困難が多くて、なかなか前進できない…」という場合には、ゴール・目的を変更しましょう。

Webサイト運営のゴール・目的が妥当ではないにも関わらず、無理をして目標を達成しようとすると、大きな視野で見て損失につながるリスクが高まります。

例えば、「どうしてもWebサイト運営のゴール・目的を達成したいけど、これ以上、時間もコストもかけられないから、破格のコンサル会社に依頼してみよう」などといった場合です。

SEO関連のコンサルサービスは新規参入者が多く、中には悪質業者と噂される会社もあります。

有名会社であっても以下のように顧客の弱みにつけこんで、コンサル料をふんだくろうとするような事例が見られるので十分に注意してください。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>こうやって何度もコンサルして稼いでるのかと<br>初期費用だけで100万円を超えることもある会社だから業界の常識がわからないって怖すぎ<br><br>世間話があるなど、生産性・進行効率も微妙<br>このコンサルに10人近く参加してたことを考えると<br>「もっと賢く運営できるのに…可哀そう」<br>って思わざるを得なかった <a href=”https://t.co/jldodhhFZo”>https://t.co/jldodhhFZo</a></p>&mdash; 藤崎 遊|月90万WEBライター/ディレクター|スキルUP情報お届けアカ (@fujisakiyu_ww) <a href=”https://twitter.com/fujisakiyu_ww/status/1690329709576663040?ref_src=twsrc%5Etfw”>August 12, 2023</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

悪質業者に依頼すると、時間やコストが枯渇するまで吸いつくされてしまうかもしれません。

※特に、誇大広告(激安・必ず利益を出せるなど)といったうたい文句を並べる業者は要注意です。

「Webサイト運営のゴール・目的達成に困ったものの、どこに相談すれば良いのかわからない…」という場合には、藤崎へご相談いただければ、状況に応じて最適なご提案を差し上げます。

改善策だけでなく、実際にSEO記事の作成するサポートもしているので、ぜひご活用くださいね。

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

記事制作会社に頼る

「Webサイトを運営しているけど、記事作成の質・スピードが原因で、ゴール・目的に到達できそうにない…」という場合には、記事制作代行会社に依頼する方法があります。

記事制作代行会社は多くのディレクターやライターを抱えているため、あなたのWebサイトに関連する知識・経験が豊富なクリエイターが見つかるかもしれません。

例えばあなたが金融系のメディアを運営していて、「自社内、もしくは業務委託の中には、優秀なクリエイターがいない…」という場合、記事制作代行会社の力を借りることで、サッとスキルの高い人材を紹介してくれる可能性があります。

記事制作会社に依頼すれば、1記事2万円前後で納品してくれるケースもあるので、自社内、もしくは自社のツテで依頼できるクリエイターへ頼むより、早く高品質な記事を公開できるかもしれません。

「1記事2万円は少し高い…」

「格安で高品質な記事を納品してもらいたい!」

そんな場合には藤崎にご相談ください。

ご予算に応じて無理のない記事制作サポートを承っています。

多数の記事制作・ディレクション経験があり、当ブログでもライティング・SEOなどのノウハウを提供しているため、ある程度スキルがあることはおわかりいただけるかと思います。

なお、あなたに記事制作の依頼経験がなくても全く問題ありません。

もちろんお問い合わせだけでもOKです。

経験ゼロから叩き上げでプロのライター・ディレクター・メディア運営者となった、「本物のスキルを持つ藤崎による記事作成サポート」が少しでも気になった場合には、以下のページをご覧ください。

