【構成案テンプレート】SEO記事の構成作りのコツ!手順・注意点など

この記事は26分で読めます

「SEO記事を制作する場合、構成が重要って聞いたけど、具体的な理由は?」

「どうすれば検索上位に表示される、質の高い構成を作れるの?」

そんな方のため、SEO記事における構成に関するお役立ち情報をまとめました。

「SEO記事の構成とは何か」などの基礎知識から、「高品質な構成を作るコツ」など、より高いSEO評価を獲得し、読者様に役立つ情報をお届けします。

この記事を最後までご覧いただくと、SEO記事作成における構成の重要性や作り方のコツがわかり、Webサイト運営のゴールに効率良く近づけます。

「構成づくりを甘く見たから、SEO記事作成の完成前に大幅な修正が生じて、2ヶ月も公開が遅れてしまった…」

こんな失敗をしないよう、この記事を最後まで読んで、賢くSEO記事の構成づくりをマスターしていきましょう。

「SEO記事を作る際の構成づくりをマスターしたいけど、何ヶ月も時間をかけていられない…」

「これまでに何度もSEO記事の構成を作ってきたのに、全くコツがつかめない…」

そんな方は当ブログの管理人、藤崎のサポートをご活用ください。

藤崎は独学でメディア運営をしてきた経験や、上場企業様とのお取引などにおいて、様々なスキルを磨いてきています。

その中でたくさんの失敗をしてきたため、うまくSEO記事の構成を作れない方の気持ちも痛いほどわかります。

だからこそあなたに寄り添った対応でベストな解決策をご提案できるので、ぜひ藤崎の手厚いサポートをご活用くださいね。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【初心者ライターさんによる藤崎の評価はこちら】

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

目次

SEO記事における「構成」とは?

SEO記事の「構成」とは、以下のような目次のことです。

http://ksdtu.com/2020/10/01/crowdworks-dangerous-writer/

基本的に「構成」と言う場合、「目次」のことを指しますが、SEO記事の作成においては、以下の工程も構成づくりに入ってくることがあります。

  • ターゲティング
  • メタディスクリプションの作成
  • タイトル設計など

この記事では、上記3つの工程も含め、後ほど構成作りの具体的な手順を解説しています。

なお、構成づくりを甘く見ると、Webサイトの運営効率が激落ちしてしまうためご注意ください。

「適当な構成を作っていたからSEO記事を公開しても評価されず、さらに余計な手間暇がかかってしまってサイト閉鎖に追い込まれてしまった…」

このような失敗をしないよう、次の項目で「SEO記事で構成が重要とされる理由」を確認し、しっかりと構成づくりに取り組める状況を作っていきましょう。

SEO記事で構成が重要とされる理由

以下の3つが、SEO記事で構成が重要とされる理由です。

【SEO記事で構成が重要とされる理由】

  • 体系的にわかりやすく情報を伝えるため
  • より高いSEO評価を受けるため
  • SEO記事の制作効率を高めるため

上記3点を理解しておけば、しっかりと構成づくりに取り組め、Webサイト運営のゴールに到達しやすくなります。

反対に上記3つの「SEO記事で構成が重要とされる理由」を把握していないと、質の低い構成を作ってしまい、「せっかく頑張って記事を作ったのに、検索20位以内にも入れない」「いつまで経っても記事が完成しない…」などの悪影響が生じるかもしれません。

より賢くWebサイトを運営して、いち早く目的を達成できるよう、次の項目から「SEO記事で構成が重要とされる理由」をサクサク見ていきましょう。

理由①体系的にわかりやすく情報を伝えるため

SEO記事で構成が重要とされる理由①は、「わかりやすい記事に仕上げるため」です。

しっかりとした構成を作るほど、対策キーワード(※)に関する情報を体系的にわかりやすくまとめたSEO記事となります。

(※)SEO記事作成時に上位表示を狙うキーワードのこと。

例えば、「SEO記事作成 手順」というキーワードで上位表示されるためのSEO記事を制作する場合の対策キーワードは「SEO記事作成 手順」となる。

予め対策キーワードに関する情報(検索上位記事に書かれている情報など)を集めて詳しく観察すれば、「対策キーワードで検索する人がどんな情報を知りたいのか」(検索ニーズ)が見えてきます。

この検索ニーズを把握したうえで、情報をわかりやすく整理すれば、「情報の入れ忘れ」「同じ情報の繰り返し」「不要な情報の混入」などを避けられます。

そのためSEO記事の構成をしっかり作れば、良い情報を届けられるということですね。

理由②より高いSEO評価を受けるため

SEO記事で構成が重要とされる理由②は、検索上位に表示させるためです。

ひとつ前の項目「理由①体系的にわかりやすく情報を伝えるため」でお伝えした通り、構成を作っておけば体系的にうまくまとめられた、わかりやすいSEO記事を公開できます。

わかりやすいSEO記事は読者様にとって価値あるものであり、検索エンジンから高く評価されやすいです。

※多くの検索エンジンは、検索する人の疑問を解消できる記事を上位に表示させるため。

そのため構成を作り、わかりやすいSEO記事に仕上げることは、高いSEO評価を獲得することにつながり、検索上位に表示されやすくなるとされています。

また、「見出し内にキーワードを入れる」など、検索エンジンからの評価を意識したSEO対策ができる点も、質の高い構成をつくるメリットです。

SEO記事が高く評価されるためには、「読者様にとって価値ある情報をわかりやすい形で届けること」以外にも、検索エンジンから「この記事を検索上位に表示すれば、検索者の悩みを解消しやすいはず」と思われるような工夫が重要とされています。

そのため、構成づくりの段階からSEO施策をしっかりと行うことが重要です。

このような点から、SEO記事で構成が重要とされる理由として、「高いSEO評価を得て、検索上位に表示させるため」という点が挙げられます。

理由③SEO記事の制作効率を高めるため

SEO記事で構成が重要とされる理由③は、制作効率を高めるためです。

構成があれば、これから作成するSEO記事の全体の流れを把握できるため、効率良く作業を進められます。

例えば、対策キーワード「SEO記事作成 手順」を制作する場合、「今は手順の3つ目だから、あと5つの手順を書けば、必要な手順を全て解説できる」などといった形で、SEO記事の制作効率を高められます。

反対に構成がないまま記事制作を進めると、以下のような不手際が生じる可能性が高まります。

  • 「今は手順の3つ目だけど、他にどんな手順があるだろうか…」
  • 「そういえば手順2と手順3の間に、検索ニーズを把握することを入れるの、忘れてた…!」
  • 「あれっ…手順7まで進めたけど、手順5あたりから、手順というより注意点の解説になってるんじゃない…?」

