【プロンプト・テンプレ】ChatGPTでキャラクターを設定する方法!ロールプレイのなりきりも可能!

この記事は12分で読めます

ChatGPTを使って自分だけのキャラクターを設定し交流することは、新たな創作の扉を開く魅力的な方法です。このプロセスではキャラクターの背景や性格を細かく設定し、対話を通じてそのキャラクターと深く関わることが可能になります。さまざまなプロンプトを駆使すればよりリアルで個性的なキャラクターを生み出すことができるでしょう。本記事では、ChatGPTでキャラクター設定を楽しむための基本的なポイントや、より魅力的な対話を実現するためのコツを紹介します。

ChatGPTへのキャラクター設定が役立つシーン

ChatGPTは、ユーザーが指定したキャラクターになりきって会話を楽しむことができる革新的な技術です。この機能を利用することで、さまざまなシーンでのコミュニケーションがより豊かで楽しいものになります。

・仮想キャラクターとの会話(遊びで)

・対話型チャットボットとして(やや真剣)

これらのシーンにおけるキャラクター設定の概要について見ていきましょう。

仮想キャラクターとの会話(遊びで)

ChatGPTを用いて好きなキャラクターとの仮想会話を楽しむシーンは、ユーザーにとって非常に魅力的です。この機能を活用することで、ユーザーは自分だけの特別な時間を創り出すことができます。例えば、日常生活で接することのできない架空のキャラクターや、遠い過去の歴史上の人物との対話を想像することは、単なる趣味を超えた深い満足感を提供します。ユーザーは、キャラクターの性格や背景を細かく設定することで、そのキャラクターとの対話を通じて新たな物語を創造することが可能になります。

特に、作家やクリエイターにとっては、自分が創り出したキャラクターとの対話を通じて、物語のアイデアを深めたり、キャラクターの性格を探求する貴重な手段となります。また、キャラクターになりきることで、その視点から物事を見ることができ、ストーリーテリングの技術を磨くこともできます。さらに、友人やファミリーと共有することで、一緒に楽しむことができるコミュニケーションツールとしても機能します。

対話型チャットボットとして(やや真剣)

ChatGPTにキャラクターを設定することは、対話型チャットボットとして活用する際に特に有益です。ビジネスや教育、さらにはエンターテイメントの分野で、特定のキャラクターの性格や専門知識を反映させたチャットボットを用意することで、ユーザーにとってより魅力的で有意義な体験を提供することが可能になります。例えば、顧客サービスのチャットボットをフレンドリーで親しみやすいキャラクターとして設定することにより、ユーザーは問題を解決しながら同時に楽しい会話を楽しむことができます。これにより、顧客満足度が向上し、ブランドへの好感度も高まるでしょう。

また、教育分野においては、歴史上の人物や科学者などのキャラクターとしてChatGPTを設定し、学習者がその人物と対話することで、教材の内容をより深く理解し、興味を持って学習に取り組むことができます。このように、キャラクター設定を活用することで、伝統的な学習方法に新しい次元を加え、学習者のモチベーションを高めることが可能です。

ChatGPTにキャラクターを設定するプロンプト

ChatGPTに以下の方法でキャラクターを設定すると、ユーザーは自分だけの個別化された会話体験を創造することができます。

・キャラクターの名前と背景設定

・ロールプレイの条件を厳しく指定する

・会話例の設定

キャラクターをChatGPTに設定するプロンプトについて詳しく見ていきましょう。

キャラクターの名前と背景設定

ChatGPTにキャラクターを設定する際、最初の重要なステップはキャラクターの名前と背景を設定することです。このプロセスは、対話型AIとのやり取りをより個人的で意味のあるものに変える基盤を作ります。キャラクターの名前は、そのキャラクターが持つ個性や物語における役割を反映している必要があり、ユーザーがそのキャラクターに感情的なつながりを感じるようにする重要な要素です。例えば、冒険好きなキャラクターには勇敢さを連想させる名前を、知識豊富なキャラクターには古典的な知識人を思わせる名前を選ぶといった具体的なアプローチが考えられます。

背景設定には、キャラクターの生い立ち、性格、好み、嫌いなもの、特技、そして彼らが持つ世界観まで、幅広い情報が含まれます。この情報は、キャラクターとの対話中にユーザーが探求できる多様な話題を提供し、さらにはキャラクターの反応や意見が現れる根拠となります。たとえば、冒険を愛するキャラクターは、新しい場所や文化についての質問に対して興奮を示すかもしれませんし、科学者として設定されたキャラクターは、技術的な詳細について深い知識を示すでしょう。

