一生に一度の機会を逃す同僚の話

この記事は5分で読めます




<お知らせ>
藤崎の子どもが通っていた親子教室で、知能面だけでなく、健康面や精神面、運動能力の開発を含めた総合的な子育てを学べる親子教室があるのですが、効率的に子どもの能力を伸ばせるという点でオススメしています。
その親子教室が現在キャンペーン中で、通常8,640円のレッスンを無料で体験できるとのことです。
時間さえ確保できれば、子供の可能性をグンと広げられるチャンスですので、興味のある方はどうぞ。

>>イライラすることなく楽しく子どもの能力を伸ばせる親子教室

4月になったのに、まだ少し肌寒いですね。
 

そうは言っても、新年度が始まったわけで、色々と新しい出会いや仕事に向き合わなければいけません。

 

既に保育園や幼稚園、小学校などの入学式が行われているようで、そんな正装をまとった親子が手をつないで歩いているところを見かけます。

 

藤崎の同僚も今年から小学校に入るのですが、新しい仕事や、以前の仕事の引き継ぎが全く片付かないことから、入学式には行けないそうです。

 
小学校の入学式は、子供にとっても親にとっても、一大イベントなので、仕事のために参加できないというの痛すぎますよね。

 

小学校の入学式が終わると、つぎの一大イベントは卒業後になります。

 

つまり6年も後の話になるということですね。

 

その間に子どもはどんどん大きくなり、親よりも友達と遊びたいという年齢に入っていきます。

 

つまり、小学校の入学式は、子どもが親を大好きな中で行われる最後のイベントだということです。

 
この頃の子どもは、まだ素直な子が多く「一番可愛い時期」と言われますよね。

 
そんな最も大事な時期のビッグイベントに参加できないなんて、本当に損をしてますよね。

 
人生の中で数少ない、宝物のような時間を失うわけですから。

 
入学式に行けていたら「あの時はまだ小さくて、緊張で固まっていたよね」とか「知らないお友達や先生に囲まれて、すごく不安そうな表情をしていたね」なんて話をしながら、子供の成長を振り返れるのに、そんな貴重な体験ができないわけです。

 

入学式の帰りに家族で話した内容や、帰りに食べた洋食屋さんの雰囲気や美味しさなどを皆で共有できないわけです。

 

これって、すごい損なことですよね。
 

今までの人生で、辛いことや悲しいことはたくさんあって、そんな中でようやく子供ができて、晴れ晴れしく成長した姿を見れるせっかくの機会が来たのに、仕事のせいでそれをみすみす逃さないといけないわけです。

 

仕事のために宝物のような貴重な時間を犠牲にしなければならないなんて、何のために生きているのかわからなくなってしまいますよね。

 

「仕事が忙しいから、家族との時間などの幸せな時間を犠牲にする」という行動は、自分や家族よりも仕事を優先しているとしか考えられません。

 

よく「俺は家族が路頭に迷わないように稼ぎにでてるんだ」なんてことを偉そうに言う人が多く、それが正論であるかのような風潮がありますが、それは明らかに間違っています。

 

人生に一度しかない、家族との時間を犠牲にしなければならない仕事を選んだのがいけないんですね。

 

仕事なんていっぱいありますし、家族のことを考えるのなら、独立することも十分できる世の中です。

 

昔のように身分が固定されて、職選びの自由がないなんて状況じゃないわけですから、何を優先して仕事を選ぶのかは、人それぞれです。

 

子どもができた後にでも、将来を見据えて自分で稼ぐ力を磨き始めていたら、仕事を理由に子供の入学式を休まなければならないなんてことにはなりません。

 

色んな情報や選択肢を吟味したうえで、長期的に考え、効率の良いやり方を学んでいけば、十分に対応できる問題だということを、知ろうとしたかどうかの違いだということです。

 

もちろん、そういう知識をつけた後には正しい努力が必要です。

 

しかし、現実問題として、その前段階の「知識を得ようとしたかどうか」というレベルに到達できない人はかなり多いです。

 

結婚や子育てを機に収入を増やさなければならない状況になった時、なんとなく周りに流されて、新たな働き口を探す人が多いのですが、その時点で間違っているということですね。

 

しっかりと自分で考えて行動しないと、周りの人と同じようにしかなれません。

 