このような不手際が生じるほどSEO記事の制作効率が低下してしまいます。

制作効率が低下すると、「本来ならもう2記事が完成しているはずなのに、まだ1記事目の修正に時間が必要だ…」というように、多くの時間・労力を要してしまいます。

そのためSEO記事を制作する際には、予め構成を作っておくことが重要です。

SEO記事の構成に必要な要素

SEO記事の構成を作る際に、欠かすことのできない要素は以下の3つです。

【SEO記事の構成に必要な要素】

  • 検索ニーズ
  • ターゲット
  • これから作成するSEO記事のゴール・目的

上記3つの要素をSEO記事の構成に入れると、質がグッと高まり、検索エンジンで検索された際に上位表示されやすくなります。

それだけではなく作成したSEO記事を読んだ読者様を実際に行動へと駆り立て、Webサイト運営のゴールへと近づけるうえ、読者様の明るい未来にもつなげられます。

このように「SEO記事の構成に必要な要素」を理解することには多くメリットがあるので、次の項目から詳細をチェックしていきましょう。

検索ニーズ

SEO記事の構成を作る際には、検索ニーズの把握が欠かせません。

検索ニーズとは、「読者様が疑問に思っていること・知りたいと思っていること」です。

対策キーワードの調査をすれば、検索ニーズが見えてきます。

そして検索ニーズを正確に把握できれば、読者様に「そうそう、こういう情報を求めていたんだよ!」と思われやすくなります。

つまり検索ニーズをしっかり把握してSEO記事の構成を作ることで、読者様に読まれやすい記事を公開しやすくなり、より高いSEO評価を受けやすくなるということですね。

「せっかく検索して良さそうな記事を開いたのに、このページは的外れなことばかり書いてある」

このように思われるとSEO評価が下がり、検索上位に表示されやすくなるため、SEO記事の構成を作る際には、しっかりと検索ニーズを把握することが重要です。

ターゲット

SEO記事の構成を作る際には、どのような人(ターゲット)に向けた情報を発信するのかを強く意識することが大切です。

その理由はターゲットを間違えると、SEO評価をうけづらくなるからです。

例えばキーワード「Webライター講座 主婦」という記事を作り、主婦におすすめのWebライター講座を発信する場合を考えてみましょう。

キーワード「Webライター講座 主婦」でSEO記事を作る場合、ターゲットは主婦の方になるため、以下のような構成を作ると、より高いSEO評価を得られないと考えられます。

  • 大見出し「Webライター講座を選ぶコツ」
  • 中見出し「学業・サークルと両立できる講座を選ぶ」
  • 中見出し「受験時など、柔軟に受講時間を変更できる講座を選ぶ」

上記の構成を見ると、大見出し・中見出しの両方で「主婦」が意識されていないことが読み取れます。

そのため主婦の方が上記のような構成をとっているSEO記事を見ると、「この記事は主婦に向けた情報を発信していないから、私が読んでもそれほど役に立たなそうだわ」と思いやすいんですね。

このようにSEO記事を作る場合には、ターゲットを意識することが重要です。

なおキーワード「Webライター講座 主婦」でSEO記事を作る場合の構成案は、以下をご参考ください。

http://ksdtu.com/2022/11/24/web-writer-course-housewife/

※上記の構成はまだ下に続くのですが、長すぎるので一旦カットしました。

キーワード「Webライター講座 主婦」でSEO記事の構成を作る場合、主婦の方の生活や価値観などをイメージして、役立つ情報を発信することが重要です。

しっかりと読んでもらえる記事を公開でき、より高いSEO評価を受けられる点から、ターゲットを意識してSEO記事の構成を作ることが大切と言えます。

これから作成するSEO記事のゴール・目的

構成を作る際にはWebサイト運営のゴールに近づくため、これから取り組むSEO記事の制作目的を明確にすることが重要です。

効率良くWebサイト運営のゴールへと近づくためには、1記事1記事を作る際に目的を明確にして、少しずつ成果を出すことが大切になります。

「なんとなくWebサイトを運営してきたから、これといった成果を得られず、時間やエネルギーを無駄遣いしてしまった…」

このような失敗(※)を避けるためにも、SEO記事を制作する際には、各記事のゴール・目的を明確にしましょう。

(※)藤崎自身、各記事の目的を明確にしないまま記事作成をして数ヶ月後に「失敗した…」と後悔した経験があります。

なお、「SEO記事を作成する際のゴール・目的の例」としては、以下をご参考ください。

【SEO記事を作成する際のゴール・目的の例】

  • 他社サービスの広告・セールス
  • 関連記事への誘導
  • メルマガ登録
  • 集客

各記事を作成する目的は、Webサイト運営全体のゴールを意識することで見えてくるケースが多いです。

そのため、各記事を作る目的を明確にして、Webサイト運営のゴールに近づける構成を作るためにも、最終目標を意識することをおすすめします。

「Webサイト運営の最終目標か…そう言われると、明確に決めていなかったな…」と思った場合には、以下の記事をお役立てください。

「Webサイト運営の目的を達成するために役立つ指標」や「ゴールに到達するためのコツ」などを解説しています。

Webサイト運営のゴール設定法!コンバージョン・目的達成のコツとは

パート|SEO記事の構成における大まかな区分け

SEO記事は大きく分けて、以下の3パートで構成されています。

  • リード文
  • コンテンツ(本文)
  • まとめ

上記3つのパートを意識すると、Webサイト全体の記事を通して、ある程度の統一感・まとまりを出せ、わかりやすい構成で情報をお届けできます。

そのため、SEO記事公開後に検索エンジンから高く評価されやすくなり、またSEO記事作成時の効率もアップするので、次の項目からは上記3つのパートについて、サクサク見ていきましょう。

パート①リード文

SEO記事を構成するパート①は、記事冒頭に位置する「リード文」です。

具体的には以下がSEO記事の構成における「リード文」となります。

※以下の記事の対策キーワードは「SEO記事作成 手順」です。

http://ksdtu.com/2023/08/12/seo-article-creation-procedure/

リード文は読者様が最初に見る部分となるため、「どれほどこの記事が魅力的か」「読む価値があるか」を伝えることが重要です。

また、読者様の気持ちを代弁するような文章(※)があると、「この記事なら疑問を解消できそうだ!」と思ってもらいやすくなる点もおさえておきましょう。

(※)上記の対策キーワード「SEO記事作成 手順」のリード分の場合、「SEO記事作成の手順を把握して…」などのセリフ部分が一例。

リード文を上手く書ければ、それだけ読者様にSEO記事を読み進めてもらいやすくなるため、しっかりと重要ポイントをおさえて書くことが重要です。

その一方で慣れるまではリード文を上手く書けないと苦労する方が多く、また書くまでの時間がかかってしまうケースも多いです。

そのため、リード文を書くコツについては、また別の記事で解説します。

パート②コンテンツ(本文)

