面接ですぐに使える最も簡単なテクニックとは

この記事は6分で読めます

面接で簡単に使えるテクニックを見つけた(イメージ画像)




失敗のリスクを大幅に減らす

 

これまで、面接に関する記事をいくつか書いてきましたが、やはり、面接を苦手としている方が多いようですね。

(参考)
>>面接は志望校選びにかかっています~滑り止めに要注意
>>なぜ藤崎は面接対策をしなくてよかったのか?

 

というのも、最近、面接に関する質問や相談のメールをたくさんいただくのですが、皆さん、色んな悩みがあるようですからね。

 

そんな中でも、特に「面接で最も簡単に使えるテクニックを教えてください」という内容のメールをいただくことが多いです。

 

なので、今回はそのあたりを書いていこうと思います。

 

どんな方でもすぐに使えて、そこそこの効果が見込めるテクニックですので、参考にされてください。

 

面接でミスをするということがほとんどなくなりますので、面接が怖くなくなり、むしろ得点源であることがわかっていただけると思います。

 

藤崎は、そこそこ面接が得意ですので、基本的なテクニックをお伝えしておきます。

 

レベルが低いと思われないために

大半の方は、面接で自分を良く見せようとします。

 

「絶対に合格したい!」と思って受験に臨むのですから、それは当然の人間心理です。

 

面接官に向かって、「うちの子は本当に良い子なんですよ」という話をするんですね。

 

でも藤崎は、こんな風に前面に押し出してアピールすることはありません。

 

理由は簡単です。

 

藤崎が面接官の立場なら、「少しでもアピールしたい」と、前のめりになっている人に興味を持てないからです。

 

簡単に言うと、底が浅く見えるんですね。

 

「なんだ、この程度か・・・」と感じるということです。

 

似たようなパターンとして、大してすごくないことを、やたらと「すごいだろ?」という感じで話してくる人を想像してください。

 

「俺、中学の時から、酒もタバコもやってたから。」

なんて言って、自分がカッコイイと思ってる人。

 

こういうのって、うんざりしますよね。

 

こんな風に、大したことのない話を自慢げに言ってくる人は、とっても程度が低く見えます。

 

でも大抵の人は、そんなことに気付かず、面接で似たようなことをしてしまいます。

 

これが、なかなか面接でうまくいかず、苦手意識を持つことになる、大きな要因の1つなんですね。

 

控えめにアピールする

 

じゃあ、面接でレベルが低いと思われないためには、どうすればいいのか?

 

答えは簡単ですね。

 

逆のことをすればいいんです。

 

つまり、できるだけアピールしなければいいんですね。

 

ただ、面接で全くアピールしなければ、「この人はなぜ、うちの試験を受けたんだろう?」っていうことになってしまいます。

 

なので、アピールするのは最低限が良いでしょう。

 

こちらからグイグイと面接官に詰め寄るよりも、「待ち」の姿勢が良いということです。

 

例外はありますが、聞かれてもいないことを無駄にアピールしようとすると、良い効果が得られないことが多いです。

 

なので、子供や家庭の長所を聞かれるまで、自分からアピールせずに「待ち」に徹するのが無難です。

 

と言っても、ほとんどの面接で「長所をアピールしてください」というような質問がされるので、心配しなくても大丈夫です。

 

そして、そういった質問をされた際にも、「うちの子供は運動神経が良くって、運動会ではいつも、かけっこで一番ですし、何をやらせてもうまいんですよ。」なんて言ってはいけません。

 

面接官に「長所はなんですか?」と聞かれて、「運動が得意」と言いたい場合は、これくらいに控えめに言った方がいいですよ。

↓↓↓

「うちの子の長所ですか。そうですねぇ・・・明るくて元気なので、それだけでいいと思ってるんですけどね。あっ、強いて言うなら、運動が得意だと思います。幼稚園の先生からも、よく褒めていただけるので」

 

これくらい謙虚な姿勢で答えると、良い印象をもたれやすくなります。

 

「聞かれたから仕方なく言いますが、そんなに大したことはないんですよ」というの雰囲気を出せるとベストです。

 

物は言いよう

 

このように相手に何かを伝えようとする時、うまく言えれば、良い印象を与えることができます。

 

逆に、言い方を間違えると、印象を悪くしたり、反感を買ってしまうこともあります。

 

慶應義塾の創始者、福澤諭吉の著書「福翁自伝」にもこんな記述がありました。

(今回、藤崎は慶應義塾横浜初等部の試験を受けてみたのですが、願書に「志願者の家庭について、「福翁自伝」を読んで感じるところを書いてください。」という記入欄があるので、少し前に読みました。)

主が家来に「これからも、頑張って働いてほしい」と言う場合、伝え方によって、全く印象が違う。
主が「お前の父や祖父の時代から、先祖代々雇ってやっているのだから、これからも一層、力を尽くすように」と言った場合、「こっちは雇ってくれなんて頼んでいない。」と返すだろう。
しかし、「今まで先祖代々、よく頑張ってきてくれた。これからもお前の力が必要だから、力を貸してほしい」と言われたら、「こちらこそ、長い間雇っていただきありがとうございます。これからも一層頑張ります」という返答になる。

 

福翁自伝は100年ほど前に書かれた本なので、実際には、もっと古い言葉で書かれていたのですが、内容としてはこんな感じのことが書かれていました。

 