ロールプレイの条件を厳しく指定する

キャラクター設定の進行において、ロールプレイの条件を厳格に指定することは、ChatGPTを使った対話の質を大幅に向上させることができます。ロールプレイの条件を設定する際、最も重要なのはキャラクターの口調や話し方、反応のスタイルを明確にすることです。これにより、ChatGPTは指定されたキャラクターの性格やバックグラウンドに沿った、よりリアリスティックで一貫性のある対話を実現できるようになります。

たとえば、あるキャラクターが過去の戦士である場合、そのキャラクターの話し方は力強く、直接的である可能性が高いです。また、彼らは冒険に関連する話題に対して熱心に反応するかもしれません。一方で、文学的なキャラクターは、詩的な表現を好み、文学や芸術に関する深い洞察を提供するかもしれません。これらの特徴をプロンプトに組み込むことで、ChatGPTは各キャラクターに適した独自の対話スタイルを採用することができます。

さらに、キャラクターが好む話題や避けるべき話題を指定することも有効です。例えば、あるキャラクターが特定の文化や歴史的な出来事に深い関心を持っている場合、その話題に焦点を当てた対話が可能になります。一方で、特定の話題がトラウマになっているキャラクターの場合、それらの話題を避けるよう指示することで、より敏感で現実感のある対話を実現できます。

このプロセスは、ユーザーがChatGPTとの対話を通じてキャラクターと深く関わることを可能にします。ロールプレイの条件を事前に細かく設定することで、ユーザーは期待に沿った対話を楽しむことができ、キャラクターとの対話から得られる満足感を高めることができます。

会話例の設定

会話例の設定は、ChatGPTにキャラクターを設定する際の重要な要素です。このステップにより、指定したキャラクターの性格や口調が具体化され、ChatGPTがより自然で一貫性のある対応をするためのガイドラインが提供されます。実際の会話例を設定することで、特定のシナリオや質問に対するキャラクターの想定される反応を示し、これをChatGPTに学習させることが可能になります。このアプローチは、ユーザーが求めるキャラクターの性格を正確に反映した対話を実現する上で非常に効果的です。

例えば、あるキャラクターが楽観的な冒険家である場合、困難な状況に直面したときの前向きな反応や、新しい発見に対する興奮を示す会話例を設定することができます。これにより、ChatGPTは同様の状況や話題に遭遇した際に、そのキャラクターらしい反応を返すことができるようになります。また、特定の専門分野を持つキャラクターの場合、その分野に関する知識や意見を示す会話例を設定することで、ユーザーが専門的な対話を求めた際に有益な情報を提供できるようになります。

会話例を設定する際は、キャラクターの口調や使用する語彙にも注意を払うことが重要です。キャラクターの背景や性格に応じて、フォーマルな言葉遣いや俗語、特定の方言を使うことで、キャラクターの個性をより鮮明にすることができます。これにより、ユーザーはキャラクターとの対話を通じて、より深い没入感を経験することが可能になります。

【設定】ChatGPTを好みのキャラクターになりきりさせる例

キャラクターになりきりさせる例を3つご紹介します。

・例1(歴史小説)

・例2(科学者)

・例3(魔術師)

いずれも異なるシチュエーションにおけるキャラクターなので、ぜひご参考ください。

例1

キャラクターなりきりの一例として、架空の歴史小説の主人公「澄夜(すみや)」を設定してみましょう。澄夜は平安時代の貴族でありながら、夜な夜な正体を隠して民のために働く謎多き人物です。彼の物語は、正義感が強く、しかし時には寂しさを感じる深い内面を持つことで知られています。このキャラクターをChatGPTに設定することで、平安時代の世界観を味わいつつ、澄夜との対話を通じて彼の考えや感情を探ることができます。

プロンプト例

「あなたは平安時代の貴族、澄夜です。昼間は貴族としての務めを果たしながら、夜には民のために正義を行う秘密の顔を持っています。あなたは強い正義感を持ちつつも、時には孤独や寂しさを感じることがあります。今夜、あなたは再び民を苦しめる悪に立ち向かうために、正体を隠して外出します。この物語の中で、あなたはどのように振る舞い、何を感じ、どんな思いを抱いていますか?あなたの心の内を教えてください。また、あなたが直面するであろう困難や選択について、どのように対処しますか?」