SEO記事の構成において、リード文の次にあたる部分がコンテンツ(本文)です。

具体的には以下がSEO記事の構成における「コンテンツ(本文)」となります。

※以下の記事の対策キーワードは「SEO記事作成 手順」です。

http://ksdtu.com/2023/08/12/seo-article-creation-procedure/

コンテンツ(本文)がSEO記事における構成のメインとなるため、どのような情報を、どのような順番で伝えていくかが重要となります。

SEO記事の構成を作るコツは、対策キーワードを使って検索ニーズを把握することです。

しっかりと検索ニーズを把握して、ターゲットを明確にすれば、より魅力的な構成を作れるため、高く評価されるSEO記事に仕上げられます。

コンテンツ(本文)の構成を作る方法については、後ほど「8ステップ|構成を作る際の具体的な手順」の項目で解説します。

パート③まとめ

SEO記事の構成において、コンテンツ(本文)の後、記事のラストにあたる部分が「まとめ」のパートです。

具体的には以下がSEO記事の構成における「まとめ」パートとなります。

※以下の記事の対策キーワードは「SEO記事作成 手順」です。

http://ksdtu.com/2023/08/12/seo-article-creation-procedure/

SEO記事における「まとめ」パートは、記事全体のまとめを簡潔に記載して、読者様を行動に駆り立てることが重要です。

この記事を読んでいただいた後、「読者様がどのような行動をとれば、より良い未来に向かって歩き出せるのか」を考えると共に、「自社の利益を伸ばせるのか」を考えれば、「まとめ」パートでどのような文章を書けば良いのかが見えてくるでしょう。

「そうは言ってもまとめパートで、どんな風に文章を書けばいいのかわからない…」という場合には、藤崎の「SEOコンサル」をご利用ください。

あなたの状況にあわせて、適切な対処法・まとめパートを書くコツをお伝えします。

藤崎は経験ゼロからSEO記事の制作スキルを磨き、月収90万円以上の実績を出せるまでになったので、あなたがどの段階にいるのか、どのような伝え方をすれば効率良くコツをマスターいただけるのかを見通す力があります。

初心者・中級者のWebライターさんにも同様に、まとめパートの書き方を伝授したことがあるので、もし書き方に困った際には、藤崎の「SEOコンサル」をご活用くださいね。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【問い合わせ先】
yu@ufu3.com

8ステップ|SEO記事の構成を作る際の具体的な手順

「SEO記事の構成って、具体的にはどうやって作ればいいの?」という方は、以下の手順をご覧ください。

【SEO記事の構成を作る手順】

  1. 上位記事の情報を集める
  2. 必要な情報をピックアップする
  3. 見出しを作る
  4. 見出しを並べる
  5. メタディスクリプションを作る
  6. タイトル設計をする
  7. ペルソナを設定する
  8. 記事のゴールを決める

上記8つの「SEO記事の構成を作る手順」を把握しておけば、効率良くWebサイト運営の目的を達成できます。

反対に「SEO記事の構成を作る手順」を知らないままWebサイト運営を進めると、数日後・数か月後に大幅な修正が必要となり、時間やコスト、人員が不足してしまうかもしれません。

効率の悪化が原因で閉鎖に追い込まれるWebサイトは少なくないので、上記8つの「SEO記事の構成を作る手順」を順にチェックして、目的達成に近づいていきましょう。

手順①上位記事の情報を集める

SEO記事の構成を作る際には、まず対策キーワード(※)で上位表示された情報を集めることが重要です。

(※)SEO記事を作成する際、上位表示を狙うキーワードのこと。

例えば、キーワード「SEO記事作成 手順」で上位表示を狙って記事を作成する場合の対策キーワードは「SEO記事作成 手順」を指す。

対策キーワードで上位表示された情報を集めることが重要な理由は、検索ニーズを漏れなく集めるためです。

SEO記事を作成する際には、網羅性を高めることが重要です。

網羅性とは、「様々な検索ニーズをどれだけ網羅できているか」を意味します。

例えばキーワード「SEO記事作成 手順」という記事を書く際、「SEO記事の作成手順」だけでなく、「SEO記事の作成にあたって注意すべきこと・上手く作成するコツ」という情報があれば、検索ニーズを満たしやすいと言えます。

なぜなら「SEO記事作成 手順」というキーワードで検索する人の多くは、実際にSEO記事を作成する際、どんな点に注意すれば上手く記事を公開できるのかも気になっている可能性が高いからです。

Googleは検索ニーズを満足させる記事を上位に表示させると言われているため、網羅性を高めることが重要です。

これらの点から、SEO記事の構成を作る際には、実際に対策キーワードで検索をしてみて、上位記事にどんな情報が書かれているのかをチェックしましょう。

手順②必要な情報をピックアップする

SEO記事の構成を作る際には、上位記事の情報を集めた後、どの情報を解説するかを選ぶ工程が重要です。

なぜならSEO記事の構成づくりの手順①で、実際にキーワードを検索した際、ライバル以外の記事が紛れ込むケースがあるからです。

ここで言う「ライバル」とは基本的に、あなたと同じように、対策キーワードで上位表示を狙っているライバルサイトを指します。

逆に「ライバル以外」とは、対策キーワードで上位表示を狙っていないサイトや、サービス提供元の公式サイトのことです。

例えば、「ドコモ 使い方」というキーワードで上位表示を狙う場合、ドコモの公式サイトはライバルには含めません。

その理由は、「ドコモ 使い方」というキーワードでSEO記事の構成を作る場合、ドコモの公式サイトは競争相手とみなさないケースが多いからです。

※キーワード「ドコモ 使い方」でSEO記事を作成する場合、ドコモ関連の記事を解説しながら、ドコモの公式サイトや関連記事を提案し、読者様に遷移いただくことを目的にするケースが多いです。