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

コンサルを依頼する

Webサイト運営のゴール・目的達成が難しく、この先どうして良いかわからない場合には、コンサルを利用することもひとつの手です。

あなたの状況にピッタリの打開策を教えてくれるコンサルサポートなら、最短距離で課題を解消し、Webサイト運営のゴール・目的まで軌道修正してくれるでしょう。

Webサイト運営のコンサルを受ける場合、相場は90分5万円~です。

ただしWebサイト運営のコンサル業者の中には、良心的ではない会社もあります。

例えば、以下のツイートをご覧ください。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>こうやって何度もコンサルして稼いでるのかと<br>初期費用だけで100万円を超えることもある会社だから業界の常識がわからないって怖すぎ<br><br>世間話があるなど、生産性・進行効率も微妙<br>このコンサルに10人近く参加してたことを考えると<br>「もっと賢く運営できるのに…可哀そう」<br>って思わざるを得なかった <a href=”https://t.co/jldodhhFZo”>https://t.co/jldodhhFZo</a></p>&mdash; 藤崎 遊|月90万WEBライター/ディレクター|スキルUP情報お届けアカ (@fujisakiyu_ww) <a href=”https://twitter.com/fujisakiyu_ww/status/1690329709576663040?ref_src=twsrc%5Etfw”>August 12, 2023</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

「Webサイト関連の知識がないからって、食い物にされたくない」

そんな風に思った場合には、藤崎にご相談ください。

藤崎のコンサルはかなり良心的で、あなたに寄り添ったアドバイスをしていきます。

適当なことを言わない分、わからない部分や調査が必要な部分には、「そういった時にはこの会社がおすすめです」「この部分はもう少しお調べしてから後日ご回答差し上げます」など、状況に応じて適切な対応を取らせていただいています。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

「Webサイト運営のゴール・目的」のまとめ

Webサイト運営のゴール・目的を設定することは非常に重要ですが、その一方で最初から完璧を求めすぎることはおすすめできません。

一昔前よりも時代の流れが激しく、新しいサービスや技術が次々に登場するなどの点から、ある程度柔軟に対応できる体制づくりが必要です。

そのためにも予め立てたゴール・目的を、一定の指針・目安といった形でとらえながらWebサイト運営を進め、状況の変化に対応できるようにしてくことをおすすめします。

Webサイトの運営をしていると、思わぬアクセスアップや他社からの掲載依頼など、チャンスが舞い込むことがあるからです。

ただし、いくらWebサイトを運営していても、数人程度にしか見られていない場合には、そういったチャンスは舞い込みづらいと言えます。

その理由は、多くの企業が自社サービスなどをたくさんの人に知ってもらいたいと考えるケースが多いからです。

そのため注目度が高いWebサイト・訪問者数の多いメディアにチャンスが舞い込みやすいというわけです。

この点をふまえて運営していけば、あなたのWebサイトにもチャンスが舞い込んでくるはずです。

特にSEO記事の制作で成功すると、たくさんの人に見てもらえるうえ、長期的にアクセスを伸ばしやすくなる点から、SEO対策がおすすめです。

SEO記事の制作方法は、ある程度攻略法が確立されているので、コツをつかめば長期的にアクセスを増やし、Webサイト運営のゴール・目的を達成しやすくなります。

ここ数十年、大きな変化がなく、今後も長く使えるとされているSEO記事をたくさん制作して、Webサイトのゴール・目的を達成すると共に、長期的に利益アップを図っていきましょう。

※Webサイトのゴール・目的達成のためにSEO記事の制作に注力する場合、SEO施策の他、リソースの有効活用についても注目すると良いですよ。

ライター様や自社内の担当者など、それぞれが得意とする業務は異なります。

この点を把握して、各々が強みを発揮できる業務を割り振れば、全員が前向きに取り組んで最大限の力を発揮できます。

このあたりの業務効率化については、叩き上げの実務力を持っているプロが見れば、改善のコツを提案してくれるはずです。

もし身近にWebサイト運営のプロがいない場合には、当ブログの「SEOコンサル」「記事制作サポート」をご活用ください。

藤崎は完全未経験からWebライター・メディア運営をはじめ、ひとつずつのスキルを着実に磨き上げてきたプロなので、状況にあわせた人材配置・SEO施策などをご提案できます。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 個別塾SS-1 口コミ評判
  2. 藤崎の子供が通う小学校、幼稚園についてのイメージ画像
  3. 1時間に2000文字を書く初心者Webライター
  4. TimeTicket(タイムチケット)評判