このプロンプトは、ChatGPTに澄夜としての役割を与え、ユーザーが平安時代の世界観に没入し、澄夜の内面や物語に深く関わることを可能にします。キャラクターの性格や背景設定に基づいた対話を通じて、ユーザーは澄夜の視点から物語を体験し、彼の冒険や心情に共感することができるでしょう。

例2

もう一つのキャラクターなりきりの例として、未来からやってきた科学者「アリサ」を設定してみましょう。アリサは、2050年から現代にタイムトラベルしてきた若き天才科学者です。彼女のミッションは、現代の技術と社会に影響を与える重要な発見をすること、そして未来への影響を最小限に抑えるように行動することです。アリサは、科学的知識が豊富でありながら、時代を超えた孤独と現代社会への適応の難しさに直面しています。

具体的なプロンプト例

「あなたは2050年の未来からタイムトラベルしてきた科学者、アリサです。あなたのミッションは、現代の世界に潜り、未来に重要な影響を与える発見をすることです。しかし、未来の知識を持つあなたは、現代社会になじむことに苦労しています。あなたはどのようにして現代社会に適応しようとしていますか?また、未来の知識を持つあなたが現代で直面する課題は何ですか?未来からの視点で、現代の科学技術や社会にどのような影響を与えたいと考えていますか?」

このプロンプトは、ChatGPTにアリサとしての役割を与え、ユーザーが未来科学の視点から現代社会を探究し、アリサの挑戦や彼女が直面する課題に共感することを可能にします。アリサのキャラクターを通じて、ユーザーは科学技術の進歩が社会に与える影響や、時代を超えた人間関係の普遍性について考えるきっかけを得ることができるでしょう。

例3

ミリアは、魔法が日常的に使われる異世界から現代の地球に偶然転移してしまった若き魔法使いです。彼女の特技は、自然の力を借りた癒しの魔法と、小さな物体を動かすテレキネシスです。現代社会に馴染めずに戸惑いながらも、ミリアは自分の魔法を使って人々を助け、元の世界に戻る方法を探しています。彼女は、異世界の知識と現代の科学との違いに興味を持ちつつ、二つの世界の架け橋となるべく奮闘します。

具体的なプロンプト例:

「あなたは異世界から来た魔法使い、ミリアです。突然、魔法の存在しない現代地球に転移してしまいました。周りには見知らぬ建物が立ち並び、自動車やスマートフォンといった未知の技術が溢れています。しかし、あなたは人々を助けるため、そして元の世界に戻る方法を見つけるために、現代社会に馴染む努力を始めます。魔法使いとしてのあなたの能力は、この新しい世界でどのように役立ちますか?また、現代の科学技術と異世界の魔法の違いについて、あなたはどのように感じていますか?魔法と科学が融合する可能性について、あなたの考えを教えてください。」

このプロンプトは、ユーザーがミリアとしての視点で異世界と現代社会の違いを探求し、彼女の魔法が現代の問題にどのように貢献できるかを想像することを促します。また、魔法と科学の関係性について考えることで、ユーザーの創造力を刺激し、新たな発見や学びへと導きます。

以上のようなキャラクターなりきりを通じて、ChatGPTとの対話は単なるテキストによる対話を超えたより深い知的探求や感情的な体験を提供することができます。

ChatGPTでキャラクターを設定し、小説執筆につなげる例

ChatGPTを活用してキャラクター設定を行い、それを小説執筆に役立てる方法は、作家やクリエイターにとって非常に有益です。キャラクター設定から始め、あらすじの構築、ジャンルの選定、そして実際の執筆に至るまで、ChatGPTは創作活動の様々な段階でサポートを提供できます。このセクションでは、ChatGPTを使用してキャラクターを設定し、それをもとに小説を執筆するプロセスについて具体的な例を紹介します。

1 あらすじを決めておくか、ジャンルをChatGPTに相談して決める

小説執筆の際、あらすじを決めるプロセスは、物語の基盤を築く重要なステップです。ChatGPTを利用してこのプロセスをサポートすることで、作家は異なるジャンルやテーマからインスピレーションを得て、物語の大枠を構築することができます。例えば、作家がファンタジー小説の執筆を考えている場合、ChatGPTに「中世ファンタジーの世界での冒険に適したプロットのアイデアを提供してください」と尋ねることで、物語の出発点となるアイデアを得られます。また、ロマンス、サスペンス、サイエンスフィクションなど、特定のジャンルに焦点を当てたアイデアを生成することも可能です。