このような点から、SEO記事の構成を作る際には、記事で取り上げる必要な情報を吟味することが重要です。

なお、SEO記事の構成作成手順②の「必要な情報をピックアップ」する工程では、ツールを使う方法をおすすめします。

例えば無料ツールの「ラッコキーワード」は、検索上位記事の構成(見出し)をババッとCSVで出力してくれます。

https://related-keywords.com/

上記の検索窓に対策キーワードを入れた後、「見出し抽出(上位20サイト)」というボタンを押すと、20サイト分の構成(見出し)をCSVにサクッとまとめてくれるので、非常に便利です。

ラッコキーワードを使ってライバルサイトの構成(見出し)を俯瞰で見れば、「あー、こんな情報が求められているのか」と短時間で効率良く把握しやすくなります。

なおSEO記事の構成作成手順②の「必要な情報をピックアップ」の段階では、慣れてきた段階で、検索上位以外の情報も参考になることをおすすめします。

例えば、関連KWなどを意識したり、ツールを使って情報を集めたりすることです。

これらの方法でより多くの情報を集められれば、検索ニーズを満たしやすく、SEO記事の構成品質をさらに高められます。

必要な情報をピックアップする方法については、また別の記事で解説予定です。

【】

手順③見出しを作る

SEO記事の構成作成手順③は、網羅性バッチリとなった情報を適切な形にグルーピングする「見出し作り」です。

わかりやすい構成を作り、SEO記事として高く評価されるためには、階層構造(親子関係)を意識することが重要です。

階層構造(親子関係)とは、大きな概念となる見出し(※)の下に、小さな概念となる見出しを作ることです。

(※)見出しとは、項目のことです。

例えば以下の目次をご覧ください。

階層構造の仕組みを理解する際には、「3.Webサイト運営のゴール・目的を達成するための指標」に注目するとわかりやすいかと思います。

「3.Webサイト運営のゴール・目的を達成するための指標」が親となる「大きな概念(枠組み)」となる見出しで、「大見出し」「h2」(※)などと呼ばれます。

(※)記事作成の際、見出しを「<h2>」という文字列で装飾することで、上記のように見出しとして設定できる点から、大見出しを「h2」と呼ぶ人がいます(この後に出てくる「中見出し」の「h3」も同様です)

また「3.1 KGI」や「3.2 KPI」は「小さな概念(枠組み)」となり、「中見出し」「h3」などと呼ばれます。

このように大見出し「3.Webサイト運営のゴール・目的を達成するための指標」の枠組みの中に「3.1 KGI」「3.2 KPI」という小さな概念があるため、親子関係がわかるよう、大見出し・中見出しでわけているということです。

階層構造の仕組みに従ってわかりやすく見出しがグルーピングされていると、SEO記事として高く評価されやすいため、上手く情報を整理して情報をまとめることが重要となります。

手順④見出しを並べる

SEO記事の構成を作る際には、見出しをグルーピングした後、大見出し(h2)を並び替えることで、さらに高いSEO評価を受けやすくなります。

具体的には以下のように、読者様の理解を少しずつ深めていくといった見出しの並べ方で構成を作れば、SEO評価の高い記事に仕上げやすいです。

※以下の記事は、キーワード「Webサイト ゴール」で上位表示を狙っています。

上記の見出しは基本的な知識から、少しずつ詳細を解説する流れをとった見出しの流れ(構成)になります。

もう少しわかりやすくお伝えすると、上記の構成は、以下の流れになっています。

  1. サイト運営のゴールとは?
  2. ゴールが必要な理由
  3. ゴール達成に役立つ指標

上記の構成は、読者様の理解度を順に深めていくタイプの流れとなるため、「時系列タイプ」などと呼ばれます。

他にも「結論先出しタイプ」の構成もあるので、サクッと解説しておきます。

「結論先だしタイプ」とは、読者様の関心が強いと考えられる見出しから順番に並べるタイプの構成です。

例えばキーワード「主婦 仕事 おすすめ」でSEO記事を作成する場合、以下の構成が「結論先だしタイプ」となります。

http://ksdtu.com/2020/08/12/housewife-jobs-recommended/

上記の例では、最初の見出しで大手サイトに掲載されている「主婦におすすめの仕事ランキング」を紹介し、その次の見出しで、当ブログがおすすめする「主婦におすすめの仕事ランキング」を紹介しています。

その後、主婦におすすめの仕事が気になる読者様の興味が強いであろう順番を考え、構成を作っているわけです。

このように、「結論先だしタイプ」は、「時系列タイプ」の構成よりも感覚的になりやすく、構成を作る人が、「このキーワードの読者さんは、この順番に気になっているだろうな」という推測のもとで作られるケースが多いです。

なお「結論先だしタイプ」が重宝される理由としては、「読者様は最も関心が強い情報から見たいであろうから、前置きをダラダラと述べるほど、離脱しやすくなるだろう。だから先に結論から解説して、その流れでできるだけ最後で記事を読んでもらえるような構成にしよう」といった意図があることが多いです。

ここまでに解説した見出しの並びに関するタイプは、以下の2種類となります。

構成(見出しの順番)の種類概要
時系列タイプ基礎知識から詳細解説に進むタイプの構成。
結論先だしタイプ読者様の関心が強いと考えられる順番に見出しを並べた構成。

構成づくりをする際には、大体上記のどちらかになりますが、運営方針やSEO記事作成のテーマ、ゴールなどによっては異なる構成になることもあります。

手順⑤メタディスクリプションを作る

見出しの順番を整えた後は、作成した記事のSEO評価をさらに高められるようなメタディスクリプションを設定しましょう。

メタディスクリプションとは以下のような、「検索エンジンの検索結果画面で、タイトルの下に表示される小さな文字」のことです。

https://www.google.com/search?q=Web%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88&sca_esv=556737795&ei=jRzaZIaLD_y32roP85yuyAc&ved=0ahUKEwjGhanxkdyAAxX8m1YBHXOOC3kQ4dUDCA8&uact=5&oq=Web%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88&gs_lp=Egxnd3Mtd2l6LXNlcnAiGVdlYuODqeOCpOOCv-ODvCDjg4vjg7zjg4hI0ARQowJYsgNwAXgAkAEAmAFaoAGnAaoBATK4AQPIAQD4AQHCAggQABiiBBiwA8ICCxAAGIkFGKIEGLADwgIFEAAYogTCAggQABiJBRiiBOIDBBgBIEGIBgGQBgM&sclient=gws-wiz-serp

