京都で安定感がある、間違いないラーメン屋 その1「横綱」(京都五条店)

この記事は2分で読めます

横綱とは

知る人ぞ知る、京都のラーメン店横綱には、
中学生くらいに出会ってからよく食べてきました。

 

吉祥院で屋台から始まったというこの店は、
現在35店舗にまで増えました。
 

藤崎は吉祥院店・久御山店・醍醐店・南IC(インターチェンジ)店、
そして五条店に行ったことがあるのですが、どの店舗の味もハイレベルで安定しています。
 

この安定感と濃厚すぎない味、ほどよく細い麺が絡み合い、
抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。

↓↓↓

ラーメン(小)食べる前の画像

 

さらに嬉しいのが、

国産ネギ・うま味唐辛子・にんにくが入れ放題だということです。

 

ネギも唐辛子も好きですが、藤崎がなにより好きなものは「ニンニク」。

 

最初は、にんにくを入れないで、ラーメンそのものの味を堪能し、

食が進むにつれてにんにくを入れていきます。

 

すると味の変化とにんにくの旨味を味わうことができて最高なんですね。

 

まぁこれは完全に藤崎の好みの食べ方ですので、

好きに食べるのが一番だと思うのですが、

京都でラーメンを食べたいと思ったら、まずは横綱を候補に入れるべきです。

 

横綱に「失敗」の2文字はありませんから。

 

 

藤崎は約5年ぶりに横綱に行ったのですが、

横綱の進化をとくと感じ取ってしまいました。

 

味は正直、そこまで大きく変わらず美味しいままなのですが、

店員さんの接客レベルがかなり上がっていました。

 

中には接客レベルという言葉では片付けられないほど、

「根っからの良い人」としか思えない店員さんもいらっしゃいました。

 

 

藤崎が

「ひさしぶりに来たんですけど、やっぱ美味しかったです」

と言うと、

「そう言っていただけると、本当に励みになります」

と嬉しそうに笑うおじさんが今でも忘れられません。

 

 

五条店の接客レベルは他の方も高かったので、

全体的に高いと見て良いのではないでしょうか。

 

藤崎が食べたのは「ラーメン小」なので1杯550円ですが、

お腹も心も満たされて大満足の横綱でした。

普段はラーメン(並)を注文するところなのですが、

京都鉄道博物館で思うように食べれなかったので、

チャーシューメン(大)にタマゴやノリなどを好き放題トッピングしようと思ったのですが・・・

(藤崎はこの日、お昼ご飯を食べるタイミングを逃し、

15時頃に横綱に着きました。

実家で18時頃に晩ごはんを食べる予定だったのでミニラーメンにしたのですが、

通常ならチャーシューメン並を注文していたでしょう。)

 

ごちそうさまでした。

 

それにしても・・・完食です。

↓↓↓

ラーメン(小)食べた後の画像

横綱の基本情報

横綱 京都五条大宮店 外観の画像

住所 〒600-8375 京都市下京区大宮通り五条西入る
TEL 075-361-6050
最寄駅 JR山陰本線『丹波口』駅より徒歩7分
営業時間 午前11:00~翌朝5:00 (ラストオーダー 5:00) 年中無休(但し、元旦のみ休業)
駐車場 なし

この記事もおもしろいかもしれません

>>梅小路カフェ BOSSCHEに行ってみた感想と評価(評判・レビューなど)

>>京都鉄道博物館に行った感想と注意点(評価・レビュー・口コミ)

>>四条河原町のPALETASでアイスを買った感想&新京極で散策

>>にじいろジーン紹介の「すぎやまいちご園」でイチゴ狩りして大満足♪

サイト管理人:藤崎遊について(自己紹介)

良かったらクリックをお願いします。
応援いただければ、今後のやる気につながりますので(笑)


人気ブログランキングへ

子育てブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 伸芽会の公式ホームページのイメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。