福澤諭吉は、100年以上も前から、この辺りの人間心理を理解していたようですので、「さすが」と言ったところですね。

(まぁ、人間心理というものは、そんなにガラッと変わるものではないので、学べば誰でも理解できるものですが)

 

ちなみに、慶應義塾横浜初等部を受験してみたところ、長い年月を経て、当初の理念とは異なってきているので、「大きな魅力を感じない」というのが、藤崎が受けた印象です。

(参考)
>>慶應義塾横浜初等部を受験して気付いたこと~合格する家庭など
>>慶應義塾横浜初等部の学校説明会に行った感想、体験談など
>>慶應義塾横浜初等部の一次試験が終わりました~出題内容など

 

学校側は、できるだけ多くの受験者を集めたいと思っているので、説明会の時点では「良く見せよう」と肩肘を張っているところが多いです。

 

しかし、実際に受験申込が終わり、ペーパーテストや面接の段階になると、「受験者から見られている」という気持ちが薄らぎ、「どの子を合格させようか?」という心理に変わってきます。

 

つまり、学校の本音が最も見えやすくなるのが、入学試験ということです。

 

そういった意味合いで、藤崎は慶應義塾横浜初等部を「試しに」受験してみました。

 

そうすると、案の定、学校説明会で言っていたことと異なる部分があったので、予想通りだったわけです。

 

入学試験や面接で「見定められている」のは、受験する側だけではないということですね。

 

この辺りにも注意を払えると、学校側の本音を判別できる可能性がグッと増えます。

 

今後の人生に大きな影響を及ぼす小学校選びですから、できるだけ本音を見極められるように注意してくださいね。

(参考)
>>とある小学校の悪評が耳に入ってきました
>>相手の本音を見極める方法~より良い学校や塾を選ぶために

 

かなり話が逸れてしまいましたが、「物は言いよう」だということですね。

 

同じことを伝えるにしても、言い方によって、相手に与える印象が違ってきますので注意してください。

 

こういったことをふまえると、面接には「人間性」が大きく関係しているということが、あらためてわかってきますよね。

 

私生活だけではなく、こういった面接に関しても、良好な人間関係を築ける人が、断然有利です。

 

謙虚な姿勢が大事

 

このように面接では、できるだけ謙虚な姿勢で受け答えをするのが無難です。

 

あまりにも自信満々で誇らしげにアピールする人に対しては、アラを探してしまうのが人間心理というものですからね。

 

謙虚な姿勢で面接に臨めば、面接官から問い詰められたり、圧迫面接をされたりすることが少なくなります。

 

これらは日本人が、「慎ましい生き方」や「謙虚な姿勢」を美徳とするのが、大きく関係しています。

 

「出る杭は打たれる」という言葉が表すとおり、あまり目立ったことをしてしまうと、よく思われないことが多いですよね。

 

特に日本の社会では。

 
こういった背景をふまえて面接に臨むと、周りの人と差をつけることができます。

 

あまりにも堂々と、自信満々にアピールされると、聞いている方も疲れますからね。

 

それよりも、謙虚な姿勢で控えめな話し方をする人の方が、格段に好印象を与えられますし、面接官の興味をそそる可能性も高いです。

 

というのも、「面接に来たのに、あまりアピールをしない」という人は少ないので、良い意味で目立ちますから、面接官の好奇心を刺激するんですね。

 

まとめ

 

では、面接で最も効果があるテクニックについて、まとめてみます。

<面接ですぐに使える最も簡単なテクニック>
1.大袈裟なことを言わない。
2.アピールを控えめにする。
3.謙虚な姿勢で臨む。

 

今回のテクニックは、かなり即効性のあるもので、簡単に使えます。

 

面接で失敗するリスクを減らし、面接官に好印象を与えられる安定感のあるテクニックなので、ぜひ謙虚な姿勢を心掛け、伝え方に注意していただければと思います。

 

面接のテクニックは、他にもまだまだあって、組み合わせて使うと効果が大幅に増えるものなどもあるのですが、今回はこのあたりにしておきます。

 

また、メルマガの読者さんから、たくさんの質問などをいただいた場合には、詳しくお伝えするかもしれません。

 

ではでは。

トップページに戻る>>




・無料メルマガ登録フォーム

新着情報や、ブログでは書いていない深い情報をお届けする無料のメルマガです。

ゆる~くやってますので、気軽に登録してみてください。

登録解除も簡単です。

(ブログには書けないような裏情報も、たくさん書いています。)

お名前
メールアドレス

 

・この記事もおもしろいかもしれません

>>相手の本音を見極める方法~より良い学校や塾を選ぶために

>>慶應義塾横浜初等部を受験して気付いたこと~合格する家庭など

>>慶應義塾横浜初等部の一次試験結果が発表されました

>>慶應義塾横浜初等部の一次試験が終わりました~出題内容など

>>絶対にオススメできないお受験塾とその理由

>>とある小学校の悪評が耳に入ってきました

>>なぜ藤崎は面接対策をしなくてよかったのか?

>>面接は志望校選びにかかっています~滑り止めに要注意

>>志望校の試験結果が出たので、お受験を振り返ってみます

>>志望校の親子面接は、とても緊張しました

>>最後の模擬テストで、関東学院小学校のパンフレットをもらいました

>>親も子も、お受験でストレスをためず、効果的に勉強を進める秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ソフトバンクの大規模通信障害で不安に駆られるママの画像
  2. 慶應義塾横浜初等部のパンフレット(表紙)の画像
  3. 面接でチャンスを活かし、限られた枠に入るためのイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。