メタディスクリプションは直接的にはSEO評価に影響しないと言われています。

ただし魅力的なメタディスクリプションを書き、クリック率が上がると間接的にSEO評価に良い影響を与えると考えられるため、しっかりと記載しておいた方が良いでしょう。

メタディスクリプションを書くコツは、「この記事を読みたい」「自分の疑問は、この記事を読むと解消できそうだ」と思ってもらえるような文章を書くことです。

このあたりの詳細解説は、別途「メタディスクリプションを書くコツ」などの記事を作成しようと思いますので、また作成次第、記載させていただきますね。

手順⑥タイトル設計をする

SEO記事作成の手順⑥「タイトル設計」とは、作成した記事のタイトルを決める工程です。

タイトル設計は、メタディスクリプションを設定した後など、構成づくりの後半で取り掛かることをおすすめします。

その理由は「タイトルが、これから作成するSEO記事を端的に表した文字列だから」です。

タイトルは30文字ほどで記載するのが良いとされており、「いかに少ない文字数で記事の内容・魅力を伝えられるか」が重要となります。

そのため、検索ニーズの把握・見出しの作成や並び替え・メタディスクリプションの作成などを終え、「この記事で解説する内容や重要な情報、読むメリット」などを把握できた段階でタイトルを作ることがおすすめです。

逆に構成づくりの最初の段階でタイトルを設計すると、検索ニーズや見出しの詳細を把握しないままウンウンと悩むことになりがちです。

藤崎も初期はタイトルから先に考えたことがあり、非常に効率の悪い記事作成方法で進めていたと記憶しています。

※確かその頃は、「タイトルは最も重要だから、一番先に設定しよう」などと考えていたかと思います。

このようにSEO記事の構成を含め、一連の記事作成・施策などは、生半可な知識・経験で進めると、非常に効率が悪く、何度も書き換えや記事の削除などが発生します。

これらの点から、効率良くSEO記事の構成・執筆を進め、Webサイト全体のSEO評価をグングン高めていきたい場合には、プロに頼ることをおすすめします。

プロの中にも、自身の考えを押し付けず、相談者様の希望・運営方針を尊重しながら、人当たり良くサポートしてくれる人がいるはず(※)なので、身近な人・信頼できる人で、SEOのプロがいないかどうか探してみると良いでしょう。

(※)少なくとも藤崎はかなり親身になってご相談にのり、ベストと感じていただけるようご提案・サポートをしていきます。

これは初心者ライターさんにも同じ対応をしており、どれだけ知識やスキルがなくても、意欲がある方・真摯に取り組まれる方ほど、全力でサポートするよう心がけています。

なので、もし身近にSEOのプロ・信頼できる頼れる人がいない場合には、お気軽に藤崎へご連絡ください。

まずはサクッと状況などをお伺いして、藤崎で対応可能かどうか、どんなサポートができるかなど、適切にご協力できる内容を探っていきたいと思います。

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

手順⑦ペルソナを設定する

SEO記事の構成作成手順⑦は、どのような読者様に読んでもらうための記事であるかを決める「ペルソナ設定」です。

ペルソナとは、対象者・相手を具体的に決めることで、SEO記事の構成づくりにおいては、以下のような要素を詳しく決めることです。

ペルソナの設定項目(例)設定項目の例
年齢30歳
性別女性
婚姻婚姻中※離婚歴1回
子どもの有無あり※2人
趣味嗜好など・ダンスが好き・節約家など

上記のように読者となる人の特徴を細かく決める作業が「ペルソナの設定」です。

なおペルソナ設定とターゲット設定の違いは、「どれだけ細かく設定するか」とされています。

具体的にはターゲット設定の方がペルソナ設定よりも基準がゆるく、「30代」「運動が好き」など、そこまで設定内容を細かく決めない点が特徴的です。

ただ、ペルソナとターゲットを同じ意味で使うSEO制作会社さんもいらっしゃるので、そこまで明確に意味を覚えておかなくても、大きな問題はないでしょう。

SEO記事の構成作成手順⑥の段階では、「ペルソナ設定をすることで、読者様により魅力を感じてもらえる記事・役立つ記事を書く」という点をおさえておけば大丈夫です。

手順⑧記事のゴールを決める

SEO記事の構成作成手順⑧は「読了後、読者様にどのような行動をとって欲しいか」などの「記事のゴールを決める」ことです。

具体例としては、以下のようなゴールが考えられます。

  • 商品の販売ページに遷移してもらう
  • メルマガに登録してもらう
  • 関連記事に遷移してもらうなど

上記のように記事のゴールを決めれば、読者様を次の行動に駆り立てられます。

これは成果の発生(コンバージョン)につながり、利益に直結する部分となるので、SEO記事の構成を考える際には、記事のゴールを決めることが重要です。

なおSEO記事を書く場合、基本的には検索ニーズに沿った構成を作る点から、記事のゴールを決めるステップは今回7ステップ目として紹介しています。

プレスリリースやアンケート結果などのSEO記事以外を作成する場合や、運営方針などによっては、記事のゴールを決めるステップを構成づくりの前半で取り組むケースもあるでしょう。

SEO記事構成案テンプレート

構成案のテンプレートは、以下をコピーするなどして、自由にお使いください。

SEO記事構成案テンプレート – Google スプレッドシート

恐らく最初は「SEO記事構成案テンプレート」の使い方がよくわからないかと思います。

ですが、この記事の「」をしっかり読み込み、ひとつずつ丁寧に構成づくりを進めていけば、「SEO記事構成案テンプレート」を完成できるでしょう。

基本的には1年ほど使い込めば、「SEO記事構成案テンプレート」をしっかり活用できるようになるかと思います。

ただし途中で間違った方法が混入した場合には、「SEO記事構成案テンプレート」が逆効果になるのでご注意ください。

「SEO記事構成案テンプレート」の使い方を間違えると、構成の質が低下し、検索ニーズを満たせない構成となってしまいがちです。

検索ニーズを満たせていないSEO記事は、読者様の役に立たない・読者様に魅力を感じてもらいづらいため、「SEO記事構成案テンプレート」は適切な方法で活用することをおすすめします。

「しっかりとSEO記事構成案テンプレートを活用できるかどうか不安…」

「すぐSEO記事で結果を出したいのに、フル活用するまでに1年もSEO記事構成案テンプレートを使いこまなきゃいけないのか…」

このように思った場合には、当ブログの「SEOコンサル」もしくは、「記事作成サポート」をご活用ください。

SEO記事構成案テンプレートをフル活用している藤崎が、懇切丁寧に、あなたの状況をふまえた最適なアドバイスをします。

藤崎はここ約10年をかけ、SEO記事制作やディレクション、Webサイトの運営スキルをひとつずつ地道に磨いてきたので、それらのノウハウをお伝えすることで、あなたのお役に立ちたいと思っています。