若いうちはまだいいですが、定年を迎えたあたりから、お金や家族関係、友人関係などを含めて、うまくいかなかったと感じ、何かにつけて愚痴や文句を言う方が多いです。

 

定年になってから「自分の人生はなんて貧しいんだろう」と思っても、そこから挽回するのは難しいです。

 

既に家庭や友人をおろそかにして、一緒に過ごせたはずの時間を手放してしまったのですから。

 

そういった宝物のような時間は、よくも悪くも帰ってきません。

 

なので早いうちから、長期的な視野を持って、効率的に稼いでいくスキルを身につけることが大事なんですね。

 

まぁ、子供の入学式に行けないことを機に、独立するための知識や経験を積んでいっても、やることをやっていれば卒業式には間に合います。

 

なので藤崎の同僚は今からでも、始めるべきなのですが・・・

結局は多くの人と同じように、これまでと同じことを繰り返して愚痴をこぼすのでしょう。

 

どう考えても、学ぶ意欲と行動に移す力が欠けているので。

 
言っても無駄な人に忠告しても藤崎にとっていいことはないので、わざわざ言いませんが、このサイトの読者さんには期待しています。

 

 
藤崎の記事を熱心に読んでいる人ほど、藤崎の考え方がわかってきますから。

 

考え方がわかれば、あとは行動に移すだけなので、豊かな人生はすぐそこです。

 

皆と同じように会社にこき使われて、疲れとストレスを溜めながらガリガリと人生を削るより、他人とは少し違うけれど、金銭的にも時間的にも裕福な人生を送れる方がいいと感じるのは、藤崎だけではないと思います。

 

ましてや自分の子供がどちらの人生を歩んで欲しいかと考えた時には、どちらが良いのかより明白になるのではないでしょうか。

 

子供の人生を豊かにしたいと思うなら、まずは自分の人生を豊かにしましょう。

 

自分にないものは相手に与えられませんからね。

 

ではでは。

P.S.
藤崎の子どもが通っていた親子教室で、知能面だけでなく、健康面や精神面、運動能力の開発を含めた総合的な子育てを学べる親子教室があるのですが、効率的に子どもの能力を伸ばせるという点でオススメしています。
その親子教室が現在キャンペーン中で、通常8,640円のレッスンを無料で体験できるとのことです。
時間さえ確保できれば、子供の可能性をグンと広げられるチャンスですので、興味のある方はどうぞ。

>>親も子供も幸せになるための親子教室




 

この記事もおもしろいかもしれません

>>自宅で継続して毎月1万円を稼ぎ、確実に収入を増やす方法

>>親も子供も幸せになるための親子教室

>>huluの無料視聴期間を2倍する方法(さらにお得な裏ワザあり)

>>お金の管理を上手にし、家計のピンチに役立つ道具とは

>>「家、ついて行ってイイですか」の超浪費癖のある旦那と病気の妻は本当に幸せか

>>一時的に数万円のお小遣いを稼ぐ簡単な方法

>>子供にお金の使い方をわかりやすく教えるには~貧乏の回避法

>>子供を貧乏にしないために~お金、価値、経済の原理について

>>玉川学園小学校の説明会に行った感想や魅力的に感じなかった理由など

>>子どもを犯罪者に育ててしまわないための注意点

>>仕事だけではなく、日常でも意外に重要なスキルとは

>>些細なことにとらわれず、少し意識するだけで日常を気持ち良く過ごせる方法

>>東京いずみ幼稚園のスーパーキッズがスゴい(めざましテレビ)

>>kids duo(キッズデュオ)の入園説明会に行った感想、体験談、口コミ

>>「家、ついて行ってイイですか」の京大卒スゴ腕塾講師の人生

>>カリタス小学校の学校説明会の感想、体験記

>>洗足小学校の説明会にいってきました

>>子どもにオススメのおもちゃ01.賢人パズル

>>子どもにオススメのおもちゃ02.ポリスステーション(効果、注意点など)

>>洗足小学校の説明会にいってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お金を上手に管理するイメージ画像
  2. TOEベビーパークの適切な早期教育で赤ちゃんの能力を育むというイメージ画像
  3. 良く見つめるとわかることのイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。