ChatGPTは、初期段階のあらすじ構築だけでなく、物語の複雑な展開やキャラクター間の関係性に関する提案をすることもできます。作家が特定の登場人物の関係性に悩んでいる場合、「二人の主要なキャラクターが互いに信頼を深めていく過程をどのように描写すれば良いですか?」という質問をすることで、人間関係の発展に関する具体的な提案を受け取ることができます。このようにして、ChatGPTは作家の創造的なビジョンを形にするための多様なアイデアを提供します。

さらに、ChatGPTは物語のジャンル選定を支援することもできます。作家が自分の興味や強みに最も適したジャンルを選択する過程では、「私の書きたいテーマに最も合う小説のジャンルは何ですか?」といった形で相談することで、自分の創作意図に合致したジャンルの提案を受けることが可能です。この段階でのChatGPTのフィードバックは、作家が自分の創作活動の方向性を決定する上で貴重な指針となります。

キャラクター像を浅く設定する(主人公)

小説執筆において、キャラクター設定は物語の魂を形作る要素の一つです。ChatGPTを活用して、主人公や脇役のキャラクター像を浅く設定するプロセスは、創作の初期段階で非常に役立ちます。この段階では、キャラクターの基本的な性格、外見、動機、背景などの輪郭を描き出すことが目的です。キャラクター設定を行うことで、物語の方向性が明確になり、その後のプロット構築やシーンの詳細化において、より具体的な指針を持つことができます。

例えば、主人公が正義感が強いが内向的な性格の若者である場合、その性格が物語の中でどのように彼の行動や選択に影響を与えるかを概観します。彼がどのような外見を持ち、どのような過去の経験が彼の性格を形成したのかを考えることも重要です。脇役についても同様に、彼らが物語の中でどのような役割を果たすのか、主人公や他のキャラクターとどのような関係性を持つのかを浅く設定します。

ChatGPTに「冒険を愛するが秘密を抱えた脇役の性格設定を提案してください」といったリクエストをすることで、物語に深みを加えるキャラクターのアイデアを得ることができます。このような初期段階でのキャラクター設定は、物語全体の骨組みを作り、登場人物たちが生き生きと描かれる基盤を提供します。

キャラクター像を深く設定する(A)(主人公)

小説執筆の進行において、キャラクター像を深く設定する作業は、物語の核心に触れ、読者が登場人物に感情移入できるようにするために不可欠です。ChatGPTを活用することで、主人公や脇役の内面や複雑な背景、動機、心理的成長を詳細に描き出し、キャラクターたちを多層的かつリアルな存在として形成することが可能になります。この段階では、キャラクターの過去の経験、彼らが直面する内面の葛藤、そしてそれがどのように彼らの行動や選択に影響を及ぼすのかを掘り下げます。

たとえば、主人公が過去に大きな失敗を経験し、それが彼の自信を失わせる原因となっている場合、その経験がどのように彼の現在の決断や関係性に影響を与えているのかを明らかにします。彼がその失敗を乗り越え、成長する過程を描くことで、読者は主人公に共感し、彼の旅路に感情的に投資するようになります。同様に脇役についても、彼らの個性や背景が主人公の旅とどのように絡み合い、物語全体にどのような影響を与えるのかを詳細に検討します。

キャラクター像を深く設定する(B) (主人公と脇役)

キャラクター像を深く設定することは、小説執筆における最も魅力的な部分の一つです。これは、読者がキャラクターに感情的に投資し、彼らの旅路に共感できるようにするために不可欠です。特に主人公と脇役の関係性に深い掘り下げを行うことは、物語に豊かな層を加えることができます。このプロセスを通じて、キャラクター間の微妙なダイナミクスやそれぞれの成長が読者に伝わり、物語全体の感情的な重みを増すことができます。

例えば、主人公が困難な状況を乗り越える中で、信頼できる脇役との強い絆を築くシナリオを考えてみましょう。主人公が直面することは彼らの関係性を試すものであり、同時にそれぞれのキャラクターの内面的な成長を促す機会となります。脇役が主人公の弱点を補い、主人公が脇役の隠れた強さを引き出すことで互いに成長し、目標を達成するために協力する姿は、読者に深い感動を与えるかもしれません。