なにもあなた自身が何年もかけ、SEO記事構成案テンプレートを活用できるようになる必要はありません。

サッと藤崎の経験・ノウハウを活用すれば、サクサクとSEO記事構成案テンプレートを使えるようになります。

もちろんこの記事でご紹介したSEO記事構成案テンプレートは、藤崎が作りましたので、カスタマイズも自由自在です。

あなたが「こんな情報もSEO記事構成案テンプレートに書いておけば、より効率良くWebサイトを運営できるんじゃないかな?」などと思った際には、すぐにカスタマイズできます。

SEO記事構成案テンプレートを自由自在に使いこなしながら、高品質なSEO記事を制作し、いち早くWebサイト運営のゴールを達成したい場合には、ぜひ当ブログの「SEOコンサル」「記事作成サポート」をご活用ください。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【問い合わせ先】
yu@ufu3.com

SEO記事の構成を作る際の注意点

「SEO記事構成案テンプレートは、間違った方法で使うと逆効果になることもあるのか…それならSEO記事の構成を作る際の注意点をサクッと把握しておきたいな」という方は、以下をご覧ください。

  • 完璧を求めない
  • キーワードを入れる
  • 階層構造(親子関係)の使い方に注意する

上記を意識するだけで、初心者さんがSEO記事の構成づくりで陥りがちな失敗のほとんどを避けられます。

より効率良くSEO記事の構成を作れれば、SEO記事制作の成功率をググっと高められるので、次の項目から具体的な「SEO記事の構成づくりにおける注意点」をチェックしていきましょう。

完璧を求めない

SEOはブラックボックスと言われているため、SEO記事の構成づくりにおいて完璧を求めないことが重要です。

「完璧な構成を作れば、SEO記事制作後、絶対1位をとれるはずだ!」と必死になっても、1位を取れないことはあります。

藤崎自身も経験済みなのですが、構成の精度を1%でも高めようと何時間もかけ、その結果10位以内にも入れなかった際のショックは無茶苦茶大きいです。

「構成だけで3日もかけ、執筆に2週間もかけたのに、検索結果の圏外じゃん…」と絶望したことも何度かあります。

こういった失敗から藤崎は学びました。

「構成づくりは、8割程度の出来を目指した方がいい」

「公開後は検索結果を見て、どれくらいのSEO評価を得られているかを確認しながらWebサイト運営を進めた方がいい」

このような経験から、SEO記事の構成を作る際には完璧を求めないことをおすすめします。

1記事の構成品質を1%上げるために3時間使うより、次の記事を30%進めるために3時間使った方が、はるかに効率が良いです。

ただ、このあたりの力のかけ方、進め方のコツは、実際にWebサイトを運営しないと見えてこない部分ですので、イメージしづらいかと思います。

なので現状としては、「1記事に時間をかけすぎるより、8割程度の出来を目指しながら色んなSEO記事の構成を作っていった方が良い」といった感じで、アバウトにとらえておくと良いのではと思います。

キーワードを入れる

SEO記事の構成を作る際には、見出し名にキーワードを入れることが重要です。

特に「大見出し」(h2)の見出し名には、ほぼマストでキーワードを入れるように意識しましょう。

その理由は、GoogleがSEO評価の基準として、大見出しにキーワードが入っているSEO記事を高く評価しやすいと考えられているからです。

SEOの知識が深まってくると腑に落ちると思うのですが、SEO記事は基本的にキーワードを意識して作る必要がある(※)ので、大見出しにキーワードが入ることは自然なことと言えます。

(※)対策キーワードで検索をした読者様のニーズを満たすためです。

例えば、キーワード「Webサイト ゴール」で検索する人は、Webサイトのゴールに関する情報を求めているため、大見出しの内容は全てWebサイトのゴールに関する内容になっており、その結果として、大見出しの名前には「Webサイト ゴール」を入れられる可能性が高いということですね。

よりSEO記事の構成・SEOの仕組みを理解しやすいよう、上記をそのまま箇条書きしてみます。

  1. キーワード「Webサイト ゴール」で検索する人を対象にSEO記事を作る
  2. 対象とする読者様は、Webサイトのゴールに関する情報を求めている
  3. キーワード「Webサイト ゴール」のSEO記事を作るなら、大見出しは全てWebサイトのゴールに関する内容となる
    ※その他の情報が入っている場合、キーワード「Webサイト ゴール」を意識した構成になっていない可能性が高い
  4. そのためキーワード「Webサイト ゴール」でSEO記事を作る場合、大見出しの名前に「Webサイト」「ゴール」を入れられる

上記のような思考の流れで、キーワード「Webサイト ゴール」のSEO記事を作る際には、大見出しに「Webサイト」「ゴール」というキーワードを入れられるということですね。

そしてGoogleも上記のような考えでアルゴリズム(SEOの評価基準)を作り、それぞれの記事の検索順位を決めていると考えられます。

このような点から、SEO記事の構成を作る際には、特に大見出しに対策キーワードを自然に書きましょう。

初心者さんの多くは対策キーワードを入れられていないケースが多いです。

また意識しすぎて、対策キーワードを書きすぎていることもあります。

どちらの場合もSEO記事の評価を十分に高められず、場合によってはペナルティ(※)を受ける場合もあるので、SEO記事の構成を作る際には注意が必要です。

(※)悪質な記事・スパムとみなされ、検索結果に表示されないなどの措置を受けること。

階層構造(親子関係)の使い方に注意する

SEO記事の構成を作る際には、先ほども少しお伝えした階層構造(親子関係)の使い方を意識した構成にすることが重要です。

階層構造(親子関係)の使い方は、明確な正解がないとされていますが、仕組みを理解できていれば適切な構成を作れるはずです。

例えば大見出しの下に中見出しがひとつしかない場合、階層構造(親子関係)を正しく使えていない状況が懸念されます。

具体的には以下のような構成になっている場合が、階層構造(親子関係)をうまく使えていないと考えられる状況です。

  • 大見出し名「株式会社●●とは?」
  • 中見出し名「株式会社●●の基本情報」

上記のように、ひとつの大見出しに対して中見出しがひとつしかない場合、親子関係にする必要がない(※)ケースが多く、階層構造を上手く使えてないのではと考えられます。

(※)中見出しを削除して、大見出し「株式会社●●とは?」の直下(見出し内)に基本情報を書けば良いためです。

他にも階層構造を上手く使えていないケースはちょこちょこと見られるのですが、それぞれの例を挙げると情報量が多くなりすぎるので、この記事では詳しく解説しません。

※大手企業様のWebサイトでも、階層構造をうまく使えていないケースがあるので、「ここを改善したらもっと高いSEO評価を受けられるのに…もったいないなぁ」と思うことがちょくちょくあります。

なお、もし階層構造の正しい使い方に関する詳細が気になった方は、以下から藤崎にご連絡いただければと思います。

その際には、「階層構造の活用方法が知りたい」など、サクッとご連絡いただければと。

そのようなお声が多いようでしたら、また別の記事で解説しようと思います。

※特に階層構造の理解で苦しむ、理解できないまま次のステップに進む方が多いので、できれば別記事で解説しようとは思っているのですが。

SEO記事の構成づくりに関するよくある質問

SEO記事の構成について気になった方は、以下も気になることがあります。

【SEO記事の構成づくりに関するよくある質問】

  • SEO記事のゴミサイトとは?
  • そもそもSEO記事とは?
  • SEO記事の例とは?
  • SEO記事作成全体の流れは?
  • SEO記事の構成案は?
  • 良い構成案を作っても検索順位が上がらない場合、どうすればいい?
  • インサイトとは?
  • 1記事1テーマで書くってどういうこと?

上記の「SEO記事の構成づくりに関するよくある質問」を見ておくと、「そういえば、こんな情報も気になるな」「この点も把握しておくと、今後に役立ちそうだ」などの発見があるかもしれません。

より良いSEO記事の構成を作っていけるよう、上記の「SEO記事の構成づくりに関するよくある質問」を順番にチェックしていきましょう。

SEO記事のゴミサイトとは?

SEO記事のゴミサイトとは、「検索エンジンが好みそうなSEO施策を施して上位表示されているものの、内容としてはあまり読者様の役に立たないWebサイト」を意味します。

具体的には対策キーワードで上位表示されたサイトに書かれている内容を綺麗に整理した程度の記事を量産しているWebサイトが「SEO記事のゴミサイト」と言われることが多いです。

SEO記事のゴミサイトでは、記事作成者が「実際に体験したこと」「深く理解していること」など、本質的な情報が少なく、読者様を実際の行動に駆り立てづらい点が特徴的です。

またSEO記事のゴミサイトは、表面的には「専門性の高そうな情報」や「理屈の通っていそうな情報」が多く掲載されているものの、熟読すると曖昧で具体性の少ない情報となっているケースが多いです。

そもそもSEO記事とは?

SEO記事とは、「検索エンジンで上位表示させ、Webサイト運営の目的達成を実現することを目的に作成された記事」を指します。

この記事でお伝えしたような、検索エンジンによって高く評価されやすいポイント(※)をおさえたうえで作成する記事が「SEO記事」です。

(※)「見出し名にキーワードを入れる」「階層構造を意識する」など。

検索エンジンの上位に表示させるために検索ニーズを把握するなど、SEO記事を作るコツとしては、読者様に役立つアプローチがあります。

その一方で、ライバルが少ないキーワードでSEO記事を作成する場合など、それほど役に立たない(薄っぺらい)情報を集めた「SEO記事のゴミサイト」が検索上位に表示されることもあります。

SEO記事の例とは?

SEO記事の例を挙げるとすると、この記事(今あなたが見ている記事)が一例として挙げられます。

今あなたが見ているこの記事は、「SEO記事 構成」というキーワードで検索をしてきた方に向けて作成したSEO記事です。

つまりキーワード「SEO記事 構成」で検索する方が、どんな情報を知りたいかをリサーチしたうえで、わかりやすく情報をお届けできるように、この記事を作っています。

なお、キーワード「SEO記事 構成」で上位表示をさせるために作成したこのSEO記事は、先述の「8ステップ|構成を作る際の具体的な手順」のステップに従って構成を作り、内容の作成に入りました。

SEO記事作成全体の流れは?

SEO記事作成の全体の流れは、以下の通りです。

  1. 企画づくり
  2. 情報収集
  3. 検索ニーズの把握
  4. ターゲティング
  5. 企画などの見直し
  6. 構成づくり
  7. 執筆
  8. 読み終えた後の行動喚起

全体の流れを把握しておけば、SEO記事作成の途中で、「いつになったら公開できるんだろう…」と途方に暮れるリスクを減らせます。

結果として、より前向きにSEO記事の作成に取り組める・目の前の工程に集中できるなどのメリットがあるので、ぜひ上記の「SEO記事作成全体の流れ」を把握したうえで、作業を進めてくださいね。

「もっと詳しくSEO記事作成の流れについて知りたい」という場合は、以下の記事をお役立てください。

「各工程でどのような作業をすれば、効率良く高品質なSEO記事に仕上げられるのか」などがわかります。

【最適化】SEO記事作成の手順!後の修正を大幅カットするコツとは

SEO記事の構成案は?

SEO記事の構成案として、以下の実例をご参考ください。

※キーワード「Webライター 講座」でSEO記事を作成した際の実例です。

http://ksdtu.com/2022/04/14/webwriter-course/

上記は「時系列タイプ」のSEO記事構成案となっており、メインコンテンツ(検索ニーズが最も強いと思われる見出し)の「【口コミ評判◎】おすすめのWebライター養成講座・ライティングスクール比較ランキング」は、7つ目の大見出しに設定されています。

藤崎としては対策キーワード「Webライター 講座」の性質から、「結論先だしタイプ」の構成として、大見出しの「【口コミ評判◎】おすすめのWebライター養成講座・ライティングスクール比較ランキング」を最初に持ってくるのが良いかと思いました。

ただ上記の構成案を作っていただいたWebライター様は、テンポ良く記事作成することでお力を十分に発揮しやすいタイプの方でしたので、修正依頼をすることなく、当初の構成案(時系列タイプ)で執筆依頼をした形です。

このように藤崎としては各ライター様の強みを発揮していただけるような取り組み方を重視しており、たくさんの方が前向きにSEO記事の作成に取り組んでいただけるよう意識しています。

どのライター様も非常に意欲的で楽しく取り組んでいただけるため、当ブログは前向きに執筆できると高く評価いただいています。

※参考

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

もしあなたのWebサイトでも、前向きに取り組めるWebライターさんをお探しの場合には、ぜひ藤崎にご連絡ください。

意欲的に取り組めるWebライターさんは、修正なども前向きにしてくださるうえ、画像の選び方なども柔軟に対応してくださるので、非常に貢献度が高いかと思います。

そういったWebライター様のお力を借りることで、より良いSEO記事を大量に公開でき、グングンWebサイトを成長させていけるので、リソース不足・Webライター様の質などでお困りの場合には、ぜひ藤崎にご連絡くださいね。

【問い合わせ先】
yu@ufu3.com

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

良い構成案を作っても検索順位が上がらない場合、どうすればいい?