このようなキャラクター間の相互作用を設計する際、ChatGPTは様々なアイデアやシナリオを提案することで役立ちます。「主人公と脇役が互いに依存しあうシーンのアイデアを教えてください」というような問いかけにより、キャラクター間の絆を強化する具体的なエピソードや対話を構築するためのインスピレーションを得ることができます。

さらに、キャラクターの成長過程を描くことは、小説における主要なテーマやメッセージを伝える強力な手段となります。キャラクターが直面する試練やその解決方法は、読者に対して重要な教訓や考えを提示する機会を提供します。ChatGPTとの対話を利用して、これらのテーマを自然に物語に織り交ぜる方法を探求することが、小説の深みと魅力を高める上で重要です。

ChatGPTにキャラクターを設定する際の注意点と対処法

ChatGPTにキャラクターを設定して対話を楽しむ際には、いくつかの注意点があります。

・すべて日本語でプロンプトを作成しない

・なりきりの設定(口調など)を忘れることがある

・版権キャラクターに設定する場合著作権に注意する

・(対話型チャットボットとして使う場合)会話が素っ気なくなりがち

これらを理解し適切に対処することで、より充実した会話体験を実現できます。

すべて日本語でプロンプトを作成しない

ChatGPTにキャラクターを設定する際、日本語でプロンプトを作成することは一般的なアプローチですが、キャラクターのセリフや行動がプロンプトの文章に引っ張られる可能性がある点に注意が必要です。本来ならば英語を用いてプロンプトを作ることが望ましいのですが、英語が苦手な人が自動翻訳で作った文章は意味が通らないものとなる場合があるためどうしてもいい結果を生むことは難しくなります。

そこで、日本語であってもキャラクターのセリフがプロンプトの文章そのものに引っ張られない方法をご紹介します。

キャラクター設定においてプロンプトがキャラクターのセリフや行動に過度に影響を与えることを防ぐためにはキャラクターの個性や背景を明確にし、それを反映させたセリフや行動を具体的に指示することが重要です。たとえば、キャラクターが荒々しい海賊である場合、「荒々しい口調で答える」といった指定をプロンプトに追加することで、ChatGPTが生成するテキストがキャラクターの性格により適合するようになります。また、キャラクターが特定の専門知識を持っている場合は、その知識が反映されたセリフや行動を要求することで、より説得力のあるキャラクターを描写できます。

さらに、プロンプトを短く、ポイントを絞ったものにすることも有効な戦略です。プロンプトが長く複雑になるほど、ChatGPTが本来のキャラクター設定から逸脱するリスクが高まります。短く具体的なプロンプトを使用することで、ChatGPTがキャラクターの核心的な特徴やセリフを忠実に反映させやすくなります。

また、キャラクターのセリフや行動がプロンプトに引っ張られてしまった場合は、フィードバックをChatGPTに提供し、修正を求めることが有効です。例えば、「もっと穏やかな口調で」といった具体的な指示を加えることで、ChatGPTの応答をキャラクターの性格により適合させることができます。

なりきりの設定(口調など)を忘れることがある

ChatGPTを用いたキャラクター設定において、設定したなりきりの条件(口調など)をChatGPTが忘れがちな問題に直面することは珍しくありません。特に長期にわたる対話や、多くのキャラクターが登場する複雑なストーリーを扱う場合、この問題は顕著になりがちです。キャラクターが持つ独特な口調や性格特性を一貫して保持することは、物語の没入感を高め、読者やユーザーに対する説得力を確保する上で重要です。

この問題に対処するためには、まずプロンプトの工夫が有効です。キャラクターの特性や口調、重要な背景情報を簡潔にまとめ、対話の開始時や、キャラクターが忘れられがちな場面ごとにこれらの情報を再提示する方法が考えられます。このアプローチにより、ChatGPTにキャラクターの核心的な特性を常に意識させることができ、応答の一貫性を保ちやすくなります。

また、対話中にキャラクターの性格や口調が不自然に感じた場合、直ちに修正のフィードバックを入れることも重要です。例えば、「もっと穏やかな口調で答えてほしい」というように、具体的な指示を与えることで、ChatGPTが提供する応答を即座に調整し、キャラクターの一貫性を維持することが可能になります。