「この構成案ならバッチリだ!」と思ってSEO記事を公開しても、一向に検索順位が上がらない場合には、リライトがおすすめです。

リライトとは「SEO記事の改善・書き直し」を意味します。

より多くの情報を掲載したり、わかりやすい文章に書き換えたりすることで、SEO評価を高めるための施策がリライトです。

リライトをする際には、網羅性・見出しの順番・キーワードの詰め込み過ぎ・リンク切れなどに注目することをおすすめします。

ただ、SEO記事の評価は様々な基準で決定されると言われているため、色々と工夫してリライトしても、上手く上位表示できないケースも珍しくありません。

そういった際にはSEOのプロに相談することをおすすめします。

思いもよらないところに原因があるケースもあるので、「何年も悩んでやって解決策が見つかった!」という状況になることもあるでしょう。

※藤崎は経験済みです。

多くの場合、藤崎のように何年も費やせるほど、Webサイトの運営に時間をかけられないかと思いますので、いくらリライトしてもSEO評価が高まらない場合には、プロの力を借りることをおすすめします。

※藤崎は趣味でWebサイトを運営してきたので、あれこれと考えながらSEO対策をすることを楽しんできました。

そのため、ひとつずつの工程や、SEOの仕組みをしっかりと把握している藤崎のような人物に相談すれば、適切なSEO記事の改善策を提案してもらえるでしょう。

もし身近にSEOのプロ・信頼できる方がいない場合には、お気軽に藤崎へご相談ください。

藤崎は上場企業様とのお取引もあり、信頼性・安定感の面でも、安心してご相談いただけるかと思います。

もちろん、「どのようなサポートをしてくれますか?」といったお問い合わせのみも大歓迎です。

藤崎の叩き上げのスキル・経験を有効活用いただければと思っていますので、ぜひお気軽にお声がけくださいね。

【問い合わせ先】
yu@ufu3.com

インサイトとは?

SEO記事の構成案づくりで見られることがある「インサイト」とは、検索者の潜在ニーズのことです。

例えば、キーワード「Webライター 稼げない」で検索する人のインサイトとしては、以下のような潜在ニーズが考えられます。

  • Webライターとして稼げるようになりたい
  • Webライターとして稼ぐために必要なスキルは?
  • どのクラウドソーシングを使えばWebライターとして稼げる?
  • クラウドソーシング以外にもWebライターとして稼ぐ方法はあるの?

上記のようなインサイト(潜在ニーズ)をふまえてSEO記事の構成案を作れば、検索者のニーズを満たしやすくなります。

検索者のニーズを満たせる記事は高いSEO評価を受けやすいので、Webサイト運営のゴールに近づきやすいということですね。

なお、キーワード「Webライター 稼げない」のインサイト(潜在ニーズ)だけでなく、顕在ニーズ(※)もふまえたSEO記事の構成案(例)は、以下となります。

(※)「Webライターは稼げない?」「稼げない理由は?」など

http://ksdtu.com/2022/05/17/web-writer-cant-make-money/

上記のようにインサイトをふまえて構成案を作ると、ワンランク上のSEO記事を作りやすいので、ぜひインサイトを意識してSEO記事を作ってみてください。

※中には「インサイト」を、「顕在ニーズ+潜在ニーズ」として認識している方もいらっしゃるので、状況にあわせてニュアンスを汲み取ると良いでしょう。

1記事1テーマで書くってどういうこと?

「SEO記事の構成案は、1記事1テーマで書くべきだって聞いたけど、それってどういうこと?」と思う方は少なくありません。

「1記事1テーマで書く」という言葉の意味は、「1つのSEO記事に対策キーワードとは関係のない情報を入れないようにする」という意味です。

1つのSEO記事に対策キーワード以外の情報を入れると、読者様は、「こんな情報、いらないんだけど」と感じやすくなります。

そして不要な情報が多いほど読まれにくくなるため、SEO記事としての評価が下がりやすくなります。

そのため「1つの記事は1つのテーマに絞って書くことが大事」という意味で、「1記事1テーマ」と言われるんですね。

「SEO記事の構成」のまとめ

SEO記事の構成は、読者様に役立つ情報をわかりやすくお届けしたり、検索エンジンからより高い評価を受けるために重要となります。

構成づくりを疎かにすると、「目次を作っていなかったから、SEO記事制作の後半の作業で大幅な修正が発生してしまった…」「一ヶ月もかかって記事を公開したのに、検索20位にも入れないなんて…」など、後悔するリスクが高まるためご注意ください。

反対にSEO記事の構成をしっかり作っておけば、スムーズに公開でき、読者様に価値ある情報を提供しながら、より高いSEO評価を得られると期待できます。

このように毎回、SEO記事の制作時にしっかりとした構成を作ることで運営効率をアップして、最終目標を達成しやすくなるので、ぜひこの記事でご紹介した「SEO記事の構成に関する役立つ情報」を参考に、賢くWebサイトを運営していってくださいね。

「SEO記事の構成づくりが重要なことは理解できたけど、実際、どうやって質の高い構成を作れるのかがわからない…」と思った場合には、当ブログの「SEOコンサル」や「記事作成サポート」をご活用ください。

様々な失敗を乗り越えてきた当ブログの管理人 藤崎は、SEO記事の構成づくりに精通しています。

もちろん、上手く構成を作れない方のお気持ちも痛いほどわかります。

そして、そんな状況の乗り越え方も熟知しているので、「Webサイト運営の成功までに何年も時間をかけてられない…!」という方は、ぜひ藤崎にご連絡ください。

なお藤崎は物腰が柔らかく、自身の価値観を周りの方に押し付けないことでも知られており、初心者Webライター様への個別指導などでも高く評価いただいています。

そのため、「人当たりの良いサポーターにWebサイト運営を手助けしてもらいたい!」という方も、ぜひ藤崎のサポートをご活用くださいね。

【SEOコンサルの詳細はこちら】

SEOコンサル

【記事作成サポートの詳細はこちら】

記事作成代行

【初心者ライターさんによる藤崎の評価はこちら】

【評判】藤崎のWebライター講座の口コミは?特徴や料金・他スクールとの比較も!

【問い合わせ先】

yu@ufu3.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Webライターの経費計上について
  2. Webライターの税金のあれこれ(消費税・源泉徴収・所得税の確定申告・節税など)
  3. 1時間に2000文字を書く初心者Webライター

目次