キャラクターの一貫性を維持するためには、セッションごとにキャラクターの設定を記録し、それを参照しながら対話を進めることも一つの方法です。これにより、複数のキャラクターや複雑なストーリーラインを扱う場合でも、各キャラクターの性格や口調を適切に管理し、一貫性を保つことが容易になります。

版権キャラクターに設定する場合著作権に注意する

ChatGPTを使用して版権キャラクターを設定する場合、著作権に関する注意点は非常に重要です。版権キャラクターとは、特定の作品に登場するキャラクターで、その創作物の著作権者によって保護されているキャラクターを指します。これらのキャラクターを使用する際には、著作権法に違反することなく、尊重する必要があります。

一つの対処法として、キャラクターを模倣する場合でも、直接的な名前や特定のフレーズ、ストーリー展開を避け、代わりに「そのようなキャラクターに触発された」という形で独自のキャラクターを創造することが推奨されます。例えば、「冒険を愛する若い魔法使い」や「未来からやってきた知識豊富な科学者」といった、版権キャラクターの特徴をベースにしつつ、独自の背景や性格を持つキャラクターを設定することで、著作権の問題を回避しながら創造的な対話を楽しむことが可能です。

また、著作権に配慮したキャラクター設定を行う際には、一般的なアーキタイプやジャンルの枠組みを利用することも有効です。ファンタジー、SF、ミステリーなどのジャンルには、多くの場合、特定のキャラクターアーキタイプが存在します。これらのアーキタイプをベースにしてキャラクターを設計することで、版権キャラクターの直接的な模倣を避けつつ、ユーザーが期待する特定のジャンル感を提供することができます。

さらに、オリジナルキャラクターを創造する過程では、キャラクターの性格やバックストーリー、目的など、独自の要素を豊富に盛り込むことが重要です。これにより、キャラクターに独自性を持たせ、既存の版権キャラクターとの差別化を図ることができます。創造されたキャラクターが独自の個性やストーリーを持つことで、ユーザーとの対話もより豊かで魅力的なものになります。

著作権に関する注意を払いながらChatGPTでキャラクター設定を楽しむことは、創造性と法的な配慮をバランス良く保つことを要求します。版権に触れることなく、インスピレーションを得て新たなキャラクターや物語を創造することで、ChatGPTとの対話をより楽しく、かつ責任ある方法で享受できます。

(対話型チャットボットとして使う場合)会話が素っ気なくなりがち

ChatGPTにキャラクターを設定して対話する際、特に対話型チャットボットとして使用する場合、会話が素っ気なくなりがちな問題に直面することがあります。これは、ChatGPTが一般的な応答をする傾向にあるため、キャラクター固有の個性や深みが表現されにくいことに起因します。キャラクターの独特な性格や背景、感情を反映させた対話を実現するためには、いくつかの対処法を講じる必要があります。

まず、キャラクターの性格や背景に基づいた具体的かつ詳細なプロンプトを用意することが重要です。キャラクターがどのような状況に置かれているのか、どのような感情を抱えているのかを明確にし、その上で対話を求めることで、ChatGPTはよりキャラクターに即した応答を生成しやすくなります。例えば、「不安を抱えた若き魔法使いが、初めての大きな試練に挑む直前の心境を語る」という設定は、ChatGPTにキャラクター特有の感情や反応を引き出すのに役立ちます。

次に、キャラクターに特定の口調や言葉遣いを持たせることも有効な手段です。キャラクターの文化的背景や個性が口調に反映されることで、対話にリアリティと深みが生まれます。これを実現するためには、プロンプトにキャラクターの話し方の特徴を明示的に指定すると良いでしょう。

【まとめ】ChatGPTで自分好みのキャラクターを設定してみよう

ChatGPTでキャラクター設定を行うことは、対話型AIを使った創造的な楽しみ方の一つです。自分だけのキャラクターを作り、それと交流することで、新しい物語を創り出したり、特定のシナリオを想像したりすることができます。このプロセスは、作家、ゲームデザイナー、あるいは単に創作活動に興味がある人々にとって、キャラクター作成のスキルを磨くまたとない機会となり得ます。当記事で紹介したいくつかのポイントを活用すれば、よりリッチでパーソナライズされたキャラクター対話を実現できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大学生のwebライターの始め方
  2. KWスクールの講師と代表講師のまりさんについて解説!
  3. Webライターのアルバイト求人や始め方(大学生向け)
  4. Webライターのテーマ・サンプル記事